WINNER
위너
WINNER.jpg
国家 大韓民国
ジャンル K-POP
デビュー 2014年8月17日
年齢 7周年
デビューアルバム WINNER 2014 S/S
事務所 YGエンターテインメント
関連活動 WIN: Who is Next?
ファンクラブ INNERCIRCLE
リーダー カンスンユン
メンバー
カンスンユンキムジヌソンミノイスンフン
旧メンバー
ナムテヒョン


1 紹介[編集]

Guess who's back? We are WINNER!

YGエンターテインメントBIG BANG以来、8年ぶりに2番目に出した4人組ボーイズグループ。チーム名は勝者を意味する単語である「WINNER」で、命名の語源は「WINNER」の始まりとなった『WIN:Who is Next?』プログラムに遡る。社長ヤン·ヒョンソクの主導で「Who is Next」の頭文字を取って作った「WIN」という名前でYG練習生同士のサバイバル番組を放送し、当該番組で「WIN」、文字通り勝利して大衆の選択を受けた練習生たちがこの番組の勝者である「WINNER」でデビューするというのが条件だったからだ。WINNERの現在のメンバーと全メンバーが当時のAチームで、結果的に投票で選ばれて優勝し、AチームがWINNERという名前でデビューすることになり現在に至った。しかも、みんながWINNERだからか、メンバーたちは身長が長い方だ。デビューコンセプトもモデルで、ショーケースでスーツを着てランウェイを駆け巡る姿がアルバムに収録されている。

メンバーらの履歴も相当多様な上、練習生としては華やかな上、大変な人気を集めたスーパースターK2やTop4出身で、シットコム「ハイキック」、「短い脚の逆襲」にも出演したカン·スンユンやKポップスターシーズン1、Top4出身のイスンフンが同グループのメンバーとして所属し、ソン·ミンホは、YGに入る前、「BlockB」の元年メンバーだったし、現在は解散した「BoM」というバラードグループで、「他軍」という名前のラッパーとしている。 キム·ジヌは、いわゆるスイカ賞に数えられる美男であるだけでなく 練習生サバイバルプログラムWIN:Who is Next? 当時、YG所属の最長期間の練習生だ。

一般大衆の中で男性ファンがBIG BANGと同じくとても多い。 歌を通じて男性ファンになる場合がかなり多く、スーパースターK2で「本能的に」シンドロームとして大衆に名を刻印させたカン·スンユンとショーミーザマネー4で抜群の実力を見せラッパーとしての地位を固めたソン·ミンホのおかげで男性リスナーにとって他のボーイズグループとは一味違う認知度を持っている。 李承勲もKポップスターでウィット溢れるパフォーマンスを披露し、大衆に顔を広めており、キムジヌは優れたビジュアルで男性も認めるWINNERの顔だ。 オーディションで良い成績で名前を知らせた実力派たちが一つのグループだからアイドルに対して懐疑的な人たちもWINNERの歌は認める方だと..男性ファンのほかにも成人ファンはかなり多い方だが、WINNERの歌詞がありふれた愛の物語とは違ってテーマは似ているが、柔らかくて恥ずかしくない感じなので新鮮で共感しやすいという。

メンバーのほとんどが作詞作曲をしている プロデュースのできるアイドルはかなりいるが、一つのグループでメンバー1人を除くすべてのメンバーがプロデュースできることは非常に珍しい。企画会社各社も、このようなことを高く評価したためか、タイトルを含めたアルバムの全ての曲を、メンバーらがプロデュースした曲として出している。 メインプロデュースはFATE NUMBER FORからリーダーのカン·スンユンが担当しており、しばしばソン·ミンホと共同作業をすることもある。カン·スンユンの作曲実力はデビューサバイバルプログラムである「WIN」の時から頭角を現し、現在大衆性の高い曲を作曲するという評価を受けている。 もちろん音楽性のある曲もたくさん作り出し、ジャンルを問わず多様な曲を作曲中だ。ソン·ミンホは作詞·作曲だけでなくラッパーらしく直接ラップを書くが、曲のコンセプトに合わせて適材適所で歌詞を書き、レベルの高いパンチラインを駆使する。 実力の良いラッパーが多いYG所属らしく 優れたラップの実力を持っている。イ·スンフンもラッパーらしく自ら歌詞を書き、EVERYD4Yの収録曲である「SPECIAL NIGHT」と「RAINING」を作曲するなど、良い作曲能力を持っている。 メインダンサーとして振り付け製作能力も優れており、WINNERの振り付け製作に活発に参加している。長兄のキムジヌも、まだアルバムに載ってはいないが、作曲を熱心に勉強しており、美しい美声をトレードマークとして持っている。

