ジヒョ
지효
Jihyo.jpg
ジヒョのプロフィール
基本情報
本名 パク・ジヒョ(朴志孝、Park Jihyo)
誕生日 1997年2月1日
年齢 24歳
出身地 京畿道九里市仁昌洞
国籍 韓国
学歴 水沢小学校(転校) → 白門小学校(卒業)
九里女子中学校(卒業)
九里女子高等学校(転校) → 清潭高等学校(卒業)
ジャンル K-POP
ポジション リーダー、メインボーカル
活動期間 2015年
デビューアルバム 2015年TWICEアルバム THE STORY BEGINS
家族 両親、妹二人
身長 / 体重 160 cm / kg
血液型 O型
事務所 JYPエンターテインメント
所属グループ TWICE
ファンクラブ ONCE
あだ名 10年目の練習生、マイク、ヒョリダ、優しいジヒョ、愛嬌職人、サムギクン、プリンなど



1 概要[編集 | ソースを編集]

ジヒョはJYPから2015年10月20日にデビューした9人組ガールズグループTWICEのリーダーだ。

キャッチフレーズはマイクで、シンボルカラーは#f9cc85。 チーム内のメインボーカルとコメント進行を務める思いやりのある性格のリーダーである。

2 デビュー前[編集 | ソースを編集]

2004年8月19日、親によって第1回ジュニア·ネイバー子役スター選抜大会に出場して2位になり、これをきっかけにJYPにキャスティングされた。

その後、ジヒョは2005年7月15日から2015年10月20日まで10年以上の練習生生活を耐え抜いた。練習生生活中にはTINE服のCMモデルとして出演し、ナヨン、ジョンヨンと共に2013ソウルファッションウィークに出演したことがある。 ファッションショーの映像は、同期間、ワンダーガールズやmissAのデビュー過程を全て見守った。 実際にSIXTEENが始まった時、miss Aのメンバーがジヒョと一緒に練習生をしていたという。

「時間が経ち、2014年頃、ジヒョはJYPの7、6、5プロジェクト」(仮名)というデビュープロジェクトの6に当たる6MIX(シックスミックス)のメンバーとしてナヨン、ジョンヨンと一緒にデビューする予定だった。[27] 上記のCMモデル活動もこのようなデビューに向けた土台であったが、このタイミングで2014年4月16日にセウォル号事故が起きたためガールズグループをデビューさせる雰囲気ではなくなった。 しばらくして、シックスミックスのメンバーの一人だったセシリアが退社し、デビューが再び延期され、これは当時日本デビューチームにいたサナを連れてくることで解決するかのように見えたが、グループのリーダーだったLENAがJYPと契約満了後再契約しなかったため、デビューが3度も霧散し、同時に無期限延期となった。 当時、ジヒョは10年も練習生生活をしたため、急に他の進路を探すことができず、デビューが無期限延期された状況で、ストレスがたまって頻繁に暴食したという。

そしてSIXTEENが始まった。

長い間、一緒に練習生生活をしたナヨンの話によると、デビュー前はとても小心者で恥ずかしがり屋だったという。

2.1 SIXTEEN[編集 | ソースを編集]

SIXTEENの序盤は、丸々とした体つきと目立たない外見のためか、MILK(ミルクアプリ)投票が下位グループだった。 SIXTEEN放送当時、番組の中でも堂々とジヒョが太っていることに言及するほどだった。ジョンヨンも「ジヒョが自己管理できません。しかし痩せようと思えば痩せることができます」と言及したことから、ジヒョ本人も努力しているようだ。2次写真ミッションでそれが原因で落ちたことに悔しさを抱き、「ダイエットします」と悔しさをあらわにした。しかし、野球場の始球式に行った時、一緒に写っているような写真が見つかったが、よりによってその野球場でコーラを飲んでいるところを撮られて、関心のある愛聴者から叱咤された。ミナが弘大ミッションの時、コーラをきれいに飲む写真とジヒョが一気飲みする姿を比較しながら、「良いコーラ、悪いコーラ」の例として挙げられた。 しかもゲリラコンサートのミッションではチームが1位になったにもかかわらず自己管理と肉がまた指摘された。また、序盤は10年練習生の自負心も表れ、デビュー直前まで行って再びサバイバルをしなければならないことに対する挫折感、そして切迫さがそれとなく表われた。

しかし、次第に姿を現すリーダーシップや歌唱力などにより、評価は次第に好転した。さらに、練習生の間では一番苦手な相手だが、同じチームにいる時は一番頼もしい「実際の最古参」のような存在だった。特にSIXTEEN芸能キャンプに行った時、JYP所属芸能人としてパク·ジニョンが重要視するという「真実、誠実、謙遜」という3つの要素に最も合うメンバー投票をしたが、投票者13人のうち6人がジヒョを1位に挙げ、結局総点21点の圧倒的な点数で人物に対する認定を受けた。 この投票がパクジニョンにはかなり大きな印象を残したようだ。さらに、回を重ねるほどダイエットを通じて昔の美貌を取り戻し、ファンの期待値を高めた。 ちなみにSIXTEEN放送での分量はかなり多かった。特に個人インタビューでの分量が多かった。特有のすっきりした話し方と率直な性格が一役買っているようだ。 最終回でTWICEのメンバーに最終確定した。 パクジニョンは「ずいぶん悩んだが、チームに必要な人材だと思った」と明らかにした。

余談でシックスティン時代に実力で負けてしまったことはほとんどない。 チェヨンとサナと一緒に最多の6回の間メジャーに入ったが、実際ボーカルやダンスで指摘されたことはほとんどなく、ほとんどの指摘は「体重と自己管理」だった。 パク·ジニョンが堂々と「君を歌とダンスで指摘したことがある?」と言うほどすでにSIXTEENメンバーの間では実力派だったし、スタート早々マイナーに入ったのも6MIXが消失した後、ストレスで自己管理に失敗した理由と推測される。追加で第7話でジヒョの率直で大雑把な性格をすぐ見分けられる場面があるが、キャンプ場でリレー方式で一人が問題を出し、残りのメンバーが合わせるコーナーで竹馬の友を「その友達」と叫ぶ場面。

