サナ
사나
SANA.jpg
サナのプロフィール
基本情報
本名 湊崎紗夏
誕生日 1996年12月29日
年齢 25歳
出身地 大阪府大阪市天王寺区
国籍 日本
学歴 高校(卒業)
ジャンル K-POP
ポジション サブボーカル
活動期間 2015年
デビューアルバム 2015年TWICEアルバム THE STORY BEGINS
家族 両親(一人っ子)
身長 / 体重 164 cm / kg
血液型 B型
事務所 JYPエンターテインメント
所属グループ TWICE
ファンクラブ ONCE
あだ名 サナなしでサナ、シャシャ、キム·サナ、サトトゥル、サナッツィ、シャシャシャ、シャナ、シャランドゥンイ(音頭)など



1 概要[編集 | ソースを編集]

サナは2015年10月20日にJYPエンターテインメントからデビューした9人組ガールズグループTWICEのメンバーだ。

キャッチフレーズでキューティセクシーを担当し、可愛さコップ1杯にセクシーさスプーン1杯ぐらいのキューティセクシーと表現される性向を見せている。 SIXTEEN当時は可愛い顔とは違い、密かなセクシーな魅力で人気を集めた。 さらにハイテンション、愛嬌、達者な韓国語能力で芸能を担当しているメンバーである。 シンボルカラーは#8c79b4。

2 デビュー前[編集 | ソースを編集]

歌手になる夢を叶えるため、中学1年生の時からEXILEのダンスアカデミーEXPG大阪支店で3年ほどダンスを学んだ。 2011年、中学3年生の時、友達とショッピングをしていたところ、JYP関係者にキャスティングされた。当時、サナは韓国ドラマ『ドリームハイ』を一生懸命見ていたが、JYP関係者が見せた所属歌手の写真はすべてドリームハイの中の登場人物だったので、翌日予定されていたJYP日本グローバルオーディションにすぐ応募した。オーディションに最終合格したが、幼い時に学業を諦めて他の国に渡るのはいろいろと負担になったが、サナの母親が2PMのコンサートにサナを連れて行き、コンサートを見ながら何を感じたかと聞き、サナは自分もこの舞台に立ちたいと答えた。 サナの返事を聞いた両親は練習生の入社を承諾し、サナは2012年4月、大韓民国に渡った。

2012年4月13日からモモと一緒に JYPの練習生生活を始めた。 元々はJYPの日本人ガールズグループプロジェクトに属していたが、JYPの次期ガールズグループプロジェクトだった6MIX(シックスミックス)の予定メンバー脱退し、サナが6MIXプロジェクトに合流することになった。 デビュー前はGOT7の「A」ミュージックビデオ、2PMジュノの「Feel」ミュージックビデオに出演した経歴がある。GOT7のM、2PMのジュノのM映像、特にAのMVで最高の存在感を発揮したため、次期ガールズグループのビジュアルメンバーとして期待されていた有望株だった。 SIXTEENの当時もサナはGOT7のミュージックビデオ「A」に出演した練習生としてメディアに紹介された。 6MIXの臨時ギャラリーだった「ディッシュ確率ギャル」の以前の文章を見ると、当時のサナに注がれた関心を少し感じることができる。

しかし、デビューを控えて起きたセウォル号惨事や一部メンバーの脱退などにより、6MIXプロジェクトは白紙化され、1年間待った末にSIXTEENに参加することになる。 10年練習生、そしてシックスミックスの元々のメンバーでないため、あまり姿を現わさないが、デビュー前までサナも大変な困難を経験した。日本のチームではリーダーだったメンバーが退社して、6MIXに呼び出されてきたが、今回もまた新しいリーダーだったメンバーが抜けてしまい、結局6MIXも白紙になったためだ。

2.1 SIXTEEN[編集 | ソースを編集]

SIXTEENで大胆な魅力を披露し、外国人メンバーであるにもかかわらず、一気に視聴者の目にとまった。 SIXTEENで自分の魅力を見せてほしいというミッションで生春巻きを作る場面を演出して皆を呆然とさせた。「野菜はオーガニックじゃないけど大丈夫ですか?」というセリフがキーリングポイントだ。その後、ファンサイン会でサナが明かしたところによると、日本人でも韓国語が上手だということをアピールしたかったので、生春巻き作りを準備したという。

パク·ジニョンは多少冒険になるかもしれないという選択について、「自分がどうすれば魅力的に見えるか分かっている」といい評価を下した。 シックスティーンの最終回に「また始めたら生春巻き作りはしない」と言ったのを見れば、振り返ってみると、本人もとても恥ずかしかったようだ。

明るく暖かい性格と、日本人だが韓国語が上手で、良い発音、優れた語彙駆使力でファンを集めた。 ただ、チーム内の年上ラインらしく言うべきことは言う性格であり、特にSIXTEEN 第4話では何も言わずチーム練習に参加しなかったミンヨンとダヒョンをはっきりと韓国語で理路整然と叱る場面は圧巻。普段はいい子だが、時々かっとなることがあるようだ。

それ以来何度もメンバーと息が合わなかったので、チームの年上らしくカフェに行って話し合いで和解し、序盤の不安なチームワークを再び縫合して勝利を収めた。素直な性格に加え外国人にも関わらず、真逆の年上らしく叱る姿が放送された。

しかし、すぐ前のエピソードでは連続2回負け、マイナーでスランプに陥ったモモをミナと一緒に訪れ、慰めて応援する姿も見せた。 最終話では何度もデビューが白紙になった過去を思い出しながら「SIXTEENで競争するのも本当に大変だった」とメンバーたちの前で涙を流し、多くのファンたちが心を痛めた。

