梨泰院クラス
梨泰院クラス.jpg
ジャンル ドラマ
放送期間 2020. 01. 31. ~ 2020. 03. 21.
放送時間 金·土 午後10:50~12:20
放送国家 韓国、全世界
制作
演出 キム·ソンユン
制作 SHOWBOX,コンテンツジウム,梨泰院クラス文化産業専門会社
脚本 チョ·グァンジン
出演者 パク・ソジュンキム・ダミユ·ジェミョンクォン·ナラアン·ボヒョンキム·ドンヒほか
その他
原作 チョ·グァンジン


1 概要[編集 | ソースを編集]

2020年1月31日から3月21日まで放送されたJTBC金土ドラマ。

世界を凝縮したような梨泰院という小さな通りで、それぞれの価値観で自由を追う彼らの創業神話を描いた青春ドラマだ。 クァンジン作家の同名のウェブトゥーンである六本木クラスを原作とする。

2021年9月竹内涼真を主演とする日本版リメイクが確定された。日本版ドラマのタイトルは原作ウェブトゥーンの日本版タイトルである「六本木クラス」となった。

2 企画意図[編集 | ソースを編集]

「望むことだけして生きていけるのか」、「一人で暮らす世界なのか」 誰もが一度は聞いたことがあるような言葉。 多くの人がこのような他人の言葉に慣れ、 自分の価値観を「現実」という「障壁」に合わせて妥協しながら生きている。 誰のことも非難できない。 決められた枠組みの中で自分を合わせるのが大人っぽく、 社会生活が上手だと思われている現代だからこそ。 貧乏人の信念は得することなく固執であり、客気に駆られた世の中。 しかし、そんなに他人と世の中に合わせていく人生が本当に豊かな人生なのか。 誰のための人生なのか。 人生で一番大事なものは自分自身でなければならないんじゃないか。 あなたの人生にあなたはいるのか? ここに意地、客気に駆られた社会不適応者の一人がいる。 パク・セロイ この男はあるときにひざまずくことができず高校中退、前科者になった。 財閥の権力によって夢、家族を失う。 果てしない那落の底で、偶然歩いた梨泰院通り。 様々な人種、雰囲気のある異国的な建築物、自由な人々、各国の美味しい料理など。 世界の凝縮したような梨泰院で自由を感じた彼は、 再び希望を抱き惚れ落ちた梨泰院の路地で 気の合う仲間たちと起業する。

「信念に代価がない、そんな人生を生きたいです。」 主人公のパク·セロイは妥協しない。 自由を追う力のない者の信念、 必然のように訪れる苦難と逆境の中でも 自分の信念を貫き、望みを叶えようとする。 彼は頭が利口でもなければ卓越した才能があるわけでもない. ただ堅いだけ。そんな普通の人であるパク・セロイの歯に衣着せぬ歩みは、 多くの人に、一時はそのような生活を送っていたが、現実に妥協した、 またはその険しい道を歩んでいる多くの視聴者にとって、 カタルシスと強い刺激を与えるだろう。

3 登場人物[編集 | ソースを編集]

3.1 梨泰院クラス(I.C)のメンバー[編集 | ソースを編集]

