PS20041300017.jpg

1 概要[編集 | ソースを編集]

Nizi Project(ニジプロジェクト、虹プロジェクト)は韓国のJYPエンタテインメントと日本のソニーミュージックがコラボレーションし、ガールズグループを選抜するグローバルオーディションプロジェクトである。 最終的に選抜されたメンバーで結成されるグループは2020年11月にデビューする。

放送は2つのパートに分かれ、2019年7月から約1ヶ月間行われたオーディション及び最終デビュー組選定のためのサバイバル過程を描いたパート1と、選抜されたデビュー組メンバーの韓国でのトレーニング過程を描いたパート2が放送される予定だ。 パート1、パート2ともにOTTサービスのひとつであるHuluを通じて放送中。[1][2]

2 予告編[編集 | ソースを編集]

2.1 Part 1 Teaser[編集 | ソースを編集]


2.2 Part 1 Teaser 2[編集 | ソースを編集]

2.3 Part 2 Teaser[編集 | ソースを編集]


3 放送前の情報[編集 | ソースを編集]

以下の内容は放送前の情報であり、実際の内容構成と異なる可能性があるため、実際の放送内容および選抜過程は概要および他の段落を参考にすること。

  • JYPエンタテインメントソニーミュージックエンタテインメント(日本)両社が共同で制作する。
  • 2019年7月の名古屋をスタートにし、大阪広島福岡沖縄東京仙台札幌そしてアメリカハワイ州ロサンゼルスにわたって、約1ヶ月間オーディションを行う。
  • オーディションを経て選ばれた候補生の中からデビュー準備組20名[3]を選抜する予定だ。
  • ここまでの過程を盛り込んだ放送を2019年10月に放送する予定。[4]
  • デビュー準備組20名は、韓国にある「JYPエンターテインメント」トレーニングセンターで6ヶ月間、デビューのためのトレーニング[5]を受ける予定。
  • トレーニング期間が終わった後、最終メンバーを選抜して2020年11月デビューをする予定。
  • トレーニング過程とデビューメンバー選抜過程を含む放送を2020年4月に放送する予定。
  • 2019年3月28日、Nizi Project Global Auditionの最初のティーザーが公開された。 [2]
  • 2019年4月23日、Nizi Project Global Auditionの2回目のティーザーが公開された。 [3]
  • 2019年6月26日、JYPエンターテインメント所属のアーティストが登場したNizi Project Global Auditionの紹介映像がアップロードされた。 [4]
  • 2020年1月31日、JYPエンターテインメント所属アーティストのNizi Project応援映像がアップロードされた。 ストレイキッズITZY2PMニックンTWICE

4 参加者[編集 | ソースを編集]

4.1 パート2参加者[編集 | ソースを編集]

1.アヤカ (新井 彩花 / Arai Ayaka)

2.リリア (池松 里梨愛 / Ikematsu Riria)

3.アカリ (井上 あかり / Inoue Akari)

4.リク (大江 梨久 / Oe Riku)

5.マユカ (小合 麻由佳 / Ogou Mayuka)

6.マヤ (勝村 摩耶 / Katsumura Maya)

7.ミイヒ (鈴野 未光 / Suzuno Miihi)

8.リオ (花橋 梨緒 / Hanabashi Rio)

9.ニナ (ヒルマン ニナ / Hillman Nina)

10.マコ (山口 真子 / Yamaguchi Mako)

11.ユナ (ユナ / Yuna)

12.リマ (横井 里茉 / Yokoi Rima)

13.モモカ (平井 桃伽 / Hirai Momoka)

4.2 参加者の身長[編集 | ソースを編集]

公式発表がなくすべて未公開状態ではある。 アミューズの公式[6]プロフィール上、ニナの14歳時の身長が164cmと公開されていたが、この1年で大きく成長しているように見えるという意見が多数。 実際、TWICEツウィのように、若い時にデビューするアイドルは活動しながら身長が伸びてしまうことも多いため、JYP側で現時点の公式プロフィールを公開しないかぎり、正確な身長を分かることは難しい。 最長身だったスズがパート2を辞退したため、現在の最長身はアヤカを追撃しているニナ