いずれにせよ人気投票でメジャーランキングをキープし、日本人メンバーの中でデビューが最も有力視されるメンバーであり、最終的にデビューが確定した。余談でモモへの愛情は、SIXTEEN以前にも格別だったのかモモが最後に合流すると、モモが落ちた時と同様にミナを抱きしめて大泣きした様子を見ると分かる。デビューが確定した後、涙ぐみながらも最後のインタビューで、これからの覚悟を決めてすっきりとした姿を見せた。

3 ポジション[編集 | ソースを編集]

3.1 ボーカル、ダンス[編集 | ソースを編集]

トーンが高くてきれいな音色と発音で聞いても「このパートはサナ」という区別がつく。 特に「Candy Boy」と「Do it again」で目立つ。 ナヨンも明るい音色だが、ナヨンが清涼感が目立つ方なら、こちらは軽快さが目立つと言える。 音色的な面では、ナヨンと一緒に曲の雰囲気を喚起する役割を果たす。 収録曲ではボーカルラインとリフレーンを担当することもある。「Like A Fool」ではジヒョ、ナヨン、ジョンヨンと共に高音部分を担当した。ただ声量は小さい方。

デビュー曲「Like OOH-AHH」では笛を吹く場面と共に舞台の始まりを引き受けた。 2016年4月25日に発表された「CHEER UP」では、ボーカルラインのジヒョ、ナヨン、ミナ、ジョンヨンの次にツウィとパートを均等に分配し、1番と2番を通じて交互に歌う。「シャシャシャ」パートがキーリングポイント。

2017年2月20日に発表された「KNOCK KNOCK」では、2番目のサビでセンターポジションを獲得し、サビ部分も単独で歌う。

パクジニョンがくれたタイトル曲では、主にツウィと一緒にコーラス部分を担当する。

ダンスはチーム内でも上位グループ。 本人のパートの表情演技と表現力に強みがある。 柔軟でスタイルもよく、ダンスのラインがもっと目立ち、ダンス動作をきれいに踊る方だ。 難しい動作でも自然に表現する才能があり、パワフルからセクシーまで多彩な動作を美しく表現できるため、本人のパート、特に舞台密着カメラで光を放つ。

3.2 ビジュアル[編集 | ソースを編集]

TWICEのビジュアル3人といえば、よく挙げられる「ミサツ(ミナ、サナ、ツウィ)」ラインのうちの1人だ。海外ファンではサツビジュアルラインを「SaTzu」と呼び、2人のビジュアル合を好むファンダムがかなり大きい方だ。 実際、TWICEデビュー前の6MIX合流当時のポジションもビジュアルメンバーだった。リス顔に茶目っ気が多く、普段の雰囲気がややおとなしい他2人のメンバーとは違うキャラクターだが、笑いのない真剣なカットを撮る時や舞台で多様な表情変化を自然に発散する時、ビジュアルが光を放つ。特に、多様な髪色の消化力と魅せられるような目つき、横顔がきれいだという評価を多く受けている。

「CHEER UP」カムバック当時、ファンサイン会の時や「LIKEY」活動の時、ひたすらビジュアルだけで各種コミュニティで話題になったりもした。 「MORE&MORE」活動の時は初めてしてみたジンジャーヘアもビジュアル反応がかなり良い方だ。 現職アイドルを対象にしたビジュアルが優れたアイドルを選ぶアンケート調査で3位になった。 芸能部記者が選ぶ「実物が美しい女性芸能人」でも名を連ねた。

また、スタイルのバランスが良いJYPらしくTWICEも全体的にスタイルのバランスが良いが、その中でもソドゥズと呼ばれるジョンヨン(TWICE)と共に小さい顔を持つ抜群のスタイルを持っている。全身ショットや舞台でダンスをする時、バランスの良さがよく感じられる方だ。実際、サナの身長が163cmであることを知って、実際の身長に比べてかなり高く見えると驚く人が多い。

3.3 キリングパートの妖精[編集 | ソースを編集]

2016年に年間音源順位1位を達成したCHEER UPで最も有名なキーリングパートである「shy shy shy」パートの張本人である。キーリングパートの元祖である「Tell Me」の「アン·ソヒ」と比較されることもある。「Shy Shy Shy」が話題になって以来、会社でも積極的に後押ししている。KNOCK KNOCKでは堂々と「KNOCK KNOCK」をとてもかわいらしく消化した。

SIGNALではサビ「ビリビリ」ハート乱射パートを見事に消化するなどミニ4集収録曲「1日に3回」でもサナのパートはファンクラブ内ではキーリングパートに挙げられる。「意図しなくてもサナが担当すれば全てキーリングパート」という公式を作った張本人だ。 LIKEYでもリフレーンのLIKEYパートを担当し、再びキーリングパートを奪還した。

そして2017クリスマスアルバムMerry&Happyのタイトル曲Heart Shakerでは 「私の電話番号だよ」「惚れちゃったから~」などの愛嬌溢れる歌詞を担当した。5枚目のミニアルバムのタイトル曲である「What is Love?」でもサビパートを担当し、サナならではのキューティセクシーな魅力を披露した。そして収録曲の「SWEET TALKER」でも 序盤のイントロを歌って 多くのONCEたちの心臓に矢をはなった。

歌唱力は、歌唱力抜群のナヨンとジヒョほど優れてはいないが、可愛くて弾む声をもっている。このためTWICEの歌の中で多くの分量を占めた方ではないが、キーリングパート担当だ。かなりインパクトある。