パク・セロイ

本作の主人公。以前の夢は警察だったが、チャン家の後継者であるチャン·グンウォンの校内暴力行為に対して拳で対抗したことで、転校当日退学になる。また1年後に父親を亡くしたことで報復のため暴行を重ねた。 それによって殺人未遂罪で前科者になり警察になることができない状況になる。 しかし方向が変わり、持たざる者は信念を守ることはできないということが当然の事実だと言いながらも、持てる者が優位に立つことを当然視するチャン家を打ち負かすと同時に父の死に対する復讐をするために、夢を金持ちになることに変え少しずつお金を集めて梨泰院に「タンバム」という居酒屋を開くようになる。 しかし「タンバム」をオープンして間もなく、未成年者のチャン·グンスとチョ·イソが不法入店したによって、通報を受けて警察署に連行される。警察署からチャン·グンスの保護者として来たチャン·グンウォンは、これをからかいながら、嘲笑の混じらせながら取り図ろうとしたが、セロイはそれをかえってを拒否し、2ヵ月間の営業停止を強いられることになる。 セロイにの後を追い、「どうしてグンウォンの取り計らいを拒否したのか」というジョ・イソの質問に、「人はそのやって毎回妥協しているうちに変わる」と言って、営業停止はたいしたことではないと答える。 すると、チャン·グンウォンは、セロイの父親の話を出し刺激するが、以前と違って暴力を振るわずに涙の混じった握手で復讐を再び誓う。 営業停止が解除された2カ月後、偶然危険にさらされていたジョ・イソを助けたことで、彼女は恩返しをするという名目でマネージャーとして、またお金が必要だというチャン·グンスをアルバイト生として迎え入れるようになった。「タンバム」の問題点を色々と直していきながら店の規模を拡大し始める。 短期間高い売り上げ実績をあげた「タンバム」に訪れたチャン·デヒを、神経戦の末についに敵と認識させた。デヒは「タンバム」を潰すつもりでチャン·グンウォンに、タムバン成長の中心役であったにいたジョ・イソをスカウトするよう提案する。 セロイは淡々としたふりをしたが汗を流しながら店を出て、チャン·グンウォンに追われていたジョ・イソを探す。 この時、チャン·グンウォンに暴行を受けたチョ·イソの頬を見て腹を立てるが、チョ·イソがそれを引き止め、その時ちょうど到着した警察によってチャン·グンウォンは監獄に入り、事件は終結する。 7年という歳月が過ぎ、「タンバム」つまり株式会社アイ·シー(IC)は飲食業界において軌道に乗ることになるが、依然としてチャン家に追いつくためCEOになったセロイは休まず努力していた。 タンバムのメンバーはハロウィンの日、海外から戻ってきたチャン·グンスと再会し、軽く真実ゲームをするが、「ジョ・イソを女に見たことがあるか」というチャン·グンスの質問に、「一度も見たことがない」ときっぱり答え、ジョ・イソを泣かせるセロイ。 ジョ・イソの後を追ったセロイは、ジョ・イソの突然の告白に戸惑うが、現実的な年の差とスアへの思いを考えて告白を断る。 しかし、オ・スアと行った飲み会でそれまで自分が持っていた考えが、結局自分の信念のための言い訳だったということに気づき、初めて心が変わる。 長い間準備してきた取締役選任の件が否決されてはしまったものの、むしろジョ・イソに対する感情はさらにはっきりしたものに変わりついにデートの申し込みをすることになる。 デートのために車を運転していたところ、チャン·グンスがごろつきたちに拉致される現場を目撃しそれを阻止しようとしたところ、刃物で刺され昏睡状態に陥る。 昏睡状態で父親とできなかった話を交わし父親が高い階段上のドアで「一緒に行こう」と誘うが、デートをしなければならないと拒否し、最後に父親を抱いて昏睡状態から覚める。 チャン·グンウォンの脅迫電話を受け、ジョ・イソが拉致されたという事実を知る。チェ·スングォンとともにチャン·デヒのもとを訪れ、チャン·グンウォンが拉致した場所を聞くことになる。 チャン·デヒはこれを口実に、セロイがひざまずくことを望む。セロイは心を入れ替えてひざまずくが、デヒの前でこのようにひざまずくのは2度目だった。 チャン·デヒはこれをあざ笑うが、セロイとチェ·スングォンは何の感情も示さなかった。 かえって自分が追いかけてきた男がこの程度だったのかと嘆くセロイは、チャン・デヒから場所を聞いてその場所を訪れる。 危機に瀕していたジョ・イソを説得して身を隠し、チャン·グンウォンと戦うことになるが、血闘の末に勝利し、検察を連れて戻ってきたジョイサーに告白する。 株価暴落中のチャン家を機に、チャン・デヒを跪かせ、これまで長い間準備してきた復讐に成功する。 特別編ではチョ·イソと結婚し子供を授かったが、年齢は14歳、名前はパク·ソロである。

