ファン・ミニョン
황민현 (黃旼炫, Hwang Minhyun)
ファンミニョン.jpg
基本情報
誕生日 1995年8月9日
年齢 26歳
出身地 釜山広域市
国籍 大韓民国
学歴

広安幼稚園 (卒業) 湖巖小学校(卒業) 東亜中学校(卒業) ソウル公演芸術高等学校 (舞台美術科 卒業) 仁荷大学校 (演劇映画学 中退)

漢陽大学未来人材教育院(実用音楽学専攻K-POP課程在学)
宗教 プロテスタント
ポジション リードボーカル
活動期間 2012年NU'ESTシングル1集FACE
家族 祖母、両親、姉(1994年生まれ)
身長 / 体重 181 cm / 61 kg
血液型 O型
事務所 PLEDISエンターテインメント
所属グループ NU'EST
ファンクラブ ラブ
関連活動 PRODUCE101,Wanna One
あだ名 ファン、ファンジェ、砂漠キツネ、エオンイ、ハヤンドゥンイ



1 概要[編集 | ソースを編集]

韓国の5人組ボーイズグループNU'ESTのメンバー兼俳優、モデルだ。

中学3年生だった2010年、下校途中に赤いダウンジャケットを着て、友達と焼き鳥を食べている途中、関係者の目にとまり、路上でキャスティングでプレディスエンタテインメントに入社した。

2010年12月に上京し、プレディスの練習生となり、デビュー以前にもオレンジキャラメルの「バンコクシティ」、「上海ロマンス」、アフタースクールBLUE「ワンダーボーイ」のMVに出演している。特に<上海ロマンス>MVでは主役を演じ、「上海ボーイ」という別称で知られ始め、Happy Pledis 2012アルバムの<LOVE LETTER>にはフィーチャリングに参加したことがある。

2012年3月15日、シングル「FACE」で正式に国内デビューを果たし、2014年11月5日、シングル「Shala Ring」で日本でも正式デビューを果たすなど、国内外で活発な活動を展開した。

2017年4月から放送されたMNETのアイドルグループプロジェクトプロデュース101シーズン2で最終9位になり、Wanna Oneのメンバーに抜擢された。 Wanna Oneは2017年8月7日、1枚目のミニアルバムアルバムアルバム「To Be One」でデビューし、デビュー年度の「すべての」ポピュラー音楽授賞式で新人賞を獲得、翌年にはほとんどの授賞式で男子グループ賞を席巻するなど、大勢の国民的アイドルとして印象的なキャリアを残した。

2019年にはイタリアの高級衣類ブランド「MONCLER」の韓国初のアンバサダーに抜擢され、ミラノファッションウィークに参加した。これは韓国男性セレブとしては初めてのことだ。 2020、2021年まで3年連続でモンクレールと共に過ごしている。

2019年8月25日、ミュージカル「マリアントワネット」の主役であるアクセル·フォン·フェルゼン役を演じ、ミュージカルデビューを果たした。

2020年にはイギリスのニッチ香水ブランド「JO MALONE LONDON」の韓国初アンバサダーに抜擢され、「ラベンダーランド」シリーズとハウス初の大韓民国をモチーフにしたブロッサムコレクション「Yuja(柚子)、Water Lily(水百合)」のお披露目を行った。

2020年11月17日に初めて放送されたJTBCミニシリーズ『Live On』の厳格な放送部長コ·ウンテク役を演じ、ドラマ主演でデビューした。

2 外見[編集 | ソースを編集]

2.1 ビジュアル[編集 | ソースを編集]

横に長く細く、やや上に上がった鋭い目つき、高い鼻、はっきりとした目鼻立ちと繊細な顔のラインを持つ美男。 トレンディでありながらバランスに優れた調和のとれた美男子だ。 アイドルメイクでシックなスタイリングをすれば、ものすごいカリスマを発揮するが、笑う姿は目尻が下がり優しくなる。

