チェヨン
채영
チェヨン.jpg
チェヨンのプロフィール
基本情報
本名 ソンチェヨン(孫彩瑛、Son Chaeyoung)
誕生日 1999年4月23日
年齢 22歳
出身地 ソウル特別市江東区
国籍 韓国
ジャンル K-POP
ポジション メインラッパー
活動期間 2015年
デビューアルバム THE STORY BEGINS
家族 両親、弟(2000年生まれ)
身長 / 体重 159 cm / kg
血液型 B型
事務所 JYPエンターテインメント
所属グループ TWICE
関連活動 SIXTEEN
あだ名 チェン、赤ちゃん猛獣、いちご姫、ソン画伯など




1 概要[編集 | ソースを編集]

JYPエンターテインメントから2015年10月20日デビューした9人組ガールズグループTWICEのメンバー。

キャッチフレーズは「ちびっ子ラッパー」で、名前にふさわしくメインラッパーを担当している。 象徴色は#e62722。舞台ではスウェグあふれる格好をしているが、ステージの外では明るい末っ子ではつらつとしたTWICEのラッパーである。

2 デビュー前[編集 | ソースを編集]

小学6年生だった2011年からダンス教室に通いながらダンスを学び、2012年にJYPからオーディションの提案を受け、1次審査に合格した後、2次オーディションに最終合格し、6月6日から練習生生活を始めることになった。 その後、約3年間の練習生生活を経て、2015年にSIXTEENに参加する。

2.1 SIXTEEN[編集 | ソースを編集]

SIXTEENでは舞台を除いて1~3話の分量を合わせたところ3分という分量が出るほど特に放送分量が少なかった。 最初は3回連続メジャー入りした唯一のメンバーだったが、3回目のミッションだった1:1バトルで練習生10年目のジヒョに惜しくも敗れ、マイナーになることになった。これである程度のファン層を確保した状態。 そして、未公開映像では分量がはるかに多くなった。

個人ミッションではパク·ジニョンの『HONEY』を選曲し、自分の才能と才気に満ちたラップで満たす鋭さを見せてくれた。第4回ミッションではジウォン、モモとチームを組んでチェ·ジモを結成し印象深い舞台を見せたが投票結果が相対的に押されて衝撃の2連敗を喫しモモが脱落する不祥事が発生した。その後、第5次ミッションの人性評価でメジャー7人に入り、第6次ミッションゲリラコンサートでは確実に役割を果たし、SIXTEEN全体でチームが1位を占め、ファイナルミッションではラップパートでチームをハードキャリーし、メインラッパーとしての価値を確実に見せてくれた。その結果、最後までメジャーに残る威厳を示し、TWICEでデビューするメジャー7人に入った。ラップトレーナーが実質的なメインラッパーだと言ったメンバーなので、デビューする可能性が高かったメンバー。TOP圏ではないが、着実にメジャーを維持し、比較的余裕を持って選ばれた。

3 ポジション[編集 | ソースを編集]

3.1 メインラッパー[編集 | ソースを編集]

SIXTEENでは唯一の専門ラッパーであり、デビュー以降はチーム内のメインラッパーを務めており、所属事務所ではダヒョンよりもラッパーとして最も多くのプッシュを受けている。 ただTWICEの現在までの歌がそんなにラップの比重が大きくないため、比重が残念だという意見もある。 しかしTWICE TV episode 3で言うには最初からラップをしたわけではないという。 JYPに入ってから月末評価グループミッションで ラップをするようになってから自分にもっと合っていると思って 続けるようになったという。 3分20秒シックスティーンの時に明らかになったことによると、JYPラップの先生はスルジェイ、スルジェイ先生と呼ぶ。

現在までTWICEコンセプトが可愛くて受け身の女性の心を盛り込んだコンセプトだが、小柄でうまく消化しているものの、SIXTEENでは正反対のコンセプトで勝負してきたという点を見ると、TWICEの年齢があがることに伴いコンセプトが変化する時、ガールクラッシュのジョンヨンとパワフルなダンスのモモと一緒に最も得をするメンバーの一人。 そして2018KBS歌謡大祝祭スペシャルステージからヒップホップステージへ ガールクラッシュ大爆発。