3.4 TWICEのメンバーとして[編集 | ソースを編集]

TWICEの代表非公式ユニットであるミサモ(ミナ、サナ、モモ)ラインのメンバーである。 可愛いモモと母親の笑顔で眺めるサーシャ·ツウィまで含めて「ミサモツ」と呼んだりもする。 一人娘であるためか、チームとしての覚悟を話す時も「妹たちに良いお姉さんになりたい」と言い、実際にも妹たちをよく連れている。 ダヒョンと一緒にいるとサイダー、チェヨンと一緒にいるとサチェン、ツウィと一緒にいるとサツと呼ばれる。

様々な組合せの中で特に格別なのはモモとのモサペアだが、同じ日本出身で入社日も同じで、その後ずっと一緒に暮らし、SIXTEENでなくても実はグループとしてデビューする予定だったので、二人の関係は格別だ。そのように格別な関係で、モモとの関係がかなり面白いのに、特にモモやサナや他のメンバーにはそうでもないが、お互い真顔で接する様子を見せ、その姿は日本でよくある仲良しコンビの姿と同じだ。

4 余談[編集 | ソースを編集]

韓国のギャラップアイドル好感度調査では2019年18位を記録した。

もともと男性初サイトでかなり人気があったが、第2集活動を起点に人気が想像を絶するほど高まり、さらにこれは現在進行形だ。 かわいい声と愛嬌のある話し方、行動のためのようだ。

デビューして1ヵ月になる2015年に実施された有名男性初サイト「MLB PARKブルペン·ブルデス(ブルペン+Goddess)」の人気投票で、意外にもスジ(miss A)、IU、ユラ(Girl's Day)など錚々たる相手を抜いて3位につけた。 1位が越えられない壁であることと、デビュー1ヵ月目であることを考えると、驚くべき順位だった。ツウィも8位にランクされ、TWICEが順位圏内に2人のメンバーがいる唯一のグループとなった。 2016年末のブルデス投票では2位となった。 2017年ブルデスも2位、2年連続コンラインをマークしている。

女性のファンも甚だしく多い。優れたビジュアルとステージで見られる魅惑的な目つきの演技、気の利いた明るい性格と言動に魅了された女性ファンが多く、サナが「私に結婚してくれと言うファンは必ず女性だった」と言及した。

普段笑いが多い方で自分も笑いをよく我慢できないと言う。そして特有のハイトーンの笑い声が魅力だ。慌てた時や緊張した時、そして感動した時など、ほとんどすべての感情を笑いで表現する。2枚目のミニアルバムのショーケースの時も、涙をこらえて「えへへ」と笑う。 参考にダヒョンが言うには、公式の席でも個人的な席でも、テンションが同じで本当にすごいと思う」と言ったことがある。

性格もやはりとても肯定的だ。 周りの状況が良くなかったり、戸惑うような状況でも笑いに昇華する。

顔が小さい。鉢巻や帽子をよく落とすのが小さすぎるからではないかという話もある。特にジョンヨンとサナの頭が小さいため、ファンの間では「ソドゥズ」と呼ばれている。 キューティセクシー担当なので、セクシーなポーズを要求されたり、あるいは取らなければならない時があるが、大半は足を組んだり、投げキッスを飛ばす。また、「怒りを表現しろ」と言われると、照れくさそうにパンチを飛ばす。

顔つきと口調が可愛いが、意外と誰かにやらされる愛嬌は苦手だ。そういった愛嬌よりは、普段の生活で愛嬌が多い性格だ。

普段の行動と口調がただ可愛いタイプだという。シム·ウンジ作詞家によると、アルバム録音当時ㄴの発音が多くてパッチムのある発音がうまくいかなかったため、「発音よ、出て来い!」と言いながらその場でコンコン飛んだという。

芸能で主に行う個人技は、特技の書道をはじめ、上手な韓国語と方言を混ぜた愛嬌、モノマネ、スーパーマリオの「走る音」を得意とする。またTWICEのメンバー同士でのバラエティーで、 特に罰ゲームによくかかるメンバーでもある。

大阪出身なのでデビュー前に作成したツイッターなどには関西弁をそのまま生かして作成された書き込みが多かったが、チームミッションでは日本人に日本語で営業する際は正確な標準日本語を駆使して日本のファンを驚かせた。 しかし、サナの標準的な日本語を聞いたある日本人の主張によると、関西弁話者だと分かるほど、そのイントネーションが染み込んでいるそうだ。実は日本語をよく知らない韓国人が聞いてもとてもイントネーションが目立つのが感じられ、「何だか分からないが方言なのは分かる」という反応が多い。 それもそのはず、日本文化にあまり関心のない外国人として日常的に聞ける日本語は、ほとんど標準語に近い江戸弁程度だからだろう。

全員が関西出身のミサモラインの中でも特に方言が多い方だ。 「サナの影響で、あまり方言を使わなかったミナまでも韓国で過ごしながら、かえって関西弁が強くなり、関西弁が強くなった」と母が言うほどだ。

韓国ではあまり表に出ていないが、日本ではサナの関西弁が人気に一役買っている。 日本人メンバー3人全員が関西出身ではあるが、サナは特にその中で一番方言を使う。韓国もそうだが、日本のアイドルの方も関西弁を表に出すことは珍しい方なので、むしろ独特で可愛いと考える人が多い。初めから関西出身者だけを集めて作った関ジャニ∞や京都出身者のキャラクターをアピールする横山由依のようなアイドルでなければ、関西弁を表すアイドルは見かけられない。