5 評価[編集 | ソースを編集]

5.1 国内での評価[編集 | ソースを編集]

  • 似たようなポジションのガールズグループだったE-girlsが解散の手順を踏んだことで思わぬ反射利益を得たと推測される。 実際、EXILEグループ傘下のアカデミーであるEXPG出身の受講生が当該オーディションを受けたというツイートやウェブ記事などが上がったり、合格者の中には元々E-girlsのジュニアクラスのグループでメンバーとして活動していた人もいるほどだ。 日本ではこのような「クールなコンセプト」のガールズグループは意外とパイが小さいため、行き場のない参加者たちが多くニッジプロジェクトの方に集まったようだ。
    • また、EXPGを主管とする所属事務所LDHが2017年頃から特撮物を制作しながらEXPG出身受講生の一部がデビューをし、日本でもTWICEの人気でE-girlsの立場が弱まり、中高生ではない幼児向けターゲットを変更したため、受講生たちが望む方向のデビューの可能性が減ったことも影響したと見られる。 現在、EXPGでデビューする方法は当該特撮物シリーズのオーディションに合格することだけだ。
    • EXPGの特性上、LDH所属グループに憧れて受講生となる場合がほとんどであるが、E-girlsが日本国内ではアーティスト扱い[7]とされているが、日本国内におけるK-POPの位置が上昇し、多くの進出を成し遂げながら、これ以上LDHからE-girlsのようなグループが出ない可能性も高いため、EXPG受講生にとってNizi Projectはとても良い機会だったといえる。
  • 参加者の実力が偏っているため、サバイバルとして大きな意味があるのかという疑問もある。 今のところ放送内容を見てもわかるように、上位グループがある程度固定されていて、そのうち数人はすでにデビュー確定ではないかと言われるほどの実力差を見せている。つまり、上手な人だけ継続して上手な構図が作られているということ。もちろん、少しずつ成長する姿を見せる参加者もいるが、まだ上位クラスの参加者の実力には及ばないのは事実。
  • 比較的に悲惨な反応だったパート1(シーズン1)に比べ、本選と言えるパート2(シーズン2)に対する日本国内の反応は、かなりの変化があった。「スッキリ」では、国内のスターを抜いて歴代最高のリアルタイム投票数を達成し、毎日放送が終わると、ヤフー・ジャパンリアルタイムトレンドランキングの上位圏にも上がっている。 さらに今は、公式SNSを通じて練習生の映像が掲載されただけで、ヤフー・ジャパンのランキングに上がる状況にまでなった。このため、スッキリ放送は週1回から2回に放送を増やし、分量も大幅に拡大した。広告がすごく入ってくるようだ[8]再放送のような本番と言える Huluプラットフォーム [9]基準で見ても [名探偵コナン]などアニメーションを抜いて ニジプロジェクトパート2の3話、4話分が週間チャート2位を記録している。このような人気は、大物スターたちのSNS視聴認証、国内最高の人気朝の放送の一つであるスッキリの広報効果、放送の面白さ、リオ、マユカ、アヤカなどが次第に急成長し、従来通りだった上位圏を押し下げ、一層興味深い要素など、様々な理由がある。 そしてコロナにより、多くの人が家でテレビを見ていることも大きな影響があり得る。
  • 2020年5月24日にニジプロジェクト本番が放送された[Hulu]で[鬼滅の刃]、[名探偵コナン]など人気番組を抜いて初の週間チャート1位を達成した。
  • 2020年6月、ニジプロジェクト関連放送が最終回を目の前にして拡大編成される。バラエティー番組虹のかけ橋を既存の30分から60分に拡大編成される。日テレすっきりでは15日から10日間「ニジプロジェクト特集コーナー」を進行する。関東地域限定で21日『虹のかけ橋 デビューメンバー最速公開スペシャル!』という特集番組が放送される予定。

