ダヒョン
다현
ダヒョン.jpg
ダヒョンのプロフィール
基本情報
本名 キム・ダヒョン(金多賢, Kim Dahyun)
誕生日 1998年5月28日
年齢 23歳
出身地 京畿道
国籍 韓国
学歴 城南銀行小学校(卒業)、銀杏中学校(卒業)、ドルマ高等学校 (転校) → 翰林芸能芸術高等学校 (実用音楽科 卒業)
ジャンル K-POP
ポジション リードラッパー、サブボーカル
活動期間 2015年
デビューアルバム THE STORY BEGINS
家族 両親、兄(1996年生まれ)
身長 / 体重 158 cm / kg
血液型 O型
事務所 JYPエンターテインメント
所属グループ TWICE
関連活動 SIXTEEN
あだ名 ダチョウ、ユトゴム、ユトマク、ユジャンク、チョンヨンマム、ユトウル、ユジョン先輩、ガールクラッシュ、ユジョンヘ氏、ノジェム兄、チョンムンイ、チャンヨニ、ヒムジョンヨン、タノスの彼女、ナナン、オンマなど



1 概要[編集 | ソースを編集]

ダヒョンは、2015年10月20日にJYPエンターテインメントからデビューした9人組ガールズグループTWICEのメンバーだ。

キャッチフレーズは「テンションが高い豆腐」で、チーム内のポジションはリードラッパーとサブボーカルを務めている。ギャグのセンス、瞬発力をそなえたメンバー。白い肌とまろやかな頬、かわいい外見が魅力ポイントだ。象徴色は「#fefefe」。 

2 デビュー前[編集 | ソースを編集]

多くの人々がダヒョンと言えば思い浮かべる鷲ダンスは、実はデビューとは関係がない。 小学校6年生の時にやったもので、以後、本人も忘れていたという。

中学2年生の頃、一人で振り付けを作り、音楽を編集して青少年ダンス大会に参加したところ、ちょうどそこにいたJYPのキャスティング担当者にキャスティングされた。

デビュー前はGOT7の「Stop Stop Stop」ミュージックビデオと2PMウヨンのR.O.S.E日本版ミュージックビデオに出演していた。

SIXTEENに出演して以来、ユーチューブでダヒョンの鷲ダンス映像が再び話題になり、このためかSIXTEEN1話ミッションである自分のスター性を証明する課題で鷲ダンスとパセを融合させて披露した。

2.1 SIXTEEN[編集 | ソースを編集]

SIXTEEN放送の序盤は、特有のキャラクターで一番先にファン層を確保し、ティーザー映像の反応も良かった。 特に、第1話で自分の「ワシダンス+ソンバンクラブ」の舞台を見せてくれたが、純粋な外貌と若干の才気から来るギャップが魅力ポイントにつながったのか、SIXTEEN初盤の人気投票で16%を超える得票率を見せて不動の1位に上がった。 初盤より中後半部で魅力が際立つ他のメンバーに比べ、初盤からヘアスタイリングとコーディネートの感覚がすぐれていたり、表情がよく、デビュー前からアイドルの感じがすると好評を受けている。 シックスティーンの序盤はほとんどダヒョンの独走。

しかし、2度目の写真ミッションから視聴者の間で好き嫌いが分かれ始めた。 写真ミッションでマイナーに指名された時、結果を受け入れられないかのように席をしばらく移動しない「悪魔の編集」と評価される放送映像と、4次ミッションで民営と同じく練習に参加せず、残りの2人のチーム員と対立するなどの映像が放送され、勝負欲が強く誠実または謙遜できないのではないかという疑惑で投票率が急落した。本人はこれに対して気苦労が多かったのか、SIXTEENの最後にメンバーたちの前で書き込み関連で涙を流したことがある。

しかし、ミニョンと心からチームメンバーに泣きながら謝罪し、和解した後、熱心に練習して見せてくれたアリアナ·グランデの「Problem」が好評を得て、メジャーにも昇降し、再び投票率も上がった。 余談でデビューした後、ダヒョンがファンミーティングで明らかにしたところによると、MnetのPDがこの悪魔の編集について謝罪したという。 また、デビュー後は特有の気さくさと積極的なファンサービスのおかげか、悪質な書き込みがほとんどなくなった。

序盤に順位圏に上がったメンバーで、事実上有力なデビュー候補だったが、最後まで選抜が確実ではないメンバーだった。 魅力的で可愛い外貌に芸能感もあって代替不可能なアイドルらしいスター性はあるが、当時ダヒョンはラップと歌唱力が足りなかったためだ。第5次ミッションのメンバーが直接選抜した人物評価でも、7人のメジャーに入ることはできなかったが、本人はこれに対し、「こういうことは(指摘されたのだから)私が直せばいい」と淡々と受け入れた。

