Twiceeyeswideopen.png


TWICE
Twicelogo.jpg
基本情報
国家 韓国、日本
ジャンル K-POP、ダンス、バブルガムポップ、エレクトロニック、バラード、R&B
デビューアルバム ミニ1集 「THE STORY BEGINS」
活動期間 2015年10月20日~
レーベル JYPエンターテインメント、ワーナーミュージックジャパン、リパブリック
事務所 JYPエンターテインメント
ファンクラブ  ONCE
メンバー
ナヨンジョンヨンモモサナジヒョミナダヒョンチェヨンツウィ


1 概要[編集 | ソースを編集]

「ONE IN A MILLION!」 アンニョンハセヨ、TWICEです!!

TWICEは、JYPエンターテインメント所属で2015年にデビューした。 韓国人5人、日本人3人、台湾人1人からなる9人組多国籍ガールズグループだ。

MnetのサバイバルプログラムSIXTEENを通じてナヨン、ジョンヨン、モモ、サナ、ジヒョ、ミナ、ダヒョン、チェヨン、ツウィが選抜されTWICEメンバーとして活動している。

デビュー年度から現在まで多くの記録を立てており、K-POPを代表するガールズグループの1人として活動している。

2 詳細[編集 | ソースを編集]

2.1 グループ名[編集 | ソースを編集]

グループ名の「TWICE」は、目で一度、耳で一度感動を与えるという意味で、パクジニョン(JYPエンターテイメントの社長かつ音楽プロデューサー)がSIXTEEN(TWICEを輩出したオーディション番組)の進行中につけた名前だ。 ブランド·ネイミストのパク·ジェヒョンは、「マイリトルテレビジョン放送で最近デビューしたアイドルの中で一番良いチーム名」と評価した。 発音的に強い音があって認識しやすく、有名な単語だが慣れていないので新鮮さを備えているという評価。 愛称は「トゥドゥンイ」で、TWICEと末っ子の合成語である。デビュー当時、JYPの末っ子グループという意味で付けられた愛称だ。 2019年以降、ITZYのデビューで 末っ子ではなくなった。

TとWがつながった公式ロゴはメンバーのチェヨンが直接デザインし、TWICE公式活動の全面に使われている。公式SNSアカウント、ユーチューブチャンネルでは、毎アルバムごとにコンセプトの色に合わせてロゴをアップデートし、プロフィール写真として使っている。

シグネチャーサウンドはメンバーが一緒に「TWICE!」と叫ぶサウンドだ。

2.2 挨拶の言葉[編集 | ソースを編集]

挨拶で使う「ONE IN A MILLION」もパク·ジニョンの歌の歌詞の一節から取ったもので、百万グループの中で最高になるという意味だ。 また、3rdミニアルバムの収録曲にはONCEのためのファンソングである「ONE IN A MILLION」がある。 挨拶をする時、ユニークなポーズを取るが、両手の人差し指を伸ばして「1」を作って顔の左右に当てる。 このポーズは左手人差し指で1、2の目を00にして100にし、右手人差し指で1にしてONE IN A MILLIONをイメージしたものである。 デビュー当初、何度か挨拶のポーズについて解説をしたが、理解するのが容易ではないためか、反応は生ぬるいものだった。 しかし、2017年11番街の広告モデルになってからこのポーズが自然に数字11を意味するように見えるため、広告とモデルがよく合っているという評価を受けたこともある。

2.3 掛け声と掛け声[編集 | ソースを編集]

メンバーたちのファイトの掛け声は「TWICE!TWICE!チャラジャ(韓国語で頑張ろうの意味)!」だ。TWICEの意味のようにグループ名を二度叫んで、頑張ろうという言葉は実は末っ子の名言のおかげで誕生した掛け声だ。 ツウィが「SIXTEENゲリラコンサート」の広報ミッションの途中、カフェで「かき氷を食べていきなり寝よう」と言ったため、あまりにも唐突な発音と合わさってインパクトがあまりにも強いため、メンバーたちが真似してから掛け声として定着した。

メンバーが一番好きなファンの掛け声は、メンバーの名前を順番に呼ぶことだ。 年齢順通り、イムナヨン-ユジョンヨン-モモちゃん-サナちゃん-パクジヒョ-ミナちゃん-キムダヒョン-ソンチェヨン-チョツウィOne in a Million TTでは導入部に、KNOCK KNOCKでは曲が終わる時に、LIKEYではモモで始まるダンスブレイクで使う掛け声だ。 特徴はメンバー全員の名前を3文字に合わせて年齢順に呼ぶ。 韓国人メンバーは姓までつけ、姓の文字数が多様な日本人メンバーは姓は省略して名前の後ろに「チャン」をつけ、ツウィは「チョツウィ」と呼ぶ。メンバー全員の名前を連唱した後に「One in a Million」までつけるが、実はメンバー数も多く年齢順に覚えなければならないためかなり高難度だ。 その後、歌ごとに応援文句が書き込まれるが、「TT-世界にたった一つのTWICE!」、「Knock Knock-私の心を!」、「Likey-ライキーを押して!」 TWICE!Heart Shaker-僕の心臓を揺らして! TWICE!What is Love?-僕の愛は君! TWICE!Yes or Yes - 僕の答えは一つだよ、Y.E.S.TWICE! FANCY- 今から君のところに行く FANCY, TWICE!で、Feel Special-眩しいほど愛してる! TWICE!だ。 しかし、FANCYの応援スローガンは、活動序盤まで使われ、今は「ナジョンモサジミダツ」に変わった。 ダヒョンとナヨンが特に好きなようだ。 ダヒョンは音楽放送のアンコールの時、歌ったことがある。

2.4 公式色[編集 | ソースを編集]

TWICE公式色

公式色は2016年9月23日、アプリコット(712C)とネオンマゼンタ(812C)に決まった。 グループ名がTWICEなので、2つの色を使用し、同時にONCEとTWICEがいつも一緒に行動するという意味だという。 APRICOTとNEON MAGENTAの2色をグラデーションして作り、注意する点は2色を一緒に使ってこそ公式色になるということ。公式色が決まる前はピンク色やメロン色などを使った。

公式応援棒は、2つのカラーに加え、カラーが自由に変わる機能を搭載し、論議の余地を残さないように工夫した。 アイドルファンダム界で公式カラーが重なるのは大変敏感な問題だが、賢く解決したという評価もある。

3 メンバー[編集 | ソースを編集]

(年齢順/上から順に名前、生年月日、ポジション、国籍)

ナヨン 1995.09. 22.(25歳) リード·ボーカル リードダンサー 大韓民国

ジョンヨン 1996.11. 01.(23歳) リード·ボーカル 大韓民国

モモ 1996.11. 09.(23歳) メインダンサー サブボーカル 日本

サナ 1996.12. 29.(23歳) サブボーカル 日本

ジヒョ 1997.02. 01.(23歳) リーダー メインボーカル 大韓民国

ミナ 1997.03. 24.(23歳) メインダンサー サブボーカル 日本

ダヒョン 1998.05. 28.(22歳) リードラッパー サブボーカル 大韓民国

チェヨン 1999.04. 23.(21歳) メインラッパー サブボーカル 大韓民国

ツウィ 1999.06. 14.(21歳) リードダンサー サブボーカル 台湾

TWICEのメンバーは2015年5月5日から7月7日までの約2ヶ月間Mnetで放送されたサバイバルプログラムSIXTEENで選ばれた。 もともと暫定的な定員は7人だったが、ここでパク·ジニョンがSIXTEENの間ずっと何も言わずにいたが、最終回になってメジャーに確定した7人のほかにTWICEを完璧なグループにしてくれるメンバー2人を選定するというコメントを飛ばし、エキストラカードでツウィ(視聴者選定)とモモ(JYPスタッフ選定)を選定し、合わせて9人になった。これと関連し、モモの選抜に対する公平性論議が起こった。

とにかくデビュー後は、JYPの好みと大衆の選択がよく組み合わさって最高のメンバーを選抜したと評価され 特に追加で抜擢されたツウィがビジュアルセンターとして活躍し、TWICEの認知度と舞台構成力に大きく貢献しているため、ツウィの選抜は良い意味で再評価されている。

また、メジャー企画会社に所属するK-POPガールズグループの中では、サークル以来初めて日本人が3人もメンバーに選ばれた(モモ、サナ、ミナ)。 以前にもシュー、アユミ、クォン·リセのような在日韓国人出身のK-POPガールズグループのメンバーはいたが、彼らは全員大韓民国国籍だった。1990年代末に活動した多国籍ガールズグループのサークル(韓国人+中国人+日本人)と2007年にデビューした福岡出身キャッツの日本人メンバースンシム(本名:大鶴彩香)以来だ。 加えて、これら日本人メンバーは全員関西地方、正確には京阪神圏出身である。それで日本人メンバー3人が日本語を書く時、東京=日本語の韓国人は話し方にかなり異質感を感じる。 特にサナが日本語を話す時は「日本語は一つも分からないが、方言を使っていることは分かる」という反応がほとんど。

ツウィの場合、台湾人の中では初めて韓国アイドルとしてデビューしたケースだ。 ちなみにアンバー、マークとヘンリーはツウィとは違い、それぞれ台湾系アメリカ人、台湾系カナダ人だ。 その他、中華圏国籍を持つ韓国アイドルがいたが、台湾国籍を持って台湾で生まれ育ったメンバーはツウィが初めてだ。 実際、中華圏の芸能メディア「濱果日報」は、ツウィのネクセンヒーローズシータの時、「台正正妹」(台湾出身の妹)という表現を使い、SIXTEEN放送中には台湾メディアから取材が何度も来ている。

3.1 メンバー別相性[編集 | ソースを編集]

  • ナヨン + ジョンヨン:ナジョン , 2Yeon

大の仲良しで,いたずらを仕掛けるなどしていがみ合う相性引き立つ組み合わせだ。たまにナヨンが突きつけると、押し出すジョンヨンが結局ナヨンを受け入れてくれる姿も見られる。

  • ナヨン+ジョンヨン+ジヒョ:最古参ライン、シルチンズ、チムバンズ(ナヨン+ジョンヨン+ジヒョ)

シルチンズらしく荒いディスが横行する。 ひとまずチーム内最年長者のナヨンと最長期間の練習生でリーダーのジヒョがいて、ジョンヨンは宿舎の掃除班長なので3人が集まれば一般的な友達同士の姿が見られ、面白い状況をよく見られる。 TWICE公式ギャグウーマンたち。