メンバー全員が強い個性を持っており、様々な音楽に関心が高いため、ヒップホップを主流にしているYG所属のほかのグループとは異なり、ヒップホップだけでなく、ロック·バラード、エレクトロニック、ダンスポップなど、様々なジャンルを扱っている。そのため世間の憂慮とは違い、すぐ上の先輩たちと確実に差別化された自分だけの色を持つようになっており、このような特性上YGのメインプロデューサーであるテディがプロデュースをほとんどしない。 今までテディがWINNERのアルバムに参加した曲は ソン·ミンホの「あの子勢」だけだ。

男兄弟がおらず、メンバー別に姉、妹がいる。 メンバーたちの姓の頭文字をとって「カンキム·ソンイ」とも呼ぶ。 現在、メンバーのキムジヌとイスンフンが兵役を果たしている。 (2021年2月基準.) 現在同じ機関に配置され勤務中であることが確認されている。

2 活動[編集]

2.1 デビュー前[編集]

2.1.1 2013年[編集]

先輩グループBIGBANGのデビュー過程をリアリティ番組で見せてくれたように、2013年8月から放送された[『WIN:Who is Next?』]というリアリティ番組を通じてデビュー過程を公開し、Team Aとして参加して相手チームと競演しながら練習過程を披露した。 10月25日のファイナルバトルでファンの投票により優勝が決まり、ファイナルバトルで披露されたテディが提供した曲「Just another boy」と自作曲「Go Up」はTeam Bの曲と同じくデジタルシングルに含まれて発売された。 本来、プログラムが終われば(=優勝)すぐにデビューするとして、優勝してからはデビュー準備に拍車をかけたが、デビュー準備には時間がかかるため、信じる人はほとんどいなかった。

12月13日からはWINNERのデビューとアルバム準備過程を見せる"WINNER TV"が放送されたが、中身は日本でBIGBANGのドームツアーにゲストとして上がり、ホテルの宿舎や日本の観光名所のいくつかを背景にメンバー同士でただ遊ぶ番組だった。

2.1.2 2014年[編集]

6月11日、1次ティーザー「The Visitor」が公開され、デビュー間近だということを知らせた。 6月13日には2次ティーザー「ランチングキャンペーンプラン」を公開した。 具体的な日付が記載されているのに、一体どんなプロモーションが行われるのか分からなかった。 まずファッションフィルムを連想させるティーザーのクオリティとブランドのランチングを知らせるような雰囲気からファッションウィークがコンセプトであると推測されるが、とにかく大きくて美しいスケールのデビューが予想された。

2.2 デビュー後[編集]

2.2.1 2014年[編集]

8月17日、SBS人気歌謡でデビューした。 音楽放送の回数を週1~2回に減らしたYGエンターテインメントの特性上、音源は2014年8月14日午前0時に公開されたにも関わらず、先の音楽放送だったミュージックバンク、ショー音楽中心には出演しなかった。 SBSと親しいYGエンターテインメントの特性上、新人としては破格的な待遇で、ダブルタイトルの「empty」と「Color Ring」を全て舞台で披露した。 実力を重視する所属事務所の風潮らしく、ライブの実力は優れているという評価を受けた。 そして8月21日、M COUNTDOWNでデビュー5日目にして 1位を獲得した!これは歴代アイドルが1位を記録するまでにかかった時間の中で最も最短時間だ。 また、もし8月第3週のミュージックバンク、ショー音楽中心、人気歌謡のうち一つでも1位になったら、デビュー2週目で地上波1位だったCNBLUEの記録を塗り替えることになる。 ところがそれが実際に起こりました。8月22日に出演していないミュージックバンクで1位を受賞し、デビュー6日で地上波1位を獲得、歴代アイドル最短期間1位の記録をWINNERが持つことになった。

2.2.2 2016年[編集]

11月25日、YGエンターテインメントはナム·テヒョンと専属契約を解除し、WINNERからナム·テヒョンが脱退して4人組でグループを整備するという公式立場を発表した。

2.2.3 2020年[編集]

WINNERはCROSS TOURを2020年にも行った。 今年中に金ジンウと李承勳が軍隊に入隊するため、当分の間、完全体の活動は見られない。 1月29日、INNER CIRCLEがWINNERの活動改善のため、YGエンターテインメントにフィードバックを要求した。 下の写真はその翌日の1月30日に掲載されたYGエンターテインメントの入場文だ。

4月12日、キムジヌに続き、イスンフンも4月16日に入隊するというニュースが公式ファンページを通じて流れた。 同じくイスンフンも論山訓練所に入所する予定だという。招集解除日は2022年1月14日だ。

2.2.4 2021年[編集]

2021年8月18日、所属事務所であるYGエンターテインメントが、WINNERメンバー全員と5年の再契約で合意にいたったと明らかにした。 現在メンバーのキム・ジヌとイ・スンフンが軍隊に入隊中のため、チームでの活動はしばらく休息期間に入っている。カン・スンユンとソン・ミノは最近、それぞれソロアルバム活動だけでなく演技、バラエティー、美術など多様な分野で活躍している。