第6回目のミッションであるゲリラコンサートでもワンダーガールズの「Tell Me」の不安なラップと歌唱力を披露したが、所属していたマイナーAチームが最下位でメジャーには上がれなかったが、コンサートに人を集めるためにハゲワゲダンスまで踊りながら街頭PRをした情熱は高く評価できる。 結局、ファイナルミッションでTWICEとしてデビューするメジャー7人に最終確定したが、パク·ジニョンはダヒョンを選んだ理由として、「実力はまだ不安だが、訓練や練習では得がたい人々の視線を捕らえる特有のスター性をダヒョンが持っているからだ」と話した。

3 ポジション[編集 | ソースを編集]

3.1 ラップ、ボーカル[編集 | ソースを編集]

チーム内のリードラッパーとサブボーカルを担当しており、主にラップ部分をチェヨンと一緒に担当しているが、チェヨンよりは所属事務所からラッパーやボーカルのプッシュはそれほど多くはない。Like OOH-AHHの2番ラップパートはSIXTEEN時代に比べてかなり良くなったチェヨンの音色と対比される中低音大の個性あるラップを見せてくれる一方、収録曲「もう一度して」ではツウィと一緒に初ボーカルスタートを切るが、この時はサナに劣らない明るい音色を聞かせてくれる。しかし、いろいろな面でSIXTEENの時に比べて実力が高いのは事実だが、相変わらずラップではチェヨン、ボーカルでは他の姉のメンバーや妹たちと比べて不安な点が多いのは事実だ。 それでもまだ若いので、着実に発展していく姿を見せてほしいと願うファンが多かった。

ミニアルバム2枚目のPAGE TWOのタイトル曲「CHEER UP」で、チェヨンとラップパートを二分した点と、ラップパートが全体的に増えたおかげで、1枚目よりパートが多くなった。 収録曲の「大切な恋」からボーカル個人パートにラップパートまで占め、ややもするとトークや「I'm gonna be a star」などの歌でも個人ラップパートが多く増えた方だ。

ミニ3集「TWICE coaster:LANE 1」のタイトル曲「TT」では、リフレーンの半分を曲中独占するなど、パートは着実に増えている。そのため、TTでセンターの座を占める回数も、PVや舞台で最も多い。サナの「CHEER UP」シャシャに続くヒット曲「TT」の人気は、音楽放送以後、ダヒョンの可愛くてキュートな映像がSNSを通じて急激に広がり始め、「第2のシャシャ」と呼ばれるほどのキリングパートの一つだ。それでTTひどい特集で短いVアプリをした。

スペシャルアルバムTWICE coaster:LANE 2のタイトル曲KNOCKでは、チェヨンと共にラップパートだけでなくボーカルパートも担当することになった。もちろんパートが少ないが、確かに有意義な変化だ。追加で収録曲「とけます」にもボーカルパートがある。 全体的に収録曲ではラップ、ボーカルまんべんなく入るようだ。

ミニ4集「Signal」では、チェヨンと一緒にイントロを導き、第2節の導入部でボールを引っ張りながら指ハートを飛ばすかわいい振り付けで視線を集めた。

5枚目のミニアルバム「What is Love?」(TWICE)では、チェヨンとともにかなり発展したラップの実力を見せてくれた。

最近自分の誕生日にFeel Specialを歌った映像をアップするなど努力する姿を見せている。

3.2 芸能界の最強者[編集 | ソースを編集]

一番中途半端で曖昧なポジションにあるボーカルとダンスとは違い、芸能では存在感が強い。 SIXTEEN時代から本人の能力と自信、瞬発力が強かったため、ファンの中でも特性を生かして最初から芸能を目指しているファンが多い。 別名「JYPカプ師団」のカプコン-カプミンの系譜を引き継ぐことを望むもの。 本人もカプチュムとJYP師団特有のカプの系譜にかなりの欲があるようだ。 実際、JYPでバラエティー番組に最も多く出演しているメンバーでもある。

唯一TWICEでレギュラー出演があるメンバーでもある。 とびぬけた芸才があり、リアル入隊プロジェクト「真の男」女性特集に最年少年齢で参加し、週刊アイドルでも同い年のガールフレンドのシンビと共に一つのコーナーでレギュラー出演をしたこともある。 放送出演が多くなるにつれ、自信がついたのか、最近の「一食ください」では、年配の人が30年以上も年が離れているイギョンギュとも相性がいい姿を見せて、さらに可能性をほのめかした。

