ジョンヨン
유정연(Yoo Jeongyeon)
Jeongyeon.jpg
ジョンヨンのプロフィール
基本情報
本名 ユ·ジョンヨン
誕生日 1996年11月1日
年齢 25歳
出身地 京畿道水原市
国籍 韓国
学歴 亭子小学校(卒業)
二木中学校(卒業)
狎鴎亭高等学校(卒業)
ジャンル K-POP
ポジション リードボーカル
活動期間 2015年
デビューアルバム THE STORY BEGINS
家族

お父さんシェフのユ·チャンジュン、お母さん。 一番上の姉のコン·スンヨン(1993年生)、二番目の姉のユ·ソヨン(1994年生)、

おじさんラッパーKyfish(キーフィッシュ、本名チョ·ギユン)
身長 / 体重 168 cm / kg
血液型 O型
事務所 JYPエンターテインメント
所属グループ TWICE
関連活動 SIXTEEN
あだ名 ダチョウ、ユトゴム、ユトマク、ユジャンク、チョンヨンマム、ユトウル、ユジョン先輩、ガールクラッシュ、ユジョンヘ氏、ノジェム兄、チョンムンイ、チャンヨニ、ヒムジョンヨン、タノスの彼女、ナナン、オンマなど



1 概要[編集 | ソースを編集]

ジョンヨンはJYPエンターテインメントから2015年10月20日デビューした9人組ガールズグループTWICEのメンバーだ。

キャッチフレーズはカリスマで、リードボーカルとバラエティ、ガールクラッシュキャラクターを担当しているメンバー。 公式カラーはOlive Green(#a3cc54)、デビュー当初推していたカリスマ(強いイメージ)とは違って、性格自体は茶目っ気が多く(ユ·ジャンク)、怖がり、涙もろく弱い面も多いように見える。 それで一部では「ジョンヨンは強くてボーイッシュなキャラクターではなく、ただのショートカットがよく似合う」という声もある。 DTNAでの活動から約1年間、ロングヘアで新しいイメージを見せたりもした。  

2 デビュー前[編集 | ソースを編集]

幼い頃、JYPオーディションで落ちた経験があるが、その後再び挑戦し、2010年、JYP公開採用6期オーディションでアイビスタ賞を受賞して入社した。不思議なことに同じ日にSMとJYPで同時に合格の知らせを受けたが、JYPの方がもっと惹かれてJYPに入ったそうだ。 JYPの社内雰囲気がとても気に入ったのか、「JYP以外のところでデビューするということを考えたことがない」という話もした。 初めて入社した時は人見知りをして、練習時間外はいつもピアノ室に閉じこもっていて、2ヶ月が過ぎてから他の練習生たちと親しくなり始めたという。年齢別に集まって通うJYP練習生たちの雰囲気によって、ナヨン、ジヒョ、ミニョンと一緒に生活したという。

2014年、JYPの次期ガールズグループ「6MIX(シックスミックス)」のメンバーとしてデビューが予定されていたが、セウォル号惨事やメンバー脱退などによりデビュープロジェクトがなくなり、挫折感から練習にも行かずにパン屋でアルバイトをしながら数ヵ月間過ごしたという。 パン屋のアルバイトが本人とよく合い、製パンの仕事を専門的に学ぼうとしていたところ、JYP側からサバイバルプログラムSIXTEENを始めるので参加するようにと連絡を受け、再びJYPに戻ってSIXTEENに参加することになった。

2.1 SIXTEEN[編集 | ソースを編集]

SIXTEENではティーザー映像が一番最後に公開されマイナーに振り分けられるなどあまり目立たなかったが、写真ミッションで持ち前の割合と小さな顔で絶賛され注目された。投票でも初ミッションを除いて全てTOP3内の順位を記録し、無難にデビューが予想された。 投票で上位グループを維持し、第4話では1位になった。結局、みんなの予想通りTWICEデビューメンバーに確定。 チームのミッションで負けた直後も、最大限感情を抑え、他のメンバーを慰めようとする姿など、6MIX(シックスミックス)メンバーのナヨンと共に、チームの姉のような姿を見せる。 ナヨンが泣く時、一緒に泣いて大きく笑う姿を見れば、その性格と魅力が大体分かる。 9人が集まり最終的にTWICEの結成が宣言されるとみんなが泣く姿を見せたが一人でそっと口を開けて呆然としている、まるで戦場で生き残った兵士のような表情をした。

デビューが確定していたメンバーだっただけに、サバイバルに臨んで気苦労が多かったようだ。 デビュー直前まで行ったメンバーがサバイバルに参加しなければならないのに加え、マイナーで始まり、1次ミッションでもマイナーだった。 しかも、初めて割り当てられたマイナー宿舎は言葉通り「めちゃくちゃ」だった。 実姉のコン·スンヨンと会って、涙をぽろぽろ流す姿も見せた。 SIXTEEN当時のメンバーが選んだメジャー推薦メンバーで、全体2位になったメンバーだ。 SIXTEENのメンバーらが、飾り気がなく、手助けしたり気遣ったりするなど、ざっくばらんで、気さくな性格だという。 SIXTEENメジャーの特権で、練習生の身分でネクセンヒーローズのホーム試合で始球式を行ったこともある。 試打を担当したのはツウィ。 なお、SIXTEENからネックレスを奪う際に特に奪われるメンバーに申し訳ないと思うメンバーの一人である。 困った表情で視線をそらしながらネックレスを外す。

3 ポジション[編集 | ソースを編集]

3.1 リードボーカル[編集 | ソースを編集]

チーム内のリードボーカルであり、ビジュアル、歌唱力をすべて兼ね備えた実力の保持者。 SIXTEENゲリラコンサートミッションでパク·ジニョンが「ジョンヨンは歌を歌う時、首に余計な力が入らず、自然で楽に歌う」とし、ジョンヨンの歌唱力を称賛し、ジョンヨンをジヒョ、ナヨンと一緒にボーカルラインにまとめた。 ユーチューブにたびたび書き込まれるMR除去映像に書き込まれた書き込みを見ると、ジョンヨンの歌が最も安定的だという賞賛が多い。 CHEER UP活動当時、初の1位でジヒョが泣いていたため、パートを遂行できなかったが、この時ジョンヨンが代わりにしてくれる姿が撮られた映像が話題になった。 そしてジヒョがSIGNALで活動中、SBSのPD授賞式の祝賀公演の際、足の負傷で舞台で共演できなかったが、ナヨンとジヒョパートを担当する姿が話題になった。 音域帯が非常に広い方だが、低音では0オクターブ時b(Bb2)までナヨンと一緒に下がり、今まで見せてくれた最高音はナヨンと同じ3オクターブ波#(F#5)でTWICEのHO!で見ることができる。

3.2 パート振り分け[編集 | ソースを編集]

ジヒョ、ナヨンと共にTWICEのなくてはならないボーカルラインメンバーの一人だが、ボーカル能力が際立っていない。 ジョンヨンの各タイトル曲ごとの比重順位を見ると、デビュー曲であるLIKE OOH-AHHでは4位、CHEER UP 4位、TT 5位、KNOCK KNOCK 3~5位[31]、SIGNAL 9位(圧倒的な最下位だ)、LIKEY 6位、Heart Shaker 9位、What is Love? 7位、Dance The Night Away 4位、YES or YES 3位(スタート部分

