ツウィ
쯔위
ツウィ.jpg
ツウィのプロフィール
基本情報
本名 チョウ・ツウィ(周子瑜 、Chou Tzuyu)
誕生日 1999年6月14日
年齢 22歳
出身地 台南市
国籍 台湾
学歴

台南市復興中学校 漢城華僑学校(中退) 台湾中学校卒業学歴検定試験[合格]

翰林芸能芸術高等学校(実用音楽科卒業)
ジャンル K-POP
ポジション メインラッパー
活動期間 2015年
デビューアルバム THE STORY BEGINS
家族 両親、兄(1992年生まれ)
身長 / 体重 170 cm / kg
血液型 A型
事務所 JYPエンターテインメント
所属グループ TWICE
関連活動 SIXTEEN
あだ名 ヨーダ、ジュヒ、自由、サリー(Sally)、無欠点最強比率、チョコレート、キロクジ末っ子、ツツ、ツツ、台湾紙光、台湾の奇跡など




1 概要[編集 | ソースを編集]

JYPエンターテインメントから2015年10月20日デビューした9人組ガールズグループTWICEのメンバー。

キャッチフレーズはTWICEの長身の最年少メンバーであり、それにふさわしく最年少でありながらチーム内の最長身である。シンボルカラーは#2253a3。美女像のずば抜けた目鼻立ちと生まれつきの長身でグループ内ビジュアルの中心を受け持っており、舞台の外ではメンバーたちとよく遊んでよく笑う愛らしい末っ子だ。

2 デビュー前[編集 | ソースを編集]

台湾の現地報道によると、ツウィは夜市で働く両親の間に生まれ、多忙な両親の代わりに保母の祖母に育てられ、兄とともに成長したという。ここで「市場」という言葉につられて、一見韓国と同じように零細商人を思い浮かべるかもしれないが、台湾の夜市は熱帯である台湾気候の特性上、昼間は買い物が難しいため、夜に行うので、デパートに劣らないイメージを持っているところも多く、現在も観光名所だ。 したがって、夜市事業だからといって零細商人というわけではなく、両親共に夜市で働くレベルであれば、相当大規模な商人であるという証拠であるし、特にツウィの母親名義の建物もいくつかあり、幼い頃から裕福だったと考えてよいだろう。考えてみれば当然なことだが、ただ留学に行かせるわけでもなく、いつになるか分からない練習生生活だけを見て外国に行かせるということ自体が、並大抵の財力では難しいことだ。

青天白日記事件が起こった2016年1月、DCインサイドTWICEギャラリーではツウィの母親と見られる女性を含む台湾の美容整形外科広告が公開され、「ツウィは両親が美容整形外科医の金持ちの娘」という主張が持ち上がったほか、台湾現地でも同様の報道内容が放送された。 しかし、夜市で大規模事業をしていた両親が整形外科にも投資し、業種を変えたケースのようだ。 母親は投資ばかりではなく、美容整形外科事務長(台湾式では執行長)といい、父親は母親と同業しているという。 だから、ツウィは医師の娘ではなく、病院の所有主(または大株主)の娘といった方が正しい。

台湾の蘋果日報の報道によると、ツウィの家は病院3ヵ所(台中、台南、高雄)に6,000万台湾人民元(約20億ウォン)投資しているが、台湾地方都市の不動産物価が概ね低いことを勘案すれば、この程度は相当な富裕層だ。 同紙の記事で、ツウィの母親は、JYP側からツウィについて口を閉ざしてほしいと頼まれ、ツウィに関することについては言及を避け、ツウィを指す時、「ツウィ」や「私の子」ではなく「彼女」と呼んだという。 ツウィの母親が事務長を務める病院の名前は首実格所(Top Beauty Girl Plastic Clinic)だ。

ツウィの人気に後押しされ、母親の黄燕玲さんも台湾メディアでよく出演する有名人として扱われている。 6月11日、故郷の台南でカフェを開業したツウィの母親の姿を報道したが、カフェを開業する様子とカフェ内部で娘のツウィとTWICEのメンバーの写真を飾って紹介した。 ただし、TWICEデビュー後、初めて放送に出たわけではなく、TWICEデビューのずっと前から整形関連番組に出演していたことから、台湾のビューティー業界では有名だった事業家と推測される。 映像もまた、2020年のラジオスターで、ツウィは母親がスキンケアショップも経営すると明らかにした。

TWICE TVで明かしたところによると、幼い頃からダンスが好きでダンス教室に通い始め、その噂を聞いてJYPの職員が台湾まで来てスカウトしたという。しかし、週刊アイドルで本人が直接明らかにしたところによると、それはデマであり、実際にわざわざ訪ねてきたわけではないという。そして2012年11月中学1年生が終わりに近づいた時、韓国に来て練習生生活を始めた。台湾メディアが進行したツウィの母親とのインタビューによると、通っていたダンス教室の発表会映像がユーチューブにアップされたところ、JYPスカウトがその動画に出てきたツウィを見て感嘆したという。 さらに驚くべきことは、その映像ではツウィの顔がよく見えなかったということだ。そして台湾に飛んできて直接練習するのを見て動画を撮って韓国に送り、韓国の本社でOKサインが出るとすぐ練習生契約をしたという。 ダンスの実力はダンス教室の動画に目立つほどではなかったが、容姿があまりにも優れていたので、スカウトの対象になるのは当然だった。 JYPのキャスティング担当者の話によると、歌、ダンス、外貌のうち一つだけ優れていても練習生としてスカウトするという。 キャスティング担当者曰く「シルエットのおかげでコンタクトしたのに、顔はもっとすごかった」と感嘆したという。

そうそうたる外貌を持った練習生たちの中でも美貌ではすでに抜群だったようだ。 デビュー前の練習生の間でもきれいなことで有名だったと他のメンバーが明かしたことがあるが、その中でも一時ルームメイトだったジョンヨンは寝ているツウィがとてもきれいでうっとり見ていたが、ツウィが目を覚ました時、目の前のジョンヨンに驚いたことがあったとか、ジヒョは初対面で「この子は絶対にスターになる子だな」と思ったと明らかにするなど、様々な事例がある。

