SISTAR
씨스타
SISTAR.jpg
国家 大韓民国
ジャンル K-POP ダンス、R&B、バラード
デビュー 2010年6月3日
デビューアルバム 2010年シングルアルバム「Push Push」
解散 2017年6月4日
活動期間 7周年(数え年8)
レーベル ローエンエンターテインメント(2017年12月18日~2017年6月4日)
事務所 スターシップエンターテインメント
リーダー ヒョリン
メンバー
ソユ·ダソム·ヒョリン·ボラ


1 紹介[編集 | ソースを編集]

大韓民国の4人組ガールズグループ。2010年6月4日にデビューした。商業的、大衆的に最も成功したガールズグループの一つであり、メンバーそれぞれの認知度も高く、個人活動も活発に行っているグループだ。

ユニットの「SISTAR 19」もガールズグループとボーイズグループのユニットの中で最も成功したという評価を受けており、しっかりした歌唱力とセクシーさで夏を攻略して「Loving U」、「Touch My Body」、「ISwear」、「Shake It」などをすべて連続して成功させてサマークイーンという称号を初めて得ており、現在までも「夏はSISTAR」という公式があるほどすごい大衆性があるグループだ。

歌もまた大衆的な人気が高く、韓国ギャラップの今年の歌謡曲として2011年には<So Cool>が5位、2012年には<私一人>が2位、2015年には<Shake It>が9位となった。

2017年6月7日、「SHOW CHAMPION」の最終ステージ「Lonely」によりアルバム活動を終了し、デビューからちょうど7年目になる日に韓国ガールズグループの歴史の一列となった。

ファンクラブ名は'スタイル(STAR1)'。'SISTARは最高'という意味と'我 は一つ'という二つの意味を持っているという。

夏に曲を出したり、セクシーコンセプトを掲げるガールズグループのロールモデルとされるグループでもある。

2020年6月4日、SISTARデビュー10周年を迎え、メンバーはそれぞれSNSから長文の感想を述べた。

2 特徴[編集 | ソースを編集]

所属歌手がK.WILLだけだった、小規模中の小型事務所からデビューした。普通は男性歌手のつながりや認知度の面で男性アイドルを先にデビューさせ、そのあとに女性アイドルをデビューさせる方法が安定的なので、そういうシステムを導入するのだが、STARSHIPでは女性アイドルグループのシースターが先にデビューした。

この当時、大手芸能事務所のアイドルたちを中心に待遇し、彼らが大勢だったため、小·中型芸能事務所のアイドルが人気を得るのが容易ではなかったが、シースターはデビュー曲のPush Pushからメロン年間50位を記録してうなぎのぼりだ。 これについてネチズンたちはシースターを「中小の奇跡」と呼ぶ。大手事務所の支援の中で完璧なコンセプトを作り、デビューそのものとして注目を集めるわけではなかったため、シースターは知名度を知らせるため、様々な芸能で懸命に活動し、次第に成長した。 まさにSTARSHIPの少女家長。 デビューしてからいつの間にか、6年目が過ぎた16年に、K.WILLとチョンギゴは、「スターシップの柱はシスターだ」と主張した。 現在のシースターの位置が分かる言葉である。

2.1 音源強者[編集 | ソースを編集]

デビュー曲から解散曲まですべてメロン年間チャートに入ったガールズグループであると同時に、2世代ガールズグループの中で唯一解体曲まで年間チャートに上げたガールズグループだ。

デビュー以来出したタイトル曲の中で 一曲も失敗したことがない。 ただ「滅びないグループ」だけでなく、デビュー年度の2010年以降にリリースされたタイトル曲は、基本Melon年間10位圏内、出来なくても20位圏内に入り、これまでMelon年間チャートTOP10にSISTAR Unitを含め計5曲をランクインした。また鳥肌が立つほどの音源火力を保有しており 普通の音源強者と言われる歌手でなければ イシスターにはかなわない。

