ヒョリン
효린,HYOLYN
ヒョリン.jpg
基本情報
本名 キムヒョジョン,김효정,金孝廷
誕生日 1990年12月11日
年齢 31歳
出身地 仁川広域市
国籍 大韓民国
学歴

関橋女子中学校 (卒業) 仁和女子高等学校 (卒業

誠信女子大学校 (メディア映像演技学 学士)
宗教 プロテスタント
ジャンル ダンス、R&B、ラップヒップホップ、バラード
デビューアルバム 2010年、SISTARシングル「Push Push」
家族 両親、妹(1993年生まれ)
身長 / 体重 164 cm / 45 kg
血液型 B型
事務所 ブリッジエンタテインメント
あだ名 ヒョヨンセ、ヒョリダ、チョコミ、ヒョディング、ヒョジプサ



1 概要[編集 | ソースを編集]

本名はキムヒョジョンで、ヒョリンは芸名だ。 2010年にデビューした大韓民国の歌手4人組ガールズグループSISTAR、ユニット「SISTAR19」のメンバーでリーダー、メインボーカルだった。

知名度が高く人気のある歌手である。

グループ、ユニット、ソロ、OST、コラボ、フィーチャリングなど様々な音楽活動を行い、成功した音源が多い。

2014年に『私は歌手だ 3』に続けて出演して初の現役アイドル出演者になった。

現在は1人企画会社を設立してソロ活動、OST、デュエット、フィーチャリングなど多方面に活動しており、本人のソロアルバムに直接プロデュース、作曲、作詞に参加している。

2 デビュー前[編集 | ソースを編集]

仁川広域市で2女のうち長女として生まれ、3年差の妹キムヘジョンがおり、妹は美術を専攻した。 母親は教会の長老であり、ヒョリンの父親は大韓民国海兵隊将校だ。 このため、子どもの頃に通行禁止時間があったという。

ヒョリンは放送上でも普段から見える活発で健康なイメージとは異なり、病弱な幼い時代を送った。4.2キロの優良児として生まれたが、実は腹水がたまっていたという。 そのため、ヒョリンは生まれてすぐ保育器に入った。 病名は希少病である胆道閉鎖症と1年後には腸重捷症にかかったため、2度の大きな開腹手術を受けた。何かと険しい子供時代を送った. このためヒョリンは、身体臓器中に胆嚢と盲腸がなく、開腹手術による傷跡がお腹に残っているため、ビキニを一切着られないという。 それで「ヒョリンの願い」がビキニを堂々と着ることだったという。 生まれた時から元気ではないため、家族の関心は常にヒョリンに注がれていた。 その後、デビューして初放送をした時、おばあちゃんから電話がかかってきて、すごく泣いたという。 その時、死にかけていた子が今 こうやって出てきて踊って歌うのが すごく誇らしいと。 今はまあ、とんでもなく元気だという。

結局2014年、TOUCH&MOVEアルバム活動を始め、傷跡を隠すために腹部にかなり大きなタトゥーを彫った。 普段も敬虔なキリスト教信仰者であることを隠していなかったので、入れ墨の内容には十字架と宗教的意味が込められている。タトゥーがとても綺麗だ。

  • 小さい顔と赤銅色の肌がコンプレックスだった時代

幼い頃はヒョリンが自分のコンプレックスで苦しんだ時期でもある。 「小学校時代、男の子たちが真っ黒だとからかってたくさんけんかした。 本当にストレスだった。 白くなりたくて母が顔に塗るBBクリームを全身に塗るほどだった」とエピソードを伝えた。 ニックネームも「宇宙人」だった。 ヒョリンは「顔が小さすぎると宇宙人という異名をつけていた」とし「本当に韓国人はおかしい。 頭が小さいって言えばいいじゃん。 なぜそんなに宇宙人とまで言うのか」と不満を述べた。 しかし、赤銅色の肌と小さな顔は今やシスター·ヒョリンに欠かせない魅力ポイントの一つになった。

