パク・ソジュン

提供:宇宙wiki
ナビゲーションに移動検索に移動


パク・ソジュン
Park Seo Joon
Park seo joon.jpg
本名 パク・ヨンギュ
出身地 ソウル特別市
国籍 韓国
学歴 松内小学校(卒業)
林鶴中学校(卒業)
安南高等学校(卒業)
ソウル芸術大学 (演技科 専門学士)
宗教 無宗教
家族 両親、弟2人、愛犬シンバ
身長 / 体重 185cm cm / 76kg kg
血液型 AB型
事務所 awesome.ent
あだ名 パクセロイ
サイン
Seojunsign.png


1 概要[編集]

私は作品を撮ることは、自分の日記を残すことのようだと感じています。 一つずつ、自分の姿を残しておく日記帳みたいです。
私は私の青春に逆らいたくないです。 これからも私の年齢の時に演じることができる作品を選び続けます。無理して後でもっと年を取った時にできる役割を予め演じたくはないんです。今できることをするのが正しいと思います。
雑誌:Esquire<青年ソジュン>

韓国の俳優

優しい話し方と一重まぶたの目、穏やかな目つき、185cmの高い身長と良い比率を備え、安定的な演技力を土台に着々と印象的な経歴を積んでいる。

2 生涯[編集]

1988年12月16日、ソウルで三兄弟の長男として生まれた。 もともとの夢は野球選手だったが、体格のいい弟も野球選手を夢見ていたので、弟がより運動に適していると考えた父の反対で自分の夢を諦めた。 他意により夢を挫折して以来、無気力な学生時代を送ったが、偶然参加したコスプレパフォーマンスの舞台以後、俳優を夢見るようになったという。

Q.元々の夢は役者だったのか。 中学3年生の時、祭の舞台に立って進路が変わった。 アニメーションのキャラクターとしてコスプレをしたままパフォーマンスをする場だったが、数百人の観客が見守る中で照明を受けながら舞台に上がり、大きな喜びを感じた。 その瞬間の強烈な感じが忘れられなかった。 その時から俳優になる夢を育てた。

しかし「お前のような内気な子が、どうやって演技をするというのか」という理由で、もう一度反対された。 当時、両親に自分の意志を見せてこそ許可を得られると判断し、40人中36位だった成績を5位まで引き上げた結果、成績が3回以上落ちないことを前提に演技の勉強を続けることができた。

2年半の間、学校の放課後自律学習時間の代わりにソウルにある演技スクールに通った。終電に乗って家に帰ると12時半だったが、成績維持のために午前3時まで勉強したという。 このような努力により成績は2度しか落ちず、無事に勉強を終えソウル芸術大学校演技科に進学することができた。 ところが実際に大学に進学した後、自分よりはるかに優れた周りの友達を見て自信を失うなどスランプに陥り、考えを整理するため2008年7月7日に軍に入隊した。

Q.早く入隊した理由は?

A.実際に大学に入ったら、人生最大の目標を失ったような気がしました。 自分の夢が演技者だったのか、大学だったのかこんがらがりました。周りからはしきりに「今デビューしても遅い」と 言われていました。とある誰かは遅いと言っていても、演劇ばかり続けながら40、50代になって番組に出る方など、いろんな事例があるじゃないですか。 私はデビューが遅くても死ぬまで演技ができればいいと、こうして自分で基準を立てたので軍隊から解決したくなりました。 軍隊に入ってからは、むしろより私がこの仕事をどれほど好きなのか確信がつきました。 早くちゃんとした現場で、他のプロの俳優たちと作品を作って行きたかったです。その現場で演技をしたら、どんな感じがするのかとても知りたかったです。

もちろん大変な瞬間が全くなかったわけではありません。 軍隊では、まるで自分の時間だけ止まったような気がするんです。そんな時、同じ年頃の俳優たちが自分の望みを叶えていく姿を見ると、羨ましくもなりました。果たして私もあそこに立つことができるのかと、心配になりました。しかし、すぐに気を引き締めました。 始める前にできないと諦めることはできないと。 とりあえず一度やってみて、自分の器がどの程度なのか調べなければと。

軍除隊後、前所属事務所のキー·イーストと契約し、本格的に演技活動を始めた。キャスティングされた後、衣装のフィッティングを終えたにもかかわらず出演が白紙になるなど、多くの紆余曲折を経て俳優をあきらめようとしたがうまく乗り切ったという。 特に様々な役柄をこなすためにボクシング、剣道、合気道、乗馬まで順々に習っていったという。

