ミナ
미나
ミナ.jpg
ミナのプロフィール
基本情報
本名 名井南(みょういみな)
誕生日 1997年3月24日
年齢 24歳
出身地 兵庫県西宮市
国籍 日本
学歴 小林聖心女子学院高校(中退)
ジャンル K-POP
ポジション メインダンサー、サブボーカル
活動期間 2015年
デビューアルバム 2015年TWICEアルバム THE STORY BEGINS
家族 両親、兄(1994年生まれ)
身長 / 体重 163 cm / kg
血液型 A型
事務所 JYPエンターテインメント
所属グループ TWICE
ファンクラブ ONCE
あだ名 ミナリ、ダークセクシー、ブラックスワン、ペンギン、みーたん、魅惑のバレリーナ、シャロン、ジョンナミ、ミグリ、ムジェム、



1 概要[編集 | ソースを編集]

ミナは、2015年10月20日にJYPエンターテインメントからデビューした9人組ガールズグループTWICEのメンバーだ。

キャッチフレーズはブラックスワンで、公式色は#71c7d4。清純な印象とは別に、様々な可愛い姿も持つ日本人メンバーだ。 チーム内のイメージは優雅さ、清純さ、凄然さ、高級さ、ダークセクシー。本当に多様な魅力が共存するメンバーで、その中でも特に、特有の清純で美しい美貌と純真で利他的な性格でファンをときめかせるメンバーだ。

2 デビュー前[編集 | ソースを編集]

1997年3月24日、米国テキサス州サンアントニオ(San Antonio, Texas)で日本人の両親から生まれた。出生地の国籍を取得することが基本であるアメリカで生まれ、日本は親の一人が日本国籍であれば出生国家と関係なく日本国籍を付与する国家である。したがって、生まれてすぐに米国市民権と日本市民権を同時に取得し、満22歳以前までは二重国籍だった。おそらく父親はしばらく米国で働いていたが、その時生まれたようだ。

米国生まれだが、幼い頃に日本に渡り、韓国に来る直前まで日本で育った。その影響でミナは、二重国籍かどうかに関係なく、日本人のアイデンティティを持つようになり、英語ではなく日本語が母国語となり、自分の故郷を紹介する際にも兵庫県西宮市と紹介する。ただTWICE TV遊園地編(TWICE TV 2EP.7)でテキサス州のイヤリングをつける姿も見られる。 英語名はシャロン(Sharon)だ。

「英語は少しできる」とミナのお母さんがコメントで答えたことがある。歌で英語ナレーションを担当したり、海外公演の映像でほとんどの英語の人物をミナが代表にしているのを見ると、正式にではないがチームの英語担当のようだ。これは日本で名門私立学校に通い、英語演劇部活動をしたおかげと推測される。

日本で外国人学校や国際学校に通ったことはなく、カトリック系名門女学校である小林聖心女子学院に通った。主な専攻はバレエで,経歴は11年にも及ぶ。その頃の同級生の話によると、廊下でもよくバレエの練習をしていたそうだ。

中学校の時友達が少女時代のミュージックビデオを見て振り付けを真似して踊ろうと言ってK-POPダンスを真似してK-POPに興味を持つようになった。 2012年1月、京セラドーム大阪で開かれたゴールデンディスク授賞式を初めて直観した後、BIGBANGやCNBLUEなどの韓流歌手の日本でのコンサートを観覧し、韓国に旅行するなど、K-POPに次第にはまっていった。 結局、日本に所在する「URIZIP(我が家)」というK-POPダンススクールに登録し、K-POPダンスを専門的に習うことになる。

そんなある日、母と大阪梅田の阪急百貨店の地下でショッピングをしていた時、JYP関係者にキャスティングされた。グローバルオーディションを受け、オーディション合格後、高校を退学し、2014年1月2日付けでJYPに入社して練習生生活を始めた。その後、韓国で日本の通信制高校課程を卒業したと伝えられたが、まだ正確な学歴は公開されていない。

もともと芸能界に関心が高く、「日本でもアイドルのオーディションを何度か受けたが、全部落ちた」とインタビューで明らかにした。偶然見かけたJYPに抜擢され、結局TWICEまで来ることになったという。したがって、JYPのスカウト前からすでにアイドル歌手への夢があったようだ。

2015年、ナヨン、モモ、チェヨンと一緒にmiss A「ONLY YOU」のミュージックビデオに出演した。

同年、モモやダヒョンと共に、2PM「ウヨンのR.O.S.E」日本版のプロモーションビデオにも出演した。

入社後1年余りの短い練習生期間を経てSIXTEENに参加するようになった。 ちなみに、これはTWICEメンバーの中で最も短い練習生期間(正確にはSIXTEEN出演基準1年4ヵ月、デビュー基準1年10ヵ月)を経たが、概ね練習生が長いJYPの特性上、JYP全体から見ても短い方だ。特に10年以上の期間を誇るジヒョと比べると練習生期間はかなり短いと言える。

JYP日本人練習生だったモネがaskfmで明かしたところによると、ミナの場合は練習生として入った時からすでに歌とダンスが上手だったそうだ。

2.1 SIXTEEN[編集 | ソースを編集]

SIXTEEN時のキャッチフレーズは「魅惑のバレリーナ」。

デビュー曲のでは「ブラックスワン」とともに「魅惑のバレリーナ」も使用したが、活動するにつれてブラックスワンに変更した。

SIXTEEN 1話では、1年という短い練習生期間にもかかわらず、JYPスタッフが選んだメジャーメンバーの一人であり、パクジニョンが首を傾げた。パクジニョンだけがいぶかしく思ったのではなく、当時競争したチョンヨン、ジヒョ、ナヨンも少し意外だという反応を見せた。それだけ相当な実力と魅力を備えた練習生。 アイドルらしい振り付けよりは現代舞踊的な振り付けをするため、個人ミッションで見せてくれた姿ではかなり高難度の動作が多かった。 個人ミッションを評価したソン·ガインは「最近私が一番好きなダンスを踊る」と好評だった。