作詞家としては他のメンバーよりもっと自分の領域を構築している。 「CHEER UP」アルバムでは収録曲「大切な愛」のラップパートを作詞し、「SIGNAL」アルバムではジヒョと一緒に「EYE EYE EYES」を、そして正規アルバムである「twicetagram」ではダヒョンと一緒に「MISSING U そして頑張って(DON'T GIVE UP)」を作詞した。 SIXTEENから今までいろんな舞台で自作ラップで舞台を飾っている。 普通ラッパーたちがある程度時間が経てばタイトル曲や収録曲にラップパートだけは自分が自ら書くという点を考えると、チェヨンはこちらの部面でも充分に発展する可能性がある。 本人が好んで自信を持っているので、さらに期待できる。

5枚目のミニアルバム「What is Love?」の収録曲「SWEET TALKER」をジョンヨンと共に作詞し、パートを配分した。

6枚目のミニアルバムYES or YESのアルバムでは収録曲'Young&Wild'を作詞して6番目の作詞をした。

7枚目のミニアルバムFANCY YOUのアルバムではいちご姫というニックネームにふさわしく、'STRAWBERRY'という曲を作詞した。

日本正規2集&TWICEのアルバムでは収録曲'How u doin'に 8番目の作詞そして最初のジャクゴクルルした!

9枚目のミニアルバムMORE&MOREのアルバムではチョンとともに'SWEET SUMMER DAY'という曲で9番目の作詞をした。

3.2 ボーカル、ダンス[編集 | ソースを編集]

JYPにラップで入ったわけではないが、SIXTEEN時代から続いてきたラッパーポジションをそのまま維持している。 そのためか主要ポジションはラッパーだが、タイトル曲の他に他のアルバム収録曲ではボーカルパートもたびたび担当しており、ラップを担当しているメンバーにしては良いボーカル実力を持っている。 たまにファンサイン会やVアプリで歌のカバーを見せてくれる。VアプリでMelody Projectを通じてAloneという歌を歌ったが、ラッパーにしてはかなり良いボーカルを見せてくれる。 高音もその気になれば可能性がなさそうなのが2枚目のアルバムであるTouchdownでもパワフルにリリースする部分があるからだ。

単位のメインラッパーの部分で説明されたようにボーカルの分量が相対的に少ない方。だがラッパーであるため分量が少ない点、そしてチームの歌の雰囲気の特性からラッピング自体が多くないことは仕方なく勘案しなければならない面だ。

ところが、今回のFeel specialの場合、ラップパートが一つもなく、甚だしくは固有ナヨンの法則を破った「意外な人物」として注目されているが、甚だしくは「歌を上手に歌った」という好評まで殺到している。 さらに、健康上の問題で音楽番組活動をしていないミナのパートまでうまくこなしており、TWICEの代表的なオールラウンダーポジションとして注目されているところだ。

ダンスの実力も良い方だが、SIXTEEN時代にパク·ジニョンがチェヨンのダンスを褒めたことがある。 この舞台を見て、パクジニョンは「ハニーの下降する感じは表現しにくい部分だが、チェヨンがこれをよく生かした」と好評した。 ラッパーであるにもかかわらず、ボーカルもダンスもこれといった落ち度ではなく、ある程度こなすのが特徴。2017年末のステージでLikeyのパートチェンジの際、メインダンサーモモのパートを任されてもうまく消化した。

3.3 ビジュアル[編集 | ソースを編集]

そうそうたるビジュアルメンバーのため、注目されることはないが、TWICEのビジュアルメンバーの一人だ。 SIXTEEN時代のビジュアルメンバーが人々の間で「サチェツナミ」「ツナミサチェ」と呼ばれたこともあるが、その中の1人だった。

目鼻立ちが特徴。 大きくて丸い目と口を大きく開けてにっこり笑う点で、シンバによく似ている。 ニックネームが「赤ちゃん猛獣」なほどだ。

TWICE内でヘアスタイルを頻繁に変えるメンバーの一人である。 ボブと長髪はよく似合っており、特にファンに挙げられるダンナの時のみかん色の髪は可愛さをアピールして「みかんチェン」というニックネームを作り出した。