NU'EST活動当時、大衆に存在感を伝える機会は少なかったが、プロデュース101シーズン2に参加した後、隠れたビジュアルで大きな話題を呼んだ。181センチのすらりとした身長に見合う割合、とりわけ白くてきれいな肌で実物評価が非常によく、カメラでは捉えきれないビジュアルとしてよく知られている。 デビュー当初「NU'ESTダイアリー」で整形していないことを証明しろというベクホの言葉に目頭が真っ赤になるほど自分の手で押しつぶす姿を見せ、放送で公開された両親そっくりの自然美男だ。

2.2 体格[編集 | ソースを編集]

181cmのすらりとした身長と長い脚、そしてモデル比率という天性の体格の持ち主だ。細長い体格の高校生の頃から頑張り続け、現在の逆三角形105サイズの肩としっかりした筋肉まで隠し持っている。ユ·ソンホが「一生懸命運動してミニョンさんのようになりたい」とし「肩が本当に広くて痩せているが、筋肉がある。腕を触ったら、わぁ。顔は少年だが、どんでん返しだ」とインタビューしたことがある。 Reebok『CECI』のグラビア撮影ビハインド映像を見ると、パク·ウジンがファン·ミニョンの背中におんぶされて胸の筋肉と腕を触りながら「わ~完全にキャプテンアメリカ~キャプテンアメリカ」と満足げに話す。

モデルといっても遜色ない比率はミニョンがロングコートを着たとき、より際立つ。 アレクサンダー·マックイーンのスーツに全く手を加えていないが、ぴったりだったというエピソードがあり、ズボンの丈をほとんど直さないことで知られている。 細長い足のラインを持っていて、スキニーパンツを履く時、ファンに好かれる。また、足が白く、毛もないためさらさらなため、半ズボンもよく似合うが、あまり履かない。 プロデュース101シーズン2出演当時、宿舎で半ズボンをはいてベッドに横になり、足指を動かす動きがすばらしい脚線美で話題になったことがある。独自のコンテンツではしばしばタンクトップ姿で登場する。

2.3 似ている人[編集 | ソースを編集]

Pledisエンターテインメントの「公式女優賞」で SEVENTEENのウォヌに似ているとよく言われている。 一方はフェネックス、一方はキツネとは少し違うが、所属事務所が好む美男の系譜として有効だ。

デビュー初期の12年8月1日、「週刊アイドル」に出演した当時、イ·ジュンギと似ていると紹介されたことがある。 その際には鋭い目つきが少し似ているほどとだけ触れられたが、ミニョンが成人になってからやや似ているように見える。

2014年の1枚目のフルアルバムでKBSテレビ『ミュージックバンク』の司会を務めた俳優パク·ソジュンと、実物を見て勘違いしたファンからプレゼントを受け取ったことがある。 パク·ソジュンもミニョンからのプレゼントを間違えてもらってお互いに渡したと。 ミニョン本人はファンだということだけ知られていたが、2019年1月、Wanna Oneファイナルコンサートでパク·ソジュンと撮った証拠写真がファン·ミニョンのアカウントにアップロードされてインスタ共演をするなど、現在はかなり親密になっていると把握されている。

俳優のチュ·ジフン、アン·ジェヒョンとも似ているとよく言われる。 両方とも鋭いあごのラインに浮かび上がった目、高い背のため、いろいろな面で似ているように見えるところがある。 特にアン·ジェヒョンはドラマ『Live On』の放送後、白い肌に浮かび上がった目つきが似ているという言及が増えている。 その他にも、日本の声優でミュージカル俳優の増田俊樹も似ていると言われている。 少しつり上がった目尻と雰囲気が妙に似ている。

プロデュース101シーズン2で練習生の情報を公開する際、「国民のフェネックス賞」と紹介し、プロデュース101シーズン25話で練習生たちが選んだビジュアルセンター4位に選ばれた時、「フェネックスに似ています」と本人を説明する。 比較写真「Wanna One Go」の第2話でも本人がフェネックスと称している。

フェネックスをモチーフにしたフォッコとロコン、ロコン(アローラの姿)などが似ているポケモンとして取り上げられ、ファンサイン会でオレンジ色の花冠をかぶせたり、フォッコの人形をプレゼントされたりもした。

