ジス
김지수
ブルピンジス.jpg
基本情報
本名 キム·ジス(金智秀, Kim Jisoo)
誕生日 1995年年1月3日月
出身地 京畿道 軍浦市
国籍 韓国
学歴 果川中央高等学校(中退)
ポジション リードボーカル
デビューアルバム 2016年 1stアルバム SQUARE ONE
家族 両親、兄のキム·ジョンフン(1989年生)、 姉のキム·ジユン(1990年生)、愛犬(マルチーズ)
身長 / 体重 162㎝ cm / kg
血液型 A型
事務所 YGエンターテインメント
所属グループ BLACKPINK
公式サイト Instagram



1 概要[編集]

YGエンターテインメント所属の4人組ガールズグループ「BLACKPINK」のメンバーであり、韓国の歌手。 BLACKPINKの一番年上メンバーで、公式ポジションはリードボーカルだ。

2 デビュー前[編集]

11年7月から5年間、練習生期間を過ごした。

単独で学生服スマートとニコンのミラーレスカメラ広告を撮った。 15年、KBSドラマ『プロデューサー』でYGエンターテインメントに一緒に所属するパク・サンダラWINNERカン・スンユンと一緒にカメオ出演した。

エッピク・ハイ(EPIK HIGH)の8枚目のタイトル曲「スポイラー」ミュージックビデオのヒロインとして出演した。 楽童ミュージシャンイ・スヒョンイ・ハイ(Lee Hi)のデュエットである「HISUHYUN」ミュージックビデオにBOBBYのガールフレンド役で出演した 「デビュー意外はすべて経験した」と言われたほど、デビュー前は多くの活動をした。

3 ポジション[編集]

グループでリードボーカルを務めている。 個性の強い他のメンバーとは違い、低音の声を持っており、柔らかくて楽な感じを与える。 ハーモニーをたくさん入れてメンバーの声を中和させる役割をする。音源とほぼ同じ安定的なライブ実力を持っている。

BLACKPINKはリーダーが他に存在するわけではないが、一番年上として実質的なリーダーの役割もしている。

3.1 ボーカル[編集]

デビュー当初はジスのビジュアルがよかったためパートが多くないと予想していたが、リードボーカルポジションに加え、『BOOMBAYAH』と『WHISTLE(휘파람)』でそれぞれリフレーンを歌うなど、ボーカルの比重を多く占めていた。 また、『Playing with fire(불장난)』ではEDMサウンドに合わせてハーモニーを入れる役割を果たしたこともある。 序盤は音域帯が狭い方なので高音が苦手だという短所もあったが、最近は高音パートも上手くこなす。

ボーカルがとてもしっかりしていて、 特にライブが最も安定的だと一番評価されるメンバーだ。発声そのものがしっかりしていて声量も大きい方である。デビュー後も日々の発展ぶりを見せ、多くの成長を遂げ、SNSで好評を得ている。特にパクジニョンの番組に出演し、Miguelの『Sure Thing』をカバーしたステージで安定的で甘美な音色とちょうどいいハーモニーを見せ、かなり発展した音楽的成長を披露。そのため「ジスの実力が他のメンバーに比べて足りない? この映像を見てほしい」、「本当に甘くて聞きやすい声だ」などのたくさんの称賛コメントに加え、数千件のいいねを残すなど、世界的にも多くのファンから好評を博した。また、ロゼジェニーの歌の後ろでハーモニーを入れる役割を果たすこともあり、これによってジェニーロゼの歌が一層豊かに聞こえる。ジスはハスキーで堅くも、柔らかい魅力的な音色を持っている.