  • ナヨン+モモ:モモライン、序列下位圏、ボク姉妹

ナヨンはあだ名の一つが桃で、モモの名前の意味が桃だ。また、序列下位圏の2人はたまに序列問題を議論するが、互いに9位を押し付けることに忙しい姿も見られる。

  • ナヨン + モモ + ミナ:モナミ
  • ナヨン + サナ:サナヨン

2人とも活動的な性格のコンビネーションだが、お互いあまりにも活動的でお互いに手に負えない時がある。

  • ナヨン + ジヒョ:野望ズ

TIME TO TWICEで勝負欲を見せる姿が出てきて対決した。

  • ナヨン + ミナ:ミナヨン
  • ナヨン + ダヒョン : 湯豆腐
  • ナヨン + チェヨン : ナチェン カンドンズ 鼻水ズ

鼻水ズは、一度はVライブの途中、メイク落としをリアルタイムで放送したが、この時二人が仲良く鼻をかみながら、もう一人は鼻をかんでもう一人はカメラを隠す姿が映り、この名前がつけられた。 カンドンズは2人の出身地が江東区であるためつけられた。

  • ナヨン+ツウィ:ナツ、長男。

長兄と末っ子

  • ジョンヨン + モモ : チョンモ、ルームメイトズ

私は宿舎でルームメイトだった。

  • ジョンヨン + モモ + サナ:96's
  • ジョンヨン+サナ:ソドゥズ、230ズ

2人とも頭が小さくてソドゥズ、足の大きさが230で同じなので、230ズダ(TWICE TV-5でスイスへ遊びに行った時、2人を呼ぶ相性名を探していたところ、一緒につけた。 メンバーたちが直接作った数少ない相性名の一つ。 サナが突きつけるのにジョンヨンの押し出す姿が一番目立つコンビだ。

  • ジョンヨン + サナ + ツウィ : ワンちゃんズ
  • ジョンヨン + ミナ : ジョンミ

他のメンバーにはいたずらもするジョンヨンが メンバーの中でもミナを抱いて 大事にしてくれる姿が出るから出てくるケミ。

  • ジョンヨン + ミナ + ダヒョン:ジョリズ

それぞれダチョウ、ペンギン、ワシに当たる。

  • ジョンヨン + チェヨン : ノジェム兄弟

2人とも面白くないメンバーなので、つけられた名前だ。

  • モモ + サナ:モサ

お互いに言い争うシルチンミがプンプンする組み合わせだ。 入社同期でもあり、二人とも関西弁を使ったりもする。

  • モモ + サナ + ミナ : 桜ライン、ミサモ

3人とも日本人で桜は日本の花でありながら日本人が一番好む代表的な花だ。

  • モモ + サナ + ミナ + ツウィ:ミサモツ

または外国人ライン。 外国人社員として、この4人でマリテルに出かけたこともある。

  • モモ + サナ + ダヒョン:三角関係

ダヒョンを射止めるための姉たちの暗闘 お前誰の味方なの? サイダーと豆腐一つにいずれも属するダヒョンを少しでも多く占めたいお姉さんたちの嫉妬と競争が白眉。

  • モモ + ジヒョ : モチ、モジ
  • モモ+ミナ:美貌、メダンズ
  • モモ + ダヒョン : 豆腐一丁

ダヒョンといる時だけ出てくる モモのお姉さん美がポイントだ。

  • モモ + チェヨン : モチェン

モチェンTVが出るほど相性がいい。

  • サナ+ジヒョ:相棒's、サジ(二人とも宿舎で4人で使う部屋を使うが、化粧台を挟んでベッドがある。それで毎朝会うので相棒とつけた。 サナが'相'ジヒョは'棒'を担当しているが、これもまた誕生日が早い順にしたものだ。)
  • サナ+ミナ:ミサナ
  • サナ+ダヒョン:サイダー

2人ともテンションが半端じゃなくて 2人で対決するとものすごくうるさい。 でもサナがとてもテンションが高いので たまにダヒョンのサナのテンションを 耐えられなくなることも…

  • サナ + チェヨン : サチェン
  • サナ+ツウィ:サツ

互いにビジュアルケミストリーが爆発する組み合わせだ。

  • ジヒョ + ミナ:97's

二人とも生まれた年度が97年度だ。

  • ジヒョ + ダヒョン : カンブズ

チームリーダージヒョ、給食団団長ダヒョン。 それでカンブズ。

  • ジヒョ + ダヒョン + チェヨン : ドングリズ

背の低いメンバー3人をまとめて、 ドングーリズ。

  • ジヒョ + ツウィ : リマク

リーダーと末っ子の合成語だ。 자동차電気自動車メーカーの「グリマク」ではない

  • ミナ + チェヨン : ミチェン

サイダーと一緒にTWICEの代表コンビだ。 メンバーの中でも特にミナがチェヨンをまるで自分の娘のように切ない表情で眺めてあげるのがポイント。 二人で一緒にVアプリのヌッパンを撮影したりもした。

  • ミナ+ツウィ:ミツ
  • ダヒョン + チェヨン : ドゥプチェン、チョコミーズ

練習生の時から2人は親しかったという。

  • ダヒョン + チェヨン + ツウィ : 給食団

デビュー当時、3人が高校生だったからだ。 20年、今は3人とも卒業し、給食団は終わったが、永遠の給食団として残る予定だ。

  • チェヨン + ツウィ - 末っ子ズ、99ズ

4 特徴[編集 | ソースを編集]

4.1 ビジュアル[編集 | ソースを編集]

「パク·ジニョンさんを憎みたいです。 なんであんなにきれいな子達だけ 集めておいて…"」
韓国中学1年生ONCEを持つお母さんの発言。

TWICEの最大の長所は、9人ともに「きれいだ」と評価され、平均的なビジュアルが高いということだ。 なので付けられたニックネームが、 「きれいな子の隣にきれいな子がいるグループ」 これは現在、多くのガールズグループによく使われる「かわいい子のそばにきれいな子のそばに…」という別称の事実上の始まりでもある。

各自のビジュアルも個性も違うため、芸能やマスコミでもビジュアルでかなり後押ししており、新しいアルバムが出るたびに外貌がリズを更新してファンに大きな歓迎を受ける。なぜか「パク·ジニョンが覚悟して顔で選んだグループ」という言葉が出るほどだ。 2018年の旧正月特集で日刊スポーツが実施した現役アイドル21チームを対象に行った「ビジュアルトップアイドル」に関するアンケートで(1人選んでほしいという意味のアンケートだったにも関わらず)多くのアイドルチームがTWICEチーム全員を選び「TWICE」が2位となった。

2019年現役アイドルを対象にした「顔の天才」アンケート調査でツウィが1位、サナが3位になるなど様々な外見アンケート調査でとても順位が高い。

2020年に現役アイドルを対象にした「顔の天才」アンケート調査でもツウィが2位タイのTWICEが4位タイに選ばれた。

4.2 その他[編集 | ソースを編集]

まず、メンバーたちは概ねJYPが追求する芸能人として備えるべき人性(真実、誠実、謙遜)に対する教育の効果があったが性格も良くて明るい方であり、メンバーたちは皆いい子たちだという話がよく聞かれる。 また、練習生時代からデビューの敷居だったSIXTEENにまで共に気苦労で泣いて笑っていたメンバーたちだからか、9人ともかなり仲がよく、親しみが感じられる。 デビュー前からナヨンを中心に、ジョンヨンやジヒョなどの「お姉さんライン」で、すでに妹たちと遠慮なくお互いにいたずらをしながら活気に満ち、自由な雰囲気を作っており、おかげで、メンバーの組み合わせを誰でもつけておいても相性がよく合う。特にメンバー同士の絆が大きな長所だ。 このような親密さを間接的に見せる例として、匿名で書いた手紙を時々誰が書いたのか当てるように見えるが。 例えば、優雅な私生活6話「ヒーリングキャンプ」編で、ローリングペーパーの時間には匿名で書かれた手紙を読んでも、誰が書いたのか一度に当てたり、「夢見ろ」で匿名でメンバー同士で賞を与える途中も、直筆を見なかったのに主人を当てるなど、チームの相性がすごいということを断面的に見ることができる部分だ。メンバーが生活を共にして4年目になる2019年に出たTTTE「8回ガオンミュージックアワーズ」のエピソードを見ると、目をつぶって手を触ってメンバーを当てるゲームをし、かなりの的中率を見せてくれるほどお互いをよく知っている間柄であることが分かる。

独特にメンバーが3カ国の出身だ。 韓国人5人(ナヨン、ジョンヨン、ジヒョ、ダヒョン、チェヨン)、日本人3人(モモ、サナ、ミナ)、台湾人1人(ツウィ)だ。 ファンは資本主義の笑みがないようで嬉しいと言う。概していつも明るい笑顔を維持しており、礼儀正しくて善良だという周りの評価が多い芸能人の間でたくさん上がり、音楽番組が終わった直後とファンサイン会のファンの書き込み、そして事前収録のファンの書きこみなどでも多く取り上げられている。

チーム全体が秘密事項をなかなか守れないでいる。 別名「ネタバレ妖精」。 メンバーらは皆、神秘主義とは全く無縁の性格であるため、そうであると見られる。 新曲の振り付けや特別コラボ舞台を観衆の前でただ集まって練習するため、それだけでもどんな舞台が出るのか推測できるほどだ。 特に新曲の準備期間中に他の歌手がコンセプトやヘアスタイルなどを徹底的に隠していたのに比べ、TWICEメンバーはただチーム服を着たまま歩き回る写真が撮られたりもした。 特に、代表的なネタバレの妖精であるサナは、あらゆるネタバレを無意識的に流している。 2016年半ば以降はサナだけでなく、他のメンバーたちも色々なネタバレを知らないうちに、または意図的に流している。 2017お正月アイドルスター陸上選手権大会では、堂々と次のタイトル曲であるKNOCK KNOCKの振り付けをネタバレした。 最近、LIKEYにネタバレしたくて 焦る姿を見せてくれて、 いくつかの部分はそのまま堂々とネタバレした。

他の成績も注目に値するが、特にユーチューブのミュージックビデオで大変な勢いを見せている。 2015年OOH-AHH、2016年CHEER UPで2年にわたってK-POPガールズグループミュージックビデオ再生数1位を達成した。 これはユーチューブが重複アクセス数と不法アビュージングアクセス数をフィルタリングして再編された2014年以後のガールズグループのユーチューブアクセス数としては最も早い推移と言える。 プロモーションビデオ自体の完成度やアイデアもよいが、それに加え、オフライン活動がほとんど不可能なTWICEの海外ファンダムでのユーチューブ視聴を主要ファン活動としているからだ。

音源成績の爆発力も良いが、特に注目すべきはロングラン記録だ。 CHEER UPは、先輩グループの伝説的なヒット曲と共に、ガールズグループ「メロン最長期トップ10」の記録を保有しており、デビュー曲の「優雅に」を除いては、全ての曲が公開以後、一度もメロン100位以下にチャートアウトされたことのない珍記録を保有している。 2017年5月には各曲が逆走行を開始し、いわゆるチチナクシ4曲すべてがメロン38位内に入るという珍しい現象を見せた。

