チョンギゴ
정기고,Junggigo
チョンギゴ.jpg
基本情報
本名 コジョンギ,고정기
誕生日 1980年9月5日
年齢 41歳
出身地 ソウル特別市
国籍 大韓民国
ジャンル R&B、ヒップホップ、ソウル
ポジション 歌手、プロデューサー
活動期間 2002年 インフィニット フロー 〈Respect You (Urban Night Mix)〉
身長 / 体重 182 cm / kg
血液型 O型
事務所 SEL Records



1 概要[編集 | ソースを編集]

韓国の歌手、ヒップホップボーカル。 1980年9月5日生まれ。

韓国のヒップホップミュージシャンであると同時に歌手。後述するだろうが、02年からデビューした経験の豊富なミュージシャンであるため、活動過程の分類が必要なほどだ。 ヒップホップ名門のレーベルで有名なマスタープランのメンバーのフィーチャリングとして主に活動した第1期。その後、ソウルカンパニーのメンバーが様々なヒップホップミュージシャンにフィーチャリングで名前を知らせる第2期。自分のアルバムを出し始め、スターシップに合流する第3期に分けられる。

本名はコ·ジョンギで,英語風の呼び名を芸名で活動している

2 活動[編集 | ソースを編集]

2.1 第1期[編集 | ソースを編集]

2002年、INFINITE FlowのEP収録曲である「Respect You (Urban Night Mix)」に参加し、Cubicという名で活動を開始した。 この時代、デフコンのファーストアルバム収録曲「月光クラブ」などでフィーチャリングに力を入れたが、2003年にはプロデューサーのAnalozikのファーストアルバムに「Soreal」というタイトルのソロ曲として参加している。

3 第3期[編集 | ソースを編集]

2008年には自身の名前をかけた初のシングル「Bye Bye」を発表し、2012年までに5枚のシングルをリリースした。 2009年5月19日にはDJミーツザビーツのセカンドアルバム「A Word To The Wise」がClose Your Eyesという曲をキュービックという名で参加したが、惜しくも収録されなかった。 2012年3月、日本のヒップホップアーティストの西原健一郎のアルバム「Illuminus」に収録されたBlind Remixを歌った。 以後、2013年12月、スターシップエンター傘下のスターシップエックスと専属契約を締結し、SISTAR、K.WILL、Mad Clownなどと同じ釜の飯を食うようになった。2014年にソユとのデュエット曲「Some」が発売され、その歌は8つの音源サイトで全て1位、2014年2月19日にはショーチャンピオンで1位、さらにエムカウントダウンと地上波3社の音楽番組で全て1位を獲得するなど、絶大な人気を博し、大衆的にも有名になった。 そしてガオンチャート2014年決算デジタル部分1位を占めた。ストリーミングの回数だけでも、 なんと1億回ほどだ。

2014年5月9日にイーサン横蹴りと手を組んで「君が欲しい(Feat. ビンジノ)」を発売し、同じ時期に音源を発売したgod、EXO-Kと競って善戦した。

4 ボーカルスタイル[編集 | ソースを編集]

過去にヒップホップシーンでフィーチャリングとして脚光を浴びた理由は、ラップとビートの間に自然に溶け込みながらも、曲が持つ色彩感とグルーブ、叙情性などを増幅させる特有のボーカルインパクトのためと見られる。 裏声をよく使うが、男性の裏声ならよく思い浮かぶ軽くて空気のような感じではなく、突き通すように鋭く弾力が感じられる独特の裏声だ。 第一印象は柔らかくて夢幻的な音色で近付くが、その中には黒人の声帯から出そうな響きとパワーが高密度に含まれているような「裏声」という評価。 このような特徴は彼の名前を初めて大衆に広く知らせたヒット曲「サム」よりも、それ以前の活動の方がよく見られる。 個人的に好きだと選ぶ代表的なミュージシャンはMaxwell。

しかし、上述の好評の中で、鋭く弾力があり、黒人のような響きとパワーと高密度に含まれている点は音源または音響的条件を本人に合わせた個人公演や補正が大きく関与した音楽放送ライブでのみ聞くことができ、実際の実力とは乖離があり、軽くて空気のような一般的な裏声の範疇を外れていない。

