パクジニョン

提供:宇宙wiki
ナビゲーションに移動検索に移動
パク・ジニョン
박진영
JYP.jpg
パク・ジニョンのプロフィール
基本情報
本名 パク・ジニョン(朴軫永 Park Jin Young)
誕生日 1971年12月13日
年齢 49歳
出身地 ソウル特別市
国籍 韓国
学歴

ソウル龍馬小学校(卒業) 建国大学校師範大学附属中学校(卒業) 培明高等学校(卒業) 延世大学校(地質学学士)

延世大学校(政治学修士中退)
ジャンル K-POP
ポジション 歌手、JYPエンターテインメント取締役、音楽プロデューサー、振付師、ダンサー
活動期間 1992年~
デビューアルバム 「パク·ジニョンと新世代」グループでデビュー
家族 両親、姉、元配偶者 (1999年 結婚 / 2010年 離婚) 現配偶者 (2013年 結婚)
身長 / 体重 183 cm / kg
血液型 AB型
事務所 JYPエンターテインメント
あだ名 パクっち、餅ゴリ



1 概要[編集]

大韓民国の歌手であり、音楽プロデューサー、作曲家、作詞家、振付師、企業家、俳優である。

JYPエンターテインメントの筆頭株主として、現在JYPエンターテインメントの株式17.72%を保有しており、これは2019年7月の株式市場で時価基準で1千3百億ウォンに達する。 パクジニョンはかつて、JYPの社長(代表取締役)だったが、現在は違う。 しかし、イスマン(SM)、ヤンヒョンソク(YG)とは違って、パクジニョンはJYPの社内登記理事として経営上、法的責任を負う地位にある。

JYPエンターテインメントの(総括)プロデューサーとしてアーティストやプロダクション、営業業務を担当する。 特に、社内新人アーティストの発売の際は、最終決定権限を担当するものと見られる。

英語では名前のイニシャルであるJYPという名前で活動し、プロデューサーとしてはJ.Y.Park "The Asiansoul"という名前を使う。

2 経歴[編集]

1990年代には歌手で、2012年から2014年まで音源著作権収入1位を記録した作曲家でもある。 LPレコード、カセットテープ、CD、ダウンロード&ストリーミングなど音源市場の変化をすべて経験した歌手でもあり、本人の歌『生きているね』にも触れた。

2.1 成長過程[編集]

1971年、両親の間に1男1女の第2子として生まれた。母親の話によると、幼い頃から好奇心が旺盛で、やってみることは全部やってみる'やらかし魔'だったという。 小学校1年生の時、父親の職場が海外支社に発令され、家族全員が約2年間米国生活をすることになった。

そして、この時からダンスに才能を見せ、黒人とダンスバトルをしても1位になったという。 この時のオバマ大統領の米国生活は、黒人音楽の魅力を直接·間接的に体得させる契機になる。 その後パクジニョンは音楽にはまり、両親は子供の意思を尊重して現在の"タンタラ"パクジニョンが誕生した。

延世大学地質学部に1990年入学し1992年、「パクジニョン氏と新世代」で大学在学中にデビューしたが、これはあまり知られていなかった。 また、この時期から作曲家のキムヒョンソクの下で2年間あらゆる面倒を見てもらいながら作曲のAからZまで全て学んでくるなど本格的な創作の土台を固め始める。

延世(ヨンセ)大学理科大学3組の学科の部屋で1991年-92年、地質学とMTアルバムを調べてみると、パクジニョンが映っている写真も一枚ある。歌手デビュー後、京畿(キョンギ)大学行政大学院に入学したが、学業成績が優秀で誠実で、学習意志が高いため教授推薦を受けて延世(ヨンセ)大学大学院政治学科に編入した。 編入過程で地質学科出身であるうえ、芸能人がなぜ大学院政治学科に行くのかと校内で話題になったが、校地で事実を説明した。

2.2 1990年代:歌手パク·ジニョン[編集]

延世(ヨンセ)大学在学中だった彼は、歌手になるために所属事務所で練習しつつ自分が作曲した歌を聞かせたが、毎回独特な体型と格好のせいで断られた。 当時は、キム·ウォンジュンのような貴公子のイメージでなければ、芸能界デビューは容易ではなかった。