これはジョンヨンがメインボーカルのジヒョとボーカルのトーンやパワフルな声量など似たような部分があって2人が一緒に出るとTWICEが駆使する明るくてさわやかなコンセプトとは少し距離感があるからだと思われる。 一方、ナヨンはガールズグループに最適化されたさわやかな音色を持っているため、タイトルの場合、ジヒョ+ナヨンの組み合わせでリフレーンが構成される傾向がずっと続いている。 ワンダーガールズの「イェウン+ソンイェ」体制に代表される音色の違うボーカル2人をリフレーンにツートップに立たせるスタイルが、少女時代の合唱に代表される精巧に合わせられたボーカルバランスでハーモニーを作り、リフレーンを満たすスタイルと共に、Kポップガールズグループの音楽作法の2大山脈であり、TWICEはワンダーガールズに次ぐJYPガールズグループであり、デビュー曲以降も、ナヨンとジヒョに続き、同じやり方で使っている。 そのため分量チェック映像でパートを増やす必要があるというファンが多い。しかし、基本的なボーカルの実力が優れているため、メイン曲ではなくアルバム収録曲での高音ハイライトはジョンヨンが多く占める。

デビュー曲「LIKE OOH-AHH」ではボーカル、パフォーマンス共に比重が少ない。 全体パートの50%を占めるナヨンとジヒョ、ラップツートップで注目を集めるダヒョンとチェヨン、1番と2番でキリングパートを一小節ずつ持っていくサナとミナと(ダンスブレイクセンターも務める)モモ、ブリッジパートでV字大型のお陰でフォーカシングをまともに受けるツウィがすべて通り過ぎると、最後のサビ一つを持っていくジョンヨンが出るが、問題はここでジヒョの高音アドリブが爆発し、隊形も一時乱れ飛んでメンバーたちがそれぞれ遊ぶため、メンバー1人1人を見ることになった全体的なパフォーマンスは大規模だ。 ナヨンとジヒョがサビ以外にも持っていくパートが非常に多いため、1番か2番のサビ一小節だけ出してくれたら良かったのではないかという話が多かった。 最後のサビパートでメインボーカルがハイライトに上がる時に支える部分を担当し、ダンスブレークタイムではセンター左側を補佐する。 しかし、リフレーンパートではそれさえも至孝がアドリブを入れながらカメラがジヒョの方に移動してしまい、センターも誰かが占めて、誰が視線の強奪をしてしまうために一般人の間では私の頭短いメンバーは2枚目のアルバムを向けた秘密兵器ではないかという笑い話が出る程度。 幸い収録曲では多くのパートを担当した。 収録曲 1位、I’m going crazy、 3位、Truth 3位、Candy boy 3位、Likea Foolは2位だ。

CHEER UPではパートが増えてモモと一緒にサビに移るブリッジパートを引き受けると同時に最後のサビも引き受けた! しかし、分量自体は約15秒で、ミナより少ない方だ。 それで最後のジヒョのリフレーンは全てジョンヨンが引き受けた方が良かったのではないかという意見もある。 収録曲「大切な恋」は5位、「Touchdown」はダヒョンと4秒ほどでほぼ同じで7~8位、ややもするとトークがジヒョに次いで2位、「Woohoo」は3位、「Headphone」は3~4位、「I'mgonnabeastar」が3位だ。

TTでは第2節導入部と最後のハイライト部分をミナと一緒に担当した。 実はこの曲は可愛い音色を持ったダヒョンに似合う歌だからか、ミナ、ツウィのようなサブボーカルたちが大部分のバースを引き受けて分量が少なかった。 導入部は固有や鉛と同じ部分なので、静けさの声量を感じることができる。 これもやはりミナよりはパートが少ない。 収録曲1 TO10が2~3位、PONYTAILが6位、JELLY JELLYがツウィ、ミナに似ていて3~5位だ。 PIT-A-PAT、NEXT PAGE、ONE IN A MILLIONがそれぞれ2位、3位、3位である。

TWICE coaster:LANE 2のタイトル曲KNOCKでは、約21秒と前のアルバムに比べて確実にパートが増えた。 ただパートのほぼ半分がバラバラなので、体感上パートは多くない。 しかし、ラップパートの次のパートが外国人にとってキリングパートと見なされているため、コレクションもある。 そしてまた、やはりミナよりはパートが少なく、前の3アルバムでパートを少なくもらっていたツウィまで約20秒でアップし、似ている。 収録曲「溶けるよ」は、ツウィやミナに似ており、3位から5位の間だ。

『SIGNAL』ではボーカルの初フレーズを担当しただけに以前とは違うボーカルの比重を見せてくれるが、リードボーカルなのにパートがメンバーの中で一番少ない! この歌はモモ、ミナが目立ったが、ブリッジのナヨン、ジヒョは2パートだけ担当すると分量が少ない感があり、ツウィ、サナがサビを、そしてダヒョン、チェヨンのラップを担当すると同時に、ボーカルパートも1パートずつ与えられ、事実、所属事務所の立場では最も最適のパート分配だったはずだ。そうじゃなければ曲パートを変な所で切らないといけないからだ。 収録曲1日3~4位、ONLYナ3~5位、HOLD ME TIGHTが3位、EYE EYE EYESが8~9位、SOME ONE LIKE MEが6~7位だ。

LIKEYでもラップパートを担当するダヒョンとチェヨン、そしてモモを除いたボーカルの中で一番パートが少ない。 またサブボーカルのサナ、ツウィともほぼ同じ分量だ。 LIKEYでジヒョとナヨンのサビ、バース、ブリッジまで 全て担当した。 収録曲の亀では3位、MISSING Uが2位、WOWが3位、FFWが7~8位、DING DONGが5位、247が3~4位、僕を見つめてが7~8位、ROLLIN'が圧倒的1位、LOVE LINEが1位、頑張って!(DON'TGIVE UP)が8位、君を僕に収めて8位、おやすみグッドナイトが7~8位だ。

Heart Shakerだと思っていたが、2020年初めにAOAのメンバーユナがハートシェーカーのアドリブを自分が歌ったことを明らかにし、ジョンヨンはもう一度パート分配のヤマ場を迎えることになった。 収録曲のMerry & Happyはモモ、ミナ、ツウィと同じくらいで6~8位だ。

「What is Love?」でもパートが少ない。 序盤から10秒余りを担当し、後半にパートが一度だけ出て終わりだ。 分量は11秒で7位だ。この歌が最初からナヨンを推している曲ではある。ただでさえ曲の半分が「I wannaknow」と「What is love」でいっぱいになって歌うパートもすごく少ないのに、ナヨンがバースとブリッジ後半アドリブまで全部担当してジヒョのパートも少なくなった。 収録曲のSweettalkerは4~5位、Ho!は3位、DEJAVUが4位、Sayyesが6位、Stuckが4位である。

Summer Nightsのタイトル曲であるDance The Night Awayではリードボーカルらしいパートを持つようになった。 もちろん、この曲が全体的にチェヨン、モモを除いてはほぼ同じ分量だが、これまでリードボーカルであるにもかかわらずラッパーたちとほぼ同じ分量だったジョンヨンとしては嬉しい水準だ。 しかし、ミナよりは分量が少ない。 これも理解できないのがミナが前週のラララ部分、ブリッジ、バース、ブリッジ最後のLet's dance the night awayまで引き受けたことでパートがナヨンと似てきてチェヨン、モモ、ジョンヨンが全て分量が少ない。 収録曲のChillaxは2位、Shotthru the heartは7~8位である。