ガールズグループ界では、少なくとも所属事務所側で全く押さない収録曲すら、メロン年間中位圏に入ったことのあるグループでもある。

成熟した健康美というチームの確固たるコンセプトを持っており、その分野で象徴的な位置を占めるほど韓国の大衆歌謡界においても大きな位置を占めている。 グッバイシングル「Lonely」も発表翌日の6時からずっとMelon1位を占めている。 ライバルのことを考えると、これが解体するグループの成績なのかと呆れるほどだ。

また、シスターメンバーであるソユのOSTやデュエット、ヒョリンのOST、正規1集、デュエットも好成績を出した。

2.2 健康なセクシーさ[編集 | ソースを編集]

デビュー舞台<Push Push>の時から元気でパワフルな印象を与えたSISTARは、2010年からアユクデに出演して団体戦で優勝し、特にメンバーのボラが優れた記録を出して体育ドルに急浮上した。国宝スポーツドルアンケート1位、この仕事でボラはMBC「野球を読む男」のMCになってから、シースターの序盤の人気をキャリーするようになった。 2011年からは、ヒョリンが不朽の名曲から華やかなパフォーマンスと歌唱力を引き出し、大衆から「韓国のビヨンセ」というニックネームが付けられ、健康でパワフルだというイメージを得るのに大きく貢献したが、この修飾語は特にヒョリンの健康な体つきに起因した。 2012年、日刊スポーツがリサーチ専門サイト「ティリアンパネル」を通じて調査したところによると、ヒョリンは幻想的なボディーラインのため、体つき自体が先に目に入る代表的な人物1位になったが、高い身長ではないが、比率がよく、ラインがよく生きてどの服を着てもよく似合うというのが専門家の評価。 その後、2013年SISTAR 19の活動でもう一度健康美が強調されて音源の興行をリードし、give it to meショーケースではサイアメリカ進出の助っ人であるイ·ギュチャンが登場し、「すべてではなが、K-POPのガールズグループはキュートでかわいいイメージだ。でもSISTARは少女ではなく女性のように感じられる」と評価したりもした。 続いてイ·ギュチャンは、「SISTARの方々は少し負担に思うかもしれないが、アメリカの歌手ビヨンセや'デスティニー·チャイルド'の感じがする」と称賛した。 また、2013年創刊8周年を迎えた「スポーツ傾向」が計112人の国内プロスポーツ選手(野球50人、サッカー42人、バスケットボールバレーボール各10人)を対象に好きな歌手を調査した最近のアンケートでは、シースターが2位を占めた。 セクシーでパワフルなダンスが印象的だという評価だ。

シスターが舞台の上で、単に元気そうだという言葉を聞くだけでなく、健康でセクシーなイメージを持つを持つ他のセクシーガールズグループとは差別化されているという反応が多かったのは、14年の「Touch My Body」の時だ。コンセプトにチームを合わせるよりは、これまで培ってきた体つきと累積されたキャラクターを一点に爆発させるに近い涼しい夏のコンセプトでカムバックしたシスターは、露骨にやらずにはつらつとしたメロディーとお尻を叩くダンスなど、可愛さで度を越さないセクシーさを見せてくれた。 ビジュアル的にも筋肉が多く、タンニングした姿がしっかりしていて元気そうで、多くの女性たちが「似たいワナビー」の体つきで選び、うらやましがった。 普通、ガールズグループといえば、痩せて白い柔らかい姿がほとんどだったが、シースターはグラマー的で筋肉の多い健康な姿で、他のガールズグループとは差別化されたイメージを持つようになった。