3 ポジション[編集 | ソースを編集]

TWICEのリーダーを務めており、 メインボーカルを務めている。公式席上ではリーダーらしく挨拶の合図と締めくくりのコメントを担当しており、TWICEメンバーだけが出演する行事や放送ではMCを担当する頻度が最も多い。ざっくばらんな性格のおかげか、進行やコメントをスムーズに進めていく方。きれいな進行をするという抱負で、いわゆる「ワカメのような進行」という言葉の創始者。公式美化部長のジョンヨンとともに、宿舎を人が住める形で維持できるようにする功労者の一人であり、TWICEメンバーが全員集まる会議も頻繁に開催している。特に言及されてはいないが、ダンスの実力も十分だ。

3.1 リーダー[編集 | ソースを編集]

最初はリーダーのナヨンが引き受けるだろうという予想が多かったが、時々ジヒョが最終決定した。 リーダーシップや経歴など、いくつかの要素が決定的に働いたようで、アイドルグループのリーダーの主な仕事は、所属会社とのコミュニケーションやメンバー同士の調整、チームの代表的役割であり、練習生経歴が最も長いジヒョに適している。練習生の時のあらゆる苦味を味わったメンタルに、アイドルリーダーであると同時にチームとしての重みを最も切実に感じる人材と言えるため、最も適したポジションだ。単に実力が良くて最年長者がリーダーに適しているわけではない。

上記の通り、デビュー前からお世話になる良い性格として知られていた。デビュー後も、メンバーはもちろんファンのことを最も気遣うメンバーとして、リーダーの役割を忠実に果たしている。

シックスティーンが終わった当時は、パクジニョンとの食事の席で、パクジニョンがリーダーについて話をした後、リーダーを投票で選定することにしたが、結果、最も多くの票を得てチームのリーダーになった。年ではチームのちょうど中間年で姉、友達、そして弟たちをうまくリードしている。

3.2 メインボーカル[編集 | ソースを編集]

グループでメインボーカルを務めている。 2018年7月24日に放送されたキム·ジェドンのトーク·トゥ·ユーでは背景がもう少し詳しく出たが、TWICEデビュー前はメインボーカルではなくリードボーカルだったというが、SIXTEENでメインボーカルだったジウォンとミンヨンが連続で脱落したためボーカルラインで唯一生き残ってチームのメインボーカルになった。 このためデビュー当初は毎日のようにプレッシャーを感じて泣いたが、様々なコンサートを通じて自信が回復したという。

声量が大きく、とてもすっきりとした爽やかな音色を持っている。 表現力も水準が高いため、トラップを借用したダンス曲からトロットまですべて消化するのが大きな長所。このような特徴がTWICEが消化できるコンセプトの幅を広げたと言っても過言ではない。実際にこうした点から「ミステリー音楽ショー『覆面歌王』出演当時、パネリストたちが「年齢に劣らない老練さが溢れている」と評価した。

ただデビュー以来、まだ同年輩のガールズグループのメインボーカルに比べて広い音域帯と高音を見せる機会が多くなかったため、低音と中音は「自然でしっかりしている」という評価を受けるが、高音面ではやや微妙な評価を受けている。 しかし音域帯そのものはかなり広い方。本人が出せる最高音が3オクターブの歌声の最高音は3rdミニアルバム収録曲「JELLY JELLY」の3オクターブラー。

メインボーカルであるためデビュー曲である「Like OOH-AHH」からずっと多くのパートを担当した。 メンバーが9人もいるグループで、メインボーカルとして自分の分量を十分確保するということは明らかな長所だ。 その他の収録曲でもリフレーンとクライマックスを担当するなど、ほかのサブボーカルメンバーに比べ、確実にしっかりした歌唱力が目立つ。

ミニアルバムの2枚目のタイトル曲「CHEER UP」でもナヨンと共にリフレーンを担当した。「Like OOH-AHH」ではナヨン、ジョンヨンがサビの最初の部分を歌ったが、今回はジヒョが先に歌った。

その後、3rdミニアルバム「TWICE coaster: LANE 1」とスペシャルアルバム「TWICE coaster: LANE 2」でもナヨンとサビを二分し、多くのパートを獲得した。 スペシャルアルバムのタイトル曲「KNOCK KNOCK」では、他のメンバーにも比較的にパートが均等に分配されたが、メインボーカルであるだけに曲内のジヒョの位置は大きく変わらなかった。

デビュー当初は「Like OOH-AHH」、「CHEER UP」では大きな声量でパワフルに歌うスタイルのパートが多かったが、その後タイトル曲「TT」、「KNOCK KNOCK」、「SIGNAL」では柔らかいボーカルスタイルに変わった。 ただ、ファンサイン会などで声がかすれたり、鼻音が混じっている姿が見られたりして、首に無理をきたしているのではないかというファンの懸念もある。

幸いなことに2017年になってタイトル曲のパート分配が他のメンバーにバランスよく行われ、曲の持分が相対的に減り、特に<Heart Shaker>の高音、アドリブパートをナヨン、ジョンヨンに渡したことで負担が少なくなるものと見られる。

「大切な愛」、「Touchdown」などの収録曲では他のメンバーにキリングパートを譲ったような様相を見せた。 どうやら他のサブボーカルたちの音色を活かすための方策のようだ。