オーディションを受けに行った会社の一つがほかならぬSMエンターテインメントだった。 オーディションで落ち続けることを見かねたクローンのク·ジュンヨプが、パクジニョンを直接イ·スマンと会ってオーディションを受けさせたが、結局落ちたという。この時のエピソードは有名だが、イ·スマンが拒絶しながらもパク·ジニョンの実力自体は認めたのか、しばらく悩んだ末に「曲だけ売らない?」と要求した。 その言葉にむっとして「売りません!」と叫んで出てきてしまった。

そんな中、作曲家キム·ヒョンソクが所属している芸能事務所のオーディションに成功し、デビュー準備を始める。 この過程で、所属事務所は元々「ピアノ-バラード曲」だった「私から去らないで」ダンス曲に編曲しようと提案し、提案を受け入れたパクジニョンはデビューのために徹底的に準備する。 そして1994年9月、歌謡界に彗星のごとくデビューする。 本格的に有名になる前に、この曲が広告音楽で大衆の間で評判になったが、この歌が含まれた広告がオリオンセンスミントの広告で、このCMで顔を知らせ始めたもう一人のスーパースターがチョン·ウソンだった。 このCMを見て、多くの少女ファンがハンサムな外貌に踊りと歌まで完璧なスーパースターの誕生に胸をときめかせたが、デビュー舞台に上がったパクジニョンを見てがっかりしたという後日談もある。

とにかく黒人「Feel」を強調した彼の踊りと歌は歌謡界に新鮮な衝撃をもたらし、当時「お尻ダンス」は大衆に男のセクシーカードをほとんど韓国大衆音楽史上初めて強調した衝撃的な振り付けとして記憶されている。 結局、人気を追い風に1995年3月1日から8日まで音楽番組で4度の1位を受賞しており、後続曲として活動した曲でも良い反応を得た。

彼のファーストアルバムは1995年までに47万枚のアルバム売り上げを達成した。

1995年の第2集では、プロポーズ歌をタイトル曲として活動し、当時超大型歌手が多かったにもかかわらず、歌謡トップ10では1位を占め、他の歌謡番組でも1位候補まで上がり、引き続き人気を謳歌した。 特に後続曲の「エレベーター」は妙な雰囲気の歌詞やイ·ソラと一緒に撮ったミュージックビデオの性的な雰囲気が波紋を呼んだが、当時京郷新聞が「韓国のタイソン」という別称を付けたほどヒットしている彼女の人気を実感することができた。

これが本当にすごいのが、その時は今よりさらに芸能人の外見重視が厳しい時期だったにもかかわらず、パクジニョンはセクシースターのイメージ、そして彼の学閥と筋の通った言葉使いのおかげで脳セクナム(韓国語で脳がセクシーな男)のイメージ、さらに自分の容姿で思う存分冗談を言い楽しむ余裕まで兼ね備え、本当に容姿以外のすべてを持った男だった。 それにグループでもないソロだ。 そして特有の長い腕のおかげで、ゆらりゆらりとしたダンスのラインとよく調和した。

1996年と1998年にそれぞれ3、4枚目のアルバムを発表し、『彼女はきれいだった』、『サマージングルベル』、『ナン』、『ハニー』などのヒット曲を出し続けて歌手として成功し、シンガーソングライターとしても成功を収めた。 その後、2001年にリリースした6枚目のアルバムも「swing baby」「私には女がいるのに」などのヒット曲を送り出し、興行に成功したが、その後6年間余りアルバム発売は止まった。

2.3 2000年代:プロデューサーのパク·ジニョン[編集]

プロデューサーとしての最高の全盛期

00年代は、本人の音楽活動よりはプロデューサーとして活発に活動した。 1990年代末から人気を集め始めたgodが「国民グループ」と呼ばれるほど爆発的な人気を博し始め、パク·チユンがパク·ジニョンのプロデュースを受けて曲を発表し大きな人気を博し始めたのも2000年代初めだ。

