パラサイト 半地下の家族

提供:宇宙wiki
ナビゲーションに移動検索に移動


パラサイト~半地下の家族~
기생충
パラサイト.jpg
監督 ポン・ジュノ
製作 ポン・ジュノ、ハン·ジンウォン
原作 ポン・ジュノ
出演 ソン・ガンホイ・ソンギュンチョ・ヨジョンチェ・ウシクパク・ソダムチャン・ヘジン、イ·ジョンウン、パク·ミョンフン他
撮影 ホン·ギョンホ
音楽 チョン·ジェイル
ジャンル ドラマ、ブラックコメディ、スリラー
撮影期間 2018年5月18日 ~ 2018年9月19日
制作会社 バルンソン·アンド·エー
配給 CJエンターテインメント
劇場公開 (韓国)2019年5月30日(日本)2020年1月10日    
上映時間 132分
製作費 1,100万ドル
言語 韓国語



1 概要[編集]

2019年に公開されたポン·ジュノ監督の7作目の長編映画。上流層と下流層、両家族の出会いを描いた大韓民国のブラックコメディ家族ドラマ映画だ。また、大局的に見ればただの家族の話ではなく、資本主義社会の階層と階級を扱ったという点で社会的な映画とも言える。 韓国はもちろん、世界映画史を通じて大衆と評壇の両方を魅了した記念碑的な傑作だ。

韓国映画史初のカンヌ映画祭パルムドール賞、ゴールデングローブ外国語映画賞、2度目の英国アカデミー外国語映画賞、脚本賞受賞作、非英語映画初の米国俳優組合授賞式(SAGAwards)アンサンブル賞、そして第92回アカデミー授賞式作品賞、監督賞、脚本賞、国際映画賞受賞、韓国初のセザール映画祭外国語映画賞受賞の偉業である。

商業的にも大成功し、各国で非英語&アジア映画歴代興行成績を更新し、歴代韓国映画売上高1位、歴代黄金シュロ賞受賞作興行1位を達成した。

2 あらすじ[編集]

“迷惑をかけたくなかった。” 「全員失業者」として生きていくのが大変心配だが、仲の良いギテク(ソン·ガンホ)家族。 長男のギウ(チェ·ウシク)に名門大学生の友達ミニョク(パク·ソジュン)が紹介した高額課外授業は、やっと芽生えた固定収入の希望だ。 家族全員の支えと期待の中、朴社長(イ·ソンギュン)の家に向かうギウ。 グローバルIT企業CEOであるパク社長の邸宅に到着すると、若くて美しい奥さんのヨンギョ(チョ·ヨジョン)がギウを迎える。

しかし、こうして始まった両家族の出会いの後に、取り返しのつかない事件が待ち受けていたのだ…。

3 登場人物[編集]

キム·ギテク 本作品の主人公。 ピザの箱を折っても不良品であり、ギウの友達ミニョクがやってくる時も食器棚に頭を打ち、ギチョンが偽造した文書でギウが面接に行く時も「お前には計画があるんだな」と言う、がさつで、若干笑えるキャラクターだ。

パク·チュンスク 元ハンマー投げ選手で、全国陸上大会で銀メダルを取った経歴がある。 今は引退して、これといった職業なしに家族と一緒にアルバイトで生計を立てている。

キム·ギウ 半地下の家で貧しく暮らしている。そうして現在は家族全員が無職で暮らしていたところ、名門大学生の友人であるミニョクが外国に交換学生として留学しなければならず、自分が引き受けていた高額の課外授業をギウに頼んでからストーリーが始まる。

キム·ギジョン 美術学部の学生だったが不合格になり、現在は失業者となっている。 兄のギウと一緒に隣の家のWi-Fiを盗んで使う場面で初登場する。

パク·ドンイク グローバルIT企業のCEOであり、膨大な金持ちでもある。

チェ·ヨンギョ パク·ドンイクの妻で、性格は良く言えば善良で悪く言えば単純で純真で、ギテク家族の詐欺劇にそのままだまされる姿を見せる。

パク·ダヘ 元々はミニョクが英語の家庭教師をしていた学生で、ミニョクが外国に留学すると代わりに戻ってきたキム·ギウから家庭教師を受けるが、その後ギウとの愛が芽生えたことで秘密恋愛を始めるようになる。

バクダソン パク·ドンイク家族の末息子だ。 矢をギウに射たり、ギテクとチュンスクの匂いを嗅ぎつけて匂いが同じだと言って雰囲気を冷やすなど基本的な礼儀に欠けた子どもで、カップスカウトに行って来たが、当時担当教師がインディアンオタクだったためか、ダソンもインディアンにはまり、両親がインディアンに関するものをいっぱい買ってくれた。

グクムングァン 「朴社長の家族の家政婦?」 庭の机にうつぶせになって寝ているヨンギョを拍手をして起こしたり、ダソンが事故を起こしたりする時、後ろから追いかけるなどのギャグキャラクターだ。 子犬3匹(チュニ、ベリー、ププ)を散歩させることも見張り役をするなど、典型的な家政婦の姿を見せる。

オグンセ グクムングァンの夫である。 序盤から登場しない脇役だが、この映画の反転の大きな軸を担当した人物であり、この映画の大きなメッセージを伝える人物だ。 簡単に言えば、存在自体がネタバレだ。

4 興行[編集]

歴代の日本、インドネシア、オーストラリア、ニュージーランド、ロシア公開韓国映画興行1位 日本では、2021年1月8日の金曜ロードショーで本編ノーカット初放送。