最初からSIXTEEN第1話から堂々とした姿と自信感、ギャグの才能などを見せてくれたダヒョンなので、経験を徐々に積んでいけば芸能界で成長する可能性が高いメンバーだ。 よく、このような「間抜け」キャラクターたちは特性上、軽率な行動や言動によるミスなどが多くて、一発でフックしやすいというのが短所だが、ダヒョンは悪名高い地雷だらけの「本物の男」でも好評を受けており、デビューして2年が過ぎた現在までも失言や軽率な姿で「おっちょこちょい」したことがなかったため、ファンたちはある程度このような慎重さと本人の立場を適材適所に活用すれば、芸能界で自分だけのポテンシャルを発揮して成長していくと展望している。

参考に一時期、ダヒョンの個人技である鷲ダンスは、本人のトレードマークを超えてチームのトレードマークになった。 バラエティー番組でダヒョンが出なくても、 他のメンバーたちが頑張って踊る。 TWICEの活動期間が長くなり、有名になった近年では、それだけワシ踊りの他に多くのソースができることが多くなった。

2017年12月、これまでのバラエティーでの活躍を見てみると、なぜダヒョンがTWICEのギャグ担当なのかを証明した。TWICEからバラエティー番組の放送時間を選ぶことができるメンバーの一人だ。 派手ではないが、芸能に適した幕踊りと愛嬌で分量を持っていく。 週刊アイドルと知り合いのお兄さんに出演して自分の分量を持っていき、ある程度認知度があれば出演可能な一食ジュブショーにも出演してTWICEメンバーの中で最も活発な芸能活動をしている。 2018年4月、ランニングマン編でもコミックダンスとして分量の相当数を占め、最近アイドルルームで2人のMCがJYP社屋を訪問した時、JYPが芸能感が本当に強く芽生えたメンバーだと褒めた。

鷲ダンスを披露する代わりに、芸能に出ると、気の向くままダンスを武器に使う。 いくつか例を挙げると、知り合いのお兄さんが見せてくれた「タルルンダンス」、ランニングマンで見せてくれた「接身ダンス」、そして次のエピソードで見せてくれた「トゥプチェットダンス」などがある。 アイドルルームではセクシーになろうと努力するダヒョンの姿を見せてくれるが、それなりにセクシーダンスだと真剣に踊るが、ただギャグらしいのがポイントだ。

最近は、ほぼ固定でアユクデでサブないしメインMCを務めている。

3.3 TWICEのメンバーとして[編集 | ソースを編集]

98年生まれであるにもかかわらず、99年生まれのチェヨン、ツウィと一緒に部屋を使ったためか、末っ子ラインと書いて給食団と呼ばれたりもする。 2016年4月27日付けVアプリで「給食団の登校道V」と題したことから、名前が公式化した。

名誉団長として登壇し、2017年に給食団の大冒険を撮影してVアプリにアップすると自らおっしゃった(Feat.スターキャスト)しかし、最近放送したVアプリで同じ給食団メンバーのチェヨンとツウィと一緒に「給食団は永遠だ!」と叫び、事実、年齢に関係なく給食団という名前で呼ばれ続けることを望んでいるようだ。 デビュー後初めてするVアプリのコンセプトも「ゴーディング給食団」コンセプトで放送で給食を食べた。

ノリの良い豆腐らしくいろんなメンバーとの組み合わせがいいが、中でも最高はやっぱり上で言及された給食団。時々そのまま縛られてたツと呼ばれることも… 給食団の中でもチェヨンとは様々な面で共通点が多く、トゥブチェンで構成されているが、二人ともチーム最高の短身でラッパーラインを構成しており、メンバーたちのメインイベントでもある。一緒に楽しいサナはサイダー姉妹を構成しジョンヨンとミナと組む時はジョリューズを構成する。一緒にからかうモモとは豆腐ハンモを結成したが、特にここはダヒョンが頬の肉が落ちるたびに、その頬の肉が好きなモモが残念がるのがポイント。 問題は構成員が重なるため、2人のうち1人と親密度が高まるたびに、もう1人に嫉妬されている。