目と唇に対する称賛も多く見られる。 ナヨンは目が横に狭くて丸い目だからアイラインを長く抜くことができて羨ましいと言う。 ナヨンとジョンヨンが言うには、 化粧しやすい顔だって。 唇の右下にチャームポイントのほくろがあり、ファンの間ではチェヨンジョムと呼ばれる。

体つきがいい方だ。頭が小さく、手足が長く、何より肩のラインがきれいに両サイドによく伸びているが、他のメンバーも肩がきれいで服のフィット感がいいとうらやましがったという。 このような肩のためか、きれいな肩のアイドルによく登場する。

3.4 TWICEのメンバーとして[編集 | ソースを編集]

ナヨンと一緒にソウル特別市江東区(カンドング)出身で、ファンはこの2人を「江東ズ」と呼ぶ。 そして、本人たちも自分たちが「カンドンズ」と呼ばれる事実を知っており、自分たちもそう呼んでいる。

またギャグコードが合うジョンヨンと一緒にノジェム兄弟を結成してノジェム弟になりノジェム兄と呼ばれるジョンヨンとよく一緒にいる。 また、ノジェム兄と共にヨドクモル(女性ファンが多い)のメンバーだ。 ジョンヨンがショートカットにふわふわした体型でボーイッシュなスタイルで女性ファンが多いとしたら、チェヨンは小さくて可愛らしいスタイルでヨドクたちが妹に接するようなスタイル。 普段とは違って舞台では真剣でカリスマ性があるのがギャップ萌えでもある。 ミナと一緒に「ミチェン」と呼ばれる。 細やかなミナが特にチェヨンを大事にして、くっついていようとする姿をよく見せている。

一緒に部屋を使う1998、1999年生まれのダヒョン、ツウィと一緒に末っ子ラインを形成している。 チームで一番高い身長と成熟した顔のせいで、末っ子には見えないツウィの代わりに実質的な末っ子のポジションを占めており、そのためかお姉さんたちによくくっついたり抱かれたりする姿を見せる。給食団の中でもダヒョンとツウィの2人とも良いコンビネーションを見せるが、ダヒョンとはラッパーライン、小柄な体、そしてからかいの主な対象として似ている点が多く、トゥブチェンで構成される。特に最近、ダヒョンがチェヨンに対する愛情を露骨に表している。 チェヨンを見て、かわいいと思うのはもちろん、ポケットに入れて持ち歩きたいと言うほどだ。 そしてチェヨンの「十二分十二分」のGIFを携帯に保存している。 ナヨンの個人Vに出た時も、これに触れてチェヨンにやらせた。 ダヒョンがとても気に入っているようだ。 実際、ダヒョンとチェヨンは同年代であり、練習生時代から最も親密な関係だったのでデビュー後、TWICE9人構成の中の様々な魅力を探す中で、むしろそういう自然な関係がよく見えなかっただけであって、ダヒョンとチェヨンのマンションで「そう、このお姉さん、以前~」「練習生の時、チェヨンが~」「私たちいつも練習室でこうしてました」など、お互いに対する合いの手を見れば、ずっとそういう関係だった可能性が高い。 ツウィとは99年生まれの末っ子ラインでチェツを構成するが、元気はつらつで可愛らしいチェヨンとシックで成熟したツウィの特徴が二極化される。 チェヨンはチームで一番身長が低くであり、ツウィは最長身であるため、さらに注目されることも。

最近になって、サナがチェヨンに対する愛情をいっぱい表している。 TWICE TVシーズン5のスイス編で、サプリン·チャプリンと2人が一緒にいる姿が見える。そしてこの前、サナがチェヨンにルームメートをしようと言ったそうだ。 そしてモモとも良い相性を見せてくれる。V LIVEで脈絡のない放送を標榜したモチェンTVを始め、ONCEを楽しませている。

2019年にはナヨンに続き、2番目に個人の名前をかけたチェヨンTVを発表した。 チェヨンの個人アプリだったイチゴ農場で採取したイチゴで、かき氷を作って食べるエピソードのビハインドストーリーが盛り込まれている。

4 余談[編集 | ソースを編集]