最近はナヨンが高音担当でパート1位を担当して(「Heart shaker」と「What is Love?」などそしてすべての日本活動タイトル曲、最高音もこの時はほとんどナヨンが担当した)そうなのかデビュー当初無理して危なかった喉の調子が良くなって「I WANT YOU BACK」では再びパート1位奪還と3オクターブ高音を見せたりもした。

総合してみると、ガールズグループのメインボーカルとしての資質は備えているが、JYP特有の歌い方とTWICEの音楽的特徴のためによく埋もれるケース。TWICEのライブ実力が伸びつつある現時点でもジヒョの歌唱力に対する本格的な評価は出ていないため、ファンの皆さんが残念に思っている。ただしTWICE活動以外のコラボ、フィーチャリング、ソロ活動などに参加する機会が多くなれば、実力も上がり歌唱力も認められるだろう。「SBS人気歌謡」でチョン·ウンジとベンと一緒にプロジェクトをしたこともある。2人の実力があまりにも強かったので特に目立ったことはなかったが、大きく埋まらずそれなりに高い評価を受けた。

このような世間の評価とは別に、その後行われたソロ公演「ジヒョのセレナーデ」、ドームツアーでのライブなどで揺らぐことのないメインボーカルとしての威容を見せ付けていることについて、公演を実際に観てきた人々は誰もが共感している。

グループ活動を目指すTWICEの活動において、グループボーカリストとしての力量は既に確認されているが、ソロとしても可能性が十分に見られる人材であるため、ジヒョのソロ活動を期待する視線もある。

3.3 ダンス[編集 | ソースを編集]

公式にダンサーポジションを持っていないが、10年間練習生生活をし、6MIX(シックスミックス)の元年メンバーだっただけに、かなりダンスが上手だ。 すぐにジヒョのダンスの実力を見て、ジヒョがリードダンサーだと勘違いしたり、あるいはリードダンサーを引き受けなければならなかったと思う人もかなり多いほどだ。 ただ、グループのメインダンサーらは、余りにもダンスがうまいため、ダンスとしてそのように浮上することはない。 しかし、外国人YouTuberたちはジヒョがリードダンサーのナヨンとツウィより上という反応が多く、映像を見るとジヒョが3位に上がっている。

3.4 TWICEのメンバーとして[編集 | ソースを編集]

芸能界に出ると、リーダーらしく主にまとめる役割と代表コメント、そしてチームの掛け声を叫ぶ役割をする。 ただし、曲紹介やコンセプト紹介などは一番年上のナヨンがよくする方だ。 バラエティーでメンバーの中では、 一番口数が多い方でもあり、 何かを頼む時に一番外さないメンバーの一人だ。「愛嬌隊長」という修飾語がついたのも放送用の愛嬌を他のメンバーより上手にするからだ。10年間の練習生生活を経験しながら、社会生活をもう少し早くしたからかもしれないが、年を取っているMCなどと会話をする時も他のメンバーより上手だ。 また、リーダーだけに小言もたまに言うようだ。例えば、忘れ物をしているモモに「モモ、君も責任感を持つ必要がある。」 授賞式の時、ジヒョが一番最後の賞をもらう時、代表でコメントする場合が多いので、ジヒョがコメントをしなければ ONCEは「あ、まだ受賞する賞が残っているんだ」と思うと。

年齢順ではちょうど中間層だが、「リーダー+最古参」というのもあり、実質的なトップであるお姉さん待遇を多く受けている。長女のナヨン、チ·モミ、SIXTEENの性格投票1位らしく、すべてのメンバーをうまく取りまとめるが、妹ラインよりはお姉さんラインと主に結ばれる方。特に「シルチンズ」または「チムバンズ」に属するナヨン、ジョンヨンとはシックスミックス時代から共にしてきた仲なので、ケミがとても良い。ツウィとはよく全てのグループにある「リマック(リーダー、末っ子)」でよく結ばれ、ミナとは97年の同い年のラインを構成している。その他、給食団団長のダヒョンと共に「カンブズ」と呼ばれていたが、団長のダヒョンが卒業したことで、もはやあまり使われなくなった。


4 余談[編集 | ソースを編集]

ウィキミキのチェ·ユジョンが九里(クリ)女子中学校の後輩だ。また、ジヒョは九里女子高校から清潭(チョンダム)高校に転校したが、チェ·ユジョンは九里女子高校からI.O.Iでデビューし、ソウル公演芸術高校に転校した。

ミントチョコへの激しい愛情がある。 「崔淳実(チェ·スンシル)ゲート」が明るみになった時、チョンユラが清潭高校出身で、某女子アイドルが様々な恩恵を受けるチョンユラに相対的剥奪感を感じたという話をし、ジヒョではないかという話が持ち上がった。しかし、ジヒョは清潭高校を卒業し、この発言をした某女子アイドルは予告で転校し、そこから卒業したことが分かり、一段落した。

デビューを準備していた時期にトバージから教育を受けたJYPの哲学の一つである「リーダーとは犠牲の場」を実践している。 当時、パク·ジニョンはリーダーの資格として、「他のメンバーがより目立ち、スポットライトを浴びるよう犠牲になる人」と発言し、その後、TWICEメンバーの投票でジヒョが選ばれた。 デビュー後は、気苦労も激しかったが、リーダーの役割をうまく果たしているという評価を受けている。 一例として団体写真を撮る時、多くの人数のためにカメラアングルのために誰かは座ったり体をかがめなければならないが、交代する他のメンバーと違ってジヒョはほとんど毎回ひざまずいているのが発見されて記事にされたこともある。関連記事を載せたりしたが、その後膝の方に無理が生じ、一部の活動に参加しなかった。 その後、撮られた団体写真を見れば、メンバーらがバランスよく、交互に座るポジションを引き受けてくれる。