2.1 SIXTEEN[編集 | ソースを編集]

実力が一番成長した友達はツウィだった。 情熱を確認できる最もいい方法は「どれだけ成長したか」だ。

SIXTEEN放送中、顔や体つきが初期から話題になるほど秀でていた。しかし彼女が初めて見せた姿は、ほかの練習生に比べて実力が低いと評価されるが、第1話でスター性を見せるための特技として台湾歌手チェ·ウィリムの『美人界』(2010)をカバーしたが、それを見た審査員パク·ジニョンは「君がなぜここにいるのか分からない。」という意味に見える苦笑いを浮かべ、バイドゥのシックスティンバのような中国ウェブでも黒歴史クラスと評している。自己紹介映像で中国語でナレーションをしたが(韓国語字幕処理)、どうやらサバイバル初期の2015年序盤までは韓国語で文章を作るのも難しかったようだ。 このように歌唱力と韓国語に問題があったため、目立つ外見にもかかわらず第1話で見せた姿は「原石」程度で、序盤脱落を予想した視聴者が多かった。弱り目に祟り目で、自分の最大の長所である容姿も、審査者のパクジニョンの目にはあまり映らなかったようだ。 第2次ミッションのグラビア審査の際、パク·ジニョンがツウィのグラビアを見て「何の魅力があるのか分からない。「気に入らない様子だったが、グラビア専門家の他の2人の審査委員が称賛すると、パク·ジニョンが意見を受け入れてマイナーからメジャーに昇格したほどだ。TWICEメンバーに選ばれた練習生の中で、中間脱落者だったが復活したモモを除けば、7回にわたるミッションでメジャーに選ばれた回数が3回で最も少なかった。ちなみにツウィはSIXTEEN参加者の中で最長身だ。

しかし、回を重ねるごとに実力がすべての面で相対的に向上した。表情やジェスチャーを取ることだけに天賦の感覚があるのか、2次ミッションで写真家だったチョ·ソンヒが「あなたモデルだったの?」と聞くと、ウンソが「体から湧き出るようだ」と絶賛し、3次ミッション1:1バトルでは、プッシュキャットドールズのswayで魅力的な舞台を飾ったが、審査委員たちの称賛とともに挑戦相手だったナヨンさえもツウィの舞台を見て「どうしよう? とてもきれい」と口を開けて驚いたほどだった。このような長所が足りない歌唱力や下手な韓国語の実力などの短所を数多く補っている。 注目すべき点は3次ミッションを通じて歌手としての資質を見せなければならないダンス、歌の領域でツウィが見せてくれた1次ミッションの美人計と3次ミッションのswayとの差があまりにも大きいということだが、舞台を見てもとても熱心に準備した様子がうかがえる。 また、第4次ミッションであるチームパフォーマンス公演ミッションでアリアナグランデのProblem公演をする時のパワフルな振り付けと詐欺的な記録から湧き出るダンスラインで深い印象を残してメジャーに上がったり、第6次ミッションゲリラコンサートでmiss AのHush舞台を見た全てのシックスティンメンバーが舌を巻いて1位になるだろうと予想した。ファイナルミッションの「Truth」と「Do it again」でビジュアルセンターとしての価値を見せるなど、この姿を見ると、序盤に美貌だけで勝負していた彼女は大きな成長をした。そのためか、3話の時から投票順位が徐々に上がり、4話以降はシックスティン投票順位が2位にまで上がり、8話以降は最初から1位の座を守り抜いた。 これは最終回まで続き、ミルクアプリ投票で1位になって終了した。

SIXTEENの放送中ツウィが良くない姿を見せたのは、メジャーマイナーに関係なく1回目のミッションだったということだ。

韓国語の実力は自分の意思を正確に表現する程度だが、瞬発力が重視される芸能番組に出るほど流暢ではなかった。 TWICE TVで韓国に初めて来た時は、韓国語が全く分からなかったため、練習生たちの会話に割り込むことができず、とても苦しかったという話もした。 TWICEに参加するまで、韓国で練習生生活をして2年6ヶ月ほどで、3年目になる前にデビューしたわけだ。実際、他のメンバーによると、宿舎では韓国語をかなり話せる方だが、カメラの前では韓国語で話すことに自信がないという。しかも、最初は口数が多い方ではなく、人見知りのようだったが、時間が経つにつれて慣れ、後半になるほどいたずら心も多くなり、第9話では練習生の中で最古参のジヒョを相手に冗談まで言うほど芸能センスが増えた。 このようなショー内でのスター性の発展と投票での地道な支持、ビジュアルなどを考慮すると、無難なデビューが予想されるメンバーの一人だった。 デビューを果たすことになればTWICEのセンターとして活躍する可能性が高い。 案の定、事前内定説が浮き彫りになったシックスティンのショーケースの写真でも、本当にセンターの役割を果たした。 (1回の放送前に実施したこの記者会見に出た16人のうちサイドに立った7人の練習生たちは脱落し、うち9人がTWICEメンバーとして合格した。)

SIXTEEN初期に口数が少なく、他の練習生と上手く付き合えない様子を見せて「都市にいる冷たい女」のイメージが強かったが、単純に韓国語ができないせいで生じた誤解のようだ。これを証明するかのように、回が進むにつれ、他の練習生たちとよく交わり、年上の参加者たちとも相性がよく合う姿を見せてくれた。 それに加え、SIXTEENメンバーたちが各自の人間性を評価する5次ミッションでメジャー7人に入った。人の悪口や悪口をあまりせず、おとなしい性格のため、誠実だという評価を受けた。人間性評価でサナと一緒にメジャーに入った2人の外国人メンバーのうちの1人。最終回によると、ツウィはなじめなかったというよりは、練習生時代親しかったメンバーが よりによってSIXTEENに出なかったメンバーだったので、少しぎこちなかったことが明らかになった。しかし、最終回では年上の参加者たちと一緒にしながらたくさん親しくなって良かったと打ち明けた。

ユーチューブを見ると、台湾のファンと推定されるツウィのファンがいろんな動画にツウィを応援する文句「子猫加須」を書いているのが分かる。その上、台湾ウェブではハングルだけで書かれたミルクに入ってツウィに投票する方法を説明したビデオカメラも出回っていたという。 このような理由で、初期に下位グループにとどまっていたツウィは、回を重ねるごとに順位が上がり、最上位にまで進入した。 もちろん、自国のファンの票だけでなく、パク·ジニョンもツウィが「たくさん成長をした」と特別にコメントするほど、カメラの前で成長した姿を見せている。 マスコミでも最強の外貌のためか、取り上げられる方だ。 デビュー未定のサバイバルの最中にも、台湾のマスコミがツウィに関心を持って取材に来たこともある。