2018年11月、BLACKPINKの単独コンサートでZeddの『Clarity』をソロ曲として歌ったが、歌唱力を褒められた。『DDU-DU DDU-DU』のカムバックと共に、優れた歌唱力とダンスで好評を得ている。『Kill This Love』でもロゼと一緒に高音パートを担当し、『Don't Know What To Do』のダンスブレイク部分で裏声でYou~をライブで歌う映像が話題になった。 2019年12月から2020年2月まで続いたドームツアーでは、楽童ミュージシャン(AKMU)の「How can I love the heartbreak, you`re the one I love(어떻게 이별까지 사랑하겠어, 널 사랑하는 거지)」を歌い、感性の光るボーカルを披露した。

さらに2020年BLACKPINKの先行公開曲<How You Like That>の生ライブアンコール密着カメラで声量が大きく安定的なボーカルを披露し、「普通のメインボーカルより上手い」という賞賛を受けている。

3.2 ダンス[編集]

ダンスの部分でも成長し続けているメンバーだ。デビュー当初はダンスラインが硬く、細かい表現が足りないという指摘が多かったが、活動を重ねるにつれダンスラインとダンスの強弱調節が増えている。特に2020年<How You Like That>音楽放送舞台の密着カメラと公式パフォーマンス映像で発展した実力を見せ、多くのファンの反応は称賛一色だ。

4 キャラクター[編集]

4.1 性格[編集]

広告やグラビアなどで見せてくれる高飛車なイメージとは異なり、よく笑う明るい性格に加え、茶目っ気もある。

BLACKPINKのムードメーカーだ。愛嬌の多いタイプではないが、メンバーの間で笑いを誘う役割をする。あるインタビューで「もともとは穏やかで静かな方だが、あまり番組出演をしないので、ファンに明るい姿を見せたくておっちょこちょいになる」と言ってファンを感動させた。

『WHISTLE(휘파람)』のMVビハインド映像で空中撮影当時、怖がっていたのを見ると臆病な性格であることが分かる。

苦言は一度だけしっかりと言って、その後は言わないという。その話を続けているとお互いに気分が悪くなり、感情だけが傷つくからだという。「人はどうせ一度やって感じて初めて間違いに気づくただそれだけのこと、横で何を言っても無駄だ」というマインドのようだ。

4.2 チーム最年長として[編集]

普段は可愛くて突拍子もないキャラクターだが、時にはBLACKPINKの一番上のお姉さんとして真面目にメンバーを導く姿を見せるメンバー。これは本人の行動やメンバーの行動にもよく現れている。BLACKPINKは舞台の途中、メンバーの装身具が取れたり、ダンスをする時不便だと投げることがよくあるが、その度にジスが拾ったり邪魔にならないように片付けてしまい、「アイドルルーム」では「1年ぶりのカムバックについてどう感じるか」というMCの質問に対し、別にジスを指定して質問したわけではないのに、メンバー全員がジスを見ながらジスが話すのを待っていた。

表向きはいたずらっ子に見えても、後ろでは熱心に努力して自己管理も熱心で、メンバーたちを一番よく気遣うお姉さん感のあるメンバーだ。 足首を怪我した時も、ファンらはその事実を後になって知ったほど、痛い素振りすら見せず、逞しい態度でスケジュールに臨んだ。当時の状況では舞台にMCまでしなければならず、ずっと立っていなければならなかった。 デビュー以来、放送で一度も涙を流したことのないメンバーであり、ある意味ではポジティブの中に真剣さを備えていると言える。

4.3 好み[編集]

  • 桜より木のほうが好きだ。
  • 母のお腹の中にいる時からイチゴを食べて育ったからか、イチゴが好きだという。桃はあまり好きではなかったがが、最近は桃も好きになったという。
  • タイのPipoというゼリーが好きだそうだ。リサがゼリーを凍らせておくとジスリサよりたくさん食べるという。
  • コーヒー牛乳が好きで、エビを嫌う。
  • 学生時代に美術が一番嫌いだった反面、韓国史はとても好きだったという。
  • 好きな数字は4だ。理由は幼い頃、人々が4が嫌いだったから。4がかわいそうだからだと。
  • 信念が強く、誰かの哲学を強要する本よりは、人物のドラマを盛り込んだ小説ジャンルが好きだという。
  • 理想のタイプは、自分のことを好きで笑う姿がきれいな人だという。
  • 牛乳が好きなのか、冷蔵庫の一段に牛乳をいっぱい入れておいて飲むのだという。