涙もろいようだ。SIXTEEN当時、練習中にメジャーグループで同じチームメンバーだったジョンヨンが「さっきの方が良かった」と軽く言った言葉に涙を見せ、みんなが戸惑う場面がある。 その他にも泣く場面がよくキャッチされるメンバーの一人だ。 ストレスを受けた時は音楽を大きくかけて泣くという言及をしたことがある。そのほか、序盤は舞台に対する恐怖症を露にして泣いた。実際、序盤は下手な韓国語、相対的に短い練習期間と静かな性格などが合わさって、放送分量も自信もあまりないメンバーだった。

サナと同じでモモへの愛情があふれ、モモがスランプに陥っていた時、サナと共に励ますためモモを訪ねたこともある。モモがナティと1:1対決をする時モモを応援するが、これが妙に可愛くてファンの間では有名な映像として記憶される。モモが脱落すると、サナと一緒に号泣し、最終回でモモが最下位になると、同じくサナと一緒に号泣した。 後に芸能キャンプを経験した後、ゲリラキャンプミッションでソミとナティとチームになったが、韓国語が下手な人が多く、全体的に年齢も低いチームだということが予想されたが、むしろ3人が持っている異国的なイメージを積極的に活用して多くの人を集め、何より今まで見せてくれた消極的で自信のない姿の相反した姿を見せた。これに対してミナは、「年下の妹と一緒に過ごさなければならないので、姉としての責任感ができて変わったようだ」と答えた。 結局、ミナのチームは全員メジャーに復帰し、ついに生き残りTWICEメンバーに選ばれた。 ミルクアプリの投票は、全般的に上位級であり、1回を除き、全て7位圏内に入る威厳を達成した。

SIXTEEN時代、ミナのファンページが一時ベティを中心に大きな話題になったことがあった。 唯一SIXTEENメンバーのファンページの中で、女性ファンではなく男性ファンが直接作ったという噂。粗末なデザインに比べ、意外に面白いという反応が多かった。 一言で「おじさんファン」のミナのおじさんファンはTWICEファンの中でも最高のオタク力を持っている。

2.2 バレエ[編集 | ソースを編集]

ずっとアイドルデビューを目標に準備してきたTWICEの他のメンバーとは違い、ミナは練習生の道を歩む前に長い間バレエを学んだ。練習生に進路を変更し、バレエはミナの特技、そして自分を効果的にアピールする手段になる。 SIXTEENの初舞台でも『くるみ割り人形』を披露し、パク·ジニョンを虜にするところだった。

アイドルであるミナにバレエが与えた影響は相当なものだ。 TWICEとしての活動期間が長くなるほど、ミナがバレエを披露する機会は少なくなるだろう。 しかし、この経験がかなり特色あるダンスの実力を持ったアイドルミナを作っていく可能性がある。

3 ポジション[編集 | ソースを編集]

3.1 サブボーカル[編集 | ソースを編集]

チーム内の重要なサブボーカルとしてハスキーな低音の音色が魅力的で、そのお陰で収録曲で主に第一声を歌う方でボーカルが安定的で特色あるためパートをよく配分される方だ。基本的に音域帯が高いTWICEで中低音をよく消化する数少ないボーカルであるため、中低音パートはミナがかなり多く受ける。 韓国人メンバーに比べて比較的劣る韓国語の実力でボーカル力やテクニック、声量、表現力においては他のボーカルラインメンバーに比べてやや劣る点があるものの、これは後から補えばいいと言い、努力が積もれば解決されるものと見られる。

歌唱力はまだ見せていないが、SIXTEEN5話「チームミッション」の時、問題のない水準のライブの歌声を披露した。ただしパートが短すぎてまだ歌唱力を論じるのはちょっと曖昧な状況ではあるが、最後のミッション舞台である「Do it again」で最初の部分とサビを引き受ける威厳を見せながら活動を重ねるごとに発展する姿を見せてくれた。

デビュー以来、タイトル曲「Like OOH-AHH」、「CHEER UP」、「TT」などほぼすべてのアルバムタイトル曲でサブボーカルであるにもかかわらず、ジヒョ、ナヨンの次に多くのパートの多さだ。特有の女性らしくか弱い声が一役買っているようだ。 ミニ2集収録曲の「大切な愛」と「Headphone 書いて」でサビを担当して「Touchdown」でパワフルな部分を担当したがとても印象的で、これからボーカル実力がどのように成長するのか期待される。

TWICEの曲の中でナヨンで始まる曲なら、ほとんど無条件に次のパートにはミナが登場すると思えばいいほど導入部にパートが多い。

消化できる音域そのものもかなり広い。 低音では1オクターブ度(C3)まで下がり、真声では「Touchdown」で見せた3オクターブ波(F5)までは安定的に消化し、その他にも「ピンクルWOW!」のカバーステージで3オクターブレー(D#5)というかなり長いアドリブを難なく、安定的でパワフルに消化した。 歌声の最高音はから出てくる3オクターブソール#(G#5)である。