舞台でのコンセプト、体つき、体育などで頭角を現しているほか、大衆がSISTARを健康だと思う理由には、2014年から2015年まで所有者が3回もリアリティ芸能「私一人で暮らす」に出演し、熱心に運動する姿を見せた点も大きい。 14年5月23日、「虹のライブ」に初出演したソユは、ジムを訪れ、トレーナーと共にウェイト動作や運動器具を利用して運動をする姿を見せた。 放送後、鶏の足とともにソユが運動している映像とニュースが話題を呼び、視聴者たちは「ソユが運動をする姿がプロのようで健康美が感じられる」と好感を示した。 2014年9月12日、「The虹ライブ-アフターサービス」特集で所有者が2回目出演し、また運動する姿を見せた所有者は、運動後のインタビューで「The虹ライブ」に出演してから運動する度にやりがいを感じ、多くの人からその時に出た全てのことについて聞かれるようになったと満足していた。 続いて「周りから話を聞くと、『The 虹ライブ』以後、男性ファンが多くなったそうだ」と話した」 男性らも健康な体つきに感嘆したが、ひどい場合は、グラマー所有のため、女性らが体つきのために歩く代わりに、ケトルベルを持つことが多くなった。 2015年には、虹会員たちの集まりに招待され、虹会員たちと水上ボートに乗って水上レジャーを楽しみ、安定した姿勢で水の流れを分ける姿を見せ、もう一度運動ドルの威厳を示した。

このようにボラのアユクデ、ヒョリンの不朽の名曲、所有のリアリティ放送、シスターのコンセプトと舞台を通じて「シスターはセクシーさ=エロさ」というイメージではなく、「健康だ」というイメージで既存のセクシーさの固定観念を変えた。 また、健康に見えるイメージのおかげで、プーマ、スケッチャーズ、イーゼンバック、アディダス、ビーカーなどのスポーツブランドや、ソラシビターの広告モデル、自動車、鉄分剤、ウォーターパーク、牛乳、マテチャ、アーモンド広報大使など、「健康」に関する広告を多く撮るようになった。 様々な面でガールズグループ市場に健康美という概念を本格的に導入した女子アイドルとして評価されている。

最後にこのイメージが海外でもよく売れているのか、米国アニメ『ファミリーガイ』でK-POPを代表するアイドルとして登場した。

2.3 サマークイーン[編集 | ソースを編集]

2014年Touch My Bodyで活動したSISTARはPANNAUで調査した2014年最近最もホットなガールズグループアイドル歌手1位を占めた。 2015年にパネナウで調査した涼しい夏にぴったりのガールズグループ新曲にもSISTAR - Shake itが1位を占め、2014年と2015年の夏ともにSISTARに対する大衆の関心と好感度を知ることができる。

実は、シスターは最初から夏を代表するガールズグループではなかった。 デビュー曲「push push」はスポーティーで溌剌とした感じで、飾り気のある少女の感性曲で、好きな男性の前できれいに見せたがる女性の行動を表す歌詞とコンセプトだった。 「シスター19」の「Ma boy」も少女感性の歌だ。 キューティセクシー以降に出た君のことは「僕の目に涙が出たら君の目には血の涙が出る」の歌詞で傷ついた女性の堂々としたメッセージを表し、So Coolもまた「みすぼらしい二人より華やかなソロが好きで、僕はこれからもっとクールになれる」という堂々とした歌詞とコンセプトで活動した。

2.4 成功したユニット[編集 | ソースを編集]

韓国歌謡界にアイドルグループが多くなり、「ユニットプロジェクト」も試みられている。 「グループ内の小グループ」を意味するユニット(Unit)は、チームの一部のメンバーを組み合わせ、グループ内で披露された音楽とは異なるスタイルでコンテンツの多角化を図ることができる。 ユニットはただ「実験」に終わることもあるが、SISTARのグループ活動に劣らない成功を収めてシナジー効果を出すこともある。 「シースター19」が後者のケースだ。

SISTAR19、本グループに対する好感度を高めてくれた「成功したユニット」 ボーイズグループ、ガールズグループの中で 最も音源の成績が良いユニット。

  • Ma Boyメロン年間チャート36位、ガオン250万ダウンロード記録。
  • Ma Boyガールズグループユニットの中で、 振り付け映像再生数1位。
  • Ma Boyガールズグループユニットの中で ミュージックビデオ映像再生数2位。
  • 「Gone Not Around Any Longer」エムネット、ビルボードコリア年間チャート1位、ガオン年間チャート3位、メロン年間チャート10位…」
  • 「Gone Not Around Any Longer」エムネット、ビルボードコリア、ガオン、メロン 2月の月間チャート1位。
  • 「Gone Not Around Any Longer」ガールズグループユニット中 MV映像再生数3位。
  • 「Gone Not Around Any Longer」音楽放送11話1位。