2002年には新しくデビューさせたRain(ピ)のデビュー曲の反応はいまいちが、後続曲の「さよならという言葉の代わりに」が大ヒットし、Rain(ピ)の場合も「12月32日」や「安否」といった曲がかなり人気を集めている。 ボーカルグループとして結成した「ノウル」もプッシュに比べて大きく人気を得たとは言えないが、それなりの認知度ぐらいは得ることに成功しただ。 05年にデビューアルバムを出したイム·ジョンヒは、デビュー前の期待に比べて少し惜しい結果を得る。 ただデビュー曲自体は、 それなりによく知られている方だ。

00年後半には本格的にアイドルグループをデビューさせ始める。 07年にワンダーガールズをデビューさせ、この時の曲である「Tell Me」は、大韓民国にUCCブームとフックソング熱風を巻き起こしたうえ、現在吹いているガールズグループ熱風の出発点だ。 この時ワンダーガールズは歌謡界市場の勢力図を変えたと言うほど大きな成功を収め、続いて「Sohot」と「Nobody」まで相次いで大ヒットさせる。 面白いことに、一時自分を不合格にさせたイ·スマンの少女時代を追い越したというのはすでに有名な話だ。

08年には2PMと2AMがデビューする。 2PMも男性的な魅力を発揮し、トップクラスのボーイズグループに仲間入りする。 大半の曲をパクジニョンがプロデュースしただけに、プロデューサーとしての力量が光を放つ時期だった。

ただ本格的に「米国病」にかかり始めたのもこの頃からだ。アメリカでもプロデューサーとして活動を試み、様々なアーティストと作業をしたり、JYPのアメリカ支部を設立して所属練習生のアメリカデビューを推進したりした。 ただ、成果は思わしくなかった。特に、08年、国内で人気が最絶頂期に達したワンダーガールズを米国に連れて行き活動させたため、国内活動がすべて中止され、メンバーが交替するようになったのは、ワンダーガールズファンダムを超え、全ての人々から指摘される部分だ。 肯定的に見れば、後日、JYP出身のアーティスらの海外活動の基となった試行錯誤と見ることもできるが、とにかく、最高の時期に、国内活動のチャンスを逃し、下り坂を辿ってしまったワンダーガールズのファンらは、残念でならないと感じただろう。

整理すると、2000年代は主にプロデューサーとして活動し、多くの歌手を頂上に導いたり、できなくても重圧を打つなど、かなり成功的な成果を得たが、それを基盤に無理な挑戦をしたが、苦々しい失敗を味わった時期と言える。

2.4 2010年代[編集]

2007年、7thアルバムをリリースし、歌手として復帰した。 タイトル曲「君が住むあの家」が成功した。現在は正規アルバムは出さず、ミニアルバム及びシングルアルバムとして活動中だ。歌手としてのチケットパワーも良い方だが、2007年から2013年まで彼の単独コンサート「悪いパーティー」全国ツアーは毎回売り切れを記録し、コンサート内容も水位が高い方だが見物だという。

2015年4月、ラッパーのジェシーと共に「お母さんは誰?」というシングルをリリースした。かなりの好評を博し、発売から5時間後に逆走行1位となった!反応が非常に良く、各種パロディーの対象にもなった。

2015年5月から7月までガールズグループTWICEメンバー選抜のためのサバイバルオーディション番組、SIXTEENの単独審査員を務めた。

2016年4月、新曲『生きているね』をリリースし、自身の歌手生活を網羅した。 90年代、00年代、10年代を経たパクジニョンを自ら振り返る自伝的パロディーをしたが、CEOの名声に隠されたパクジニョンの音楽人生を振り返ってみるに値するシングルだ。

10月17日、I.O.Iの最後のアルバム「Miss me?」の タイトル「Very Very Very」のプロデュースを担当した。 音楽、振り付け、衣装、ミュージックビデオなど全分野を直接制作した。

10月18日、モバイルゲームの「みんなのマーブル for kakao」ロゴソングを自らリメイクした。

2017年には5月15日にカムバックするTWICEのアルバムであるSIGNALのタイトル曲「SIGNAL」をプロデュースし、同年12月11日に発売された「Merry&Happy」の作詞を担当した。