日本の曲であるOne More Timeではラップが多くてダヒョンとチェヨンに押されて、Candy Popで理解できない部分がナヨンとジヒョがまたかなり多くのパートを持って行ったというのだ。 リフレーンだけでも十分多いのに、バースの部分を多く持っていき、後半のアドリブが長く続き、二人とも40秒を超える膨大なパート配分が行われたという。 さらに、BDZではミナとツウィがリフレーンを担当し、モモやサナ、ダヒョン、チェヨンと同様の分量を持っていった。

そしてついに自分のコンセプトに似合う「YES or YES」では パートが多く配分された。 時間的には前からパートが多かったジヒョとナヨンとあまり変わらないぐらいだ。 それにデビュー以後、シグナルに続いて2番目に「バース1」の最初の小節を歌ったりもした。 だがミナの前週英語アドリブで4位になった。 収録曲のSay you love meが3位、LALALAが2位、Young & Wildが5位、Sunsetが6位、After moonが6位である。

「今年一番よくやったこと」ではブリッジ、リフレーン2パートを担当し、ナヨン-ジヒョ-ツウィに次ぐ4位を占めた。

『FANCY』ではバース2パート、サビ2パートを担当し、サナ、チェヨンに抜かれて5位だ。 収録曲のStuck in my headが6位、Girls Like Usが4~7位である。Hotは3位、Turn it upが4位、Strawberryが4~6位である。

Feel Specialでは分量がサビ1つ、3位でナヨン、ジヒョの次だ。 収録曲のRainbowが2~3位、Get loudが3~4位、Trickitが5位、Love foolishが6位、21:29が3~4位だ。

MORE&MOREでは、ナヨン、サナ、ジヒョ、ダヒョン、チェヨンに押されて6位だ。 この曲のパート分配が変なのが、歌はジョンヨンと似合うが、サブボーカルのサナ、ダヒョンがブリッジラッパーのダヒョン、チェヨンがボーカル部分、ラップパートを全部持っていき、ジョンヨンの分量が大幅に少なくなった。 収録曲Oxygenが3位、Fireworkが3~4位、Make me goが4位、Shadowが4位、Don't call me againが4位、Sweet summer dayが2~3位である。

ICAN'T STOP MEではナヨン、ジヒョに押されて 3位だ。この曲もジョンヨンに似合うけど、 デビュー曲のようにナヨン、ジヒョにパートを集中してもらって 少なくなった。 ボーカルラインの分量は、ナヨン54秒、ジヒョ31秒、ジョンヨン14秒ぐらいだ。

4 TWICEのメンバーとして[編集 | ソースを編集]

チームで宿舎の整理と掃除班長の役割を担当している。 メンバーの面倒をよく見て暖かく思いやりのある性格だが、宿舎を掃除する時だけは容赦ない。 必要なら小言まで動員して掃除をさせるほど、宿舎をきれいに維持させる一等功臣。Vアプリでも楽しく騒いで遊んだ後、他のメンバーたちが話している間に、後で黙々と整理をして退場する姿を見ると、整理整頓が習慣になっているようだ。 それで普通TWICEで小言はジョンヨンがよく言うものと認識される。そしてメンバー同士でお互いにからかったり、いたずらをしたりする時、1位を挙げろといえばジョンヨンが指目される。 それで得たあだ名が「ユ·チョディン」、「ユ·ヤクザ」、「ユ·ジャンク」。

しかし、メンバーたち(特に給食団)に気を配る時は一番お母さんのようなメンバー。 Vアプリ給食団の大冒険のうち、成人保護者としてセビットゥンドゥン島でボートを運転したこともある。 授賞式やインタビューの時、時々他のメンバーがセンターに出てくるように後ろに下がったり、自分がサイドに移動するのを見ることができ、短いスカートを履いて気になるメンバーの衣装を整えてあげたり、優雅なプライバシーの第6話で見られるように、他のメンバーのことを気遣うことが身についている実質的なチームの母親。 いざガールクラッシュという属性のためか(メンバーの面倒をよく見る優しい姿もガールクラッシュに含まれているようだ)ナヨンは自分がお母さんで、ジョンヨンのお父さんだと主張する。 最近、Vアプリの「ヌッパン」では、「チームの公式ママはジョンヨン、パパはジヒョだ」と書いてある。

チーム内部の非公式ユニットとしては、チェヨンと共に「ノジェム兄弟」を結成している。 年上なので兄弟の中で"兄"を預かっている。 また、宿舎で3、4人部屋を使うメンバーとは違って、モモと2人部屋、さらに同じベッドを使うので「ルームメイトズ」とも呼ばれる。サナと一緒にいる時は、チームで最も頭の小さいメンバーという意味で「ソドゥズ」と呼んだり、本人同士は足のサイズによって「230」と呼んだりする。6MIX同期のジヒョとナヨンと一緒の時は非公式シルチングが結成されるが、一番長い間一緒だったからか、相性も良く、お互いによどみがない。 お互いにディスっているが、半分以上は妹たちが一番年上のナヨンを集中的に攻撃する。 ナヨンとジョンヨンが一緒にする トゥーヨンは、ナヨンの言葉ではTWICEのお父さんとお母さんだという。 この関係は、ジョンヨンが小言を言い、ナヨンが小言を言われる関係。余談として、このシルチンズはお互いに最も真顔なのに、お互いに愛嬌などを受け取れず、愛嬌をすると、顔をしかめたり真顔になる。 他の弟たちが愛嬌を振りまくと、よしよしと見るのとは正反対だ。 末っ子のツウィはチームで一番背が高いため、高身長ラインに分類される。

そしてガールクラッシュの属性を持ったメンバーらしく女性ファンが多く、グループ内の「女性ファン」に挙げられる。 シックなようで茶目っ気たっぷりでかわいい性格、他人を配慮する優しい態度、女性たちが憧れる完璧な割合とすらりとした体つき、短い髪がぴったりのようによく似合うハンサムな美貌のためだ。 SIXTEENでも目立った自分の感情を落ち着かせてまで他のメンバーの面倒を見て配慮する人柄の良い姿に多くの女性ファンが魅了された。 また、カリスマのある第一印象とは違って、愛嬌も多く涙も多く、顔を適当に使っても可愛い姿が魅力ポイントだ。

もちろん男性ファンも多い(そもそもONCEが男性ファンが多い)。スポーツマンガの主人公がマンガを破って、現実に出たようだという話をよく聞きながら、短い髪で健康美あふれる女性に幻想を持った男性たちにまともにドストライク中。特に優雅にPVでトレーニング服を着て、「アン! 」という姿に多くの男性ファンが虜になった。 男性芸能人からも理想のタイプと言われている。


5 余談[編集 | ソースを編集]

  • 2016年ギャラップのアイドル選好度調査でスージー、ソミーと共に15位タイに上がった。女性ファンがもっと多いという予想とは違い、男性13~18歳の給食順位8位という圧倒的な支持を受けた。 2017年の調査では12位、2018年の調査では17位、2019年の調査では16位を記録しナヨンと共に3年連続ギャラップ順位圏内に入ったTWICEメンバーとなった。
  • TWICEメンバーが全体的に小顔であるにもかかわらず、ジョンヨンは特に目立って顔が小さく、身長も168cmと高く、脚の長さも長いため「チンピラ」のメンバーとして有名だ。 ファンの間でも「本当にきれいなのに、舞台で顔が小さすぎて実物がよく見えない」という言葉が飛び交うほど。
  • TWICEメンバーの中では、ツウィと共にたった2人の長身ラインだ。 ツウィは170センチを超える。