チーム唯一の98年生まれで、最年長のナヨンと同じく同い年メンバーがいない。それでTWICEの優雅な私生活では一番年上のナヨンが「99年生まれの末っ子ラインの存在によってダヒョンはあまり気遣ってあげられないようだ」と申し訳ない気持ちを明らかにした。 他のお姉さんたちも末っ子の面倒をよく見るが、ダヒョンの場合、特にチェヨンとツウィの世話をするが、やはり慰めは皆お姉さんたちなのにそれなりに2人の妹を持つお姉さんという責任感があるからそうなのだろう。 お姉さんたちは末っ子たちにはきちんと「このお姉さんが」と言いながら面倒を見てくれるダヒョンの姿がただただ可愛いと。。。

正規1集twicetagramのタイトル曲であるLIKEYではパートをある程度確保した方だ。 パート順位では7~8位をよく占めるが、アイドルグループラッパーの特性上、やむを得ない部分。 ラップ部分でもメインラッパーのチェヨンのパートをもっと持っていく方。

実際、ダヒョンの真価は舞台やVアプリなどで現れている。 そのギャグセンスあふれる本来の姿がしっかりと出てくる上、特有の淡々とした口調で観客の反応、特に笑いと答えを引き出すのに特化している。また、リアクションも確かなため、メンバーたち(特にお姉さんたち)がダヒョンをよくからかうのもこのような特徴のおかげ。 プロモーションビデオの撮影でも、このようなダヒョンの特徴の獲得に力を入れているが、一般的に嫌うユニークな扮装や動作のようなものも、憚ることなくこなしている。 TWICEの特徴の一つである面白くて愉快な姿を作ることに大きく貢献している。

3.4 カメラをとらえる天才[編集 | ソースを編集]

ダヒョンのもう1つの得意技の1つで,カメラを見つける能力は非常に高い. ファンサイトや記事でも紹介されるほどだ。

単にファンカメラを探してあいさつをするのではなく、舞台の上に取り付けられているクレーンや天井カメラに向かって目を合わせるのは基本、甚だしくは空港で邪魔にならないよう出国場の一階上にあるラウンジカフェに上がって、ズームを引っ張って撮るファンのカメラに向かって笑いながら手を振ってくれるほどだ。

単にニックネームだが、項目まで作られた理由は、まさにこのカメラを捕らえるダヒョンの能力がダヒョンの魅力を最も引き立たせているからだ。 しかも歴代アイドルの中でカメラを 一番よく探すと言えるくらい…

上に述べたように、ダヒョンの最大の魅力は舞台や現場で人々の視線を引き付ける能力だが、カメラ映像を見るとダヒョンはほとんどカメラを凝視しながら笑っている姿を見せる。 アイドルの最大の長所であるカメラを眺めて、余裕を持って視線を維持することができるのに特化しているという点は、舞台でダヒョンの足りない部分を補っても十分な才能だ。

4 余談[編集 | ソースを編集]

10年代前半や半ば、ユーチューブで話題となった「ワシの羽ダンス」の主人公。上述したシピーが踊ったのは大体デビュー4年前の小学校6年生の時だという。 もちろん、JYPがこの映像を見てキャスティングしながらスカウトされたのではない。 このCCMは「主に行くから」(原題:The Power Of Your Love)で、歌詞の中で「鷲が羽ばたくように」というパートで衝撃と恐怖のパワーダンスを踊って話題になった。映像は1分から見てもかまわない。

そして、ダヒョンは後でSIXTEENに参加した時も自分だけのシグネチャーダンス「ワシ」ダンスを踊ったし、これを見たチョン·ソミは「あの姉さん確かに生き残るよ」と言った。 結局、本当に生き残りデビューに成功したのだから、不本意ながら予言になったわけだ。

可愛らしい外見とイメージとは違い、意外に骨盤がメンバーの中で最も広い方だ。 私服は主にスナップ·バック+時計+楽なジーンズ+バックパック。 後ろ姿がとてもかわいい。私服から分かるように身なりに対してはやや保守的だという。 深く掘り下げたり、肩をあらわにする服はびっくりして引き上げるという。 もう大人になったので、徐々に挑戦してみる」と話した。

かわいい外見に反して, 愛嬌が苦手だ。インタビューの途中、愛嬌を要求すると「もう無理だ」と言いながら弱音を吐き、愛嬌を要求されると、体中が縮む姿を見せながら悲鳴を上げた。 ただ、以後はやや上手になったが、他のメンバーに比べて愛嬌が全くできない方ではない。ところでヒットステージ「アイドル序列TWICE」編でメンバー選定愛嬌9位に選ばれた。 しかし、最近ではむしろこのぎこちない愛嬌の方が可愛いという反応が出てくるが、毎回狂ったふりをして愛嬌を乱射すると、メンバーをびっくりさせたり呆れて笑わせたりする。