  • 芸能の才能を発揮してきた学生時代

ヒョリンは子供時代、華麗だった芸術·体育の経歴を誇る。赤ん坊の頃の病気を完治し、ヒョリンは2002年小学6年生の時、陸上選手として活躍するほど健康を誇った。中学校に入学しても体育時間に活躍する(ドッジボール1位!)女子学生であり、指揮賞も受け、音楽に才能を見せた。 現在SISTARが持つ'体育ドル'イメージと'健康なセクシーさ'イメージの可能性を早くから見せてきたヒョリンはアユクデでも良い競技力を見せてくれる。 アユクデ元年の第1回「アイドルスター陸上選手権大会」、女子100メートル走で銅メダル、「第3回アイドルスター陸上選手権大会」で女子100メートルハードルで銅メダルを獲得した。

  • JYPの公開採用2期目1位で合格、デビュー失敗でSTARSHIPでデビュー

ヒョリンは幼い頃から漠然と歌手になりたがっていたが、家庭の環境がそんなに良くないため、塾に通うつもりもなかったという。 実用音楽科に進むためには企画会社に入ればと思ってオーディションを受け、JYPを選択したのも年末にいきなりオーディションを受けようとしたら、他の会社はすべて終わっていて、やっとの思いで見つけた機会がJYPだったという。 高校3年生の時、JYPエンターテインメントのオーディションに志願し、INFINITEのホヤ、AOAのチョア、EXIDのハニがいた2期公開採用に1位で合格した後、練習生生活をした。 この時から歌をまともに習い始めた。 JYPで練習生として過ごし、多くの先生に会ったが、その中でもヘリテージのイム·ヒョチャンは黒人音楽が好きでヒョリンの大好きな音楽を教えてくれた。 当時JYPの練習生だったシークレットのソン·ジウン、ベスティのチョン·ユジとともに3人組でデビューするところだったが、失敗に終わり、それぞれの道に分かれてしまった。 その後、スターシップエンターテインメントのオーディションでクリスティーナ·アギレラの『Hurt』を歌って合格した。ヒョリン、Hurt参考にヒョリンは練習生時代ソリッドの元メンバーであるキム·ジョハンから発声と呼吸法のレッスンを受け、[18]キム·ジョハンはヒョリンがリズムに乗るのが上手だと述べている。

3 SISTAR活動(2010~2017)[編集 | ソースを編集]

SISTARのメインボーカル、リードダンサー、リーダーだった。 シースターアルバムに収録された自作曲が3曲ある。

3.1 メインボーカル[編集 | ソースを編集]

キム·ジョハンは「初めからとても上手だった。 別にやらせなくてもよかった オーディションテープがあったが、すでにグルーブに乗っていたので、『この人はできる』と思った」という。 また、多くの歌手を指導したが、最も印象深い弟子としてヒョリンを挙げた。 理由は、「歌があまりにも上手だから」と言う。

ビヨンセを思わせるスタイルのパワーボーカル。声量とパワー、音色、歌唱力、呼吸調節、緩急調節、感情表現がすべて絶賛を博し、消化するジャンルもダンス、バラード、R&B、ヒップホップ(ラップ)などを問わずうまくこなす。

特に歌が上手いアイドルのボーカルメンバーが出演していた「不朽の名曲2」では存在感を確実にアピールし、レジェンドステージを数多く作り出し、歌唱力がはっきりと認められた。

ボーカルとして最も目立つ特徴はなまめかしさとハスキーさを行き来する音色。多様なジャンルを消化できる音色で本人の曲の解釈力が裏づけられ、多くのジャンルの曲をしっかりとしたライブで聞かせてくれる。 このような音色をもとに、ボーカルの太さを自由自在に調節し、音色の転換で曲を多様なスタイルに解釈して多彩にする。特にR&Bを歌う時、こうした本人の音色が曲の繊細な表現において光を放つ方。