サナの方言について分かりやすく説明すると、サナの方言のレベルは、韓国で言えば慶尚道(キョンサンド)の島地方に住む年配の方が駆使する方言のレベルだ。幼い頃からずっと祖母と暮らし、このために祖母が使う関西弁を学んだのだろう。 だとしても、平凡な少女なら成長し、他の日本人と交流し、多少純化される過程を経て高校だけが卒業する年になれば、一般的なレベルの関西弁を駆使したはずだが、サナはこの過程を飛び越え、早くから韓国に来て韓国語を学んだため、そのような過程が省かれたおかげで、そのまま関西弁が維持されているのだ。

メンバーたちに愛が溢れている。 Vアプリやその他の映像を見ても、日増しにメンバーへのキス回数が増えている。 退屈なら抱きしめたりもする。 しかも「Heart Shaker」の振り付けのうち ジョンヨンを抱き込む部分で 音楽放送中にジョンヨンにキスをしようとしたら ジョンヨンがユトマクで防御する場面が 人気歌謡カムバックステージで出た。

カメラを映すと、キス魔、アイコンタクト魔に急変して愛らしさを流している。

メンバーたちの特徴をよく把握する。 ナヨンが観察を通じて話し方や行動をよくキャッチしていたずらする時使うなら、サナはメンバーたちの印象をよく把握してニックネームをつける方。 初めてモモをタヌキ、ミナをペンギンと呼んだ人で、このイメージがそのままファンクラブでも受け入れられ、各種芸能ドリップやファンアートなどに使われている。

口癖は「嘘~」。日本人が起きたり信じがたい状況を経験する時によく耳にする感嘆詞で、その影響を受けたものと推測される。

恥ずかしい思いをしたり、途方に暮れた時にパンチを飛ばす習慣がある。

前述したようにJYP以前はEXILEのEXPG Osakaでダンスを習っていた。 EXILEの所属事務所の弟分であるGENERATIONSのメンバー中塚雄太の弟子だったといい、同時期に練習していたGENERATIONSとE-girlsの関西出身のメンバーとも面識があるかもしれない。 ならば、SIXTEENティーザーマリテルでE-girlsのFollow Meを歌ったのには理由があるわけだ。 2018年2月2日、ミュージックステーションにTWICEとGENERATIONSが共演したが、中塚雄太がインスタグラムに#TWICEに挨拶に行ったら#以前ダンスを教えてくれた#サナが#覚えてくれて#感動だと直接言及した。

歌手になりたい理由を聞く質問に、幼い頃、おばあさんが日本のカラオケ大会を見て「うちのサナも出たらいいな」と言ったことがあるが、その時から漠然とした夢を持っていたが、JYPからキャスティングの提案を受け、Kポップスターになったら韓国を中心に海外活動を活発にすることができてよかったと思うようになったという。 TWICEが2017年12月に行われる紅白歌合戦への出演が確定したことで、おばあさんの願いが叶った!

JYPオーディションで踊ったMR.TAXIは、サナが恥ずかしがるサナの黒歴史だ。

オーディション当時、MR.TAXIを踊ったが、その動作がかなり荒々しく過激なのに、本人は黒歴史だと思っているようだ。後にメンバーたちがタクシーの話をするだけでも大声を出して拒否する反応を見せる。

TWICEで唯一兄弟がいない一人娘だ。 そのためか、祖母に対する愛情が格別で、いつも両親と一緒に祖母について言及する。 また、TWICEとしてのデビューの感想でも、妹たちに「いいお姉さんになりたい」と言ったように、妹メンバーたちと親しい。 特にチーム内ではダヒョンを大事にしていてよく付きまとって変なちょっかいをかける仲だ。 コンビと呼ばれる。その他にもガールフレンドのウナに小細工をする姿も見られる。

サナの母親の証言によると、視力が悪く普段はコンタクトレンズを着用するが、自宅にいる時はあまり眼鏡をかけないという。 もしサナが見つめながら手を振ってくれるのに自分を見ないならがっかりしてはいけない。目が悪くてちょっとピントが合わないだけだ。 これもまた母の証言だ。日本にいた時よくこんなことがあったようだ。

サナの両親の教育の仕方がとても哲学的だそうだ。 雑誌のインタビューによると、幼稚園でサンタがいないという話を聞いてきた男に2泊3日間の会議の末、「サンタはいるんだけど忙しいからママとパパがプレゼントを代わりにあげるの」と話してくれたりもした。 サナはすでにサンタのことを知っていたが「代わりにくださってありがとう」と答えたという。サナがJYPからキャスティングの提案を受けて悩んでいた時、サナの両親はすぐに日本で開かれる2PMコンサートを一緒に観覧した後、サナに「どんな感じか」と尋ねたという。 一人娘を遠い他国に送りながら、当事者の意思を優先することは、実は非常に難しいことだ。 またデビュー当初TWICE初の日本舞台であるKCONを直接観覧した後、「自ら成長につながるのだから頑張って頑張ってほしい」という言葉を感動的な言葉も残した。 全てのことに肯定的な性格が親の影響がとてもあったようだ。

スポークマンであるTWICEの中でも代表的なネタバレ妖精だ。 放送中になぞなぞを出しながら一緒に答えを言ったり、突発的な質問に秘密事項を憚ることなく言ったりする。 また、特定の商標を言うことにも躊躇せず、地上波でCMソングを歌うこともあった。特に、ネタバレの場合、TWICEの他のメンバーは、「ONCEに探してみろ」というふうにネタバレをする場合が多いが、サナは何気なく流している。 さらにVアプリの生放送中にジヒョの携帯番号をネタバレするところだった。 本人は、他のメンバーがネタバレをする度に、 ネタバレの妖精の座を譲ろうとする。