自他共に認めるセクシーコンセプトが苦手なメンバーである。 一応本人自ら露出した服を本当に恥ずかしがり、セクシーポーズをつけろと言うと非常に恥ずかしがる。 さらに、それなりにやってみるというセクシーポーズやコンセプトも、そのままギャグに変えてしまう威厳をたびたび見せる。 しっかり表現されているのが、 最近出演したアイドルルームだ。 チョン·ヒョンドンとデフコンが真顔のダヒョンのセクシーさを見ることができる。 TWICELIGHTSユニットステージで 思いもよらないセクシーステージを披露した! ジョンヨンの証言によると、入社当時はふっくらとした子だったという。それで、体の管理がうまくいかず、ジョンヨンは事務所によく来ない子だと言ったそうだ。それでも努力したのか、SIXTEENの時はきちんと管理された状態で登場し、この事実を知らない人が多い。

「フンブ」というニックネームの通り、ふざけて踊りを踊る姿がよく見られる。 メンバー内で唯一、一重まぶたを持ったメンバーだ。本人も自分の顔の中で満足している部分に鼻と横顔、一重まぶたの目に触れるのを見れば、長所と思っているようだ。

実際にTTのMV撮影中にニンジン1パックを全部食べたそうだ。そして撮影中にほとんどのメンバーは、監督が分量を選ぶためにずっとアクションをしろと言うが、ダヒョンは「あまりにも才能を働かせすぎてやめなさい」と言ったそうだ。

延世(ヨンセ)大学に行って、学生たちに延世大の象徴である鷲のダンスを披露した。 その間、他のメンバーたちは学生たちの公演を鑑賞する機会を持った。

「Like OOH-AHH」ミュージックビデオの最後にメンバーたちが楽しく遊ぶ場面があるが、この時BGMが「Like OOH-AHH」ではなく「パセ」だったという。ダヒョンがパセに会ったから、その興にどうして耐えられるだろうか。ゾンビ1人を捕まえてぐるぐる回したため、元々後ろに下がるべきだったゾンビと抱き合ってエンディングまで行ったため、結局、監督が代わりに謝るカットでミュージックビデオが終わる。最も髪の色の変化が多いメンバーで、唯一虹色7色をすべてマスターしたメンバーである。

肌が白いことで有名だ。ある程度は舞台を見る時、一人が特に白い。それも目立って白い。 映像また、「YES or YES」の単体カバーイメージを見てもメンバーの中で肌が特に白いことが確認できる。 そのためか2015年12月8日ラジオ放送「青い夜のジョンヒョンです」で肌が少し暗いツウィがダヒョンの肌をうらやましいと思ったこともある。ただし、肌にトラブルが起きると気になるためか、2016年1月18日、アユッテで吹き出物を指差す様子が記事写真に撮られたりもした。

「ダヒョンの白い肌は業界の人々にも話題だが、肌が白いあまり反射光ができてカメラや画面に映らないという。」 照明の強い舞台に上がる時は、わざと肌の色を暗くする肌の化粧をするという。

アロエ愛好家だ。スーツケースの中にアロエローション、アロエミスト、アロエ水分クリームなどを入れている。肌が特に白いのでよくスキンケアについて質問されるが、いつもアロエについて言及する。特に「アロエを餅つきほどたっぷり塗る」をおすすめします。

セクシーな姿を表現しろと言われると、すごく恥ずかしがる。 そしてセクシーを表現する特有の表情がある。まず目を白黒させて眉を上下に動かすこと。 何か(主にダンスのように体でする)に集中する時、唇を大きくくわえて真顔になる癖がある。 人は笑わせて倒れても絶対乱れることなく…

ピアノが上手だ。もちろんピアニストのようなレベルではないが、楽譜を見たり、たくさん接したことのある曲なら、その場で音を取って演奏できるほどだ。 少しずつ空白期ではあるが、小学校低学年の時から演奏をしてきたという。 ダヒョンがピアノを弾く映像は、 Vアプリ「TWICE」「Be My Baby - Wonder Girls」「退屈じゃないですか。」から見ることができる。そしてTWICEの単独コンサート「TWICELAND」でテーマ曲のピアノ演奏を披露した。Vアプリで「Be as one」を演奏したりもした。