声がとてもハスキーで、ラジオスターに出演した時、キムグクジンとユン·ジョンシンは、ヒョリンの首から金切り声がするとからかったりもした。

しかし、実はこのハスキーな音色は声帯結節後に作られたものだ。過度な首の使用により2011年頃には声帯結節を経験し、その後はこのようになった。 しかし、努力で乗り越えたのだから、本当にすごいことだ。

ただ、ハスキーな声とは別に、意外と音色はかなりなまめかしいという点が特徴だ。 このようなことから、スイートボックスのジェイドと比較されるのかも知れない。 ジェイドもパワフルなボーカルとは別にかなりなまめかしい音色を持っているため、

マライア·キャリーと使う技巧の面ではかなり似ている。もちろんボーカル力量の直接的な比較は無理だが、ヒョリン本人もマライア·キャリーについて発声面で学ぶ点が多いと言及しており、2人のボーカルの類似性に対するビルボードの言及もあったので、かなり似ているとも言える。ヒョリンのソロファーストアルバムのキーを多少変更し、「マライア·キャリーの新譜流出」として広まったこともあった。

発声や呼吸などの基本技もしっかりしており、息をするところもなく、座って一緒に歌うのも手に余るシスターの歌を、強い振り付けと共に揺らぐことなく、ライブで披露する。 その中でも目立つのは爆発的な声量だが、この声量に基づいて音色の自由な変換と強弱調節を含む様々な技巧を消化する。 特にこのようなヒョリンの長所はデュエット舞台でよく現われるが、穏やかな部分ではパートナーと一緒に合わせながら声量を調節し、クライマックスでパートナーを圧倒する声量で叫んでしまう場合が多く、存在感も確かに現しているとも言える。

おびただしいライブの怪物としても有名で、高音を口パクで処理したりそのパートの振り付けを無くす他のメインボーカルとは差別化された確かな長所は、 こうした安定感あるライブの実力をベースに激しいパフォーマンスを不朽の名曲から2017年現在まで頻繁に披露している。

また音域帯がかなり広く、1オクターブから3オクターブファ#までの高音をしっかりとこなす。

歌の実力も停滞せず、着実に成長し続けているのがヒョリンの恐ろしい長所だ。 新人時代から着実に歌ってきた曲のライブ映像を時間順に鑑賞してみると、技巧や音色の面では同余賞を重ねるにつれ、ずば抜けて成長するのが目につく。 デビュー当初、自分のハードウェアを武器に精製されていない野生馬のようなボーカルを見せてくれたとしたら、今はずっと定着して安定的な感じのボーカルを披露するとも考えれば良いだろう。

これだけ言えば、ハードウェア的な部分だけを称賛されるボーカルと思われがちだが、実はヒョリンの本当の強みは「曲解釈力」にある。 いかなるジャンルを持ってきても、自分流に解釈し、解く能力は、ガールズグループ出身のボーカルはもとより、女性ボーカルの中でも、相当数に数えられる。

3.2 リーダー[編集 | ソースを編集]

メンバーたちが頼りにするリーダーだ。インタビューによれば、居間でメンバーと横になってテレビを見ていると、メンバーがヒョリンの横に来て腕枕をして横になり泣いて、ヒョリンが泣きそうになるという。 そんな時は、「ヒョリンはなぜ泣くのか」と聞かず、メンバーたちを慰めては放っておくという。 また、メンバーたちが自分を頼りにすることに対し、手に余るというよりは、ありがたいという。 一人、二人でもなく三人とも頼ってくれて楽で責任感を感じると。

カリスマのある姿と小学生のような姿が共存する。

シースターアルバム活動をする時はカリスマのある姿だ。 SISTARの関係者は「数人のメンバーが限定された空間で一緒に生活していると、時々意見が食い違うこともある。 そのたびにリーダーのヒョリンが一種の悪役を自任し、悪いことも厭わない」と話した。 また「何か問題が発生したとき、ヒョリンがリーダーとしてメンバーに小言を言ったり、意見を調整する役割を担う。 もちろんSISTARの最年長メンバーはボラだ。1991年生まれのヒョリンが、90年生まれのボラより1歳年下だが、ボラの代わりにカリスマ性のあるリーダーの役割を担い、92年生まれのソユと93年生まれのダソムの先頭に立って、うまくリードしている。 メンバーもヒョリンによく従い、お互いが違うという事実をクールに認め、理解しようと努力する」と説明した。

