YGエンターテインメント
(주)와이지엔터테인먼트/YG Entertainment Inc.
YGEnt.jpg
国家 大韓民国
業種 音楽及びその他オーディオ物出版業
本社所在地 ソウル特別市 麻浦区 ヒウジョンロ 1ギル 3 (合井洞)
設立日 1998年2月24日
年齢 24周年
設立者 ヤン·ヒョンソク(양현석)
代表者 ファンボギョン
主要株主 ヤンヒョンソク、ネイバーなど
主要子会社 YGプラスThe Black Labelなど


1 概要[編集 | ソースを編集]

VIBE THE NEW FLOW.

大韓民国の芸能事務所。1996年の設立当初の社名は現企画だったが、その後1997年のMF企画、1998年の設立者ヤン·ヒョンソクのソ·テジワアイドルの時代のニックネーム「ヤングン」にちなんだヤングン企画を経て、1999年にYGエンターテインメントになる。 今も、Mnetで当時発表された曲のPVを上映すれば、昔の使命が感じられる。 また、この文書も両軍企画へのアクセスが可能である。

2 特徴[編集 | ソースを編集]

韓国の芸能事務所の中でも欧米のPOP音楽に最も追従している芸能事務所である。
正確にはアメリカのヒップホップ、エレクトロニカ、R&Bジャンルの影響を強く受ける。 過去2000年代までは韓国固有のアイドル音楽や日本の音楽の影響もかなり受けていた時代があったが、2009年5月17日の2NE1のデビューを機に英語圏の音楽の主流に合わせた傾向に変わった。

2.1 自主作詞/作曲[編集 | ソースを編集]

YGエンターテインメントが力を入れて育成したアーティストたちが備えている最大のメリットは、自らの作詞や作曲能力だ。 つまり、自分の曲は自分で直接作る。

YGエンターテインメントのボーイズグループの場合、この分野の最高峰であるBIGBANGは言うまでもなく、後輩グループであるWINNER、iKON、TREASUREも本人たちのアルバムに収録される曲を直接作詞、作曲してきており、これからもそうしなければならない。G-DRAGON、カン·スンユン、B.Iは本当にプロデュシング能力を持っており、ソン·ミンホ、イ·スンフン、BOBBY、キム·ドンヒョク、バン·イェダムらもプロデュシング能力を持っている。この条件をほかの普通のアイドルグループに適用すれば、大きな負担となるだろうが、YGエンターテインメント所属のボーイズグループにとっては、当然のことであり、それをまたやり遂げるのは、最初からヤン·ヒョンソクが練習生時代からこのように育成させたからだ。
単にシンガーソングライティングが可能だとしても、曲のレベルが落ちれば意味がないが、各チームのメインプロデュースメンバーであるG-DRAGON(BIGBANG)、カン·スンユン(WINNER)、B.I(iKON)[20]が軸となって制作した3チームの音源は、発売するたびに全ての音楽チャートで1位を占めるケースが多い。すなわち、表向きに作詞作曲するふりではなく、プロデュース能力もまともに備えているということだ。 「Kポップスターシーズン2」でデビューした楽童ミュージシャンも、以前から自作曲を作ってきたため、YGエンターテインメントのこのような特性と合致している。

2.2 プロデューサー[編集 | ソースを編集]

主にSMエンターテインメントは、外部からOEM方式で外部プロデューサーから曲を買ってくる方式だが、YGエンターテインメントは自称「家内手工業」と言い、内部プロデューサーの育成に投資が多い。スタジオを多く建てて新しいプロデューサーをたくさん迎え入れた。 新社屋に録音スタジオだけで5つもある。

3 所属アーティスト[編集 | ソースを編集]

3.1 歌手[編集 | ソースを編集]

  • ジヌション - ジヌ、ション
  • SechsKies - ウン·ジウォン、イ·ジェジン、キム·ジェドク、チャン·スウォン
  • 2NE1 - パクサンダラ
  • BIGBANG - T.O.P、G-DRAGON、テヤン、テソン
  • 楽童ミュージシャン(AKMU) - イ·チャンヒョク、イ·スヒョン
  • WINNER - キムジヌ、イスンフン、ソンミンホ、カンスンユン
  • iKON- キム·ジナン、ソン·ユニョン、BOBBY、キム·ドンヒョク、ク·ジュネ、チョン·チャヌ
  • BLACKPINK- ジス、ジェニ、ロゼ、リサ
  • TREASURE- チェヒョンソク、ジフン、ヨシ、ジュンギュ、マシホ、 ユンジェヒョク、アサヒ、バンイェダム、ドヨン、ハルト、パクジョンウ、ソジョンファン