デビュー前に高校を卒業した韓国のお姉さんたち、検定試験や通信制高校を修了した日本のメンバーたち、デビュー後に芸能人として翰林(ハンリム)芸術高校に入学した妹たちと違い、デビュー前後に実質的に高校に通った唯一のメンバーだ。つまり高校1年生の時には一般生徒で、2年生の時にはSIXTEENとデビューしており、3年生の時には芸能人として活動しながら学校に通ったようなもの。そのためか学校の友達と撮った写真がたくさんあるし、学校生活に対するエピソードもたまに上がってくる。ダヒョンが学校に登校する日は、男子生徒たちが冗談交じりで 「ダヒョン女神様が降臨しました!」と叫ぶという。

チェヨンの証言によると、給食団の中で一番勉強ができるそうだ。もちろん比較対象が美術学部に志望していたアイドル練習生と中学1年生の時に韓国に来た外国人ではあるが… 宿舎で教科書を開いて勉強している姿が目撃されるというから、かなり真面目だそうだ。以後、2016年11月17日に2017学年度大学修学能力試験を受けた。ソウル特別市松坡区(ソンパグ)の可楽(カラク)高校で修学能力試験を受験し、結果はよかったという。

個性がはっきりしているが、あえて似たような芸能人としてよく取り上げられるのはワンダーガールズのソヒぐらいだ。ダヒョンがアップスタイルをしたことがあるが、So Hot時代のソヒとよく似ている方だ。

実生活や芸能で特に所属会社の社長に関するギャグをよくする。「優雅な生活」での隠しカメラでメンバー同士で遊んで、足のピアノを真似する場面が放送されると、ひざまずいて謝罪したりもした。 もちろん本人は、パクジニョンPDを心から尊敬していると言った。実際にM2でついた嘘発見器の実験で、パクジニョンのファッションを格好いいと思うというのが真実判定を受けた。しかし、この実験は機械が検査を始める音を真実の音と勘違いして行われた実験なので、真偽如何は判断不可能だ。事実、パクジニョンPDの独特な芸術観と言動が芸能で使うにはとても良い素材ではある。実際、JYP出身でパクジニョンについて話をしない人はいない。

二つ年上のメンバーのサナ、そしてモモととても親しい。サイダーコンビの場合は、デビュー当初から放送ではもちろんコンサート、ファンサイン会と主な活動地であるVアプリでも盛りだくさんです。SIXTEEN時代、トラブルがあった時と比べると、今はほとんど恋人同士になった水準だ。前はサナが愛嬌を振りまけば、ダヒョンが鉄壁を打ってから受け取ってあげるやり方だったのに。TWICE TV第516話で珠玉のセリフを抜き出すサナとダヒョンならではの呆れた時の表情がカギだ。リンクした後はSana Date v2で見られるようにダヒョンが先に電話で「あなた~」と言いながら恋人ごっこをしてくれればサナが欠かさず受けてくれる仲だ。豆腐ハンモコンビの場合はサイダーに比べてあまり目立たなかったが、TWICE TV6を基盤にこの2人の間柄がすごいということが知られている。

シンガポール旅行中、ダヒョンがモモが買った人形や魚にも嫉妬するなど、新婚夫婦の間柄を見せてくれた。ボーカル室が、党でダヒョンとサナの相性を見せると、モモが嫉妬しながら自分にキスしてくれず、秋夕に休暇に行ったと拗ねるなど、この二人の仲もサイダーに劣らないことを見せてくれる。その後、2018年度に初めて、ある個人放送給食団長の「ノルト」で一人で放送するのが大変だったダヒョンが、1時間以上も顔に出さなかったが、サナから電話がかかってくると、緊張がほぐれたダヒョンがぐずって「大変だ」と言い、その後、モモもダヒョンに電話をして「宿舎で慰めてあげるから早く来て」と言うのを見ると、この2人との相性を感じることができる部分だ。一番最近、Vアプリではダヒョンを挟んでモモとサナが三角関係だと言うほどだ。

放送と舞台では愛嬌もあり、ふざけることも多いが、宿舎では落ち着いてシックな方だという。本人曰く、「少し無愛想で冷静な面がある」という。実際、このような外部的に見えるテンションの高い人たちは、少しでも無表情になると誤解を招くこともある。TT活動当時に出演したアリランTVのAfter School Clubでジヒョが言ったこととTWICE「Heart Shaker」Special V LIVEでジョンヨンの話によると、宿舎では足の片方を椅子に乗せて「ラーメン食べる?」と聞く姿がまるでおじさんのようだという。 他のvアプリ放送などでするダヒョン本人の話によると、カメラや観客がいるとテンションが上がるのだが、宿舎ではそうではないという。