2018年には4位となる9日にカムバックするTWICEのアルバム「What is Love?」のタイトル曲「What is Love?」を作詞作曲した。

2018年9月12日に発売されたTWICE日本盤正規アルバムBDZの「BDZ」を作詞作曲した。

2019年2月7日、ソニーミュージックとの共同制作により2020年11月のデビューを目標にした日本人を中心としたガールズグループのリリース計画「NiziProject」を行うと発表した。 虹プロジェクトを進めるために日本語も勉強したというが、流暢なレベルではなくてもコミュニケーションには問題のない実力を見せてくれる。 すでにプロデュース48が終わった時点で「日本人だけで構成されたガールズグループを制作する計画だ」という話が出回り、日韓関係があまり良くなかった頃であり、日本人だけで構成されたグループはK-POPのアイデンティティを失うという批判を受けてきたが、これを意識したのか、国籍を問わず日本語のできるメンバーを日本の8都市+米国の2都市で直接募集すると話した。 実際に<Nizi Project>放送は日本で放映され、日本で大人気を集め、作られたグループNizi Uも成功した。

2019年下半期には、自分が作詞作曲した「ITZY」の「ICY」とTWICEの「Feel Special」を相次いでヒットさせた。

3 世界観宇宙観[編集]

パクジニョンは40歳を過ぎてから私たちがどうして生きるのか、そして神はいるのか、自分はどう生きるべきかについて悩み始めたという。それに対する答えを探すために、ビッグバンの理論や量子力学など物理学科、生物学関連書籍から読み始め、さらにキリスト教、仏教、イスラムなどあらゆる宗教書籍を耽読したという。しかし、答えを見つけるために、結局2012年春から夏までの数ヵ月間、イエスの誕生地であるイスラエルに向かった。

イスラエルを訪れた時、彼はほとんどすべての文明機器を持っていかず、世の中とほとんど断絶したまま暮らしたという。 そのため、当時サイの「江南スタイル」が世界中で大ヒットした時も、その事実を知らなかった。

イスラエルから帰ってきた彼は結局、これまでの煩悩と苦悩を音楽で表現したアルバムを発表する。そこで彼は老年の自分の姿をいろいろ想像するようになる。

2012年4月30日付のヒーリングキャンプ以降、彼の宗教館も話題になっている。 17年を一様にハードに生きてきたパクジニョンが、2010年から宇宙の真理を知りたくて、毎週7日の中で1日の時間は必ず勉強の時間を作るという。 その時間に勉強するのが物理学、生物学、進化論、創造論、宗教などだという。

一方、パク·ジニョンの世界観宇宙観に関する詳細は関連インタビューまたはヒーリングキャンプ2012年4月30日付放送を参照のこと。 ヒーリングキャンプには2014年と2015年にもそれぞれ1回出演した。

しかし、2018年のDispatch報道に触発された救援派論議を通じて、キリスト教信者であることを認めた。 ただし、救援派だけでなく、どの教派にも属さなかったことは明らかにしたが、救援派と疑われる状況が少しある。明らかになった事実を考えれば、これまでキリスト教右派のイメージを隠してクールなイメージを与えるために、番組に出演する際意図的に量子力学などの科学用語を言及した可能性もぬぐえない。最初から宗教的な観点から離れるとすれば、イエスはただ有名な説教家に過ぎないのに、彼の生誕地を訪ねるということから無教だという主張は信憑性がなかった。

3.1 パクジニョンの脳構造[編集]

上記の写真はヒーリングキャンプ(2015年11月23日放送)に出演して明かした自分の脳構造だ。パクジニョンは現在、量子力学の勉強に心酔しているという。量子力学は、原子レベルの微視世界に適用される物理学であるにもかかわらず、勉強をしていると、究極的には宇宙と自分の存在や本質について哲学的な悩みを呼び起こす側面がある。

ところが問題は、そのため量子力学という自然科学を人文学的に誤読する場合が多いということだ。 たとえばコペンハーゲン解釈を間違って適用し、人間は一カ所に固定されたまま存在するのではなく、宇宙のどこにでも同時に存在できるとか、観測によって状態が決まるから、私たちの心がすべての法則を超えるとかいう主張をする場合がある。パク·ジニョンも量子力学に対するこのような人文学的誤解のため、存在と絶対者、幸福、我々がなぜ生きているのかなどに対する形而上学的質問の解答を量子力学から探そうとしたのではないかと推測される。

