ナヨン
나연
Nayeon.jpg
ナヨンとモモ
基本情報
本名 林 娜璉(イム·ナヨン)
誕生日 1995年9月22日
年齢 26歳
出身地 ソウル特別市江東区上一洞
国籍 韓国
学歴 ソウルミョンウォン小学校(卒業)
聖徳女子中学校(卒業)
江東高等学校(転校)
狎鴎亭高等学校(卒業)
建国大学校(芸術デザイン大学映像映画学科学士休学)
ジャンル K-POP
ポジション リードボーカル
活動期間 2015年
デビューアルバム 2015年TWICEアルバム THE STORY BEGINS
家族 父、母、チョンセア、妹イム·ソユン(1998年生まれ)、ペットクーク(ポメラニアン)
身長 / 体重 163 cm / kg
血液型 A型
事務所 JYPエンターテインメント
所属グループ TWICE
ファンクラブ ONCE
あだ名 長女、コ·ユナヨン、序列9位、果汁女、ナロム、ナ·ブギ、ナ·スン、26ヵ月、ナ·ボンス、ペク·ジト、ウサギのお姉さん、匂いをかぐ少女、チョ·ダヨン、ナ·ドン、チェリーウサギ、白桃、赤ちゃんオタク、愛嬌職人、ホットガール、左女子、MCレール、ナ·ボンドッチ女性




1 概要[編集 | ソースを編集]

ナヨンは、JYPエンターテインメントから2015年10月20日にデビューした9人組ガールズグループTWICEのメンバーだ。

キャッチフレーズは明るいエネルギー。 シンボルの色は#49c0ec.事実上TWICEメンバー間の活気に満ちて自由な雰囲気を形成した立役者と評価される。

2 デビュー前[編集 | ソースを編集]

江東区上一洞(カンドング·サンイルドン)にある江東高校に通ったが、転校し卒業は狎鴎亭高校でした。

幼い頃、児童モデル大会に出てJYPにキャスティングされたが、母親の反対で実際のキャスティングはならなかったという。 その後2010年、家族に内緒でJYP公開採用7期オーディションを受け、オーディション全体2位でJYPに入社し、練習生生活を始める。

オーディション全体で2位、ソウル総合芸術学校学長賞、スプリスタ賞に至るまで「3冠王」を達成したメンバー。 そのくらい、既にこの業界で知る人ぞ知る練習生トップマンジュだ。JYP側も相当プッシュしてくれたおかげで、最も華やかな経歴を持っている。 GOT7の「Girls Girls Girls」のMVに序盤で無表情な少女として出演、サンイの「行ったらダメ」のMV出演、任天堂Wii Just Dance 2 CFモデル(+ジョンヨン、宇宙少女ソラ)、スマート学生服CMモデル、ティエンCFモデル(+ジヒョ)、ドリームハイ2端役、miss Aの「他の男以外の君」のMVでエキストラ(+ミナ、チェヨン、ツウィ)などがいる。 オーディション映像、練習生時代に集めた

このようにうなぎのぼりのナヨンだったため、自然にJYP次期ガールズグループ6MIX(シックスミックス)のメンバーに抜擢され、ジョンヨン、ジヒョ、ミンヨンと共に事実上デビューが確定したが、セウォル号事件、メンバー脱退などの事態でデビュープロジェクトは消滅した。その後1年余り待った末、SIXTEENに参加することになる。

2.1. SIXTEEN 1995年生まれで、メンバーの中で一番年上だ。年齢の割にデビュー年度が早い方ではないが、同じ年生まれのApinkのキム·ナムジュは2011年に、EXIDのチョンファは2012年にデビューし、実際には高校生のときにデビューした。 むしろ遅い時期にデビューしたと見ても全然おかしくない。 「6MIX(シックスミックス)」の元年メンバーの一人で、ほとんどデビュー直前まで行っており、実力が優れているため、ナヨンに対する朴ジンヨンの信頼感は非常に高い。 特にSIXTEEN時代、ゲリラコンサートミッション後ナヨンに「もうナヨンは頼もしい。 バランスを整え、チームメンバーをリードする。」とかなり信頼する様子を見せた。

第1話では、良く言って堂々、悪く言っては多少軽率な姿を見せ好き嫌いが分かれた。しかし、第3話からはリーダーとしてリーダーのようにチーム員をよくリードし、泣く弟たちをよくなだめるなど、頼もしいお姉さんらしい姿に視聴者の好感度が急激に上昇した。 特に、芸能キャンプで率直で大胆ではつらつとした魅力で視聴者を魅了した。 前回を通してミルクアプリ投票で5位内に入った唯一のメンバー。 最終回で現場投票1位、ミルクアプリ投票2位という結果で、最終結果発表前からTWICEへの合流がほぼ確実視されており、予想通り最初の確定メンバーとなる。

加えて、SIXTEENのイントロ曲「I'm Gonna Be a Star」をチェヨンと一緒に歌った。

3 ポジション[編集 | ソースを編集]

他のメンバーの場合、ジョンヨンはガールクラッシュ、モモはダンス、サナは可愛らしさ、ジヒョは歌、ミナは優雅さ、ダヒョンはバラエティー、チェヨンはラップ、ツウィは美貌など、それぞれ本人だけの強みが目立つが、ナヨンはこの全ての分野で最高ではないが、上記の全ての分野で最上位圏に入るほどラップもMCもこなす多才多能だ. スポーツ選手で言えば、多方面に才能のある六角形プレーヤーであるわけだ。 パク·ジニョンもSIXTEEN最終回でナヨンを一番最初に選抜した後、「ナヨンのようなメンバーがいるということは私たち(製作者)にとって大きな力になります」と評価した。 このような多才さと練習生時代から強みだった自然な表情、さわやかな雰囲気のため、多くのアイドルファンコミュニティでの女子アイドルの定番、典型的なアイドルセンター候補と評価される。

3.1 リードボーカル[編集 | ソースを編集]

チームのリードボーカルであり、ジヒョとともにTWICEボーカルラインの両輪だと言える。 ファンの間では最強のボーカルと認められるだけに、アイドルに最も適した明るく澄んでいてさわやかでありながらも妙にハスキーな歌声が非常に魅力的だ。 SIXTEENでも歌、ダンス、ビジュアル共に相当な実力を持っていて支持度が高く、デビュー後もずっとメインボーカルのジヒョと共にリフレーンを担当しながらボーカルで大きな比重を占めている。音域も広い方なので清涼感のあるボーカルで、ジヒョより多くの高音パートを消化しており、ディクションがビシビシして雰囲気を換気しながら全体をリードするスタイルのボーカルとして活躍する。 ライブの安定度もかなり優れている方だ。 歌でオーディションに合格していない他のサブボーカルメンバーに比べ、しっかりした歌が目立つ。 様々なライブ映像でも、「ナヨンがよく、最も安定したメンバー」というコメントを、 最も多く目にすることもできる。

特にナヨンのボーカルはTWICEのボーカルラインであるジヒョ、ジョンヨンの中でも、ジヒョとジョンヨンが比較的重くて力のあるボーカルなら、ナヨンは上の2人よりは明るくて軽いボーカルだ。 特に歌においてはジヒョと交互にサビを歌う傾向があるが、その理由は最近アイドル歌の間でメインボーカルとリードボーカルがサビを分けて歌う傾向が多くなったからだ。 重くて強い音色のメインボーカルが出ると、その次は軽くて澄んだ音色のリードボーカルが一緒に出て、疲労感をなくしてもう少し清涼感を加えるスタイル。 このようなリードボーカルの役割をTWICEで主に果たしているメンバーがナヨンだ。

そしてナヨンの音色はTWICEが追求するカラーポップにふさわしい明るくて爽やかな声なので、デビューから一部の曲を除いた大部分のタイトル曲の初パートとリフレーンを担当している。 曲のスタートとリフレーンは、アイドルの歌で最も重要な部分であるため、SIXTEENでパクジニョンが話したナヨンに対する信頼感を見せてくれる方だ。 しかも、ジヒョと一緒にCHEERUPのバックグラウンドボーカルの相当部分を担当した。

3.2 リードダンサー[編集 | ソースを編集]

長い間練習し、振り付けの習得力が優れており、リードダンサーを務めるだけに、ダンスでも重みを見せている。

幼い頃バレエを習っていたが、開脚を無理して怪我したことがあり、交通事故の後遺症もあってその時からストレッチングをためらうという。 「ランニングマン」で開脚を披露したが、後遺症のためか、完全にはできなかった。 ガールズグループのメンバーらしく、十分柔軟だが、今も体に無理が来るか心配で、開脚して伸ばすことはしないという。 たまに、硬直した姿勢を維持する時、後遺症のためにふらつく時もある。

また、振り付けを直接作ることにも一見識を持つ方だ。 代表的に「Like OOH-AHH」の動作でマリリン·モンローの振り付けはナヨンが直接作ったものだという。 この他にもSIXTEENで「Happy」という曲でミッションをする時 ジョンヨンと主導して振り付けを作る姿を見せた。 この点は今後TWICEの活動でモモと一緒にダンスに対する全般的なプロットを作るのに大きく役立つものと予想される。