アリランtv『君がほしい』ライブ-歌唱力について最も多くの言葉が出た舞台であり、音響施設が良くなかったと疑問を抱く人がいるが、この放送はもともと補正が少なく、同じ条件で他の歌手に対しては議論がなかった。整理すると、チョンギゴは特有の音色をR&B唱法と裏声で生かして曲の流れを流麗に乗る歌手であり、そのようなスタイルに敢えて引き入れる必要のない大きな声量、強い発声のようなハードウェア的部分は音響に代わって溶け込みながらトレンディに感じられるようにすることに特化した歌手だ。 似たようなタイプでソユがいる。

5 その他[編集 | ソースを編集]

童顔顔でソユとアイドルプロジェクトグループだと思った人もいるようだ。 しかし、ソユと一回り違う。実際にグァンヒが進行しながら 初めて見た時、その所有の隣にいる友達は誰? でも来週、分からなかったから 謝ったりもしたと。年齢を知るとあらためて驚く人が多いが、1980年生まれで2020年現在、大韓民国の年齢で41歳だ。

ゲームマニアである。ツイッターでコンソールタイトルについてたびたび話す方で、一時大航海時代オンラインもやっていたとラジオで語っていた。

同窓1人:小学生時代、彼の家に遊びに行くと、彼は一晩中三国志シリーズのゲームをよくやった。 もちろん本棚には三国志の小説もあった。

ノクオプション、カクナグレ、ボン·キムらと共に『ニューソウルクラシック』というクルーのメンバーでもあった。 02年発売された「MP HIP HOP 2002」にはクルーの名前の歌も収録されている。

2010年にはニューソウルクラシックのメンバーでもあり、チョンギ高校とともにソウルスターというチームでシングルまでリリースしたJazzy Ivy(カクナグレ)が自分のブログにノクオプションとチョンギ高校を狙った文章を書き、議論を呼んだ。 自分は、ノクオプションとチョン·ギゴに必要な時だけ訪れる弟であり、自分が彼らのためにしてくれたことに比べて、ノクオプションとチョンギゴは自分に尊重が足りなかったというニュアンスの書き込みだった。

チョン·ギゴはこれについて、自分のミニホームページの掲示板を通じて、Jazzy Ivyの態度について一喝する書き込みを残した。 10年間も見てきた弟が、自分に名残惜しいことについては直接言わず、一人で気をもみながらブログに書き込みを掲載したことについて、かなり腹が立ったような口調だった。 文章の内容に対しても一つ一つ反論した。 その後、Jazzy Ivyは自分のアルバム「Illvibrative motif」の収録曲「Ahwu」で間接的に自分の心境を表現している。 このアルバム以降、Jazzy Ivyがシーンから完全に姿を消し、その後どうなったかは知る由もなかったが、2012年、トゥゲザーブラザーズのインタビューで、今は結婚後、オランダに定住していると明らかにした。

2014年5月13日からSBSパワーFMアフタークラブの火曜日担当DJとなった。 コーナー名は「Come To My Room」。

2015年1月14日には、Cubicという名前を初めて知らせたデビュー曲「Respect You」(2002)を一緒に作業したヒップホップデュオ「Infinte Flow」が8年ぶりに再結合して出した新曲「Been a long time」で、再びフィーチャリングを担当した。 ところが、この曲に限ってはどこかお洒落というよりはCubicの雰囲気が感じられ、全盛期のInfiniteFlowとCubicのコラボを愛した古いファンには良いプレゼントになったようだ。

2015年2月26日、韓国大衆音楽賞で『Some』で今年の歌と最優秀ポップソングを受賞した! 面白いことに、最優秀ポップソングを受賞した時は席にいなかったが、数時間後にまた今年の歌の賞を受賞した時は、その間に授賞式場に到着して受賞の感想を発表した。当日、日本からすぐ韓国に来たと。

「覆面歌王」55回目の競演で、「運命の歌術師、タロットマン」という仮名で参加した。

R&Bアルバム「ACROSS THE UNIVERSE」は2017年4月20日に3年ぶりとなる。

2018年10月29日、定期高クインテットという5人組ジャズグループ名義のフルアルバム「Song For Chet」を発表した。 有名ジャズの名曲を盛り込んで、R&Bではなく、ジャズボーカリストへの破格的な変身を図った。

カデホのシングル「そばに」にフィーチャリングした

2020年4月16日にはパク·ジェボムがフィーチャリングを担当したシングル「EOY(Eyes On You)」を発売した。所属事務所は「EOY」がヌーディスコサウンドをもとに表現したシティポップ·R&Bジャンルの曲とし「春の香りが漂う歌」と紹介した。

2021年1月,ミスバックに男性デュエット歌手として出演し,1月6日,レイナとのデュエット曲「別れられるか」をリリースした。