ソユ
소유,SOYOU
ソユ.jpg
本名 カンジヒョン,강지현,姜志賢
誕生日 1992年2月12日
年齢 29歳
出身地 済州特別自治道
国籍 大韓民国
学歴

ムンレ中学校(卒業) 韓国芸術高等学校 (演劇映画科 卒業)

誠信女子大学校(現代実用音楽学学士)
宗教 仏教
ジャンル アコースティック、R&B、バラード
活動期間 2010年シングルアルバム<Push Push>
家族 両親、兄(1984年生まれ)、姉(1988年生まれ)
身長 / 体重 168 cm / 50 kg
血液型 O型
事務所 スターシップエンターテインメント
あだ名 コラボシン、カンジ、モクソユなど


1 概要[編集 | ソースを編集]

2010年にデビューした大韓民国の歌手、4人組ガールズグループ「SISTAR」のリードボーカル出身だ。

本名はカン·ジヒョンで、ソユは芸名だ。

グループ、ソロ、OST、コラボ、フィーチャリングなどすべて挑戦しており、成功した音源がかなり多い。

「コラボの女神」とも呼ばれる。

2 デビュー前[編集 | ソースを編集]

幼い頃から歌手を夢見たが、いざ歌手になる方法を知らなかったという。 代わりに芸能人たちの外貌に関心を持つようになったし、美容を勉強して中学校2年生の時美容資格証を取って美容大会にも出場したと言う。

高校一年生の時修練会の特技自慢に出てガビー·エヌ·ジェイの歌を歌ってキャスティングされキューブエンターテインメントの練習生になった。 その後、4minuteのメンバー候補にまで上り詰めた。クォン·ソヒョン(権昭鉉)の地位が元々は、 もしその時、ソユが4minuteでデビューしていたら、クォン·ソヒョンはデビュー時期が遅れて4minuteと同じ所属事務所に所属しているガールズグループのApinkでデビューしたかもしれない。しかし、ソユは所属会社をスターシップに移し、10年にSISTARデビューすることになる。

3 SISTAR活動[編集 | ソースを編集]

  • 現役時代にはヒョリンのボーカル力があまりにも強かったうえに、ボラとダソムがあれこれと外見的な面で人気が出てやや曖昧なポジションがあったが、他の歌手とのコラボで名前と隠れていた実力をまともに知らせるようになった。 マッドクラウンとのコラボでボーカル的な姿が再発見され始め、2014年の初めに『Some』が大ヒットを記録し本格的にツートップボーカル体制が整えられた。
  • 2016年10月16·23日に放送された覆面歌王41回目の競演で、「駆け引き妖精ティンカーベル」という名前で参加し、大人は知りませんよ。ピーターパンのようにS#ARPの「私の唇...暖かいコーヒーのように」を歌い、パリの恋人エッフェル塔と対決する時はダヴィッチの「8282」を選曲した。 参加のきっかけは裏声しかない」という偏見を打ち破りたくて来たと話した。
  • SISTAR解散後、ダソムと共に再契約し、スターシップに残留した。
  • 2021年9月8日、ソユがSTARSHIPエンターテインメントを離れることがわかった。STARSHIPは「ソユと長い時間、踏み込んだ議論の末、再契約を結ばないことを決定した」と明らかにした。

4 ソロ活動[編集 | ソースを編集]

SISTARメンバーの中でSISTAR19を除いた非主流メンバーの一人だが、同じ非主流メンバーだったダソムが<Loving U>以降、本格的に認知度が高まり演技もするようになり、ヒョリンとユンボラなどの後を継ぐ人気メンバーになったため、相対的に唯一の非主流メンバーになったようだ。しかし2012年、ギグスと共に歌った<オフィシャルリミッシングユー>からハスキーながらも魅力的な音色が発掘され、その後2014年、チョンギゴとのデュエット曲『Some』でその年のメロン年間チャート1位、デジタル音源賞、ゴールデンディスクなどを総なめし、本格的に歌手として大きな人気を得るようになった。 以後、他の歌手のフィーチャリングをしてから認知度も急上昇した。 こうしたフィーチャリングを通じて、所有はヒョリンに隠れていた自分の音色と歌唱力がある程度認められるようになり、「他のガールズグループだったらメインボーカルに値する」「メインボーカルまでじゃなくても、かばうような声がいい」という評価を受けた。 以後、マッドクラウン、チョンギ高校などと共同作業した曲が各種音源チャートで高い成績をおさめ、「音源やくざ伝説」を書いている。 もちろんOSTなどを通じてソロ曲も数曲出した。親友であるSHINeeのメンバーKeyが、笑い話として「ソユが歌手のカムバックを何人も台無しにした!」という言葉を与えたようだ。 音域帯もかなり広い方。地声で3オクターブ·パー#5まで無難に上がる。

5 演技活動[編集 | ソースを編集]

グループ活動時代にはメンバーの中で唯一演技経験がなく、解散後はソロ歌手に転向してからもしばらく本業に専念していたが、2019年下半期、ついに演技に挑戦することになった。 KBS(韓国放送公社)ドラマスペシャルのエピソードのうち、「垢抜き狂気」に出演したが、本名のカン·ジヒョンを演じた。 演技に対する評価は生まれて初めてだが、意義的に期待以上だという評価だ。 かくしてシスターもメンバー全員が芝居の石になった