新しいイメージ:成熟した女性 SISTARの2人の「お姉さん」からなるSISTAR19は、「成熟した女性」をアピールし、叔父さんのファンを刺激した。 名前に付けられた「19」という数字は「少女と成人女性のはざまに立つ19歳の感性」という意味だが、なぜか「19禁」を連想させて妙な先入観を抱かせることもある。 SISTAR19が披露する歌も「粘り強い」スタイルなのでなおさらだ。 エネルギッシュで健康美のあるシスターのイメージが大衆の目に馴染んでいく頃、落ち着いて成熟した感じのシスター19で新しい姿を見せ、「シスター」というコンテンツはその鮮度を持続させることができる。 結局、SISTAR19はSISTARに対する大衆の好感を持続させる役割をすることで、その存在の価値をさらに発揮する。

SISTAR19(シースターナインティーン)はインタビューで、「SISTARは賑やかで爽やかなパワーあふれるイメージがあるとしたら、SISTAR19は落ち着いて成熟した雰囲気を見せなければならない。 常にアルバムごとに新しいものを追求してきたため、SISTAR19も「ユニット活動」という負担よりは「新しさ」により大きな価値を置いて舞台を準備した。 プロデューサー(勇敢な兄弟)にいい歌をもらい、私たちはその歌に込められた情緒をうまく表現しようと努力した」と話した。

3 実力[編集 | ソースを編集]

3.1 ボーカル及びライブ[編集 | ソースを編集]

シースターを話題の中心に据えたのは、当時流行していたMR除去映像だった。 以後、KBS「不朽の名曲」でヒョリンが披露した歌唱力は、アイドルにレッテルのように付きまとう実力議論の余地を切り取った。

ヒョリンはガールズグループのボーカルとして最上位グループの実力を持つという評価をデビュー当時から現在まで着実に受けており、「韓国のビヨンセ」というタイトルを獲得している。リードボーカル所有は特有の音色でフィーチャリングを席巻し、これまで蓄積したコラボ活動で多くのメインボーカルを圧倒するほどの成果を上げた。 別名「コラボの女王」。 サブボーカルのダソムは、当初は実力が足りないといわれていたが、16年現在は、ボーカルが目立って発展した。 2016年の活動曲「I Like That」でもダソムのパートが急激に増え、ファンからボーカル的に高い評価を受けた。 2017年には40ランコラボ曲「君と僕、ときめき」を発売し、音楽への意欲を示した。 ボラも自分のパートを消化できるほどの実力は持っており、2015年アンプリティラップスターシーズン1ラッパー達とのコラボ曲「フィードバック」を発売した。

音楽競演芸能番組SBSファンタスティックデュオにガールズグループ初出演してボーカルの実力を抜いた。 シースターの他にガールズグループの出演はなかった。

3.2 パフォーマンス[編集 | ソースを編集]

舞台上での華やかなパフォーマンスも注目すべきグループである。

デビュー当初の2010年6月、「Push Push」ダンスで注目を集めた。 両手を合わせて片方の膝に当て、腰を後ろに引きながら「プッシュプッシュベイビー」を歌ったが、パワフルで、かなり独特な動作で人気が高かった。 6カ月後、「Hoe Dare You」では迫力あふれる「キックダンス」が人気を集めた。 エアロビクス動作を連想させるように足を大きく持ち上げる動作が主だ。

2011年5月、「Ma Boy」からセクシーダンスを試み、「くねくねダンス」を披露して流行させた。 「Ma Boy」という歌詞にポイントをつけた動作で胸から腰、腹まで順に続くウェーブが印象的だ。 セクシーでグラマーな体つきを浮き彫りにした。 マーボーイの振り付け映像はYouTubeで再生回数5000万を超え、現在ガールズグループの振り付け映像1位を記録全体アイドルの振り付け映像2位を記録している。