黒歴史に練習生時代の非対称ショートカット(a.k.a清潭洞シャイニー)がある。説明すると、その頃清潭洞で一番シャイニーな髪だからと言って、高い美容室で切ったら、左右側の機長が別のショートに変わった。本人が過去のジョンヨンに言いたいことがあるとしたら、「会社から髪を切れと言われても切ってはいけない」というほどで、この時を覚えているナヨンとジヒョは清潭洞シャイニーの話だけ出ても大爆笑だ。 練習生の間ではこの清潭洞シャイニーカットがとても強烈だったと伝えられている。

胎夢は3つの黄金の卵。 母親が5つの黄金の卵のうち3つをポケットに入れたというが、その後3人の姉妹が生まれたという。 2018年4月23日付のアイドルマスターで証言した。 11年、任天堂「WiiJustDance2」のCMに、ナヨンや宇宙少女·ソラと一緒に出演した。それから6年が経った後、SBS人気歌謡のMCをしていた時、舞台裏でソラに「もしかして任天堂の上?」と尋ねられ、ソラは自分も前から話したかったのに気づかなかったという。

GOT7の「Girls Girls Girls」のMVに ナヨンと一緒に出演。 TWICE TV 第4話のインタビューで、TWICEとしてのデビューが確定した後、お祝いされる期待をして家に帰ったが、実の姉コン·スンヨンは気乗りしなかったと。でも、三姉妹の中ではジョンヨンが一番きれいだと言っていた。 1分10秒、でもこれが初めてじゃなかった! JYP練習生に選ばれた時も、コン·スンヨンは同じ反応を見せたという。 SIXTEENのジョンヨンインタビュー映像で確認できる。 でも2016年7月19日に出たVアプリで ジョンヨンが言うには 「スンヨンさんが人気歌謡でミナを見て すぐにチェエをミナに変えた」と… それを聞いたツウィは、「分かった」と悲しんだし、次の最愛の座をサナが狙っているという噂が···。

チームでボーイッシュな外見と中性的な魅力にシックな性格、そして後ろでメンバーをよく気遣う姿で、少ないがリーダー候補に推薦された。 パクジニョンも認めたように、とんでもないシックな時があり、シックな魅力で余徳を多量生成中だ。 このシックな姿は、舞台上の密着カメラでもそのまま映る。 知らず知らずの表情で見る人にはカリスマが感じられるようだ。 しかし、ただシックな性格ではなく、Vアプリ番組やバラエティ番組などを見ると、いたずらっ子でかなり可愛い性格だ。 『私たちは兄弟です』でもお姉さんは女性っぽくて物静かなのに自分のいたずらもたくさんして口うるさい性格だと自嘲した。 デビュー後は、このような点が大きく浮上している。 愛嬌も上手なのに、ただ無理やりやるだけだ。

TWICEのメンバーの中で他の男性芸能人に特に人気がある。 ミン·ギョンフンは「知り合いのお兄さん」で公然とチョンヨンのファンであることが明らかになり、キムミンソクはMCも一緒に見ていて、「花見のグループ」でジョンヨンに比べて認知度や美貌が全く劣らないダヒョンとナヨンが出演したにもかかわらず、ジョンヨンは来てないんですか?」と堂々と好感を示すほどだ。 ナヨンとダヒョンは疑問の屈辱を受けなければならなかった。 その後、再びナヨンとモモが再びお花見のグループに出演した時は今回アイドル大先輩格のイ·ジェジンがジョンヨンに好感を示した。実際、ジョンヨンの男性ファンはショートカット趣向の男性が「とても好きな顔」とよく言っている。 シックに見えるが、むしろ家の中では愛嬌が多いという。 むしろ、ラブリーに見える一番上の姉のコン·スンヨンが無愛想で、末っ子(一般人の二番目の姉がいる)ジョンヨンは穏やかに雰囲気を盛り上げる方だという。

姉を思う心が格別だ。 SIXTEENに出演してお姉さんと一緒に住んでいた家を出る時「洗濯物は私が作っておいたからちゃんとご飯食べて」というメモを残して泣かせ、TWICEデビュー後、遅く帰宅したジョンヨンを責めるコンスンヨンにファンが追いかけてきて「お姉さんのことを思って路地を帰ってきたのに分かってくれなくて残念だ」と涙した。

家の3姉妹のうち、ポジションは仲裁者。 お姉さん2人がケンカしたら、 止めるのはジョンヨンの役割だって。 話も筋が通っているのか、あるインタビューでコン·スンヨン曰く「感情がたまっているのはジョンヨンにすべてを解決する方なのに、いつも私が負ける。 口ばかりの私と違ってジョンヨンの言葉が本当にうまい。 このごろは私を教えようとしている。本当に成長した」。

実家でペットとして計3匹飼っている。 愛犬としてはポメリアン種のポソンとプードル種のナナン、愛犬としてはスコティッシュフォールド種の栗を飼っている。 ジョンヨン本人はもちろん、姉のコン·スンヨンに特に愛情を持ってファンにも人気があった。 しかし、残念なことに2019年6月13日、ポソンイがこの世を去った。このため、事後処理のためTWICELIGHTSINBANGKOKへの出国を見送ったり、ファンも哀悼の意を示した。 その後、6月15日に行われたTWICELIGHTSIN BANGKOKでAFTER MOONの舞台途中、ジョンヨンが涙を流したが、その時、ポソンのことで涙を流したのではないかという話もある。

「6MIX(シックスミックス)」のメンバーの一人だ。

チームでは、ジヒョと共に左利きだ。 ただ、字を書く時と始球式をする時は右手を使う。 幼い頃両親など大人たちは左手を使うのが嫌いだったので、大人たちの前で文字を右手で書いてみると食事をしたり他の活動をする時は気楽に左手を使うが、文字は右手で書くようになったという。

TWICEメンバーが全体的に性格がかなり良い方で、最年長者のナヨンもリーダーのジヒョも最長身のツウィも3人に嫌味を言うことができない。 そして、日本人メンバーのミナ、サナ、モモ、弟ラインのダヒョンやチェヨンも性格が良いのは同じなので、結局、仕方なくジョンヨンがチーム内の秩序を整える役割をしている。 それでもジョンヨンも性格が良いのは同じだ。 ただ自分でもこうしてこそチームの基本的な維持になるので、仕方なく担当しているという。

最初は顔を使う姿を見て驚いたファンが「ジョンヨン、お前アイドルなんだ」と心配していたが、今はもっと強いのを見せてくれとむしろ楽しむそうだ。

ジョンヨンがショートカットをした時、一部では天王はるかに似ているという反応もあった。 また、メンバーの中では唯一ショートカットなので、TWICEからは遠く離れていてもジョンヨンだけは簡単に見分けられる。一人だけ髪が短いメンバーだ。しかも芸能界の中でも髪の毛をこんなに短く切っている人はジョンヨン、ニューサン、アンバー、チャン·ドヨンなど本当にあまりいない。 TWICEの活動中、ほとんど長い髪を見せたことがなく、甚だしくはシックスティン時代までも事実上ショートカットだった。 ユニークなショートカットがチョン·ヨンマンの個性で人気要因になったが、ロングヘアの一部ファンが「チョン·ヨンに髪を伸ばせ!」と言ってヘアチームに不満を示した。 実はショートカットはあくまで本人が固執するものだという。 雑誌のインタビューに触れることに、いつかは育てるが、まだ考えていないという。 2017年の新年を目処に髪を伸ばすという。