パクジニョンが地質学を専攻した理科出身なので、物理学を誤読する憂慮はないという主張もあるが、これは歴史学も文科だから、歴史学専攻者は文学に対してもよく知っているはずだという主張に相違ない。 量子力学の含意を理解するためには、関連する数学についての知識が必要であり、これは物理学専攻者でも学部課程だけでは難しいことだ。 理科出身とはいえ、地質学を専攻したパクジニョンの物理学に対する見識は、物理学非専攻者と別段差がない可能性が高い。

ヒーリングキャンプをはじめ、これまで様々なプログラムでパク·ジニョンの発言を総合してみると、なぜ生きるのかについて疑問を持ち、果たして神がいるのか、宇宙はなぜ、そしてどのように始まったのかなど、宇宙と生命の起源や根本原理についてまで関心が広がったものと見られる。

実際にも脳の血管が奇形だとテレビ番組で明らかにした。 過去に健康検診を受けた時に明らかになった事実だが、左脳に行く頸動脈はなく、右脳に行く頸動脈だけがあるという。 幸い、右脳側の頸動脈が2倍大きく、血が右脳を経て左脳に行くという。

4 バスケオタク[編集]

バスケットボールのオタクで有名だ。 延世(ヨンセ)大学出身のバスケットボール選手であるムン·ギョンウン、ウ·ジウォン、ソ·ジャンフンとも親しい。「町内の芸術·体育」バスケットボール編に出演して、バスケットボールへの愛情を誇示したりもした。 本人の人生は音楽とバスケットボールで成り立っている」と言及するほどだ。 引越しする家を探す時、周辺にバスケットボールができる場所があるかどうか、なければ庭先にバスケットボールコートを作るほどだ。 実際、同じ会社だったチョン·ジンウン、キム·テウと共に芸能界で代表的なバスケットボール関係者の一人でもある。

趣味を生かしてNBA2015-16ファイナル第6戦にスポーティービー客員解説で参加し、専門家のフォースを披露した。 視聴者の反応に支えられ、第7戦への出演も確定。 NBA選手の主要スタッフを覚えているとともに、PERのような2次スタッフに対する言及、さらに現地中継で言及される内容をキャッチして韓国人視聴者に伝えるなど、専門解説委員に劣らない話術を披露した。いわゆる2015-16シーズンNBAファイナルの隠れた恩恵者。

2016-2017シーズンのNBAファイナルにも第1戦の解説委員として登場した。 NBAファイナル3試合連続で解説中だ。 昨シーズンの解説ではほとんどのNBAファンが好評だったが、その中から出てきた不満点である「ゴールデンステート·ウォリアーズ偏向」「あまりにも多くの言葉」などを自分も意識したのか、公正な解説のために1カ月前からカレーを食べていないと登場し、依然として豊富な専門知識と選手一人一人に対するエピソード、鋭い試合の流れを分析してバスケットボールに対する愛情を誇示した。

2017年1月7日から開催されたKCBL芸能人バスケットボールリーグに芸体能アベンジャーズチームとして出場し、スモールフォワードポジションで比較的優れた実力を見せている。

NCAA試合も観戦するのか、2018NBAドラフトを見た後、17位でミルウォーキー·バックスが指名した相対的に無名の新人だったダンテ·ディ·ヴィンチェンツォをNCAAトーナメント決勝戦での姿に触れながらかなり高評価した。

2019年後半には休憩期間中にLAクリッパーズゲームを観戦する姿が撮られたりもした。 大体の反応は「兄さんがどうしてそこから出るの?" "の反応

2019-20シーズンのNBAファイナル第2戦で客員解説が決まり、3年ぶりにNBAファイナル中継に参加することになった。

5 趣味趣向[編集]

ポップ歌手マイケル·ジャクソンのファンとして有名だ。 ジャクソンのファースト·アルバム「Off The Wall」が自分の最初の音楽の出発点だと言うほどだ。

BPMが120を超える音楽が大嫌いだ。 理由は、パクジニョン本人は米国式の黒人ソウルの音楽が好きで、その系統の音楽はBPM(テンポ)が遅いからだ。 舞踏歌謡祭でも、楽しく速い音楽が好きなユ·ジェソクがBPMを少なくとも120は超えると言うから、真っ平だ。 そのため、130のように聞こえる110kmの音楽を作るほどだ。 それにしては『生きているね』が155BPMなので疑問を抱いたが、『生きているね』でカムバックする時出演した週間アイドルで120を超えても自分の興に合う音楽なら問題ない」と答えた。 155ぐらいの高いBPMなら、半分の77.5BPMでグルーブに乗ればいいからなのか。実は黒人ソウルも少しずつBPMが上がってきたが···また、EDMを極度に嫌う。 エレクトロニック音楽自体は、シンセポップやエレクトロポップという形でうまく駆使するが、ビルドドロップからなるEDM形態の曲は披露されたことがない。