ビジュアルメンバーを必ず入れるガールズグループの特性と最近重要性が高まっている中華圏市場を考慮すれば、無難に選定されるという予想が多かったが、予想外に最終回で予定された7人内に入れなかった。 SIXTEENファンダムでは、「ツウィは安定圏で、むしろ、日本人を2人も入れるよりは、ミナかサナか2人のどちらかが犠牲になるだろう」という話が流れた。 パク·ジニョンが司会者オ·サンジンの「メジャーに昇格するメンバーは他にいますか?」という質問に対し、「いません」と言った時、観衆もざわめくほど予想外の結果ではないかと思ったが、その言葉のすぐ後にデビューが確定した7人のほかにTWICEをもう少し完璧なグループにしてくれるメンバーをさらに2人追加すると伝え、「モモと一緒に追加されたメンバー2人に入って合格させた。 選定根拠は2つ。最初に過去5ヶ月間、SIXTEENを進行し、視聴者から最も多く愛されており、2番目に実力が最も成長した参加者だった」という。 これに対しツウィは震える声で、「あぁ…このサバイバルの機会を下さって感謝し、本当に学んだことが多かったです。 これからも頑張ります。 ありがとうございます」と感想を伝えた。

1、2、3、4次ミッションでパクジニョンはそれほど高い評価をしなかったが、人柄評価でツウィがメジャーに入ると、この時からツウィに対する認識が少しずつ変わり始めたものと推定される。しかし、やはり歌唱力と比較的短い練習生経歴に対する疑心のせいか、最終回でも追加選抜しながら現在デビューが確定した年上メンバーに比べると不安な部分が多いが、SIXTEENのメンバーの中でツウィが実力面で最も成長したメンバーだったという事実に触れ、「それを信じて視聴者たちの意見を反映した」とコメントを飛ばしたことから、パクジニョンが抜擢するのにかなり否定的だったようだ。 JYPの公式説明も「モモと一緒に2人のエキストラメンバー」と明示している。 ツウィが外見ではずば抜けているが、これまでJYPの女性歌手たちを見ると、パクジニョンのお気に入りではなさそうだ。

パクジニョンがグループをプロデュースする時、特にビジュアルメンバーにはあまり関心を持たなかったというのは有名なエピソードだ。だが、同じ所属会社の先輩たちの場合だけを見ても、実際はパクジニョンが製作当時は関心を持たなかったメンバーたちがむしろグループ内のエースになったり話題を集中させた前例が多い。 デビュー当時、ツウィ一人で単独写真記事だけが大手ポータルサイトのメインクラスの記事に何度か掲載されたことがあった。確かにTWICEが今のように成功したガールズグループになる以前に新人だった頃は、ツウィが視線を集中させる魅力があったのは事実だ。

余談だが、TWICEが自分たちのファイトの時に発する「頑張ろう!」という言葉の創始者である。 ゲリラミッションをナヨンとジョンヨンと一緒に準備する過程でいきなり「頑張ろう」と言っていたが、その時ナヨンとジョンヨンが爆笑した。 ところが、これがメンバーたちの気に入ったのか、結局今も「ファイト」の掛け声として使われている。

3 ポジション[編集 | ソースを編集]

3.1 ボーカル、ダンス[編集 | ソースを編集]

明るく弾む音色の他のメンバーと比べると、女性らしく魅力的な中低音の音色を持っている。 声は他のメンバーに比べ厚いが、発声が軽いため、聞くのに全く気兼ねしないという評価を受けている。 2枚目のミニアルバムの収録曲である「大切な愛」では裏声高音ブリッジを務めたり、2枚目のタイトル曲「CHEER UP」でサナと交互に1フレーズずつ歌うのが曲のポイントとして残るが、2人のメンバーの声の対比が印象的だ。

デビューアルバムでの比重はそれほど高くなかったが、<CHEER UP>ではボーカルラインであるジヒョ、ナヨン、ジョンヨン、ミナの次にサナと均等な水準で、それなりに比重がある。 3rdミニアルバムでは、はるかに向上して安定した歌の実力と発音を見せたり、5dアルバムのタイトル曲<SIGNAL>ではサビの最初の一言を丸ごと飾った。 また正規1集twicetagramではジヒョとナヨンの次に多くのパートを占め実力が確実に上がったと評価された。 正規1集リパッケージアルバムのタイトル曲「Heart Shaker」で30秒ぐらいのパートをもらい、デビュー以来最も多くのパートをもらった。

「What is Love?」では、もう一度リフレーンに割り振られ、ボーカルの実力が上昇したことを証明した。 その後もパートが急増し、上位を占める。 デビュー当初はほぼ最下位だったことを考えると、大変な発展だ。

ただし、他のメンバーに比べて声量も小さく、それでもミナよりは大きい、不足している韓国語の実力のため、全体的なボーカルの力量や発音、表現力がボーカルラインのメンバーに比べて足りない点があるのが残念な点として挙げられる。しかし、デビュー前から最も多くの発展を見せてくれたメンバーであるだけに、努力が積もれば解決されるものと見られる。

ダンスの場合は、SIXTEENの時に見せた 「Sway」のステージと 2018年2回目の単独コンサートの時に披露した 「End of Time」のカバーステージを比較すると、 明確に分かるが、自分の長所である美しいダンスラインを利用した表現力がデビュー前とは確実に変わったことを見せてくれた。 色々と今後の発展が期待されるメンバー。

3.2 TWICEのメンバーとして[編集 | ソースを編集]

チーム内ではダヒョン、チェヨンと共に末っ子ラインを形成しており、宿舎でも同じ部屋を使っている。 特にチェヨンとは同じ末っ子ラインだが、すべてが極端に違っていろいろと良い相性を見せてくれる。チェヨンは、ツウィを外国人であると同時に、それでも数ヵ月「お姉さん」だと思っている反面、ツウィはチェヨンが可愛くて、可愛くて、守ってあげると言い出すなど、お互いに気遣っている。

ナヨン、ジョンヨン、サナ、ジヒョなど年の離れた年上メンバーたちといたずらや冗談を言う姿がよく見え、「実力者末っ子」というタイトルも持っている。 姉たちの中ではどうしても全てのアイドルグループにいるリーダーと末っ子で、ジヒョとよく付き合い、サナともよく付き合うサツを構成する。最年長のナヨンと末っ子ラインで結ばれるが、実際の末っ子はツウィだが序列はツウィが1位で、ナヨンは9位に性格までナヨンの方が末っ子らしく、本当の末っ子と偽の末っ子ギミックがある。 ミナ、モモ、サナと一緒になると、外国人ラインであるミサモツラインを構成することになり、ミナと一緒になる時は二人とも無口な性格なので、放送でのTWICEのリアル放送でなければ主に丸ごと編集の犠牲になったりする。

