リサ(LISA)
ลลิษา มโนบาล
リサ.png
基本情報
本名 Lalisa Manobal
誕生日 1997年年3月27日月
出身地 タイ ブリラム州
国籍 タイ
学歴 Praphamontree 2 School (卒業)
ポジション メインダンサー、リードラッパー、サブボーカル
デビューアルバム 2016年 1stアルバム SQUARE ONE
家族 両親、猫リオ、ルカ、リリー、ルイ
身長 / 体重 166.5㎝ cm / kg
血液型 O型
事務所 YGエンターテインメント
所属グループ BLACKPINK
公式サイト Instagram



1 概要[編集]

YGエンターテインメント所属の4人組ガールズグループ「BLACKPINK」のメンバー。

BLACKPINKでメインダンサーやリードラッパー、サブボーカルを担当している。

2 デビュー前[編集]

タイのブリラム州で生まれ、首都バンコクで育った。 小学生の時からビッグバンや2NE1などのKポップ歌手が好きで、歌とダンスに関心を持ち始めたという。 ダンススクールに通い、ダンスクルー「we zaacool」に合流して活動しながら歌のコンテストや「To Be Number One」など様々なダンスコンテストに参加した。

2010年、YGエンターテインメントのタイオーディションに合格した唯一の参加者だ。15年4月、中学2年生の時から5年3ヵ月間、練習生として過ごした。

タイで「Praphamontree II International School」というインターナショナルスクールに通った。YGにも在外同胞、留学生出身の練習生が多く、序盤は殆ど英語で話したという。 しかしある番組で、韓国デビューが目標だったので、英語を禁止し、韓国語だけで生活するように勧められたという。 韓国語が全くできない状態だったので、この時韓国語を学ぶのにとても苦労したという。 デビュー直前は毎日2時間ずつ韓国語の先生と一緒に1対1で韓国語を勉強したという。

デビュー前にはテヤンのミュージックビデオに出演した。ダンスが上手なため、バックアップダンサー式に立てたものと見られる。

BLACKPINKのメンバーの中で唯一、練習生時代の実力や人物評価面で「オールA」を受けた実力派だ。

デビュー前はAlice、Pokpak、名前から取ったリーズ(Liz)などの愛称で呼ばれていたという。

またデビュー前の2015年にはNONAGON S映像、Fシーズン、Video Lookbook、ビハインド映像に出演した。 2016年1月、NONAGON FWのコンセプト映像に出演した。

3 ポジション[編集]

グループでメインダンサーやリードラッパー、サブボーカルを担当している。

3.1 ボーカル及びラップ[編集]

公式的にはBLACKPINKのリードラッパーであり、サブボーカルでもある。チーム内でボーカルよりは主にラップパートを担当している。

かなりのラップの実力を持ち、特にアイドルラッパーとして数少ない最上位圏の実力を持っている。タイ人であるにもかかわらず、韓国語のラップを発音ミスなしに完璧に近いレベルでこなす。

デビュー当初はメインラッパーのジェニーと二分してラップパートを歌い分けていたが、最近は一人ですべてのラップパートを担当している。 このため、リサをメインラッパーと誤解する人もかなりいる。

ラップとダンスが重点になるメンバーなので歌唱力や音域が大した方ではないが,ボーイッシュな中低音の特色ある声でサブボーカルとして無理なくうまくこなす。

また、YGエンターテインメント所属のアイドルらしく、ライブも安定的にこなす。

3.2 ダンス[編集]

BLACKPINKのメインダンサーである。

ダンスの実力がとびぬけていたので、ヤン・ヒョンソクがダンスを見るやいなや、メインダンサーに指名したという。女子アイドルトップクラスのダンスの実力を保有している。長い腕と足を伸ばして涼しい踊りのラインを持っている。 長い手足で動作を正確にパワフルに踊り、難しい動作も羽毛のように軽く消化するほど驚くべき実力を持っている。本人のユーチューブチャンネルで公開したフリースタイルダンス映像を見れば、Kポップアイドルではなかなか目にできない独特なダンススタイルを持っている。

ダンスをする時、本人だけの才能とカリスマにあふれる表情やジェスチャーを利用して様々な魅力をよく見せ、「舞台の天才」と呼ばれるほどステージ上で非常に目立つ。

外国人専門ダンサーらが選んだダンスを最もうまく踊る女性アイドルのトップに「ヒョリン」と一緒についた。 Technique (技術)、Musicality (旋律、音楽性)、Fluditiy (流動性)、Energy (力)の4つの要素が全て10点満点中10点と、計40点満点の圧倒的なダンスの実力を誇った。