米国の「スーパーヒーローものオタク」であり、特に激しいワンダーウーマンパイだ。 それで自分がガールズグループを作る時、名前からワンダーガールズと名付け、[43]テルミーの振り付けは最初からワンダーウーマンの動作(正確には腕で銃弾を防ぐ動作)からそのモチーフになったという。

猫顔が好きだ パク·ジユン(マルチエンターテイナー)、アン·ソヒ、ワン·ペイペイが彼の趣向を見せてくれる代表的な例だ。後輩グループのTWICEとITZYのパク·ジニョンが好む外見のダヒョンとイェジが抜擢された。

こぶしを握ってあごを支える姿勢が大好きだ。

6 余談[編集]

所属歌手たちのアルバムに作詞、作曲、プロデュースまで積極的に参加した過去と違い、最近は次第に意図的に距離を置いているという。 そして、別途のシステムを備えることに努力したため、現在は自分への依存度が大きく減っている状態だという。ワンダーガールズの米国進出をはじめ、いくつかの失敗について責任を感じ、一個人によって牛耳られるよりは、会社のファンダメンタルを固めるためのシステムを重要視しているようだ。 実際、JYPがSMやYGに比べるとシステム化が遅れている。

パクジニョンにはどんな才能があるのかは知らないが、彼が作ったガールズグループは一様に「大ヒット」し、JYPエンターテインメントが、大韓民国歌謡界ではガールズグループの名家と呼ばれている。 ワンダーガールズからスタートして、miss A、TWICEにITZYまで出すガールズグループがみんな大活躍している。

SBSKポップスターで「本当に良い投手は直球をよく投げる投手でもなく、変化球をよく投げる投手でもありません。 心臓が大きい投手です」と発言し、話題になった。 野球関連コミュニティでは、「投手らがびびったモードでボール質を乱発し、降板されるたびに取りざたされており、パクジニョン謎の連戦連勝」という反応が出ている。

作詞をする時'お母さん'という単語をあえてよく使う。 god「お母さんへ」(1998)、パク·ジニョン本人が歌った「お母さんは誰?」(2015)、I.O.I「very very very」(2016)、そして作詞は直接しなかったがプロデュースに参加したTWICEの「Like OOH-AHH」(2015)にも登場する。偶然と言うには、godの「お母さんへ」を除けば、すべて不自然だったため、おそらく意図的だと言える。

自分の所属事務所ガールズグループTWICEの「KNOCK KNOCK」のミュージックビデオに5秒ほど出演するが、この場面でTWICEのメンバーは「お兄さんがどうしてそこから出てくるの?」といった面白い反応を見せる。 しばらく撮影現場を訪れ、5分ほど撮影して離れたという。 これに続き、ニジュの正式デビュー前シングル「Make You Happy」にも登場した。 日本ではこっけいな登場シーンとニナの見下すような表情がいい意味で話題になった。 2020年、ソンミと一緒に歌った歌「When we disco」のPVでも屈辱的なギャグシーンがある。 さらに、あるビデオでは2度もトイレでトイレットペーパーがなくて出られない場面まであるが、そのように所属事務所の歌手のPVに面白おかしく登場するのを楽しんでいるようだ。 ドリームハイ出演の時もそうだし、彼氏チャルで広告も撮ったのを見ると、自分が壊れるのを別に気にしていないように見える。

「Tell me」の人気絶頂時、DCインサイドワンダーガールズギャラリーによく顔を出していたと話したが、その後、パクジニョンギャラリーができてから、パクジニョンギャラリーにも認証をした。