5.2 韓国内の評価[編集 | ソースを編集]

  • 韓国のネチズンたちは「日本人をK-POPの方式でプロデュースした後、世界に『J-POP』として広報させる番組」と強く批判している。
  • 韓国のネチズンたちがこの番組にひときわ否定的な反応を見せる理由の一つは、日本国内ではこれまで韓流を過小評価してきたという認識があるからだ。いまだに多くの日本人は韓流を評価する際、韓国政府の国策のおかげだと分析しており、Kポップは「Jポップ模倣、パクり」というふうに、k-popの影響力や文化をけなす発言を多くしてきた。 実際そうじゃないかも知れないが、韓国ではそういう認識が強い。特に、マツコがK-popをけなす発言動画が広まっている。プロジェクトを進行しても、K-POP、韓国のイメージは消され、J-POP復興への足がかりになるという見方が多い。
  • 2019年下半期の「韓日貿易紛争」以降、ただでさえ否定的だったネチズンの感情がさらに悪化している模様。「日本市場に目がくらみ、K-POPを売っているのか」と非難する人もいるほどだ。 実際、このためか、元々2019年10月にオーディションの工程を収めたパート1が放送予定だったが、計画が見送られ、結局2020年になってようやく番組が公開されるようになった。
  • PRODUCE 101 JAPANも否定的な反応につながった。デビュー直前まで勝ち進んだ韓国人練習生たちが最終放送前に突然降板された。悪質な書き込みや議論のため自ら降板したと説明したが、ほとんどの韓国人ネチズンは、韓国人といえば[反日]イメージがあるため、デビューすれば否定的なイメージが生じるから降板「された」と思っている。 そのため、日本と共にするオーディションは、このようなやり方で韓国というイメージだけ消耗され、利用だけされることになるだろうという見方が多い。
  • 放送が始まってから、韓国コミュニティでの評価や反応は意見あ分かれている。依然として否定的な世論があるところもあり、期待を上回る練習生たちのレベルから韓流に役に立つから応援するべきだという人も増えてきた。

6 余談[編集 | ソースを編集]