ジョ・イソ

ヒロイン。母親が離婚し母子家庭。ソシオパスに加え天才であり、SNSではフォロワー80万人ほどのスターのパワーブロガー。 「タンバム」で能力を生かしてマネージャーを務め、小さなビヤホールに過ぎなかったタンバムを自分の才能を生かして拡大させていった。そのおかげでパク・セロイはタムバンのフランチャイズ化及び株式会社「I.C」の設立を果たすことになる。 20歳になる新年に「ハッピーニューイヤー2016」描かれているため、1997年生まれ。 住民登録証には「5月26日生まれ」と書かれている。 主人公のバク・セロイを好んでいる。パク・セロイを知りタムバンに入り、彼をすごい男にしたいという思いを持っていて、そのソシオパス能力を良い方に発揮した。タムバンという名前の由来を聞いて、彼に共感しながらも、彼を苦しめる全てのことを壊してやろうと決意する。 特別編では娘が他の子に殴られたのだが、その理由がその子を家賃虫だとからかったという理由を聞いて、先生には「どうして二人とも悪いのにあなたの娘はあんなになんでもない顔して座っているのか」と怒鳴られた。被害者の生徒には本人が直接ひざまずいて頭を下げて謝罪した後、自分は今謝罪しろとそそのかされたら本当の謝罪にはならないから、一日の時間をくれと言ってお互い連れ出すのだが、「お父さんが来なきゃいけないのに」と愚痴をこぼすながらも、お互いに特有のソシオパスの表情で「あなたのお父さんが来て今日の状況を見たら、すべてを失っただろうね」 そしてお互いを店に預けて出張にでかけた。 余談で、名前の由来は作家の娘だという。

マヒョニ

タンバムの料理人。最初は、料理の実力について脂っこさを超えて焼酎でうがいをしたくなると評価されるがジョ・イソがマネージャーとして入り、たゆまぬフィードバックとそれに相応しい努力によって立派な料理の実力を持つようになる。 バク・セロイとは工場で働いていた仲であり、バク・セロイにチャーハンを作ってあげたのがきっかけで、シェフとなる。 生まれた時は男性だったが、性転換手術を受けたトランスジェンダーである。 このため梨泰院クラスを退社しようとしたところ、パク·セロイはむしろ給料を上げて、「その給料ほどにもっと努力しろ」と言った。また、彼女をトランスジェンダーとして悪く思うなら、誰であれ決断を下すと言って、彼女を支えながら店に残した。

チェ·スングォン

タンバムのホール係。最初は暴力団だったが、幹部のうち1人の兄に代わって生き残り刑務所に入ったことで、親分とセロイに会う。 最初はセロイとプライドを傷つけ合って争うことになるが、自分と同じ時間を生きてきてもいつの間にか立派な店を建てるようになったセロイを見て尊敬するようになる。 その後、組織から脱退し、セロイのもとでタンバムのでホールを任される。 後に梨泰院クラス常務取締役となる。 普段は眼鏡にちょんまげだが,髪をほどくとなかなかの二枚目だ。 けんかが上手なのか、序盤に登場した酔っ払いを拳一発で気絶させ、ごろつきとの戦闘でも全員を一人で倒した。 その後は、セロイと共に人質事件の場所に行き、ごろつきたちを打ちのめす。

3.2 チャン家グループ[編集 | ソースを編集]

チャン・デヒ

1、2部のラスボスだが、3部ではフェイクのラスボス 「チャン家」グループの会長。戦争孤児で、若い頃屋台だったチャンガを飲食業・韓国料理業界1位に成長させた神話的な人物。 しかし、弱肉強食の思想を持った冷酷で残忍な人物だ。 自分の暴悪で拙劣な本性を完全に克服できなかったという欠点が原因で、結局そのように踏みにじろうとしたセロイに無残にも敗れ没落することになる。