4.4 特技[編集]

チームの中でバスケットボールが一番上手だ。シュートもいくつか入れるのを見ると、基本的な運動神経はある方だ。

絵の実力はあまりないが、特徴やディテールをよく生かして描く。しかし特徴的すぎる絵のせいか、背中に絵を書いて行う伝言ゲームの際、ジスの絵を見抜いたメンバーがいなかった。ついには本人も他のメンバーたちが背中に描いている絵を見分けられず「ゲームの穴」と言われた。

4.5 趣味[編集]

映画·ドラマ視聴、読書、漫画を読むのが趣味だ。ジスが推薦する本は「ミー・ビーフォー・ユー きみと選んだ明日」「グレート・ギャツビー」、東野圭吾の作品(悪意、赤い指、真夏の方程式、卒業、空中ブランコ)」「ノルウェイの森」「1Q84」「キャロル」「ニューヨーク3部作」「月と六ペンス」などがあり、映画のおすすめは「高慢と偏見」「ワンデイ 23年のラブストーリー」「エターナル・サンシャイン」「バニラ・スカイ」「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離」「ビフォァ・サンセット」「イフ・オンリー」などがある。

ゲームも好きだ。クッキーランをする姿を捉えたこともあり、ジェニーと一緒にオーバーウォッチをすることも多いという。宿舎でよくモバイルゲームをする姿が見られ、ラジオ放送でもコンピューターゲームを楽しんでいると言われるほど、かなりのゲームマニアだ。

4.6 ビジュアル[編集]

BLACKPINKのビジュアル担当であり、第3世代ガールズグループ「ビジュアル」の代表格として語られている。

異国的でガールクラッシュな感じを与える他のメンバーに比べて唯一、優雅で清純で東洋的な美しさをもつ。

無表情の時は冷たくて都会的な印象だが、笑う時は明るく笑って唇の形がハートに変わるなど、冷美女と温美女が共存する。特に実物がとてもきれいだ。

デビューする前から「YGのすごくきれいな練習生」と 噂されていた。また、YG練習生時代にはYGコンサート会場でSMにキャスティングされたこともあると話した。

YGでは歌手をデビューさせる時、ルックスよりは実力と個性を基準にしたため、他の所属会社よりビジュアルに優れた歌手は多くなかった。 代表的な例が2NE1出身のパク・サンダラWINNERキム·ジヌである。

非常によく似たタイプの芸能人が多いBLACKPINKのメンバーの中でも最も多く、よく言及される。ジスと似ている人の例としては、タン・ウェイ、孫如恩(ソン·ヨウン)、パク・サンダラムン・チェウォンなどが挙げられる。

優れた身体比率と柔らかな体型も特徴だ。 身長に比べて足が長い方に属し、顔が小さいためスタイルも良い。

特にきれいな「11字腹筋」で話題になったりもした。 スレンダーな体つきの他のメンバーに比べて骨盤が広くて体つきも良い。

実物のビジュアルが優れていることで有名だ。他グループのメンバーたちがジスを「実物がやばすぎる」と言及するほどだ。画面越しでも綺麗だが、実物を見ると「画面映りが悪い」という気がするぐらいだという。ジスの実物を褒める人たちの感想が絶えないことも、これを裏付ける証拠だ。

また、ディオールビューティーローカルアンバサダーとして活動しながらSNSアカウントに写真をアップしており、年々発展していくビジュアルを見せ、多くのコミュニティで話題になっている。

5 余談[編集]