4 ラップとダンス[編集 | ソースを編集]

SISTARとSISTAR19、個人ソロアルバム収録曲でラップをしたことの多いサブラッパーだがSISTARでも競演でボーカリストとしてさらに浮上したため、大衆たちはラッパーとしての姿をよく知らなかった。

2011年不朽の名曲2でユンミレのMemories曲で舞台をしたが、思ったより上手にラップをする姿が見られる。

ダンスの実力も非常に良く、kpopダンサーたちと肩を並べるほど最上位圏の実力者だ。 ちなみに、ヒョリンの振り付けは難易度が非常に高いことで有名だ。座ったり立ったりする振り付けがかなり多い上に、強弱の調節をしっかりしないとあまり美しく見えない振り付けと柔軟性が相当要求される振り付けもある。 むやみに踊ってとても大変だった、体が痛むなどの証言が相当あるほどだから… また、外国人ダンサーたちが評価することでヒョリンとBLACKPINKリサがkpop1位ダンサーと言うほどだったので… 。

5 SISTAR19の活動(2011~2017)[編集 | ソースを編集]

11年5月、同じグループののボラと共に、「SISTAR19」というユニットで活動した。 ヒョリンは、「SISTAR19」のメインボーカルだった。 2013年1月31日に『Gone Not Around Any Longer』でカムバックした。 11年5月に続き2度目のユニット活動だ。 ヒョリンはこのユニット活動に先立って、デビューしてから初めて黒髪に変えた。

6 ソロ活動[編集 | ソースを編集]

6.1 ワンマン企画会社を設立[編集 | ソースを編集]

1人企画会社の設立理由 グラビアのインタビューでヒョリンは、大手事務所のラブコールを断って、1人企画会社として独り立ちをした理由について打ち明けた。ヒョリンは「自分がやりたいことが多すぎて、それをやるために出てきたとだけいうことは難しい。どんな仕事をしても自分がしたいことだけをするわけにはいかないということを私も知っている。デビューしてから7年間、私のためでもなく誰のためでもなく、本当にSISTARのために活動した。 そうするうちに、ヒョリンとしても、キムヒョジョンとしての人生についての悩みができた。 私たちだけでなく、メンバーたちも みんな悩んでいた悩みだ。慎重に考えており、7年間小田木本当に頑張ったので、これからは各自の人生を生き、互いを応援し合う良い友達として残ることにした」と述べた。

6.2 ワンマン企画会社『ブリッジ』活動[編集 | ソースを編集]

ブリッジ(Bridge)エンターテイメントは、2017年11月に歌手兼プロデューサーであるヒョリンが設立した韓国の芸能事務所である。代表はヒョリンではなく、チュ·ヒソンだ。ブリッジ側は、「ヒョリンが悩んだ末、多様な音楽活動に挑戦するため、各分野のクリエイティブディレクターと共に、所属会社の設立という慎重な決定を下した」と伝えた。 所属事務所ブリッジは音楽においてブリッジがクライマックスをつなぐ重要な役割をするように、多様な音楽的試みを通じて大衆との疎通のブリッジの役割を果たしていくというヒョリンの心のこもった意味を込めたものである。 その意味の一環として、ブリッジはヒョリンだけでなく、映像、振り付け、作家、プロデューサーなど、各分野のクリエイティブディレクターが一緒に集まって様々なコラボレーションプロジェクトを続けながら、多方面で活発な活動を繰り広げているアーティストとコラボレーションする交流の場となる見通しだ。 特にヒョリンは、ブリッジのディレクターたちとともに、世界で活動する様々な分野のアーティストたちと手を組んでコラボレーションプロジェクトも試みる。 ニューアルバムも世界の多様なアーティストと交流し、「ヒョリンならではのスタイル」を描いていく計画だ。