3.3 TWICEのメンバーとして[編集 | ソースを編集]

他のメンバーとの組み合わせでは桃が好きで、名前自体が桃という意味の桃とともに桃姉妹を結成し、同じ江東区住民というチェヨンと江東ズで構成されることもあった。 最年少のツウィと序列上最年少のナヨンを合わせて「マッネズ」とも呼ばれることがある。 その他、ミナとともに「ミナヨン」と呼ばれることもある。練習生生活を一緒に5年以上過ごしたチョンヨンとジヒョはシックスミックス時代の前から一緒にやってきたので、このシルチンズが一つになると本当に狂ったようなケミを誇る。ナヨンは自分をTWICEのお母さん、そしてジョンヨンをTWICEのお父さんとして紹介する。2017年をまとめて放送されたヌッパンでは、メンバーたちがジヒョとジョンヨンをそれぞれお父さんとお母さんに例えたりもした。

チームで一番年長者ではあるが、パク·ジニョンがTWICE TVでメンバー同士で投票を通じてリーダーを選んで知らせてほしいと言ったことから、投票を通じてジヒョがリーダーに選ばれたが、実はアイドルグループでリーダーはメンバーと所属会社の間で調整をする役割なので、小学生の時から会社の家族だったジヒョに似合う席ではある。 しかし放送でコメントを担当したり、ミッションや賞品を受け取ったりなど、必要な時に一番上のお姉さんのポジションの役割はナヨンが果たしている。

デビューショーケースで見られるように、必要な時は、最年長の姿を見せてくれるメンバー。2018年4月に出演したチェ·パタによると、リーダーのジヒョが 他のメンバーたちの前では自信を持って話し、たまに後ろに一人でナヨンのところに来て「これ? 今日合ってるよね?私は緊張するからお姉さんもよくしてね」と言ったりするそうだ。

つまり、リーダーはジヒョかもしれないが、そのリーダーの限界を克服できるよう役割を補助し、リーダーが大変な時に期待するエースの役割はナヨンが担当すると言える。

バラエティー番組にも顔を出しているメンバーの一人で、TWICE内放送のTWICE TVにもかなり出演している。 特にモモとチェヨンの「モチェンTV」をあれほど望んでいたが、最近自分の名前をかけてナヨンTVを出し始めた。

瞬発力があるから、TWICEのバラエティーに出ると、 自分の分量はいつも確保する方だ。 誰かが愛嬌を見せろというとき、本当に下手なモモやサナとは違い、ジヒョと一緒に見せる愛嬌は専門家レベルだ。 特にあいうえお作文の愛嬌がかなり話題になっている。 特にランニングマンではククカカ、ソンクラであいうえお作文を披露し、コミュニティでかなり話題になった。

3.4 固有ナヨン[編集 | ソースを編集]

これまで発表された多数の曲の導入部分をナヨンが担当した。 なので付けられたニックネームが、「コ·ユ·ナヨン」。 コユ·ナヨンは無限挑戦で何かに挑戦する度に一番先にパク·ミョンスがすることから由来したニックネーム「コユ·ミョンス」から派生したニックネームだ。太い表示の曲名はタイトル曲だ。

4 活動[編集 | ソースを編集]

4.1 2015年[編集 | ソースを編集]

2015年12月9日、週刊アイドルにTWICEメンバー9人全員が出演した。ユジンとク·ハラ、サンダーラ·パクに似ていると言われたが、「アイドルパート終結者」の中でダンスパート終結者でAOAの「Heart Attack」で独歩的なダンスの実力を披露した。そして、所属事務所の先輩ガールズグループ「miss A」の「Bad Girl Good Girl」を踊る時、ミナの後ろで踊っていてミナの足に髪の毛が当たる事故が発生したが、ナヨンはチーム内のダンス担当に勝ち、ダンスパートの終結者の座を手に入れた。 2015年12月23日に放送された週刊アイドルクリスマス特集新人女子アイドル編でダヒョン、ツウィと共演した。 同伴出演にはLovelyzのリュ·スジョン、Kei、ソ·ジス、GFRIENDのユジュ、イェリン、シンビが出演し、新人ガールズグループの3組が3人ずつ出演した。 最初のコーナーであるミッション完了後、食事コーナーでポークリブステーキを見た瞬間、正体不明の感嘆詞「ニャッハック」を爆発させて大爆笑した。 このチームが非常に大きな活躍をしたため、後半になるほど多くの比重はなかったが、愛嬌でキムヒチョルの心臓をうち砕き、ガールフレンドのイェリンが倒れた時、先に手を出して起こしてあげたりもした。 この時からイェリンを含め、ガールフレンドのメンバーと親睦を深めてきたようだ。

2015年12月29日放送のTOUEプロジェクト - シュガーマンでジヒョ、チェヨン、ツウィと共演した。 忘れられた曲を発掘し、新たに編曲して対決を繰り広げるシュガーマンのコンセプトにより、Lovelyzでも4人のメンバーリュ·スジョン、Kei、JIN、イ·ミジュと対決した。 一発芸コーナーでツウィと一緒に子犬の対話を試みたが、最初は小さくなりユ·ジェソクまで当惑させたが、続くJINの烏の一発芸とコラボに昇華された。 その後、愛嬌労働者と愛嬌対決を繰り広げたが、相手が相手なので… ユ·ジェソクの素早い対処で笑いに昇華された。その後行われたシュガーソング対決で2015唐突な女を見事に演じ55:45で勝利した。

4.2 2016年[編集 | ソースを編集]

2016年1月7日、TWICEの逆走出演記念Mnet「Mカウントダウン」でジヒョと共にスペシャルMCとして活躍。

2016年1月18日に収録があったMBCソルナルアユッテに初出場した。 ジョンヨン、モモと一緒に女子部シルムに出場したが、期待とは裏腹にバン·ミナとオ·ハヨンに勝った! 特に準決勝戦で本人より体格が大きいオ·ハヨンを破ったのが圧巻。 普段、自分の足につまずき、あいさつしようと頭を下げるだけで、ふらつくナヨンが散発闘魂で思いがけない2連勝を挙げ、ジョンヨンとともに恐ろしい突風を起こしたTWICEは、ガールズデイとApinkに勝って決勝に進出して善戦したが、決勝戦でEXIDに逆転負けし、銀メダルを獲得した。 TWICE初のアユクデメダルだ。

また、現場にいたファンの証言によると、ナヨンは初登場から大会が終わって、授賞式をはじめ後片付けをする瞬間まで(10時間を優に超える!)、少しも休まず歩き回ったり、メンバーらにふざけたりしていて、翌日のスケジュールが気になるほどだったという。 2016年1月22日、KBSのドラマ「私を振り返って」に出演した。 「90年首脳会談」というコーナーで、20代から90代までが集まり、各世代の悩みについて相談する内容だった。 20代代表として出演し、JYPの3年間の恋愛禁止条項などについて語った。 もちろん、一緒に出演したGOT7のジャクソンが「注意勧告に過ぎない」と主張したが、実は、母体ソロといわれているナヨンであり、今後3年間なら、やや深刻な悩みかもしれない。1月29日に放送された後半では、各世代が選んだ芸能コーナーを再現する時間が持たれた。

2016年1月28日に引き続きMnetのMカウントダウンでジヒョと共にスペシャルMCとして活躍。 2016年2月7日と14日、MBC「覆面歌王」にパネリストとして出演した。 最初の週にはソルナル特集らしく韓服を端正に着こなし、多彩な表情とリアクションでたくさんの写真を量産した。 その次の週に音楽隊長の歌を聞いて涙ぐんだが、選曲だった「心配しないでください。 「君」の歌詞がSIXTEEN当時の論争、そして2016年はじめのグループと関連した大型事件のために複雑な気持ちがあったようだ。

2016年2月14日、TWICEの公式ツイッターにバレンタインデーの記念映像をアップした。 縮むのを耐えられず恥ずかしがる姿+ツンデレ設定で、多くのオタクの芸人を昇天させた。 また、ファンズや公式カフェに掲載されたバレンタインデーのビハインドでは、メンバーたちのためにチョコレートを作る姿が写り、多くのファンが「さすがうちの長姉」と和やかだった。

2016年3月6日、MBC「覆面歌王」にパネリストとして2度目の出演を果たした。 2016年4月11日からMBCが運営するモバイル芸能コンテンツ製作所Mbigのオーマイガーチップに出演し、生活の中の様々なコツを教えるというテーマでBTOBのミニョクと共に様々なエピソードに出演した。 2016年4月17日、SBS「人気歌謡」でキム·ユジョンの代わりにスペシャルMCを務めた。 2016年5月31日、蚕室野球場で行われた2016KBOリーグ·KIA VS LGの試合で、ナヨンが始球式に、サナが始球式に出場した。TWICEメンバーたちが蚕室野球場で行われたLGツインズのホーム試合で始球式を担当したのは、同年4月2日のハンファVSLG試合でジョンヨンとツウィがそれぞれ始球式を行って以来、今回が2度目だという。始球式の時、女性芸能人としては珍しく投手板を踏んで投げたが、ワンバウンドでボールを投げ、人々を感嘆させた。 2016年6月4日、メンバーと一緒に 「知り合いのお兄さん」に出演した。 2016年6月5日、SBSの人気歌謡でスペシャルMCを務めた。