SIXTEEN時代、代表的な食いしん坊担当は言うまでもなくダヒョンだったが、デビュー以後はメンバーたちも次第に씹덕爆発して魅力を発散している。 例えば、ツウィとミナのように茶道女らしい外見で振る舞いや話し方がコミックだったり、モモのようにデビュー前に憂鬱な印象が強かったメンバーが、デビュー後そのままギャグキャラクターになってしまったケースのように。 特にジョンヨンはある瞬間から愛嬌がぐんと増えて「千の顔」を持ったメンバーに急浮上したり、ナヨンは一番上のお姉さんとしてSIXTEENの時は優れたリーダーシップを見せて、デビュー後はある瞬間から一番下のお姉さんになって序列9位になって急にキヨミになってしまったケースなど。 舞台の外の姿も可愛くて魅力的だという好評がほとんどだ。 チェヨンもキヨミキャラクターと赤ちゃん猛獣キャラクターで、モジドクを担当している。

ファン層が全メンバーに均等に分布しているのが特徴だ。 もちろん、ファンではなく一般人を対象に最も多く認知度があるメンバーは明確だ。 しかし、さまざまなコミュニティでTWICEを知っている人たちが好むメンバーの名前を口にするのを見れば、メンバーらの名前が割合均等に口にすることができる。 ファンの間では、「どこにもない狂った組み合わせで、イプドクルートは9つあるのにエンディングがない」というのが定説と言われているが、案の定、実際に某男性会員が多数のサイトで実施された女性芸能人人気投票で、9人全員が本選に上がったこともある。 2016年ギャロップアイドル選好度調査で上位20位に3人、2017年ギャロップアイドル選好度調査で4人と男女のグループを合わせて最も多くのメンバーが個人で上位20位に入ったグループであった。 2018年度ギャロップアイドル選好度調査で上位20人に5人が入りガールズグループで最も多くのメンバーが上位20位に入った。また、ギャロップアイドル選好度調査で上位20元に4人が入った。

すでに言及したようにJYPガールズグループとしては芸能が良い方だ。 大々的に数人のメンバーを除いて伝統的にJYPガールズグループは芸能に弱い面があったが、TWICEはデビュー時間と比べても芸能でより多くの話題を呼び活躍を見せてくれている。 基本的にメンバーがお姉さんグループに比べて 茶目っ気が多い面もありまたTWICEはJYPでも覚悟しているのか 本当に多くのバラエティーに出演しており 自主的にバラエティもたくさんやっている方だ。自己表現も上手いし、リアクションも良いからか、いろんな芸能で話題になっているし、反応も良い。何より先輩グループはお姉さんラインが静かな方なのに対し、TWICEは冷静な給食団「妹ライン」よりはお姉さんラインの方が楽しい方なので自然にみんなよく似合う。

ファンサービスがかなり積極的で(ファンへのプレゼント、YouTube公約映像、特別ファンサイン会など)スケールも格別なためTWICEがしばしばヘジャイスと呼ばれるが、これはインターネット隠語である「ヘジャイス(たくさんのものを与える)」とTWICEの合成語。 メンバーそれぞれの外見と個性が皆ずば抜けていながらもお互いに違う。一つのメンバーに惹かれてファンになり、飽きてくると、他のメンバーの魅力を発見することになり、結局、このグループの魅力から抜け出すのが難しいというファンが多い。 別名「回転ドア」。 メンバーの中でいわゆる障壁、穴がなく上述したようにファン層がまんべんなく分布している特徴の理由と考えられる。

2016年6月12日、ノウォン(蘆原)ファンサイン会の1シーンで団体挨拶をした時にTWICEメンバー一人一人の個性がよく表現された写真だ。 左側からワンテンポ遅いミナ、模範生らしく公式挨拶をするツウィ、突拍子もないことをする時に一番熱心なナヨン、ぶつかることを心配して小心者にするモモ、カメラから目を離さないダヒョン、リーダーらしく掛け声を先唱するジヒョ、挨拶した後、しばらく様子をうかがうサナ、節度ある動作のジョンヨン、やることすると言いながらも恥ずかしがるチェヨン。

5 ミュージックビデオ[編集 | ソースを編集]

代表的なK-POPグループの一つであるだけにミュージックビデオの再生数も非常に多い。 活動タイトル曲のミュージックビデオは全部で2億回以上を記録しており、3億回以上が7本、4億回以上が3本、5億回以上が1本ある。

6 関連する人[編集 | ソースを編集]

パク·ジニョン:所属事務所の筆頭株主、プロデューサーでシックスティーンの司会者。 ONCEたちの尊敬と愛情、恨みと苛立ちを一身に受けている別名トゥボジだ。 JYPエンターテインメント所属歌手のファンダムが処遇やマネジメント活動に対する不満などから「トクゴ」「セクゴ」と呼んで容赦なく叩くに比べてONCEはかなり好感度が高い。 TWICEに対する活動支援と企画に対する満足度が非常に高いこともあるが、SIXTEENからメンバーたちを泣かせ、時には素直に、時には暖かく、メンバーたちと一緒に大変なデビュー過程を歩んできたことなどTWICEになじみ深いためだろう。 ただ、社長としてのパク·ジニョンとは違い、歌手としてのパク·ジニョンはファンクラブは好きではないのに、歌手の活動時期をTWICEと重なるように考えたり、TWICEとの作業は活発ではなくI.O.Iに曲をあげたり(しかしこの前、2019年11月1日、ジョンヨンの誕生日Vで、初めはTWICEの曲だったことが明らかになった。) することで不満があった。 しかし、TWICEについて「何を与えても惜しくない友達」「生まれたばかりの子犬」と愛情を表現し、ラジオ放送で言及したことで、こうした不満はかなり減っている。 最も恨まれるのはやはりタイトル曲のプロデュースだが、2018年末「今年一番よかったこと」も評価が分かれ、多くの批判を受けたが、その後「What is Love?」が今年の歌賞を受賞し、結局「SOTY」3冠王のうち2つにProd.JYPをあげたことでワンズたちはまた態勢転換をした。

ブラックアイドピルスン:ミニ1集「Like OOH-AHH」から3集「TT」まで TWICEの全タイトル曲を作曲したプロデューサーチーム。 元々ヒット曲を多数保有する有名作曲チームだったが、失敗作もある反面、TWICEと一緒に過ごした時は記録的な興行を連続して見せてくれた。 「Like OOH-AHH」以降、ファンダムでは後続曲の作曲について「音楽的変化のためにトゥボジ(TWICEの父という造語)」と「本木にまさる末木なしのブラックアイドピルスン」で議論が起こったが、「CHEER UP」と「TT」が連続して大ヒットし、TWICEの音楽世界=ブラックアイドピルスンという公式が成立した。 その後、Knock Knockがブルアピルではなく、イ·ウミン作曲家が作曲したことが分かり、懸念を持たれたが、曲がうまく出ると、このような議論は下火になった。 しかし、その後、SIGNALが好き嫌いが分かれることを受け、一部のファンらはブルアピルの新曲を慎重に期待したりもする。 2017年10月21日午前12時に公開されたTWICEの正規1集twicetagramトラックリストの中でタイトル曲である「LIKEY」をブラック·アイドピルスンが作詞·作曲し、ファンの皆さんから歓声が上がった。 その後、2019年4月8日午前12時、TWICEの7枚目のミニアルバム「FANCY YOU」でもタイトル曲「FANCY」で もう一度再会し、ファンの期待を一身に受けているところだ。

パク·ナムヨン:JYPエンターテインメントの振付師。 TWICEの場合、多くの振付師が振り付けを作り、 それを似合うパートに合わせて一曲の統一的な振り付けにするが、 デビュー曲から現在まで中心的な振り付けを担当している。 20年経歴の振付師として有名なダンスは、PSY(サイ)の「鳥」と2PMの「Heartbeat」などがある。 TWICEのメンバーたちが「ナムヨンセム」と呼び、「私たちのせいで女性のダンスを 作らないといけないので申し訳ない」と話した。 このような心配とは違い、本人は自分がガールズグループの振り付け専門だという。

チェ·ヒソン:TWICEデビュー当時からスタイリングを担当してきた「F-CHOI」のトップだ。 2016年、ガオンチャートK-POPアワードで今年のスタイル賞を受賞した。 ガールズグループにとって舞台衣装があまりにも敏感な問題であるため、他のファンたちと同様にONCEの中には不満を持っているファンも少なくない。 特に普段、私服や音楽部屋での衣装は無難な方だが、授賞式のような重要な席でシマウマの衣装だとか白で統一するなどの行き過ぎたコンセプトのため、「そのまま音楽番組の服を着せろ」という話もよく聞かれる。 しかし日本進出後、日本で活動する衣装を見ながら「それでも日本よりはまし」という評価もたまに受けている。 それでもまだファンの衣装に対する抗議は多い方だ。 2018年7月、スペシャル2枚目のアルバムであるDance the Night Awayの活動を起点に他のコーディネートチームに入れ替わった。

6.1 TWICE TFチーム → 3本部[編集 | ソースを編集]

TWICEは2015年にJYPエンターテインメントで行われた大々的なシステム変化に大きな利益を得たチームだと言える。 JYPエンターテインメント内で初めて専担タスクフォースチームができたのだ。 これについてパク·ジニョンは2018年に開かれたJYPエンターテインメント事業説明会で、「従来は別組織として運営されていた音源チーム、A&Rチーム、作曲チーム、振り付けチームなどから人員を選び出し、TWICEに対する業務だけを担当する統合チームを作ると同時に、ものすごいスピードで作業が可能になった」と評価した。

リリースされたアルバムに記録されたJYPエンターテインメントのスタッフリストを基準に人数を把握すると、PAGE TWO当時創設されて7人でスタートし、twicetagram当時は計10人に増えた。 専担タスクフォースチームは、総括を担当するチーム長職1人を基準に会計業務を遂行する人員、そしてアーティストに対するマネジメント業務とファンダムを管理するマネージャー組職が含まれているという。

JYPエンターテインメントは、今後このような統合チームを複数活用してマネジメントする計画だと明らかにした。

その後、JYPの内部構造が4つの本部に分離され、TFチームは3本部に改編され、miss AとTWICEを同時に担当することになったが、改編後すぐにmiss Aミンが去り、スジは国内活動が全くない状況であるため、2019年からは再びTWICEを単独で担当している。

7 他の歌手たちとの関係[編集 | ソースを編集]