次期ガールズグループとして知られるようになった時の名前は「パク·ジス」だったが、SIXTEEN開始前に「パク·ジヒョ」に改名した。 SIXTEENが放送されていた最中に本人自らファンズに改名したことを告げた。

愛嬌をさせると、とても模範的な愛嬌を見せてくれる。ただ声と口調が可愛いモモ、サナと違ってカメラの前でもはばかることはないが、いざやってからはすごく照れる。 17年11月1日、週刊アイドル編を見ても、実際に照れくさい状況は苦手だが、一度やらせると、責任を持って任務を完遂するスタイルだ。 以前の『グッドナイトONCE』でも、デビュー初期に練習生の時から知り合いだったメンバーたちが愛嬌をするのを見て恥ずかしかったが、今は自分がそうしている」と話した。

本人が言うには思ったより涙もろく弱い方だと。「Like OOH-AHH」の最初のショーケース当時もつい涙が出てしまったり、「CHEER UP」が音楽番組で初の1位になった後、大泣きする姿を見せた。 幼い頃から始めた長くて大変な10年間の練習生生活以後、本当の歌手として初舞台に上がり、音楽放送で1位を占めた瞬間なら涙が出ないはずがない。自他共に認めるTWICE泣き虫1位。

案の定、初の単独コンサートで、特に最終日に涙もろくなった。ファンがメンバーに気づかれず制作したファンメイド映像がコンサートの最後に上映され、その後エンディングコメントをしながら「十年間練習生をしながら諦めたいという気持ちがなかったら嘘でしょう。 わずか1年半前までは先輩たちの公演に来て、あそこの隅の席に座って私ならどんな舞台をしようかと想像していました」と涙とともに夢がかなった感想を語った。 やはり2回目の単独コンサート最終日でも他のメンバーたちと一緒に大泣きした。「今日も私たちに本当に忘れられない思い出をありがとう。「私が30代になり、40代になり、おばあさんになって、この瞬間があまりにも懐かしいと思ったらどうしようと思います。 この時間が、私たちがこんなに愛される 最後だったらどうしようと心配もするんですが こんなにまた私に信頼をくれて幸せをくれる人々が多くてとてもありがたいです。どうやって言葉で表現をしなければならないのかわかりませんね。 練習生の時、パク·ジンヨンPDさん、2PM先輩の公演を見ながら、私はいつになったら あんな風にできるんだろうととても羨ましくて大変だったんですが、それで今はもっと嬉しいようです。いつも夢のようです」と言って、ONCEの胸を熱くした。

普段は声量が大きいため、マイクをつけずに放送を進めることもある。 演歌を得意とするがいざ歌うと恥ずかしがる。

2人の妹を含めた3姉妹であり娘に恵まれた家の長女だが、 二人の妹と年の差が大きくて姉妹の仲がお互いに6歳ぐらい離れているため、末っ子とは干支が同じだという。ジヒョがチーム内で年では真ん中だが、年に比べて大人しく思慮深い行動をするのにある程度影響したようだ。「SIXTEEN」にも途中で映像で出演するが、妹(次女)がソミの妹のエヴリンに似ている。 その後、TWICELANDの韓国で2回の公演に来て応援したが、目撃した人の話では、2人とも今すぐアイドル練習生になってもいいくらい美貌が半端ないという。 2018年2月1日、ジヒョの誕生日を記念して、ジヒョがインスタに日本のショーケースに家族全員の写真をアップしたが、2番目のジヨンはジヒョの学生時代と似ており、3番目の妹ソヨンはジヒョの子供時代と似ていることが分かった。特に、ジヨンの場合、「ジヒョの代わりに代打でプレーしてもいい」というファンの冗談を聞くほど、本当に似ている。

写真を初めて見て、ジヒョが双子だと思ったという反応まである。ただし、身長はジヨンの方がもっと高いという。余談だが、ジヒョの話によると、妹のジヨンが芸術高校に進学したがっており、実際にこのためにジヒョが実家に行ってこれについて話したことがあるという。母親が、「学校は一般学校に行き、別途塾に通いなさい」と言ったが、言葉が通じなくてジヒョまで出た。 ところがジヨンの反応は「お姉さんは何を知ってるの。 お姉さんは学校にもちゃんと通わなかったよね。」ジヒョは本当にあきれる話だから反論もできなかったという。

練習生時代、ツウィが他のメンバーと一緒に外出し、宿舎に一人でいたので、ジヒョが家族旅行に連れて行き、本人の家に連れて行ってしばらく過ごさせてくれるなど、末っ子の面倒をよく見たという。その他にも上述したSIXTEEN時代の諸父も物語がある。ツウィ、ミナなど内気なメンバーたちが 一番楽に思うのがジヒョ。人格教育を徹底させたJYPで10年間練習したこともあるが、SIXTEENを注意深く見ているとジヒョ本人の性格が思いやりが感じられる。

チーム内ではジョンヨンと一緒に左利きだ。ボールも左手で投げる。ただ文字は右手で書くという。 また、様々な放送や映像などを見ると、包丁さばきも右手で行うように。これを通じて、もしかしたら他の手利きかも知れない。

メンバーの中で最もグラマラスな体つきをしている。シックスティーン当時は、「太っている」という評価が多く、パクジニョンに苦言を呈したほどだったが、その後、厳しいダイエットで10キロ以上を減量し、現在の体つきになった。

それにジヒョ特有の目つきまで加えて意外にセクシーコンセプトをよく消化する。しかし、特有の大きな胸のためか、TWICEメンバーの中で特にセクハラを受ける。 そして、コーディネートたちが変なほどジヒョだけが胸の露出が激しい衣装をよく着せて、ファンが衣装をちゃんと着せてほしいと抗議したという。