もちろん実力者というのは冗談だが、各種映像で見られるように、メンバーたちもツウィをとても可愛がっているのが感じられる。「実力者」と呼ばれるには、ツウィの話し方も一役買っているが、末っ子ラインのチェヨンの話し方が末っ子のような話し方であるのに対し、ツウィは韓国語が流暢な話し方の混ざった話し方をする。

3.3 大衆的イメージ:TWICEのビジュアルメンバー[編集 | ソースを編集]

大衆的にツウィはデビュー当時からガールズグループ界でビジュアルが良いと評価する人が多く、このような面が大衆に新人だった2015年末~2016年初めにはTWICEをアピールする最も効果的な手段だった。 TWICEが大成功した近年では、全メンバーの記事や写真も多く見られるようになったが、デビュー初期からミニ2集の活動中盤期まで、ポータルニュース欄の舞台記事写真はほとんどツウィが独占するほどTWICEというグループでツウィが占める割合はそれだけ高かったのに、2016年1月の青天白日旗事件当時、大衆的にいくら16歳の子供に何の過ちも犯していないという…という同情世論が形成されたとしても、現在の芸能界でツウィのイメージが主に「ビジュアル」として消費されるのは厳然たる事実だ。

しかし、TWICEメンバーのうちツウィに強い愛着を見せるファンは、ツウィに「ツムンイ」(ツウィ+ワンちゃん)と呼び、末っ子のように接する。 1999年生まれという年齢にふさわしくない、鷹揚な姿を見せるときと、1999年生まれらしくメンバーたちとふざけて頻繁に飛び出す明るく可愛い姿の二面性がひどいせいであるが、関連映像のほとんどを見るファンの立場では、このような明るく可愛い姿に接して魅力を感じる場合がもっと多いからだ。 最近では、大衆的にTWICEが出演する芸能番組の映像を見ても、ツウィの末っ子らしい可愛い姿が目立ち、創始期のツウィが放送に乗り始めた時、冷美女のような姿はなかなか出てこない。 無口な性格だが、それとなく4次元的で突拍子もない面もあり、メンバーたちが期待できないタイミングで一度ずつ大きなコメントを投げて大きな笑いを提供する。 この時、下手な韓国語がこれらのコメントと妙なシナジー効果を出すが、インパクトがある。

2018年、メンバーが選ぶ「涙もろいメンバー」の一人であり、チーム公認の泣き虫ジヒョとよく顔を出すほど、実はか弱く涙もろい末っ子だという。 涙のない「冷美女」のイメージがある時も、両親と電話する時はよく泣くと言っていたことから、公式の席では涙をこらえるか、あるいは緊張して泣かずに楽な人たちとだけいると泣いているようだ。

4 台湾での人気[編集 | ソースを編集]

「台湾之光(台湾の光)」というニックネームが示すように、K-POPが人気のある台湾では、自国民がK-POPメジャー企画会社所属でデビューすることが非常に異例のことで、ツウィのデビュー記事がポータルの主要検索語に出たり、芸能ニュースのヘッドラインを飾ったり、台湾放送にも出演したりした。 ツウィに対する台湾ファンの期待がどれほど大きいかが分かるところだ。 2016年1月、「清川百日万地紅旗」論議後には、中国官営メディアの環球時報が「中華の光」というニックネームをつけた。 年末に近い2015年10月20日にデビューしたにもかかわらず、台湾の芸能人年間検索語9位を占めるほど、大変な知名度を享受した。

たまにだが、台湾メディアではAKB48の台湾人メンバーのマ・チャリンと絡むこともある。 二人とも外国でアイドルをしているという共通点故のようだ。しかし、認知度は断然ツウィが高く、マチャリングはAKB内でも屏風レベルだ。

4.1 検定試験受験のための台湾一時帰国[編集 | ソースを編集]

2016年3月20日に台湾中卒検定試験を受けるため、前日(19日)に台湾に一時帰国した。高校は韓国で通う。韓国のメディアより先に報道され、その人気と関心が高いことが分かる。 元々は韓国の高等学校入学シーズンである3月の新学期開始に合わせて1月中に帰国して受験する予定だったが、ご存知のように1月には本人の意思とは関係なく起きた国際論争のため、マスコミの関心が集中、帰国が不可能で、やや静かになった3月に施行考査を実施したものと見られる。それで高校入学が1年遅れるところだった。しかし、5月に入学しても規定授業日数を満たすことができるため、翰林(ハンリム)芸術高校に入学することができたようだ。

3月19日、台湾に到着してボディーガードの警護を受けながらマスクをして黙々と空港を出る紫雨。距離上、高雄が今回試験を受ける故郷の台南とより近く、母国のマスコミとファンの過熱歓迎による負担を避けるにも良いと判断したようだ。

試験が終わった後、ツウィは「今日、関心を持って見守ってくださった皆さんに心から感謝いたします」(今天真的非常套大家)という短い挨拶を残してこの世を去った。 残念ながら故郷のファンと一緒に過ごした時間は1分未満だった。 台湾に滞在した時間は2日足らずの39時間程度だったという。

ツウィの元母校の福興中学校長が、試験を終えたツウィに電話をかけ、「試験の出来はよかったか」と聞き、ツウィは「よかった」と答えたという。 台湾に滞在する間はなるべく対外発言を控えたが、最近心筋梗塞で入院している黄安について記者が質問すると、「黄安おじさんが早く全快することを祈る(黄安康復)」という話をした。 ツウィ本人なのか家族(母親)の話なのかは確認されていない。

一方、ツウィの故郷である台湾の国民党所属のある市会議員は、「ツウィが検定試験を受け、税金で作った机にサインをしたのは、公共の器物の毀損だ」とし、「机のサインを消し、ツウィを台湾に呼び、罰としてボランティア活動をさせるべきだ」と述べた。しかし、サインを要請した校長先生が明らかにしたところ、試験用として使用しない机なので、何の問題もないと明らかにした。

3月30日、検定試験合格のニュースが台湾のマスコミで報じられた。ツウィ本人は、韓国で大学を含む今後の学業すべてを履修する計画だという。

4月12日、JYP側からツウィが翰林(ハンリム)芸術高校の実用音楽科に追加の入学選考を受けて合格したというニュースが伝えられた。 4月中に入学して通うことができるようになり、メンバーののダヒョン、チェヨンと同じ学校になり、特にチェヨンとは同じ学年に通うことができるようになった。

4.2 星大翔新人賞受賞[編集 | ソースを編集]