7 親交[編集 | ソースを編集]

普段、コメディアンが好きだからか、コメディアンの知人が多く、同年代よりも年上の俳優や歌手との人脈が多い。

ヒョリン本人は芸能人の友達があまりいないと言っているが、まとめてみると多い方。 親しい女性アイドルにはユイ、ハン·ソナ、ハ·ジュヨンがいる。 2012年のアユクデ当時、「ユイに抱かれるヒョリン」という写真が話題になった。 ゆいとは美味しい店によく行ってたそうだ。

2012年SBS「歌謡大典」の記者懇談会でヒョリンは他のチームの中の一つのチームになりたいメンバーとしてSecretのハン·ソナに言及した。理由としては、同じ年頃でもあり親しく、ハン·ソナが性格がよく、一緒にやれば面白そうだということ。 また、練習する間に面白い思い出もたくさん作れそうだと言う。 14年のインタビューでは、Secretのハン·ソナは、心が弱く、心に傷が多くて、たまに会うと、人の多いカフェで泣くという。ユイとハン·ソンファ二人とも演技を始めてからとても忙しくてよく会えなくて残念だと言う。 2017年のソウルファッションウィーク·ユクスでユイとハン·ソナが出会い写真を撮ったりユイと座って会話している姿が見られたりもした。

12年に新しいグループを作るとしたら、誰を選抜するかという質問に、ヒョリンはジュエリーのハ·ジュヨンを言及した。 ヒョリンは「ハ·ジュヨンさんと元々仲良しで、親しい関係ではなく『ジュヨンさんは実力があって特別な魅力があるので、新しいグループを作るなら1位に迎え入れたい』と話した。 13年8月23日、ハ·ジュヨンは自分のツイッターに「三銃士に会ったよ」という書き込みと共にヒョリン、ユイ、本人が撮った写真をアップロードした。

12年、ドリームハイ2でヒョリンを巡り、三角関係に出ていたスーパースターK2出身のキム·ジスと俳優のパク·ソジュンと親しく、3人でよく会っている。

パク·ソジュンは『ドリームハイ2』に共演し、撮影が終わった後、酒席を共にしながら親しくなったという。 パク·ソジュンは「ヒョリンはクールな性格だ。 猫をかぶったり、飾り気がなくて 本当に見えるものが全部だった。 そのような率直な姿が最近のような時代には本当に珍しい性格だ。 ヒョリンは本当にスタッフの面倒をよく見て、自分ももっと楽に接することができた」と話した。 二人は悩みがあれば話すと言ったが、ヒョリンは「パク·ソジュンはツンデレスタイルだ。 前ではぶつくさ言っているが、後ろで面倒を見てくれる」と話した。 パク·ソジュンはヒョリンについて、「私には'ディーバ'だ。 近くで、この人の歌を聞くことができて ありがたい。 わたしのたった一人の女友達」と言い、ヒョリンは「(パク·ソジュンは)灯台のようだ。 遠くにどっしりと立っている友達のようだ」と語った。 パク·ソジュンの両親も2人の親友の仲を知っているという。 パク·ソジュンはヒョリンのアルバム広報のために2015年にSISTASHIPにも出演し、2016年にヒョリンの初ミニアルバムのためにユ·ヒヨルのスケッチブックにも出演、2018年に曲が出るとインスタで宣伝した。 ヒョリンは2015年にパク·ソジュンが主人公の映画「悪の年代記」と2017年の「青年警察」の試写会にも行き、2016年にはパク·ソジュンが主人公のドラマ「ファラン」のOSTを歌った。 キムジスとも親しく、2012年と2017年にキムジスの新曲をPRした。 キムジスは13年、ヒョリンの1枚目のアルバム「ショーケース」の時、ギターを弾いてあげ、16年、ヒョリンの新曲をPRした。 たまにお互いに会う姿をインスタにアップロードする。