ショートカットより少し長い短髪もよく似合う。 DTNAの活動からは本格的に髪を伸ばしているが、ショートカットがよく似合う分、ロングヘアも狂ったようによく似合っており、また別の意味で外見のリズを撮っている。 ショートカットを維持してほしいというファンも多いほど、最近はロングヘアで美貌を誇っている。 そして「YES or YES」の活動の時は、髪が肩につくほど長かった。 そして、2019年に入ってからは肩の下まで下がるほど伸びた。 逆に、ジヒョの場合は YES or YES活動の時から おかっぱを維持している。

しかしTWICELIGHTSで長い髪の終わりを宣言し、再びショートに戻った。 現在は未ディアムとショートを行き来しており、デビュー初期の時にショートカットに戻るつもりはないという。 私服で黒い服を好んで着ているため、ファンの間では「ユトゴム(ユ·ジョンヨン、また黒い服)」とも呼ばれる。 デビュー当日、ミュージックビデオ公開当時していたVアプリ生中継で涙を見せた。 後に言うと、その前まではデビューの実感が湧かなかったけど、急にデビューしたという実感が湧いて、感情がこみ上げてきたのだという。

マイリトル·テレビ·ギャラリーでは不本意ながら迷惑をかけることになった あるユーザーが、「TWICEのジョンヨンは何も知りません」という釣り文を掲載したためだ。 「ジャングルの法則」では、馬のひづめに左足を打たれ、大怪我を負った。 このためか、ONCEの間では正法が禁止語プログラムの第1位に挙げられる。 特に分量に欲がないのか、ファンサイン会のようなところでも淡々とした雰囲気を維持したり、特別なジェスチャーをしないスタイルのようだ。

くせ毛なのでヘアアイロンが必需品だそうだ。 練習生の時、ヘアアイロン職人、化粧職人だったという。 チェヨンと違う意味でTWICEの隠された画伯の一人。 また、最もからかうのが面白いメンバーは誰かと聞くと、一瞬の悩みもなく、チェヨンだと答えた。(151~205、釜山ファンサイン会)

SIXTEEN以降かなりドラマチックにダイエットをしたメンバー。 一言で存在だけで効力のある宝くじを引っ掻く始末。 魅力ポイントの頬の肉まで落ちてしまい残念な中、2016年2月6日放送した旧正月特集パイロット'私たちは兄弟です'でデビュー後今一番大変な点がダイエットということから相変らず進行中らしい。 実際、「本当に私たちは兄弟です」の画面に映る熱に9人は食べる場面が欠かせないほど、「たくさん食べている」、「ああやって食べていても太らないのが不思議なほど。 実際のチームでモモと一緒にモッパンを担当している。

GQグラビアがコミュニティーに広がり、かなり話題を呼んだ。 80年代のグラビアを見るようなおぼろげさ+ジョンヨンの中性的な魅力がよくにじみ出たカットという評価。 その後、ウサセン7話の「MY TYPE 彼氏ルック」編で ツウィ、ダヒョン、ジヒョがこの写真を挙げながら 自分の理想のタイプだという。 この他にも写真を撮るたびに反応がいい。 それでできたニックネームの一つが画報蔵人。

余談で始球式の準備ポーズが同じだ。 始球式のユニホームやチアリーダーの服装などに背番号を見れば、0番を使う。 その理由は、メンバーがいるグループチャットで、皆背番号を選ぶ時、本人は特に好きな数字がなかったため、0番を選んだという。 2016年4月27日、チェ·ファジョンのパワータイムに出演、最後にファンの心を持って好きな歌手や俳優が誰なのかを答えるコーナーで、幼い頃に歌手ピを見て歌手になる夢を抱いたと告白した。

「ジョンヨンの顔は俳優賞だ」と言って、演技してみるつもりはないかというベ·ソンジェの質問に対し、自称「アイドル賞であり、演技には関心がない」と答えた。 幼い頃の本名はユ·ギョンワンで、とても男らしい名前だった。 チョンヨンの両親は家に娘が2人いるから末っ子は息子がほしくてキョンワンという男の子の名前をつけておいたようだが...[92]このためストレスを受けて小学校3年生の時に正式に改名したそうだ。ウェンディ:次姉ユ·スジンさんも改名してユ·ソヨンさんになって演者回しが完成した。

すごく涙もろいメンバーだ。 デビュー以来、泣いた回数は多くなくても、決定的な瞬間に、それも顔が涙だらけになるほど泣くために流した涙は一番多いようだ。 2016年4月25日のPAGE TWOカムバックステージでも確認できる。 メンバーがみんな歓呼しファンのおかげで感動したが、その中でも一番多く涙を流した。 知り合いのお兄さんがソ·ジャンフンのドッキリをするのにもすぐ涙を流し、メンバーたちが一番よく泣くメンバーだと話したりもした。

ジョンヨンの父親は姉のコン·スンヨンが偶然出演した当時、271回、272回から出たことがあった。 共演した仮想夫に父親が経営する食堂で食事をもてなす内容が放送された。 SIXTEENの最終選抜放送の時も他のメンバーの家族と一緒に出演した。 『ウサセン』第4話では声だけ出たが、ジョンヨンが受けた料理ミッションの料理について助言をしてくれた。 「放送のための料理ミッション」という言葉がなかったにもかかわらず、それを見抜き、「声が放送に出ている」という言葉に急に優しく急変する点がポイント。 余談としてジョンヨンは携帯電話に「アバママ」と保存していた。

ミニアルバム第1集のジャケット撮影時に撮った映像を見ると、携帯電話はアイフォン5Sシルバーカラーを使用中だ。 「TWICE TV BEGINSEP.3」の 2分1秒と4分13秒。 2016年7月20日、Vアプリ「何?」が中国海から見れば、アイフォン6または6Sに変えたようだ。 今は「アイフォンX」に変えた。

ジョンヨンにとってTWICEで特に隔意なく近い関係と言えるのはナヨンだ。世話をする時は特に気遣ってくれる。 週刊アイドルではBTOBのウングァンの不細工なダンスからナヨンの目を守るため、手のひらで目を覆う保母の姿も見せた。 そしてKCON 2016 LAを終えて仁川空港に戻った時、事実上ジョンヨン、ナヨンのボディーガードに他ならなかった。 大勢のファンに囲まれて前に進むどころか、身動きする暇もないほど集まっていたナヨンを、ジョンヨンが抱きしめながら、人ごみをかき分けていった。 その日、ジョンヨンの適切な保護がなかったら、ナヨンは大変な目にあっていただろう。

メンバーを一番からかう方だが、逆にやさしく気遣ってくれたりもする。ほとんどお母さんレベルで小言を言うという特に闊達でエネルギーあふれるお姉さんラインはネズミ捕りのように握りながら、相対的に静かなミナ、またはあまり表に出ないお姉さんラインにはお母さんのような感じがするほどよく気遣う。 例えばナヨンの匂いを嗅ぐ少女をはじめ、サナの発音ミスやモモのアホには容赦なくからかってくるが、逆にメンバーの間に隠れているミナをカメラの前に立たせて自分は後ろに行ったり関連ファン映像、ダヒョンが食べたいと言っていたチョコパイを買ってきてダヒョンが寝ているベッドの枕元に置いたりするエピソードがある。

ファンの間では悪い手/変態ジョンヨンで有名だ。 その理由は、あまりにもメンバーたちに 触ってしまうから。 最大の被害者は同じルームメイトのモモ。メンバーたちのお尻や太ももはもちろん、さらには胸まで触ったりと、悪い手の動作がキャプチャーされた映像と写真が非常に多い(...)。ただし、これはお姉さんたち(私、某、サ、ジ、ミ)だけに、給食団の妹たち(ダ、チェ、ツ)にはあまりよくない。