2016年4月1日、台湾の芸能授賞式である閃涼星大賞で新世代女神(新人女性芸能人)1位に輝いた。 女性参加者の中で唯一10万票を超え、投票者の書き込みでも「ツウィファイト!」が大部分を占めている。

台湾で実質的な活動を全く行っていないことを考えると異例の人気と言える。 韓国の場合、BoAが日本での活動に集中し、韓国での活動を全く行わなかった時の00年代半ばから後半にかけても、MBCの10大歌手の本賞受賞を果たしていないが、BoAの場合は、韓国で立場を固めてから海外に進出したということが違う。

4.3 故郷訪問[編集 | ソースを編集]

2016年秋のお盆期間を迎え故郷の台南に行ったことが明らかになった。 文書の上に紹介された、母親が経営しているカフェで母親と一緒に撮った写真がフェイスブックに公開されたのだ。 韓国に戻った後、ツウィのお母さんをはじめSNSにツウィが台湾にいた時の写真が公開されると、後になってその写真を資料画面にしたニュースが放送された。

約3ヶ月後の2017年1月末の正月連休期間にも故郷に行ってきた。当時、家族と撮った写真が旧正月以降に公開された。

約9ヶ月後の2017年10月初めの秋夕、やはり故郷の台南に登場した。 以前の2回とは異なり、今回は連休明けから故郷に入国した様子が現地のファンに知られ、本人と母親が一緒にショッピングする様子も連休期間中台湾のマスコミに報道された。空港では連休明けの10月8日に帰郷する様子が見られた.

2018年2月15日、ソルナル連休のため故郷へ向かう姿が仁川空港で撮影された。 連休明けの2月19日未明に帰国した様子がとらえられた。 その後、故郷での写真の一部が公開された。

7カ月後の9月25日にはお盆休みのため、故郷で自撮り写真を公開した。 TWICE公式SNSを通じてアップされた。

このように2017年の秋夕からはこれ以上隠さず故郷で連休を過ごしている。 ただ、現地メディアとの直接的な接触、特にインタビューは自制し、静かに行っている。

2019年4月29日、インスタグラムに今年家に行った時に撮ったダンスを踊る動画をアップしたが、これが台湾で反応がとても良い。

台湾最高のスター、ツウィが居間の中でダンスを踊っているのに、家族はみんな自分のすべきことばかりしながら見向きもしないのが、現実の家族をそのまま見せてくれて面白いという。 また、履いている室内用青いスリッパが台湾で非常にポピュラーな物なので、もっと親しみが湧いてくるようだ。

4.4 ツウィが台湾で熱狂的人気の理由は?[編集 | ソースを編集]

台湾でツウィを眺める視線はやや特別だ。台湾はすでに市場的な側面で隣国の中国に押されて苦戦を強いられており、才能があって人気の高い自国のスターは(朱華健、朱杰倫などがこれに当たる)。 特に朱杰輪の場合、中華圏を越えてすでにハリウッドまで進出している状態)香港や中国本土の芸能界に進出しているため、まともに根強く活動できるスターも皆無の状況だ。

その上、台湾のアイドル市場は、狭小な台湾芸能界市場でも非常に劣悪で小さなパイを占めているため、新世代のアイドルスターが出ることを期待するのは至難の業だ。 現在、台湾には韓国のように巨大な資本と長時間投資してアイドルを育成するほどの企画会社も皆無であるため、新しい人材が入り込むような余力そのものが形成されていない状況だ。[107] それに、すでに自国内の音楽市場はK-POPとJ-POPをはじめとする海外歌手に蚕食されて久しい。 このような状況で、現在、K-POP市場で最もホットなガールズグループであるTWICEのメンバーになったツウィに関するニュースを聞いた台湾の人々は、当然驚くべき反応を示すしかない。 一方では、ツウィの韓国活動を応援しながらも、「私たちに力があったら、こんな才能ある人材が海外に流出することはなかったはずなのに…」という残念な反応が相まって、ツウィに対する爆発的な関心が形成されるようになった。 実際にTWICEの各種記録を見てみると、実際に活動中の韓国、日本を除いて台湾が最も高い販売量と閲覧数を記録していた。

整理すると、自国内の劣悪な芸能産業環境とそれによって海外に流出するスターたちに対する惜しさ+K-POP業界で活躍しているツウィに対する感心が、現在台湾でのツウィに対する関心を作り出したと解釈すればいいだろう。

現在台湾のONCEたちはTWICE、特にツウィを熱烈に応援しながらもTWICEの台湾活動に対しては全く期待していない。 「台湾に来てコンサートをすれば幸せだけど、そのせいで中国に足を引っ張られて攻撃されるかもしれないから、私たちは遠くから応援する」という気持ちだ。最近2019年1月頃、ミュージックバンク香港ツアーにTWICEが参加することが確定し、台湾のONCEが参加して熱い応援を送ったという。

5 余談[編集 | ソースを編集]

5.1 使用言語[編集 | ソースを編集]

台湾のインターネットを見ると、ツウィが使う言語が標準中国語と台湾語、そして韓国語だと出ている。 台湾語でちょっと話してほしいという台湾ファンの要請に台湾語で簡単に挨拶をした。 マリテルでも、祖国のファンを意識したためか、下手な台湾語で話しかけたり、TWICEの元メンバーらと一緒に、台湾語の挨拶動画をユーチューブに掲載したりもした。

しかし、フェイスブックのツウィのファンページを見ると、台湾語は分かるが、言葉はうまくできないようだ。 台湾語は良い話し方をしているが、標準中国語と違う言語であるため知識がないと聞き取れない。台湾では公式的な言語生活は標準中国語で行われるため、家で常用しない以上は台湾語は上手くできない。「マリテル」に出演して台湾のファンが頼んだと言って、台湾語をいくつか話したが挨拶だけ言って笑って韓国語で自分も下手だと言って、次は標準中国語を使った。台湾語を理解することを通じて台湾で根付いてきた本省人と見たり、台湾語が上手ではないということから大陸から渡ってきた外省人と見たりする。 もちろん本人に聞くまでは誰も知らないだろう。 中華圏インターネットを調べても明確な資料がない。

5.2 その他[編集 | ソースを編集]