各種投票でダイエット成功して完全に変わったガールズグループのメンバーに引き続きランキングされている。 何よりもさっぱりした顔立ちが魅力的なメンバーで、東洋的な美人というよりは西欧的な外見に近いが、DTNA活動中にタンニングをしてからはこのポテンシャルが爆発し、西洋ファンの関心を一身に受けている。

TWICEでマイクを担当しているという自己紹介は、2つの意味を持っているが、一つは声量が非常に良くてマイクなしでも言葉をきちんと伝えることができるということで、もう一つは筋道立てて話すのがうまいという点だ。 これはリーダーとしてのメリットであり、このためナヨンと共に音楽番組で特別MCとしてよく起用される。

ファンクラブでは「ガッ(天使)ジヒョ」と呼ばれる。 始まりはまだデビュー前の15年10月04日、セクションTV芸能通信で所属社社長とスクールルックスのモデルになったのを撮影しに来たが、そこでJYP新人アイドルには3年間恋愛禁止条項があるという話が出て、ジヒョが「私たちTWICEは5年します!」と叫んでファンの声援を引き出したことから付けられたニックネームだ。 その後、ファンとメンバーの面倒を見、リーダーとしての役割を十分に果たし、このニックネームが定着した。 その後、ファンサイン会でファンにゴッドをプレゼントしてもらって使ったりもした。今はジヒョと言えばすぐ連想されるニックネーム。 本人も最も気に入ったニックネームに選んだ。

最近、海外のONCEたちに「ガッジヒョ」というニックネームが元々の由来とは違うギミックとして活用されている。

エバーランドの動物園でペンギンを見て、本当にドキュメンタリーが好きだと話した。

本人は大きな瞳を魅力ポイントと考えているという。

「実物お化け」とよく言われる。実物を見た人は必ず実物を見ろと言うぐらいに実物が綺麗だという意味だ。実際、初の単独コンサートであるTWICELANDの後期で、ジヒョの実物を見てファンになったという事例が相次いで掲載された。 この理由は、音楽番組やファンサイン会などによく行く「コアファン」たちは慣れているだろうが、TWICEのメンバーたちを実際に目にすることが難しい人たちは、コンサートでその恨みを晴らそうとする傾向が強いはずだが、ここでジヒョの実物を見て、あまりにもきれいでびっくりしてファンになってしまう。 しかも、この項目で引き続き説明されていることだが、爆発的な歌唱力とメンバーたちが「ジヒョの足にスプリングがついているようだ」と表現するほど、弾けてはつらつとした振り付けスタイルなど舞台技量も飛び出し、表情も非常に豊かであるため、ファンにさせる一種のシナジー効果をもたらす。DTNAで美貌を更新し、ついに恨みを晴らした。その後、「YES or YES」でショートにカットし、美貌が大爆発し、そして「FANCY」では完全に密着カメラ100万ビューを撮るほど、飛びぬけた実物の美しさを誇っている。

蒸気機関車トーマスのトーマスに似ているという。それで出たニックネームが「ヒョマス」。 ジヒョが出演した芸能(例えば、週刊アイドルや知り合いのお兄さんなど)を注意深く見た人は分かるだろうが、ジヒョ本人はこのニックネームがあまり好きではないことが分かる。 しかし、Vappなどで自らトーマスを真似する姿を見せているのを見ると、すでに解脱して楽しんでいるようだ。

ポケットモンスターのキャラクターであるプリンに似ている。 一応、外見だけ見ても一目で可愛くて丸い顔がジヒョに似ており、主に使う品物がマイクというのが彼に対する証拠だ。 ジヒョ本人もこのニックネームを気に入っているようだ。 一時は自分の携帯電話の待ち受け画面がプリンだった。

デビューを起点にイメージが最も変わった人物がモモなら、デビューを起点に最もきれいになったメンバーはジヒョと見ることができる。特に2016年4月に公開されたミニ2集の個人コンセプト写真でミニ1集の時と比べて美貌が目覚しく上昇した。第3集「TT」活動の起点としては美貌に磨きがかかった。 ダイエットに比例して急速にファンが増えているが、特に今回のKNOCK KNOCK活動では、音楽番組での笑顔のためにファンになるという人が多い。 Likeyを基点にTTの時も付いて来られないほどの美貌を誇っている。「Dance The Night Away」の時はMV撮影によってタンニングされたが、これはむしろコンセプトに合わせて美貌上昇に役立った。 そして「YES or YES」でショートにしてからまさに美貌のポテンシャルが大爆発した。

2016年1月9日、MBCショーの音楽中心の事前収録が終わってミニファンミーティングが予定されていたが、ファンマネージャーに「ファンたちが私たちを待っている感じ」を知らせたいと言って時間の告知前に前もって行ってファンたちが来るのを待っていたことで多くのファンを感動させ、多くのファンをときめかせながら走らせた。

JYP Fan'sが不通になった際、所属事務所で臨時に開設したCafe TWICEにTWICEメンバーとしては初のつぶやきを残した。

何かを紹介したり説明する時に必ず人差し指を上に上げる癖がある。

ガールフレンドのメンバーソウォンと親しくなったようだ。二人ともそれぞれのチームでリーダーの役割をしているだけに、より深い共感が形成されるのに有利かも知れない。 イェリンとも親しいが、イェリンが96年生まれでジヒョが97年の早生まれなので、互いにため口使う。2017年、自分の誕生日には イェリンがプレゼントをあげるほど親しくなった関係。ガオンチャート·ミュージック·アワードでも親しい関係を誇った。また、イェリンと同じケースを使用していると明らかにした。最近はインスタグラムにイェリンとウナと別々に撮った自撮りを掲載した。 イェリンをイェリンのニックネームである「イェリニ」と呼んだことと共に、ウナを本名である「ウンビ」と呼んだことからも、ウナとの親睦も相当なようだ。そして彼女のVapp場面をキャプチャーしてイェリンに見せたり、イェリンがこれを認証する姿もある。 ヨジャチングのVアプリ、私が今、済州島なんだけど 女性映像を参照2018年のガールフレンドのコンサートにもイェリンの招待を受けて行ったと言い、コンサートが終わった後、イェリンとウナとそれぞれ撮った写真をSNSに掲示した。 そしてイェリンを呼ぶ時、彼のニックネームである「イェンニ」と呼んだことから、彼らの関係はさらに発展したものと見られる。こちらが族譜ブレーカーになる可能性が高い。 イェリンは1996年8月生まれ、ウナは1997年5月生まれで、イェリンとウナは共にジヒョと友達になっている。2018第1回南北首脳会談が行われた4月27日には有料Vアプリコンテンツの「ヨリジョリン」に出演しイェリンと一緒にモッパンも撮ったり面白い姿を見せた。