JYP所属事務所の家族 - これ以上の詳しい説明は省略する。 特に、その中でも後輩の「ITZY」に気を配る姿が多く見られる。 GFRIEND - デビュー年度と年齢が似ている関係で全体的にかなり親しい。 末っ子のチェヨンとツウィが1999年生まれであることを除けば、ソウォン - ナヨン(95年生まれ)、イェリン - ジョンヨン、モモ、サナ(96年生まれ)、ウナ、ユジュ - ジヒョ 、ミナ(97年生まれ)、シンビ、オムジ - ダヒョン(98年生まれ) このようにそれぞれ同い年なので親しくなった。 デビュー当初は半年ほどデビューが遅れたTWICEの方では「GFRIEND先輩」、彼女の方では「TWICEの方々」と敬語を使ったが2015年の年末、翌年の年始活動を通して親しくなってからはメンバー個人の年齢で「お姉さん」「友達」「妹」と呼びながら過ごしている。 彼らはお互いの歌を変えて歌ったことがあるが、2016年4月の音楽中心500回特集放送当時、「ガールフレンドはLIKE OOH-AHH」を歌い、TWICEは「今日から私たちは」を歌った。 それ以前の3月初め、人気歌謡では先輩歌手である少女時代の「Gee」をガールフレンドと合同でチームを作って公演したこともある。2016年の秋夕特集「アユクデ」でもサナがウナを抱きしめて歩き回り、ジヒョと願い事をし、グループ全体が集まって座っているなど、親交を誇示した。 当該映像そして2016年12月31日には互いのVアプリに出演し、友情を誇示した。 まずTWICE Vアプリにはガールフレンドの願い、イェリン、シンビが出演し(5:20~7:40)(13:11~13:52)、後にガールフレンドのウナもサナによって拉致(?)されたことで出演した。 そしてその後に行われたガールフレンドVアプリではナヨンが出演したこともある(4:45~6:54)。 2017年も彼らの親睦が続いたが、休みの日にはお互いに会って一緒に遊んだり、特にナヨン-ソウォン、ジヒョ-イェリンはお互いにスマホケースを合わせたりした。 先日は、ジヒョやイェリン、ウナが一緒にサムギョプサルを食べる姿を掲載したこともある。 2018年1月7日、GFRIENDの初の単独コンサートをTWICEのメンバーが観覧した。 2018年の旧正月特集「アユクデ」ではリレーの試合をしているガールフレンドを応援する姿が撮られたりもした。 そして最近ジヒョがイェリンの個人Vアプリに出演したが、これがVアプリプラスだったにもかかわらずONCEたちが決済してイェリンの個人Vアプリを観覧する珍しい風景を演出したりもした。

OH MY GIRL-V LIVEで一番話題になっているグループであり、TWICEメンバーがOH MY GIRLのファンであるミラクルと見てもいいほどだ。 特に、ナヨンが熱烈なファンだと何度も公に明らかにした末、親しくなったOH MY GIRLとはグループ単位で親しい。OH MY GIRLのスンヒは、ガールズフィレットでTWICEのCHEER UPを歌う時、ナヨンの衣装を借りて競演に出たりもした。 OH MY GIRLが「秘密庭園」で1位になると、V LIVEで お祝いのメッセージを残し、「もっとたくさん祝ってあげられるように OH MY GIRLの方々が携帯を持ってほしい」と話した。 また、ナヨン、ジョンヨン、チェヨンはOH MY GIRLのグッズ「オムツーマン」を着た姿が空港で撮影された。 2回目の出演者であるアイドルルームではスンヒの「ケコヘヨ」の真似コーナーを行い、誰が最高のオムドクなのかをめぐって争った。 メンバーの中からはナヨンが選ばれたが、スンヒはチェヨンを選んだ。

SIXTEEN出身者 - 共にサバイバルで苦楽を共にした仲なので当然親しい。 ソミが「プロデュース101」に出演した時、TWICEメンバーらも一緒に放送を視聴し、応援し、ソミがプデュ1位を獲得すると、公式インスタにお祝いの言葉を残したり、TWICEが1位になった時は、ソミが泣いているジヒョをなだめ、メンバーらを抱きしめて一緒に踊ったりもした。 その他の様々な放送でも互いに会うと抱き合って親交を表現する姿をたびたび目にすることがある。 また、様々な番組でTWICEの曲を聞く時、 楽しく踊って、お姉さんたちの曲だと何度も言及している。パクジウォンとナッティはアイドル学校に出演した当時、ミッションのLIKE OOH-AHHの練習のためにJYPの練習室を訪れたが、その時モモとミナが訪問して手伝ってくれた。 また、チェヨンが属するIZ*ONEが初の1位を占めた際、感激の涙を流すチェヨンをメンバー全員で抱きしめる姿を見せた。 SIXTEENのメンバーの中でTWICEを除いて唯一JYPに残ってデビューしたチェリョンは最近ITZYメンバーと一緒にドームツアーに参加し「ITZYもONCE」とメンバーと一緒に認めた。

ソンミ - 元ワンダーガールズのメンバー。 現在、JYPを卒業しているが、ジヒョと入社同期や練習同期でもあり、長い間妹たちを見守ってきた以上、姉の気持ちで可愛がっている。 一つの舞台で花火が散ってメンバーたちが慌てると、周りの歌手たちがぐずぐずしているのに正反対側の舞台で走ってきて、週刊アイドルの中でのコメントによるとTWICEの食事代を何も言わずに静かに計算して出たという。 最近、よくTWICE Tagramに出没し、コメントをする姿から見て、まだお互いにいい関係を維持しているように見える。

YP練習生出身-アイドル界の人脈ハブと呼ばれるJYPエンターテインメント出身らしくJYPを経たメンバーがいるグループと親交がある。

EXIDジョンファ-JYP練習生の経験あり、当時ワンダーガールズTell Meのミュージックビデオにも出演したことがある。また、ジヒョとは幼い頃、ジュニアネイバー選抜大会で入賞した縁がある。 そのため、ジヒョが「私を捕まえてみろ、ちびっこ幽霊」という名前で覆面歌王に出演した時、パネラーをしていたEXIDのジョンファが気づかなくて申し訳ないという表情と、収拾ができなくてどうしていいかわからないジヒョの寂しい表情、そして当然分かると思ったとストレートに言った。

EXIDハニ - ハニの場合、やはりJYPの練習生経歴があるが、こちらはシークレットソン·ジウン、シスターヒョリン、ベスティの元メンバーでミュージカル俳優ユジとJYP版ビッグママでデビューする予定だったが、大人たちの事情で所属事務所を出ることになった。 2016年初め、不安障害で放送活動を一時的に中断したチョン·ヒョンドンに代わって週刊アイドルのMCに抜擢されたが、ここでも何度か会っている。 2016年MBC歌謡大祭典ではやっと座る場所を見つけたが座布団がなくてキョロキョロするサナとミナに座布団を渡し、しばらく漫才を交わす姿が撮られたりもした。 上記のとおり2018年5月には蚕室室内体育館で開催されたTWICELAND ZONE 2: Fantasy Parkの2日目の公演も行われた。

チョンハ-やはりJYP練習生出身で親交が深い。 元モモランドデイジー - かつてJYP練習生歴があり、ももと親交がある。

BLACKPINK - ナヨンBLACKPINKのジェニ、ジスと練習生時代から仲良しだった。 ジスはニックネームメーカーらしく、ナヨンのニックネームの一つである"ナドン"を作ってくれた。 ナヨン、ジョンヨン、モモ、チェヨンがBLACKPINKの 初コンサートである「BLACKPINK 2018 TOUR IN YOUR AREA SEOUL X BC CARD」を観覧した。 ナヨンとジスが授賞式、または音楽放送舞台裏、または観客席でふざけ合う映像が多い。

Red Velvet - ジョンヨンの実姉コン·スンヨンを通じてつながった人脈だ。 Red Velvetのメンバーたちが実姉のコン·スンヨンと一緒にデビューを準備したので親しい。 スルギとジョンヨンがお互いに挨拶しながらダブルダチョウダンスを試演したのは「おまけ」。 イェリはナヨンのVアプリに誕生日を祝う姿が撮られ、イェリのVアプリにチェヨンの自撮りが見えたり、アユクデでもサナとチェヨンとよく似合う姿が撮られた。 チェヨンとは同い年で同じ学校だという。 最近の歌謡大典では、同じ所属会社の先輩の不幸で、ずっと憂鬱だったRed VelvetのメンバーをBLACKPINKと一緒に抱きしめてくれる姿が撮られた。 サナとアイリーンが一緒に年末のプロMCをしたことでアイリーンももっと他のメンバーとも親しくなったようで、2018旧正月アユッテで堂々と親睦活動を見せたりもした。

宇宙少女-宇宙少女の末っ子ヨルムは小学校の時からチェヨンの地元の友達だった。 サナとソンソはデビュー後ハッピートゥゲザー放送をして以来親しくなったようで、ジョンヨン、ダヒョンとボナもかなり親しい方だ。 その後、サナがヨンジョンが可愛いと言って仲良くなり、2019年のクリスマスに一緒に遊んだという。

CLC-ツウィは最近、香港出身メンバーのエルキと同じネイルアートを受けた記念ショットを互いに掲載したこともある。 2019年にツウィと同じ台湾出身メンバーのシュファとの「親睦証拠写真」が掲載された。 彼女たちのV LIVEで、 シュファはツウィによく言及する方。

「KARD-ソミン」は、ミニ2枚目のアルバム「You&Me」の活動中、「Vアプリでジョンヨンを百年ぶりに見た」とし、「2人とも嬉しくて抱き合って大騒ぎでもなかった」と話した。 #。 チョン·ジウは、同じVアプリでジヒョとチョンダム高校の同級生だと言っていたら、途中で流れが切れた。

少女時代-そもそも完全体の活動期間はほとんど重ならなかった。 ただ、少女時代のリーダーであるテヨンとはTTとKNOCK KNOCK活動当時、さっせ琢磨して活動したことがある。 世代が違うのにまだトップガールズグループの地位を維持するというキャリアが相当なものなので、TWICEメンバーたちが尊敬する方で、特にナヨンは有名な「タンカー」だ。 そのためか、テヨンもTT活動当時、踊った映像を自分のインスタにアップしたり、CDを買いに行ったが、品切れのため買えなかったなど、尊敬し大事にしてくれる先輩·後輩の関係だ。 余談で、今はほとんどなくなったが、TWICEがすごい大記録を立てるたびに「第2の少女時代」という言葉がたくさん出た。

チュギョルギョン-2018アユクデでダヒョンとの親睦を捉えた。 ドリームキャッチャー - カヒョンとダヒョンは翰林(ハンリム)芸術高校の同級生だ。 ジユとカヒョンがドリームキャッチャーの公式ツイッターにTWICE単独コンサート参加の記念写真を残した。

キムセジョン - 2018秋夕アユッテと2019ソルアユクテでジヒョと親睦が目撃され、キム·セジョン本人もVアプリで言及したことがある。 ジヒョと一緒に旅行も行ってくるなど、プライベートで親しい間柄だ。

アイユ-デビュー当初からメンバーのほとんどがアイユのファンだといい歌を歌い続けた。 一例として、芸能番組でカラオケに一緒に行きたい歌手に選んだり、コンサートの時、花を渡したり、写真も一緒に撮ったりした。 結局、その切なる求愛(?)が通じたのか、「IUコンサート」にゲストとして招かれて公演をしたり、お互いに好感を示した。 その後に出たIUのリアリティ放送IUTVでIUが直接言及する姿とコンサート場面の一部を見ることができる。