チャン·グンウォン

セロイの人生を壊したチャン・グンウォン。第3部において真の最終ボス。 チャン家グループの後継者で常務取締役。 高校生の時から父親の財力を信じて暴力を振るう。パク·セロイの登場と同時にパンチをくらったが権力の力でセロイを退学させる。 そして1年後、自分のバイクでパク・セロイの父をひき殺し、それによってまたしても殴られることになった。  その後「タンバム」は開業し、自分は会社の常務になった。ジョ・イソをスカウトしようとしたがそこで暴言を吐きそれを録音されたことを知ってジョ・イソを殴る。 その後、以前にパク·セロイの父親をひき逃げしたということと以前にも論議を起こしたことがあるということが世間に明らかになったため、7年間刑務所に行くことになり父親から見放される。 第3部では出所後、自分に残った資産をかき集めてチャン·グンスとジョ・イソを殺しグループを引き継ごうとするが、セロイに発覚して敗北。結局チャン家がI.C.に吸収合併されるきっかけを提供してしまうかたちになる。

チャン·グンス

本作最悪の偽善者。 チャン·グンウォンの腹違いの弟で愛人の子。すなわち、母親が別の不義の子だ。タンバムではホール担当。 ジョ・イソのことが好きである。梨泰院クラスの創立メンバーだがジョ・イソの、私を手に入れたいならチャン家グループを手に入れなさいという言葉により、チャン家グループに再び入り、新しい後継者と筆頭株主になる。 その後、第2部と第3部では、セロイの計画を阻止する悪役に変化。 チャン·グンウォンの指示を受けたク·ボムスグループに拉致されそうになるがパク·セロイが救ってくれ、代わりにク·ボムスの刃にあたる。 その後イソに電話をかけてパク・セロイがナイフに打たれたことと、犯人の目鼻立ちを伝える。パク·セロイが目覚めてから医者を呼びに行ったが、チャン·グンウォンがかけた電話だったためにパク·セロイが出て行ってしまう。グンスは、チャン·グンウォンの電話を受けてイソが拉致されたことを知り、チャン·グンウォンのいるところへ向かう。 車に乗ってイソのところに来るが、イソはチャン·グンスに車のキーをもらいグンスの車に乗って逃げる。しかし、そこでイソのためにチャン·グンウォンとク·ボムスの仲間を捕まることで、イソが逃げるまでの時間を稼ぐ。 最終話ではマヒョン、チェ·スングォンに謝罪する。 もともとは不義の子だったので何の欲望もなしにただ生きていくだけだったが、ジョ・イソが「私を手に入れたいならチャン家を手に入れなさい」と言ったことで、初めて所有欲に目覚めた。その後みんなに嫌われても、パクセロイとI.C.を壊してイソの隣に自分だけが居れば、彼女が自分に振り向いてくれるだろうと考えるなど、多少可哀想に思うこともあるがその過程で行った行動は、弁明の余地もなく批判されているキャラクター。

オ·スア

セロイが引っ越した家の家主の娘として初登場し、セロイがいつもきれいだと言っていた。 ソウルの大学に進学するのが夢だったが、チャン·デヒがチャン·グンウォンの過ちを口止めする条件で彼女の夢を叶えさせ、その後はチャン家に入社し室長にまで上り詰める。 その他にも、タンバムを警察に申告し営業停止させたり成功に導いたりと、なにかと稚拙なことをしてきた。セロイにとっては敵対関係に変わりはなかったが、いつもセロイには申し訳ないと思っていた。 第3部の最後にはチャン家に辞表を出し、セロイとイソがお互いに付き合えるきっかけ作りをした。

カン·ミンジョン

チャン家の主要役員の1人で、かつてパク·セロイの父親から教えを受けた。 チャン・デヒと同様にチャン家を屋台から始めた創業者の娘で、お金と自分の利益でなければ動かない徹底した人。

4 評価[編集 | ソースを編集]