記者たちがとりわけ好きなメンバーだ。 ポータルサイトのメインによく写真が露出される。 TWICEチーム内の最長身だ。本人が明らかにした身長では169~170cmで、SIXTEEN当時も身長が168cmと最も高かった。TWICE TV2でメンバーたちが当時のツウィの立ち上がった姿を見て、「あれは17歳か」と言うのを見ると、毎度見ていても驚いているようだ。 その次に長身メンバーは168cmのジョンヨンだ。 最終回の公演の時、他のメンバーたちはリハーサルでハイヒールが不便だったので、裸足で舞台に立ったが、一人で運動靴を履いて外に出たので、靴を脱ぐ必要のない威厳を見せてくれた。 それに比率も良く、首も長い上、長い足でもあるので、それこそニックネームのように「欠点のない最強比率」。 本人は、「高い身長がコンプレックスなのか、背の低い女性に生まれたい」と話した。 ちなみに、ツウィの母親も娘を凌ぐほどの長身だ。 その高い身長のせいかTWICEのメンバーが並んで立っていると、一人だけ特に高い。 一番最近測った身長は172cmだという。このような高率TWICEメンバーの中では、 ジョンヨンと共にたった二人の長身ラインだ。 あまりにも背が高いので、同じ振り付けをしてもツウィは足をもっと曲げて、背の差を合わせる」とナヨンが証言した。 実際、FANCYのサビの振り付けを見ると、ツウィだけが足をもっと曲げている。

TWICE TVの発表によると、歌唱力とボランティア活動においてシスターのヒョリンを最も尊敬しているという。 また、SIXTEENサバイバル中、台湾テレビとのインタビューでは、「同じ所属会社の先輩であるミスエイのスジのようになりたい」と話したりもした。

ハイアングルで撮った時よりローアングルで撮った時の方が画面映りが良い。またセルゴである。人が撮った写真のほうが、自分が撮ったものよりはるかによい。 TWICE専従のチクトクらが、ツウィの写真をツイッターやインスタグラムに掲載している。2018年に出演した「チェ·パタ」によると、最近は自撮りが増えているという。

個人の携帯電話は「ギャラクシーノート10+」だ。それまでは自分が広告していたV30を使い、それ以前はアイフォン7を使っていたという。

第一印象は飄々としたネコのように見えるが、映像とかネタが出るたびに溢れるチョディンキ(犬の真似)とか…)と末っ子味を見せてくれる。 都市の冷たい女らしい外見とは違って、芸能感も良いという評価。デビュー後は、本人にカメラが回っても遠慮したり、はにかむ様子もなく様々なジェスチャーや冗談を言って、他のメンバーや芸能参加者たちの爆笑を誘導する末っ子の役割をしっかり果たしている。 カメラの前で才能を見せるスター性は生まれつきのようだ。 まず、これほどまでに口数の多いメンバーではないが、いつも強力な「一発」がある。 それでも2015年11月に初めて出演した韓国芸能マリテルでは準備も不足しており、一緒に出演した日本人メンバーに比べて瞬発力が劣るため、大きな活躍はできなかった。 どうしても中国語が日本語に比べて韓国語の語順とは距離があるので..ツウィのバラエティー感はツウィの4次元的な性格と毒舌によるものが多い。 知り合いのお兄さんのような場合を見ても、ストレートな言い方と4次元的な性格、そして未熟な韓国語が混ざったものが多かった。

犬が大好きで、故郷の家でグッチという名前の犬を飼っている。宿舎生活をしている今は犬を怖がるダヒョンのために実際犬に代わって'悩み中'という名前の子犬の人形を大事にしている。単に犬が好きな動物であるだけでなく、いつかメンバーと一緒に動物保護センターにボランティアに行くことが望ましいというほど捨て犬問題にも関心を持っており、そこで世界各地のツウィのファンクラブでは、ツウィの誕生日である6月14日に合わせて、ツウィの名前で614キロの飼料を寄付し、故郷である台湾·台南の「捨て動物保護協会」(台南市動物愛護会)にも台湾貨幣6万1,400元(224万ウォン)の寄付金を渡した。 該当団体は、ツウィに感謝状を送った。 2018年6月に行ったVアプリでもグッチへの愛が変わらず、ツウィの携帯電話の70%以上がグッチの写真だという。 ダヒョンがスマホにある写真を、 ONCEにも見せてほしいって言ったから 全部グッチ写真だ。

ツウィの動物愛に関するもう一つのエピソードで、ウサギのために涙を流したこともあった。 シグナルモノグラフ特典映像で出る内容でシグナルMV撮影のため済州島へ行ったことがあったが、そこでティーザー撮影のため連れてきたウサギをツウィがとても可愛がってくれた。 すると意地悪なスタッフたちが、「その白ウサギを撮影後、山に放す」と冗談を言ったが、その話を聞いて純粋なツウィがウサギのことを心配して涙を流した。 涙が出てメイクを直さなければならなくなると、戸惑ったスタッフたちが冗談だという事実を明らかにしたが、やっと笑いを取り戻したという。その残忍なサバイバルと外交紛争を経験し、音楽放送で1位になった時も泣かなかったツウィがウサギのために泣いたことを考えると、動物愛が格別だ。

JYPガールズグループの末っ子の系譜を忠実に引き継いでいる。 いわゆる「泣かない最長身末っ子」。ただし、2018年に入ってからはよく泣くメンバーにツウィがチーム内の公式泣き虫のジヒョと一緒に取り上げられている、むしろSIXTEENの時に大泣きしたモモが一番泣かないメンバーだという。上で言及したように、依然として公の場ではあまり泣かないのを見ると、公式の席では涙を我慢したり緊張で出ず、親しい人たちと一緒にいる時は涙が出るようだ。

か弱いわりに強靭な性格だ。 デビュー前、SIXTEENで序盤、パク·ジニョンに最も酷評を聞いたのを皮切りにほとんどをマイナーで過ごし、最後の瞬間までマイナーチームだったが、投票結果で辛うじてぎりぎりで合格したにもかかわらず、ツウィが放送中、見せた表情は淡々としていて落ち着きだった。 デビューしてすぐに不本意な外交紛争を経験したが、幸いうまく切り抜けた。 もちろん公の場で、「涙が多いからといって弱い性格」と決め付けるのは無理だが、ツウィはメンバーたちの感情が激しくなり、泣く時も、かえって元気に活動していく姿を見せている。

ナヨンと一緒に水を怖がるメンバーだ。 デビュー前、西海岸の新斗里(シンドゥリ)海水浴場に友情旅行に行った時も、それでも水に入ったナヨンに比べて、ツウィは初めから近くにも行けなかった。「団結してこそ浮かぶ」ベトナム·ダニャン編で見ても、ナヨンと一緒に救命胴衣を着用してから水に入るのを見ることができ、TWICE TV6EP12でも最後のプールに入水する場面で残りのメンバーが飛び込む反面、ナヨンと一緒に立っているのを見ることができる。