笑い声が変わっている。 笑う時、一般的に「ハク↖ハク↖」のように笑うが、非常に早く笑う。 ↖という表現が間違っているように見えるが本当だ。 水原出身であるため、「京畿方言」を使っているようだ。 「151021Vアプリで放送したTWICEの練習室でメンバー同士がお互いの特徴を真似する時、ジョンヨンが普段'~すること'という表現を使うのをダヒョンが真似した」

ツイッター上で日本のファンがジョンヨンの写真をアップするタグは超イケメンジョンヨンだ。

姉のコン·スンヨンさんによると、一番嫌いな食べ物はレンコンだそうだ。 TWICETV第25話で直接書いたプロフィールにもレンコンが嫌いだという。 17年2月から公演のない時は眼鏡をかけている。 視力の問題のようだ。 でも、また使わない。 実はメガネは昔からかけていた。

特有のカリスマを見せて「才能が溢れている」という評価を受けていたシックスティン時代とは違って、いざデビュー後はかわいいふりをしてかわいいふりをできない性格のためか、「才能がないようだ」と批判されたりもした。 しかし、可愛くてさわやかなTWICEのコンセプトにだんだん適応しており、「Knock Knock」の舞台では上手な表情演技を見せて批判を静めるのに成功。

体が自分の体でないように感じられるほど忙しくなるのが夢だという。 特に海外スケジュールが多ければいいという。 2017年TWICEの息づくスケジュールを見ると、 すでに夢を叶えたようだ。 TWICEメンバーの大半は「チクモクパ」だが、メンバーの中で唯一「チョンヨンマン、プモクパ」だという。 これまで使っていた香水から脱し、新しい香水を買うのは難しい」と明らかにした。 現在、ジョンヨンが使っている香水は「クリード」の「バージンアイランドウォーター」だ。

ジムに通っているそうだ。 ナヨンによると、自分の間違いをすぐに認めないという。そして虫がいるとき、ジョンヨンはすぐに捕まえるという。 『DTNA』のビハインドでも、弟たちのために勇敢に虫を捕まえるチョンヨンを見ることができる。 モモとジヒョによると、ジョンヨンはツンデレだそうだ。 サナによると、ジョンヨンは何でもすぐ忘れてしまい、心の中にしまっておかないそうだ。 一番好きな食べ物は'トッポッキ'だそうだ。 また、母親が作ってくれた「デトックスジュース」を毎日飲むという。

最近、パソコンでするオンラインゲームにはまっているそうだ。 だが、任天堂やプルズが誤伝されたのかもしれない。 休日にはメンバーたちと一緒に遊ぶという。 日本の雑誌とのインタビューで言うには、本人の肌の色が暗く、メイクをする時にベースに集中するという。また、ツインテールのようなヘアスタイルをしてみたいとも言った。 ナヨンによると、ジョンヨンの口調が独特だという。 急にアイラインを"アイリーン~"と言うそうだ。

TWICEの曲の中で、最もダンスが難しい曲にSIGNALを挙げた。 家族はみんなB型だが、本人だけO型だという。 それで周りから「B型みたい」という話をよく聞いたという。

ベトナムの海に行きたいという。 海で本当に楽しく遊んだんだけど、 放送で顔がどう映ってるか分からないそうだ。 この前行った釜山旅行が楽しかったという。 釜山に一度だけ行ってみたら、急に行くようになったという。 釜山に行った時、海雲台に行ったそうだ。 ジョンヨンが行った時は、海雲台に人があまりいなかったという。 そして地下鉄にも乗ってみたし、朝海で遊んだそうだ。 当時ダイエット中だったが、めっちゃ食べたそうだ。 釜山駅の向かい側に、すごくおいしくて本当に有名な「豚クッパ」のお店があるそうだ。 また種ホットクが本当においしいという。 釜山に行きたいけど、メンバーはみんな疲れてるから、みんな寝そうだと言う。 メンバー同士の友情の指輪をいつもはめるという。 洗顔の際、手のひらの広い部分でのみ洗うという。 そして左手だけ使うという。 習慣というが、理由はわからないそうだ。

シャワーを浴びようと出てきたらジヒョが干しておいたピースを見てびっくりしたという。 この前引越しをしたが、家の床に水が出て床がすべて腐ってしまったそうだ。 それ以外にも浴槽が割れたので、ボンドで貼っておくなど直すところが多すぎるという。 両親が引っ越してきてから1週間でまた引っ越すかどうかで悩んでいるそうだ。

以下は日本の女性ファッション雑誌「non-no」17年12月号でジョンヨンのインタビュー内容をまとめた。

自分のチャームポイントとして「歯」を挙げた。 他の人に比べて歯並びが小さい方で、前から歯並びが良いと言われていたという。 そして、歯磨きをした後、うがいで口の中をしっかりすすぐのが習慣になったという。

ひどい乾燥肌だそうだ。 一度乾燥すると、どうしようもないほど肌が深刻になるという。 だから日頃から「保湿ケア」をしっかりやるという。 化粧水を塗った後、一口で食べるゼリー1個分くらいの量の「水分クリーム」を伸ばして塗るという。 また、スリーピングパックをして、オイルも塗って肌を保護するという。 「ボディクリーム」も必須だそうだ。 ジョンヨンは毎日こうするという。

もともと二重まぶたのある目だが、写真を撮ると二重がないように見えて悩んでいるという。 そのため、できればまぶたが薄く見えるように、明るいアイシェドーは避けて暗いブラウン系にするという。 マスカラやアイライナーは,黒ではなくブラウンで統一することがポイントという

「スキニーデニム&ロング·カーディガン」の組み合わせは本人が一番好きなスタイルだそうだ 昔は女性らしい服が好きだったが、練習生になってからはシンプルで楽なファッションが多くなったという。 この時から性格もガールクラッシュになったという。 最近気に入ったアイテムは「スキニータイプのオーバーオール」だが、秋に「ビニー」と合わせて着たいという。

服の好みが似ているのは"ミナ"という。 舞台衣装として「スカート」が多いが、私服は「ズボン」が多いという。

メンバー共に買い物好きで、カロスキルやショッピングモールによく行くという。 メンバーがショッピングする時に入る店が似ているという。 それで宿所に戻った後、その日買った服を互いに見せると「それ、私も持っているよ~!」という反応が出る場合が多いという。

以下は日本の"CanCam"2017年12月号において、ジョンヨンのインタビューをまとめたもの。 好きな食べ物はスンデという。 トッポッキに付けて食べるのが好きだそうだ。 シンプルなスタイルのファッションが好きだという。 セルフネイルアートにはまっているそうだ。 メンバーの中で自分がNo.1だと思うものとして、「ショートカット」[114]を挙げた。 気にして固守するヘアスタイルだという。 メンバーたちが「小言が多い」と自分に言うという。 そして本人が掃除担当なので、「部屋片付けて~!」とよく言うそうだ。 憧れの女性はメンバーのように可愛い女性だという。 以下は日本の女性週刊誌「an·an」2017年10月25日付のインタビューでジョンヨンに関する内容をまとめたもの。

中学生の時に練習生になったので、学校の勉強をまたしたいそうだ。 もっと博識で賢明な人になりたいからだという。 特に、もっと集中して学びたいことは"英語"という。 デビューして世界各地を訪問することになったが、英語ができればと思うことが多かったからだという。