2012年には「一人でご飯を食べ、一人で歌って」などサビのポイントダンスで片足で重心を取り、残りの足でリズムに乗る脚のラインを強調する動きを披露した。 当時、ボラは「ヒールを履いて踊るのは難しい」と愛嬌たっぷりに言ったことがある。 2013年giveittomeでは別名'タッチダンス'が披露された。 サビの「あ」という音が出るたびに、太ももから首まで順番に触る踊りだ。 簡単でセクシーな動作なので流行した。 それだけでなくムーランルージュコンセプトで小道具と男性ダンサーを活用して華やかでパワフルな姿を見せて大衆に好評を博し、2013年Mnetアジアンミュージックアワードでベストダンスパフォーマンス女性グループ賞も受賞した。 2014年には「Touch My Body」曲としてカムバックし、お尻叩きダンスとお尻タッチダンスなどが流行ったが、このダンスは一般人だけでなく多くの同僚芸能人も真似するほど話題になった。

2015年には軽く手とお尻を振るダンスを流行させたが、ソユは「公園に行けば腰を回す運動機械がある。 それを年配の方がよくするが、年配の方もその運動をすると思い、私たちのヒップダンスを真似してほしい」と願いを述べた。 本当にその動作みたいだけど? 2016年にはふわふわの衣装と布を使った舞台パフォーマンスを披露し、従来の簡単で真似できるダンスから脱し、シスターならではのワンランク違ったセクシーさとパフォーマンスを披露した。 その結果、1月13日、第31回ゴールデンディスク授賞式においてベスト女子グループパフォーマンス賞を受賞した。

3.3 作詞·作曲[編集 | ソースを編集]

ヒョリンが作曲、作詞家としてシスターアルバム収録曲に多く参加した。

4 グッバイシスター=[編集 | ソースを編集]

2017年5月23日に公式ファンカフェに掲載したメンバーからの直筆の手紙で解体を公式に宣言した。 5月31日に出るシングルが最後の活動になってしまった。メンバー同士の個人的な再契約は現在、議論中だと明らかにした。 5月31日午後、グループ「シスター」は最後のシングル「LONELY」を発表、韓国最大の音源サイト、メロンをはじめ、7大音源チャートをオールキルする気炎を吐いた。それだけでなく、香港、台湾、シンガポール、タイ、ベトナムの海外5カ国のアイチューンズメインシングルチャート1位も獲得した。 その後Melon週間チャートで2位、ガオン週間チャートで1位を占め、2017年Melon年間チャートで95位にLONELYがランクされ、2世代ガールズグループとしては初めて解散曲まで年間チャートに上げたガールズグループとなった。

SISTARのメンバーはアルバムやステージで最後の挨拶をする理由について「歌手として舞台で挨拶するのが正しいと思い、1週間ほどご挨拶できると思う」と話した。 続いてSISTARは「活動する意味は私たちの曲を一度は聞いてくださった方々などすべての方々に感謝の意味、ステージをしてお返ししたかったことがあった」と説明した。 5月31日MBC MUSIC SHOW CHAMPION収録ステージを行い、午後10時にSISTAR GOODBYE LIVEを行った。 6月1日Mnet Mカウントダウンステージを、6月2日KBSミュージックバンクステージを、6月3日MBCショー! 音楽中心の舞台を、6月4日SBS人気歌謡舞台を最後に7年間の活動を終えた。

解体の理由については、インタビューで明らかにした。

なお、SISTARは聯合ニュースとのインタビューで、「将来が確実だからといって解体するわけではない。 何年をもっと活動しても名残惜しいだろうと思っている今、この状況を同じように迎えるだろうと思ったので、勇気を出して決定したことだ」と心情を述べた。

解体後、ダソムとソユは再契約し、スターシップに残留した。 ボラはフックエンターテインメントと契約し、ヒョリンは解散してからもしばらく活動を決めていなかったが、9月9日、自分のインスタグラムを通じて1人企画会社として一人立ちを宣言した。

のちにハッピートゥギャザーでソユが明らかにしたところによると、解体後もたびたび会うなど友情が続いているという。 このような記事を読んだだけでも、すぐによくわかるはずだ。 ボラは舞台にまた立ちたいと思うと言う。

5 余談[編集 | ソースを編集]