優雅な私生活の最終回でカラオケで歌う場面がある。 もちろんカラオケなので音質が凄惨だ。 しかし、ここでも歌った曲であるトイ7集「彼女が言った」「リフレーン」を一人で歌ってvアプリに載せたりもした。#ミナの音色を一番よく見せてくれる曲のようだ。 また、2016年9月15日にMelody projectの一環として公開した良い人でもミナの歌唱力を確認することができる。

ミニ3枚目のタイトル曲「TT」で、前タイトルよりボーカルの持分が上昇した。 まだ発音がぎこちない外国人メンバーには重要なパートをあまり与えない方だが、ミナがサビを歌ったということはTWICE内で彼女の音色と安定性が認められたという意味だろう。 TWICE MR除去映像に関するコメントを見ると、「外国人メンバーの中でミナの韓国語発音と音処理が一番良い」という評価が多く、MR除去ではミナも韓国ボーカルメンバーのナヨン、ジョンヨン、ジヒョと一緒にうまくいかない。

2017年2月に発売されたスペシャルアルバムではパートが約23秒で、今回もリードボーカルのジョンヨンより多い。 今後、ボーカルメンバーとしての立場を固めるものと見られる。

ミニ4集「SIGNAL」のタイトル曲「SIGNAL」では、初めてラップを担当し、モモの次に最も多くのパートを獲得した。 正規1集「twicetagram」のタイトル曲「LIKEY」で1、2番ともサビを担当した。大体ミナのトーンが歌によく出ているという評価だ。 5枚目のミニアルバム「What is Love?」のタイトル曲「What is Love?」では、9秒程度のパートを担当し、メンバーの中で最も少ない分量を担当することになった。幸いにもパートは少ない代わりに曲序盤のセンターを占める。

スペシャルアルバム「Summer Nights」のタイトル曲「Dance The Night away」では、メインボーカルのジヒョに次いでパートを多く担当した。 この間、活動曲とは違って力強く歌うミナを見ることができる。このため、特にこの活動の時、ミナが一人でハンドマイクを持って公演したことが多い。これまではパート分配自体が本人の弱点である声量をカバーできるようになったが、今回の曲ではそうではなく、この点を補完するためのようだ。 余談で、舞台ライブではミナがジヒョを抜いて最も多くのパートを歌う。

ミニ6集「YES or YES」のタイトル曲「YES or YES」では、ジヒョとナヨンに次いでパートを多く担当した。 歌のナレーションと1番序盤でソロパートを2度も受けた。 そのおかげで、パート配分でナヨンと大差がない。そして歌の始まりとともに流暢な英語を駆使しながらナレーションをするが、ミナの低音とあいまって魅惑的な感じを受ける。

実際、これまでのパート分配を見れば分かるが、ほとんどナヨン、ジヒョの次にパートが多く、サビを担当するケースも多いことから、ナヨン、ジョンヨン、ジヒョとともにボーカルラインだと言える。

メロディープロジェクトでトイのいい人を呼んだ。 ミナの歌唱力を示すカバーといえる。

さらに、ピンクルのNOWカバーで高音(D#5)を繰り広げた。

3.2 メインダンサー[編集 | ソースを編集]

チーム内のメインダンサーとして踊りがかなり上手だが、11年間のバレエ経歴らしく体の全体ライン、踊りのラインがとてもきれいだ。 下のソンミの「24hours」のように、バレエを活かした振り付けをすれば、能力値が最大化される。

しかし、パクジニョンが一度指摘したことがあるように、バレエで鍛えた体なので、体が細かい拍子に乗らないため、ヒップホップやガールズグループの弾ける振り付けはまだぎこちないという評価。 一方、クラシックぽいリズムに乗っている姿がよくキャッチされるが、このリズムをミナが楽しんでいるのか、それともバレエの痕跡なのかはまだ明らかになっていない。

モモに隠れてダンスの実力が浮き彫りにならない場合がたびたびあるが、「知り合いのお兄さん」TWICE編でチーム員たちが言うように、モモと一緒に最も振り付けのミスが少ないメンバーであり、自分の長所が発揮される現代舞踊などのスペシャルステージで魅力を発揮する。実際、モモがダンスの優れたメンバーを選ぶためには、本人の次にミナを選んだこともある。 また、メンバーたちがモモの次に 振り付け習得が早いメンバーとして選ぶのも。

3.3 ビジュアル[編集 | ソースを編集]

ミナはアルバムの写真やグラビア、そしてセルカなどを撮る時には目を大きく開いてとても慎重な表情をする。 そんな時からはペンギンのようだった姿を完全に無くし、これまで隠してきた特有の清純で美しい美貌をしっかりと見せ始める。

「清純美と凄然美を合わせて人間にしたらミナ」という言葉がファンの間にあるほど独歩的に優雅で清純で凄然さの雰囲気を持っている。

シックスティーンでは、ツウィと共に「ビジュアルの両大山脈」という字幕が出たりもした。ファイナルミッション当時、ジヒョがマイナーチームに迎え入れられた時、ミナのようなイメージを考えて連れて行くと予想した」と話した。

デビュー後は、ナヨン、ツウィと一緒にTWICE美女三国志と呼ばれる。 国籍も三国だが、外見的な面で ミナは優雅で清純な日本の美女そのもの ツウィはフォルモサ島生まれの南方系美女 ナヨンは積極的ではつらつとしてきれいな韓国の妹らしい雰囲気を持っているからだ。

