ユン食堂

提供:宇宙wiki
ナビゲーションに移動検索に移動
ユン食堂(シーズン1)
윤식당
ユン食堂.jpg
放送シーズン 2017年3月24日~5月19日(シーズン1)
放送時間 金曜夜9:20~
放送国家 大韓民国
言語 韓国語
放送局 tvN
制作
演出 ナ·ヨンソク、イ·ジンジュ
出演者 ユン·ヨジョンチョン·ユミ、イ·ソジン、シング
その他


1 概要[編集]

オープニング ナヨンソク、イ·ジンジュPDのtvNリアリティー番組。インドネシア·バリ近くのロンボクに付いている小さな島、ギリトラ王の中で小さな韓国料理店を開いて店を経営する。 全般的に三食のような料理番組でありながら、外国に滞在しながら異国的な風景をたくさん見せてくれるという点で「花よりリュックサック旅行」シリーズのフォーマットを合わせたようだという反応。

ユン食堂のメインメニューはプルコギでプルコギライス、プルコギヌードル、プルコギバーガーとラーメン(卵、餃子、卵+餃子)、ポップ餃子(餃子の天ぷら)、フライドチキン、酒類などを販売する。 最初はプルコギ系のメニューだけを販売していたが、これだけでは売り上げが伸びず、ラーメン、餃子、フライドチキンなどが追加された。プルコギメニューとパジョンを除くと、本格的な韓国料理ではなくインスタント辛ラーメンを作り、冷凍肉餃子の揚げ物メニューである。

元々は1ヵ所で撮影をしようとしたが、撮影を許可したインドネシア観光庁と海岸整備事業を進めていた主務部署とのコミュニケーションの問題で、撤去日程と撮影日程が重なって進められたため、やむを得ず撮影場所を移さなければならなかった。 制作陣も当初、該当建物が撤去対象であることを認知して撮影期間を設定したが、省庁間の協議ができず、事業が協議した日程より繰り上げられたために発生した問題だ。おかげで第1話でオープン前の商圏調査のために試食した隣の食堂もオープン当日に撤去されたという。

第1話の放送後、しばらく検索語の順位を占め、視聴率6.2%で始めた。ナ·ヨンソクの「ランチング番組」(「花より」シリーズの「花より爺」ヨーロッパ編、「三食」シリーズの「三食精選編」、「新西遊記1期と新婚日記」)の中で最も高い視聴率。そのおかげで、ナ·ヨンソクがまた「大ヒットした」という反応が出ている。 2話放送分で視聴率9.6%を記録し、それこそ大成功した。 首都圏の視聴率の場合、10%を軽く突破した。 3話放送分では視聴率11.3%で地上波を含めた同時間帯1位を記録した。

10日から16日の間に集計したデジタルケーブルテレビの放送VOD順位で5位になり、芸能1位となった。その後も引き続き同時間帯の視聴率1位を記録している。 28日の6回目では平均視聴率14.1%を記録して自己最高視聴率を更新、歴代ケーブル芸能史上最も高い平均視聴率を記録した「三食漁村編」シーズン1の14.2%にほぼ近い記録を出した。 再放送の視聴率も2~3%を上回るなど、高い反響を見せており、まさに「大ヒット」と言える状況。 芸能番組ブランドの評判順位に入るやいなや、2位を占めた。 (関連記事)最終話では、TNMS基準で瞬間最高視聴率が16.7%まで跳ね上がった。

放映途中にシーズン2が決まり、ロケ地はフィリピンになるという記事が出たことがある。 多くのネチズンが「よりによってフィリピンなのか。 最近そこの情勢もよくないが…」と心配したが、制作陣の公式言及ではフィリピンどころか制作論議自体がなかったという。 しかし、メイン出演者であるユンヨジョンが最終話で「バラエティー出演しない」という言葉を翻したことで、シーズン2自体は可能になったようだ。

その後、スペインカナリア諸島のテネリフェでシーズン2を撮影中だというニュースが流れ、2018年1月5日にはユン食堂2として放送が始まった。

2 企画意図[編集]

休む暇もなく複雑な都市を抜け出し、 疲れた心と体が一テンポ休憩できる余裕を夢見る。

誰も急がないで、すべてがゆっくり流れていくところ。 旅行者の天国バリの近くにある平和な小さなパラだイス島 私たちはここに小さな韓国料理食堂をオープンします。

少し不慣れだが新しくて, 少しは下手ですが、真心のこもった、 多様さの中に溶け込んで一緒に暮らす暖かい物語がある場所。 <ユン食堂>へご招待します。

3 出演陣[編集]

3.1 ユン·ヨジョン[編集]