もう一つ似ているものとして猫がいる。 2013年NU'EST公式カフェがエイプリルフールのいたずらで「愛犬カフェ」にリニューアルした際、他のメンバーは皆子犬として描かれていたが、ミニョンだけロシアンブルーの猫に生まれ変わった。

プロデュース101シーズン2に参加し、猫に似た姿で人気が急浮上した。 ファンの間には「エオンちゃん」という愛称が付けられ、ミニョンちゃんとネコちゃんの似ているところを強調する「MinhyunasCat」も人気を集めている。 最初は慣れていない様子だったが、あるファンサイン会で「私は猫だ!!というポストイットの回答をチェックし、自分が猫に似ていることに同意し始めた。 外見よりは行動の方が猫に似ているようだと思ったが、ある瞬間からは「俺、猫に似てるんだ」と本人の顔に描き込むなど、ファンが「そういうならそうだよね」という感じで完全に浸透した状態だ。 自分の写真と似た猫の写真を掲載し、「ファンの活動はありがたく、ファンの方々がつけてくれる全てのあだ名がいい」と言及しており、記事のタイトルを「エオン王子」と選ぶ記者の方も登場した。

ドラマ『Live On』のメイキングは犬顔の男性俳優としては唯一猫扱いされている。

3 ポジション[編集 | ソースを編集]

3.1 ボーカル[編集 | ソースを編集]

路上キャスティング後Pledis入社オーディションでは2AMの <電話を受けない君へ:You Wouldn't Answer My Calls>を歌ったとデビュー当初「スーパージュニアのキスザラジオ」で言及していた。 31分ごろからメンバー全員が入社後、ダンスを習い始めたので、2AMのようなバラードグループだと考えたという。

2012年デビューシングル「Face」、初ミニアルバム「Action」までパワフルなタイトル曲には個人パートが多くなかったが、2013年2月、ミニアルバム2集「もしもし:Hello」で印象的な最初のパートを消化し個人パートもかなり増えた。 パフォーマンスを行う時に多少不安定だったライブも着実に成長し、2014年の正規1集「Re:BIRTH」以降はMR除去後では揺らぐことのないしっかりしたボーカルを鑑賞できる。

地道に誠実にボーカルトレーニングを受けた成長するキャラクターあり、多数のボーカルトレーナー(ファン·チヨル、シン·ユミ、キム·ヨンミンなど)が努力派であると口にした。 ミュージカルを準備しながら声楽の発声法を学んで以前は試みることのできなかった曲を歌うことができるようになったと喜ぶなど各種インタビューや個人VLIVEを見てみると、歌うことが大好きで歌手というアイデンティティを大事に思っていることがすぐ分かる。

NU'ESTの初のミニアルバムタイトルである<Action>からイントロを担当し、注意を喚起する役割を主に担っており、2014年に発売された正規アルバム1集のタイトルである<Good bye>はミニョンから始まりミニョンへと展開され、ミニョンで終わる曲である。 2015年初めに限定発売されたスペシャルシングルのタイトルである<I'm Bad>は、声帯結節手術で参加が不可能なベクホを除く4人が歌唱し、全般的な曲リードをミニョンが担当する。

2014年ショーケースでミニョンが二人のメインボーカルと言及したことがあり、2015年フロムの正規2集タイトル「後遺症」にフィーチャリングで参加した後に公開されたインタビューで、関係者たちがミニョンをメインボーカルと呼ぶなど、センターがないのと同様、グループ内で明示的なポジション指定はなかったものと推定される。

大衆的に最も認知度の高いNU'ESTの曲として挙げられる<もしもし:Hello>はミニョンのイントロが特に好評を博した曲だ。 Wanna Oneの華やかなデビューを知らせたタイトル曲<Energetic>でも、ミニョンは印象的なイントロを消化してイントロ皇帝というニックネームを獲得し、リードボーカルというポジションが浮上した。 NU'ESTの復帰に伴い、該当ポジションが固着したところであり、特に固定した役割を意味するものではない。