絵がとても上手い。 自分でも絵を描くのが好きなようだ。 TWICEの公式インスタグラム代表イメージが、初期はチェヨンが描いた絵だった。 直接描いたTWICEロゴミニ2集「PAGE TWO」の初期発売分は、チェヨンが直接描いた絵がアルバムスリーブに採用された。 あるファンが、「アイドルにならなかったら、何をしていたと思うか」と質問すると、「美術大学生になってキャンパスを歩いていただろう」と答えたという。 スランプに陥った時、美術をしようかと真剣に悩んだことがあるという。

ツウィと同じように年に比べて成熟した方だ。 SIXTEENの最終話でもお姉さんたちが皆泣いていた時、末っ子ライン(チェヨン、ツウィ)だけ泣かなかったほど大人っぽかったが、デビューしてからはヘアースタイルを変え、末っ子らしく愛嬌を振りまく姿を見せ可愛さをアピールする。実は成熟さと可愛さが妙に共存する人物だ。

実際、泣き虫とは正反対のメンバーだ。 SIXTEENの最後の放送でも、少し涙を見せただけで、ほとんど泣かず、活動後も、よく泣く姉たちとは違って、むしろ泣く姉をなだめる末っ子の役割をしっかり果たしている。

無表情の時に大人っぽく見えるため、ジヒョの友達がチェヨンの写真を見て「このお姉さんは何歳?」と聞いたことがあるという。幼い年齢で社会生活を始めお金を儲けたので、学校の友達とトッポッキを食べに行けば、主にチェヨンがおごったそうだ。

実はシックに見える印象とは違い、会話の時の発音が少し漏れ、話し方も非常に幼く可愛らしい喋り方をする。 舞台では正確に発音することとは裏腹に、一般の会話では口当たりのいい話し方だ。 また、笑う時に鼻面をしかめる癖がある。

個人技で見せるものがいくつかあるが、アヒルのモノマネとキム·イェリムの「all right」の歌唱、そして窓を磨く音のモノマネをする。2020年ドラマ「夫婦の世界」が放映されてからは、ヨ·ダギョンの表情真似を新しい個人技としている。

ジャスティン·ビーバーのファンだ。 デビューする前からずっと彼の音楽を聞いていた。 愛唱歌はテヨンの「もしも」。 ただ、もし歌ってほしいという要請が激しくなると「友達とカラオケでただ趣味で歌う曲の中で記憶に残っている曲を答えただけだ」と困惑した様子だった。 以後、要請があるたびに時々歌ったりもする。

走りが得意なので、かつてはTWICE公認のスプリンターだった。 短距離に強く、リレーでは主にスターターを務めた。 ただ、他の陸上のライバルが強すぎて陸上のメダルはなく、ビニのように小柄なため、体格が大きいユジュなどに比べて推進力が劣る。 リレーではチェヨンが孤軍奮闘するが、残りの走者たちがチェヨンを助けてくれない。そこに決勝戦でユジュを倒したルイなどのライバルが急浮上した上、アユクデでTWICEは現在まで通算メダルが3個(金1、銀2)だけなのでメダルとは縁が薄い。2018年からTWICEがアーチェリーに出場しているが、ナヨンの代打で初めて弓を握った2018秋夕(チュソク 추석旧暦8月15日)から陸上からアーチェリーに転向した。 そして、金メダルではないが、本人が参加した種目で初めてメダルを獲得した。

同級生によると、中学時代のあだ名は「チジョンチェ」。 スカートがまっすぐチェヨンの略語だそうだ。

じゃんけんをすると、ほとんどチョキを出す。 そこで作られた言葉が「チェントチ」。中学校の同級生の情報提供でファンが確認した結果、 メンバー同士でじゃんけんする時、3~4回ずつチョキを連続で出す場面があった。 そしてチョキの次に主にグーを出して負ける場合がある。

本人が自ら明らかにした身長は158センチだ。

2016年2月28日に放送されたリアル入隊プロジェクト「本物の男」でダヒョンの身体検査の結果、ダヒョンの背が158.8cmであり、チェヨンの背は迷宮入りになった。 しかし、3月8日に放送された『ウサセン』で身長が159cmであることが証明された。 実際、朝早く測定をすれば、夜中に広がった脊椎の影響で背がやや高くなる影響もあり、軍隊で測定したダヒョンが本人の背より低く測定されたものと考えればいい。