ユン食堂を率いるメインシェフであり、社長。最初はいきなり料理をしなさいというナ·ヨンソクPDのコンセプト説明に難色を示した。今まで家庭生活をしながらも料理に手を出したことがほとんどなかったようだ。すぐにメニューについての意見を出し、アイデアが湧いてくると喜びもしたが、それだけ心配と負担も多かったようだ。 責任感を持って焼肉メニューの猛練習に突入。

3.2 イ·ソジン[編集]

ナPDのペルソナらしく(?)、当然出演。 出演者の中で最も英語や外国関連の知識が豊富で、お客さんが何かを問い合わせたり、団体客が訪問したりする場合は、新旧の代わりに迎えることもある。 メインポジションは飲料担当と常務。「君は何がしたいの?という尹汝貞の質問に、「常務」と答えた。 そして、常務らしく食堂の経営方向と中心を担う役割を担っている。 最初は頼りなかったユンヨジョンも全面的に信頼するほど、朝の材料調達、新メニューの提案、価格策定、パドルボートを通じた客の誘致や迎えなど多方面で能力を発揮中。

3.3 チョンユミ[編集]

皿洗い係だと思っていたが、厨房の補助役を担当。 厨房でユンヨジョンを補佐している。 これは生活する上でも同様で、料理はもちろん洗濯など様々な面で尹汝貞のことを考えている。 ユン·ヨジョンもこういうチョン·ユミが とてもきれいだと褒めてくれた。 尹汝貞と一緒に行くことを知ったチョン·ユミが他の先輩の演技者に聞いて、尹汝貞の好みなどを前もって知っていったという。

3.4 シング[編集]

ユン食堂を訪れるグローバルなお客様を迎えるクヨミアルバイト。 2話から合流した。 「クケビ」のメインシェフと補助役を務めたユン·ヨジョンとチョン·ユミが台所にいて、イ·ソジンが飲み物を作るのに、一人で給仕までするにはどうしても人手が足りなかった。 これに対してメンバーはアルバイトを要請し、ナPDが待っていたかのように「アルバイトが来ている」と言うが、鋭いユン·ヨジョンは「イ·スンジェ先生がいらっしゃるのではないのか」と指摘する。 ナPDは否定したが、訪ねてきた方は李スンジェに劣らない大先輩。

4 余談[編集]

  • 現代人のロマンをテレビのブラウン管を通して代理体験するという話とは反対に、密かに自営業者の苦悩が込められた字幕を書いて英語に書いてください。飲食業自営業者らの哀歓を間接的に示す姿が多く見られる。特に、1号店が撤去される姿を呆然と見る場面で、建物主や他の理由で商売をたたむ場合が多い大韓民国の自営業者の現状を描写しているようだ。実際、ユンヨジョンがエピソードで「商売は首」という発言をする。 ユン食堂のパロディー物に属するカン食堂では、堂々とこのような点が注目される。
  • 食堂の客は隠しカメラではなく、知って撮られる。 食堂のメニューには韓国料理に関する番組の撮影中であることを告知し、その事実を知らせている。 四方にカメラが設置されている環境なのですぐに気付くこともあるし。
  • 「花より」シリーズのようにロッテ七星飲料のミネラルウォーター「アイシス」と炭酸水「トレビ」がPPLするが、特にレモネイドにトレビを使っているため、それなりのPPL効果が刻印されそうだ。
  • 現地では食堂のスタッフがみんな俳優だと言ってもそうだろうと思って見逃した外国人が、後になって本当に有名俳優だと知って反応する場合もあるという。 第2話に登場した日本人夫婦の客の場合、後で韓国人の友人から「有名女優だ」という話を聞いて、チョン·ユミのSNSに書き込みをしたという。
  • 国内の反応も良いのでいろいろと話題になっているが、特にプルコギバーガーなどメインメニューを直接作って食べてみる映像が多く掲載されている。 思ったより作りやすくておいしいという反応だ。
  • 英語タイトルはシンプルにYoun's Kitchenだが、実際に同名の食堂が存在する。 こちらは、タイのクラビーにある 総合レストランだよ。
  • Lovelyzの歌がBGMでよく挿入される。 リパッケージのタイトル曲である「今、私たち」は第7回放送分で1曲を丸ごと流したりもした。 正直、ナ·ヨンソクPDは 番組にLovelyzの曲をたくさん使う方だ。
  • 放送後、広告ブルーチップに浮上したチョン·ユミは言うまでもなく、シン·グ、ユン·ヨジョンもそれぞれ関連コンセプトの広告を撮った。
  • 放送で使われていた2号店は現在韓国人が引き取って韓国料理を売る食堂として営業しているが、壁には落書きがぎっしり書かれている。 知らずに見れば迷惑かもしれないが、韓国人観光客が放送された所に行ってきたという証拠写真を残したがって、食堂のオーナーが許可を出してくれたので、このようになったという。