彼女はキレイだった
그녀는 예뻤다
彼女はキレイだった.jpg
ジャンル ロマンチック,コメディー
放送シーズン 2015年9月16日~2015年11月11日
放送時間 水曜日·木曜日午後10:00~
話数 16話
放送国家 韓国
言語 韓国語
放送局 MBC
制作
演出 チョン·デユン
制作 ボーンファクトリー
脚本 チョ·ソンヒ
出演者 ファン·ジョンウムパク·ソジュンコ·ジュンヒチェ·シウォン
その他


1 登場人物[編集 | ソースを編集]

1.1 主要人物[編集 | ソースを編集]

  • キム·ヘジン(ファン·ジョンウム子役:チョン·ダビン)

美貌、勉強、才能、家柄、性格をすべて備えた母の実の娘だったが、家の没落とともに富を失い、思春期に身の奥深くに隠されていた父の遺伝子が後に発現したため美貌も失い、現在は不憫なスペックの就職にもいつも失敗、アルバイトでも辛うじて生きていく爆弾女になった。逆変3種セットですべてを失ったが、相変らず明るく肯定的でたくましく生きている。 願いは首に社員証をかけた会社員になることと、夜勤することだ 鼻血を出してみること。

横断歩道を渡る時に青信号を見て「行きなさい」と叫んで渡る習慣がある。

  • チ·ソンジュン(パク·ソジュン - 子役:ヤン·ハンヨル)

かつて、「太って小心な弱虫」から「オムチンア」に変わった。モストコリアの夫によりモストコリアの廃刊を防ぐためアメリカ本社から大韓民国に派遣された。韓国へ来て初恋相手だったキム·ヘジンを訪ねる。母は亡くなっていないので父と一緒に暮らし、今は一人で韓国に来ている。雨についてトラウマがあるが、子供の時に交通事故で亡くなった母親のためだ。集中すると何も見えないタイプで、タブレットPCをよりガラス壁に打ち込む大雑把な姿も見える。

  • ミン·ハリ(コ·ジュンヒ - 子役:イ·ジャイン)

閔容吉(ミン·ヨンギル)とチャ·ヘジョンの間に生まれた。

キム·ヘジンの友達。 ヘジンの正体がばれるのではないかと、ヘジンの頼みでソンジュンの前でヘジンのふりをすることになる。

  • キム·シンヒョク(チェ·シウォン)

編集部記者。ずうずうしくて茶目っ気のある性格で、金ヘジンをからかうのに忙しい。 金ヘジンがチ·ソンジュンの顔色をうかがって避けると、いたずらをしながら雰囲気を盛り上げるが、その過程でヘジンに惹かれる。 実はヘジンにこういういたずらをする理由は ヘジンの妹に似てるからだと… 13歳の時に妹が死んだ悲しい過去がある。

ミンハリのあるホテルのスイートルームに長期滞在している。 ハリにホームレスと誤解されるが、すぐ誤解を解いて親しくなる。あるホテルのスタッフの話によると、裕福な家の息子のようだという。

2 余談[編集 | ソースを編集]

  • 主演のファン·ジョンウムとパク·ソジュンは8ヶ月前に共演したキルミー、ヒルミで義理の兄妹として出演したことがある。
  • 10月14日第9話放送分が2015年プロ野球ポストシーズンのため放送中止になったため、翌日放送された。 このことから視聴者の抗議が相次ぎ、10月21日のプレーオフ前の第3戦もMBCの地上波放送をあきらめたため、「彼女はきれいだった」という正常な放送となった。
  • 10月22日11話ではKBSコメディアンのイ·サンフンがキム·シンヒョクのインタビューをする監督役で特別出演した。イ·サンフンが"オリュドンチェ·シウォン"と呼ばれて出たようだ。 イ·サンフンは「今、だから面白くない!」と言ったり、一緒にニグルニグルも踊ったりした。
  • 当時はシネマカメラで撮影した数少ないドラマの一つだった。 撮影にはソニーのCineAltaF55とA7R2が使用された。
  • 第11話のソンジュンとヘジンの初出会いなど主人公たちが会った主な背景、ソウルマリーナはパクソジュンが出演した悪の年代記エンディング場面の背景でもある。
  • 中国でリメイクされた。タイトルは『ピョリャン的イ·ヘジン』だ。タイトルの意味は、その名の通り『きれいな イ·ヘジン』で、原作とほぼ100%近いシンクロ率を見せた。