「一日だけこのメンバーで暮らさなければならないなら誰として生きたいか」という質問にジョンヨンを選んだ。 自分が背が低くてジョンヨンの背で生きてみたいしショートカットもしてみたいと言った。 ジョンヨンがシャワーする時に見たら、 髪を早く洗うから羨ましいという。

オンラインコミュニティの掲示板に掲載されたファンサイン会のリビューを通じて爆発的な反応を得たが、あるお姉さんのファンが投げた「チェヨン、きれいだったらみんなお姉さんだって」という言葉に「じゃあお姉さんがずっとお姉さんでいてください」と答えたというエピソードだ。

メンバーたちと集まっている時、ナヨンと共に笑い声が一番弾けてよく聞こえるメンバー。 よく笑うおかげで、メンバー同士が集まっている時、雰囲気をアップさせるのに一役買う。 体調が良くない時や憂鬱な時は「フ!ハ!ホ!」と気合を入れるという。

  1. チェンミュージック関連の話で、TWICEの公式インスタグラムに、#チェンミュージックとしておすすめの音楽を不定期連載(?)している。

SIXTEEN当時、ミルクステーションのスペシャルDJをしながら、チェンミュージックが始まったことが、後になって見つかった。 ミナ、ジヒョ、モモが選んだ私が男なら 付き合いたいメンバーに選ばれた。 ミナはSIXTEENの時からチェヨンが自分が男なら付き合いたい女性だと選んだ。 その後15年のファンサイン会の時、モモ、ジヒョもチェヨンを選んだ。

一部ファンの髪を伸ばしてほしいという要求を見たのか、2016年1月1日、ファンズを通じて新年の希望で髪を伸ばすと宣言した。 そして4週間後、V LIVEの個人放送で ロングヘアを披露した。ちなみに本当にロングヘアだそうだ。

2016年6月19日、水原(スウォン)のファンサイン会で、あるファンからの質問に対し、小学校1年生の時まで光州で育ったという。

ガールズグループの宇宙少女のヨルムとは、小学校時代からの友達だという。宇宙少女のリアリティー放送でヨルムが隣の控え室にいるチェヨンを訪ねてきて、リアリティー撮影に対するアドバイスを受けたりもする。

BLACKPINKのロゼとは苗字が異なるが、名前が同じだ。それに血液型も二人ともB型だ 実際、チェヨンはロゼと親しいという。

SIXTEEN時代にはソミと共にBJコマンダージコにインタビューしたことがある。

2016年7月3日のフォトカードイベントでカロスキルにナヨンと一緒に買い物に行った時、カチューシャ販売する人から外国人と誤解されたという。

2016年7月3日のフォトカードイベントでONCEたちに直接書いた手紙を読んだ。 2016年8月7日、JYP NATIONコンサートでWorkを通じて本人が作詞したラップステージを披露した。

2016年10月3日、大峙2洞にある江南区民会館でチェヨン写真展が開催された。 チェヨンのクオリティの高い写真が展示され、額縁も販売された。 開場前からONCEの長い行列ができ、早くも記念チケットなどが売り切れるなど盛況のうちに行われた。 ツイッター上で日本のファンがチェヨンの写真をアップする時に使うタグは「ハート泥棒ソンチェヨン」だ。

ELLE2016年12月号のインタビューによると、ピアノ、ギターを習いたいし、アルバムにも自作曲を収録してみたいと話した。

趣味や活動が多いメンバーだ。 音楽鑑賞、絵を描く、歌詞を書く、ショッピング、映画鑑賞、ドラマを見る、本を読む、詩集を読む、詩を書く、ネイル、携帯ケースを変える、ピアノを学ぶ、作曲など。