一緒に日本から渡ってきたモモを格別に思っているようだ。 モモがかっこいい姿、可愛い姿を見せると、いつも母親の笑顔を発射する。SIXTEEN放送時代、モモの成績が低迷すると、ミサモラインの一軸であるミナと一緒にモモを訪ね励ましたり、モモが落ちるとミナと一緒にものすごく悲しそうに泣き、モモが一番最後に合流すると、すぐミナを抱きしめて泣く。

それで2018年1月、モサTV放送以後、サナ-モモコンビがサイダーコンビのようにたくさんのプッシュを受けている。 多くのファンが、サナとモモが一緒にいる時、他のメンバーといる時と違う相性を発散することに注目している。 他のメンバーには優しくしてあげたりするのに対して、サナとモモは一緒にいると、お互いのことをディスりに忙しい。 主にサナがモモを渇き、モモがサナに抗議するやり方。 もちろん、二人は練習生のスタートから親しい間柄だからだろうが、他のメンバーにはそのような姿を見せないのだから、ファンには不思議なようだ。 主に海外のONCEがサモケミーを「最も低評価された最高のケミ」と称え、国内のONCEの間でもサモケミーの新しいニックネームをつけたり、マイナーギャラリーを開設しようとするなど、後押しする動きを見せている。 会社も同様に、サナとモモを一緒に5分ラジオで固定配信し、サナとモモが一緒にVアプリを行う時間が増えるなど、本格的にモモケミをプッシュしようとする動きを見せている。ある放送でもライバルのような姿を見せたりもしたが、ここではダヒョンをめぐってサイダーVS豆腐ハンモをめぐって争う。

中学生の時、韓国に来る前、日本から学校に通っていたサナのツイッターもファンがアクセスした。 これを翻訳してみると、可愛くて純粋なツイートで日常を記録していたのが発見され、ファンの間では白歴史SNSとして話題になった。

「自分はよく落とすし、よく転ぶが、他人の転ぶのは我慢できない」 他人が転ぶのを見ない男は自然に反応することから、善良な心根が身についた性格のようだ。

大変な方向音痴だ よく落として、よく転び、どこかによくぶつかるように サナのずさんな魅力が感じられる部分サナの方向感覚 それでニックネームの一つが「サナがまた落とした」を略してサト震える。

「Like OOH-AHH」のシングル発売前に出たTWICE TV放送分でモモ、ミナと一緒にチェヨンに関西弁の授業をしたことがある。しかし、関西弁はほんの一瞬だけ。

6MIX(シックスミックス)の元々のメンバーではなく、準メンバーに分類される。 元々メンバーはナヨン、ジョンヨン、ジヒョ、ミンヨン、リナ、セシリアだが、セシリアが出てサナに代わったのだ。

TWICE内でもいたずら好きのメンバーである。 脇突き、鼻の穴にペンを入れる(危ない)、くすぐるなど、いろんないたずらでメンバーをいじめる。 メンバーたちの反応は普通、まじめな顔をしていたが、3秒後、笑いを流すパターン。

サナの苗字である湊崎は港岬という意味だが、ミナの苗字である名井とともに日本では珍しい苗字だ。

TWICEの外国人メンバーの中でも韓国語がとても流暢で、きちんと話すことができる。単語の応用力や語彙の使い方も優れている。 ツウィが状況に応じて覚えておいた文章を適用するのに比べ、即座に文章を作って話すレベル。 もちろん、全て知っているわけではなく、ヤジャタイムやおまけの意味が分からず、聞いたりもする。ただし、日本人なのでいくつかの発音に弱点があるが、パッチム「ㄴ」、「ㅇ」の区分があいまいなのと、荒い音となった音の境界が少し弱い。 本人も「ㅇ」の発音の難しさを吐露したりもした。 語彙はとても上手だが、発音では外国人のように見えるメンバー。しかし、最近見ると、この発音もだんだん良くなっているようだ。 2016年の「ハッピートゥゲザー」の映像だけを見ても、実際に発音上、大きく指摘することはなく、カンナム(韓国のタレント)が長い間練習したという「江南」という発音も簡単にできる。 最近は夢を見る時も韓国語で夢見るという。 2019年TWICELIGHTSコンサートの後、長期間の休暇を取ってサナとモモの2人きりでハワイ旅行に行った時、買い物をしていた姿が目撃されたが、日本人の2人が日常会話を韓国語でしているそうだ。国内アイドルの中では結経とツートップだ。 特に、2度目の知り合いのお兄さんが出演した時は、韓国人ではないかと思うほど韓国語が上手だった。

一緒にミサモラインにいるモモとミナに比べて言葉自体がすごく速い方だから日本語を話すときも実際この二人に比べてすごく早い。 韓国語を話す時はもちろん一番韓国語が速くもあり言葉が速くもあるので特有の日本語発音を除いてはとても流暢だ。

特にファンサイン会のエピソードが多いメンバーである。 ONCEと1:1で向き合って話す状況で流暢な韓国語に特有の4次元が加わって面白い感想がたくさん掲載される。 ミネラルウォーター事業をしているONCEが、帽子をかぶってラッパーのように見えるという理由で、ラッパーに追い込んで、サインまで「ラッパーお兄さん」と書いたり、自分の言いたいことだけ言ってやり過ごしたり、録音·脅迫をしたりなど。 ONCEの間では「不通王」「脅迫王」「無鉄砲」と呼ばれることもある。