3.4 TWICEのメンバーとして[編集 | ソースを編集]

TWICE内部で同じ日本人であるモモ、サナと一緒にミサモラインを担っており、ここにツウィまで加わる時は外国人ラインであるミサモツラインが構成される。 ナヨンとミナの2人が白い肌に長いストレート髪を持つスタイルで似たようなスタイルだが、区別がつく個性があるため、一緒にいると美貌シナジーが起きるとして「ミナヨン」とファンがよく結ぶこともある。 その他にも「相性妖精」と呼ばれるが、チェヨンと対決するとミチェン、ジヒョとは97年の同い年。 シックスティーンの時からデビュー初·中盤まで表情が比較的無表情に近かったが、17年に入って笑うことが多くなって表情が豊かになり、だんだん美貌に羽をつけているという評価が多くなっている。また、ダヒョンとはジョリューズを形成している。

最近のバラエティーで推すギミックは「やらせたら上手なミナ」。 最初は「私はできません」と自信がないと言って後ろに退けたが、いざとなると他のメンバーよりはるかにうまくやってくれるのが特徴だ。 これが一番大きく現れたのが週刊アイドル327回。 「トゲ」や「カバーダンス」、「赤ちゃんサメ」、「板切れカバー」、「ワイルドエッジを見せるのに、全て下手だ」と抜きにして、結果物はよかった。 トゲナカバーではドニコニが「おい、お前下手なんだろ?」と異議を唱え、赤ちゃんサメのポッピンカバーとワイルドエッジでは「また騙されると思って?」という反応。 ただし、全体的にボーカルとダンスに比べて芸能では静かな性格のため、一緒に静かなメンバーのチェヨンとツウィと一緒に主に編集される。

シックスティーンとデビュー当初は関西出身だが、標準的な日本語をある程度駆使したが、最強のハードコアである関西弁のサナ、モモと生活したせいか、だんだん方言少女になりつつある。実際、家の中で標準語だけを使っていた人が方言使用者と長く一緒にいれば、方言が移る事例は、韓国でも見られる事例であり、不思議ではない。

4 余談[編集 | ソースを編集]

外見が「優雅で清純な女」と言えば思い浮かぶ典型的な清純な美女の顔で、誰にも劣らないほど純情で優しい性格の持ち主だ。おまけに他人思いなのだ。それに日本人女性なのでヤマトナデシコという言葉が本当によく似合う。 それで男子ファンの間でますます人気が高くなっている。しかも、きれいで純粋で優しい印象を持っているが、そのせいでファンになった人も多い。

体つきもしなやかでとてもきれいだ。ミナのスタイルが好きな人もたくさんいる。 特にミナの肩に関する話をよくするが、ミナの肩が女性だということを勘案してもかなり広くてきれいだからだ。 ジヒョが「TWICEの最強肩幅」と呼ぶほどだ。 そしてミナの広い骨盤のおかげか、ミナのお尻に関する話も多く見られる。 そして、このような広い肩と広い骨盤のためか、他のメンバーより体自体がやや大きく見える。 TWICELIGHTSのソウルコンサートでナヨン、ジョンヨン、チェヨンと共に とても短くタイトな衣装を着てレディー·ガガの<Born This Way>をカバーしたが、この時ミナの体つきがしっかり表れていた。そして、手の関節一つ一つが本当に細いきれいな形をしているが、そんなミナの手を「ソムソムオクス」と言いながら好きなONCEもいる。

実に優雅で清純な顔をしている。 でも、こういう顔にほくろが たくさんできているのもミナだけの特徴。 ざっと見ても鼻、人中、下唇のすぐ下←このように3つも見える。占いがこの中で特に鼻にある美人点はミナのトレードマークであり、ミナが「本人だけの魅力ポイント」とよくアピールするその点でもある。

余談だが、TWICE3周年記念Vアプリでジヒョがミナに「ミナ、額の真ん中にもほくろがある?」って言ったらミナが「え? 知らなかったの?」と言い、本人の顔にあるほくろが星座のようにあると語った。

父からの遺伝で短所がある。それは少しでも明るい光を見ると、目をまともに開けられないことだ。 そのためか、ミナ本人がアルバムのジャケット写真を撮るたびに目が疲れ、撮ってみたら目が閉じた写真がとても多かったという。 美味しいものを食べるとまるで子供のような声で「ううん」と声を上げると同時に、両手でそっと拳を握って愛嬌を振りまく習慣があるが、それとなく可愛い。

ペンギンを見ると気がおかしくなるほどペンギンが大好きだ。 そのためか、ファンサイン会でミナがONCEからもらうプレゼントのほとんどがペンギン人形だ。 そして、サメも好きだ。 シンガポールのある水族館でサメを見て、「唇が内側に巻き込まれている姿がとても可愛い」と話した。 ところでミナから可愛がられたあのサメが他でもないシロザメだったという説がある。

メンバー間で相対的に静かなミナだが、Vアプリ放送などで万が一の誤解を防ぐために内容をよく整理したりする。 例えば、以前ジョンヨンの携帯で変顔写真を撮る放送をしていて、 横で「これはスノーで合成したんだよ。 実際の顔はこんな感じじゃないですよ」と述べた。 ミナの思慮深い性格を垣間見ることができる。

日本側ではCDショップでアルバムを陳列する際、店側で応援するメンバーをかけておく場合が多いが、神戸と西宮側のHMVではTWICEのアルバム販売コーナーを設置し、ミナが兵庫県出身であることをアピールしている。 西宮に住んでいたという。 西宮で通っていたダンススクールはURIZIPだが、韓国人院長がK-POPダンスをはじめ韓国語のレッスンもするそうだ。 実際、URIZIPでK-POPダンス発表会を開いた時、TWICEがお祝いの映像を送ったりもした。