演技をしながら最も重要だと思うことは、自分自身を信じることです。 役割に接する時は私のフィーリングを信じます。 演技に正解はないんです。完璧な私の考えを入れ込んで、私自身の演技をしなければならないと考えます。 そうするならば、仮に誰かが「君がしたのではないか」と言っても、それに一つ一つ「なぜ合っているのか」説明できるほど普段演技に対してたくさん考え、新しい試みも沢山しなければなりません。 その過程自体が演技だと思います。 デビュー後、試行錯誤をしながら苦悩する過程の大切さに気づきました。 思考が本当に複雑ですよね。 私が少し複雑なタイプなんです(笑)

3 活動[編集]

3.1 スクリーンデビュー及び主演俳優としての位置づけ (2015)[編集]

2015年にはMBCドラマ2編に相次いで出演し、主演の座を確実なものとする。 まず年初に放送された「キルミー・ヒルミー」では表面上は遊び人に見えるが、周囲に知られていないベールに包まれたベストセラー作家オリオン役で出演した。愛する女性のために気持ちを諦める、涙を誘う魅力のキャラクターとして非常に愛された。その中でも根本はシチュエーションコメディの経歴者らしい、はつらつとした姿の演技であり、それだけでなく一所懸命働くコーディネートとしても女性の心を虜にした。

下半期には前作で兄妹役として呼吸を合わせたファン·ジョンウムと「彼女はキレイだった」で再会し、初めて地上波で男性主人公を務めた。 おデブでかっこ悪い男から、モデルのようなオーラの完璧な男として驚くべき変化を実践した副編集長のチ·ソンジュン役で出演した。「彼女はキレイだった」は4.8%という低調な視聴率で始まったが、俳優たちの巧みなコミック演技と甘いロマンス演技で逆走的に成功し、最高18%まで上昇。2015年ミニドラマ暗黒期を破った最高興行作の一つと評価された。

彼女はキレイだった」という作品の成功だけでなく、パク·ソジュン個人にとっても興行主演俳優として成長した人生作でもある。この作品を通じて2015年の今年を輝かせたタレント5位を獲得し、2015 MBC演技大賞では4冠王に輝き、同年最高のライジングスターであることをもう一度証明した。

私は高校生の時に演技に初めて接するようになりましたが、最初に始めた時はこんな授賞式の席に私が行けるとは想像もしませんでした。それで今年のように様々な作品に出演して、たくさん愛されるこんな機会が私にとってはいつも奇跡のようなことです。これからも自分なりの奇跡を書き続けられるように頑張ります。―2015 MBC演技大賞受賞の感想

3.2 ワントップ作の成功(2020)[編集]

改めて確認するが、演技がとても上手な賢い俳優だ。 「キム秘書はいったい、なぜ?」ではナルシストキャラクターを見事に演じ、「梨泰院クラス」ではまた別のパク·セロイの顔で頼もしく立っている。いつのまにかデビュー9年目、多様なドラマと映画で着実に作品数を増やしているだけに、「出演依頼1位」俳優らしく頼もしい演技力を備えた。ドラマの栄光や衰退をも牛耳ることもできる主人公という王冠が、彼には全く手に余るように見えない。

世界を圧縮して置いたような梨泰院で、各自の価値観で自由を追う創業神話を描いたドラマ「梨泰院クラス」に出演した。不義に妥協しない真っ直ぐな青年パク·セロイ役を演じ、消えない怒りを抱いて入場した梨泰院の通りで新しい挑戦を始めると同時に、飲食業界の大手企業「長家」に向けた大胆な反撃で痛快な爽快感を披露した。 パク·セロイは所信を守りながら毎瞬間努力する愚直な人物だ。原作をご覧になった多くの方々の人生最高のキャラクターとしても選ばれるため負担も大きいが、それだけ魅力的な人物だと挑戦してみたかった。 「梨泰院クラス」に登場する様々なキャラクターの挑戦と成長は、視聴者の皆様からも多くの共感と応援を得られると期待している。 いいドラマとして記憶されるように一生懸命準備したい。 1話から5.0の高視聴率でスタートし、毎回最高視聴率を記録。最終回視聴率が16.5と歴代jtbcドラマの中で3番目に高い視聴率を記録しドラマは大成功。