ファンに対する記憶力がかなり優れている方だ。 いくつかの例を挙げると、16年明洞のファンサイン会でサナと 誕生日がちょうど1ヶ月差があるからって 誕生日おめでとうって書いてほしいというONCEに 「この前手紙に書きましたよね? 直接おっしゃったんだっけ?」と聞くと驚きすぎるONCEが失語症にかかったという話や、17年6月上岩のファンサイン会で時間のせいで追いかけられて何も言えなかったONCEを覚えて5ヵ月後の17年11月、高陽のファンサイン会の時に「なんでこんなに速く行ったの?」と急き立てたのが記事にもなった。

字がとても上手だ。SIXTEENのプロフィールによると書道が趣味だという。韓国人メンバーよりもハングルの書体が上手だ。書体だけでなく、分かち書きや単語表記もほぼ完璧に処理していることが分かる。

学歴より練習生を優先し、10代後半を韓国で練習生として過ごしたため、SIXTEEN当時、デビューにかなり負担を感じていたようだ。TWICE確定を控えたSIXTEEN最終回の前日、全メンバーが集まった時、自ら脱退したり退出したりしたり習生の友達を思い浮かべながら涙ぐんだ。 事実、18歳のサナの場合、デビューがなくなったら、母国に帰ってデビューするのも難しく、だからといって韓国練習生のように他の芸能事務所に転属してデビューするのも難しかっただろう。様々な紆余曲折の末、デビューすることになって サナにもONCEにとっても幸いだ。 2018年2月4日、日本のCDTVで放送されたドキュメンタリーインタビューによると、「韓国に行って失敗してもいい経験になる」という気持ちで臨んだという。

若くして韓国に来ることになり、最終学歴は中学校卒業だったが(2012年4月高校入学して2週間足らずで4月13日韓国行き)、2016年1月日本に帰って高卒認定試験を終え、高校卒業資格を取得した(韓国で言えば検定試験)。 2016年2月22日、Vアプリで「21歳で高校を卒業しました」と発表した。 一緒に放送していたジヒョの話によると、デビュー曲の活動が終わった後、徹夜で勉強したそうだ。

TWICEメンバーでもデビューまで最も紆余曲折が多かったメンバーなので、まだ自分とチームの人気が実感できず、確信が持てず悩んでいるという。 好きだったファンたちが 急に離れていくのではないかと心配になるという。

カムバックするたびに一度は風邪などを患うという。 カムバック準備の練習とハードなスケジュールが重なれば、コンディションが落ちるのが当然のようだ。 ただHeart Shakerカムバックの時は大丈夫だったのにあまりにも早くカムバックしてしまって体がそのままずっと活動期状態だったという。

SIXTEENでは、足相撲中に一人で足がほどけて、倒れるなど、運動音痴ギミックがある。 このギミックが続いてミュージックビデオで他の日本人メンバーのアクロバティックな姿勢を真似して失敗するギャグカットも出て、ダンスブレイクの時、開脚に失敗する姿も見せたが、実はガールズグループらしく十分柔軟だ。 他のダンスブレークでは簡単に開脚に成功した姿を確認することができる。

デビュー曲で活動しながら最も多彩なヘアスタイルを披露したメンバーだ。ミュージックビデオですでに4つのバージョンのヘアスタイルを披露したが、その後放送活動をしながら10種類以上のカラーとスタイルで舞台に立った。 リンク先といえば思い浮かぶツインテールからプカ髪、イネ髪、ロングヘア、カール、だんご髪、ハート髪、編んだ髪などスタイルも多様で、カラーもアッシュグレーから茶色、MAMA授賞式用ピンク、明るい茶色、金髪まで。 サナ本人はウェーブなロングヘアが好きだという。 ハーフアップお団子ヘアの場合、首を反らす振り付けの時、他のメンバーに比べて単調に見えて好きではないという。 その他にTWICE1周年Vアプリでサナの発言によると、PAGE TWOショーケースの頃に披露された爆弾ヘアは黒歴史だと思っているようだ。

大雑把な振る舞いをしているせいか、映画館の行事ではポップコーンをこぼしたり、行事のたびに装飾用の鉢巻きを落としたり、車のドアにコートが挟まった写真が撮られるなど、「愚かなギャグ」を披露し、笑いを誘う気質を持っている。 ファンサイトでは「サトソリ」と呼ばれる科学チームメンバーのジョンヨンとジヒョの証言によると全く演出ではなく、日常生活でもよく落としたり宿舎でもそのまま倒れるなど「元々そういうキャラ」だという。音楽ライブ中にイヤモニを落とすことも。

顔がむくみやすい体質なので、普段から腫れマッサージのようなものをよくするという。 マッサージが上手で、メンバーたちにマッサージをしてあげたりもする。

頬の肉がふっくらしていて歯並びがよく似ている動物がたくさん言及される。 本人自ら、「私は太れば動物に似て、痩せたら人に似ているようです」と述べた。 似た動物はリスと砂漠の狐がよく言及され、ファーストアルバムの活動以後は柴犬と比較される写真がよく掲載される。最近では、本人がこの柴犬ギミックを受け入れたのか、メンバーに「私は前世は柴犬だったと思う」と話したりもする。

慶尚道(キョンサンド)方言のイントネーションが外国人らしくなく、非常に自然な方だ。 甚だしくはTWICEの韓国人メンバーたちよりも好きだ。 関西弁が日本標準語よりイントネーションが強く、慶尚道(キョンサンド)方言がよく似合うと言われる。

ツイッターで、「#とにかく可愛い湊崎」タグで検索すると、日本のファンらが掲載した様々な可愛い男の写真を見ることができる。 日本の多くのファンがサナの写真をツイッターに載せる時「#とにかく可愛い湊崎」を基本タグとして使っている。