ドラマ『トッケビ』を境に、理想のタイプが『ジャスティン·ビーバー』と『コンユ』に分けられる。

KNOCK KNOCKのファンサイン会の口コミによると、普段から服に関心があるという。

ペク·ジョンウォンの「3大天王」で明らかになったところでは意外にも味の好みがおじさんぽいという。代表的なおやじ料理10種類の中でユムシ、天葉など7つをクリアした。 残りの3種類の魚の目玉、バッタ、カエルの後ろ足も食べる機会がなかっただけで、全く拒否感がないような態度を見せることも。逆にダヒョンはスンデ一つだけが可能だとして「小学生の舌」だという。

2017年5月18日から歯の矯正を始め、八重歯が好きだったONCEは残念がっていた。

170501チャットで明かしたこと:自分の流行語として「大丈夫なんだけど?」を挙げた。そして暑いときはスイカのような果物を食べるという。また 髪を伸ばし、髪を伸ばせば年をしっかり取る」と話した。味噌汁が超おいしいという。

水泳が上手だそうだ。 ジョンヨンはチェヨンが幼い時水泳をして、今のような肩幅を持つようになったという。

ナヨン、ミナ、ツウィが一緒に行った タメ口タイムに後で現れ 「夜ご飯食べよう~」から始まってジヒョが タメ口タイム中だと言うと「そうですか? 座って!」と言ったり、ジョンヨンが「チェヨン、バナナちょっと」と言ったりすると「チェヨン~?チェヨン~あ~?」とかわいい姿を見せたりもした。

「KNOCK KNOCK」から「SIGNAL」活動期のチェヨンのショートカットは所属事務所で決定したのではなく、自分自身でしたことだ。

クリスティン·スチュアートにはまってイコールズで見せたショートカットを真似したもの。 パクジニョンは突然髪を切って現れたチェヨンを見て驚いたが、似合わないわけでもないし、きれいだったので何も言えなかったという。 その代わり、「次からは前もって言ってから切りなさい」と言ったという。

「SIGNAL」のファンサイン会で明らかにしたが、一番好きな歌は「Breezy-Wouter Hamel」で、最近最も印象的だった映画は「イコールズ」だという。

「魔女の宅急便」のキキに似ているとたくさん言われたそうだ。

舌を磨く時の音が大きい方だという。 ダヒョンは、チェヨンの舌を拭きながら出す大声で 宿舎におじさんが侵入したと思って 恐怖に怯えてトイレのドアを開けてみたら、犯人はチェヨン···。 他のメンバーの間でも有名なようだ。

以下はViViインタビュー内容。

日本の女性芸能人が好きなので、バラエティーに出て公演するのが日本活動の時の夢だという。 「一日だけ違うメンバーになったら、誰?」という質問に、ジョンヨンを挙げた。 理由は、背の高い人のファッションで歩き回りたいからだという。 好きな食べ物に'寿司'をあげた。特に炙りサーモンがいいという。 好きな言葉として「自然さ」を挙げた。 仕事なども、自然に取り組んだときにいい結果が出るからだという。 最近はまっていることに「フィルムカメラ」を挙げた。 写真の柔らかい感じがかっこよくて購入したという。 休日は、海を見ながらのびのびと時間を過ごしたいと明かした。 おすすめの韓国の名所として「三清洞」を挙げた。 理由は、「韓屋(ハノク)」という伝統家屋のお店があるから。 ミナによると、自分だけの独特の世界観を持っているのがチェヨンの魅力だという。 しっかりした自分だけのスタイルがあるから、いつも周りに流されないという。 ツウィによると、普段はクールな性格だが時々ものすごく可愛い愛嬌を見せてくれるという。 このようなギャップが、チェヨンの魅力だという。 同じ1999年生まれの末っ子ラインで、宿舎では同じ部屋なのでとても仲が良いという。

オリコンニュースとのインタビューで「TT」がTWICEのタイトル曲の中で一番好きだと明かした。

以下モデルプレスインタビューより 髪を伸ばすのができず、我慢できなくて悩んでいるそうだ。 幼い頃もいつもショートスタイルで、今まで一度も自分のヘアスタイルでロングヘアをしたことがないという。 現在、一生懸伸ばしてみようという考えがあるという。 「おやつはなるべく食べないで、きちんと食事をしようと思う」と伝えた。 夢を叶える秘訣:学生時代でも練習生時代でも、いつも自分に与えられた仕事とやるべきことについて、要領を得ないで最善を尽くして完璧にやりたいという思いでそれに臨んだという。 例として宿題をするときでさえ、宿題をする時さえコツをつかむと、他のこともまともにできないと言う。 結論的に, 最善をつくして熱心にすることが重要だと言う。そして、もしそうすれば、誰かが認めてくれるだろうし、それによって自分に機会が与えられると話した。