2016年6月5日、ランニングマン 最終ミッションにTWICEが出演した。 短い分量にもかかわらず、いくつかの場面で視聴者の目を釘付けにした。 例えば、名札を外そうとするキム·ジョングクに愛嬌を振りまく場面や、戦闘が終わって髪の毛に付いてしまった名札を指差して「私、死にましたか?」(スタッフ「生きました」)、「生きましたか? 「やったー!」という場面、特にその名札を髪の毛から離し、何かを悟って「あれ? でも、こうやって貼っておいてもいいんじゃないですか?」とスタッフに聞く部分、罰ゲームを食べる場面では本人が食べている状況でもないのに、まるで食べているような表情でカメラごとに撮られた姿など、最後まで魅力を発揮した。 ファンは、「適性に合う芸能ジャンルを見つけたようだ」という反応を見せた。 2016年7月16日、SBSパイロット番組「花組2部」でダヒョンと共演した。

2016年9月15日、秋夕アユクデに出場した。今回はツウィ、ダヒョンと一緒にアーチェリーに出た。 予選でビニとジホが激しく揺れたOh My Girlに3点差をつけ準決勝に進んだが、ナヨンが決定的な瞬間に不振で、TWICEはガールフレンドに13点差で敗れアーチェリー決勝進出に失敗した。 そしてTWICEは、準決勝の総点で1点押され、Lovelyzにアーチェリーで銅メダルを奪われてしまった。 同日、TWICEは新体操(フープ)に出場したミナが相次ぐミスを連発した末、6位に落ちて自滅し、陸上60メートル決勝戦でチェヨンが0.01秒差でウンソに銅メダルを奪われてしまった。 そこに400メートルリレーでは、2番目の走者として出場したサナが遅れ、アンカーのジヒョがユジュに追い越されて4位に押し出され、結局ノーメダルに終わった。 2016年10月24日、KBS'こんにちは'でサナと共演した。 2016年10月26日、メンバーと週刊アイドルに出演した。 2016年11月14日、SBSの花組にモモと共演した。 2016年12月4日、「ランニングマン」328回にTWICEが出演した。 「受賞した釜山(プサン)のヴァカンス」特集で視聴率(TNMS)7.9%を達成し、東莱(トンレ)パジョンチーム(ユ·ジェソク、チ·ソクジン、モモ、ジョンヨン、ナヨンが一緒にチーム)でチームを作り、特級ポテンシャルをアピールした。 ユ·ジェソクとジ·ソクジンの組み合わせだから分量はかなり多く、特に最後の対決では最初から「多分私たちはだめだ」という態度で見守りながら面白い姿を見せてくれた。 余談として生き残るためにグァンスにジョンヨンと愛嬌まで振りまきながら、自分たちではなくキム·ジョングクのチームを攻撃してほしいと頼んだが、キリンがいつものように裏切られて悔しがる姿も大笑い。 2016年12月11日MBC覆面歌王にツウィと共にパネラーとして出演した。

4.3 2017年[編集 | ソースを編集]

2017年1月3日に出演したミュージックビデオが公開された。 所属事務所の先輩である2PMのニックンと共にJun.Kのソロ新曲「結婚式」のミュージックビデオである。 ウェディングドレスを着て出てくる姿を見ることができます。 リンク 2017年1月30日、MBCソルナル·アユクデでは陸上男子60m決勝戦の現場MCを務めた。 また、昨年の秋夕(チュソク 旧暦8月15日の節句)に陸上を競歩に変える奇跡を起こしたサナと交換してサナがアーチェリーに出場し、ナヨンがリレーの2番走者に出た。 おまけに当時ジヒョが膝の具合が悪かったせいか、2016お正月のシルム以後競技に出なかったモモもリレーに出た。 チェヨンに続いて2番走者として出場し、良いスタートで当時1位だったLEを最後まで追撃したが、かえって後ろでものすごいスピードで追い越して順位を覆したOh My Girlのジホに押されて結局3位に後退し、以後TWICEは完全に順位争いから脱落し、再びリレー4位に止まった。 同日、TWICEは新体操(ボール)に参加したミナが難敵マッチョを破って金メダルを獲得し、TWICE通算2個目のアユクデメダルでありTWICE初のアユクデ金メダルを獲得した。 2017年5月17日、メンバーと週刊アイドルに出演した。 変身セーラームーンパートで自分が照れくさそうに変身して「よかったでしょ?」と言った。

2017年5月19日、TWICEのメンバーとペク·ジョンウォンの「三大天王」に出演した。 ガンギエイと三合料理を食べて美味しいというジョンヨンとは違い、ナヨンは爆撃を受けて吹き出した。 その後、ガンギエイの天ぷらは「なぜしきりに手が伸びるのか」と自分の手を叩く。 結局は挑戦。 そして食べた後、イルカの悲鳴を上げてエイに2敗を喫した。 その後、新しい世界にこういう味が存在するということを知る必要があるとして「おすすめ」を選択。

2017年5月20日、メンバーと一緒に 「知り合いのお兄さん」に出演した。 「私を当ててみて」の時間は、比較的早く答えが出たので、相対的に分量がなかった。 おまけに序列9位だと知られると、キム·ヒチョルに「あのアホより順位が低いのは何か」とディスされた。[56] ゲーム中に騒音ヘッドセットが消えたが、正直に「よく聞こえる!」と言って小さな笑いを誘った。

2017年5月24日、メンバーと週刊アイドル TWICE編2部に出演した。 「オッパ」に合わせて愛嬌を見せ、ジヒョと一緒に可愛さで心臓を暴行した。 「SHOW ME THE サカ - 林果汁がパンパン」 コーナーで体で話します。 ゲームをして成功させた。 以後、特別ゲストとして33ヵ月の赤ちゃんアンドリューが登場した。 赤ちゃん大好きなナヨンらしく一番先に行って遊んでやろうとしたが、アンドリューが人見知りしすぎて失敗。 その後、メンバーたちと静寂の中の叫びゲームをした後、ハイライトであるシグナル2倍速ダンスをしたが、自分は昨日ダンスを途中で放棄する想像をしたという。 案の定、急速に体力が上がって苦しんでいる様子を見せたが、結果は成功。

2017年5月27日、メンバーたちと一緒に MBCの「オッパ思い」に出演した。 ここでナヨンのウサギ人形「ケンイ」が特別登場した。 普段は愛嬌をたくさん振りまくんだけど、 メンバーたちが受け入れてくれなくて ケンイにやるんだって。 そしてお手本愛嬌を見せてくれたんですが、メンバーたちが 「あれよりもっとひどいです」と暴露。 しかも「ケンイ」の挨拶までさせると言っても、チェヨンとモモは受け入れてくれるんだよ。 その後、「なんで特技を祈るのか」という質問に、最初はファンサイン会の時に 「試験頑張ってほしいと祈ってほしい」というファンにしたが、その後から望むファンの方が多くてそうなったと。 パネルであるソルビワルを、 本当に祈ってくれるその真心に感動したという。それでプログラムのために長生きしてほしいと祈った。 2017年6月6日から6月20日まで、メンバーとバラエティ「鍋敷き」に出演したが、分量が極めて多い。 TWICEの分量自体が少ない上、1話作家同士の合コン編にナヨンは登場もしなかった。 そして、第3話の6月20日の放送で、やっとジョンヨンの生活必需品のレビューをする分量が放送された。そんな中でもナヨンの分量はほとんどない。 最も多く出た分量がジョンヨンが買った生活必需品を見ながら「これなら頭からつま先までまともな服を一度買うことができる」と言ったことと、鉢巻傘を差したジョンヨンに水を注いだだけだ。

2017年7月8日夜10時から2時間20分ほど「ナヨンのSerendipity」という名前の「個人V」を放送した。 コンセプトは「ラジオDJ」で「悩み相談」というアイテムで進行された。 詳しい話は下記の余談の段落を参照。

2017年10月17日に放送された『団結しないと浮かない-ベトナム編-』の撮影のため、足を負傷したダヒョンを除くメンバーと一緒に出国した。 部屋割りでサナ、モモと大笑いするシーンがある。 その理由は撮影時には明らかにされなかったが、後にナヨンが17年10月20日放送されたvアプリ「TWICE2周年ONCEサドゥンヘ♡」で明らかにした。 詳しい話は下記余談を参照。

2017年9月22日、自分の誕生日パーティー兼 「ナヨンのSerendipity 2」をvアプリで行った。 前回の最初のSerendipity放送と同様の悩み相談およびお便りのコンセプトだったのか、違う点はDJではなくモッパンだった。詳しくは余談の文壇を参照。

2017年10月24日、「団結してこそ浮かぶ - ベトナム·ダナン編」の2話にメンバーたちという。 メンバーたちと遊園地で楽しく遊んで風景を見物する場面があり、バナヒルから下りてくるケーブルカーで真実ゲームで遊ぼうとするチョン·ヒョンドンを相手にサナ、モモと組んで打つ花札を詠唱し、これを知らずにかかったチョン·ヒョンドンに弱い質問をした」とし「いつ一番結婚したことを後悔しましたか。「極端な試合後、チョン·ヒョンドンの答えに「私たちは一緒ならいつも嬉しいです」と話した。