ナヨンの次にOH MY GIRLの熱烈なファンだ。映像手紙を送る時ナヨンと一緒にいてコンサートの練習を一緒に見たり踊ったり歌を歌ったりした。その後、Oh My Girlカムバック当時、このような記事が出たのを見ると、スンヒと特に親しくなったようだ。 スンヒが1996年1月生まれなので、正確には学年も1年早く、年も一つ年上で、姉という呼称がなく「スンヒ」と呼んでいることから、一つ違いに気を使わず話しかけた友達になったようだ。ちなみにスンヒは1996年生まれの友達として付き合っている人がいる。

カン·ヘウォンとも親しくなったようだ。

ツイッター上で日本のファンがジヒョの写真をアップする時に使うタグは、「パワフル食べるリーダー」パク·ジヒョだ。

ツウィによると中国語が上手だそうだ. 資格証まであるそうだ。ツウィが韓国に初めて来た時、ミスをしたが、話をしたことから、かなり長く勉強したようだ。

「ロストタイム」第11話で、ミッション中に地面のくしの間の距離を知るべきことがあったが、まず自分の身長が160センチであることを明らかにし、果敢に地面に横になって体で距離を取った。以後TWICEファンに1JH=160cmという長さ単位が誕生。

ネイバーのVアプリによると、これまで子犬を飼ったことがなく、後で大きな子犬を飼いたいと明らかにしたという。また、幼い頃は子犬をすごく怖がっていたが、今はたくさん乗り越えたと。

KNOCK KNOCKの最終サビブリッジのジヒョパートの歌詞が元々はCome knock on my doorだが、これがまるで「怖くてありがとう」に聞こえて新しいキリングパートになった。

KNOCK KNOCKの応援法には、このパートの部分に「私もありがとう」と決めたという。 以後、TWICE内のジヒョの人気が急速に高まっている。

2017年5月4日、同じ所属事務所出身の先輩オク·テギョンがアップした2007年当時11歳の幼いジヒョと撮った動画が日韓両国で大きな話題になった。映像を見ると、テギョンが当時ジスだったジヒョを呼ぶのに、ジヒョが持っていたサッカーボールを投げつけて逃走する。 日本の2PMファンが先に火力を発揮して日本ユーチューブ検索5位圏に上がり、続いて韓国でも検索順位に上がった。2PMやTWICEを知らない日本人は、映像を見て何が何だか分からないという反応を見せたりも。 これに応えるかのように、ジヒョがインスタグラムにアップした文がまた話題になった。

ジヒョが似ている人物としてはチョ·ボア、パク·セヨン、キム·ヘスらがおり、お別れヘアをした姿はフィンクル時代のソンユリに似ている。 外国人俳優の中ではケイト·ウィンスレット、マリオン·コティアルに似ており、甚だしくは足立充の漫画のヒロインのように写った写真もある。日本人としては目が大きくて丸い顔のおかげで日本のネチズンたちが似ていると言及するアイドリング!!!菊地亜美がいて、橋本カンナに似た写真があり、日本のファンの反応を見ると似ているように見える時があるという話がある。

練習生10年目の才能にふさわしく、舞台での表情演技が非常に優れていると評価されている。普通自分のパートでなければ無表情な場合がかなり多いが、ジヒョは単純に笑う表情だけでなく歌の歌詞に合う表情を見せることができる。したがって、密着カメラの映像で真価が発揮される。ファンもジヒョの密着カメラは「見る価値がある」と評価している。 このため、後に俳優としてデビューを期待するファンもいる。

KNOCK KNOCKの活動が終わり、膝の痛みにより手術を受けた。 そのため、タイ、シンガポールのコンサート舞台で一人で椅子に座って歌わなければならず、スイス観光庁の招待で他のメンバーがスイスに行った時、一人で韓国に残ることもあった。また、SIGNALアルバムジャケット、ミュージックビデオ撮影も負傷の影響で大部分座って撮影した。 しかし、こうした措置のおかげか、17年5月末には回復し、心配するファンからの質問に「完全に大丈夫」と全快した。 しかし、6月17~18日に行われたアンコールコンサートの舞台でも、優雅にジャンプダンスなどをしなかったことから、まだ完璧に治っていないようだ。

ジムに通っているそうだ。 ナヨン、ジョンヨン、サナも ジムに通ってるって。 その間、エクステをしていたが、痛くて外したという。 2周年が目の前だが、まだ芸能人ではないという。 最近、「パク·ジユン」の「愛してる」という歌をよく聞くそうだ。「トリーケリー」の歌は全部いいそうだ。 一番好きな歌は"とけます"という。

練習生の時から「ウェブトゥーンが大好きだった」と話した。現在、ONCEがおすすめするウェブトゥーンは全部見ているという。ジヒョが推薦するウェブトゥーンは次の通り。 「ハイブ」、「今日も兄弟は平和だ」、「金のさじ」、「ユミの細胞たち」、「復活男」、「鳥の領域」、「フレザシ」、「ムンユ」、「人間の森」 ドラマは「怪しいパートナー」と終映した「サム、マイウェイ」、バラエティー番組は「ヒョリの民宿」と「新西遊記」を見ている。 新西遊記のゲーム中「顔合わせ」ゲームで、TWICEも出てくるだろうかという思いで見たという。