ドラマ『応答せよ1988』の第16話では直接出演しなかったが、名前だけで言及され、間接的に出演した。 リュ·ドンリョンがエクセル1台が優勝賞品としてかかっているデコナイトクラブダンス大会に出場したが、ヒョン·ジンヨンとパクジニョンが踊るのを見て気後れして出場を諦める場面で、パクジニョンの名前が言及される。実際にパク·ジニョンは1980年代に全国救急ダンスが上手で有名になり、ユ·セユンとプロジェクトグループUVのミュージック·ビデオ「イテウォン·フリーダム」でもまだ錆びていない実力を見せてくれた。

野菜を食べる時は有機栽培の野菜をよく食べるが、体にアレルギーがあるからだそうだ。 そのため、JYPエンターテインメントの職員食堂でも野菜は有機栽培のものしか供給していないという。 godのメンバー、パク·ジュンヒョンが進行するユーチューブ放送「ワサップマン」でパクジニョンの会社を訪問したが、社員食堂で有機野菜を食べる姿を見ることができた。SIXTEENでサナが生春巻きを作る時、パク·ジニョンに「野菜は有機栽培ではないけど大丈夫ですか?」と聞いた理由があったわけだ。

上記の野菜関連の話にあるようにアレルギーがひどくて、水も海洋深層水を好んで飲み、これを放送で話したりもした。 地質学科出身であるためか、深層水の長所と特徴を正確に理解している。

自分の所属会社、ボーイズグループGOT7のジニョンと本名が同じだ。

チキンマニアでもある。パクジニョン本人が米国進出当時、自分を徹底的に管理しようとする意味で肉を食べない決心を容赦なく揺るがしたのが、チキンのためだったと話したほどだ。 米国に進出した時も、他の食べ物は懐かしくなかったが、このチキンだけは切実だったという。 週刊アイドルシーズン1に最初に出演した所属会社の社長だ。 もちろん、この時はアーティストのパクジニョンとして出演。 ランダムダンスで一番苦労した。 本人の歌だけじゃなくて、 作ってくれた歌まで流したから···。一番のハイライトがmiss Aの《Bad girl Good girl》で失敗すると意地を張り、執拗にして成功させる。

彼が率いる所属事務所の芸能人に、人間性教育を徹底的に行うという。 所属芸能人の事件·事故が多いYGエンターテインメントと違って、ここの所属芸能人は事件·事故がそれほど多くないという。

税金については非常に徹底している。 SM、YGは税務調査で数十億ウォンに達する追徴金を納めたが、JYPエンターテインメントはクリーンだったため追徴金を払わなかったという。

人を見る目がないという評判がある。 実際、彼はアイユ、ディーンなど良いアーティストを逃したこともある。 特にアイユの場合は、パクジニョン本人も見るたびに後悔したという。 その時、「アイユを落とした担当者を重い懲戒にする」という冗談まで言うほどだ。 真面目な話、JYPという会社がそれなりの規模の会社であるため、最終決定権者であるパクジニョンは、最終オーディション程度にならないと参加者の映像を確認できないという。 放送でJYPから脱落したと話すアーティストの場合、大半がオーディションでパクジニョンの顔も見られなかった場合が多い。 彼らが脱落し、JYPでいいアーティストが出てこなかったらともかく、その世代のアーティストたちのおかげで3大芸能事務所と言える今だから、笑って話せる話だ。

パク·ジニョンは2010年から「真実、誠実、謙遜」を言ってきたが、特に真実を説明しながら「カメラの前でできないことをカメラのないところでもするな」と言った。 これは儒教の四書三経の一つである『中庸』での「神読」と同じ言葉。 パク·ジニョンが2回目に語った『誠実』も『中庸』の半分を占めている部分だ。 また、パク·ジニョンは謙遜を説明しながら「自分自身が足りなさを悟り、そばにいる友達の短所ではなく長所を見て心から感謝すること」と言ったが、これは『中庸』で「弓を射ることは君子と似ている点があるので、的を外れると他のことから原因を探さず、反対にその原因を自分自身から求める」という謙遜を説明する有名な文句と同じだ。 おそらく2010年頃『中庸』を読んで感銘を受けたのではないかと推測される。

この言葉は最近、「虹プロジェクト」でも教えており、日本のネチズンから大きな反響を得た。 ところが、実は儒教の教えである。