  • パク・ジニョンは2018年7月に行われたJYP2.0で、新しいプロジェクトとして日本人メンバーのみで構成された日本版TWICEを作ると宣言した。 #以降、2019年にはITZYのデビュー時期に合わせてニジプロジェクト計画を明らかにし、「日本人が日本でK-POPをするガールズグループにする予定」と方向性を明確にしている。 おそらく日本版TWICEというコンセプトから修正・補完した形が本プロジェクトであると推定。
  • 実はJYPで全員日本人で構成され、日本を主な舞台にするガールズグループを作るという計画をしたのはずいぶん前だ。 早速TWICEメンバーのモモ、サナ、ミナも日本のガールグループを準備していたがSIXTEENに参加することになった。 サナ、モモが2012年にJYPに練習生として入社したが、それ以前から計画があったと仮定すれば、少なくとも7年前から準備したと予想できる。
  • JYP単独ではなく、ソニーミュージックエンタテインメント(日本)とコラボレーションでプロジェクトを進めることについて、疑問に思う人が多い。 しかし、日本に進出する韓流歌手らは、そもそも韓国本土の事務所ではなく、日本に現地事務所を別途設けて活動を行っており、そのため、韓国では全く異なる事務所の歌手が、日本では同じ所属会社のケースもかなり多い。[10]また既にソニーミュージックと自社レーベルの2PMが所属しているため、JYPはもともと縁があった。
  • 2019年後半、インターネットを通じてJYPエンターテインメント|JYP練習生として知られていた日本の有名ラッパー「ZEEBRA」の娘横井リマ/Nizi Project 横井リマが当該オーディションに参加したことが確認された。JYP日本人練習生 山口真子/Nizi Project 山口真子鈴乃みいひ/Nizi Project 鈴乃みいひ もそのプログラムに参加した。 その他、JYP練習生ショーケースの舞台に上がってきた[[日韓ハーフ]練習生アンユナも参加したことが確認された。 [日本]と関連のあるJYP][練習生の大半は参加したと推定され、JYP所属の練習生出身の参加者は計4名である。 そして4人とも最終デビュー組メンバーに含まれた。「JYP練習生出身の参加者に対する偏愛があるのではないか」という意見があったが、偏愛というよりはすでに韓国で韓国風にトレーニングを受けてきたため、他の参加者より容易なだけだ。 むしろJYP練習生出身の参加者が脱落していたら、一体何があったからJYP練習生が落ちてしまい、とんでもない人が付いたのかと論争になったはずだ。 もちろん、JYP練習生が参加すること自体が公正ではないとも思われるが、約1年半程度という短期間にわたってK-POPアイドルグループを作らなければならないプロジェクトの特性上、韓国式トレーニングに慣れ、チームを引っ張ってくれる人が必要なのは現実的にやむを得ないことである。]
  • パク・ジニョンが他社と手を組んでプロデュースしたケースは、今回が初めてではない。 すでに「女子Rain(ビー)というタイトルでデビューした歌手アイビーの事例もあり[11] 本人が直接ミュージックビデオに出てラップ(!)をしたこともあるし、「ビー」の日本ショーケースの現場に同席させて観客に舞台を披露したこともある。 godのように、元々は他社所属のボーイグループだったが、事実上、活動中ずっとパク・ジニョンのプロデュースを受けたケースもある。
  • 日本の所属事務所傘下のアカデミーの受講生たちもかなり多く志願したようだ。 早速、第1話の志願者の中でもEXPG受講生出身が出て合格を勝ち取った。
  • 日本テレビの朝の番組である‘スッキリ’でその週に配信される部分の一部と参加者たちの評価順位の一部が公開されている。
  • 日本テレビで毎週金曜日0時59分『虹プロジェクト』のための特別バラエティ番組虹の掛橋を放映している。
  • Nizi Project公式ホームページにパート2に参加することになったメンバー13人のプロフィール写真が掲示された後、「同じ人なのか」という反応が出ており、「K-ビューティー」のすごさを実感した人が多く、JYP所属のスタイリストらが思い切って実力を発揮したのではという評価も出ている。
  • 鬼滅の刃の主演声優である鬼頭明里がこの番組にはまっていると本人のツイッターで明かした。

7 関連文書[編集 | ソースを編集]

  1. 日本でしか見れない。
  2. パート2は元々日本の[日本テレビ]チャンネルを通じて放映される予定だったが、コロナ19の影響で放送編成が押されている状況なので地上波放送をあきらめたものと見られる。 代わりに[4月17日]から日本テレビ虹の架け橋という特別番組が放映される予定で、MCはPPAP古坂大魔王がMCを務めた。
  3. 記者会見では20名を選抜すると言ったが、実際には14名が選抜された
  4. しかし、2020年1月に延期された。
  5. ダンス、ボーカル、体力管理、人間性教育
  6. 現在は削除
  7. AKB48グループなどをアイドルとして扱われ、音楽性と実力が優れた場合アーティストだけ称しているが、E-girlsはアーティストとして扱わている。
  8. ただスッキリのニジプロジェクト放送部分に中間広告が途方もなく増えたので見る人の立場では短所になった
  9. すでにスッキリとニジカケなど地上波放送を通じて主要内容が先に編集されて行くため、もともと本番のはずが再放送のような状況になった
  10. 代表的にSMエンターテイメント|SMYGエンターテイメント|YGと契約中のエイベックス|エイベックス少女時代KARA|KARAと契約したユニバーサルミュージックジャパンなど事例がある
  11. 実際アイビーファストアルバムは事実上JYPアルバムと言っても差し支えないほどパク・ジニョンの手助けが多く含まれている。