ミナの名前の漢字表記が南方向の南なので「みなみ」と誤解する人が多いが、南という漢字は「ミナ」とも読める。

ミナの名字は日本でも珍しい名前で、名井という苗字も全国で約400人しかいないという。 韓国に来る前は自分の韓国式の名前を「ミンア」と思っていたようだ。

昔Kポップオタクだった。ある外国人ファンがミナのツイッターからミナの過去の写真を大量に発掘したが、約50枚を超える。 この時のn各種写真より、CNBLUEのファンBOICEのようだ。 さらに、かつて、ヨンソ夫婦が訪れたトッポッキ店「聖地巡礼」もした。 その他、多数のKポップ歌手のオタクだったことが判明し、ツイッターのプロフィールに自分が一番好きなKポップ歌手を書いて「I wanna be ulzang」と書いたのを見ると、ミナも以前は少女韓流ファンだった。

韓国にいた期間が長くないため、韓国語の実力はそれほど立派ではない。それでも2年にしては悪くない韓国語を駆使し、意外と習得力が早く、デビュー後は韓国語の実力が向上している。 外国人メンバーなのにサナもそうだし韓国語で上下関係の概念についてしっかり認知している。また、 個人インタビューの中で自分の愛蔵品をケチャップと紹介したことがあるが、韓国語のケチャップという発音が上手くいかず、「ケジャップ、ケジャップ」という場面は多くのファンの心臓を打ちぬいた。

亡くなった祖父は日本一のペイント会社、日本ペイントの副社長だったといい、両親と3歳上の兄が1人いる。 父は国立大阪大学医学部で整形外科教授を務めており、母は平凡な家庭主婦である。 お母さんの場合、ミナの芸能活動を積極的に支援する方なのでSNSに関するニュースをよくアップデートするため、多くのONCEがフォローしており、日本ONCEの集まりであるTWICEチャラジャ会にも参加するほど旺盛なファン活動をしている。 ミナをゲームオタクの道に導いた兄は山口大学工学部に在学中だが、妹と違ってがっちりした体格なので「スラムダンク·チェ·チス/チェ·ソヨン兄妹実写版」と多くのコミュニティで言及された。 アメリカンフットボールの経験者である。ただし、ムチとは程遠いのが体の厚さはあるが、背が低い。ミナが明らかにしたところによると、170センチにも満たないという。 そこでインタビューの中で、「実の兄にTWICEメンバーのうち誰かを合コンで紹介するとしたら、紹介したくないメンバーがいるか」という質問に対し、ツウィのことを言って、「兄が170センチ足らずで、ツウィより背が低いので、傷つけられるかもしれない」と話したことがある。

同じ日本人の練習生だったがSIXTEENに際してJYPエンターテインメントを退所したモネが後日明らかにしたところによると、練習生として入ってきた当時すでにダンスと歌がある程度整っていたという。

日本の人気コメディアン、ブルゾンちえみと同じダンス·スクール、それも同じクラスで授業を受けたという。 韓国に来る直前まで一緒に学び、4~5年ぶりに一人はコメディアン、一人はアイドルとして紅白歌合戦で再会した。

高校卒業資格を検定試験で2016年1月に取得したモモ、サナと違い、通信制高校(韓国の放送通信高)を通じてデビュー前に高校を卒業したという。気分が良くて楽しいとたまにカニダンスをする癖がある。

ゲームがかなり上手なようだ。現在メンバーたちが抜けたカカオゲームを数日でクリアしたと。 2016年1月8日のVアプリ放送でエルソードをプレイする姿を見せ、サドンアタック、その他ニンテンドーDSゲームを楽しむと発言した。

お兄さんとゲームをたくさんしたそうだ。子どもの頃にたまごっちから様々なゲームを楽しんだという。2016年6月にJYPがコラボリリースした「SuperStar JYPNATION」でゲームの実力を遺憾なく発揮し、発売から数日でハードモードをオールクルしたという。 主力でレベルアップさせているカードは自分自身。結局「SuperStar JYPNATION」上位100人を招待して開かれたイベントでオールコンボを達成し、参加者全体で2位を達成した。 特にエルソードは、「ヴァルキリー&フレイヤ」アップデート前日に招待され、3分以内にヘニールの時空最初の休息所に到達するまで2:46に成功、一度にクリアする。 問題は難易度を難しくセットして挫折する絵を選ぼうとしたが、一度にクリアして関係者が全員当惑して商品を全部持っていく。

集中力と根気が相当あるメンバーだ。ゲームが上手な人たちの特徴の中の一つである一つに没入する能力が優れている。 2018年に出演した「チェパタ」で言うと、ジヒョが朝、スケジュールに出かけた後、夕方に帰ってきたら、休みだったミナが自分のベッドに朝と同じ姿勢で映画を見ていて驚いたという。 またトゥッティービと2018年2時のデートで放送された「KNOCK KNOCK 1000個のピースパズル」を早朝にスケジュールを終えて帰宅し、夜を徹して10時間以上座った席で終わらせたというエピソードがある。 その他にも2017年にメンバー同士で編み物をする趣味ができたときに他のメンバーたちが「ミナは途中でやめて終わらせる」と言っていたのを考えると普段もこんな姿が多いようだ。