雰囲気をどうすることもできなければ突発行動をよくするが、このような姿がよくミュージックビデオにアップロードされる。「Like OOH-AHH」ではテンションが上がりゾンビを捕まえてぐるぐる回るのがエンディングカットとして使われ、「TT」ではウサギの服を着て即興でウサギダンスを踊ったのがそのまま自分のパートに入った。 MVは5分以内に最大限多くのものを見せるために、 徹底的に計算されて制作されるものなのに、うっかり一つの方法がそのまま出てきて自分自身がびっくりしたと···。 SBS2016年5月10日付放送によると、偏平足に外反母趾がある。また、あいにくにも同じ所属会社の先輩であるソンミもこの疾患で苦労したことがある。

それとなく臆病な方だ。アトラクションと高いところを怖がるという。TWICE TVでエバーランドに行った時は、「Tエクスプレス」に乗りながら最初から最後まで目をつぶって正体不明の歌を歌っていたが、終わったとたん成功したと言って、元の「カプモード」に戻って喜んでいた。それでも、初めから乗り込めないミナやモモに比べてはましな方。ミナとモモを配慮して子ども用のアトラクションに乗った時、目もまともに開けなかったミナ、モモと相対的に平穏だった他のメンバーの間で一番楽しかったという。

恥ずかしがったりするとき、髪の毛で顔を覆う癖がある。例えば、After School Clubでジヒョがダヒョンの宿舎姿を暴露した時、Dabさせようと恥ずかしがる時映像、アリランTVのアルバム広報番組であるPops in Seoulで正規1集広報のため出た時、メンバーたちがMissing Uラップをさせようとして恥ずかしがる時など、恥ずかしい時ごとに髪の毛で顔を隠す姿が数え切れないほどたくさん見える。

犬を怖がる。幼い頃犬にかまれたことがあるという。ただ、虫はジョンヨンと一緒にTWICEで一番怖くない方なので、宿舎に虫が現れたら2人で捕まえるという。そのためTWICE TV 5で子犬を避けて歩く姿がよく見られる。2017年に子犬恐怖症を克服しようと子犬を引き受けたという。その後、LIKEY新村ファンサイン会でのジョンヨンの証言からダヒョンは自分の子犬である「アリ」が大好きなようだ。

インソールをたくさん挟んで歩く。ウサセン6話でメンバーたちがお互いに匿名で手紙を送って各自自分の手紙を読む時 ジョンヨンが"ダヒョンはインソールを適当にしてほしいです"と書いて初めて公開されたが TWICE TV3ではメンバーたちがこれで遊んでいる。ダヒョン本人も室内にある飲食店に入る時、一番最後に入ろうとしたり古典遊びをする日程が入ると、各自やりたい遊びを話す状況で「遠くへ投げよう」と提案したが、後になって気がついて反対するなど笑いポイントになった。

海外のファンクラブで身長で時々真実攻防が起こるメンバーの一つだ。 例えば、Kpopアイドルのプロファイルを扱うサイトなどで、公式身長165センチと書いているケースがたびたびあり(例)、実際の身長を知りたい海外のONCEらが質問すれば、その大半は、「本物の男」である158センチのことだが、これがすでに2年近く前の情報なので、写真を比べてみると、実際は160センチだと主張するONCEが現れ、さらに、グーグルシーンは、「ダヒョンの身長を5フィート2インチ(約157センチ)」と主張するため、実際の身長は迷宮入りするケースが出てくる。

カメラに対しては自他共に認めるプロの探知者。自分が直接撮るだけでなく、カメラがどこにあるのか全てのポイントを探し出し、全てのカメラが適切に分量を持って行けるように、本人自らが気を使って分量を分配する。撮影への意欲も高いのだが、メンバーたちが映らないと場所を配置してくれたり、カメラを移してくれたりもする。MAMA授賞式に出席するため空港に行った時、遠くにあるカメラを見つけて手を振っている写真も撮られた。 でも、だんだん怖くなる···。2018年、MAMAではダンス「ザ·ナイト·アウェイ」公演で自分のラップパート15秒間、カメラが5回も変わったにも関わらず、それを全て見つけて注視する超常能力を披露し、記事が掲載されたこともある。同年、SBSの歌謡大典でMAMAと同じパートで天井カメラを見たが、また正面を見た。