また、イ·ビョンホン監督の新作「ドリーム」に主人公ユン·ホンデ役としてキャスティングされ、撮影を控えている。 選手生活で最大の危機に瀕しているサッカー選手ホンデと、生まれて初めてボールを取ってみた特別な国家代表選手たちの、ホームレスワールドカップへの挑戦を描いた愉快なドラマだ。急造されたサッカー代表チームの監督になり見せる様々な感情と人物の成長過程が鑑賞のポイントだ。 ドラマだけでなく、映画でも主演として作品をリードし、自分の領域を次第に広げている。

続いて2014年からレジンコミックスで連載されたキム·スンニョン作家のウェブ漫画「愉快な隣人(유쾌한 이웃)」を原作とした映画「コンクリートユートピア」の撮影を控えている。 大地震で廃墟と化したソウル、唯一残った皇居アパートに生存者たちが集まり始めてから始まる話を描いた災害スリラーだ。

4 余談[編集]

  • 幼い頃かなり裕福な生活をしていたが、父の事業の失敗をきっかけに10坪余りの狭い家に引っ越したという。 この時の大変な経験が自分の人生の原動力になったという。
  • 子供の頃の夢は野球選手だった。 体格のいい弟たちが野球を始めるようになると、本人は父親の反対で夢をあきらめたという。 現在は芸能人野球団所属で自ら野球も楽しんでいる。 野球は好きだが、国内チームの中で特に応援するチームはないと話した。
  • 3人兄弟の長男である。 それぞれ3歳と8歳違いの弟が2人いる。 家では愛嬌がなくて、 無愛想な息子だ。パク·ソジュン本人も背が高い方だが、実際は弟たちよりは低いという。
  • 番組で弟たちの写真を公開したことがある。
  • 俳優になったきっかけは中学3年生の時の祭で日本の漫画コスプレをしたことだったそうだ。 その当時、消極的な性格のためうまく締めくくることができなかったにもかかわらず、ときめきと戦慄を感じこの道に挑戦し必ず成功しなければと決心したという。
  • ソウル芸術大学校に進学した後、1学期目に早くも現役に入隊し(2008年7月7日)、服務を終えた兵役済みの俳優である。 演技をしたいがうまく行かず、まずは軍隊から先に終えようという気持ちで行ってきたという。 基礎訓練を終え、矯正施設警備矯導隊所属で清州刑務所で服務をした。2017年7月に予備軍が終わったと言及した。
  • デビュー前、「無限ガールズ」に出演したことがある。
  • サッカー選手のソン·フンミンと親交がある。ソン·フンミンが撮ったドキュメンタリーに出たことがあり、直筆サイン入りのユニフォームまでプレゼントされるなど、かなり親しい間柄だという。 また、「野球派」という事実が浮き彫りにならないだけで、「サッカー派」でもある。
  • 昔の所属事務所であるキーイーストとは、キム·スヒョンのマネージャーとの縁で契約を結ぶことになったという。 自分が人気を得た後も、パク・ソジュン自身が先に再契約を提案するなど、自分が期待に及ばない時にも所属事務所が自分を待ってくれたことに感謝しているようだ。
  • 2018年夏のキーイースト時代から共にしてきた社長と一緒に独立した。
  • うまくいくことが難しいという青春物と、純粋ロマンスコメディの両方を成功させた俳優である。
