NU'EST
뉴이스트
NUEST.jpg
国家 大韓民国
デビュー 2012年3月15日
年齢 9周年
デビューアルバム 2012年シングル1集FACE
レーベル BigHitエンターテインメントi
事務所 PLEDISエンターテインメント
関連活動 PRODUCE101
ファンクラブ L.O.Λ.E
リーダー JR
メンバー
アーロン,ベクホ,ファン·ミニョン,レン


1 紹介[編集 | ソースを編集]

韓国の5人組ボーイズグループ、PLEDISエンターテインメントから初めてデビューしたボーイズグループで、93年生まれのアーロンを除いたJR、ベクホ、レン、ミニョン全員が95年生まれで構成されている。 2012年3月15日、1枚目のシングルアルバム「FACE」でデビューした。

グループ名NU'ESTは「NU, Establish, Style, Tempo」の略であり、ファンクラブL.O.Λ.EはNU'ESTの子音「ㄴㅇㅅ」から取ったものである。 ファンクラブ名のアイデアはNU'ESTメンバーのベクホのアイデアである。

デビュー6年目となる2017年、アロンを除くJR、ベクホ、レン、ミニョンがプロデュース101シーズン2に出演した。最終回でメンバーミニョンWanna Oneのデビュー組に抜擢され、1年6ヶ月間NU'ESTとしての活動ができなくなった。 ミニョンを除いた他のメンバー(JR、アロン、ベクホ、レン)は2019年1月27日までNU'EST Wとして活動した。 2017年7月25日NU'EST Wのシングルアルバム 「If you」を発表して活動を開始した。

2019年2月1日、PLEDISエンターテインメントとの再契約を発表し、プレディスで初めてメンバー全員が再契約をしたチームとなった。

1.1 メンバー[編集 | ソースを編集]

JR,アーロン,ベクホ,ミニョン,レン

2 特徴[編集 | ソースを編集]

2.1 世界観[編集 | ソースを編集]

NU'ESTは有機的なストーリーの中で多様な世界観を通じてメンバーの個性と音楽性を表現している。

2.2 セルフプロデュース[編集 | ソースを編集]

2013年「寝言」アルバム以後、ほとんどのラップメイキングにJRが参加し、アロンは英語ラップ中心のプロデュースに参加し始めた。

2014年のファーストアルバムから一部の曲作業に参加したケ·ボムジュが、2016年の「Qis.」アルバムからはグループのメイン音楽プロデューサーとなり、ベクホが「Qis.」アルバムの「私の天国」、「実はね」で初めて作詞と作曲に参加し始めた。 ミニョンも同一アルバムの『実はね』で作詞を始めた。

同年発売された'CANVAS'アルバムの4番トラック<Thank You (evening by evening)>は、ミニョンの初の自作曲であり、作詞、作曲、編曲に至るすべてのプロデュース領域において初めて名を連ね、ファンにとって意味のあるファンソングである。 <Love Paint>でレンも作詞に参加し始めた

2017年のプロデュース101シーズン2終了後、NU'EST Wとして活動を開始した「W, HERE」アルバムからケボムジュ(ケボムジュ)を中心にベクホ(白虎)が作詞と作曲に全面的に参加している。 (未参加曲も存在する)また、ほとんどの曲でラップメーキングはJRが担当しており、アロンとレンはソロ曲を中心に作詞かラップメーキングの形で参加している。

2018年SpoonzコラボにはNU'EST Wのメンバー全員が作詞に参加し、レンはNU'EST W'WAKE,N'アルバムに収録されたソロ曲<私,君へ>を通じて初めて作曲にも参加した。

2019年3月15日にはデビュー7周年を迎え、NU'ESTのメンバー全員が作詞に参加した<歌のタイトル>がデジタルシングルで公開された。

2020年のバレンタインデーを迎えて発売されたSpoonzコラボ<Let's Love>の作詞にもメンバー全員が参加した。

8枚目のミニアルバム「The Nocturne」のタイトル曲<I'm in Trouble>はベクホが初めて編曲にも参加した。 一方、カムバックショーで公開されたバラード『きっと』は、レンの亡くなった祖父をたたえた曲で、ファースト作曲家であり作詞家としても有名だ。

2.3 話題[編集 | ソースを編集]

  • CJ ENMは11月3日、Newsenに「Wanna Oneの全員と『MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)』、コンサート、アルバムリリースなど、様々な計画を前向きに議論している」と公式コメントを明かした。Wanna Oneは今回の再結成が実現すると、活動終了から約3年ぶりの再結成となる。2017年6月16日に成功裏に幕を下ろしたMnetサバイバル番組「PRODUCE 101」シーズン2を通じて誕生したWanna Oneは、当初予定されていた2018年12月31日の契約期間満了と同時に、それぞれの道へ歩んでいった。