繊細で柔らかい音色と正確な音程が持ち味であり、裏声と真性を自由自在に活用するボーカリストである。 音域帯が高い方で、イ·ハイの「ため息」、BOL4(赤頬思春期)の「宇宙をあげる」などの女性ボーカル曲を原曲のまま消化する。 2016年、OTTチャンネル「しますテTV「NU'EST」編」で、イ·ハイの「ため息」を選曲し、堂々と「私の美しい歌声をご鑑賞ください」と言った後、無理なく、願いを込めて演じる威厳を見せた。 2017年プロデュース101シーズン2ビハインド'ボーカルチームの歌唱力自慢'編でBolbbalgan4の「宇宙をあげる」を原キーのまま消化するファン·ミニョンを見てクォン·ヒョンビンは「わぁ、声が本当に…」と感嘆し、一番前列でぼうっとして鑑賞していた。ユ·ソンホは目を丸くして「兄原曲キーですか?」と問い返した。 ほとんどのガールズグループの曲のキーを少し下げただけでもファン·ミニョンの音域帯と似てきて、声も妙に似ているように聞こえる。 最も良い例がキム·セジョンだが、「花道」の音を2キー程度下げるとミンヒョン特有の音色と最も似ている。 「Oh My Girl」のヒョジョンもキーを下げると、一部ミンヒョンと音色が似ている。

3.2 パフォーマンス[編集 | ソースを編集]

ダンスのラインがきれいなアイドルとして挙げられる。中学3年生時代にキャスティングされて高校1年生になった冬からダンスを学んだ上、手足が長くて最後まで力を入れるのが難しく、柔軟ではない方だが熱心に努力したおかげで、振り付けをよく習得し消化することで定評がある。本人の体型及び振り付けスタイルの長所短所をよく把握し、地道に誠実に努力してきたのが光を放ったケースである。舞台を几帳面にモニタリングする方で、角張った振り付けと没頭感のある舞台演技を披露し、舞台の上の皇帝とも呼ばれる。

「プロデュース101シーズン2」出演を通じて、ミニョンは振り付け習得力と消化力が優秀なプロフェッショナルなダンサーであることを証明した。

2017MnetアジアンミュージックアワードJAPANでプロデュース101シーズン2の国民プロデューサー代表として縁があるBoAのOnlyOne舞台に「オンリーワン男」として登場した。歴代オンリーワン男の中で初めてSM出身でないという点で注目されたが、ダンス主力でないボーカルメンバーという点も異例だ。既存の「オンリーワン男」から見える断固さを排除した哀れな表情と、別れを悲しむ演技がミニョンのダンスのラインとよく似合っていた。 憧れの大先輩と同じ舞台に立つ風の舞台でもある。

3.3 演技[編集 | ソースを編集]

キャスティング直後から演技活動を念頭に置いて、方言の矯正を厳しく進めたという。

2020年11月17日火曜日午後9時30分から放送されるJTBCミニシリーズ「Live On」の約束と嘘に厳格な放送部機長コ·ウンテク役でドラマ主演デビューする。 プレイリスト×キーイースト×JTBCが手を取り合って準備した相性抜群、塾でのロマンス物で、JTBCとネイバーTVプラットフォーム上で同時公開される。

3.4 余談[編集 | ソースを編集]