過去のJYPプロフィールでは出身地を「中国」台湾と紹介したが、議論を消すためTWICEの全メンバーの出身地が削除された。 韓国語を話す時、文末が下がる癖がある。普段、話をする時やインタビューをするのを見ると、特有のイントネーションがあるが、かなり魅力的で可愛くてファンを笑わせる。 「韓国語が下手ではあるが、比較的早い年齢(14歳)で韓国に来たせいか、発音やイントネーション自体は良い方なので、これからが期待される」 むしろ、韓国に長くいるからか、ユーチューブにアップロードされたツウィの中国語発音がぎこちないという中国ファンの評価もある。 上のミルクインタビューで、ツウィが最初に中国語で自己紹介した時の発音は、韓国語のイントネーションがかなりにじんでいる。

幼い年齢にもかかわらず、妙にストレートで現実的なことを言う。 特に、お姉さんたちが甘える時、断固として切って、誰かが「願いを叶えてください」と言ったら「私じゃないから」といった具合。 とんでもないことをたくさんするお姉さんたちに比べて、チェヨンとともに落ち着いた「99ズ」ポジションを守っている。 嘘や口に正しいことも言えず、マフィアゲームではゲーム開始と同時にアウトになるのが常で、他のメンバーたちと面白さのために嘘をつく状況になれば、必ず後で嘘をついたことについて言及しなければ気が済まないようだ。

かなりの努力派だ 『SIXTEEN』の放送初期には他の練習生に比べてかなり実力が足りなかったが、回が重なるにつれパク·ジニョンが言及するほど実力が向上した姿を見せ、これは追加メンバーの抜擢につながる原動力となった。 それだけでなくTWICEメンバーに選ばれた後も努力を続けたのか、デビュー後の舞台でも歌唱力やダンスでSIXTEの時より一段階レベルアップした姿を見せてくれている。 本人もTWICE TVで「『きれい』というよりも『実力でうまい』と言われたい」と意気込みを語った。 スタイル管理のため、遅く帰宅しても動画を見て毎日エアロビクスをし、マリテルに出演して模範を見せたことがある。 別に練習する時間が足りなくて、 シャワーする時に自分のパートだけを ずっと歌ってみるって。 その他にもデビュー当初、ジヒョを除いたメンバー全員がウィンクができなかったが、練習を通じて一番早くウィンクが上手になったメンバーの一人がツウィであり[131]、自撮りが下手なことで有名だが、2018年に入ってメンバーたちが「ツウィの自撮りがたくさん増えた」と褒めたことから、些細なことでも頑張る自己開発型だ。

2015年10月20日にデビューするやいなや芸能事務所のプッシュとルックスのためか、各種メディアで記事が溢れかえって話題になった。 そのおかげで、主要ポータルの実検索順位でも引き続き上位圏をマークした。 まだ新人のTWICEを知らせるのにも赫々たる貢献をしたという評価。 もちろん当時TWICEのファンの立場では、他のメンバーにも満遍なくアピールしてほしいと思ったかもしれないが、デビュー3ヵ月が過ぎた後に起こったツウィの事件を起点にTWICEの認知度がかなり上がり、他のメンバーが各種放送に露出されたことで、反射利益を得てまんべんなくファン層が形成される結果が出た。

豚足はTWICEメンバー全員の好物だが、その他にもチキンが好きと推定される。 2018年、最近の言葉によると、メンバーたちはその時その度にハマる料理を飽きるまで食べるということから、注文される料理が全部好きなようだ。 ただ、2018年ホンキーラでミナが明らかにしたところによると、注文を頼んで食べると必ず我慢して残ったものを食べるそうだ。サナによると、2018年に最近は テンモバンを訪れるそうだ。 電話で注文しようとしたが、発音が下手で飲食店の店長に「ふざけているのか」と叱られたことがあるという。

デビュー当初、ビジュアルで話題になっただけに、ミニ1集以後、休息期におびただしい数のCMオファーが入ったという。 この当時TWICEが流れるほぼすべてのCMでツウィが主役、またはセンターをしていた。 「(LGユープラス、エルソードなど)このようなCFのセンターの役割は所属会社ではなく、広告主または広告会社の要求によるもので、これは大衆的関心度を反映したものだ。 そのため、一部のアンチファンの主張のように、所属事務所がツウィを後押しするため、センターに送るというのは憶測だ。 事実、デビュー直前のスクールルックスの制服CM撮影の時も、パクジニョンと一緒に中央に立った。 さらには、スクールルックスの制服CM撮影の時、ツウィ一人だけが単独写真を撮ったこともあり、デビュー前から初めまでTWICEの認知度にツウィが占める割合が多かったことが分かる部分だ。

ビジュアルで有名だが、意外にも本人はめちゃくちゃな化粧が好きだ。 もちろん公の場に変な状態で登場するわけではないが、MV撮影中にダヒョンのレオン扮装を見てせがんで自分もひげを描き入れたのを初めからアルバムのフォトカードで出したり、Vアプリで給食団が集まって化粧をお互いにしてあげたりしたことが最近一番楽しかったことだとか。

メンバーの中で誰が一番ツウィを たくさんいじめるかと聞いたら、ナヨンとジョンヨンだと答えた。 すると、すぐ隣にいたナヨンとジョンヨンが「私たちがそんなことをしたわけがないじゃないか」と激しく実力者が「邪魔する」とつぶやく姿を見せた。

天使の顔、悪魔の体つき、とても清純な顔に肉感的な体つきを持っているという表現で、顔も相当なレベルだが、幼い年では話にならない体つきを持っていることに対するファンの感じをよく表現する言葉。 LGユープラスのビデオポータルでも、このような清純美(キューティ)と官能美(セクシー)を利用した二つのバージョンのCFを制作したことがある。 TWICEのデビュー曲である「OOH-AHH」の公式ミュージックビデオメンバーの個人カットYouTubeクリップに書き込まれたコメント。 英語で正確には「Angel Face with Devil Body」と作成されている。

韓国に着いたばかりなので降る雪を見てびっくりしたそうだ。 温帯気候の台湾でも南に位置する台南出身なので、雪を見る機会があまりなかったためだろう。 当然のことながら、寒さに弱く、韓国の春先の天気でも、ダウン無しでは、どこにも行けない…」と主張したが、2018年11月30日、グアムに向け出国の際は、ナヨンやジョンヨン、ジヒョなど、韓国出身の女性らは、「寒いから」と包んでいるのに、一段と薄着で、寒さすら感じない。 どうやら韓国に来て久しいので、すでに韓国の寒さに適応してしまったようだ。

