ITZY
イッジ
있지
Itzy logo.png
ITZYのプロフィール
国家 韓国
ジャンル K-POP
デビュー 2019年2月12日
年齢 2周年
デビューアルバム IT'z Different
事務所 JYPエンターテインメント
ファンクラブ MIDZY(ミッジ)
リーダー イェジ
メンバー
イェジリアリュジンチェリョンユナ


1 概要[編集 | ソースを編集]

All in Us! こんにちは、ITZYです!

ITZYは、JYPエンターテインメントTWICE以降、3年4ヵ月ぶりにリリースした5人組ガールズグループだ。 「ワンダーガールズmiss ATWICE」というJYPガールズグループ名家の流れを引き継いだだけに、デビュー前から期待が高かった。 2019年1月21日0時にデビューティーザーが公開され、同年2月12日に正式デビューした。

JYPが第4世代を狙い撃つべく自信を持ってリリースしたガールズグループで、その成果をユーチューブ、受賞、アルバム、音源など多方面で見せており、現在JYPを代表するガールズグループの一つとして位置づけられている。

2 詳細[編集 | ソースを編集]

2.1 グループ名[編集 | ソースを編集]

「ITZY」(イッジ)と読み、 「あなたたちが望むものは全部あるでしょ? あるわよ!」という意味を持っている。

ローマ字からなる公式ロゴはITZYの全般的な公式活動に使用されている。 公式SNSアカウント、ユーチューブチャンネルでは、毎アルバムごとにコンセプトの色に合わせてロゴをアップデートし、プロフィール写真として使っている。

2.2 挨拶法[編集 | ソースを編集]

「All in Us!」と叫びながら両手をV字にした後、アルファベットZの形になるようにお互いに交差させる手の挨拶がポイント。 もともといろいろな候補があったが、外国の童謡であるItsy Bitsy Spiderの指踊りからインスピレーションを得たリュジンのアイデアが採用され、今の公式挨拶法が誕生したのだ。

2.3 掛け声・応援法[編集 | ソースを編集]

現在、メンバーが挨拶を行う際の掛け声は、グループ名とファンの名前を入れた「ITZY! MIDZY! ナルジャ!(意味:飛べ)」だ。「ナルジャ!」の時、手のひらでバタバタするジェスチャーをすることもある。 デビュー当初は「ITZY! ITZY! ナルジャ!」がグループの掛け声で、現在の掛け声は、当時ファンミーティングのようなイベントでファンと一緒に叫ぶ時に使われた一時的なものだったが、最近はその掛け声が正式版になっている。 2020年2月に行われた「1TZY 1ST B1 RTHDAY V LIVE」で、デビュー1周年を記念し新しい掛け声を考案したが、定着するかどうかはわからない。

1TZY 1ST B1RTHDAY V LIVEで考案した掛け声をもとに作った WANNABE活動用のスローガンをIT'z MEショーケースで公開した。 リュジンが一度足を大きく踏み鳴らすと、「ITZY! MIDZY! WANNABE! ウ!」と掛け声が続く。

ファンの応援法は、メンバーの名前を順番に呼ぶのが典型的なものだ。年齢順にイェジ - リア - リュジン - チェリョン - ユナ-ITZY(曲のタイトル)。

3 PV[編集 | ソースを編集]


ITZY "마.피.아. In the morning" M/V (マフィア)
メインタイトルのマフィアはパクジニョンが作曲、作詞を担当した。

4 メンバー[編集 | ソースを編集]

4.1 ポジション[編集 | ソースを編集]

4.1.1 メインボーカル&リードボーカルライン[編集 | ソースを編集]

リア:メインボーカル メンバーの中で音色が一番軽く、感情表現がとても上手でR&Bなどのソウルフルな音楽によく合うボーカルだ。 高音域が強みの他のガールズグループのメインボーカルと違って、低音で中音域が最も安定しているが、高音もきれい歌いこなす。 (特にDALLA DALLAとICY) ダンスについては多少不安定な部分があり実力面で指摘があったものの、活動を重ねるごとに上達しており、<Be in love>ではパートの分量が最も多く、アドリブパートもこなした。メインボーカルとして十分な資質を備えているが、JYPの音楽特性によって埋もれるケース。 例としてワンダーガールズのメインボーカル、イェウンとTWICEのジヒョがいる。

イェジ:リードボーカル チームの高音担当。リードボーカルだが、メインボーカルのリアに劣らない実力を見せており、メインダンサーを務めているだけにダンスが非常に安定している。 座ったり立ったりする激しいダンスでも、安定したきれいな声で高音を歌い上げる。 声量、発声、音域帯、ダンスにおいて、ガールズグループのメインボーカルに求められるレベルを備えており、多くの曲でパートの分量1位を占めた。 このためほとんどのネチズンが「メインボーカルと比べても実力は上位に入る」などの反応を見せている。

4.1.2 サブボーカルライン[編集 | ソースを編集]