  • 自撮りを含めた写真を撮る能力が優れている。 おかげで彼氏っぽい写真が多い。 素晴らしいビジュアルと卓越したセルカ能力のシナジーで、レジェンド級のセルカが多い。 セルカを撮るコツは特になく、たくさん撮る方でもなく、一度撮る時に3枚ぐらい撮れば、気に入った写真を撮ることができるという。
*風景、自然写真もよく撮れてるのでインスタのフィードが本当にきれいだ。 2020年にVアプリで写真を撮ることに興味を持ちカメラにも興味を持つようになったとしてフィルター内蔵カメラを用意することを告げ、そのカメラで撮影したような写真が多数アップロードされた。 自分が見る多様な視線をファンと共有したいと言っていた。
  • 「プロデュース101」シーズン2に出演し、「コンライン」ができた。 出演中、数字の2との特別な縁(?)が目立ち、プデュ限定で「コン·ミニョン」と呼ばれたりもした。 コン·ミニョンに関するエピソードは項目で詳しく見ることができる。
  • お酒をほとんど飲まないし、酒量も強くない。 レン曰く、2口も大変だそうだ。 Wanna Oneのhiteビール広告の時、 まさに資本主義リアクションを見せた。 サイン会ポストイット後記によると,本人は麦茶を飲んで撮影したため酔わなかったという。芸能プログラム「布団の外は危険」を撮影してきたカン·ダニエルがメンバーたちにビアヨガを教えた時も、ミニョンだけグラスに水が入っていることを確認できる。 また、JRと撮った「#NUCKET BUCKET LIST」で、栗マッコリを一口飲んだ後、「マッコリを飲むと息が苦しくならないか」と聞いてJRを失笑させ、NU'ESTの「ニュンポチャVapp」でも、好きなお酒を聞くインタビューに「酒は好きじゃない」と答えた。
  • 健康に気遣う方であるが、コーラをはじめとする炭酸飲料がかなり好きだ。 「私一人で暮らす」で、家に炭酸飲料を箱ごと買ってきて飲む姿が見られる。 DAZEDのインタビューでサイダーよりはコーラ派だと述べ,健康飲料,客用のお酒まで,さまざまな飲み物が列を揃えて並べられている 。飲み物がなくなったらすぐ補充をするようだ。
  • コーヒーを好まない。 デビュー当初のカフェイベントの時は、コーヒーを好んで飲むと言って資本主義に屈服する姿を見せたが、結局、目を覚ますために1、2杯飲むしかないことが明らかになった。
  • カフェに行ってもジュースやホッケ茶などの健康飲料を主に飲むそうだ。 Wanna Oneデビュー直後、ハッピートゥゲザー出演前のミーティングでアメリカーノを手渡されると、困惑して、すぐメンバーのキム·ジェファンのグレープフルーツエイドと替えたのがそのまま映った。
  • 絵を描くのが好きだ。 「Daybreak」ミュージックビデオの撮影現場で4B鉛筆でスケッチする姿がメイキング映像に撮られ、幼稚園の時から美術教室に通い、小学生の時は写生大会でイルカの絵を描いて学校に展示されたこともあるという。 高校時代、舞台美術科の学生で、ミニョンの姉も美術の先生だった。 公式カフェで将来の悩みを相談するファンに「実技をあきらめるな、行って実技して」と督励した。 絵を描くことがあれば、自分が高校時代、舞台美術科だったと自信を見せたりもする。 しかし、基本的に手先が器用だと見るには難しく、ゆったりした姿が強調されていて可愛い。
  • 「幼い頃の夢は大統領だった」と話した。 幼い頃、祖母がミニョンを「私の大統領」と呼んでいた。本当に大統領になりたいという夢を持っていたという。
  • 仁荷大学の演劇映画科の学生だが、文科大学のカタログにモデルとして出演した。 韓国語文学科のページに出てくる。 仁荷大学校のコミュニティに「演劇映画科のㅎㅁㅎさん(ファンミニョンのハングル表記を略したもの:황민현)」に告白する文章が書き込まれたりもした。
  • 普段から本を読むのが好きだそうだ。 小説やエッセイを好んで読んだが、作詞に関心ができてから詩集を多く読むようになり、下線まで引いて読書した本をインスタグラムに認証したりもした。 このような趣味をいかして週刊アイドルで詩の朗唱をしたりもすると、 一方、デビュー当初、なまりを矯正するために詩を朗読したという。