4 俳優[編集 | ソースを編集]

  • キム·ヒエ
  • チャ·スンウォン
  • チェ·ジウ
  • チャン·ヒョンソン
  • ユ·インナ
  • チョン·ヘヨン
  • カン・ドンウォン
  • イソンギョン
  • イ·スヒョク

など

5 子会社[編集 | ソースを編集]

YGプラス - エンターテイメント他の事業総括持株会社 コードコスメインターナショナル - 化粧品事業 YGスポーツ - プロゴルフ選手マネジメント、ゴルフ大会企画&代行 YGケイプラス - モデルマネジメント YGインベストメント - ファンド運用 YGジャパン Projectree - 日本国内のコンテンツ著作権管理事業 YGアジア-YG北京 YG USA YGスタジオフレックス - 放送(芸能、ドラマ)制作 ザブラックレーベル - TEDDYが設立した下位レーベル YGX - 下位レーベル ダンスやボーカル専門の教育施設「XACADEMY」が併設されている

6 歴史[編集 | ソースを編集]

6.1 2000年代[編集 | ソースを編集]

かつてソテジワアイドゥルのメンバーであった、ヤン·ヒョンソクがプロデュースなどを受け持って運営する芸能事務所だった。最新トレンドをリードする芸能人が多く所属している。「KEEPSIX」というグループを初めてデビューさせた時は、驚くべき失敗を味わったが、その後Jinuseanが大ヒットし、1TYMも成功し、ヒップホップレーベルとしての地位を固めた。00年代初めに入って、レキシナM-Boatとの提携によるフィソン、クモ、ビッグママなどの成功とともにSE7EN、BIGBANG、2NE1の連打席ホームランで現在韓国3大企画社の一つに成長した。
初期にはヒップホップの傾向を見せたが、SE7ENのデビューとM-Boat所属R&B歌手のデビューにより黒人音楽全般に拡大された。ビッグバンや2NE1などのアイドルが輩出されたが、彼らもヒップホップや黒人音楽をベースに(最近の世界的傾向によってエレクトロニカサウンドも多く混合した)一つの音楽なので、アイデンティティを捨てたりはしなかった。楽童ミュージシャン(AKMU)などの例外もあるが、彼らも黒人音楽ジャンルの曲を消化できる。

6.2 2010年代[編集 | ソースを編集]

■2010年

  • 8月23日、PSYがYGに移籍。YGは、音楽的な幅と共に恐ろしい公演企画力も同時に得ることになった。その後、EPIK HIGHで無所属メンバーだったDJツーカットとミツラジンを迎え入れたことで、他の企画会社より少し弱かった歌手のラインナップを補強した。

■2012年

  • 3月15日YG USA支社やYG香港支社を設立。
  • その4ヵ月後に発表したPSYの江南スタイルが、国内外で大変な人気を集め、YGの存在感も上昇し、株価が業界トップのSMを追い越すなど、大きな躍進を遂げた。肝に銘じなければならないのは、PSYを成功に導いたのがYGだということだ。もちろん、PSYを育てたのはYGではないが、PSYの江南スタイルの成功にはYGの役割が強かった。 「江南スタイル」が世界的なヒットを記録するようになった決定的な要因は、曲よりもプロモーションビデオであり、このプロモーションビデオをヤン·ヒョンソクが直接監修し、編集に参加したこと、そしてこのプロモーションビデオが、海外K-POPファン再生数の1、2位を争うYGのYoutubeや、さまざまなSNSの窓口を通じて、口コミで噂に上るようになったことなどを考慮すると、YGの役割も相当部分を占めていることが分かる。