IZ*ONE - SIXTEEN出身のイ·チェヨンとは既に親しい間柄で有名だ。 その他にはグローバルガールズグループという共通点と、カン·ヘウォンとジヒョ、チェヨン、ツウィ間の親睦、そして光背カン·ヘウォンの取り持ちで結ばれた矢吹奈子とジヒョとの親交もある。

8 余談[編集 | ソースを編集]

TWICEのデビュー当初のコンセプトを「ワイルドエッジ」とパク·ジニョンが直接説明したという記事が多かったが、パク·ジニョンは一度も「ワイルドエッジ」という表現を使ったことがない。 ただSIXTEENの制作発表会当時のインタビューで「ワンダーガールズとミスエイの色を受け継いでいくが、もう少しアップグレードした感じがしなければならない。 ヒップホップやワイルドな感じを加えるだろう。 彼女らの健康と親近感は受け継ぐが、エッジのある感じを加えたガールズグループになりそうだ」と言ったのがすべてだ。 しかし、インタビューをした記者たちがインパクトのある記事のタイトルを作ろうとしたため、「ワイルド+エッジ」という新造語を作り出したのだ。 そしてTWICEがデビューして以来、記者たちがまず「ワイルドエッジ」のコンセプトについて質問すると、「TWICEのコンセプトはワイルドエッジ」になってしまったのだ。 実際にTWICEのV放送に出演したパク·ジニョンは「ワイルドエッジ」について全く知らなかった。

誰も出所を確認しないまま時間が経ち、結局TWICEデビュー初期のコンセプトはワイルドエッジというのが定説になってしまったため、2017年11月1日に放送された週刊アイドル327話では隠された「ワイルドエッジ」を探すコーナーも行われた。 そして18年11月「YES or YES」で 久しぶりにワイルドエッジに戻ってきた。帰ってきそうで結局FANCYとBreakthroughでワイルドエッジが何かをはっきり見せてくれた。

ミニ4集アルバム前までは、パクジニョンが作った歌をタイトル曲に使ったことがない二つのグループの一つだった。「カラーポップ」を追求するコンセプトで、デビュー後3枚目までタイトル曲はブラック·アイド必勝が担当し、スペシャル·アルバムはJYP所属の作曲家イ·ウミンと日本の作曲家脇坂まゆの共同作曲だ。 そして17年5月にリリースされたミニ4集アルバムで初めてパク·ジニョンがタイトル曲のSIGNALを作曲することになった。 以後もミニ5集アルバムのタイトル曲「What is Love?」と初の日本正規アルバムのタイトル曲「BDZ」、ミニ8集アルバムのタイトル曲「Feel Special」を作曲するなど、引き続きタイトル曲を与えている。

年齢は95年生まれのナヨンが一番年上で、中間ラインの96年生まれ(ジョンヨン、モモ、サナ)達は早生まれのジヒョ(97年2月)まで含まれ、仲良くタメ口を使っていた。 97年生まれのミナは、17年5月まではジヒョを除いて「お姉さん」と呼んでいたが、結局ジョンヨンの主導で96-97年生まれの大統合宣言をし、ジョンヨンからミナまで5人のメンバーが友達として付き合うことにした。 実は96年11月生まれから97年3月生まれだから半年も違わないので。。。しかし、ミナは今もしばしばジョンヨンを「お姉さん」と呼ぶ。 98年生まれのダヒョンから年下ラインであり、チェヨンとツウィは99年生まれの同い年だ。全員北東アジア出身なので、の干支の概念を持っておりナヨンが亥年、ジョンヨン、モモ、サナ、ジヒョが鼠年、ミナが酉年、ダヒョンが寅年、チェヨンとツウィが兎年である。

年齢、序列、敬語の概念がほとんどなく、最年長のナヨンから末っ子のツウィまで、分け隔てなく親しく過ごしている。 もちろん年の離れたメンバーは「お姉さん」と呼ぶが、敬語は放送用でない限り使わない。 96-97ラインの5人が全員6ヵ月以内に生まれて3月生まれのミナまで早い年生を適用、同い年で過ごしており、給食団も仲良く過ごしている。 このようなチームの雰囲気とは逆に、ティーザー映像の公開、Vアプリの個人映像、写真集の順、さらにフォトカードの包装まで、公式的な場合には無条件に年齢順に整理されていて、妙な対比となる。

メンバー全員を呼ぶ時は、生まれた順に頭文字を取ってナジョンモサジミダチャツ。同じ年でも誕生日まで考えてジミー(ジヒョ、ミナ)、チェツ(チェヨン、ツウィ)と呼ぶ。 実はこうなったきっかけが知り合いのお兄さんで紹介されたが地方ファンサイン会ダヒョンがしばらくトイレに行った際に確認できないまま出発して後でダヒョンを迎えに来たのが決定的な理由になったという。その後は何かをする時に必ずナジョンモサジミダチャツを確認するという。 そして、これはTWICEの象徴になり、前述したようにティーザーからフォトカードの包装まですべて異変がなければ、必ずナジョンモサジミダチャツの順に出る。

JYP入社日はジヒョ - 2005年7月15日、ジョンヨン - 2010年3月1日、ナヨン - 2010年9月15日、サナモモ - 2012年4月13日、チェヨン - 2012年6月6日で、ダヒョン - 2012年7月7日、ツウィ - 2012年11月15日、ミナ - 2014年1月2日で、練習生期間はジヒョ - 10年4ヵ月(3750日)、ジョンヨン - 5年8ヵ月(2060日)、 合わせれば14、404日(39年5ヵ月18日)だ。

SIXTEENに投入される前は練習組別に分かれて練習するJYPの方針に従って、シックスミックスデビュー組だったナヨン、ジョンヨン、ジヒョが一つのグループ、日本チームのモモ、サナ、ミナが一つのグループ、キッズチームのダヒョン、チェヨンはチョン·ソミと交わっていたという。 ツウィは、他の外国人練習生たちと 仲が良かったという。 このように以前はお互いに知り合いでよそよそしい間柄だったメンバーもいたが、SIXTEENで泣き笑いながら親しくなったのが今のチームワークに役立ったという。

JYP所属アーティストの中で初めて専担TFチームができたグループだ。 それも主務部署と同じ役職で、社長チームのすぐ下にある独立した部署であり、twicetagramのJYPスタッフ名簿によると、職員が10人に上る。 2015年に行われたJYPエンタ一内部の調整後にローンチされたため、恩恵を受けたようだ。 TWICEの2年目頃に解散し、アーティスト3本部に改編された。

全員で宿舎生活をしているが、2017年下半期まで使っていた宿舎ではナヨン - ジヒョ - ミナ - サナの4人が一番大きな部屋、ダヒョン - チェヨン - ツウィの末っ子ラインが真ん中の部屋、ジョンヨン - モモが一番小さい部屋、このように4人、3人、2人で部屋を分けて過ごしていた。 特に厳格に分けたわけではなく、スケジュールや状況によっては他のメンバーのベッドで寝る場合も多い。 各部屋の特徴を見ると、メンバー全員が最も汚い部屋で4人部屋を指した。 人数が多い上に、外国のメンバーたちの すべての生活道具があるから、荷物自体が多いからだという。4人部屋の場合、平均就寝時間は早朝3~4時だという。 スケジュールが遅く終わることもあるが、騒いで話をするために遅く眠る場合がほとんどのようだ。 3人室は給食団が使用し、2段ベッドの上階はチェヨン、下階はダヒョンが使い、ツウィは隣にプライベートベッドを使うという。 普段は一番静かな部屋だが、ナヨンとジヒョのようなお姉さんたちが入ってきて遊んでほしいとねだるそうだ。 2人室はジョンヨンとモモが同じベッドを使っているが、途中に大きな人形を置いて寝るという。 この2人は2人だけ部屋を使っていたためか、親しくなり、チーム内では「夫婦」とからかわれる。 TWICEのエレガントな私生活やV LIVEなどの放送で明らかになったところでは、複層構造になっているようだ。 リビングは9人が集まれるよう十分に広く、メンバーが過ごす部屋の他にも衣装部屋があるなど、かなり良い環境の宿だ。 一時、2017年下半期にJYPが社屋を移転するのに合わせてTWICEも宿舎を移転したと伝えられたが、これは間違った情報だ。 V LIVEから変わったルームメートのためにこのように知られているが、このルームメートとは日本の宿舎のルームメートのことだ。 そのため、韓国宿舎を移転したかどうかは分からない。

9人もいるが、宿舎にバスルームが3つあるのでそれほど不便ではないという。 シャワーを浴びる時は順番なしに先に起きてすぐ入るという。 ナヨンとジヒョはスタイルが反対で重ならないため一緒にシャワーを浴びる場合が多く、チェヨンとツウィはかかる時間が似ているという。 最も時間がかかるのはダヒョンで、その次がサナだが、サナはそれなりの時間調節が可能だという。 ただし、ダヒョンのVアプリで、「リアル入隊プロジェクト『本物の男』に行ってきて以来、シャワーの時間が大幅に減った」と話した。 推測すると、軍隊は何でも10分以内にぎっしり詰まっているため、そうなったようだ。 一番最近(2018年10月知り合い)に明らかになった話によると、相変わらず浴室が3つある宿舎で暮らしていることが分かった。

メンバーが多いため、移動する時は2台のバンに分かれて乗るが、序列の概念が薄いTWICEらしく、特に決まった車や配置なしに、そのつど乗るという。 2016年まではカーニバルを利用し、ヘメコ(ヘアメイク、コスメ、コーディネート)チームが同伴する際には3台が動員されたこともあった。 2017年に際してスターレックスに車種を変えた。 移動が多く、車で待機する時間が長いアイドルグループらしく、車で気の利いたゲームをしたり、音楽を大きく流して大声で歌ったりすると。 モモはほとんどの時間を寝ており、ツウィは眠る時もしっかりとした姿勢で目だけをつぶっているという。

他のメンバーはみんな右利きだが、ジヒョとジョンヨンは左利きだ。 ただ、二人とも箸は左手で使い、鉛筆は右手を使うという。

少女時代とともに誕生日と血液型が分布している。 誕生日はジヒョ(2月)、ミナ(3月)、チェヨン(4月)、ダヒョン(5月)、ツウィ(6月)、ナヨン(9月)、ジョンヨン - モモ(11月)、サナ(12月)。 そして血液型も一人もいないAB型を在外するとA型が4人(ナヨン、モモ、ミナ、ツウィ)、B型が2人(サナ、チェヨン)、O型が3人(ジョンヨン、ジヒョ、ダヒョン)である。 おまけにチェヨンは(Rh-)な珍しいケース。 デビューするまで一度も血液型検査を受けたことがなかったというモモは、本人の血液型を漠然とO型ではないかと思っていたが、結局「ウサセン」2話で検査した結果、A型であることが明らかになった。 余談として放送される数日前、サナが自分のVアプリで視聴者が質問したモモの血液型に対し、何気なく「A型でした」とネタバレに答えてからミスに気づき、急いで「いや、B型だったのかな? O型?」としどろもどろに言葉を変えた。