TWICEの1stフルアルバム「twicetagram」で、7番トラック「247」をジヒョと共に作詞した。 ジヒョによると、ナヨンは「2番」から参加したという。 171、101、メンバーたちと 「週刊アイドル」に出演した。 ファンの頼みでGashinaを踊ったが、よりによって比較対象がチェヨン、ミナ、そしてモモ。 きしむ姿でビッグな面白さをプレゼントした。

4.4 2018年[編集 | ソースを編集]

メンバーたちと一緒に日本活動時におびただしい量のVアプリに参加した。 ここで序列9位らしくサナに「あなた」と呼ばれたり特にチェヨンと一緒にしたすっぴん放送が話題になったが、ガールズグループなのにしっかりクレンジングして率直な姿を見せてくれた。 はなはだしくは鼻をかむ姿まで出るほど。 詳細は下記余談を参照。

2018年1月15日に収録があったMBCソルナルアユクデに出演した。 2月15日に放送された第1部では、新体操競技の特別キャスターを務め、中継を進めた。 2部ではダヒョン、ツウィと共に女子アーチェリーに復帰した。 予選でレッドベルベットのイェリと対戦し、ゼニガメマッチ5点と8点を撃ち、TWICEはツゴラスの活躍でレッドベルベットを破って準決勝に進出した。 準決勝ではGugudanのキムセジョンと対戦し10点と7点を打ったが、TWICEは1番死守の近いダヒョンが4点と振るわなかった上、相手のGugudanのメンバー3人全員がかなり安定的な実力を見せてくれたため、またもうんざりするアーチェリージンクスを経験し、決勝進出に失敗した。 この日、TWICEはメダル獲得に失敗した。 2018年4月26日と5月3日に出たハッピートゥゲザーでジヒョとダヒョンと共演した。 そこでCHEER UPの振り付けについて説明してくれたのですが、CHEER UP導入部で水を与える役割は、自分だけでなければいいと言ったのに、結局自分になったと。 2018年4月30日、「ランニングマン」に メンバーと一緒にゲストとして出た。 その日、ランニングマンがMTを発つ日だったが、ランニングマンの撮影途中に出たのだ。 その時愛嬌あいうえお作文をしたんだけど、 ナヨンはキム·ジョングクであいうえお作文を作って 「クックカカ」という愛嬌でメンバーたちを焦土化させた。

2018年7月10日、アイドルルームにメンバーと出演した。 ファクトチェックで、「ナヨンはラップが上手だという言葉に、ラップが上手だと言ったことはない」と否定したが、「What is Love?」ショーケースで、本人が直接ラップが上手だと言った証拠資料が出て、順応した。 おかげでMCレールというラップネームができ、バーコードを歌った。

2018年11月3日、メンバーと知り合いのお兄さんに出演した。 2018年11月6日、メンバーとアイドルルームに出演した。

2018年11月8日、Mカウントダウンでサナ、チェヨンとスペシャルMCを務めた。 2018年12月2日「ランニングマン」に出演し、愛嬌を含め多彩な活躍をした。 前回の「グクカ」ほどのインパクトはなかったが、ソン·ジヒョの名前を利用した「ソンクラ愛嬌」で「ランニングマン」の男たちの心をつかんでおいた。 そして低くなれ 鉄棒で一番高い100cmをするが、ジャンプ後、前に曲がることができなくていらいらする姿がファンになるポイント。 これに驚いたジェソクとセチャンが駆けつけて緊急コーチングをしなければならなかった。 コーチング後の結果は完璧に着地。 直前に尻餅で墜落した石焼民があったのでさらに比較された。 その後、セチャンの順番である50cmが気になってやってみたが、結果は、顔面の花器で氷組大発散。 かつらの遠く投げでジェソクのかつらが曖昧な位置に墜落すると、モモと協力して審判に強く言い張って良い判定を受ける。 以後、レースの末、本部席でキムチによく合う食べ物を発表しようとしたら、後を襲った「米飯チーム」のジヒョに食われる危機で、急いでラーメンを叫んだが、殴られて優勝を手にした。

4.5 2019年[編集 | ソースを編集]

🌷🤟💙4月11日、モモと一緒に行った悩み相談🌷🤟💙Vアプリで、「今年は健康でばかり食べると決めたのに、何度もインスタントも食べるようになる」と話した。 特に、「小麦粉を止めろ」という書き込みに、知らないうちに小麦粉が入った食べ物を食べるとし、突拍子もなく例としてラーメンを挙げた。 ラーメンを考えるとスープが先に思い浮かぶので小麦粉の食べ物だとは思えないとし、「正直私はスープを全部食べて、麺は残したこともある」と言うこともある。 続いて、「スープが好きで、麺は好きじゃない」と言うと、麺よりもスープのほうが体に良くないというコメントを読み、「私も知っています…」とすねてみせた。 4月23日、アイドルルームに出演して「TWICEメニュー大統合」コーナーでメンバーたちと中華料理店のメニューを統一させなければならない状況になると、「基本にも3つの種類(ジャージャー麺、チャンポン、酢豚)があるじゃないか」とメンタルが崩壊し、麺よりもスープが好きなナヨンらしく「飲むの?」と質問した。そしてみんな ジャージャー麺で統一してる中で突然 ジャージャー麺を使って… 本人も相当精神を失ったのか、どのようなアホがジャージャーご飯を食べたがるのかという幽体離脱話法を駆使し、これに字幕が「自己告白なのか。 ナボンスはお前様です…」と返す。 前ラウンドではモモがトックで 同じことをしていたのに···。 序列下位の福姉妹の愚か者力が大爆発した。 幸い、このミスは次のゲームを通じてチキンで挽回される。 7月15日のデビュー以来初の単独グラビアが公開された。 ファッション雑誌NYLONの2019年8月号のカバーモデルとなって撮影したグラビア写真と共に行われたインタビューが公開された。 インタビューは4年目のトップアイドルTWICEのメンバーとしてのナヨン、日常でのナヨンに関する内容だという。 NYLONの記事のグラビア撮影やインタビューに関する映像がNYLON TVで公開される予定だ。 9月24日と10月1日に新曲Feel Specialと共にアイドルルームに出演。 ジヒョとの知的バトルで「最近老けて見えるから前髪下げたの?」と原爆のディスを飛ばし、ジヒョのメンタルを攻撃した。

11月30日、パク·ジニョン、ダヒョンと共に知り合いのお兄さんに出演した。 パク·ジニョンは自分たちを「JYP芸能3人組」と紹介し、JYPエンターテインメント所属の歌手の芸能をすべて見て、最も芸能が上手だと思う2人を選んだという。二人はパク·ジニョンが所属事務所のトップであると同時に大先輩でもあるため、先輩のコンセプトであるタメ口を使うのが難しいというように話しながらも積極的に「この子?」や「ジニョン!」のようにとぼけてコンセプトに適応する姿を見せながら笑いを誘った。 入学志願書コーナーの途中、パクジニョンはナヨンに対して、「画面よりも実物を見れば美貌にびっくりする」「化粧をしていない姿がもっときれいだ」などの証言を通じて、トゥボジ(韓国語で[TWICEの父親]の略語)として溺愛している様子を見せてくれた。 ダヒョンとナヨンは自分たちの長所として「静寂の中の叫び」を書き、それぞれパク·ジニョンに説明し、どちらがより多く当てるか対決したが、大きな声と積極的な説明を通じて3問を出し合う呼吸を見せてくれた。 12月24日、アリアナグランデのSanta Tell Meをカバーした。 聞いてみると、ナヨン特有のさわやかさが引き立つ。

4.6 2020年[編集 | ソースを編集]

6月7日、メンバーたちと「ランニングマン」に出演した。 その中でも、オープニングに行った「ランニングマン」のメンバーらの果物で表現するのは見物だった。 6月8日、KBS2の「犬はすばらしい」にモモ、ツウィと一緒にゲスト出演した。

5 余談[編集 | ソースを編集]

  • メンバーたちが明らかにしたところによると、喜びの調節がうまくいかず、どこに行ってもテンションが高い性格だという。

妊娠の夢は赤ちゃんゾウが出てくる夢だった。 2018年4月23日、アイドルマスターで明らかになった。 同じチームのメンバーであるチェヨンと一緒にソウル特別市江東区(カンドング)出身だ。 ナヨンは江東高校、チェヨンはクァンムン高校に通った。 そのためファンはこの2人を「江東ズ」と呼んだりもする。 そして本人たちも自分たちが「江東ズ」と呼ばれる事実をよく知っており、自分たちも自分たちをそう呼んでいる。 赤ちゃんの声真似がとても上手。