日本の雑誌のインタビューでチェヨンによると、ジヒョは人形やキャラクターが好きだという。 ナヨンによると、ジヒョはきちんと愛情表現をするという。 モモによると、ジヒョはいつもチームのことを先に考えているという。 また、宿泊先では眼鏡をかけるという。眼鏡をかけるとジヒョの大きな目が少し小さくなるが、モモはこれが少し面白いと言う。 ジヒョ本人は香水を集めるという。 以前は同じ香水だけ使っていたが、最近は日によって使う香水を変える時があるという。「石鹸の香り」が好きだそうです。 そして、プレッシャーストッキングをはめて寝るという。足を見せる衣装を着ることが多く、足がむくんではいけないからだという。

ベトナム料理が美味しく、フォーが特に美味しいという。 苦しい時は、楽しく飛び回って大声を出すという。 そして、もっと大変な時は寝るという。 最近シリーズ映画をよく見るが、「惑星脱出:種の戦争」を近いうちに見るという。 メロディープロジェクトの舞台が緊張しすぎて、薬を飲んだそうだ。副作用があるのではないかと心配したが、幸いにも自分は清心丸がよく受ける彩質のようだと。 メルプで歌った歌の中で、4番目の曲である「Tori Kelly」の「Unbreakable Smile」が一番良いという。 その日歌う曲の中で5番目の曲である「TT(リミックスバージョン)」が最も難しかったという。

他のTWICEのメンバーたちがステージで自分たちをたくさん見るのだが、自分たちを頼りにしていることが感じられるという。 なのでもっと頑張るという。 そして隣にメンバーたちが一緒にいるため、本人もメンバーたちに頼るようになるという。 メンバーたちに助けられることがあっても、それを本人の口から言うのは恥ずかしいという。

幼い頃から大勢の人の前で公演するのが夢だったという。 それで今年一番記憶に残るのはコンサートという。 コンサートの時の気持ちは言葉では表現できないという。 普段水をあまり飲まないという。 ところが、バンドの練習中、水を1本ずつ飲み干したという。 モモのお父さんがジヒョのファンだそうだ。

最近映画館で家族と「青年警察」を見たという。 映画で警察大学校のシーンが出てきて、そこからTWICEのポスターが出てきてびっくりしたという。 TWICEが出てきたのを見ながら、ジヒョは目立ちたい気持ちになったという。 映画館で一緒に映画を見ているジヒョは心の中で「私ここにいるのに」と思ったそうだ。 デビューする前に釜山に一度行ったことがあるという。 ジヒョが行った時、 何かのフェスティバルをしたそうだ。 後でランニングマンの撮影で釜山に行った時、食べ物がおいしかったという。 サナによるとジヒョは、夜早く寝かせてあげないといけないという。 そして、早く電気を消さなければならない。

お母さんが日本語の勉強をしているところだそうだ。 ジヒョの母親のカカオトークの状態メッセージは「キレイ」という。 プロフィール写真は「妹写真」だそうだ。

下は日本の女性ファッションマガジンNonno17年12月号で話したことを翻訳したもの。

自分のチャームポイントとして「目」を挙げた。 「大きな目が印象的」とよく言われるそうだ。 目が丸いため、目の下のアイラインを長く引いて横幅を作る感じで描くという。 そしてあまりにも強調されないように 「ブラウンシャドウ」で描くそうだ。 肌がきれいだとよく言われるが、親譲りの、生まれつきの肌だという。特にやるのはパックくらいしかないという。 本人が気にするのは「水分供給」だという。水を十分に飲むと、確かに肌が変わるという。量を特に決めているわけではないのに、目に見えたら水を飲もうとするという。

できれば必ずしたいボディケアは「アカスリ」だという。 すると気分がよくなり、肌がすべすべになるという。 ところが、デビューしてからは銭湯に行けなくなったという。 それで、直接垢すりタオルを買ったり、週1回スクラブで全身を管理するのが本人の習慣になったという。 そして「卵石鹸」がおすすめだそうだ。 顔にもかぶっているのに、トーンも明るく強くなくていいという。 シンプルなスタイルが好きで、一着で済ませるコーディネートが多いという。 そしてニットが好きだそうだ。以前日本に来たとき、原宿で白い花柄のニットスカートを買ったそうだ。

TWICEのファッショニストとして「モモ」と「サナ」を挙げた。 メンバーと一緒にショッピングに行く時もあるという。事前にアポを取るわけではないが、「今日買い物に行く人は?」と聞いて、それに応じたメンバーと一緒に出かけるという。 ミナによると、ジヒョは女性らしい服をかわいくよく着こなすという。

以下は日本の「CanCam」2017年12月号のインタビューでジヒョのインタビューをまとめたもの。 好きな食べ物は"串カツ"と"すき焼き"という。 寝る前に必ず「塗るタイプの唇パック」をしているという。 憧れの女性として、イヒョリを取り上げた。もともとアイドルだったが、これまでも音楽活動を続けながら幸せな結婚生活を送っているからだという。 普段服を着る時、その日に着たいものを着る方だという。 本人は「スカート派」だそうだ。もともと丈の長いものが好きだが、背がそれほど高くないのでミニが多いという。 最近シンプルなワンピースを買ったそうだ。 それまで女性っぽくて落ち着いた感じのワンピースがなかったという。 日本でショッピングに行ってみたい場所として、「原宿」を挙げた。