  • 高校時代は演劇部で、演劇映画科への進学を夢見たという。オーディション経験を積むために初めてオーディションを受けた会社がYGエンターテインメントだったが、一度で合格した。
  • BLACKPINKのニックネームメーカーと流行語職人だ。代表的に「젠득이」、「날라리사」、「뇽안」、「뿡」など。最近ではじゃんけんをする時、じゃんけん'뽀슝(ポシュン)'という。こうすれば絶対勝つと…
  • Red Velvetスルギと親交がある。スルギジスに「一番親しいアイドルメンバー」と言及し、音楽番組や授賞式で現実の友達の姿を見せてくれた。Red VelvetのVアプリでジョイが昨日スルギジスと遊んだと言ったことがあり、ジスが通り過ぎながら「ファイト」という声が聞こえたりもした。最近スルギジスの活動期間が重なり、互いの活動を応援したり、ジスがスルギと一緒に撮った写真をインスタグラムのストーリーに掲載したりもした。
  • 宇宙少女 ボナとも親交がある。ボナがファンが質問した一番親しくなりたい95年生まれのアイドルに「ジス」と答えたが、宇宙少女ファンを通じてそれを知ったジスが音楽番組で先にボナに歩み寄ったという。その後お互いの活動を応援する姿をインスタグラムで見せたりもし、最近ジスがインスタグラムのストーリーにボナと一緒にいる姿を載せたことがあり、ボナも微博にジスと一緒に撮った写真を載せた。 Vアプリで「ボナと脱出ゲームカフェに行った」と明らかにしたこともある。
  • リサと公式ギャグキャラクターラインだ。2人でいる時が一番うるさい。2人の笑いコードが似ていて、性格が明るいためのようだ。
  • 2015年生まれの愛犬ダルゴムがいる。 自分の宝物第1号がダルゴムと言ったのを見ると、 とてもダルゴムを愛し、大事にしているようだ。
  • 両方の視力が2.0だ。
  • ジェニがジスとアトラクションに乗ると、下りの地点でジスの手を強制的に上げるという。
  • BLACKPINKの中で一番面白いメンバーに満場一致で選ばれた。
  • リサのあだ名はジスが全部つけるという。
  • ショッピングは必ずリサと2人で行くと、Vアプリ「BLACKPINK+」のチャットで明らかにした。 たびたび、2人の「買い物目撃写真」がインスタグラムに載ることもある。
  • 毎朝リサは起きるや否やジスの部屋に来て起こすという。
  • 本の虫だ。空港で本を持っている姿がよく見える。
  • 元々とてもきれいだが、特に空港で撮られた写真がとてもきれいで「空港女神」と呼ばれる。
  • 日本活動以後、韓本語(韓国語+日本語)をたくさん話すようになるという。
  • ジェニーの愛犬クマのためにクマソングを作った。長い間家を空けていたため、一人でいるクマがかわいそうで作ったという。
  • 普段からパックと半身浴を通じてスキンケアをする。 顔パックはシートマスクを好む。 肌が乾燥していると感じたら、パックを2回することもあると。
  • あえて本人の外見にコンプレックスを挙げるなら、顔面非対称だという。 ファンの皆さんは全く違うと言っているが、本人はそう感じている。
  • 外見をほめるのが相当恥ずかしいようだ. 知り合いのお兄さんから司会者たちがBLACKPINKの世界的な人気の秘訣を聞かれると、ロゼがジスを抱きしめて「ジスの美貌」と答えると、恥ずかしがってロゼの腕をいたずらで振り払ったりもした。
  • リサとは現実的な姉妹のような感じがする。お互いの愛嬌に真顔で、とんでもない口げんかをする。しかし、それほど互いに愛情が深い。チーム内一番年上と末っ子メンバーだが、お互いに頼ることが多いようだ。
  • バスケットボールが好きだという。
  • 日本でコンビニモッパンをすると発表したが、Vアプリを起動する時はいつもお腹がいっぱいな状態で来るため、仕方なくリサと一緒にコンビニデザートモッパンを試みた。