  • デビュー以来、休まず仕事をする多作出演俳優である。 特に2015年にはドラマ2作品、映画2作品の計4作品を手がけたが、次回作の「花郎」が事前製作され不本意ながら空白期が長くなった。しかし空白期と「花郎」の放映の間に、映画「ミッドナイト・ランナー」を撮影し、「花郎」が終映する前にすでに「サム、マイウェイ 恋の一発逆転!(쌈 마이웨이)」コ·ドンマン役の提案を受けて出演した。 デビュー後、最も長く休んだ期間は1ヵ月だと自ら明らかにした。
  • 同世代の俳優の間でもかなり印象的な作品歴を持っており、演技のスペクトルも広い。 冷やかな美男子、温かな美男子、あるいはその両方を行き来する役までも消化した戦績がある。配役も平凡な高校生やアイドルから始めて、注目を集めるようになってからは推理小説作家、末っ子刑事など担当するキャラクターの個性がはっきりしている方だ。 固定されたイメージがないという点で、何かと未来が期待される俳優だ。
  • 子供が好きで、よく面倒を見ているようだ。 たまにSNSに甥や子役の俳優を抱いて、可愛くてたまらないという表情で撮った写真が掲載されたりする。 現在は甥が大きくなってから、自分を恨むことを恐れて写真を載せていないという。
  • バラエティー番組『1泊2日』で、自ら外見の順位をつけるゲームで、8人のうち8位を記録した。それで付けられたニックネームは「オルマギ(顔面偏差値ビリ)」。そして撮影中ずっと不運な結末だったことを見たチャ·テヒョンから、正式キャスティング提案まで受けた。 実際、この放送を見たナ·ヨンソクPDが「ユン食堂」にキャスティングしたことが分かった。
  • ネクセンヒーローズ所属、外野手のコ·ジョンウク選手がパク・ソジュンに似ていると言われている。 このような主張をする側では、パク·ソジュンが物凄く悔しそうな表情をする時に少し似ているという。 参考までに、これはコ·ジョンウク選手本人が作成したコメントだ。
  • ペク·スンホ選手に似ており、実際に親交がある。 インスタグラムは相互フォロー中。
  • SISTAR(씨스타)とも親しい方。 ユン·ボラとは一緒にミュージックバンクの進行を務めたことがあり、ダソムとはシチュエーションコメディに共に出演したことがある。 また、ヒョリンとはドラマに一緒に出演したことがある。彼が出演したドラマ「彼女はキレイだった」のOSTの「you don't know me」をソユが歌った。 またソユチョンギゴのミュージックバンク1位の公約で、共に「SOME」の舞台を飾ったこともある。
  • 「花郎」の縁で歌手兼俳優のパク·ヒョンシク、BTS(防弾少年団Vと親しい間柄である。一緒に旅行に行ったり、撮影現場に軽食カーを送ってあげたりもする。Vは同じ時期にドラマ撮影をしたパク·ヒョンシクパク·ソジュンにふたりに軽食カーを差し出したが、2人とも変顔写真を大きくかけてインスタグラムで、2人ともVに復讐すると言っていた。
  • 恋愛は他の人がしてみるくらいはしてみたと、某放送番組で言及している。
  • 2018年1月に放送された「ユン食堂2」で友人クリスティアン·ブルゴスから短期で学んだスペイン語をよく駆使する姿を見せた。
  • 前髪を下ろしたのと上げたのとでは雰囲気の差が非常に大きい。 ファンは「トプジュン(前髪ダウン)/カンジュン(前髪アップ)」と呼ぶ。 パク·ソジュン本人は衣装交換の際に便利なため、アップスタイルを好むという。
  • 他の俳優や歌手に比べて、服などのスタイルを流行させるよりヘアスタイルを流行させる俳優である。 「彼女はキレイだった」で見せたツーブロックのポマードヘアと、「サム、マイウェイ」で見せたハーフアップヘアが代表的なヘアスタイルだ。