ナヨンの個人Vで自分の悩みを話したが、モデルプレスインタビュー時のように'髪を伸ばせない'という話だった。

以下は2016年、Ceci6月号のインタビュー内容。 辛いことがあっても話さない無愛想な性格だそうだ。 チェヨンの話について、 他のメンバーが「うん? 「どういうこと?」という反応を見せると、サナは一人で理解するという。だから「やっぱり同じB型なんだ」と思うそうだ。 モモ、ナヨン、ツウィによると、チェヨンは愛嬌が多いという。

サナによると、よく一人で歌いながら踊るそうだ。そして、スイスに行った時「ピカソ展示会」に行ったのだが、お互い似たような世界観を持っているようだと思ったという。 ジヒョによると、チェヨンは自分の誕生日が近づくと、「もうすぐだよ、もうすぐだよ」とアピールするという。 寝る前に腹筋運動をするそうだ。 練習生時代からずっとやってきたことだという。 普段化粧をする時、基本的にアイメイクはしないそうだ。代わりに、濃いリップでポイントをつけるという。 今一番欲しいのはノートパソコンだそうだ。

ライカ·ミニルックスというカチカチのフィルムカメラを持ち歩いている。 170823 金浦空港を出国する際、'マックブックプロケース'を持ち歩いた。最近、MacBookの番組を購入したものと見られる。 以前、日本の雑誌とのインタビューで、今一番欲しいのはノートパソコンだと言ったが、実際に買ったようだ。

本人が化粧する時、リップグロスは塗らないという。

教えるTWICEでは、おすすめの韓国料理に「カンジャンケジャン」を挙げた。

以下はNon-no17年12月号のインタビュー内容。 自分のチャームポイントとして『えくぼ』を挙げた。 微笑む程度では見えないので、自分にえくぼがあることを知らない方が多いという。

最近、"MLBBリブ"にはまっているという。 実際の唇の色に似た「ドライローズ」のような暗いカラーの離立を、あるインスタグラマーの紹介で知ったという。 最近、韓国で人気があるそうだ。 本人は光沢のあるものよりマットなものを好んで使っているという。 化粧の際、唇に重点を置くという。 普段からアイメイクはそっとして、口の周りにポイントが置けるよう化粧することが多いという。 肌のために「インナーケア」をしているという。 食事の時は野菜をたくさん食べるという。 そして時々デトックスジュースを飲む時もあるという。 おやつや脂っこいものは避ける方だという。

ワンピースが好きで、クローゼットにさまざまなパターンやスタイルのワンピースがあるという。 ビンテージスタイルのワンピースが一着あって、これが一番気に入っているそうだ。 秋には、このワンピースにトレンチコートを羽織りたいという。[132] 今年はいつものベージュではなく、他のきれいな色に挑戦したいという。 おしゃれなメンバーに「ミナ」が選ばれた。 外見と行動が女性らしい"ミナ"だが、"ストリットファッション"を好んで着ているという。 "ミナ"が消化しにくいような男性らしいアイテムを自分だけのスタイルでコーディネートするのを見て、チェヨンはすごいと感じたという。

現在まで日本活動の中で、最も記憶に残るのは"ミュージックステーション"に出演したことだという。 日本のアーティストの舞台を目の前で見ることができ、全てが新鮮で楽しかったという。 そしてカメラがあちこちで動くのが不思議だったという。 いつか日本の音楽番組にまた出ることができたらと思う。 日本での楽しみの一つに「ショッピング」を挙げた。 可愛いキャラクターグッズが多くて、以前"シンプソン"の携帯ケースと"トイストーリー"グッズを買ったそうだ。 メンバーと一緒にショッピングしたいという。 「メロンパン」が大好きだそうだ。 サナによると、TWICEで最も個性的な服を着るメンバーは"チェヨン"だという。