メンバー全員が本名を使っているが、モモやサナといった名前も一見芸名のように見えるが本名だ。 サナ、ミナ、モモはみんな日本人でサナは漢字表記が紗夏、ミナは漢字表記が南、モモは漢字表記がなくて日本語表記がももだ。 ただジヒョ、ジョンヨンは改名した。 ジヒョの場合、本名はジスだったけど デビュー前に正式に改名して ジヒョが本名になった。 ジョンヨンの場合、本名のキョンワンから改名してジョンヨンになった。また、実の姉である俳優コン·スンヨンとよく言及されるため、コン·ジョンヨンと連想する人が多い。 ユ·スンヨン、ユ·ジョンヨンが本名。 その他にも名前が3文字以上になることが多い外国人メンバーも全員本名が2文字である点もある。

家族関係は全員両親が元気で、兄弟は妹一人(ナヨン)、姉二人(ジョンヨン)、姉一人(モモ)、一人娘(サナ)、妹二人(ジヒョ)、兄一人(ミナ)、兄一人(ダヒョン)、弟一人(チェヨン)、兄一人(ツウィ)という。 珍しいことに、ジヒョより生年月日が遅いメンバーは女兄弟がおらず、ジヒョより生年月日が早いメンバーは男兄弟がいない。

ペットは犬派が多い。 もちろん宿舎で飼うわけではなく、メンバーの実家にいるが、愛犬家と確認されたメンバーにナヨン(クク)、ジョンヨン(ポソンイ、ナナンイ)、モモ(3匹もいる。 プリン、ラッキー、ペコ)、サナ(イチ)、ミナ(レイ)、ダヒョン(アリ)、ツウィ(グッチ)などがある。

猫を飼っているメンバーはジヒョ(プヨ)がいる。メンバーの中では、動物を怖がるのはダヒョンだけだ。 幼い頃犬に噛まれたことがあり、まだ犬や猫がいると、他の部屋に逃げ出して出てこられないという。 しかし、こうしていたダヒョンが2017年9月に自身のトラウマ克服のため、一匹の子犬を養子に迎えた。 名前は「アリ」であり、「大きい」という意味の韓国語の昔の言葉から取ったという。 サナが飼いたがっているため宿舎ではなく実家で育てているようだ。 ジヒョは犬が好きではあるが、まともに飼ったことがなくて、どのように犬を抱いたり可愛がったりしていいのか分からなくて気軽に接することができないという。 最近は、Vアプリの放送中、「猫を飼いたい」とも触れた。 モモの場合は犬の毛にアレルギーがあり、触るとくしゃみをして肌トラブルになるが、実家に3匹もいるため、あまり気にせずに連れて遊ぶという。 その他にもナヨンはコン·スンヨンの猫が好きだと言いながら表情を真似するなど、特にペットを隠すことはないと見てもよさそうだ。

外国人メンバーのミサモツは、母国の基準で見れば背が高い。 ツウィ(170cm)は言うまでもない長身で、日本人メンバー3人のモモ(163cm)、サナ(163cm)、ミナ(163cm)など日本人女性としては大きい方だ。 TWICEメンバーが靴を履く時、ツウィだけは他のメンバーとの身長バランスを調整するために、よほどのことではない限りハイヒールを履かない。


ONCEたちによってTWICEメンバーたちの習慣が明らかにされたことがある。 ミナは気分がいいとペンギンのようにぱたぱたさせ、サナは食べ物を持って食べる時はいつも丁寧に両手で食べ、ダヒョンは恥ずかしい瞬間に髪の毛で目を覆い、ナヨンは遠くにいるのを見る時は手で望遠鏡を作って見るという。モモは何かを表す時、手を丸く合わせて表現する習慣と大きな食べ物を食べる時、舌を出す習慣がある。 ジヒョはいつも話す時、 両手をたくさん使う。

メンバーたち、特にミサモのくしゃみの音がかなり独特だ。 サナは咳をする時、咳をした後に「アバババ」と声を出したり、モモは「エッチィヘイヨ」と言うので、~"このような音を出してミナは、探しているミナらしく最初から声を出さない。意外にもジヒョは疲れた時に起こすと吠えるという。 メンバーたちの名前で、 ナヨンチェのようにアドリブをする。 トゥドゥンイ(TWICEのあだ名)はメンバーらも、ファンも使う。 代表的な例はシン·ナナヨン、隠れたヒョン、恥ずかしいジヒョなど。

練習生時代から尋常ではない過程を経験したグループなので、涙もろいメンバーがいる。 特にお姉さんラインがそうであり、ナヨン、ジョンヨン、ジヒョが涙3大将なのでよく涙を見せる。 練習生期間が長く、シックスミックスのデビュー失敗とサバイバルまで経験し、気苦労が多かったためだろう。 ミナ、サナ、モモもある程度、泣く方だが涙が出るほどこらえる場合が多い。 中でもツウィは公式席上で一度も涙を見せたことがないことで有名だったが、2016年6月27日に放送された「冷蔵庫をお願い」で中国フュージョン料理を食べていたところ、母親を思い出し涙を見せた。しかし、最近のメンバーの報告によると、ツウィはメンバーたちが一緒にいる時、 一番よく泣くメンバーだそうだ。

SIXTEENで結成されたチームだが、メンバーのほとんどがSIXTEENをまともに見たことがないという。 何度も再放送が流れているがその過程がとても大変で、苦楽をともにした練習生のうち数人が脱落しては会社をやめるなど辛い記憶を思い出してしまうからだという。 一例として、ある放送でソミを応援するために放送を見ているが、SIXTEEN時代の場面が出るとメンバーたちが粛然とした。 一番最近、2018年5月のVアプリでも3年も経っているのに、SIXTEENの話はできるだけ避けようとし、よくない話が出た時はあえて隠そうとする姿も見られる。

TWICEの母体は、JYPで2014年にデビューしようとした6MIX(シックスミックス)というグループだった。 名前の通り6人デビューを準備したところ、メンバー脱退とセウォル号沈没事故でデビューが延期されていたがかなわなかった。この6MIXのデビュー失敗後、そのメンバーを中心に行われたのがSIXTEEN。

これまでJYPは大衆性に基づきファンのケアには一切気を使わない運営方式を固守してきたが、TWICEとGOT7からはアイドルマネジメントにかなり気を使っている。

ファンサイン会が長いことで有名だ。普通、ファンサイン会は1時間内、長くても2時間以内に終わるのに対し、TWICEのファンサイン会に参加すれば、基本3時間は待たなければならない。

サードアルバムの活動をしながらもこのような流れは変わらないため、ファンサイン会で最初に挨拶をする際、「'私たち3時間楽しく話して遊びましょう」と宣言する。 この傾向はコンサートでもそのまま続いて30分オーバーするのはよくあることで、当該コンサートの最終日の場合、1時間半近くオーバーする場合もある。 このため2回目のコンサートでは「終電よりTWICE」というスローガンが使われたりもした。

チーム名のせいか、数字「2」と関連がある。 もちろん意図的に探すために生じた現象だが、数字「2」がこの人以降、特にネチズンの間で認知度が高いことから目立つのが事実だ。 ネットユーザー同士で言及した話だったが、2016年2月22日TWICEデーネタ大爆発と共にジヒョがVアプリで「2月22日TWICEデー」と言及したことで所属事務所でも数字の2に気を使っていることが明らかになった。 デビュー序盤、音楽番組の順位やアユクデで2位をたくさんしたことで、コンラインというイメージもできたが、ミニ2集(ここでも2が…。)の「CHEER UP」から各種記録を総なめし、コンラインのイメージから抜け出し、今は公式ファンクラブを創立する時、会員番号2、22、222、2222のONCEにサインCD贈呈イベントをするなど、数字「2」をギミックに使っている。

韓国語の実力はサナ-ミナ-モモ-ツウィの順だそうだ。 でも一番韓国滞在期間が短いミナが実力向上がすごく早く、モモを追い越した。

韓国生活が長くなり、最近は日本人メンバー同士でいる時も韓国語で話すという。 実際にTWICELIGHTSコンサートを終えてモモとサナが2人で休暇でハワイ旅行に行った時、2人の日本人が韓国語で話しながらショッピングをしているのが目撃されたこともある。

日本人メンバーの故郷がすべて関西地方だ。 サナは大阪、モモは京都、ミナは神戸に住んでいるところがかなり近い。韓国で言えば釜山(プサン)、慶州(キョンジュ)、蔚山(ウルサン)程度である。ツウィは台湾台南出身だ。

メンバー全員がチョッパル(韓国料理で豚足を焼いて野菜で包んで食べる料理)を好む。 モモが初めて言及して以来、どこでも食べ物の話が出れば、豚足の話から出る。 ファンサイン会での証言によると、サナがファンに「終えてどこ行くんですか?」と聞いた時、ファンが「家に行かないと」と言うと「豚足食べに行くんですか?」と言って喜んだという。 結局、その名声の通り、2016年の旧正月特集アイドル陸上選手権大会で応援に来たONCEに豚足弁当をプレゼントしたという。 豚足以外にも様々な料理があり、ナヨン - お菓子全般、ジョンヨン - 辛いトッポッキ、サナ - 辛いものとカンジャンケジャン、ミナ - ユッケ、ダヒョン - チョコレート、ツウィ - 寿司、うなぎなどを好むという。よく食べることで有名なTWICEだが、全体的に料理の実力はない方で、シェフの父から肩越しに身につけたジョンヨンが少しできるという。その他には、サナが簡単な料理を作ることができ、普段料理に自信を持っていたモモが意外と不器用だという評価。その他にも、流行のように好まれる食べ物が取り上げられている。 チーズラッポッキ、蒸し鶏、酢豚、カニみそなど一度刺さるまで食べ、他の食べ物に乗り換えるように。


宿舎の掃除担当はジョンヨンだそうだ。 運動するのが面倒だから、 代わりに掃除をするという。さらに、腹が立ったりストレスが溜まったりすると、掃除機をかける。 ただ、自分一人でするのではなく、メンバー全体に掃除を強要するため、「宿舎ママ」という異名がついたという。 そんな宿屋のママの証言によると、一番言うことを聞かないメンバーはモモだが、小言を言うと「はいはい」と答えるが、あまり動かないという。 一番言うことをよく聞くメンバーはサナだが、よく聞くだけで、よく忘れるという。 一番上の姉のナヨンは言うことをよく聞く方。 その他には皆小言によく従うという。

一番よく寝るメンバーはダヒョン。 早く寝て早く起きるという。一番真面目なのは、ツウィで、スケジュールが遅くに終わっても、宿舎に戻ればストレッチと簡単な運動をした後に寝るという。 ジヒョが3日間、マネしてみたけど 地獄のようだったという。 ツウィが翰林芸能芸術高校に入学してからは、登校のために起床する時、ツウィが一番よく起きるという。 ダヒョンとチェヨンはベッドでぐずぐずしている方。ツウィは一番先に起きる秘訣を聞くと「誰も起きないから私が起きなければならない」と答えた。

