ピクボーイ
픽보이 / Peakboy
Peakboy.jpg
基本情報
本名 권성환
誕生日 1989年5月27日
年齢 32歳
出身地 仁川広域市
国籍 大韓民国
学歴 安南高校(卒業)
活動期間 2017年シングル「Juicy Wave」
家族 両親
身長 / 体重 188 cm / kg
血液型 A型
事務所 ニューロンミュージック
ファンクラブ Pick Your



1 紹介[編集 | ソースを編集]

大韓民国のシンガーソングライター兼プロデューサー。 繊細な感性を持ったアーティストだ。

2 詳細[編集 | ソースを編集]

2011-2012年頃、友人の「アーバンジャカパ」のメンバー、パク·ヨンインがメディアコンピュータを手にしながら音楽をしていたのを見て、ゲームのようにコンピュータで音楽を作ることができるということが魅力的だったという。これをきっかけにさまざまなバイトでお金を稼ぎ、メディアコンピュータを買って音楽を始めた。

2014年に入隊し、2016年に除隊した。 軍生活当時,作曲家とセルフ·プロデュースプレーヤーの岐路の間で悩んだが,どちらも選んだ

2017年SHOW ME THE MONEY 6でセミファイナル曲「ONE SUN(Feat.シン·ヨンジェ、ゲコ)」のプロデュースを通じて名を馳せた。 1年の曲をプロデュースした後、いくつかの企画会社からラブコールを受けたが、「信じながら作業できる」という思いで2018年、ニューロンミュージックと契約した。 ニューロンミュージック側ではポール·キムが彼の音楽を高く評価し、地道に営業について言及したという。

今までの音楽のように集中したことはないという。 元々勝負欲が全くない性格だが, 音楽だけは勝負欲が出るのに誰かを必ず勝たなければならない技というよりは、相手の音楽を同じように作ってみないと気が済まないというやり方だという。

曲を早く書く方だ。 中でも最も速かった曲はサビとテーマを15分で決めた2019年に発売されたEP「us」の「THINK ABOUT YOU」という曲だ。

自分が経験したことをテーマにしていることが多い。 何か思い浮かんだら携帯電話のメモにタイピングしておいたり、音声メモを利用してキープしておく方で、アルバムを作る時は構成やタイトル曲などの枠組みを作って所属事務所とコミュニケーションをとるという。


3 V(BTS)との関係[編集 | ソースを編集]

  • 俳優パク·ソジュンとは違う中学校に在学していたが補習塾で出会ったのが初めてで、同じ高校に進学してから仲良しになった。パク·ソジュン以外にもチェ·ウシク、パク·ヒョンシク、BTSのVと共に親しく過ごす。のちにV(BTS), Peakboy, パク・ソジュン, チェ・ウシクパク・ヒョンシクウガファミリーの創設に至る。
  • 事実上、日本でPeakboyを知るきっかけはほとんどが「Vと仲がいいから」である。
  • 2021年7月25日「同胞ヘア」のPVを公開したがウガファミリーが総出演した。チェ・ウシクが作家、パク・ソジュンはプロデューサー、V(BTS)がウェイター、パク・ヒョンシクがレストランの客として登場し、とんでもない出演陣になってしまった。

4 余談[編集 | ソースを編集]

  • 靴を集める趣味がある。
  • 幼い頃の偶像は'ソン·シギョン'だった。 下校、登校時間に自転車に乗ってソン·シギョンの歌(特に「私の帰り道」)をたくさん聞いた。
  • ポールキムオフィシャル私的な席で本当に面白い友達だという。
  • ストレスがたまったときは主に寝たりショッピングをする。
  • 本人フィシャルの性格は優しいが、かぼちゃだという。
  • 状況劇が好きな方。ライブ配信する時もたまに状況に没入してモノドラマを撮る場合があるが, かなり可愛い。
  • YG練習生出身だが、ダンスが下手でやめたという。
  • ミントチョコが好きではない。 服の色は多いけど、食べる分には イマイチだって···。 反民族派が主張する歯磨き粉の味がすると。 バスキン·ロビンスの一番好きはシューティングスターとママは宇宙人。
  • パイナップルが入ったハワイアンピザが嫌いだ。ライブ放送でかなり本気でこれについて話した
  • キュウリとレーズンは好き。
  • 2021年1月末、(G)I-DLEのファンになって最近YouTubeで映像を探して見ているインスタグラムストーリー、ラバンを通じて明らかにした。