6 余談[編集 | ソースを編集]

  • SISTARメンバーの中で最長身だ。 そして本来の声はヒョリンのようにハスキーボイスという。
  • メンバーの中で唯一、兄弟が本人を含めて三人だ。 正確に言えば、他のメンバーは本人、兄、弟妹が一人ずついる構成だが、ソユは兄、姉、本人の三人である。
  • SISTARメンバーの中で一番寄付をたくさんするメンバーだ。
  • 2014年頃から所有者は現在のような健康美でキャラクターを推すようになった。 実際、上の写真を見ると、運動前は比較的白い肌に柔らかい腕と足を持っていた。 ところが、運動をするうちに体重が適度に伸び始め、テレビ番組の活動面でもカフェよりもジムで運動する姿が多く、インスタにアップされた体つきセルカは、多くの女性のダイエット欲望と男性の歓声を上げた。 実際に「I swear」のPVでグラマーなスタイルの水着姿が話題になった。 ウエイトと腹筋を中心にしたというが、一番好きな運動はデッドリフト。 実際、60キロまで持ち上げられる姿を見せてくれた。
  • 美容資格を持っていたり、本人も髪を触ったりするのが好きなのか、他のメンバーの髪をスタイリングしてあげたりする。 シースターのショータイムや「ミッドナイト香港」などを見ると、朝ホテルでメンバーたちの髪をセットしてくれる姿が出てくる。
  • 料理が好きで、上手だ。 2016年MBCの秋夕特集バラエティ番組「アイドル料理王」で予選を通過した後、同郷出身であり所属事務所の後輩である宇宙少女のダヨンと一緒に参加して審査委員を務めたキム·ソヒの毒舌に打ち勝って料理が上手だというペイまで下して決勝まで進んだが、まさかの料理番組を進行中のファン·グァンヒ-ハン·ヘリチームに押され、準優勝にとどまった。
  • 意外にタッパル(韓国料理)が好きだ。様々な放送で自分だけのタッパルをよく食べるコツ、そして自分で食べる姿を公開した。
  • 高所恐怖症がひどい方だ。 2013年に放送されたMBCの番組「スプラッシュ」ではダイビング台の上で最初から泣いており、ググダンのナヨンのように乗り物にも全く乗れないという。 ダソムと一緒に出演した「バトル·トリップ·ラスベガス」編では、この高所恐怖症のため、ビックショットにはソユの代わりに(バトル·トリップの)作家が代わりに乗り、メガスイングにはもう一人の韓国人観光客がダソムと一緒に乗った。 ソユは結局、上空270メートルから回るインサンナーティーに乗ったが、空ばかり見ていた。そんな中でもダソムは思いきり楽しんでいた。ソユ本人は10億ウォンくれると言っても高所恐怖症のため乗りたくないと言うほどだ。 チームが解散した後、しばらく休息中に故郷でパラグライダーをする写真を載せながら高所恐怖症を克服していく姿を見せたが、2017年10月に放送された秋夕特集「一人で来ました」の進行役を務めた時もナヨンがスカイウォークに上がる場面を見てひどく驚愕した様子を見せた。その他にもソウルメイトでは本人メイトたちと一緒にジップライン乗り体験もしたが、乗る前から高所恐怖症のためかなり緊張した。 こんな風に強そうな外見とは裏腹に、高所恐怖症もひどい様子を見せるなど、かなりビビりに*よく驚く性格だという。また、人生酒場によると活発に見える外見とは裏腹に実際は内気な方だという。 このように反転した姿がかなり多い。
  • 食べると肌が顔だけで、体はすらりとしている。 その証拠として、<私一人>の活動時の衣装からソユのグラマラスな体つきを垣間見ることができる。 また、デビューする前に撮った制服オーディション映像が公開された後、「ベーグル女の終結者」として検索語ランキングに上がったりもした。 実際に見ると芸能人らしい細面だが、写真上の姿はぽっちゃり。
  • 「屋根を突き破ってハイキックのチン·ジヒと似ている」という話が多く、チン·ジヒのほかにも大先輩歌手のチョン·ミョンフンとも似ているという話も多かった。 チン·ジヒとチョン·ミョンフンのギャグは、今もたまに出ているギャグだ。
  • モノマネの才能があると言われる。 2012年7月21日に放送されたギャグトゥナイトで、ソユは歌手ジョンインのモノマネも披露した。
  • 2016年に延南(ヨンナム)洞に位置するバンミフオン国内1号店ビルを買い取り、オーナーになった。 当時は商圏が形成されていなかったが、この建物の価値は上がり続け、現在は30億ウォンの価値があるという。
  • 本名がカン·ジヒョンだが、デビューしてからかなり経ったベテラン芸能人にもかかわらず、この事実を知らない人たちが意外と多い。ペク·ジョンウォンはかつて、「ペク·ジョンウォンの3代天王」で、ソユという2文字が本名だと思って本人の妻を連想して「義妹」と呼び、同時に「どこのソ氏か」という質問をするミスを犯したことがある。 ちなみに、ソ·ユジンの本館は晋州ソ氏だ。 そのほかにも、一部の番組でソユの本名が出ると、「カン·ジヒョンさん」とからかうような口調で他の芸能人たちが話す場合もある。
  • 視力が良くない方で、これのせいで睨まれることが多いという。また、このためか、放送でたまに眼鏡をかけて出たりする。