  • JYPの公式ホームページであるファンズで書いたところによると、メッセージを書いていてペンを飛ばすなど機械を扱うのが下手だという。 メンバーから機械音痴なのをからかわれるが、特に一番よくからかう人がジョンヨンだという。
  • メンバーの中でメイクを一番楽しむ。 ミルクアプリで公開されたプロフィールによると、唇に塗る製品を集めるのが好きだったが、ある日数えてみたら口紅を計21個持ち歩いていたという。 ほぼメーキャップ·アーティストレベル。 赤い口紅だけで40個というヒョナのように口紅ホリックが疑われる。 そしてインタビュー映像制作陣からもう一つプレゼントされ、計22個の口紅を所持することになった。 ラジオで明らかにしたところによると、「化粧が下手でしないほうがましだという評価を受けたので、『リップでも塗ろう』というのがリップスティック21個という結果をもたらした」という。 これだけでなく、放送ごとにネイルも変わっている。 特にチョーカーをよく着用し、ファンは「イム·ナヨンまたチョーカーだった」と呼ぶ。
  • 練習生時代のナヨンの第一印象は、澄ましくてきれいな典型的な芸能人志望生のようだったという。 特に、外国人メンバーが 「わぁ。 本当に韓国には「あんなお姉さんが 練習生するんだ」と思ったという。 しかし、間もなく徒党であることを悟ったという。

下記は2015年7月2日のSIXTEEN時のプロフィールまとめとミルクアプリスペシャル映像をまとめたもの。 本人の習慣として「唇を出すこと」と「下唇を触ること」を挙げた。 眠る前、自分だけの時間が一番良いという。

  • 本人のファッションスタイルはヴィンテージスタイルとシンプルなスタイルだという。

「グレープフルーツ」(桃)が好きだそうだ。 特に飲み物。 自分にとって大事なものとしては練習生の時書いた手紙ともらった手紙を選んだ。 記憶に残るファンとしては初めて放送して、 初めて来てくださった方々が記憶に残っているという。

  • 手が大きい。顔に当てると顔のほとんどが隠れるほどで、顔が小さいこともあるが基本的に指が長い。 メンバーの間でアドリブとして使われるほど。「Ask In a Box」ではメンバーの中で手が一番小さいというモモとダヒョンと比較したが、モモよりは1.5倍ぐらい大きく、ダヒョンよりはほぼ2倍近く大きい。 ダヒョンは、ナヨンがハートシェーカーで 「惚れたから」の振り付けをする時、 あまりにもナヨンの手が大きくて 「うわっ」と驚くという。 ハートシェーカーやTTの振り付けを見れば、ナヨンの手がどれだけ大きいのかを知れる。 のみならず足も大きい。 Ask in a Boxでチェヨンが"手足が大きければ背も高いそうだけど..."と攻撃するが 「小さくはないです チェヨンさん!」と切り返す。
  • V LIVEですっぴんで放送に登場することが多い。 寝る前に突発的に放送を始める場合もあるが、モッパンを撮る途中に決まって一緒にいたチェヨンと一緒に化粧を落とす過程を丸ごと公開したりもした。

ジヒョの話によると怖がりだそうだ。 他のメンバーも大体認める方だ。 特に暗いことと幽霊を怖がると。 ウサセン3話、モモの血液型当て罰ゲームで見ると分かる。 それでもメンバー同士でホラー映画コンセプトの動画を作ったり、アトラクションに乗る時は平気な方だ。 TWICEチーム内にはるかに怖がるミナ、ダヒョン)、モモがいるから…

  • ツウィと一緒に水が怖いメンバーだ。 デビュー前、メンバー全員が西海岸のシンドゥリ海水浴場に友情旅行に行った時は、水でよく遊んでいるように見えたが、実は、「水は腰の異常のため入るところに入ることができず、団結しなければ浮かない」、「ベトナムのダナン編」で見ても、ツウィと一緒に救命胴衣を着用してから水に入るのを見ることができず、TWICE TV6EP12でも、最後にプールに入水するシーンで、残りのメンバーが飛び込む一方、ツウィと一緒に立っているのを見ることができる。 本人が水に浮かんでみるのが2018年の希望の一つだと2018年1月5日放送のVアプリ放送で語った。
  • デビュータイトルのOOH-AHHで活動を始め、天下のアイドルだと言って、どうしてあんなに緊張しないのかという反応を引き出したが、よく見ると、ものすごく緊張して手が震える姿が見られる。 またリハーサルの時は完璧に振り付けをこなして他のメンバーにアドバイスをすることもあるが、特に生放送では変に簡単なところでミスをするという。

ゼニガメに似てあだ名が"ゼニガメ"だ。

  • チームの最年長者だが、リアクションが可愛くて親しみがあるので、末っ子のような最年長者という意味で「〇〇」と呼ばれたりもする。 だからといって、分別がないわけではないので、幼い弟たちの面倒を見る時の立派な姿と、放送でふざける時との差が大きい。

長姉の延長線上なのか、多くの写真で他のメンバーの間に挟まって縮んだ姿がよく撮られるため、イム·トキン(「イム」、「ナヨン」、「キン」)とも呼ばれる。 この他にも、ピコピコハンマー叩き、ジョンヨンに追いかけられるなど、最年長者だが、やられる役割を担当している。

  • モモと序列9位争いが熾烈だが、まずCheerUp活動当時のミニファンミーティングの席でモモと一緒に序列9位を決めるためにメンバーたちが投票したが、投票を受けて序列9位に確定した。 これに対する本人の反応は、「曖昧なよりもビリがいい。「映像その後ナヨンがまたモモに挑戦状を突きつけるんだって…」 その後の話は、下の「TWICE2周年ONCE、 サドゥンヘ♡」で整理。 後に「Ask In a Box」ではジョンヨンに序列9位を譲ったと言ったが、ジヒョをはじめメンバーたちに「団体でモモと一緒にどうして2人だけTWICEの序列を決めるの」と言われる姿を見ると、相変わらずモモと一緒に8、9位を担当しているようだ。
  • 長姉ギミックについて自ら明かしたことだが、SIXTEENに参加するまで、最年長者になったことがないという。 そのため、最初は一番年上として弟たちのことを気遣うことに気を使い、とても悩んだという。 しかし、しっかりした性格のジョンヨンと最古参のジヒョのおかげか、ある時点から「お姉さん」という負担を減らし、妹たちと隔意なく過ごす面がうかがえる。 結局、崩れることに躊躇しないTWICEのビーグルなチームの雰囲気は、ナヨンに由来すると見るべきだろう。
  • TWICEの代表的なネタバレの妖精だ。 意図せずにネタバレを流し、自ら驚くサナとは違って、ナヨンの場合はファンが気づかないように密かにネタバレを流すことを楽しむ。 サナにネタバレの妖精って言ったら、「私じゃないです」って 言うけど、ナヨンに同じことを言ったら、 「じゃあ、どこでやってみようかな?」って言って、 ネタバレのネタを探す。
  • 3枚目のミニアルバムを準備する時期には、表立ってタイトル曲のTTを書いていたが、ファンは皆涙を形象化した顔文字だと思ってこの場に入り、後日公開されてから「またやられたのか」とため息をつき、Vアプリでキャンデーをなめるような身振りをして数日後に公式応援棒の「キャンディーボン」が発表された。 ネタバレをしていて、いつの間にか「まだ分からないなんて! あほ!」と叫ぶことも。 このように頻繁にネタバレをしてきたナヨンは、結局、ジヒョと一緒に行ったV LIVE放送で、スペシャルアルバムの歌をネタバレしたことが原因で、TWICEのTFチーム長に呼ばれて叱られたという。 その事件以来,現在ではネタバレをできるだけ控えている.
  • 赤ちゃんが大好きだ。 デビューして最もやりたいこととして「スーパーマンが帰ってきた」の三つ子に会うことを挙げるほど赤ちゃんが好きだ。
  • たまに「赤ちゃんと一緒にいるとき、かわいい女の子が来て、「抱っこしてみてもいいですか」と聞いて、写真を撮って遊んでいたところ、実はTWICEナヨンだったというSNSの目撃談がある。 そして2016年8月、イ·フィジェの双子たちの面倒を見ることになり、『シュドル』に出ることが叶った。 その後、Vアプリ放送で「テバク(当時番組に出演していた三つ子の長男)に会いたい」という望みを語ったが、芸能大賞で実現した。 ファンも認める良いお母さん候補1位になったほどだ。
  • 2015年12月4日、大田(テジョン)で開かれた非公開ファンサイン会で直接聞いた結果、好きな色は大体緑色系、カーキ色やミント色が好きな方で、練習生時代、ジョンヨンも緑色の服を着たナヨンをよく目撃したと言及した。

笑う時、口の形がハートの形になる。 本人も他のメンバーも、 これを魅力ポイントだと思っているようで。 ジョンヨンの場合、Pop Teen2017年8月号でナヨンの可愛いポイントがこれだと話しており、自身もnon-no2017年12月号でこれを自分のチャームポイントに選んだ。 視力が悪くて眼鏡をかけるが、度数が思ったより高い。 活動する時はレンズを着用し、宿舎や家で休む時は眼鏡をかけることが多い。 そして、眼鏡のフレームをいくつか持っている。 参考までに、物をよく見なければならない時に手で望遠鏡を作ってその間から見る習慣がある。 だからナヨンに手を振ってあげたのに 見れなくても理解してあげよう。 ぼんやり見えて見えないだけだという。 ケーキとマカロンオタクという。 また、大福をはじめとするデザートを食べる時の表情から見て、甘い物が好きなようだ。

