愉快な隣人
유쾌한 왕따
作家 김숭늉
ジャンル ミステリー
配信 ウェブトゥーン レジンコミックス
連載期間 2014年11月 8日~2016年 2月 10日


1 あらすじ[編集 | ソースを編集]

今日はドンヒョンの15歳の誕生日で、ドンヒョンはいじめられっ子だ。転校生スヒョンに出会い、彼の中の何かが揺れ始める。 「オンパレード」キム·スンニョン作家の問題作。

第4話で地震が起きて世の中が崩れることになるが、状況として、全世界が滅びてしまったように見える。

1部では生徒たちが学校内の地下室に閉じ込められ、そこでだけストーリーが行われ、2部では主人公一行が脱出し、世の中でのストーリーが進行される。

2 登場人物[編集 | ソースを編集]

2.1 ソ・ドンヒョン[編集 | ソースを編集]

この漫画の主人公で、右京中学校3年生だ。 校内暴力の被害者で、「牛の糞」というニックネームで呼ばれている。 転校してきたムン·スヒョンが好きになる。 地震が起きた後、ムン·スヒョンと親しくなり、一緒に暮らす。 第1部の最後で、オ·ジングクの犠牲でムン·スヒョンと共に生き残り、地下室から脱出する。

2.2 ムン・スヒョン[編集 | ソースを編集]

この漫画のヒロインであり、大田(テジョン)に転校してきた女子学生だ。 やはり全ての学校で校内暴力の被害者だった。ドンヒョンがいじめられていることを知ってから、自分もそこに巻き込まれたくなかったので意図的にドンヒョンを避けたが、地震が起きた後はドンヒョンに近づく。

2.3 キム・ソンファン[編集 | ソースを編集]

ドンヒョンとジングクを苦しめるグループの親分。地震のあと死亡する。しかし時々死体状態で、真国の幻、幻影として登場し、真国を精神的に苦しめたり嘲弄したりする。 この時の姿がかなりグロテスクだ。

2.4 オ・ジングク[編集 | ソースを編集]

ドンヒョンと同じくいじめられっ子だが、自分はいじめられていることを否定する。 いじめられっ子だがドンヒョンと違って殴られはしないが、その理由は小遣いを上納したりいつも刀を持っているからだ。

2.5 カン・ウヒョン[編集 | ソースを編集]

ドンヒョンをいじめるソンファンを止める唯一の子で、地震が起きた後も子どもたちを指導し率いる姿を見せたが、心の中ではドンヒョンだけでなくソンファンの仲間たちもみじめだと思っている。 ストーリーが進むほど状況が悪くなり、班長として友達を導かなければならないという負担感にメンタルが崩れて独裁者のように動揺するようになると、これによって他の子供たちと葛藤が生じて戦う途中、ナイフで刺された後、後ろから石で頭を殴られる。 その後、責任を分担しようという子どもたちに次々と刀を打たれながら死ぬことになる。

2.6 キム先生[編集 | ソースを編集]

ドンヒョンとスヒョン、ジングクのクラス担任の先生で地震が起き、学校が崩れた時に死亡または下車したと思ったが、2部で公園住民の指導者として再登場した。 地震が善良な人々と悪党を選り分けた」と話す。 マンションの人々が公園を略奪しに来ると、対抗して戦い、代表の金氏を殺し、また別の金氏になってしまう。