■2013年

  • イ・ヨンの<Rose>、PSYの< GENTLEMAN> 、CLの<悪い女>、2NE1の<Falling In Love>が発表され、カン・スンユンの<雨が降る>は無理なタイミングにMVや宣伝もなく出た。それでも熱い反応だったが、デビューサバイバルプログラムWINと同時に無理に行われた日程で健康に異常が来ており、彼のソロは、わずか10日もできない活動で曖昧に仕上げることになった。
  • しかし、下半期にG-DRAGONの2集「COUP D'ETAT」で始まり、タイトル曲である「ギリギリ」だけでなく、「クーデター」、「ムリリヤ」、「ROD」、「ブラック」など多様な収録曲のステージを披露し、より高い関心を得た。
  • 2013年初めにデビューする計画だったガールズグループがユナ・キムなどメンバー脱退などで計画がこぼれ、代わりに新しいボーイズグループ(現在のウィナーとアイコン)のデビューをめぐって競争するサバイバルチームバトルプログラムが8〜10月に経て放映された。また、年末に同年末に発表された2NE1の新曲「懐かしさ」で大衆性と音楽性の両方をつかむのに成功した。このデジタルシングル一枚で2週1位を占め、活動の途中で発売されたヒョリンのソロ活動にもかかわらず、良い成績を維持。テヤンも自分のメリットである詐欺的なダンススキルを見せるワンテイクの振り付けバージョン「リンガリンガ」のミュージックで強い印象を与えることに成功した。しかし、予定していたソロアルバムは翌年中旬に延期されることになる。

■2014年

  • 各種事件事故と旧説に巻き込まれたが、2NE1正規2集から始まり、悪童ミュージシャン正規1集、テヤン正規2集、WINNER正規1集、エピックハイ正規8集に悪童ミュージシャンのデジタルシングル、イ・イワとイ・スヒョンのユニットであるハイスヒョンまで音源チャート上位圏でロングランをする。
  • 悪童ミュージシャンは発売直後セウォル号惨事によって対外活動が多少萎縮したが、アルバム全曲がチャート内にとどまり音源チャートを執権する。
  • テヤンはタブロとの新しい<目、鼻、口>カバーでも話題を集めたが、この曲はカラオケ9週1位の業績を達成することもあった。
  • WINNERはパク・ボム事件が発生した以来、最初に発売されたグループで世論の直撃弾を受けるのではないかと懸念されたが、チャートに入り、最短期音響1位記録を立て、まだその記録が破られていない。
  • エピックハイは先公開で出した「ボンヘイター」が縦に撮り、モバイルに規格に合ったユニークなムービーと多数の外部ラッパーがフィーチャーリングをしたことで大きな反響があった。
  • MAMAでソン・ミンホ、ボビー、ビアイと<ボンヘイター>フィーチャーリングに参加したYG新人たちとのダイナミックなコラボステージは素晴らしい。このように約2ヶ月間隔でカムバック/デビューしたチームはYGの大きく広がった音楽的幅と多様性を発揮して年末授賞式を輝かせる。米国音楽誌Viceは「YGはどのようにK-POPを掌握し、2014年を圧殺したのか」というタイトルの特別記事を出すほどだった。

■2015年

  • BIGBANGが3年2カ月ぶりにカムバックした。音楽性を重視して見る韓国大衆音楽授賞式で<LOSER>と<BAE BAE>がそれぞれ最優秀ポップ曲部門と今年の歌で栄光の受賞をすることになる。<BANG BANG BANG>は年間累積音源1位にムービーヒット数まで早く1億ビューを撮って大型ヒット。ビッグバンの正規カムバック予告で多くの歌手がカムバックを延期し、9月は歴代級春秋戦国時代が形成された。
  • その後、iKONがデビューを発表。そして12月にPSYが7集を発売し、2015年最後までYGが飾った。

■2016年

  • WINNERが1年半の空白期を破って< EXIT:E >でカムバックしたが、以前のアルバムに比べて大きく興行できなかった。
  • イ・ヨンが4月に< SEOULITE>でカムバックした。<ため息>はかなりヒットしたが、<MY STAR>は失敗した。
  • 5月には悪童ミュージシャンが2年ぶりに「思春期賞」としてカムバックした。長い空白機による期待感で初反火力は歴代級だったがタイトル曲だった<RE-BYE>が新しい試みをした曲のためか、ロングランできなかった。
  • 続いてMOBBがデビューしたが、やはりヒットに失敗した。
  • その後BLACKPINKが< SQUARE ONE >で7年ぶりにYGの新しいガールズグループでデビュー。タイトル曲だった「WHISTLE」が国内音源チャートを上げるようになった。その後、< SQUARE TWO >の<Free>がヒット。
  • また、 8年ぶりに発売したビッグバンの正規アルバムである「MADE」が発売された。
  • Sechs KIesと専属契約を締結した。