日本ではサナのキャラクターをポンコツと主に呼ぶ。サナが物をこぼしたり、バランスを崩して倒れるなどの行動を見せるたびに、「ポンコツ戦士」、「ポンコツ伝説」、「ポンコツ大将」などと呼んで賞賛(?)する。

2枚目のミニアルバムPAGE TWOのショーケース後、「CHEER UP」でサナが歌うパートの「SHY SHY SHY」が話題になった。 別名「シャシャシャ~」として各種ドリップに使われ、公式ツイッターもまたシャシャシャドリップに参加してブームを引き起こした。2016年4月26日には、TWICE関連コミュニティでは、掲示文ごとに「シャシャシャ」が貼られていたほど。 結局、間もなくシャシャシャ部分のポイント振り付けが新たに追加された。

お父さんがかなりイケメンだ。サナが父親の顔を受け継いだようだが、実際にサナが眼鏡をかけると父親によく似ている。その他の父親の外見がプロ野球LGツインズのパク·ヨンテク選手に似ていて話題になったこともある。 似ていると言われているもう一人は、元サッカー選手で現在は芸能人兼MBCサッカー解説委員の安貞桓(アン·ジョンファン)。 こちらの場合、サナ本人も父親に似ているようだと何度も言及した。

ガールフレンドのウナと親しくなった」と話した。 二人で撮った映像 毎回、授賞式のたびに2人は抱き合っている間柄だ。 そして2017ガオンチャートミュージックアワードで イェリンともかなりの親交を誇った。 2017年の歌謡大祝祭でもサナが直接ウナの名前を言及し、「親しい」と言及した。後には自分のガールフレンドだと言った。

そのほかにもガールズデイのヘリともデビュー前から意外な付き合いがあるそうだ。 アユクデでファンが撮った写真によると、二人がくっついて談笑している姿が撮れるが、デビュー年次がかなり差がある先輩と後輩の間で、接点があまりないのにどうやって親しくなったのかはまだ明らかになっていない。

特に、人を見ると目つきが優しく、また魅了されることで有名だ。 別名サナビーム、メドゥサナ、サミホとも呼ばれ、その対象はメンバー、ファン、同僚芸能人、スタッフなど人を選ばない。

2017年5月20日、初めて両親の若い頃の様子が公開されたが、サナのお母さんの若い頃の様子が今のサナの姿とそっくりなのでファンの間から「サナがサナを産んだ」とと言われた。

2017年5月20日にオープンしたソウル路7017にサナの森が造成された。 これは他でもないサナファン連合が行った2016年サナの誕生日募金額を通じて植林されたもの。過度なプレゼントが原則として禁止されているTWICEのファンらしく、何としてもプレゼントをあげたいという欲求(?)をうまく生かしたものだ。その後、2017年7月30日V LIVEで生放送で行われたサナのデートV第2弾でサナが直接サナの森を見に行った。 しかし、連日続く猛暑と豪雨により、植物の保護のために木の多くがビニールで保護措置が取られてあり残念だった。

以下は日本の女性月刊ファッション誌Pop Teen2017年8月号とnon-no2017年9月号のインタビュー内容をまとめた。

ツウィによると、早口のメンバーだそうだ。 ミナによると、サナは些細なことでもよく笑うそうだ。 そそっかしく、笑いだしたら止まらないという。 その他にも、ツウィもサナさんは、「笑い出したら止まらない」と言及した。 ナヨン、モモも同じインタビューでサナの可愛いところをよく笑うことに挙げた。 ジョンヨンによると、サナはちょっと平然としていて次元が違う感じだそうだ。 そしてマッサージが得意だそうだ。 チェヨンによると、サナは表情が豊かでメンバーたちにもウィンクをよく飛ばしたり、また誰も笑わないときに一人で笑っていたり、本人がなぜ笑っているのかわからない姿を見ることがあるという。 韓国で最も苦労したことは「言語」だという。 本で勉強してみたが、一番いいのは実際に書いてみることで、 練習生時代、友達と話しながら上達したそうだ。 美容の秘訣として仕事をする前に必ずアイスアメリカーノを飲むことを挙げた。 腫れが引くからだ。

最近、母がプレゼントしてくれた本を読み始めたそうだ。 よく使う日本語会話は忘れないが、難しい語彙は普段あまり使わず忘れてしまうためプレゼントしてくれたそうだ。

「One More Time」のミュージックビデオが個人的に気に入っているという。夜明けに撮影して疲れていたが、それでも気に入っているという。 チェヨンシーンの子犬が好きで、ナヨンシーンの明かりが不思議だったという。

以下は日本の女性ファッション誌non-no2017年12月号のインタビュー内容をまとめたもの。

自分のチャームポイントとして「鼻」を挙げた。 鼻は父親に似ているという。 幼い頃から「お父さんに似て鼻が高いね~」とよく言われるという。 おっちょこちょいな性格は母親に似ているという。 毎朝夕方に2回体重を量るという。 これを、デビュー時から約2年半の間地道にやっており、 体重確認を通じて、無理なく食事量を調節できるという。 朝、鏡を見たとき、顔がむくんでいると気分が悪くなるそうだ。 寝る前&起きた時にリンパマッサージをしなければならず、夜はストレッチングもしながら、いいコンディションを維持しようとするそうだ。 最近から月1回ずつ、美容院でトリートメントを受けているという。 カラーリングをよくしたので髪がかなり傷んだが、一度で元に戻ったという。 ふわふわのニットが大好きだそうだ。 白をよく着るが、ピンクや水色もそうだという。 片方だけオフショルダーにして、スキニージーンズと合わせて着るのがかわいいという。 秋には、ベージュのニットに挑戦したいという。 本人の私服コーディネートは毎回違うという。 ニットでコーディネートすることがあり、オーバーサイズのトレーニング·ウェアをワンピースのように着る日もあるそうだ。 モモによると、モモと服の好みが少し似ているそうだ。 海外で買い物をする時、別々に通ったのに同じものを買ったことがあるという。この前は上下のペアで同じ服を選んで 「こんなに被るのは逆に怖いね!(笑)」と、モモが驚いたことがあるという。 "TT"のMVとジャケット写真を撮影する時ボールドなアイシャドウをしたが、機会があればまたやってみたいという。 マートに買い物に行けば、洗剤コーナーに寄る。 理由は分からないが、柔軟剤や粉洗剤などを真剣に見る場面がしばしば目撃される。