女性歌手としてはパダ、ペク·ジヨン、ジェシーと親しい。2012年6月、パダはツイッターに「ヒョリンと親交ショットをアップし、『ヒョリンは優しすぎて私はとても驚いた。 かわいい子」と書き込んだ。 その年の8月、ヒョリンは海に「Loving U」のCDをプレゼントした。 CDに自筆の手紙を見ると親近感がある。2016年のカルトショーで海には「普通、連絡先を交換してもすぐに連絡を取ることはないが、ヒョリンさんから礼儀正しくさわやかで気軽に『オンニ、私たちいつ会うんですか?』と連絡が来た。 それで会った」と初めて会ったと振り返った。パダは「ヒョリンさんは大ざっぱで性格が本当にいい」と称賛した。 ペク·ジヨンは2014年「イ·ソラの歌謡広場」に出演、アイドルの中ではSISTARのヒョリンと親しい」と答え「甘く見てくれる後輩たちがかわいらしく見える。 そんな子供たちが大好きだ」と話した。 ペク·ジヨンは18年、ヒョリンの初の単独コンサートにも応援に来た。 ジェシーは、ヒョリンと番組をきっかけに知り会ったが、その時は親しくなるとは思わなかったといって、仲良くなったきっかけを伝えた。 ヒョリンはジェシーに対して元々私が通話を長くできないスタイルだが、ジェシーとは長くするという。 2人が各自の家に遊びに行ったり、会う写真をインスタにアップしたりする。

2013年にヒョリンは自身のボーカルトレーナーだったキム·ジョハンの実用音楽教室「キム·ジョハンクライミックスアカデミー」のオープン式に花輪を贈った。 一方のリボンには「永遠の弟子ヒョリン」と付け加え、自分を教えたキム·ジョハンに尊敬の意を表した。

キム·スク、ソン·ウニ、イ·グクジュなど先輩の女性コメディアンたちと親しい。 ソン·ウンイと親しくなったきっかけは、「ソン·ウ二が大変だった時、映像編集も教えてくれた恩人のようなミュージックビデオ監督がいる。 その方が今、ヒョリンと一緒に働きながら親しくなったそうだ。ソン·ウニは「脱出カフェもヒョリンを初めて連れて行った」と話し、二人で会うと羊肉の串焼きを食べるという。 キムスクとも親しくなり、17年にはソン·ウニ&キムスク秘密保障番組『ビボショー』のゲストとしている。 また、ヒョリンが歌ったオープニングを書いた。 その後、ヒョリンの音源が出れば、セレブファイブがPRしてくれたり、ソンウンが「キムスク」のPRをしてくれた。

イグクジュとはテレビ番組で偶然会ったことがあるが、ソユがヒョリンの紹介をしてくれたという。 その時ヒョリンが照れくさそうに来て 挨拶をして番号を交換した。 イ·グクジュは(ヒョリンの)そんな姿を初めて見た」と言う。 異国酒トークコンサートの時、ヒョリンがゲストとして来て歌を歌ってくれて、ヒョリンの作業室で遊ぶほど親しい。

ドッキとも親交があるヒョリンは「以前ソロ曲『マッサージ』をドッキさんがフィーチャリングしてくれた」とし「当時は全く親しくなかったが、作曲してから親しくなった。 同い年だった」と話している。

アンプリティラップスターを通じてヘイズやキディビ、キャスパーと親しくなった。 ヘイズは、漢江(ハンガン)でヒョリンと会った写真をインスタに掲載した。 キディビはヒョリンと家が近くて一緒に捨て犬ボランティア活動も一緒に行き、金曜日になると一緒にヒョリンの家で番組を一緒に視聴したという。 現在飼っている猫もヒョリンの影響で飼うようになったという。