  • メンバー3名は過去にJYPに合格した練習生たちだ。
  • リーダーのヒョリンは、高校3年生の時に初めてオーディションを受けたのがJYPの公開採用オーディションで、当時1位に選ばれ、練習生となった。 1年ほど練習生時代を過ごした後、シークレットソン·ジウン、EXIDユジと3人組ガールズグループを準備したが、事情があって白紙になり、スターシップエンターテインメントでオーディションを受けてデビューをした。
  • ボラは「JYPからラブコールを受けた日、父が胃がんで亡くなった」と告白した。 ボラの母親は、「ボラはJYPに行きたがっていたが、結局行けないと言った」と伝えた。 JYP連絡二日後にスターシップエンターテインメントから連絡が来てオーディションを受けて歌手になったそうだ。
  • ダソムは実の兄が連れて行ったJYPの公開採用5期オーディションに合格し、練習生としての生活を始め、キューブエンターテインメントを経て、今のスターシップエンターテインメントとして活動することになった。
  • ソユはJYP初代社長を歴任していたホン·スンソンが作ったキューブエンタテインメントの1期出身で、修練会の長期自慢時間に歌うのを見た企画会社関係者によってキャスティングされた。 当時、女子練習生がホ·ガユンとソユだけで、2人で女性デュオとしてデビューすると思っていたが、会社で4minuteというガールズグループを作り、ソユは4minuteの色と合わないという理由で最終メンバーから抜けた後、スターシップエンターテインメントに移って(4minuteより)1年後にSISTARとしてデビューした。
  • 特有の挨拶の言葉「We are B.E.S.T. Sistar」はデビュー曲の歌詞に挨拶の言葉のような歌詞があってやってみたが独特だと言い出したという。
  • 親孝行な女性ドルだ。2012年「私一人」活動期間にヒョリンと所有は両親に家をプレゼントし、ダソムとボラは家族たちが住むきれいな家を買おうとお金を貯めているという。
  • 「青春不敗シーズン2」でメンバーたちによると、ガールズグループにしては売上高、精算額がかなり高い方らしい。 音源がかなり強い上に、広告も2012年だけでメンバー、グループ合わせて14個ぐらいして、何より音源を基にした曲の認知度ですごい回数の行事をしているから、たくさん働いてたくさんもらっているようだ。 『青春不敗』でもジュエリーのイェウォンが親友のボラに「イベントを月に40回もするんだって! いい儲けをしてる人が奢りましょう!」と言うと、ボラは「だから僕が奢るんだよ!」と言い返したことがある。 もちろん、お互いいたずらなので誤解は禁物だ。
  • 2013年、SMエンターテインメントとローエンエンターテインメントは共に、シスターのあるスターシップを合併しようと努めたが、SMエンターテインメントの買収提案を検討の末、断って2013年12月18日にローエンと合併し、レーベル会社として行くことになる。 ローエンは「力量のある企画会社を対象に投資を検討してきたが、18日の取締役会でスターシップ株の70%に当たる7000株を150億ウォンで買い取ることにした」と発表した。
  • 2014年に79人のアイドルが参加した「2014最高のアイドル」の調査で2位になった。
  • 2017年6月3日、彼らの後輩であるMAMAMOOのファサは、この頃解体を宣言したシースターを応援するため、直接花束を贈った。
  • 2010年6月4日、ミュージックバンク「Push Push」の舞台を皮切りに2017年6月4日、SBS人気歌謡で'Lonely'で最後の活動を終えた。不思議にもデビューしてからちょうど7年になる日に最後の舞台をしたのだ。
  • 休息期間無しに1年に一度以上は正式にカムバックをした。 2010年3度、2011年ユニット合わせて2度、2012年2度、2013年ユニット合わせて2度、2014年2度、2015年、2016年、2017年に一度。
  • コプリカが大手を振るっていた時期のディシインサイドインターネット放送ギャラリーなどで有名で、カムBJの一人だったチャナ(akaスピーカー)は、元々シスター候補の練習生出身だったという。 落選した後、ネット・放送に転業したものとみられる。