最近は、「キム秘書はいったい、なぜ?」で、片方の髪を下ろしたガイルパーマを披露した。また、人気のまま終了した「梨泰院クラス」では短髪スタイルで出演したが、このドラマをきっかけに別名「パク・セロイヘア」といって髪を切る人が多く増えた。

  • インスタグラムのフォロワーが多い方(2020年10月基準で1500万人を突破)。 外国人も驚くほどの人気を確認することができる。
  • インスタグラムのID「bn_sj13」は、「brand new」ソジュン2013を表現したもので、「2013」はパク·ソジュンが俳優として新しいスタート地点と考えたものだ。
  • 歌の実力がだんだん上がっている。 2014年のライブ、2017年のライブ。 実際OSTにも参加したことがあるほど、俳優にしては歌が上手だ。 ところが、このような言葉が顔負けするほど、ドラマでは2度も音痴で出演したことがある。 一回は「彼女はキレイだった」で、 もう一回は「梨泰院のクラス」で···。
  • ドラマ「サム、マイウェイ」で格闘技選手役をこなすため、76kgまで体重を増やして以来、80kgまで体格を大きくし新しい姿を見せたいと言っていたが、まだ70kgを維持しているようだ。
  • 俳優のチェ·ウシクとは親友だ。 特別なことがない以上、1週間に4~5日会ったりするという。 2012年に「シットコムファミリー」で出会い、それ以来ずっと親交を深めている。休暇期間に一緒に旅行に出かけたり、お互いの作品が始まると試写会に必ず参加してインスタグラムの広報をするなど、いつも心温まる姿を見せているところだ。 また、歌手のPeakboyとは学生時代に出会っており、現在も親友だ。最近はこの2人の友人だけでなく、Vパク·ヒョンシクとも交流している。現在このメンバーと共に「ウガウガ」というグループを結成し、親睦を深めている。 なんの意味もないが、皆が気になるように何の意味なのか公開しないことにしたが、Vが「あまりにもメンバーの性格がよく合うので、俺たち家族かな?」と話していて、略語で「ウガ」になった」と明らかにした。
  • 2016年から愛犬ビションフリーゼのシンバを飼っている。 2016年12月のインスタグラムで「最近の職業犬のパパ」というコメントと共に初めて紹介し、シンバの単独写真やシンバと一緒に撮った自撮り写真などを地道にアップロードして近況を知らせている。 シンバは2018年のカレンダー撮影にも参加した。 撮影におとなしく臨む、カメラを知る生まれながらのスターのような姿を見て、みんな驚いたという後日談が伝わっている。
  • 最も好きな俳優として、レオナルド·ディカプリオを挙げ、彼について何度も言及している。
  • キス職人として言及され、作品で見せるラブシーンがすべて話題になる方だ。 相手の女優たちとのコンビネーションもかなり良い。
  • 唇が非常に厚く、パク・スンデとも呼ばれる。俳優ファン·ジョンウムがつけてくれたニックネームだ。
  • キム秘書はいったい、なぜ?」の製作会社ボンファクトリーのイ·グァンヒ代表は、2年前にカカオページの担当者が送った作品20本を受け取った。 その中で「キム秘書はいったい、なぜ?」という作品を見て、午前2時にカカオページの担当者にカカオトークを送って自分が製作すると言った。 そのウェブトゥーンを見た瞬間、「この作品にパク·ソジュンをキャスティングするぞ」という覚悟を決めて企画したという。
  • 四六時中、手と耳が赤い。 そのため付けられたニックネームは「ゴム手袋」だ。
  • ファッションに関心が高く、ファッションでストレスを解消する方だという。 撮影現場を除いて、寒い冬でもダウンの代わりにコートを選ぶ「ダウンのない男」だ。
  • 撮影中に怪我をしても、家族には話さないという。 「ミッドナイト・ランナー」の撮影当時、怪我に関する質問を受けた時も、また記事を見て母親が確認したら大変辛い思うので、ここまでにしたいと思う。と答えようとしたが、監督の情報提供で失敗!
  • ミッドナイト・ランナー」の封切り当時、映画の感想を残した観客を対象にレスをつける「レス遊び」をしたことがある。 #2年後、「ディヴァイン・フューリー/使者」の封切り当時もレス遊びをした。
  • 2018年3月にインスタグラムを始めて以来初めてプロフィール写真を変更した。 同年2月パク·ヒョンシクVとの釜山友情旅行の際に撮った写真に変更した。
  • 肩の幅は56センチだ。
  • 2015年の初ファンミーティングで自分の歌「遠い道(먼 길)」を歌った時、音を外したことがある。 同日行われた2回目のファンミーティングでは幸いにも無事に終えた。
  • 一番上手に作る食べ物はキムチチャーハン。
  • ミントチョコが嫌いだ。
  • 刺激的なことが好きだ。 ジェットコースターは1日に6回乗ったこともあるが、バイキングはくらくらしてうまく乗れないという。
  • ミッドナイト・ランナー」の撮影当時、走る自動車に付いて行く場面では実際に自動車を追いかけてNGが出たという。 監督に「私思ったより速いです」と冗談を飛ばす余裕まで搭載。
  • 伝統と権威のあるMBC演技大賞で、唯一の男優カップルとしてチソンと共にベストカップル賞を受賞した。
  • 2019年6月3日のデビュー以来、初めて公式ファンカフェPARK's officeが開設された。 これはパク·ソジュンの事務室、つまりパク·ソジュンのすべての日常を分かち合う空間という意味で、ファンが送った1000余りの候補の中からパク·ソジュンが直接選択したものである。
  • 2019年7月27日、公式YouTubeチャンネル「レコードボックス」をオープンした。 ファンとのコミュニケーションのため、関心に応えるために始めたという。
  • コーヒーを好んで飲む。 酸味の強いコーヒーは好きではないという。
  • 江原山火事の被害復旧と被災者のため、希望ブリッジ全国災害救護協会に1億ウォンを寄付した。 本名のパク·ヨンギュとして寄付をしたので、協会関係者さえ寄付の事実を知らなかったが、高額入金者を確認していたところ後になって把握し明らかになった。
  • コロナウイルス感染者が増えた大邱広域市に、1億ウォンを寄付した。