以下はCanCam17年12月号のインタビュー内容。

自分の性格を一言で表現すると、「ポジティブな性格」という。 「大丈夫」が本人の口癖だが、緊張したときにも「まっすぐやれば大丈夫」と考えるタイプだという。 好きな食べ物は"アナゴ寿司"という。 憧れの女性は「愛嬌があり、優しく、仕事に最善を尽くす人」という。 ビンテージらしいアイテムが好きで、ブラウンやグレーを普段から着ることが多いという。 薄いダークグリーンの「羽織」を最近買ったそうだ。 おすすめの韓国のショッピングスポットは「三清洞」と「仁寺洞」だった。 かわいい店がたくさんあるそうだ。 最近は「延南洞」もいいという。 「One More Time」MVで「ボクシングシーン中に戦うシーン」を撮るとき、動作をアドリブにしたという。 とても面白かったという。 ツウィによると、ツウィと一緒に「惑星脱出:種の戦争」を見たという。 モモによると、チェヨンは旧制やレトロスタイルの服が多くて個性的だという。

以下はan·an magazineのインタビュー内容。

幸運のお守りのように親からもらった指輪をずっとはめるという。 この指輪が悪い気運を防いでくれると思うという。 コンサートがとても面白かったという。 準備は大変だったが、舞台に上がった瞬間、とても幸せになったという。 その感動をもう一度感じたいという。 そして、様々な国に行ってパフォーマンスをお見せしたいし、後で本人たちが企画してやったら面白そうだと言う。 いつか挑戦したいのは「バンジージャンプ」と「スカイダイビング」だそうだ。 落ちる時にどんな感じなのか想像するだけでわくわくするという。 チョンさんと一緒にプレーしたいという。

TWICEのCM撮影時にいたあるスタッフによると、メンバーの中で意外にもチェヨンの人見知りが激しかったという。

以下は2018年SEVENTEN3月号インタビューの内容。 本人はメンバーと会話していると思っていたが、メンバーから"?"のようなリアクションが来ることが多いという。 仕事が遅く終わって翌日の朝早く出かける時も、家族のいる家に立ち寄るという。 ラップが上手になるために本を読むそうだ。 本はライムを合わせるセンスに役立つという。 寝る時、ボタン付きの普通のパジャマを着るか、大きなTシャツ1枚だけ着るという。 化粧の状態や外で着たまま、ベッドに横になることを嫌がるという。 昔から背が低いのがコンプレックスだという ところでジョンヨンが「比率がいいから、背が低いことは気にしなくてもいいよ」と言ってくれたことがあるが、この言葉を聞いて感動したという。 少し灰色がかった白色に染めてみたいという。 金髪にしたいけど、本人と合わないのでダメだという。 手を顔に付けないために、化粧水をするときはコットンを使っているという。 それで家に帰ると、化粧を落として楽な服装に着替えるという。 TWICEの歌の中で「私を見つめて」が一番好きだそうだ。 メンバーたちによると、チェヨンは最もゆったりとしたメンバーだという。 出発時間に遅れてもゆっくり準備するという。

以下は2018年NYLON3月号インタビューの内容だ。 特別な日には主にワンピースを着て出かける時、主に気を使って選ぶのがイヤリングだという。番組に出演する時もこれを最も重視し、イヤリングを熱心に選ぶという。花形のイヤリングや、大きくてカラフルなものが好きだという。

活動終了後、アイメイクが濃くなり始めた。 特にTWICE LAND ZONE 2: Fantasy Park当時のアイメイクが際立って濃く、ステージに立った。 これを見たファンは好き嫌いが少し分かれたが、「チェヨンにラッパーのカリスマができた」と言うファンもいれば、「チェヨン特有の可愛さがなくなったようで残念だ」と言うファンもいた。

コンサート以後、スペシャル2枚目のアルバム「DanceTheNightAway」のPV撮影の頃から、髪の色をみかん色に変え、おかしくなりそうな可愛さを活動期に見せている。 上述のようにカリスマのある姿で、可愛い印象を卒業したかと思いきや、1ヵ月ぶりに超特急の可愛さに戻って、ファンの心を揺さぶっている。