  • 長姉の延長線上で、メンバーによくからかわれる。 感情を隠す素直な性格なので、リアクションを見る楽しみがあるためか、よくからかわれると言うが、実はほとんど非難される。 特に、このメンバーがよくからかう。 でも、実はからかわれる程度ではなく、真剣に怒られるレベルだ。TWICEの優雅な私生活で、料理をする時は、果物を逆さに持ってイチゴを手入れしたり、スーパーで買い物をする時に無駄なおやつをいっぱい盛ったりしたため、ジョンヨンに苦言を呈された。 その他にもよく分別のない行動をしてメンバーに指摘される。 チェ·ファジョンの『パワータイム』に出て話したところによると、菓子袋を逆さに持って「なぜ私のものはファスナーがいないのか」と言ったら、ジョンヨンに愛想が尽きたと言われたという。 TWICE TV EP3ではモモと同級ないしそれ以下のレベルのスピードクイズの実力を見せ、ジヒョに苦言を呈さなければならなかった。
  • ギャグのセンスがオヤジ級のようだ。 覆面歌王では、趙容弼(チョ·ヨンピル)のタップダンスを踊る操り人形「ピノキオ」の姿に、後ろにいたおじさんたちのように面白い姿を見せた。 知り合いのお兄さんは李スグンのアドリブに大笑いし、花見では安貞桓のアドリブに息絶える姿を見せた。 近いうちに、この子やこの子のように 自分が打って回るかも。 「もしかしてやっぱり…」以後、オヤジギャグをする姿がたびたび見られた。

あるファンサイン会の後記によると、地球上にはメンバーしか残っていないが、必ず結婚しなければならないなら、結婚するメンバーとしてジョンヨンを選んだ。 あれほどからかうのにも理由が多いのに、この子なしでは生きていけない」と話したという。

  • バランス感覚があまりよくない。 MAMAやゴールデンディスク、レッドカーペットのような重要な舞台でも、挨拶をするたびにふらつくナヨンを見ることができる。 ファンサイン会で明らかにしたところによると、子どもの頃に交通事故に遭い、左足が弱いという。 歩くのも良かったと本人が話すくらいなら、かなり大きな事故だったようだ。
  • セルゴギミック(セルカを撮るのが下手)がある。 2016年1月3日人気歌謡ポーライベントで 「ちょっとブサイクですが理解してください。私はセルXだから」(実際に書いてあった内容)とポラロイドに作成することでセルフ認定。
  • 自ら普段運がいい方だと思っているし、ミッションがあるとき「私は成功すると思うよ。」と自分は罰則にかからないと大言壮語する姿をよく見せる。それでもこのような自信感が何事にも肯定的に接する姿勢の源のようだ。

独り言で自分自身を励ます癖がある。 SIXTEENからマイナーに降格された時は、「大丈夫! 大丈夫!TWICEの優雅な私生活で、 罰ゲームとしてライトが消えたスタジオに 入る時は「私は強い!」など。

  • 少し涙もろいが、自分ではいくら涙がこぼれても、流されなければ泣かなかったと思っているようだ。 恐怖体験罰ゲームとかショーケースとかでよく涙は出るけど、自分の基準では泣かないって。 放送のためにカメラの前ではなるべく泣かないように努力しているようだ。 しかし、エム·カウントダウンで「CHEER UP」で初のトリプルクラウンを達成し、感慨深かったのか、それこそ大泣きした。 「Like OOH-AHH」活動当時、未来について予言する時間があったが、そこで「私たちトリプルクラウンしたの!」と予言したことがある。 夢にだけ思っていた姿が現実になったのだ。 その後、2016年のメロン·ミュージック·アワードで「CHEER UP」で大賞を受賞した時も号泣したが、涙を拭うティッシュを用意してくれたジョンヨンが大賞トロフィーをテーブルに置くと、「トロフィーちょうだい」と言いながら泣きじゃくる姿が見えたりもした。

口をぎゅっと噤む癖がある いわゆる「イムクックッ」。 本人は知らずにいたが、ファンが何度も言及してきたので分かったという。 また、人差し指で鼻先をタッチする癖がある。

  • メンバーたちによると、 「一口だけ」とつまみ食いするのが上手だそうだ。 Ask In a Boxで最初から連想される食べ物に一口だけだと指摘された。 正確には、人が食べていたもの。 これにすねる表情がポイント

2016年6月20日、「冷蔵庫をお願い」の放送で宿所を乱す主犯であることが全国的にばれてしまった。 皆が知ってTWICEの冷蔵庫を検査していたMCキム·ソンジュとアン·ジョンファンが飲みかけの飲み物を発見し、ナヨンに言及した時、ツウィの瞳孔で地震が起きるのを見て、ペットボトルのふたに本人の名前を書いておいたことで心証が確定した。 キムソンジュがナヨンは一番年上なのに掃除もせず、飲んでいた飲み物は捨てずにニックネームを整理してくれた。 その後、6月28日のファンサイン会のファンミーティングでは、前回の冷蔵庫をお願いして放送分の論争について釈明しようとしたが、ジヒョが「大きい部屋の冷蔵庫のドアもきちんと閉めない」と先に言ったため、一言もまともに言えなかった。 最後の弁論で「いいえ!」と抗弁したが、ファンの反応は信じられないと言った様子だった。

  • メンバーを笑いながら叩く癖があるが、これも冷蔵庫を頼んで放送分でツウィが明らかにした話だ。実際にV LIVE放送でジョンヨンに そのまま実行する姿を見ることができる。 2018年に出演したラジオ番組で、よりによって連続してジョンヨンがナヨンの隣に座ったせいでずっと叩かれていると泣き言を言った。 本人は、「チーム員たちがあまりにもよく受け入れてくれるから、意識できなくなったからだ」という言葉に同意。

「人脈ハブ」と呼ばれるJYPで長い練習生活をし、外向的な性格のおかげで他のアイドルグループのメンバーと親交がある。

  • ガールズグループ「ソナム」のキム·ナヒョンの同期だ。 名前が似ていて早く親しくなったって。

Oh My Girlの大ファンだ。 2016年6月21日、THE SHOWのビハインドインタビューでOH MY GIRLが綺麗で可愛いと絶賛し、OH MY GIRLの舞台映像も全て見ているという。 WINDY DAYをはじめOH MY GIRLの振り付けを全部真似できるほどで、同じスケジュールが組まれたり、一緒に控え室を使うとわくわくするという。 インタビューの最後にはにかむようなビデオレターで先輩に対する格別の愛情を見せてくれた。 その後Oh My Girlが「私の話を聞いて」でカムバックすると、LAで撮ったリアルタイムVアプリで「アイング~」を連呼して聞くことを強要し、多くのONCEがOh My Girlファンダムにストリーミング認証を行った。

  • そしてスンヒがガールズスピリットでCHEER UPをした時衣装を貸してあげたりもした。 その後、2016年10月26日の週刊アイドルでも自身のオタク本能を遺憾なく発揮し[78]2016年12月23日、OH MY GIRLとお互いの歌を変えてステージに立つと、ステージ中、[79]そして団体写真でOH MY GIRLのメンバーと共に笑顔を見せていた。 OH MY GIRLが2018年1月23日のTHE SHOWで1位になろう、ジヒョとツウィと一緒にVアプリ放送でお祝いしてくれて、早く携帯電話が手に入って連絡できたらと思う」と話した。 さらに2018年4月、空港ではジョンヨン、チェヨンと一緒にOH MY GIRLバンハナの限定版マンツーマンTシャツを着ている姿まで目撃された。2018年KBS歌謡大祝祭ではアモールパーティー公演の時、OH MY GIRLのヒョジョンと笑いながら会話を交わす姿が撮られた。
  • YG所属のガールズグループ、BLACKPINKのジス、ジェニと親しい。 3人が過去に一緒に撮った写真もあり、THE STORY BEGINSアルバムの「Thanks to」でも言及した。 上記の通りナヨンの「ナドンイ」のニックネームをつけたのがジスだ。
  • ガールズグループのガールフレンドメンバーとの親交もある。 週刊アイドル5周年特集の時、同い年のソウォンと抱き合う姿を見せてくれた。週刊アイドル5周年記念でも、同い年のソウォンとカップルフォンケースを合わせているという。 アユクデの現場映像でも、願い事と話をする場面を見せたが、何よりもこの映像ではシンビとほぼ友達のようにふざけながら遊ぶ姿が印象的だった。 ちなみにシンビはダヒョンと同い年だが、自分のチーム内ではナヨンと同い年の姉のソウォンとトムとジェリーラインと呼ばれ、隔てなく過ごすことで有名だ。それがそのままナヨンとの関係にもつながったように見える。
  • 自分より1歳年下のイェリンとも相当な付き合いがあり、甚だしくはゴールデンディスクには舞台を終えたナヨンが待機席に座りに行く時、イェリンの方に近寄って驚かせてふざけて行くほど親しい関係を誇示した。 2016年12月31日には彼女が進行したVアプリに単独で出演し、親交を誇った。 甚だしくは同日、自分たちが進行したVアプリではただ声だけ出演した。
  • 2018年1月7日に行われたGFRIEND単独コンサートにはメンバーのジヒョ、ダヒョンと共に招待されて参加した。