序盤は原作のように速い展開で良い評価を受けたが、11話からは「同じ作家なのかと思うほど展開が遅すぎて無駄な場面が多い」という酷評が増え、視聴率にも影響を及ぼし始めた。 だらだらと続き、現実味に欠けるエピソードの増加で、視聴者たちはまたそれこそ苦難の連続の経験だと評価している。 結局最終回も、走って逃げるのに自動車で追いかけながらすぐに追いつけないというぎこちない内容と、急に深まった愛に視聴者は没頭することができず不満が爆発した。 それでも14話から再び視聴率が上昇し、16話はハッピーエンドと共に最高視聴率で終了した。 俳優たちの演技も食い違った評価を受けている。 全般的にパク·ソジュン、アン·ボヒョン、ユ·ジェミョンは大好評だったが、一部俳優は酷評を受けた。 ジョ·イソ役のキム·ダミの場合、ミスキャスティングの議論がある。 原作では傲慢な感じの冷美女で、その容姿でSNSにてスターになった。 この設定はドラマでもそのままで、男性が積極的に駆け寄ったりクラブでのエピソードまで出るが、キム・ダミは原作とのシンクロ率はもちろん、淡々とした「冷たい女性像」という設定ともかけ離れた外貌なので批判の声が大きい。「ソシオパス」というキャラクターを消化するには丸い外見だという意見もあった。 しかしキム·ダミは、そのシンクロ率に対する悔しさを覆すほどの印象的な演技力を披露したため、回が重なるにつれ議論の声もだんだん下火になった。 チャン·グンス役のキム・ドンヒは序盤はなかなかの演技を見せたが、後半からは演技力に対する批判が増えた。 キャラクターの変化とともに、ストーリーが急激に現実味を失いセリフのレベルも急激に低くなったことを考慮しなければならない。 「A-TEENの時と何も変わっていない」という評価と「あの時よりはましだ」という評価が混在し、好き嫌いが分かれた。 チャン·グンウォン役を演じたアン·ボヒョンは「コリアンジョーカー」という評価を受けるほど圧倒的な演技で注目され、刑務所出所後初盤の暴れん坊のような姿が消えて毒気を抱いて復讐を計画する冷たいキャラクターに変わった姿が自然なのとは対照的だ。 キム·トニー役のクリス·ライアンは、「演技力自体は外国人にしては立派だった」という評価があるが、彼の祖母関連のエピソードに対する酷評があまりにも突然多かった。 マヒョンが第13話から使っているかつらは、かつらを使ってもあんなものかという評価が多い。 また、ジョ・イソのスタイリングに対する酷評も少なくない。 ぱっつんの前髪、俳優の輪郭を考慮しないヘアスタイルに固執しすぎだという意見が出た。 以後、これを意識したせいか、第16話の最終話では、マヒョンが登場する全ての場面では帽子をかぶって出てくる。

ある精神科専門医は、精神医学新聞に掲載した自分のレビューで、一見すると復讐という決まりごとでもあり漫画的でもあるこの作品が大成功した理由と作品に対する解釈を、このドラマの中の人物たちが見せてくれる存在論的闘争と人生の意味に基づいて評論したりもした。

5 その他[編集 | ソースを編集]

  • パク·ソジュン、キム·ダミの初のケーブル放送ドラマの出演作であり、キム·ダミはこの作品が初ドラマ出演作であると同時に主演作である。
  • パク·ソジュンは、『キム秘書がなぜそうか』以後、1年半ぶりにドラマに復帰する。 これで2連続ウェブ漫画の原作ドラマの主人公を演じることになった。
  • ユ·ジェミョンは『卓球ボール』以後、1年4ヵ月ぶりにJTBCドラマに出演する。

キム·ドンヒはSKYキャッスル以来11ヵ月ぶりにJTBCドラマに出演し、ドラマ初の主演作だ。 それと同時に初の成人の役を演じた。 始まりは高校生だった。

  • アン·ボヒョンのJTBCドラマ初出演作だ。

特別出演だが、ソン·ヒョンジュとパク·ソジュンが映画『悪の年代記』以来5年ぶりの再会だ。 パク·ソジュンとユ·ジェミョンは『花郎』以来3年ぶりに再会した。

  • キム・ヨジンとオク·イェリンは『私の後』の『テリウス』以来2年ぶりに再会した。
  • JTBCでの第1話の放送途中で、ネタバレを含む本作の広告が出た。

ネタバレの内容が広告のでたすぐ後に明らかになったが、かなり衝撃的な場面が続いたので色々と残念だった。 作中キム・デヒ会長は、タンバムが間借りていた建物を購入し、タンバムが経理団通り(キョンニダンギル)にある建物を買いそこへ引っ越すが、この建物は実際に歌手のジョンヨプが運営している「オリオル」という店だ。 カン·ミンジョンの理事役を演じるキム·ヘウンは毎回独特のイヤリングをしている。 作中で描写されるチャン家の時価総額は2000億だ。 2020年現在を基準に業界1位として描かれるには物足りないが、4年後の言及では、正確な金額よりはブランド選好調査、売上、時価総額飲食業界1位とだけ言及される。