■2017年

  • YGの下落傾向が見られた年だった。YGのほぼすべての収益をもたらすビッグバンの空白期が始まり、長くなる空白期で歌手たちのファンが減る姿を見せた。悪童ミュージシャンの<長い間長年>とWINNERの< REALLY REALLY >がヒットし、2017年、男性アイドル初めてチャートである1億ストリーミングという大挙記録を立てた。
  • PSYの8集である< 4×2=8 >も大きく反応を得たが、iKONの< NEW KIDS : BEGIN >が興行に失敗。
  • 6月にはG-DRAGONの<クォン・ジヨン>とブラックピンクの<AS IF ITS YOUR LAST>、7月と8月にはそれぞれ悪童ミュージシャン< SUMMER EPISODE >とウィナーの< OUR TWENTY FOR >がやはり良い反応を得たが、テヤンの< WHITE NIGHT >とBOBBYの< LOVE AND FALL >は大きくヒットできなかった。10月には3年ぶりに発売されたエピックハイの正規9集アルバムである< WE'VE DONE SOMETHING WONDERFUL >がある程度成功した。
  • しかし、一番大きな失敗の原因は、TOPの大麻事件とミックスナインの失敗だと見ることができる。デビュー10年目を超えたビッグバンは成長し続けたが、TOPが大麻を4回吸入したことが確認され、YGのイメージは墜落してしまった。しかもミックスナインが黒歴史になって下落傾向に拍車をかけた。

■2018年

  • 1月にiKONが<恋をした>でカムバックし、メロンで週間6週連続1位をした。続いてBIGBANGの未公開曲である<花道>が発売し、やはり週間3週連続1位となった。4月4日、WINNERが「EVERYD4Y」という合計12曲が収められた正規アルバムでカムバックし、タイトル曲「EVERYDAY」は国内の全チャート1位に上がって底力を見せた。アルバムに載せられた12個の曲すべてがメンバーたちの自作曲でWINNERの作詞、作曲実力をもう一度認められるようになった。
  • 6月15日 BLACKPINKが<SQUARE UP >でカムバックした。カムバックと同時にミニアルバム「SQUARE UP」はスペイン、タイ、カタール、日本、ドイツ、カナダなど41カ国のiTunesアルバムチャート1位を占めたのはもちろん、タイトル曲「トゥドゥトゥドゥ」は8つの音源チャートを上回った。また、「トゥドゥトゥドゥ」は数多くの歌手たちのカムバックラッシュにもかかわらず、24日間リアルタイムチャート1位、30日連続日刊チャート1位を占め愛された。音楽放送では総11冠王を達成。
  • BLACKPINKはアメリカのビルボードメインチャート「ビルボード200」に40位、「Hot 100」に55位に同時進入し、ガールズグループ初の歴代最高成績を記録し、Kポップの歴史に一画を描いた。そしてイギリス「オフィシャルシングルトップ100」に大韓民国ガールズグループ初に進入した。<ドゥトゥドゥ>ミュージックビデオまた、公開6時間で1000万ビュー、13時間で2000万ビュー、23時間で3000万ビュー、27時間で4000万ビュー、50時間で5000万ビューに続き、82時間で6000万ビュー、120時間で7000万ビュー、161時間で8000万ビュー、199時間で9000万ビューを記録し、Kポップガールグループの最短記録をすべて更新した。1000万ビューから1億ビューまでのガールズグループ歴代最短時間記録をすべて取り替え、1億5千万ビュー突破時点からは男女グループを通って新記録行進を続けた。K-POP最短期間2億突破を達成した。特に「トゥドゥトゥドゥ」ミュージックビデオは、公開24時間で最も多くのヒット数を記録した歴代全世界ミュージックビデオ2位に上がる気炎を吐いた。また、アデルの<Hello>を抜いて歴代全世界YouTube24時間利用者数4位に上がったりもした。これと共にBLACKPINKはデビュー以来制作されたミュージックビデオ7つの億台ビューを記録することになった。
  • 以後iKONは8月、10月にかけて2度 カムバックで<恋をした>の大ヒット勢いを続け、ソン・ミンホとジェニーがそれぞれ<アナクネ>と< SOLO >でソロデビューに成功し、年末にはWINNERが< MILLIONS >を発売した。

6.3 2020年代[編集 | ソースを編集]