サナの次にシャシャシャで儲かったメンバーだ。 なぜなら、シャシャパートの前が ツウィパートだから一緒に付いてくる。 チャン·スウォンのロボット演技にいつも一緒に付いてくるユラを考えればすぐ理解できるだろう。

ファン·ビンビンと似ているので、デビュー初期に目を引いたりもした。

なんと正式に音源サービスされた献呈曲を持っている。 2017年2月24日、主要音源サイトに 掲載されたTo...ツウィというタイトルのこの歌は、「ガルガリ」で有名なコメディアンのパク·ジュンヒョンがツウィに対するファンの心を告白する歌。 関連記事のこの歌が記事になり、メロンリアルタイム検索1位を長時間占めたりもした。

ツイッター上で日本のファンがツウィの写真をアップするときに使うタグは、#つうぃつうぃ目がいくツウィだ。

2016年ギャラップアイドル選好度調査で3位に上がった。#外国人新人アイドルが達成したとは信じられないほど高い順位。 2017年には同調査で9位タイになった。

「グループの実力者」という言葉らしく、姉たちを取り締まったりもする。5月19日、全州市(チョンジュシ)ミュージックバンクのエンディング舞台で、ジョンヨン、ナヨンが元JYP公開採用の現在トリプルHのメンバーとして活動しているペンタゴン·フイと話す場面が見られたが、話の途中、これを見守ったツウィが引き続き話を交わそうと近付くナヨンを遮って取り締まる姿が見られる。

TCCandlerというブロガーが選んだ「世界一美しい顔2016」で世界美女8位にランクインした。真夜中のテレビ芸能でこのような事実を質問すると、ツウィは「世の中に私よりきれいな方があまりにも多い」と謙遜に答える。2017年にも同じアンケート調査で3位になり本人に選ばれた感想を聞くと、ツウィが選定基準は何かと聞き返した。そして、2018年に2位になったけど、 2019年に1位になった!

2018年3月10日、サドンアタックCANDY POPファンミーティングで、ジョンヨンが最近ダンス練習室で 略してツウィの身長を測ったら172cmだったという。ツウィが靴を履いた状態で測ったため、正確ではないが、大体の身長を類推できる根拠になった。 関連映像のようなファンミーティングで休みの日は何をするのかというファンの質問に対し、「メンバーたちと宿舎でおいしいものを注文して映画を見たり、他のメンバーの家に行ったりもする」と答えた。

チームメンバーたちは親しみがあり、他のガールズグループのメンバーたちともかなり親しい方だが、ツウィは関連ニュースがなく、メンバー以外は友達がいないのではないかという心配があったが、香港出身のCLCメンバーのエルキとかなり親しいことが分かった。 控え室で写真も撮り、ドリームコンサートの間は暇を作ってお互いに話も交わす。 エルキが個人インスタをオープンしたことで親交がさらに深まったが、ツウィの誕生日を祝う書き込みをしたり、最近ソリバダ授賞式でも会って記念写真を残したりした。 そして、同じ台湾出身の(女の子)子どもたちのシュー画廊とも親しい。 三人で自撮りもして親睦も深め中。

最近は同じ翰林(ハンリム)芸術高校出身のIZ*ONEメンバーのカン·ヘウォンと親睦を深めている。 ガールフレンドのリーダーであるソウォンとの親交が相当なものだ。まずソウォンの方がハンリム芸術高校の先輩で、二人は2016年3月13日に放送されたSBS人気歌謡生放送でTWICEが彼女と一緒に少女時代Geeで特別公演をした時に共演し2018年12月28日には2018KBS歌謡大祝祭で人気のガールズグループの各チームのビジュアルメンバーだけで結成されたmiss AのHushを一緒に公演した。そして二人とも翰林芸能芸術高等学校出身で、練習生時代から美貌が秀でていて、他の練習生の間で話題になったのも共通点だ。

メンバーの誕生日関連の記念写真を見ると、必ず誕生日当事者を指す習慣がある。 おかげで誕生日ケーキを持っている団体写真を見れば、誰の誕生日なのか簡単に分かる。 自分の誕生日の写真でも自らを指している。

韓国語を話す時、唇が出るのが可愛いという。

パンが好きだ。 パンの食感がいいというのに、そのせいか、パンを食べている写真がかなりある。

美貌がずば抜けているため、TWICEがCMを撮影する度にいつも一番強調される。 制服広告の「スクールルックス」でもパクジニョンと2人きりで一番前に出て、残り8人のメンバーが後ろにいて、「アキュブレンズ」の広告でもメンバー別広告写真の中でツウィの写真が一番大きく出る。

アユクデでアーチェリー種目の看板格として活躍している。 単なる見栄えのレベルを超え、2019年のアユクデでは4回連続10点(!)を達成するほど実力も高い。

<Summer Nights>で他の外国人メンバーのモモ、サナ、ミナまで作詞をしながら、TWICEメンバーの中で唯一作詞に参加したことのないメンバーになった。がFeel Specialの21:29で作詞に参加した。

2020年1月末から韓国を襲ったコロナウイルス感染症-19で多くの芸能人が寄付する中、ツウィもこれに賛同した。 社会福祉共同募金会に5千万ウォンを寄付したという。韓国から寄付したものを別に、中国にも5千万ウォンを寄付し、計1億ウォンを寄付した。

2020年3月、コロナウイルス感染症-19によりTWICELIGHTSINTOKYOコンサートとTWICELIGHTSINSEOUL「FINALE」コンサートが中止になったことで、スケジュールが空くと故国人や台湾に休暇に行ったが、台湾に帰国するや否や、自己隔離措置を受けたという。3月6日のVアプリの途中、電話で明らかにした内容で幸い大丈夫だという。

2020年4月11日 MBC 「遊んだら何するの?」でツウィが急に言及された。 当時、回次はユ·ジェソクとパク·ミョンスと共同でチキン屋を運営することになり、正式開業前のテストで多くの人にブラインドテストで出前を取って試食する内容だったが、彼らの中の一つが他ならぬモッパンクリエイターのツヤンだった。 彼らの「チキンレビュー」は、インターネット放送を通じてリアルタイムで行われたが、比較的ツヤンについてよく知っていたユ·ジェソクとは違って、パク·ミョンスは誰なのか知らない様子だったが、名前まで分からなくなり、ツヤンを「ツウィ」と呼んでしまった。これにユ·ジェソクは笑い、「ツウィはTWICEにいるよ」と言い返した。