4 キャラクター[編集]

4.1 性格[編集]

ジェニーが言うには、リサは最も自由な人だという。寝たい時にどこでも寝て、お腹がすいたら誰とでもご飯を食べるから。ロゼ曰くリサは魂から自由だという。またジスによると、頭を当てるだけで寝るという。

他のメンバーによくだまされ、いじられるメンバーでもある。

BLACKPINKで他のメンバーの言葉にリアクションが一番多いメンバーでもある。

しかし、ただの天真爛漫な少女ではない。 Netflixドキュメンタリー「BLACKPINK:LIGHT UP THE SKY」では「私たちが老いて新しく若い世代に交代しても構いません。私たちの話をする方がいるなら大丈夫です。私たちがどれほど明るく輝いたか覚えているはずだから」と話し、思慮深い性格が表れた。

4.2 好み[編集]

ジスの話によると、カムジャタンが好きだそうだ。

4.3 特技[編集]

趣味の箇所にも出ているが、写真が上手だ。 本人が考えているグループ内最高のモデルはジェニー。 物覚えがよさそうだ 日付をよく覚えていて、ロゼがYGエンターテインメントに入社した日付も覚えている。 また、ジェニーの話によると、歌とダンスを一番早く覚えるメンバーだそうだ。 一度見たら、すぐに全部覚えてしまうって。

4.4 趣味[編集]

写真を撮るのが好きなだけでなく、カメラコレクターだ。 デジタル、フィルムを問わず有名なボディーをいくつも持っている。 LeicaのM6、Q(Typ116)、Sofort、Miniluxをはじめ、Contax G2、Fujifilm X-A3、Nikondp FM-2、Kyocera Yashica T4など様々な機種のカメラを使用した。 カメラ専用の棚があるほど多く、多様なカメラを保有している。

4.5 ビジュアル[編集]

  • 純粋なタイ人だが、西欧風のルックス。小さく立体的な頭と、深い二重まぶた、ふっくらとした爽やかな口元が調和を成す目鼻立ちをしており、とても魅力的で多様で華やかな舞台メイクがよくできる。このように西洋的でエキゾチックな外見で海外での人気が特に高い。一時、この外見のおかげで西欧圏の人々とのハーフではないかという疑惑が出回ったが、実父、生母いずれも純粋なタイ人であある。そして養父がスイス人だ。
  • 体型が細くてすらりとしている。子供の頃からダンスをしていて、筋肉がよくついたやせ型で手足が長く細い上に、腰が20インチと非常に細い。身体の割合がずば抜けたモデルに近い割合を持っている。それにかなり高い身長が加えられ、非現実的な人形のようなバランスを誇る。あまりにも痩せているため、ファンから心配されることもある。
  • 頭の形と顔の形も綺麗で、多様なヘアスタイルをこなす。特にポニーテールがよく似合う。これまでポニーテール、ハーフアップ、お団子、片方に分けて集めたスタイル、ツインテールなど、多様なスタイルを消化した。このようなヘアスタイルだけでなく、ビニ、ベレー帽、ヘアバンドなど多様なアクセサリーもよく似合う。
  • 他のメンバーとは違い、前髪を下げたスタイルを維持している。他のメンバーは前髪を時々下げたりもするが、大体前髪を維持する。
  • 小さい顔いっぱいにバランスよく並ぶ目鼻立ち、きれいに痩せた体によってバービー人形というニックネームもある。 実物を見ると非常に目立つ。
  • 似ている人物としてはリサが金髪に近い明るい髪色にしたときはテイラー·スウィフト、シャノンがいて、暗い髪色にしたときは小松奈々が言及された。

5 余談[編集]