静かで純真で小心な普段の性格のため、あまり表に出ないが、メンバーの中で一番勝負欲が強い。 特に、ゲームなら種目を問わず実力を発揮する。 ビデオゲームから始まりボードゲーム、さらにはエアホッケーのように体を使うゲームでも他のメンバーとはレベルが違うが、結局新体操やアーチェリーなどスポーツ分野でもずば抜けた腕前を披露した。 このようにゲームは人が変わってしまうもので、経験やアイテム保有状況などで圧倒的に不利な不公正ゲームでもてあそばれると、いつものおとなしい性格とは違ってすぐかっとなる。逆に経験も保有アイテムもない状況で腕前だけでゲームで勝てばメンバーの中で誰よりも激しく喜びを感じ、必ずその場で勝利セレモニーのようにポーズを取るとか後で話が出たらもっと褒めてくれと言わんばかりに自慢したりする。 SIXTEENでもチームミッションの時、自分が足を引っ張るようだと涙を流したが、特にゲームや勝負に関しては喜怒哀楽が強いようだ。 ゲームで負けたり、瞬間的に戸惑うことがあれば、両手で顔を覆う癖がある。 ウサセン8話で初めてやってみたボードゲームで連戦連敗した時は、「ヒーイング」と言って顔を隠すのに忙しかった。

11年バレエの影響のためか、特に気にせず、歩く時は外股で歩く。ほっそりした体つきなのに、腕を振りながら歩いていくおじさんのような格好なのでギャップ帽に。

妙に普段のキャラクターと合わさってファンは「ペンギン歩き」と呼ぶ。サナ、モモと同じ日本人メンバーでとても親しい。 別名「ミサモライン」。 シックスティーンでモモをメンバーとして発表した時、サナとミナが抱き合いながら心から喜んだのを見れば分かる。 1997年生まれで、日本人メンバーの中で一番年下だ。 デビュー当初は、韓国語を話す時は、サナとモモにしっかりお姉さんをつけていた。

日本の教育体制ではモモとサナが友達で同期生だ。日本は新学期が4月に始まり、翌年3月に終了する。日本では新入生の入学月日の基準が4月2日から翌年4月1日までだ。 それで1996年4月2日生まれから1997年4月1日生まれまで同じ学年であり友達だということ日本では出会いの基準が日常化している。韓国も法的には「満年齢」を使うが、日常生活では依然として数え年(生まれた瞬間1歳)を使う。むしろ日本人は韓国人と比べて年齢、序列が炎上せずに素早い誕生日に気を使わないという。同じ97年生まれのジヒョは、早生まれで96ラインに入るには序列が曖昧になったが、ジョンヨンの主導の下96-97年生まれの大統合が実現した。 ただし、習慣なのか大統合が行われた後も、時々ジョンヨン、モモ、そしてサナにたまに「お姉さん」と呼ばれていたが、2018年に入ってからは「お姉さん」という場合がほとんどなくなった。しかし空白期以後復帰してした誕生日Vアプリで明らかにすると、モモとサナは元々初めて練習生として会った時から日本語でもタメ口で、韓国語でもタメ口で話す友達をしていたのでずっと友達を維持するが、ジョンヨンにだけはずっと「お姉さん」と呼ぶと明らかにした。 幼い頃からお姉さんがほしかった渇望があった」と話し、チーム内に「ナヨンさんの他にもお姉さんがいてほしい」という欲望が強く、チョンさんのことを「お姉さん」と呼び続けることにしたという。

ツウィと同様、クールな都会の女性らしい外見とは違って、意外にもコミカルでファンへの親しみがあるが、映像を見ると整った外見にギャグが混じって、非常に可愛いので見る楽しみがある。一つツウィと違う点は、ツウィはカメラの前で見せるバラエティーに特化しているとしたら、ミナは放送映像では、前に出なくても胡麻のように後ろで何か身振りをしたり、変な表情をしていることに特化している。このためについたニックネームが「探しが面白い」。

騒々しいメンバーの間で埋もれたり、道行く時に一人で取り残されるなど、かわいそうに見える状況がよく起きる。 このような写真が掲載されるたびに、ONCEらは、「しょっぱい(涙の塩気を意味する)」、「私はセリ」と呼ぶ。

自分が男なら恋愛したいメンバーとしてチェヨンを挙げた。 カリスマがあってセクシーな姿に惚れるというのが理由。 デビュー後も変わらないチェヨンへの愛情を見せている。 そのためか、ミチェンとしてチェヨンと一緒になったこともある。

モモ、サナと共に同じ関西出身だが、神戸出身のミナは意外と方言をあまり使わない方だ。 しかし、関西弁がひどい2人に会ったことで、本人も知らないうちに影響をたくさん受けており、その事実をミナの母親に指摘されて初めて知ったという。 神戸、京都、大阪ともに関西弁地域であるが、各地域の方言はイントネーションと語彙が微妙に異なって区別できる程度である。 神戸も方言をよく使う地域だ。 ただ、知らず知らず上流層の場合、標準語(そして普通あまり使わない敬語)の使用が勧奨される文化がある。したがって、サナに影響を受けたなら、神戸弁ではなく大阪イントネーションだと指摘されたかもしれないし、方言自体を指摘されたかもしれない。 特に神戸の方は、自分たちが大阪人と間違われることを嫌う人が多いため、前者の可能性も十分ある。 東日本と西日本が同じ単語でも略語を使い分ける日本の特徴上、ミナは骨の髄まで関西のサナ、モモと違って東日本式の単語を主に使う。 例えばセブンイレブンをミナはセブン、サナとモモはセブイレと呼ぶ。

ケチャップが好きだ。 特にHEINZケチャップが好きで、ファンサイン会でHEINZケチャップ柄のクッションをプレゼントしてもらった。 結局、HEINZの2016年スーパーボール広告動画とミナのVアプリを合わせたこのような動画と、このようなミナケチャップな漫画も作られた。 このようなミナのキャラクターのためか、ミナの母親のインスタにも時々HEINZケチャップ写真が掲載される。面白いのは好きな食べ物はトマトケチャップだが、食べられないのはトマトだということだ。