以下は日本の「an·an magazine」のインタビューでジヒョのインタビューをまとめたもの。 もう一度したいことに「家族旅行」を挙げた。以前、家族と日本旅行をしたことがあるそうだ。 この時「串カツ」飲食店に行ったという。 串カツを初めて食べたが、食べ方が独特で面白かったという。家族が一列に並んで座って食べるのも新鮮だったという。 それでまた行ってみたいと言う。 練習生時代はもう二度と経験したくないという。それでもそのおかげで今"TWICE"でデビューできて幸せだと言う。 本人は性格がさっぱりしていて、言いたいことを誰にでもストレートに言うという。 何かあったら、必ずみんなで集まって話すのがルールだという。 ただし、食事のメニューを決める時は、会話よりは「麺類全部お願い」というのがルールだという。 "TWICE"になる前、デビューできる機会が一度失敗に終わったという。 この時やめるつもりだったという。 でも、親がその時励ましてくれて、今の本人がいられるのだそうだ。 どんな夢でもあきらめる前に挑戦した方がよく、自分がしたいことならもっとやめてはならないという。 好きなことが起こるということは本当に幸せなことだという。

以下は「日本ワンスモバイル」でジヒョの回答をまとめたもの。 一番好きな果物はぶどうという。 シャワーを浴びて横になった時が一番幸せだと言う。 カラーレンズをいつも持ち歩いているという。 虫が怖いという。 朝起きると、一番最初にスケジュールを考えるそうだ。 健康にはあまり気を使わないそうだ。 家に帰ると、真っ先にマスカラを消すそうだ。

18年More3月号で好きな単語を英語の中では「Once」、日本語の中では「ハレオンナ」だと答えた。

以下は日本の"mini"2018年3月号でジヒョのインタビューをまとめたもの。 明るいカラーの服は普段あまり着ないという。 運動靴をよく履いて、冬はニットとスキニーパンツを一緒に着ることが多いという。 幼い頃から外で遊ぶのが好きだったそうだ。 毎晩腹筋運動をしているそうだ。 ファッションに関して参考になるものは特になく、きれいだったり気に入った服を購入したりするそうだ。 自分に似合うと思うことが重要だという。 本人の感覚を信じるという。 ソロ歌手として活動することは考えたことがないという。 TWICEとして長く活動したいという。

以下は日本の「SEVENTEEN」2018年3月号でジヒョのインタビューをまとめたもの。 歯ブラシと歯磨き粉が本人の必須アイテムだという。 舞台の前に口の中がすっきりしないと、舞台に立って歌を歌うときに気になるという。 尊敬するアーティストとして、イム·ジョンヒを取り上げた。 イム·ジョンヒの歌の中で「私帰って」が好きだそうだ。 TWICEの歌の中で、「おやすみ、グッドナイト」が一番いいそうだ。 ジョンヨンによると、ジヒョはデビューしてから涙もろくなったという。

以下は「NYLON」2018年3月号でジヒョのインタビューをまとめたもの。 運動をする代わりに、食事は悩まずにとるという。 韓国料理が大好きで、お肉を食べる時もご飯が必ずなければならないという。 最近、猫の魅力にはまっているという。猫のふわふわお腹を触る映像を一部で探してみるという。 練習生の時からネイルアートに関心があったという。練習生の時は経済的に余裕がなかったため、映像を見ながら直接真似したという。 最近はきれいなものを探して、ネイルアートをしてもらう時に持っていくという。

2018年4月16日に2004年ジュニアネイバー子役スター選抜大会当時の様子が撮られた映像が公開された。 見れば分かるように、一緒に参加したEXIDジョンファとPRISTINのデモンストレーションの姿が見える。 2018年9月8日、コリアンミュージックウェーブ公演でクロップTシャツを着せてお腹に腹筋が露出した。腹筋がきれいでよく目立つ。 2018年10月、6枚目のミニアルバムのカムバックを控え、髪を短髪に切った。ジヒョがデビューして以来、ヘアスタイル自体を大きく変えたのは初めて。 ファンはショートに切ったのが爆発しても残った美貌のポテンが大爆発したという反応。 IZ*ONEのメンバー、矢吹奈子がTWICEとジヒョのファンだ。IZ*ONEのVアプリでYESOR YESを踊ったこともあり、カン·ヘウォンの計らいでバックステージでジヒョと会ったりもした。

2019年8月5日Dispatchで元Wanna Oneのメンバーでソロ歌手のカン·ダニエルとの熱愛説が流れた。 続いて、「所属事務所は事実を確認し、お互いに好感を持って会っている」という公式立場を発表した。しかし2020年11月に破局したことを発表した。

2019年12月に入って公式席上で顔色がよくなく、ファンの皆さんが心配している。 12月4日に行われたMAMAでも、普段は明るいジヒョがレッドカーペットから表情が暗く、受賞の際も表情が良くないため、本人ではなく他のメンバーたちが受賞の感想を言い、ひいては授賞式の途中姿を消した。12月7日に行われた日本ハイタッチ会でも団体写真で唯一無表情で撮影し、さらに8日には空港帰国途中、ファンが押し掛けたが、震えながら涙を流した。ファンは体の調子が悪いのか、何らかの理由でメンタルが不安定なのかなど、非常に心配しながらもジヒョの笑みが戻ってくることを祈っている。 幸い、年末の舞台では笑顔が戻った。しかし、一部ではジヒョがバーンアウト症候群を患っているのではないかという推測が出ている。

2020年7月18日、芸能人サッカー同好会FC Rumorに入団した。 女性チームにはミナ、Gugudanのナヨンとセジョン、Apinkのオ·ハヨン、EXIDの浄化も属している。 しかし、FC Rumorに男性チームもあるため、恋愛手段に使おうという意図ではないかという議論が出て、結局8月頃にオ·ハヨンとミナと一緒にチームを退会したという。