キャスパーとも仲良く、ヒョリンのVアプリで電話で話したことがある。 一緒に曲作業をしたマッドクラウンとチャンモとも親しい

8 余談[編集 | ソースを編集]

  • 高校時代数学が得意な理系だった。
  • メンバーの中で唯一、家で兄弟の中で長女であるメンバーである。 ボラとダソムは兄が一人ずつおり、ソユは1男2女の末っ子で、残りのメンバーは皆兄弟の中で末っ子だ。
  • デビュー当初は、同じチームのユン·ボラとイメージが似ているという話が多かった。 その後、ユン·ボラの前髪をなくし、それぞれ差別化を図った。
  • クールで判断力が速くスマートなので、SISTARチーム内で一番上の姉に間違われることがあるという。もちろん、本当の最年長はユン·ボラ。 「私は一人で暮らす」の虹ライブに母親が出たが、母親が1971年生まれであるにもかかわらず、出演陣は「コーディネーターのお姉さんか」と驚いた。
  • 完璧主義者である。 MBC『花束』で歌ったビヨンセの『シングルレディー』も先生にねだって練習したという。 パワフルなダンスをしながらも動揺しないライブをすることに固執する方なので、すごく熱心にしたが、初放送で練習した時はほとんど20%も出なくて残念だったと。この他にも、録音室でディレクターがいいとしても、一人で引き続き録音をするなど、完璧主義を追求する事例が多い。
  • 2014年、ヒョリンが捨て猫を求めて走り回ったことが分かった。ペク·ジヨン所属事務所マネージャーは、自分のSNSを通じて、最近内部循環路から救出した子猫の状態が深刻だという事実と、この事実を知ったヒョリンが翌朝、海外スケジュールがあるにも関わらず、夜一人で猫を治療するとあちこちを走り回った後、ヒョリンが知っている病院に猫を移したという事実を明らかにした。 また猫を手術させて世話をすることにしたという。 マネージャーは書き込みで、「ヒョリンに了解を求めず、ヒョリンの美談を載せてすまない」と話した。
  • その後、ヒョリンが普段から「オンニ」と呼ぶ親しい知人が養子縁組の意思を明らかにした。養子縁組を前にヒョリンと養子縁組をするとした知人が猫の状態を再確認するために受けたレントゲン検査で、奇跡的につぶれた骨盤が元の形にほぼ戻っていることが確認され、また死んだと思っていた脚の神経もこれまで崩れた骨盤骨に押されていることが分かったという。
  • ヒョリンさんは「一生障害を抱えて生きていかなければならないと思っていたが、立ち上がりを見て喜び、養子縁組が決まり、患者の回復も見られるという奇跡のようなことが起こり、感謝している」と語った。
  • イメージに比べて背がかなり低い方だ。普段、何かに乗り込むレベルの高いヒールを履き、身長に比べて顔が小さく比率が高いため実感がわきませんが、上下の幅の低い靴を履けばすぐに小柄なサイズが現れる。 実際、写真のユイの身長が173cmで、大韓民国女性の平均身長が160cmであることを考えればとても低いとは言えない水準だ。 俗にいう平身長ぐらいだが、セクシーなコンセプトが強いチームのイメージ上、背をはるかに高く見ることが多く、実際に会った人の共通した証言は思ったより'小さくこぢんまりしている'だ。 ボディの比率が本当に良く、きれいでセクシーな体つきで、太もももしっかりしている。
  • サム·ハミントンが大好きなSISTARのメンバーだ。サムは、彼のツイッターにヒョリンとバックハグした写真も掲載し、「本物の男」でもヒョリンだけを見ている姿を見せた。 クリスマス特集で放送された「本物の男」クリスマス戦友会の時は、ヒョリンが西軍青龍(チョンリョン)部隊の特技自慢で支援射撃を受けると突撃した。
  • 2017年3月17日、世界3大音楽祭の一つ、サウスバイサウスウエストにヒョリンが韓国代表として参加し、熱い反響を呼んだ。