以下は日本の"CanCam"2017年12月号でサナのインタビューをまとめたもの。 好きな食べ物はチュトロという。 憧れの女性に俳優「パク·スジン」を挙げた。 パク·スジンの雰囲気が好きだという。 普段からチェックスタイルも好きで、花柄のワンピースもよく着るそうだ。 自分のファッション·カラーは基本的に「モノトーン」という 最近はレッドに気が向くという。 「デストロイド·ジーンズ」三着を最近買ったそうだ 普段ファッションの好みが似ているのは「モモ」という。 事務所に日本の雑誌が置いてあって読んだりするそうだ。

下記は日本の「an·an magazine」でサナのインタビューをまとめたもの。 上にイチゴが載った「チーズケーキ」や「タルト」を食べると幸せだという。 北海道の中土に旅行に行きたいという。 もともと中トロが大好きだが、昔家族で北海道に行った時に食べた中トロが忘れられないそうだ。 口の中に入れた瞬間、溶けてしまったという。 北海道に行く機会があれば、5日連続で朝から晩まで中トロを食べ続けてどれだけ食べられるのか試してみるという。 休暇が取れたら、「サーフィン」に挑戦したいという。 子供の頃、家の近くに海があったのでよく行っており、水泳ができるそうだ。 しかし、本人の運動神経が良い方ではないため、サーフィンをする時、ボードの上に立つ自信は全くないという。

くしゃみがとてもユニークな方だ。同じメンバーのモモもくしゃみが珍しい方だが、サナはそれ以上の特異さと可愛さを持っている。

肩と鎖骨ラインがきれいなためか、オフショルダーをよく着る。 これまで着た回数だけ数えてみても数百回にはのぼる。

以下は日本の"mini"2018年3月号でサナのインタビューをまとめたもの。 化粧の際、唇と鼻ラインに気を使うという。 鼻の横を明るくするという。 最近はダルメシアンにはまっているそうだ。 普段はヒールをあまり履かないが、日本の雑誌の撮影の時、きれいなヒールを履くようになり、気に入って同じものを買ったという。 毎晩腹筋運動をしているそうだ。 夜空や夜景のきれいなところへ旅行に行きたいそうだ。

以下は日本の「SEVENTEEN」2018年3月号でサナのインタビューをまとめたもの。 好きな韓国語の単語に"恥ずかしい"を挙げた。 カロスキルに行くと、服や化粧品を見て食事やデザートまで食べた後、宿泊先に帰るという。 広瀬すずが好きだそうだ。 「最下位魔女ミルドレッド」というドラマが好きだそうだ。 ハリー·ポッターシリーズのように魔法が出てくる作品がいいという。 夜、お風呂に入った後、顔パックをする時が幸せで、1週間のうち4日は寝る前にパックをするという。 日本にいるときは、朝に時間があるとよく「アロエヨーグルト」を食べるそうだ。

(2018年NYLON3月号)最初TWICEメンバーになった時、心寂しかったことが多かったという。 本人は元々、親しい人たちによくキスをする方だが、メンバーたちは最初、これを嫌がったり、やめさせたという。ところが最近は、初めてチームになった時とは違ってよく受け入れてくれるそうだ。

2018年10月16日、Vアプリで韓国語能力試験を受けようと思った」と話した。 しかし、TWICEの忙しいスケジュールのせいで、 試験を受ける余裕がないようだ。 「チュー」、「オッパ(韓国語でお兄さん)」という単語が可愛いという。 日本語には 'パ'、'ポ'のような発音がなくて可愛く感じるそうだ。

小学生の時自動販売機から飲み物を取ったら、小さな蛙の群れが飲み物と一緒に出て、小銭が出る所からも出て小銭、飲み物の両方をあきらめて逃げたことがあるという。

TWICEも中堅ガールズグループになると年の離れた若いファンが結構いたが、年末の授賞式や国外公演でサナが久しぶりに母国語の日本語を使うと「うわ~サナさん、日本語上手!」と言いながら、面白がる書き込みが掲載されたりする。

最近デビューする新人アイドルグループに外国人メンバーが大幅に増え、サナもいつの間にか日本出身のアイドルメンバーにとって憧れの的になったりする。 例えば、IZ*ONEの日本人メンバーである咲良は、本人の個人ラジオで奈子、仁美と一緒にスマホの背景画面をサナの「YES or YES」のプロフィール写真に合わせたと話し、「サナさんは写真や画面で見るより実物が5千倍ほどきれい」と述べた。

上記のエピソードには裏話があるが、2019年ソルアユクデ撮影中にサナが咲良に"ラジオで私の話をしてくれたんですって? ファンから聞きました」とさくらに語ったという。 そしてこの話もまた咲良が進行しているラジオ番組で言及された。 本人が考える本人の最近のチャームポイントは、短い髪だという。