二度としたくないのは、7年間の練習生生活だという。 練習生はいつデビューできるか分からず、本当に漠然とした状態で激しい競争を繰り広げなければならないため、7年間の苛立ちを考えると、二度と練習生時代に戻りたくないという。 (ジヒョ)ジョンヨンとダヒョンは虫を捕まえる時怖がらないと言う。 ジョンヨンは性格が涼しくて、考えていることを誰にでもストレートに言うそうだ。 「バンジージャンプ」と「スカイダイビング」をしたいとチェヨンに言ったそうだ。 GFRIENDのソウォン、OH MY GIRLのヒョジョンとスンヒ、モモランドのデイジーと親交がある。 ちなみにデイジーはJYPで一緒に練習してTWICEメンバー全員がデイジーと親しい。

以下は日本の"ViVi"2018年1月号にて、ジョンヨンのインタビューをまとめたもの。 メンバーの間で今流行っているのは? (ジョンヨン)ダイエット。 私は鶏肉ダイエット中で他のメンバーたちはデトックスジュースを飲んでます。 子供の頃はどんな子でしたか。 いつもお姉さん2人に付きまとった、 末っ子みたいで子供みたいな子。 メンバーといる時はそうでもないのに 家族といると口数も多くなって 末っ子らしくなりますね。 お姉さん達と年の差があって実はすごく甘えん坊ですね。 今年の冬に欲しいアイテムは? とても暖かいロングダウンコート。 小物なら耳まで覆う毛帽子です。 すごく可愛いじゃないですか。 Q:好きな季節は? 冬が好きです♡理由はいっぱい重ね着できるから! 冬に厚く着るのが好きです。 Q:自分の性格で好きな部分は? 勤勉な点。 そして、部屋が散らかっているとすぐ片付ける、さっぱりした性格であること。 ただではいられない性格ですね(笑)。 逆に直したいところは、いたずらっ子で、メンバーたちによくいたずらをしてしまうところです(笑)。 もし一日休日が与えられたら? 実家でゆっくり休みたいです。 家族みんなで集まって朝昼晩は母が作ってくれたご飯を食べたいです。 「映画見に行こう!」と家族の誰かが言い出したら、みんなで映画館に行ったりするのもよさそうですね。 もしTWICEにならなかったら? アルバイトをしたいです(笑)。 実はパン屋さんでしばらくアルバイトをしたことがあったんですが、 すごく楽しかったんです。 だからまたやりたいです! 中学生の時練習生になってから練習ばかりして暮して平凡な学校生活を送ることができなかったから他の友達が経験して来たことをあれこれ経験して見たいです. 最後の晩餐、何が食べたいですか。 今、すごく甘いものが食べたくなるので、チョコレートフォンデュ!直接飲んでみたいです(笑)。 好きな映画は? 「ノートパソコン」。この映画に出てくるセリフ一つ一つが全て名セリフだと思いますし、背景に出てくる風景もとてもきれいで美しいです。 実はロマンス映画が好きです。

次は他のメンバーたちが考える ジョンヨンに対する回答。 (ナヨン)細かいところまでよく気付く性格です。 メンバーたちも、 しっかり面倒を見てくれます。 私はよく物をこぼしたり失くしたりしますが、ジョンヨンはそんなことをしません。 すごく几帳面です。 (モモ)他のメンバーの面倒をよく見てくれて、愛嬌があって女性らしいところもあるけど、やっぱりお母さんのような存在(笑)。 部屋が同じなのに掃除をしておかないと、「そろそろ片づけなきゃ」と言ってくれたりもします。 ルームメイトだから私が一番怒られる人かも···(笑) (サナ)同い年なのでよく冗談を交わしながら遊びますが、チーム内では本当にお母さんのようなキャラクターです。 掃除や洗濯のような家事が得意です。 モモとジョンヨンが同じ部屋を使っていて、 モモの洗濯物をジョンヨンが 代わりにやってくれるのを 何度も目撃したことがあります(笑)。 (ジヒョ)血液型がO型のメンバーが ダヒョンと私はジョンヨンが3人です。 その中でも一番典型的なO型です。 血気旺盛というか、買い物をする時にも高い物をどっさり買ったり、わぁ~と豪快に騒いだりしますね。 (ミナ)非常にまっすぐなところがあって『携帯電話持ってきたの?』『準備できた?』と確認してくれます(笑)。 海外から帰ってくると「スーツケースをきちんと片付けろ!」と言うこともあります。 みんなのまとめ役であり、リーダーのような感じで、頼りになる存在です。 何かあった時にはとても頼りになる存在。年下の私たちの事を自分の事以上に心配して考えてくれて積極的に意見を出してくれます。 本当に妹たちの頼りになるお姉さんです。 (チェヨン)見た目はボーイッシュでクールな感じです。 しかし、内面は女性っぽくてとても心根が暖かいです。 むしろ脆く感じられるほどです。 そしていつもメンバーたちに"ちょっと整理して"と言ったり、忘れ物がないかチェックしたりします。 本当に優しいお姉さんです。 (ツウィ)とてもクールなお姉さんです。

「About TWICE」に対するジョンヨンの答えは 次の通りだ。 幼い頃から歌手のピ先輩が大好きで毎日のように歌を歌ったり踊ったりしていて、「私もいつか舞台に立ちたい」と思って会社のオーディションに応募したのがきっかけでした。 その後、5年間の練習生生活を経てオーディション番組「SIXTEEN」の参加者に選ばれました。 そして今の9人をメンバーにして 結成されたのがTWICEです。 私がTWICEメンバーになることは 本当に夢のようなことです。 「私がTWICEの一員なんだな」ということを一番強く感じるのは、9人で撮った団体写真を見たときです。 同じ9人でも毎回違う撮影方式やスタイルをしていますので、完成した写真を見ると様々なコンセプトが活きていて私たちを客観的に見ることができるからだと思います。「他のガールズグループに負けない点は?」 誰かに聞かれたら一番最初に思い浮かぶのは 強いチームワークと団結力! そして、ありのままの姿を見せすぎているぐらい見せている点(笑)。

SNSやV LIVEでは普段の自然な姿をお見せしているので、ONCEの皆さんとは"親しみのあるお友達"のような関係になっているんじゃないかと思います。今TWICEのジョンヨンとしての願いは 「メンバー全員元気」です。 様々な目標や夢を叶えるためには、まず9人全員の健康が最優先です。 そして私にとって唯一の存在であるONCEの皆さんがずっと元気に過ごすことをいつも願っています。 そしてもっと多くの日本の方々に私たちTWICEを知ってもらいたいです。

以下は"日本ワンスモバイル"でジョンヨンの回答をまとめたもの。

一番好きな果物はイチゴという。 食べる時が一番幸せだと言う。 携帯用ティッシュをいつも持ち歩いているという。 馬がこわいという。 家に帰ると、真っ先にベッドに横になるそうだ。 食事は欠かさないという。 以下は日本の"More"2018年3月号でジョンヨンのインタビューをまとめたもの。 プライベートで日本旅行に行くなら"富士急ハイランド"に行ってみたいという。 怖い乗り物が大好きだそうだ。

ナヨンがジョンヨンに初めて会った時、ジョンヨンは無口でとても静かな印象だったという。 最近は本を読むのが面白くて本をよく読んでいるそうだ。 特に東野圭吾のミステリー作品が好きで、最近『容疑者Xの献身』を読んだという。 日本に来ると、コンビニに寄って"メロンパン"を必ず買うそうだ。 モモが家で飼っている子犬3匹と遊びたいという。

以下は日本の"mini"2018年3月号でジョンヨンのインタビューをまとめたもの。 Tシャツやチェックシャツが普段好きだという。 最近、休みのときは子犬保護センターに行くという。 化粧の際の「コーシェーディング」に気を使うという。 バンドスタイルのコンサートをしてみたいという。