一番背は末っ子のツウィが高く、同い年のチェヨンが一番低い。

メンバーごとに象徴する動物たちがいる。 動物は似ていたり(ナヨン、サナ)、イメージが似ていたり(モモ、ジヒョ、ミナ、チェヨン)、その動物に関する個人技を披露したり(ジョンヨン、ダヒョン)、または単に好きな動物(ツウィ)で、ファンの間でよく言及される。 年齢順に表記すると、ナヨン - ウサギ、ジョンヨン - ダチョウ、モモ - タヌキ、サナ - リス、または砂漠キツネ、ジヒョ - ミミズク、ミナ - ペンギン、ダヒョン - ワシ、チェヨン - ヒョウ、ツウィ - 子犬だ。 クムソン·ワンスによってTシャツとしてデザインされたこともある。 最近、サナは柴犬に似ていると言われている。 また、サナに似ていたり似たような動物ではないが、サナがたどたどしい発音で恐竜を「骨竜」と発音するのがかわいくて、恐竜もしばしば言及される。 その度にサナは機転が利くように可愛い顔で「クアアン!!」と受け止めてくれる。 チェヨンはヒョウだけでなく、ライオンとも似ていると写真が掲載されている。

メンバーの一部に似たポケモンがいて、各メンバーを象徴するポケモンもいる。年齢順に表記すると、ナヨン - ゼニ、ジョンヨン - イ·サンヘさん、モモ - コラパドク、サナ - パチリス、ジヒョ - プリン、ミナ - ペンドリ、ダヒョン - ヒトカゲ、チェヨン - チコリタorピカチュウ、ツウィ - イブだ。 上の象徴動物のように似ていたり(ナヨン、ジヒョ、ジョンヨン、ダヒョン)、特技があったり(チェヨン)、ただ象徴動物と関連付けたようだ。 インターネットで調べてみると、上に並んでいるポケモンに当該メンバーの顔を合成した写真が多いが、それとなくシンクロ率が高い。

ファンとのコミュニケーションを頻繁に行う。 インターネットで流行っていることやニックネーム、似ているものなど全部知っている。 全体的にVアプリを多く使用し、特にジヒョ、サナが多く使用している。

マネージャーがファンの間で非常に人気がある. 他のアイドルグループのマネージャーとファンの関係がオンラインゲームのGMとユーザー(良く言えば愛憎、悪く言えば甲乙)の関係であるのに対し、TWICEのファンの多くはマネージャーを「親切だ、ウィットがある、苦労するのにも優しい、フィードバックが早い」と評価する。 事実、てんやわんや騒ぐアイドルファンを規制すると、強圧的な態度をとりがちだが、そのようなマネージャーがファンの間で評価が良いというのは容易ではない。 特に放送出演が多いチョン·ジュンギル(AKA.ザルジャリ)マネージャーをはじめ、チョン·ヘジュン(AKA.テンド)マネージャー、キム·ナヨン(AKA.悲しみが)マネージャーなどの有名マネージャーはファンサイトで別に投稿があったりフォトショップ処理された動画が生産されるほど。

「LIKE OOH AHH」の活動中、「Let Me See~」で始まるダンスブレイクを音楽番組の舞台に立つたびに異なるパフォーマンスを披露した。

ダンス歌手なので基本的に体が柔軟で運動神経が良い。メンバーのうちナヨンを除いて全員開脚が可能であり、特にミナとダヒョンはとても体が柔軟だ。ジョンヨン、モモ、ツウィは腕力もある方で、チェヨンとジヒョはそれなりに走るのが速い。他のメンバーに比べて運動神経が相対的に良くないと思われるメンバーがナヨンとサナだが、この2人は野球場始球式で見事な投球と打撃姿勢で反転を見せたりもした。 サナはインタビューで、「柔軟性には問題がないが、バランス感覚はゼロだ」と認めた。

デビュー直後からあまりにも多くのスペシャル舞台をしてきたためか、メンバー自ら振り付けのミスが多かったことを告白したことがある。 実際、1回用の放送である上、他のグループの曲をしたり、最初から多くのグループのメンバーと一緒にコラボ舞台を作ることが多かったため、練習量が保障されていないことを考慮しなければならないようだ。 「知り合いのお兄さん」TWICE編ではクイズの正解として「私たちみんなが振り付けの穴(韓国語でよく間違える人の意味)」と言いながら飛び跳ねながら楽しんだりもした。 実際は様々なライブステージを集計した結果、サナとジョンヨン、ツウィがミスを頻繁に起こしたという。 ナヨンは本人自ら、「気づかなかったが、些細なミスが多い」と打ち明けた。 しかし、その中でもモモとミナはほとんど振り付けのミスがないというから、やはり「ダンシング·マシーン」と「バレエ」11年経歴者。

燃料比の効率が最も高い芸能ゲストだ。 所属事務所自体が個人技やオーバーするリアクションを勧奨しておらず、特に楽しみのための芸能MSGを警戒している。 パク·ジニョンPDの芸能哲学である「ありのままの自然な姿」をデビュー前のSIXTEENから教育を受けたせいか、無理のない姿を見せてくれる方で、これがかえって自然な笑いを引き出す。ただ9人に時間さえ与えれば、勝手に作って放送分量をきちんと作り出す。 また、(どのガールズグループも同じだが)独自の番組などでは面白い姿を見せてくれており、芸能人または放送人として成長している段階なので今後発展することが期待される。 特にデビュー3年目を迎えたミニ4集「SIGNAL」の活動期間に出演した各種番組で、平然と瞬発力のある姿で活躍し、相対的に物足りないと思われていた芸能の方でも好評を得ている。 さらに、ヒョンドンとテジュンがMCを務める週刊アイドルシーズン1と現在MCのアイドルルームを経て、ドニコニが芸能人に育ててくれたという評価が多い。 これはアイドルルーム家庭訪問特集の際、JYP新社屋を訪問してパク·ジニョンと会った時、パク·ジニョンもダヒョンをはじめとするメンバーをヒョンドンとテジュンが芸能人に育てたと認めた。

1集ミニ活動期に国防日報が将兵560人余りを対象に「国軍放送慰問列車に必ず招待したいガールズグループ」を調査した結果、TWICEが2位を占めた。 その後、ミニ2集活動後は「軍生活で元気になる歌」でCHEERUPが1位を占めた。

毎度アルバムのタイトル曲ごとに ミュージックビデオがとても反応がいい。 YouTubeのM再生数を基準に、デビュー曲であるOOH-AHHは男女ジャンルを問わず同年のデビュー新人の中で最高の成績を記録し、その後も着実に上昇し、2016年11月11日、K-POP歌手としては初めてデビュー曲のM再生数1億を突破した。( サイの記録を除く)

メンバーたちの半分が外国人なので、メンバーの国についても慎重に考える。 台湾ではツウィがTWICEメンバーに抜擢されたというニュースが話題になり、2015年には話題の人物に登録されたこともあり、YouTubeや人気度調査では韓国に次ぐ強力なパワーを誇っている。 日本の場合、あまりにも市場が大きいため、台湾ほどの反応ではないが、少なくとも韓流ファンの間では非常に反応が熱いグループの一つ。 本格的に日本進出を果たした後、日本側のマネジメントを担当しているワーナー側が予想していた以上に反応が熱い。 特に日本のガールズグループは極度の男性ファンダム消費に依存する傾向が強いが、TWICEの場合、紅白歌合戦選好度調査で男女性比が52:48と出るほどJK(女子高生)と呼ばれる10~20代女性ファンダムが強力だ。

V LIVEをよく利用する。 デビューを準備していた頃からTWICE TVという名でVアプリのリアルタイム放送を行ってきた。 特に「Like OOH-AHH」の活動が終わると、パーソナリティ放送を始めたが、メンバー個人の魅力アピールと共に、非活動期のネタを欲しがるファンの要望に応えてくれている。 公式的に公開される定期的な放送も豊かだが、メンバーたちが突然始める急な放送が多いことで有名だ。 特にナヨンとサナスポの妖精たちが頻繁に放送を始め、たまにはほぼ全メンバーが交代でVアプリ放送をする場合もある。 2016年9月基準でVアプリ放送回数1位にランクされており、再生時間は計47時間に達する。

KBOリーグ、LGツインズの始球式で各メンバーが好む数字に背番号が決まった。 2016年4月3日のピンカイベントでメンバーたちが明かした背番号の意味は、ナヨン(TWICE9(!!!)名)、ジョンヨン(好きな数字がなくて0)、モモ(お父さんのアメリカンフットボール背番号64)、サナ(12月生まれ)、ジヒョ(2月1日生まれ)、ミナ(日本語で3(3)がミツ(みっつ)、ダヒョン(7)がナナツ(ななつ)、2桁の頭文字をとってミナ(みな)、ダヒョン(7月7日に入社と、デビューが決まり、チームの年齢順も7番目、出席番号も7番)チェヨン(2と9をかけて当時の年齢の18)、ツウィ(何となく25が良い)。 その後「One More Time」日本活動衣装にもこの数字が小さく入ったが、日本のインタビューでサナ(12)とジヒョ(21)は誕生日と共に1、2がそれぞれONCEとTWICEを意味すると説明し、ツウィは「25」が「私がきれいに見えて」と初めて明らかにしたので、メンバーたちは驚きと爆笑を禁じ得なかった。

LGツインズの始球式、試打を頻繁に引き受けている。 SIXTEEN撮影の際にはネクセンヒーローズの始球式、試打を行っていたが、TWICEでデビューしてからはLGツインズに移籍することになった。 双方のファンは、「TWICE」と「TWINS」のスペルが似ているという点に言及したりもする。 TWICEメンバーたちが蚕室野球場で行われたLGツインズのホーム試合の始球式と試打を担当したのは、同年4月2日(土)ハンファ:LGの試合でジョンヨン-ツウィ#と5月31日(火)KIA:LGの試合でナヨン-サナ#、10月16日(日)ネクセン-LGの準PO第3戦でミナ-チェヨン#、そして10月25日(月)NCとLGのPO第4戦のジヒョ-モモまで、一シーズンに一つのグループが4回もマウンドに上がったのは前例がない。 ちなみに、この日の始球式は、TWICE始球式の全勝というLGフロントの迷信から始まったもので、当時の試合で勝たなければ次の試合を望めなかったLGの切実さをうかがわせる。 2017年4月5日、LGの蚕室でのホーム試合でダヒョンの始球式が予定され、9人ものグループが全員始球式始球式という珍記録を残すところだったが、雨天のため中止となり、その後タイのコンサートに出国することになった。 2017年7月7日、LGの蚕室(チャムシル)でのハンファ戦でダヒョンが始球式を担当することになったが、また雨天のため中止となった。 悔しさのあまり、始球式は一度も行わなかった雨天セレモニーを行った。2018年4月1日、KIA:LGの試合でナヨンの始球式を担当した。そして、この時LGが勝利した。 2018年9月22日、kt:LGの試合でジョンヨンが始球式を担当した。 しかし、ジョンヨンが野球場にいた時はLGが勝っていたが、ジョンヨンが野球場を出るや否や万里のランを打たれてLGが敗れた。 2019年4月15日、斗山(トゥサン):LGの試合でモモが始球式を担当した。 しかし、LGの投手たちが斗山の打線に完全に打たれ、再びLGが敗れた。 2019年10月10日、キウム:LGの準PO第4戦でついにダヒョンの始球式が成功した。 しかし、この試合で負ければ脱落だったLGは、試合後半、「育てる」打線に押され、脱落してしまった。