ガールズグループ「Red Velvet」のメンバー、イェリとも親しい。 2017年9月22日、一人で進行したvアプリでイェリが電話して誕生日を祝ってくれた。そしてインスタライブでも 一緒にしたし、イェリ一発目のゲストとして 出演したりもした。 親しい関係とは別に、TWICEで最もよく知られているテヨンファンだ。 「事件·事故」の項目にも出ているけど、そもそもその問題が起きたのもテヨンが大好きで… 放送しながらテヨンと活動時期が重なって会う機会があったが、この時は完全にファンレベルだ。 一度は写真を撮ろうとしたが、ジョンヨンの制止で遠くから眺めた。 メンバーたちと一緒にテヨンリハーサルの時、 一緒に歌うことも。 そのためかTT活動時テヨンがTTで踊る映像をアップしたりもした。

  • この他にもIUのファンであることをアピールし、「2017メロンミュージックウォーアド」でIUが受賞すると手の頭の上にハートを描いて祝い、真のオタクであることを証明した。動く後、ナヨンからもらった花を、アイユが保管していることを認証したりもした。砂塵

他のメンバーをよく真似る。 特にモノマネが得意で、ポイントを上手につかむ。 見に行くほぼ憑依レベルの模写を見ると、メンバーたちに対する愛情が大きいと言える。 その他にも、コン·スンヨン氏の猫の表情まで真似するのを見ると特徴をよくキャッチしてうまく表現する観察力が優れていると見ることもできる。 放送人のキム·グクジンとも親交がある。 ラジオスター第468回放送分によると、ナヨンの父とキム·グクジンが友人だという。 ナヨンがデビューする前、 幼い頃から知っていたという。

  • 「団結しないとヒットしない」で一緒に旅行に行って以来、現在まで親しい間柄である叔父放送のチョン·ヒョンドンと最近ゲームメイトになったというファンサイン会で明らかにした。 BLACKPINKジスのようなメンバーのサナと4人で一緒にゲームをしたが、ONCEのファンが「一緒にゲームするの見たい」と言ったら、本人は「私はゲームが苦手です」と答えたという。

ツイッター上で日本のファンのナヨンの写真を掲載するときに使われるタグは、] みんなの姉イムナヨン」だ。

  • 2016年のギャラップアイドル選好度調査では11位にランクされ、2017年、2018年のギャラップアイドル選好度調査では6位にランクされ、2019年のギャラップアイドル選好度調査では5位にランクされた。

初の単独コンサートでも涙を見せたが、その中でも最終日のエンディングコメントではそれこそわあわあと泣いてしまった。 ファンがメンバーに気づかれないよう準備したファンメイド動画を見た後、「ジヒョが言ったようにここまで来るのは簡単ではなく、諦めたい瞬間も本当に多かった。 練習室で泣き、道を歩いている途中で泣き、ジョンヨンと手をつないで泣き、一人で部屋の中で誰も知らないように泣いた。 今もこれが現実的ではないし、実はこのコンサート会場がいっぱいになるとは思ってもみなかった。 「これまでいらっしゃった方々と一緒に楽しく遊んでいくと思っていたのに…」と大変だった練習生生活とデビュー過程を回想し、多くのファンの目頭を熱くした。 その後、2度目の単独コンサートでも、最終日のエンディングコメントで、「他のメンバーと一緒に泣かない」と言って泣いた。 「大変なことがあった時もコンサートのことを考えると元気が出て、最近はコンサートだけを考えながら過ごしたし、とてもやりたかった」と話し、「とても幸せだったが、時間が経つにつれて変わることがあるが、(こんな愛が変わるのではないかと)とても怖かった。 ところが今日、ONCEがこうして応援してくれるのを見て、ふとこんな気がした。 時間が経ち、今日を思い出す日が来てもお互いの記憶にこの瞬間があるので怖くないと思った」と話し、多くのファンを感動させた。

  • ジヒョ、ジョンヨンに続き、3番目に運転免許を取得した。 17年2月27日、イホンギの「キス·ザ·ラジオ」でこの知らせを知ったファンが情報提供した。 実技試験の合格時期はおおよそ2月初旬らしい。
  • 2017年5月、ガールズグループのブランド評判個人で1位を獲得した。

2017年5月1日のCH+チャットによると、自身が一番好きなタイトル曲が「TT」であることを明かした。 この前まではジヒョと話をする時、「最近はドラマをあまり見ない」と言っていた。 しかし、「170627チャペル」で明らかにしたところによると、ドラママニアに戻ったようだ。 「サム、マイウェイ」と「怪しいパートナー」を見ており、映画「操作された都市」も見ているという。 2017年6月30日、Mステのステージで すごく緊張したし、ライブだったという。 その後、ステージをモニターして ジョンヨンに「今日前歯が目立つ」と言うと、ジョンヨンがそうだって。 あ、そうなのかなと思ったって。 ペク·イェリンの「Zero」が好きで、チョン·スンファンの「君だったら」を厳命曲で表現してくれた。最近、チョン·スンファンの歌を たくさん聞いてるそうだ。 BLACKPINKの「最後のように」も すごく好きそうだ。

  • 以下は2017年7月8日に放送されたvアプリ「ナヨンのSerendipity」のストーリーをまとめている。 同日のvアプリは、ナヨンがラジオDJコンセプトで行った放送だ。 一人でやる公式vアプリの初放送なので、 すごくぎこちないって。 きれいにセットも飾ってあるのに、vアプリカメラに一つも映っていないと小物を持って見せた。 公式放送なので、うちの会社の歌しか流せないとしても選曲は自分が普段聞いていた歌を選んだという。
  • 一つ目の悩み、「勉強する時の眠気をどうやって解決するの?」についての相談で。 自分の眠いときの解決法が「食べること」だという。 食べたら目が覚めるって。 でも、試験期間中は何をしても眠いのを知っているから。 試験の時は気を強くしなければならないと。 自分の学生時代、「寝ずに単語一つでももっと覚えればよかった」という物足りなさがあったという。 本人もアドバイスをするのが照れくさいのか"すごく勉強ができるように言うんですけど、ww私はそうだったんですよ"って。
  • 歌を聞いてる途中、コーヒーを飲むのかという ONCEたちの質問に紙に書いて 「これはバニララテだよ。 私コーヒー飲めないㅠㅠ 苦いじゃん~」と答える。 前にもメンバーとしたvアプリで、自分はバニララテが好きだ言っていたことから、よく飲んでいるようだ。
  • 昨日からジムを始めたという。 PTに食べるものを撮って送ってほしいと言われたので送ったら「とりとめがないです。 ナヨンさん」と言った。 ONCEに、自分はよく食べるので 心配しないでほしいと言った。
  • 2番目の悩みは「就職準備が大変だ」と言ったONCEのために「お疲れ様今日も」を歌ってくれて、自分が辛い時に聞く歌は「ソガクソガク」の「大切な君へ」だという。
  • 「Serendipityってどういう意味ですか?」という ONCEの質問に、自分も分からなくて マネージャーさんに聞き「マネージャーワル·セレンディピティ」という映画を、ナヨンが好きそうだったので タイトルにしたという。 放送前にストーリーを探してみたら、 自分が喜びそうな内容だったので、 家に帰って見る予定だとONCEも一緒に見ようと言った。
  • 三番目の悩みは、「夏休みについて悩んでいるんだけど、 旅行先をおすすめしてほしい」というONCEの お便り紹介後に言うには 自分は放送外では旅行に行ったことがないという。 その中でもスケジュールで行った国の中で一番旅行しやすいところは「LA」と「オーストラリア」だそうだ。友達と旅行にぴったりの場所としては「済州島」がある。 近くて、すごくいいそうだ。実は最近とても暑いから自分は旅行の代わりに部屋でエアコンをつけて、ドラマや映画などを見るのがもっと好きだと。「そのままでいてもいいよ」をテレビで流しながら、コメントでも「そのままでいても」 涼しい夏を過ごせるという。バンコク派で叩かれるように。

四番目の悩みは'トンナカンナ'を悩んでいるというONCEの話に直接買った前髪のピースを持ってきて生放送で挟んだ。 最初にジョンヨンが見て、 噴き出したって。 実際に見たらすごくぎこちないって。 以後、ジョンヨン、モモが見るに見かねて直接電話をかけて前髪を抜くか、髪を結ってみろと言う。 以後、気分がアップしたナヨンの「二次変顔」を起こす。

  • 5番目の悩みは、「食べ物をおすすめしてほしい」 ONCEだったが最近辛いものにハマったからと言って、 チムタクとトッポッキをおすすめする。 世の中においしいものが、 すごく多いのだという。
  • その後、事前に選定した悩みが すごく早くなくなったので、ONCEたちの質問を 聞いたんだけど 自分は建国(コングク)大学の入試の際、面接を受けたことがないということで演技をしたという。 歯牙矯正は当分しないことにしたと言う。 『ナヨンさん、勉強はよくできましたか?』"という質問に"(8秒間沈黙)うまくやった時もありました。

自身も復学するかどうか最近悩んでいるという。

  • 6番目の悩みは「すべてがつまらない」というONCEの話だった。 この前読んだキム·シンフェ作家の「ぼのぼののように生きてよかった」の一節を引用して、必ずしも毎日楽しく生きる必要はないという。 それでもその日にしたいことを捜し回ってるのだと。 最近は運動をして、楽器を習おうと思っていると話し、 その後、他のvアプリでギターの話をしているのを見てギターに決めたようだ。 その後、インタビューで「ぼのぼののように生きよう」を座右の銘にしたのを見て、この本が印象に残ったようだ。