ガールフレンドのシンビととても親しい。週刊アイドル5周年の特集放送が終わってからは、2人が抱き合う姿も見せた。アユクデでも互いに親しく過ごす姿を見せてくれた。二人がハグする姿、この前シンビの誕生日の時はVアプリ放送中に電話をして誕生日を心から祝う姿を見せてくれた。また、アユクデの現場の映像を見るとシンビだけでなく、GFRIENDの他のメンバーとも親しく過ごす姿も見られる。特にソウォン、ウナ、ユジュ、オムジがダヒョンの話を聞いている姿も見られた。また、2018年1月7日に開かれたGFRIENDコンサートをナヨン、ジヒョと一緒に見に行った。この他にも子役イ·スミンとも親しい間柄だといい、2017年6月にドリームコンサートで親睦が目撃されたPRISTINの結果とも親しい。 ツイッター上で日本ファンのダヒョンの写真を掲載するタグは「豆腐の妖精」キム·ダヒョンだ。

知り合いのお兄さんで明らかにしたように、デビュー当初はシャワーを浴びていたという。スケジュールが終わった後、お湯を浴びているのが気持ちよくてほぼ一時間くらいでも後でV LIVEでシャワーしたという。男に行ってきて、お風呂に入る時間がすごく短縮されたそうだ。理想のタイプは父親のように頼もしく、自分の両親によくする人だという。 KNOCK KNOCKのPVで見せたところでは、何かを投げる時、サイドアームスローとして投げる。

ダヒョンはTWICEメンバーの中でツウィと共にアユクデアーチェリーの経験が最も多いTWICEアーチェリーチームの固定メンバーだが、TWICEは初アーチェリーメダル兼銀メダルを獲得した2019旧正月アユクデ以前までアーチェリー種目でメダルが一つもなかった。特有のざらざら感があるからか、試合中にジェットコースターに乗ることがある。「2019お正月アユッテアーチェリー予選」では、2度も矢が髪の毛をかすめたため、メインMCのサナが堂々と「髪の毛を整えろ」と叫んだほど。決勝戦でもまた同じミスを犯すところだったが、サナが試合開始前にまた大声で整理した。TWICEは5戦6期の末、2019旧正月のアユクデで初めてアーチェリー決勝に進出したが、よりによって相手がアユクデでTWICEを倒すチームとして有名な九九であり、絶頂のシュートを見せてくれた九九に結局4点差で敗れ、アーチェリー銀メダルを獲得した。

チームに本座があるからだが、それに劣らず体がとても柔軟だ。TWICEのメンバーが一人だけ除いて、 みんな柔軟な方なんだけど その中でも特にそうだ。『ウサセンヨガ』の編では、ミナに劣らない柔軟性を見せてくれた。特に2017年後半以降、週刊児、ランニングマンなどの芸能番組でダンスをする機会があれば、時々腰をサイドに90度曲げて「Gashina」を踊ったが、柔軟さが芸レベルであることが分かる。2018年、2回目の単独コンサートで「レイニズム」をカバーし、Rain(ピ)の腰の曲を披露し、再び柔軟性をアピールした。

「エキサイティングディッシュ」サイトで実施されたご飯をおごりたい芸能人投票で41.2%の得票で1位になった。これに対して本人は「私が給食団長だから食事と関連して考えるファンが多いと思う」と評した。 サナ-ダヒョンのサイダーコンビは、ディーシーインサイドマイナーギャラリーにもなった。 ラブライブ!サンシャイン!!で国木田華丸役で参加中の高槻香奈子がダヒョンが好きだと明かした。

カンホドンがソンミンホから学んだ『SWAG』の動作あるときから真似している。時と場所を選ばずにまねをことあるごとにする。知り合いのお兄さんから始まったこの動作は、「一食ください」に出演して絶頂に達した。甚だしくはHeart Shakerのミュージックビデオ最初でも「SWAG」動作を披露した。18年になった今も、照れくさかったり退屈な時はこの動作をする。

2019年2月5日、ガンストとアユクデの解説を行った。当時、ガンストがダヒョンと撮った写真を公開したが、多くの男性ファンがうらやましがった。 ガンストの言葉ではダヒョンさんがよく笑ってくれて コメントもよく受けてくれて 本当にありがたかったと。 ダヒョンと一緒にJYPで練習生時代を過ごしたことのあるMXMドンヒョンは、2018年10月11日に放送されたMnet訪問教師でダヒョンを「音感がとてもよくしっかりしていて自分のやるべきことができる友達」と評価し、理科の先生がよく似合うと話した。 自分の視力が-5.50だという。 そのため、スケジュールの時はレンズをして、普段は眼鏡をかけているという。

チーム内の血液型がO型のメンバーの中では唯一改名をしていない。 メンバーの中で髪の色の変化が一番激しい方だが、5年間脱色毛を維持していたら髪の毛が切れるという。