■2020年

  • 2020年 3月、 BIGBANGが元メンバースンリを除いたメンバーが再契約をした。
  • 2020年 4月、 WINNERがメンバーたちの入隊前最後のアルバム「Remember」を発表し、6月にはBLACKPINKが先行公開シングル「How You Like That」を発表し、K-POPミュージックビデオの中で最短期間3億、4億ビューを記録した。また、YouTubeミュージックビデオ初の上映最大視聴者数を記録し、ギネス新記録計5部門に登載された。
  • 8月にはTREASUREがデビューしたが、デビューアルバムである< THE FIRST STEP : CHAPTER ONE >は先行予約量が20万枚を突破し、2020年にデビューしたK-POP新人グループ、YG歴代新人グループの中で最多販売量を記録し、タイトル曲<BOY>がK-POP新人グループの中で最短時間内のビルボード「ソーシャル50」チャートに進入する成果を収めた。
  • 10月 BLACKPINKが初の正規アルバム「THE ALBUM」を発売し、予約購入量を100万枚突破し、女性アイドル初めてミリオンセラーになる快挙を収め、3曲がビルボードホット100チャートである、ビルボード200で1をするなど様々な記録を達成した。

■2021年

  • 2021年1月21日には所属俳優カン・ドンウォンと再契約を結び、2021年1月26日には所属アーティストAKMUと5年再契約を結んだ。カン・ドンウォンの場合には具体的に何年契約なのか分からなかった。
  • 2月にはiKONのBOBBYが正規2集< LUCKY MAN >でカムバックした。
  • 3月にはiKONがデジタルシングルでカムバックし、BLACKPINKのロゼとWINNERのカン・スンユンがそれぞれソロアルバムが出た。ロゼはアルバムで19年ぶりに韓国女性ソロアーティストでアルバム販売量が50万枚を突破してハーフミリオンセラーを記録し、ビルボードホット100で70位をするなどKPOP女子ソロアーティスト中最高記録を立てた。
  • カン・スンユンは< PAGE >でカムバックし、様々な活動をした。
  • 5月にはエイピンクのメンバーであるソンナウンと契約を結び、パクサンダラとの専属契約が満了した。
  • 7月にはアクミューのカムバックが予定されている。
  • 8月にはリサのソロデビューが確定した。
  • WINNERの元メンバーが5年再契約を結んだ。
  • 7月にカムバック予定されていたアクミューは8月に新しいアルバムでカムバックし、タイトル曲の落下と収録曲の戦場の2曲も高い音源成績ランキングと1位候補に上がるなど大衆の良い評判を受けた。
  • 9月にはリサがソロシングルアルバム「LALISA」を発表し、既存のKPOPソロアーティストたちの記録を更新した。約2日ぶりにミュージックビデオYouTubeの視聴数が1億ビューを突破し、k-popソロ新記録を達成し、iTunes Songチャート70カ国1位を撮り、アルバム初動予約注文も80万枚に近い実際の初動74万枚を突破してKPOP女子アーティストソログループ全体の初動新記録更新した。またビルボードホット100 84位に進入し、優秀な成績を出している。

■2022年

  • 2022年の最初のアルバムはTREASUREの<THE SECOND STEP:CHAPTER ONE>で決まった。
  • 2022年2月7日、 BIGBANGの春カムバックニュースが伝えられた。

7 BIGBANG[編集 | ソースを編集]

  • 2022年2月7日、T.O.PがYG ENTERTAINMENTとの専属契約が終了したことを発表。同時にBIGBANGのグループ活動再開も知らせた。「BIGBANGが今春、新曲を発売する予定だ。新曲のレコーディングは全て終わって、現在ミュージックビデオの撮影を控えている」と伝えた。BIGBANGの新曲は、2018年3月にリリースしたシングル「花道(FLOWER ROAD)」以来、約4年ぶりとなる。

8 その他[編集 | ソースを編集]

  • 元代表取締役で元プロデューサーだったヤン·ヒョンソクの好みなのか、歌手やチーム名に数字がよく入る。
  • 大文字が大好きなのか、アーティスト名と曲のタイトルを表記する際、ほとんどがアルファベットの大文字で書く。 以後、外部からスカウトされたPSY、EPIK HIGH、SECH SKIES、AKMU、BLACKPINKも同じだ。
  • マスコットキャラクターには「クランク」という青いクマがいる。
  • YGエンターテインメントアーティストの音源成績は、 かなり好調な方だ。 特に、ボーイズグループの音源成績においては、3大企画会社の中でも群を抜いてい

る。