  • 「プロデュース101シーズン2」のコンセプト評価NEVER舞台で着た衣装が文豪ストレイドッグスの太宰治に似ている。 ベージュのジャケットと青いブローチだけでなく、包帯はストライプのシャツの中に白のシャツで代用された。 この他、NEVER舞台衣装が全体的に文豪ストレイドッグスの登場人物の衣装とコンセプトが似ているがセンターであるためか、ミニョンの衣装にこのような接点が目立つ。 2D、3D、ミニョンと見てもいいくらいだ。 さらに、ミニョンはプロフィール上、身長が181センチで太宰治と背も同じだ!
  • オールブラックファッションを愛することで有名。私服はほとんどブラックトーンなので、個人のインスタグラムに載せるセルカを見ると、大半がブラックの衣装で、特に黒い帽子と黒いタートルネックが大好きだ。 私服でコートとライダージャケットをよく着る方だ。 Vアプリチャンネルでも、「おしゃれのため、ロングダウンよりコートをよく着る」と明らかにしたことがあり、ライダージャケットを着て、その上にコートを羽織るなどのバリエーションを披露した。
  • 海外活動に出ると食べ物が口に合わずほとんど食べないという。 しかし、今は適応をしたのか選り好みすることもあまりなく、主要訪問国の現地料理もよく食べているようだ。 外国スケジュールに行ってVappつけ配信を行いながら現地の食べ物である火鍋、パッタイ、黒糖ミルクティーなどを食べたと言及している。また甘いデザート類は特に好きらしい。
  • あまり泣かない方なので、悲しい映画を見てもたった一度しか泣かなかったとVアプリで明らかにした。 ミニョンを泣かせた映画は「家へ」だという。 ちなみにこの映画は2002年に公開されたが、当時ミニョンは8歳だった。 また、日本アルバム発売(デビュー)が決定後、日本ツアーファイナルの現場でJRの手紙を聞いて号泣したことを除いては6年間公式の場で泣いたこともないという。 ベクホがキャンディを食べているミンヒョンの首を絞めて涙を流したことがあるというが、これは当然の生理的現象だ。
  • プロデュース101シーズン2放送でWannaOneとしてデビューすることが決まった最終日、魂の抜けた顔で涙を流した。 泣く顔がとても清楚で美しいという評価を受け、コンテンツ照会数もデビュー組で最も高かった。 また、Wanna Oneの最後のコンサートThereforeでも涙をこらえようと努めたが、結局はファンたちと一緒に嗚咽した。
  • プロデュース101シーズン2の放送が終わった後、個人のインスタグラムに「多くの幸せを感じさせてくださってありがとうございます。 忘れません。 愛しています(🙈)」という文を写真と一緒に掲載した。 自分の後ろにNU'ESTのメンバーをタグ付けしたが、この方向がNU'ESTのシンボルアイテム、羅針盤のメンバーの方向と同じでファンに感動を与えた。
  • キム·ジェファンとはプロデュース101シーズン2から「Sorry, Sorry」、「夕立」、「NEVER」、「Hands On Me」まで全ての競演で1チームとして活躍した縁がある。 キム·ジェファンは『Sorry, Sorry』でファン·ミニョンがキム·ジェファンを同じチームに選んだ後、自分がもっと注目され、デビューまでうまくできたと思うか、週刊アイドルでMCチョン·ヒョンドンが「宗教はどこか」と聞くと、「私はファン·ミニョンです」と答えた。 Wanna One Goシーズン1では1X1=1ミッションでまた1チームになって一日中一緒にいたが、結局最下位となり罰ゲームを受けた。
  • 俳優のパク·ソジュンと親交がある。 ミュージックバンクのMCを務めたパク·ソジュンのファンがファン·ミニョンにプレゼントを間違えて渡したことでファンカフェに「実際に見ても似ているんだな~」と喜んだエピソードがあるが、当時はお互いよく分からなかったという。 ハッピートゥゲザーでこのエピソードを語って以来、Wanna Oneのファイナルコンサートでパク·ソジュンがミニョンに花束を渡して一緒に撮った写真がファンミニョンのインスタグラムでサプライズ公開された。 その後、ミニョンが出演した「私一人で暮らす」と「ハッピートゥゲザー」でもかなりの親密さを示し、パク·ソジュンの映画試写会にミニョンが参加して会社帰りに親しそうにしていたことがファンに目撃されたこともある。
  • 2020年芸術の殿堂ハンガラム美術館で開催されるローズワイリー展のオーディオガイドに才能を寄付した。 ローズ·ワイリーが応援するプレミアリーグ·トッテナムの選手として活躍しているソン·フンミン選手も参加した本オーディオガイドは、ガイドオンアプリを通じて確認できる。