ファンサイン会で特別な要請なしに絵を描いてほしいと言えば、ほとんどペンギンを描いてくれる。

テレビ番組出演時にはあまりしゃべらないが、ファンサイン会では自然に韓国語でファンと感情豊かに話し合うことで有名だ。なのでファンサイン会に行った人たちは、 思ったよりミナが話も上手で優しく驚くという。

2016年1月21日ゴールデンディスクアルバム部門新人賞受賞感想発表時、日本語で言ってファンの間で話題になった。その後も主要賞を受賞するたびに、日本語で感想を述べるのはミナが担当している。サナは方言がひどくて、モモは0ヶ国語だからだという。

メンバーの中でジヒョは男なら一番付き合いたいメンバーに挙げた。 性格は静かだが、全てのことを気にかけ、繊細だからだという。 ちなみにジヒョは「TWICEの優雅な私生活」の中でモモ、サナ、ミナが男装した時も一番付き合いたいメンバーとしてミナを挙げており、これと似たような質問にミナを言及することが多い。

2016年5月31日、LGツインズ対KIAタイガースの試合でTWICEが始球式及び試打に参加する際、背番号で37番をつけた。 日本語で「37」が「ミナ」と読めるためと推定。

パクジニョンは2016年、JYPネーションコンサートソングパートの分配対決で、普段大人しくて静かな性格のため、ある程度の分野で自分が勝つと思ってミナを対戦相手に望んでおり、実際にもマッチが行われた。 しかし、甘く見て挑戦したが、じゃんけんで連敗し、結局、数回の挑戦の末、コンサートが終わり、打ち上げ会の席で辛うじて1勝を収めた。

ONCEたちはゲームで対決していたら、永遠にミナに勝てなかっただろうと予想した。

Twitter上で日本のファンが使っているタグは、#南と書いてミナと読みます#ブラックスワンミョイだ。サナとモモとは違い、一つのキーワードとして確立されていない。

チェヨンと一緒に進行した「Vアプリヌッパンライブ」でR&Bが好きだと明かした。

日本の雑誌「anan」のインタビューで、「もう二度とやりたいこととやりたくないこと」を尋ねる質問で、高校生活を終えることができず、韓国で練習生生活を始めたのが心残りで、再び学生生活をしたいと話した。 二度とやりたくないのは、オーディション番組に出演することだという。韓国で流行っているサバイバル番組を見るたびに共感し、胸が痛むという。 だが、デビューできたら頑張る」と答えた。

2017年1月7日、Dispatchとのインタビューで2017年に達成したい計画を発表した。 ミナは「2017年には私が宿舎で料理をして 証拠写真をアップします!"という計画を立てた。 そして2017年12月4日、TWICEのインスタグラムに自分が直接作った写真をアップした。

TWICEがデビューして800日目になる日、韓国で臓器提供を申し込んだとし、TWICEインスタグラムに本人の韓国臓器提供希望登録証と日本臓器提供希望登録証を持っている自撮り写真2枚を掲載した。 このニュースが伝わると、ONCEたちはミナを顔もきれいで心もきれいな「天使」と呼んで称賛している。 そして、この自撮り写真により、2013年にすでに日本でも臓器提供を申請していた事実も明らかになった。

2018年1月6日、TWICEのインスタグラムにセーブ·ザ·チルドレン新生児を助けるための帽子編みキャンペーン完成写真を掲載した。TWICEのメンバーの中でジヒョと一緒に編み物を趣味として持っているメンバーとして知られている。年末に韓国と日本を行き来する忙しいスケジュールの中でも、編み物は時間があり次第したものと見られる。 セーブ·ザ·チルドレン特有の赤いバッグが控え室や日本を行き来するチャーター機の中を撮った写真から見つかった 臓器寄贈希望登録証に続いて、新生児を助けるための帽子編みキャンペーンまで行い、18年シーズンのグリーティングビハインドの時、「新年には時間が余れば、ボランティア活動ができる所を探してボランティア活動をしたい」と話した。その程度で人に何かを施すことに関心が多いようだ。

日本の女性週刊誌「an·an」でのナヨンの発言によると、 ミナは朝シャワーを浴びる。 ミナが朝、ナヨンを起こしてあげたりもして、ミナにたくさん頼っているそうだ。 ミナが先に寝たら、ナヨンはヘッドホンを使うそうだ。音楽を聴いても、音が大きく出ないように気をつけてくれるという。 ミナといると、何をしても ぎこちなくないと言う。二人きりでも、全く寂しくなく、リラックスした気分になれるという。 ミナが寝てる姿を見るとときめくという。 ミナは寝る時もお姫様のように優雅に寝るが、寝ているミナの姿を本人も知らないうちに見ているという。

日本の雑誌Cancam2017年12月号に掲載されたQ&Aによると、 Q.読者たちに呼んでほしいニックネームは? みーたん。サナちゃんとモモちゃん 3人でお互いに呼ぶ名前を決めました。

Q.自分の性格を一言で表現すると? 落ち着いていると思います。 じっとしていることが多いので、最近知った特技は隠れることです。(笑)

Q.メンバーの中で自分がNo.1だと思うのは? 一人で過ごすのが一番上手だと思います。(笑)

Q.好きな食べ物は? ユッケ。韓国ではユッケを出前で食べることもできて最高です!

Q.美しさの秘訣は? レモンスパークリングウォーターにすっかりはまっています。 ビタミンCが摂取できてリフレッシュにもなります!