  • このドラマのおかげで、パク·ソジュンファッションが大衆の間で話題になった。 またヘアスタイルも有名になり、男性にクロップカットが流行し始めた。
  • このドラマでアン·ボヒョンが有名になったが、各種バラエティによく出演している。
  • 一つだけ「玉にきず」があるが、第5話でイソがマネージャーとして迎え入れられ、タンバムが再オープンした時、イソのブログに人々の感想が書き込まれる。 この時「ヘウォンルル」という人が 「イソお姉さんと証拠写真を撮りました」と感想を書き入れるが、イソはもう20歳なのに「イソお姉さん」というなら…?
  • 三星(サムスン)電子が「品位ある彼女」以後、約3年ぶりにJTBCドラマに携帯電話PPLを進行した。 機種はギャラクシーZフリップ。

本ドラマが放送されて間もなく梨泰院のクラブで新型コロナウイルスの集団感染が発生し、このドラマのタイトルを取った新造語が生まれた。 梨泰院(イテウォン)のクルナツ((큰일 났다クニリナッタ)おおごとになった)。

  • 同じ時期に、大人気になったほどではないが俳優たちの演技力によって有名になったセリフがいくつかある。 パク·ソジュン特有の怒り演技が目立った「俺の価値をお前が決めるな。 俺の人生はこれからが始まりで、俺は! 何もかも成し遂げながら生きる」、ユ·ジェミョンの「興味深い」などがある。 放送局JTBCもYoutubeを通じて別に特別映像を作った。
  • ドラマ終了後、次回が凄まじい話題性を持ち毎回視聴率を更新したが、このドラマがうまくスタートを切ったことも間違いない。 SKYキャッスル以後、不振を免れなかったJTBC金土ドラマを再び話題性のあるものにさせた作品であるわけだ。
  • 日本でも新型コロナウイルスによってドラマ制作や放送の中断が相次ぎ、それと同時に海外ドラマに対する関心が高まった。今作は2020年からNETFLIXを通じて放送され、人気順位TOP5に入るほど人気を集めている。黒柳徹子が直接インスタグラムを通じてドラマを見たと言及し、人気コメディアンたち(今田耕司、サバンナの高橋茂雄、千鳥のノブ、ダイアンの津田など)が直接テレビ会議で梨泰院クラスについて熱い討論を行った。

さらに、国内で『龍が如く』『ゼロ』の久世大作役の声優兼フェイスモデルを務めた俳優の小沢仁も面白かったと言う。 しかも涙と笑いを兼ね備えながら見たと絶賛した!日本国内では同じ、仕事を通じた復讐劇でありひざまずかせという共通点がある日本の人気ドラマである「半沢直樹を」連想させるためか、韓国の青春バージョン「半沢直樹」という紹介もある。 梨泰院を六本木にアレンジして"六本木クラス"にリメイクが準備中という話もある。

  • 日本の女優長澤まさみが自身が出演する新作の宣伝で放送中に「次の作品で共演したい人は誰か」という質問に「パク・セロイ」と答えて話題になった。
  • あいにくにも日本で大ヒットした「愛の不時着」と不本意ながら競合中だが、違いは梨泰院クラスの方が日本人男性の視聴者が多いということだ。

やはりドラマの内容や主人公が男性であることとストーリーもやはり男性的な面が強いことから、その理由を探すことができるのだが、韓流ドラマ自体を見てこなかった中年男性たちがこの作品で初の韓国ドラマを見ることになったケースもあるという。

  • 作中の「チャン家」という企業名は、ご覧の通り家門の氏姓(チャン・デヒ)から取られた名前であることが明らかである。
  • チャン・デヒの苗字は「施・恵・帳」という意味のチャンであり「チャン家のチャン」が張大熙(チャン・デヒ)を意味することは確かだが、ハングルの音だけ取り、漢文はよくある漢字の「緊張」を当てたというのがより合理的である。