試験によく出題されるグループである。 日本語の試験例文の登場人物がモモ、サナ、ミナであることはよくあり、国語、社会、倫理など試験例文の登場人物がTWICEメンバーで埋められていることが多い。 中高校の中間期末試験後に試験紙の認証が何回も行われるほど。 2017年1学期期末TWICE試験問題集、さらには大学修学能力試験に備えた模擬試験の筆跡確認用のフレーズがCHEER UPの歌の歌詞である場合もあった。 中学校の国語の先生がサナに対するファンの告白で数多くの例文を作って学習紙に配って話題になったりも。 さらに、国会5級公務員を選抜する立法告示にTWICEメンバーを暗示する「禅旨」が出題された。 サナ、ジョンヨンは言うまでもなく、ミョン·ジョンナムはミナの本名を韓国の漢字音(名井南)の読みを変えたのだ。 この程度はモモの本名である平井モモからモモを漢字である「桃」に変えてからまた頭文字「平」を韓国式の名字「李」に変えたものだ。 パクジスは、ジヒョの改名前の名前だ。 しかも出生した月まで全部同じなため、TWICEオタクが出題したのだ。 2019年の立法告示にまた出題された。 ジスはジヒョの改名前の名前、キョンワンはジョンヨンの改名前の名前、ナボンはナヨンのニックネーム。

正式デビュー以前に日本の芸能人の中でTWICEの本物のファンと言うは日本のファッション誌セブンティーンのモデルである江ノ沢マナミとジャニーズWESTがいる。 江ノ沢マナミは少女時代の日本ショーケースまで行くほど心の厚い人徳だったが、SIXTEENの流入に「LIKE OOH AHH」のカバーダンスがセブンティーン公式ツイートに出たり、横田真由とのティティダンスがインターネットで記事になったりもした。 ジャニーズ·WESTは台湾系が含まれた関西出身メンバーのグループで、もともと韓流に関する言及をよくする方だったが、「CHEER UPはあまりにも目立つのでTT踊ってほしい」という応援道具を作っていたファンがいたほどだ。

9月19日に行ったvアプリ(49分54秒から)で、サナが明かしたところによると、ダヒョンとツウィを除いた全員がピースを使っているそうだ。 ツウィは髪の毛が多くて、ダヒョンは髪を染めても髪の毛が傷まないと言っていることから、頻繁なカラーリング、脱色、パーマなどで髪が切れ、層ができて仕方ないようだ。

あいにくにも海外旅行に行く番組で2度ともメンバーのうち1人が抜けていた。 「TWICE TV 5」の撮影当時は、ジヒョが膝の負傷で参加せず、「団結しなければ浮かない」の撮影時にはダヒョンが負傷で参加できなかった。 結局、メンバーの願いの一つであった「メンバー全員での海外旅行」はTWICE TV 6 人シンガポール編で実現することになった。

日本では雨女ギミックがある。 日本の放送でのインタビューで、「日本に来るたびに雨が降る」と言ってジヒョが最近習った単語であれを話したが、あいにくその時も外では台風の影響で暴雨が降り、サナがジヒョを「雨女」に追いやった。 しかし、ジヒョは始球式の度に雨天中止になったのはダヒョンが原因ではないかと反論し、まだ検証が終わっていない状態。

2010年代初め、李明博(イ・ミョンバク)政府で韓日関係が急速に冷え込んだされたことがあってその後大韓民国の芸能人たちはずっと紅白歌合戦に出演していなかった。 しかし、2017年末、ついにTWICEが紅白歌合戦に出演し、6年ぶりに大韓民国の芸能人が紅白歌合戦に出演することになった。 メンバーの中でミナ、サナ、モモが日本人であり、韓国で日本人として活躍しているこの3人のメンバーによってTWICEが紅白歌合戦に出演する機会を得た。(紅白歌合戦に出演したTWICEはTTの日本語ver.を歌った。)

TWICEメンバーは、特に○ト○というニックネームを持つメンバーが多い。 最初の○にはそのメンバーの名前の頭文字が、2番目の○にはそのメンバーの特徴の頭文字が入る。 例えば、サトヌル、ユトマク、ドゥプトカ、ツトヌクなどがある。

2018年初めにオヒョン高の生徒たちが「Likey」をパロディーしたこの映像がインターネットで話題になった。 オフィシャルツイッターでもリツイートされ、トゥドゥンイたちも見て大笑いしたという。 その後、同じオヒョン高校の学生たちが2019年初めに「What is Love」のパロディ映像をアップロードした。 その他にも果川文園中学校の学生たちが2016年にTTをパロディーした映像も話題になった。この時もメンバーたちが見て、ありがとうと言ったことがある。

2018年1月16日、KBSコメディアンのアン·ユンサンが運営する吹き替えシン·アン·ユンサンYouTubeチャンネルにTWICEの「Likey」をパロディ化した動画がアップされた。 有名政治家や俳優らをモノマネし、PVに該当人物の写真を編集したギャグ性パロディ映像だ。 現在ユーチューブの原本映像は非公開状態で、フェイスブックにファーム映像が残っている。

2018年6月7日、アン·ユンサンが前回の映像はLikeyのミュージックビデオの著作権のため削除されたもので、それで再び映像を新しくアップロードすると言って再び映像をアップした。

2017年初めにKnock Knockカムバック活動から2018年末まで、あまりにもタイトなスケジュールを持っていた、2017年2月20日にKnock Knockでカムバックし、同月24日に日本デビュープロモーションWhat's TWICE?、3ヵ月後の5月15日にSIGNALカムバック、1ヵ月後の6月28日に日本デビューベストアルバム#TWICE、4ヵ月後の10月18日に日本シングルアルバムOne More Time、同月末の30日に日本の年末2ヵ月後のアルバム、12月末に日本のステージにカムバックし、12月末には日本p カムバック、その後2ヶ月目の4月9日にWhat is Love?カムバック、そして急にデビュー当初はしなかった大学祭に出演したこともある、1ヶ月後日本Wake Me Up カムバック、そして5月20日に国内コンサート、その後8月まで日本と東南アジアの海外コンサートツアーがあり、7月に韓国にもう一度カムバックする。 そして9月には日本の正規アルバムを発行し、10月には3周年まである。 平均的に見れば、3ヵ月に1度ずつカムバックするが、ここの国内放送スケジュールやコンサート、大学祭、年末舞台などを考えれば、あまりにも性急な気がする。

最近、メンバーらがTWICEの公式ツイッターでサーチを行っているという。 実際、ファンの作品を見てVアプリで認証したりもした。 そのためツイッターに常駐するONCEたちは「TWICEが見守っている」というスローガン(?)で常に議論を起こそうとしない。

投票を一生懸命にやる。2016年から記念写真を掲載してきた。

7月20日付の「ミュージックバンク(DanceTheNightAway)」で、1位の公約で氷を口にいれたままアンコール舞台を披露した。

メンバー全員がアイドルルームのTシャツに挿されている。 第10回で初出演した時、モモがアイドルルームのTシャツに目をつけて空港ファッションを公約に掲げてもらった。 26回に出演して長袖Tシャツを獲得した。 アン·ユンサンが前回の「Likey」のパロディーに続き、今回は「Yes or Yes」でパロディーをアップした。 文在寅(ムン・ジェイン)、李明博(イ・ミョンバク)、安哲秀(アン・チョルス)などのほかにキムジョンウン、トランプ、トオル、朴元淳(パク・ウォンスン)などさまざまな人物たちの声帯模写が出ている。

2018年11月28日、日本でTWICEの公式パズルゲーム「TWICE-GO!GO!Fightin'-」が発売された。 韓国では設置不可である。

2019年1月15日にインドのAiplex Software Private Limited社でLIKE OOH-AHH、LIKEY、YES or YESに対する著作権虚偽の申告をしてミュージックビデオが削除されるハプニングがあったが、現在は正常に復旧している。 同社はその前から、有名ポップ歌手のPVに虚偽の届出をしたり、一般ユーチューブにも虚偽の届出をするなど、海外でも有名な会社だ。 その他にも1月15日BLACKPINKのDDU-DU、ジェニのソロ、ヴィのSINGUARITYが削除されたが、再び復旧された。

アユクデメダルは計3個を保有中。 金1、銀2個で、いずれも旧正月大会で獲得した。 金メダルは2017旧正月新体操のミナ(ボール)、銀メダルは2016旧正月シルム(ナヨンモモジョンヨン)と2019旧正月アーチェリー(ダヒョンチェヨンツウィ)で獲得した。 アーチェリーと共に、陸上、シルム(韓国相撲)、新体操など多様な種目に出場してきたが、2018年からはアーチェリーにのみ出場しており、陸上経歴の長いチェヨンが2018秋夕(チュソク 추석旧暦8月15日の節句)大会からアーチェリーに転向した。 いつからかメンバーたちが引き続きアユッテのMCを務めている。 現在、MCを務めた経験があるメンバーは ナヨン、サナ、ダヒョン、そしてジヒョ。

TWICEの星ができた。 星の誕生日は、2019年10月20日にTWICE4周年を記念している。 星座はLibra、つまり天秤座だ! 座標はRA 15h44m21.12-05°49'50.4' dec 11.37 mag Libで、星サイトはここにある! サイトに入ってTWICEに言いたいことを残せる!

一部のメンバーがガールフレンド級の体格になった。 ツウィとソウォンと背がほぼ同じになり、 ジョンヨンはイェリンと背がほぼ同じになった。 変わったことに、メンバーたちのMBTI結果がかなり変わっている。

まず外向型Eが出たサナを除いて全部I内向型。さらに、サナのMBTIも外向型の中で最も内向的だというENFP。 直観型Nが出たモモ、サナ、チェヨンを除いた残りは全部S現実主義型。 T事故型が出たナヨンを除いた全部F感情型。 J判断型が出たジョンヨンとダヒョンを除いた全部P認識型。

  • 2020年6月ジョンヨンが首に怪我をしてりるという事実を告白した。 カムバック直前に首ヘルニアの判定を受け、MORE&MOREカムバックの準備もできていなかったという。状態は好転しておらず、むしろ心理的な緊張状態と不安感まで訴えているという。結局、10月17日、医療スタッフと所属事務所との話し合いの末、正規2集Eyes wide openの活動と以後の活動にはしばらく参加しないことに決めた。