以下は日本の「SEVENTEEN」2018年3月号において、ジョンヨンのインタビューをまとめたもの。 スーツケースに荷物を包むとき、おおざっぱに包むという。 初めて習った日本語は「よろしくお願いします」だという。 日本に来た時、車線が反対で驚いたという。 そして、昔からあった建物や看板が多いと聞いた時も驚いたという。

モッパンをよく見るという。 モッパンをする女性の方もいて、見ていると「私もやりたい」と思うそうだ。 足を組むのが癖だという. 足に良くないことを知っているが、無意味に足を組むようになるという。 一番思い出に残るTWICEの曲は「LOVE LINE」だそうだ。 初めて作詞に挑戦した曲だからだという。 トリートメントは続けるが、かなり傷んだ髪はそのままにしておくという。 皮膚が乾燥しているという。

以下は「NYLON」2018年3月号でジョンヨンのインタビューをまとめたもの。 海外に行くといつもトッポッキのような辛い食べ物を食べたいと言う。 最近はトッポッキをあまり食べないが、海外に行くと必ず一度は食べるという。 ユーチューブやSNSで不思議な映像をよく見るという。 しばらくスライムで遊ぶ映像をたくさん見たという。 そしてASMRもよく見るという。 リンゴのようにシャキシャキしながら果物を食べる音が好きで、こういう類のASMRをよく見るという。 よほどのことがない限り、短いスカートや半ズボンは履かないという。 私服を着るときは、たいてい長いデニムやスキニージーンズにTシャツ姿という。 このようなシンプルなスタイルが本人によく似合うという。

子どもの頃から本人は、香りに敏感で良い香りに執着する方だという。 練習生時代、ある日道を歩いていてすれ違う人からとても良い香りがして、その人を追いかけて香水の名前を知ったという。 ところがその香水を探してみると、当時はプレッシャーになる価格だったそうだ。 それでお金を稼いだら、この香水を必ず買うと決心したという。 デビューしてからその香水を買った時、本当に嬉しかったという。 ちなみにこの香水は、「『クリード』の『バージンアイランドウォーター』だ。

ショーケースで、モモが ジョンヨン練習生時代にラップをしていたと明らかにした。 コン·スンヨンのインタビューによると、ジョンヨンは家庭的な弟だという。 時間があれば必ず親の家に来て寝ていくという。 そして家に帰ると洗濯と掃除もするそうだ。 コン·スンヨン氏に三星(サムスン)製ノート型パソコンを新たにプレゼントされたものと見られる。 ノートパソコンには昔から今までの写真が保存されている。

ジョンヨンのファン、 オープンチャットルームに入ってきた。 2018年8月22日、「私が本当にユ·ジョンヨン」という ジョンヨンと推測される人が見なかった写真を チャットルームにアップしたんだけど、本人がジョンヨンだと 証拠写真もアップした! これまで見られなかった動画にチャットルームにいたファンは驚き、驚いたファンは「私が本当にユ·ジョンヨン」にチャットを許した。このようにファンとのコミュニケーションの途中、また遊びに来るとチャットルームを離れ、チャットルームの外でもこの事実が知られるようになり、全てのTWICEオープンチャットルームの人気が爆発した。 そして2019年1月29日、「ユ·ジョンヨン本当に」という ニックネームで戻ってきた。 ONCEと約束をして、 会社に何も言わずに帰ってきたって。 しかし、ファンが信じてくれないと、インスタグラムのストーリーに「信じてくれなくて悔しい」と書き、本当に正淵であることが認められた。そしてまた2019年6月4日「トゥハ💚🤟」で入ってきたが、誰も返事をしてくれないと言って部屋を行ったり来たりして コミュニケーションを取るようになった。 今回も会社に何も言わずに入ったのか、気が引けて、これからは会社には内緒で入ってこない」と、「インスタグラム·ストーリー」を通じて反省した。

18年10月1日夕方、ナヨン、モモ、ジヒョが3人でVアプリをする途中、他のメンバーにドッキリいたずらをする計画をした。 そしてツウィとチェヨンに続いて3回目のドッキリ大賞でジョンヨンを歌ったが、撮影中であることを知らなかったジョンヨンが自分を欺くためにベッドの間に足が挟まっているふりをしているナヨンを見て『せがんで笑わせろ』という言葉と『グラヤ?』という言葉を使うハプニングがあった。 ひどい悪口や嫌悪単語ではなかったが、卑俗語を使ったため、該当Vアプリの放送は、再び表示されなかった。

2018年10月28日、TWICE3周年ファンミーティングのONCE HALLOWEENで昔からメンバーが口にしてきたカップルアイテムをプレゼントした。 計10個を買ったが、一つは実姉のコン·スンヨンにプレゼントし、残りはメンバー同士で分けた。 メンバーたちはアベンジャーズで話をしていたが、よく分からないが、会話にはまりたかったのか、「タノスが一番ハンサムで好きだ」と話し、メンバーたちから冷やかされた。 そのため「タノスのガールフレンド」というニックネームが付けられた。デス? ジヒョの話によると、ストレスを受けると掃除機をものすごく強くかけるそうだ。

2018MAMA特別映像#likemama#liketwice(ジョンヨン、ナヨン、ジヒョ)ジョンヨンの問答は次の通り。 夢とは?ジョンヨン)夢とは? 夢とは誰でも見ることができるものです。 誰でも自由に見れるもの? 私が夢を見始めた時は? ピ先輩を見てすごくかっこよくて ダンス習ったりするし。 ママでの夢は? (ジョンヨン) (緊張するジェスチャー) とても緊張しました。 来年は必ずここで僕たちがステージをしようという 考えがあったんですが、 大賞をもらったじゃないですか。 私たちTWICEが。 すごく頑張ったんだ。 私は夢をかなえたんだ。 9人の少女一人の夢、ジョンヨン) 不思議です。 他の国から来た友達が多いのに... いつ私がその友達に会えるでしょうか。この夢を持たなかったら。 夢を見ているほかの人たちに、ジョンヨン)を試みたことなどないのに、諦めたら残念でなりません」 試してみて失敗してみて もっと進んでみたりしたいです。

Googleで「ジョンヨン」を検索してみると、2019年9月24日現在、皇室雅子皇后の次女という検索結果が出てくる。

姉のコン·スンヨンと一緒によく捨て犬保護センターでボランティアをする。 子犬の名前も覚えてあげたり、 面倒を見てあげたり、掃除もしてあげたり。 メロンパンが大好きだ。 日本のコンビニに行くやいなやメロンパンを選ぶほどだ。 この事実を知ったファンにメロンパン少女人形をプレゼントされたりもした。 YouTuber hahaのチャンネルに登場する猫たちの中で、一匹の顔立ちがジョンヨンに似ているとして、ヨンニムという名前を付けたという。

家族連れの車がボルボ「XC90」のようだ。 ジョンヨンの誕生日を迎えて、コン·スンヨンが自分のインスタにアップした写真の中で、ジョンヨンが車内で愛犬ナナンを抱きしめている写真があるが、車のインテリアはまさにXC90のインテリアだ。 ボルボ特有の「アンバー」と呼ばれるカメルベージュ色のシートに、一面黒で囲まれているフィラーと天井、さらにはDピラーに四角い3列シートベルトが出てくる穴まで…。 TWICEメンバーの中で個人的な事件·事故がない唯一のメンバーである。 TWICEメンバーの中で唯一、以前の色と今の公式色が全く同じだ。