  • 公式ペンライトがなかったとき、ファンたちがBLACKPINKがモデルとして活動していたトレヴィーでトレヴィー棒を作ったのを見てとても喜んだ。
  • 円型の舞台では方向感覚がなくなるという。 舞台によって変わる振り付け動作は簡単に覚えるが、方向感覚が足りないためリサを見て真似しているという。しかも道しるべなので練習生時代に明洞に遊びに行くといつも道に迷っていたのでリサが迎えに来たという。
  • 毎日練習室と放送局だけを行き来しているので、実際は練習生の時との大きな違いは感じられないという。 道を歩いていてBLACKPINKの音楽が流れたり、ファンが応援と一緒に歌を歌ってくれる時、歌手としての人生を実感するという。
  • 本人曰く、自分のむくんだ顔が好きらしい。それで大事な撮影前は必ずラーメンを食べて寝て、朝起きてもラーメンを食べる」と話した。 本人曰く自分の顔には肉がないのに、自分はむくんでいる感じが好きで、子供はかわいがっているのに、自分だけ見るだけのかわいさが足りないような気がして、ラーメンでまかなっているという。
  • 学生時代演劇部で活動し、演劇映画科への進学を夢見たという。 好きな俳優はソン・イェジンとナタリー·ポートマン。「DDU-DU DDU-DU」のPVで披露した単発のピンクかつらは、好きな外国映画のキャラクターから取ったものだというが、映画「クローザー」の中のナタリー·ポートだけをオマージュしたものと見られる。
  • ファンへの愛情がすごい。 人気歌謡のMC時代、1年間1度も欠かさず帰宅途中に車を止めてファンに会って帰ったという。
  • デビュー以来、ずっとファンの前で泣いたことがないことで有名だ。 それについてラジオや雑誌のインタビューで、「人前ではあまり泣かなくなるようだ」と話した。 しかし、一人でいる時は泣くのが好きで、気分が憂鬱な時は泣けば気分がよくなるという。テディは6年間でジスが泣いているのを一度だけ見たという。
  • ファンサイン会が終わると、両親と一緒に実家でプレゼントを送ってみるが、ジスの父親が直接ファンがジスに書いた手紙も読むという。 手紙を読みながら、ジスを愛してくれるファンが多いということを知ってとても喜んでいるそうだ。 手紙を読んで感銘深い内容やファンが伝える広報、イベントのニュースをジスにもう一度教えてあげるという。
  • 恐竜に全く興味がなかったが、いつからか突然恐竜をロールモデルにした。その理由は人々は恐竜がどんな食べ物を食べる時に気分がいいのか分からないのに、恐竜が好きで関心を持ってくれるからだという。
  • 自分の信念が強い。誰が何と言おうと、自分が好きなら気兼ねなく友達として付き合うという。
  • 舞台に上がる前はいつもカップラーメンを食べるという。 理由は、そうしてこそ喉がすっきりするからだと。
  • 個人の携帯電話はアイフォーンXSだ。
  • クレヨンしんちゃんに出てくるマサオくんが大嫌いだ。本人は他人を最大限理解しようと努力する方だが、マサオくんは本当に理解できないからだと。 恐らくマサオくんの悪い部分だけが移った映像をたくさん見たようだ。
  • 2020年9月のビッグデータ分析の結果、ガールズグループ個人ブランド評判で1位になった。
  • 辛いものが好きで、よく食べる。食べ物に青唐辛子を入れないと寂しいほどだ。

逆に偏食も激しい。 一説によると、ジャージャー麺に玉ねぎが多すぎて悲しい時もあったという。

  • メンバーとは違い、海外で暮らした経験はないが、英語を聴くことはよくできる方で、メンバーに比べ英語力は相対的に足りないが、物怖じせず英語でファンと積極的に疎通するために努力し、ファンもジスの英語を非常にかわいがる方だ。