  • 14歳(中学2年生)の時からYGエンターテインメントで練習生として生活したため、外国人だが韓国語が上手だ。 しかし、発音が崩れるを改善すべきだという意見もある。 最近は言語能力がまるで韓国人のように向上したが、まだ本人が話しかけてミスしそうで心配したりもする。 しかし、完璧でない韓国語の実力も可愛い魅力を加える要素になる。
  • ブルガリとセリーヌのミューズおよびアンバサダーを務めている。
  • ダンスの実力とカリスマ性のあるパフォーマンスで海外のファンに非常に人気が高いメンバーだ。 西洋人ファンも多いし、中国、日本のファンも多い。特にタイのファンの人気がすごいかというと、2019年1月バンコクコンサートでJason DeruloのSwallaに合わせてダンスを踊ったのですが、その映像再生数が200万を超え、SwallaのPVのコメントにスクロールを少し下げても「ラリサマノバン♡」「リサのせいでファンの皆さんが好きです」などのコメントが溢れたほどです。
  • 当然だが、英語より韓国語の方が楽だ。それで3rdシングルアルバム「As its your last」でしなければならなかった英語ラップが難しかったという。
  • 韓国が好きなようだ。 それほど韓国と韓国人の同僚や知人に親しまれたということではないかと思う。 映像の後半部、自分にとって韓国とタイをこのように定義した。
  • ジスと本当の姉妹のような感じだ。 かつてのVアプリの映像やチャンネルプラスを見れば、口げんかをしながら遊ぶ姿をよく目にすることができる。 二人がお粥が一番よく合うって。二人でいると一番にぎやかだ。
  • 韓国語がとても上手だ。 イントネーションや文法、語彙、会話など、韓国人と勘違いするほど韓国語が上手だ。 これはジスのおかげだと見られる。リサの韓国語の先生をしてみて、自分と話し方が同じだと言った。
  • ジスのように黒髪がよく似合う人がうらやましいという。 いつか黒髪にしてメンバーたちを驚かせると。
  • ジスがブレスレットを一つプレゼントしてくれたのに、 着けていない。 本人は、そのブレスレットがどこにあるのか、覚えていないという。
  • ある日、メンバーたちがリサの外国人登録証とタイのパスポートを見たら、「Manobal」と書かれていた。 そのため、「ラリサマノバル」というニックネームが付けられた。 ジスによると、リサの母親がアルファベットを間違えてできたハプニングだというが、本人フィシャルによるとタイ式の発音記号に対する誤解から始まった。 そこでジスと合意することに、メンバー同士でプライベートでは「マノバン」の公式席上では「マノバル」と呼ぶことに合意した(?)。
  • 韓国人になったと言われる。
  • 2018年4月頃、猫を飼い始めた。 名前はリオ(Leo)だ。 ブルピンハウスの第12話で,リオの苗がスコティッシュ·フォールドであることが確認された。メンバーたちがみんな、 よく遊んでくれるそうだ。 ただ、リサは少し噛まれたりもした。 リサがリオを抱いてポーズを取ろうとすると、もがく場面も。その後、新しい猫をもう2匹連れてきたが、名前はルカとリリーだ。

苗種はラックドールだ 現在はルイまで4人の猫を飼っている. 下の写真の人物はジスである。

  • 2018年11月5日、本人のYouTubeチャンネルのLilifilm Officialを開設し、初映像として日本でジスと共に過ごした様子が撮られた映像を掲載した。 ファンたちはリサがYGよりBLACKPINKの宣伝が上手だと歓呼している。
  • ロゼとジェニは気楽に韓国語と英語を混ぜて会話をする。 スイス人の父親とも英語を混ぜて疎通しているようだ。 その影響のためか、英語が韓国語ほど上手なわけではないが、英語の発音やイントネーションは非常に良い方だ。
  • 2019年1月13日、少女時代テヨンを抜いてインスタグラムで韓国の女性芸能人1位を達成、チャニョルを抜いて韓国1位を獲得した。アジアでは最上位圏だが、大韓民国のインスタグラムのフォロワー数が4000万人を超えた。現在、韓国·アジアの芸能人1位である。
  • 2020年6月2日、デビュー当時から知り合いのチョンマネージャーに10億ウォンほどの詐欺にあったことが分かった。チョンマネージャーはリサに不動産を代わりに調べてあげるという名目で10億ウォン程度のお金を賭博などで使い果たしたという。信頼していた前マネージャーだっただけに、円満に解決することをリサが望み、前マネージャーは一部を返済し、残りは返済計画に合意した後、現在は退社している状態だ。
  • 韓国語を勉強するために韓国ドラマをたくさん見るという。 特にドラマトッケビが好きで何度も見たそうだ。 その影響でトッケビの主演だった俳優コン・ユのファンだ。