キルミーヒルミー
킬미, 힐미
キルミーヒルミー.jpg
放送シーズン 2015年1月7日~2015年3月12日
放送時間 毎週水曜日、木曜日夜10時
話数 20話
放送国家 大韓民国
言語 韓国語
放送局 MBC
制作
演出 キム·ジンマン、キム·デジン
制作 ファン·エンターテインメント
脚本 ジン・スワン
出演者 チソンファン・ジョンウムパク・ソジュン、オ·ミンソク、キム·ユリほか
その他


1 概要[編集 | ソースを編集]

2015年1月7日から2015年3月12日までMBCで放送された全20話の水木ドラマ。多重人格障害を素材に、7つの人格を持つ財閥3世と彼の秘密の主治医になったレジデント1年目の女医のバラエティーに富んだロマンスを描いたヒーリングロマンチックコメディードラマだ。 主なテーマは、「傷の治癒の最も強力なワクチンは愛」だ。

「秘密」で熱演していた知性とファン·ジョンウムが1年3ヵ月ぶりに再会した。

また、2011年にロイヤルファミリーで出演したチソン、キム·ヨンエ、アン·ネサンが共演することになった作品でもある。 特に、キム·ヨンエ、アン·ネサンはロイヤルファミリーと「太陽を抱く月」に続く3番目の母子関係だ。

多くの俳優から断られ、キャスティングの過程で紆余曲折が多かった作品である。

2話まで7つの人格のうちチャ·ドヒョン、新世紀、ペリパクの3つの人格が登場し、4話ではナナが自分の存在を知らせ、6話後半ではアン·ヨソプが登場し、8話ではアン·ヨソプが登場した。私が登場した。 9話にはMr.xを除いた全ての人格が出ており、20話にはナナとMr.Xが出た。

2 登場人物[編集 | ソースを編集]

2.1 主要人物[編集 | ソースを編集]

キルミー、ヒルミーの男性主人公だ。俳優チソンが演じる。 七つの人格を持つスンジングループ財閥3世でIDエンターテインメント副社長。

キルミー、ヒルミーの女性主人公だ。 俳優のファン·ジョンウムが演じる。 オ·リオンの二卵性双生児の弟だ。

キルミー、ヒルミーの登場人物。 俳優パク·ソジュンが演技する。 オリジンの双子の兄だ。 天才推理小説家 作家名はオメガだ。 幽霊作家であり、顔、性別、年齢、失明など何も知らされていない。原稿はメールでのみ送り、契約や法的な問題は全て代理人を通じて解決する。正体を知っているのは家族と編集長しかいないようだ。

  • チャ·ギジュン(俳優オ·ミンソク)

キルミー、ヒルミーの登場人物で俳優のオ·ミンソクが演じた。チャ·ドヒョンの叔父さん。 昇進グループの野心作IDエンターテインメント社長。チャ·ドヒョンを甘く見る。

  • ハン·チェヨン(女優キム·ユリ)

ドラマ「キルミー、ヒルミー」の登場人物 俳優の金ユリが演じる。 IDエンターテイメントのアートディレクターである。 チャ·ドヒョンの初恋であり、チャ·ギジュンの婚約者。

3 その他[編集 | ソースを編集]

  • 毎回副題がある。 副題はその話の重要なせりふだ
  • キャスティングが遅れたため、初撮影が12月初めだった。したがって、序盤から生放送だ。
  • 幸い12月24日にジンスワン作家が10話まで完了したのでページ脚本ではない。
  • ヒョンビンが男性主人公に候補に挙がったが白紙になったり、イ·スンギとイム·ジヨンなどが主人公候補になったりしたがやはり博士になった。 最終的にはチソンとファン·ジョンウムなどが選ばれた。
  • 5話でシン·セギがオリジンにしてあげたイベントのうち「美女と野獣」の絵と7話でチャ·ドヒョンがオリジンに「リジンさんはボール遊びをしていてうっかり怪物が住んでいる城の中に投げ入れただけです。 ボールをお返ししますので、私の城から出て行ってください。 外に出て、二度と戻ってこないでください」という言葉を通じて美女と野獣を思い出させる。
  • 撮影日を事前に知らせ、弘大で公開撮影をした。
  • 児童虐待の被害について扱っている。 一人の幼年時代が成長過程と人格形成にどのような影響を与え、児童虐待が一人の子どもをどのように深刻な被害を与えるかを見せてくれる。
  • 14話でチャ·ドヒョンとリジンの家族が視聴者側を見つめながら「明けましておめでとうございます」と言う。
  • 映像スケッチから流れるBGMが尋常ではない。 台本リーディング現場を扱った映像スケッチでは、序盤から「白熊カフェ」のオープニングが流れ、第13話でオリオンとアンナが会う部分を扱った映像スケッチの後半部には恋愛サキュレーションが出る。
  • ディーシインサイド·キルミーヒルミーギャラリーで児童虐待の被害者のために20,151,710ウォンを寄付した。
  • ファンサイトではキルミーヒルミーのファンをミミと言うが、製作陣もこれを知って作中で何回かこの言葉が出てくる。 ミミ製薬など… ドラマのエンディング字幕で「今までキルミヒルミを愛してくださった視聴者の皆様とミミの皆様に感謝いたします」と字幕が表示される。
  • ギャグシーンの時はそれとなくCG効果をよく利用する。 瞑想中、煩悩愛欲に陥ると、周辺に関連文字が飛び回ったり、主人公の人格が変わったとき、周辺の女性たちが魅力に落ちてハートを飛ばしたり…。 若い世代を狙ったドラマであるためか、ギャグシーンの時は漫画的演出に近いものも多い。
  • 17話を撮った後、チソンの声が出ず、2日休んで18回目のチソンの分量を17回目の放送日である3月4日の1日で全部撮ったという。
  • 第19話で主人公のチャ·ドヒョンとオリジンが一緒に乗り物に乗るシーンがある。 元々はジェットコースターに乗る予定だったが、その日は強風のためジェットコースターの運行が中断された。
  • 急遽マジックスイングに乗ることに変更されたが、この時、子供の頃の2人の子役俳優を向かい合わせ、2人が自分の子供の頃の姿と向き合うシーンを撮った。 結果的に、こちらの方がはるかに2人の傷の克服過程をよく表現したという評価だ。
  • ドラマ制作の日程上、実際に一番最後に撮影されたシーンは20話のエンディング場面ではなく、20話でヨーナや人格が飛び出して家の外へ逃げるのをオリジンが捕まえる場面だった。 俳優のチソンは自分がドラマの最後の撮影を女の制服を着て涙を流しながら終わらせるとは思わなかったと。
  • 年初に放送されたため年末の授賞式で不利なのではないかとファンは不安に思ったが、2015年MBC演技大賞で今年のドラマ賞を受賞し、主演俳優もこの作品で賞を総なめした。
  • ドラマ特有の雰囲気のため、OSTが様々な芸能番組で魔性のBGMとして活躍している。
  • 中国でリメイクが確定した。 タイトルは「柒个我」で、24部作で2017年12月13日に初放送が始まった。