日本語会話にドラマやアニメなどを見るのが役に立つと聞いてコナンをダウンロードしたそうだがドラマから見るつもりだと。

  • 序列9位らしく最後にジョンヨンの変顔写真をいっぱい投げて '携帯飛行機モード'と自分は'長姉'と'気にしない'と言ってジョンヨンがすねたように見えると20分間も心配しながら'どうするの'と足を踏み入れる雲。 最後にはビデオレターまで。

「ケンイ」に新しい友達「ヌピ」ができた。 これまで使っていた香水から脱し、新しい香水を買うのは難しい」と明らかにした。 だが、ただ変えたいときがあるという。

  • 本人のプレビューを見るのが好きだ。 気に入った写真は携帯に保存する」と明らかにしていた。

ドラマ『サム、マイウェイ』第12話で出たチュ·マンとソルヒの対話シーンを見て号泣するところだったという。 チュマンの事情は別として、ソルヒが上手でチュマンは悪いという。 「23効果」で、今は甘い物が苦手だそうだ。大人の口当たりに変わり、甘いものの代わりに辛いものが最高だという。 2017年8月に開催されるリトル野球ワールドシリーズに韓国代表として参加するファンとのエピソードが話題になった。

  • 以下は日本の月刊ファッション誌ViVi2017年8月号のインタビュー内容をまとめたもの。

「一日だけ他のメンバーになったら、誰?」という質問に、チェヨンを挙げた。 理由は、チェヨンの肩のラインがきれいだから。 肩がきれいな女性になりたい」と話した。 好きな食べ物として、辛い食べ物を選んだ。 特に好きなことは、トッポッキとキムチだそうだ。和食では、和食のみそ汁とカツサンドが好きだと明かした。 好きな言葉として「ありがとうございます」を挙げた。 最近はまっていることに、フィルムカメラを挙げた。 どこへ行こうとも、カメラを持ち歩いているそうだ。

  • 休日に何がしたいかという質問で一人でカラオケに行ったり、メンバー全員と遊園地に行ってみたいと答えた。

チェヨンの話によると、歌を歌い続けるなど一瞬も休まないそうだ。 また、雑誌を見ながらファッションや化粧を研究しているという。 ナヨンお姉さんがいてくれてよかったと思って。いつも元気をもらっていると。

  • 以下は日本の月刊ファッション誌であるPop Teen2017年8月号とnon-no2017年8月号のインタビューをまとめたもの。
  • 自分がA型だなと感じる時は表現が下手で、自分の感情を相手にうまく表現できない時だという。 少し人見知りがひどくて、初めて会った人やあまり親しくない人の前ではうまく話せない時があるという。 今は性格がかなり変わったという。 それでも相手と親しくなってから、本人の深いところまで全部見せるタイプだという。 (ポップティーン8月号)

サナによると、いつも口元に口紅が塗られているそうだ。 (ポップティーン8月号) ジョンヨンによると、習得する能力がいいという。 振り付けもすぐ覚え、メンバーの真似もよくできるという。 (ポップティーン8月号 ミナによると、お菓子を持っている時ナヨンがこっそり近づいてくるそうだ。 (ポップティーン8月号) メーキャップにおいて最も気になる部分はチークだそうだ。その日の服の雰囲気によって、どんな色にするか決めるそうだ。 (ノンノ8月号) 今一番欲しいのは「フィルムカメラ」だそうだ。 写真を撮るのが好きで一番好きなカメラをいつも持ち歩いているが、カメラがもう一つあればいいという。(ノンノ8月号) 敏感肌なので、自分に合うものを探すのが一番大事だという。 肌に合った化粧品で全身ケアをしているという。(ノンノ8月号) 17年の初め頃、「MacBook Fro」を購入した。 4月末から出国する度にマックブック·プロケースを持ち歩いている。

  • ミノルタTC-1というカチカチ·フィルム·カメラを持ち歩いている

以下は、2017年8月9日放送のvアプリ、なんとかの朝のインディーズ内容を整理したもの。

  • 明け方に帰宅しながら一人で宿舎に行くと言いながら流す。
  • 少しでも寝るために、 「ティッシュ」を持ち歩いてるんだ。 ティッシュで拭いたら、宿舎に帰って早く洗えるそうだ。 ナヨンのティッシュの使い方は次の通り。眉毛をティッシュで拭く。 目を溶かしてから、まつげを全部離す。 目の下と唇を全部落とす。

2017年8月4日、トースターによると、「言語の温度」という本を読んでると言ったんだって。「本は面白いのか、全部読んだのか」 ONCEの言葉に「面白い本は節約して読む」と 言った。 ほっぺたの肉が落ちたようだという。 痩せてないのに、周りから『痩せたの?』と聞かれるという。 自分は頬が痩せるのが心配なのか、 「痩せた気がする」というONCEの言葉で 大変なことになったって。 スケジュールの度にあれこれと気遣うが、辛いものが食べたくなる度に食べるために辛いお菓子(ベント')するという。

  • ノートパソコンもスケジュールごとにチェックするが、理由は「芸能」と「日本ドラマ」にはまっているからだという。 特に「ハートシグナル」にはまったという。

いつも持ち歩いている「フィルムカメラ」が自分の宝物第1号だという。 日本でメンバーたちがきれいな写真を たくさん撮ったと、Twitterに 後でアップするって。

  • メーキャップする前まで眼鏡をかけるそうだ。 メガネケースはピカチュウケースだ。 ケースの中にレンズも入っているという。

少し胃もたれする方なので、消化剤のような薬をスケジュール·バッグに入れる。 待ち時間が多いスケジュールや、遠くに行く時は 何が必要か分からないから、 あれこれ持ち歩いているという。

  • 普段はカバンなしで小銭入れ一つだけ持ち歩いているという。 財布には「カード、口紅、風邪薬、その他のピーク」などがある。 「お金」と「唇を塗ること」さえあれば十分だという。
  • 最近ギターを習っているそうだ。 まだギターがないのに、会社に行くたびに会社にあるギターで練習をするそうだ。 ギターは昔からすごく習いたかったけど、時間がなくて機会がなかったそうだ。 それで今度休む時に、必ずギターを習わせてくれとマネージャーに詰め寄ったという。 始めて間もなく、今はコードの練習をしているという。 ギターを買おうか悩んで、 ギターの写真がスマホに多いそうだ。
  • 相変わらずジムに通っているという。 ヘルスを頑張ったが、最近は忙しくて行けなかったそうだ。 それで今週中に行かなければならないという。

日本の「ドン·キホーテ」で買った使い捨てフィルムカメラが 本当に可愛いと思うって。 特異な「使い捨てフィルムカメラ」を探すのが好きだという。 最近、爪と爪のネイルを変えた。 足の爪には「月」が描かれている。 日本での「ハイタッチ会」が面白かったという。 時間があっという間に過ぎていったという。 今度は日本語をもっと練習して日本のONCEと少しでも対話をしてみるという。 今は日本語で話せる言葉があまりないそうだ。 相変わらず携帯電話にプレビューを保存している。 ツウィのプレビューがとてもきれいで、 ツウィに送ってあげたそうだ。 スマホに「本人のホンバプ認証写真」と「キャプチャーした外国のきれいな人の写真」があり、ぼのぼのの写真が多いという。 そして自撮りとカメラ写真が 本当に多いという。 スマホに同じアイドルのRed Velvetの写真があるという。 とてもきれいだったので、 キャプチャーをしたそうだ。 そしてRed Velvetのイェリが自分に送ってくれた セルカもきれいだったので保存したそうだ。 急に金髪にしたくて、昔金髪にした写真をキャプチャーして友達に送ろうと、NAVERで「ナヨン金髪」と検索して 2015年のママの時の写真をいくつかキャプチャーしたそうだ。 TWICEが「配達アプリVVIP」であることを認証した。最近も出前をとって食べているという。 ガールフレンドのリーダーであるソウォンの「ソジョン」(本名:キム·ソジョン)と表現することから、彼らの友情が厚いことが分かる。 「ソジョン、見てる? 活動頑張ってね~」と。 また、Red Velvetのイェリも「イェリム」(本名:キム·イェリム)と呼んだ。

  • 以下は2017年8月23日のvアプリCh+チャットで話したことをまとめたもの。

このごろネタバレができなくて口にとげが生えるそうだ。 そして本人が「スポナボン」と言う。 「団結してこそ浮かぶ」ベトナム編の撮影の間、よく隠していたため、顔が日焼けしなかったという。 「メイクV」はダメだそうだ。 本人の短所をカバーするものが全部見えなくてはならないという。 「クレンジングV」もできるという。 すでにすっぴんで写っているのだから、できないことはないという。

  • ベトナム編の撮影を終えて帰国した8月20日。 ナヨンに荷物が全部集まっている写真が仁川空港ゲートで撮られたが、賭けに負けてそうなったという。

チャットをしながらスケジュールを見たが、本人の誕生日の時に練習をするという。 忙しくなりそうだという。 金浦空港に行く時、寒くて起毛のフードを着たが、それでも寒かったという。

  • 秋が一番好きという。