Q.憧れの女性は? ふとした笑みがかわいい人

日本の雑誌Seventeenとのインタビュー内容によると、 趣味 食べ物を食べる。服を見る! 海外に行くと、現地のおいしい食べ物やコンビニで買える食べ物は必ずチェックしましょう。 服を見るのも大好きで、ネットで可愛い服を探しています。

特技 クラシックバレエを11年やっていました。 パズル!「KNOCK KNOCK」の ポスターパズルを10時間くらいで完成しました。

好きな色 黒。紫色。 ネイビー。こういう色が好きです。

好きな食べ物 ユッケ! 韓国ではユッケを宅配することができます。 宿舎でも宅配して食べます。

好きな言葉 「ただいま」&「おかえり」。日本人じゃないメンバーに教えたい日本語を考えると、いい言葉だと思います。 メンバーはいつも一緒にいるので、 使う時がありません。それで一人で言います... サナとモモが近くにいたら答えましょう。

口癖 (韓国語で)"何か~"と言ってしまいます。

TWICEでどんなキャラクター? 大人しいキャラクター? 昔に比べてマシになりましたが、人見知りをします。

マイブーム インターネットショッピングです。 買う時はすごく悩みます。同じ製品もいろんなサイトを比較したりレビューを見たりお母さんに相談して買います。

最近買ったもの 最近購入したのは無線イヤホン。 耳栓のようなイヤホンです。 それを使ってよく聞いている歌はオースティン·マホンの「Dirty Work」です。 メンバーも愛している、 ブルゾンちえみさんのBGMとしても使われている曲!

自分を動物に例えると? ペンギン。サナが "ペンギンに似てますね" と言ったのが始まりでした。 唇の形と歩き方が似ているようだ。

もし一日だけ他の人に生まれたら? ビヨンセです。歌がお上手で素敵で、女なら誰でも憧れる存在のようです。

2018年04月10日付のパワータイムでの発言によると、最近は映画、特に怒りの疾走シリーズを見ることにはまっているという。 朝早くから見始めたので、スケジュールを終えて帰ってきたジヒョがミナの姿勢が変わっていないと驚いたりもしたという。必ずしも怒りの疾走でなくても、アクション映画が好みだという。プロモーションビデオや放送でスーパーヒーローを演じることになれば、アイアンマンを引き受けたいという。

2018年3月24日に誕生日を迎え、多くのONCEがお祝いの広告を作ったが、その中で中国のONCEがロンドン地下鉄に載せた広告が話題になった。 いわゆる「アメリカで生まれて韓国で活動している日本人芸能人の誕生日を祝おうと中国のファンがイギリスに載せた広告」という名前でグローバル時代を実感させるエピソードとして紹介された。 たい焼きは小豆よりシュークリームたい焼きの方が好きだそうだ。

日本のファーストアルバムのタイトル曲「BDZ」のPVに忍び込むPV内の要員が目を覚まして見つかると、まるでアニメーション「シュレック」の長靴は猫を連想させる姿を見せてくれる。

「Yes or Yes」カムバックと同時に今年も人気取りを始めたという。 その後に公開された公式インスタの掲示物によると、ナヨンとチェヨンに毛の帽子を、モモにはマフラーを編んでプレゼントしたという。

12月29日、サナのVアプリ「Happy SANA Day」でメンバーたちにどんなプレゼントをもらったのかという質問の答えによると、サナがミナから帽子とカバンをプレゼントされたという。 視力が左右1.5だ。

「Yes or Yes」カムバックと同時に今年も人気取りを始めたという。 その後に公開された公式インスタの掲示物によると、ナヨンとチェヨンに毛の帽子を、モモにはマフラーを編んでプレゼントしたという。

12月29日、サナのVアプリ「Happy SANA Day」でメンバーたちにどんなプレゼントをもらったのかという質問の答えによると、サナがミナから帽子とカバンをプレゼントされたという。 視力が左右1.5だ。

NFLダラス·カウボーイズのファンだ。 過去の写真はカウボーイズが刻まれたカバンを持っていて、カウボーイズのユニフォームを着ている写真もある。 出身がテキサスであることもそうだしアメリカンフットボールをしたお兄さんの影響もあるようだ。

2019年5月25日と26日に行われた3回目の単独コンサート「TWICELIGHTS」で本人の手作りブレスレットを抽選で参加者に配るイベントが開かれた。

日本のチョコソングとも言える明治社の「きのこの山」と「たけのこの里」のうち、たけのこの里が好き。

ミナが不安障害で苦しんでいる姿が以前からあったという、何人かのONCEの証言がある。 コンサートが終わり、メンバー全員が感想を話すが、ミナだけ表情が暗く、もじもじしながら「こんなこと言ってもいいのかな…?」←こんな思いをした時の表情だったという。 コンサート期間中は、緊張しすぎてろくに眠れなかったという。 この時から兆しが見えたのだ。 こんなところを見ると、ミナが今までよく耐えていて、やっと本格的な症状が出てきたような気がするんだけど···。ONCEの立場ではそんなミナがむしろかわいそうで、またありがたいだけだ。 ファンのことを考え、何とか早く回復したがっており、さらには不安障害を抱えている中でも、Feel Specialのプロモーションビデオまで撮る大変な努力を見せているメンバーだからだ。

デビュー以前にかなり痩せたメンバーの一人だという。 ジョンヨンの誕生日Vアプリでの発言によると、デビュー前は少しぽっちゃりした方だったが、あっという間に痩せてしまう姿を見て「きつい」と思ったという。