リュジン:サブボーカル 低い音域で魅力的なボイスが特徴的で、ITZY内で最もボーイッシュな声のメンバーである。 WANNABEとWant Itで地声で出しにくい音域をこなした。 チェリョン:サブボーカル JYPで最も長く練習生として活動していただけに、生歌の実力が非常に高く、低音、中音、高音の全てを安定して歌いこなす。 どの音域でも声がきれいに出る。 ユナ:サブボーカル 明るくハツラツとして弾む音色が特徴で、音域帯もかなり高く、難しい高音パートもすっきりインパクトよく歌いこなす。

4.1.3 ダンサー·ライン[編集 | ソースを編集]

チェリョン:メインダンサー そつなくこなすタイプ。 細かい動作の多い振付はやや雑に見えることもあるが、彼女は動作一つ一つを飛ばさずに全部生かして踊る。 強弱調節が上手で、手の動作にポイントを与えるのが特徴だ。 難しい振り付けでも、簡単に軽く踊っているような印象を与える。 「綿毛」というニックネームが惜しくないほどだ。

イェジ:メインダンサー ITZYのチームコンセプトに合った華やかなダンスを最もうまくこなす。 そのため、ダンスブレイクパートによく割り当てられる。テコンドーを連想させるようなパワフルなダンスラインが目を引き、イェジがパフォーマンスの中心だという意見が多い。 ダンス界でも認められており、センターの1、2位を争う。

リュジン:リードダンサー リュジンのダンスは強弱の調節能力に優れ、力があるためマニアなファンがついている。 リュジンのダンスラインがチームのコンセプトをはっきりと見せてくれるため、主に曲の重要な部分のパフォーマンスを担当する。

4.1.4 ラッパー·ライン[編集 | ソースを編集]

リュジン:メインラッパー リュジンはラップに非常に良い重低音を持っており、発声が正確であるため、曲の雰囲気を転換させる役割をする。 ITZYのコンセプト上、ラップの比重が他のガールズグループに比べて多いため、メインラッパーのリュジンの役割が非常に重要だ。

チェリョン:サブラッパー チェリョン特有のまっすぐ伸びのあるきれいな美声は、ラップをする時も強みとなる。 そのため、頻繁にラップパートを割り当てられる方であり、ラップの実力が伸びてことで、WANNABEではメインラッパーのリュジンとラップパートを二分しながら、ラッパーとしての実力を証明した。

イェジ:サブラッパー 声量が良く、ラップをする時、力が溢れている。 Not Shyでメインラッパーのリュジンと一緒にラップパートを割り当てられた。

5 炎上[編集 | ソースを編集]

5.1 リアのイジメ疑惑[編集 | ソースを編集]

  • リアの学生時代に暴力ふるったという疑惑が浮上した。学校暴力には大変厳しい韓国であるため、ヒョウンジンのように非難の声が大きい。
  • JYPエンターテインメントからはリアの脱退はないと公言したものの、2022年2月(itzyデビューから3年)に新しいガールズグループをデビューさせると発表したため、結局ITZYは疏遠にされていくだろうと推測する人も多い。

6 余談[編集 | ソースを編集]

  • メンバー全員がデビュー時からルイ·ヴィトンのイベントに招待されたことがあり、現在協賛もLVMH所属の有名ブランドから多数受けている。
  • メンバー全員が2000年代生まれで、生年月日はイェジ(2000.05.26.)、リア(2000.07.21.)、リュジン(2001.04.17.)、チェリョン(2001.06.05.)、ユナ(2003.12.09.)の順だ。
  • ITZY(ITZY)というグループ名は、パク·ジニョンが付けた名前だ。
  • 2010年代からK-POP市場で外国人メンバーを含む多国籍アイドルグループのリリースが増えている傾向とは異なり、メンバー全員が韓国人だけで構成されている。 外国生活経験のあるメンバーもリアだけだが、小学生の時、しばらくカナダで留学したのがすべてだ。
  • 大半が本名から姓を取った名前をそのまま活動名として使っているJYPガールズグループの伝統に従って、リアを除いた4人が本名を使っている。 リアの本名は「ジス」で、TWICEのジヒョが活動開始前に改名したのと似たような理由で、本名の代わりに英語名の「ジュリア」から取った「リア」を活動名に使っている。
  • リュジンとユナはシン氏なので、JYPアイドルグループのもう一つの特徴であるメンバーの苗字が違うということには当てはまらない。
  • JYPアイドルグループのもう一つの特徴ともいえる生年月日が最も早いメンバーがリーダーをしないという伝統には従わなかった。 リーダーのイェジは、上述したようにメンバーの中で最も生年月日が速く、練習生期間も2年8ヵ月とチーム内では中間に当たる。チェリョンの方が、 練習生期間がもっと長い。
  • メンバーはチーム名のITZYをIT'z Differentのジャケット撮影当時に知ったという。
  • 血液型が三つに分けられる。 ただし、O型はいない。 A型が2人、B型が2人、そしてAB型が1人。

誕生日も満遍なく分布している。 4月(リュジン)、5月(イェジ)、6月(チェリョン)、7月(リア)、12月(ユナ)。

  • もう一つの特徴として、メンバー5人が全員出身地が違う。
  • リュジンと一緒にミックスナインに参加した練習生のパク·ソンミンがデビュー組に入ると予想されたが、ミックスナイン以後退社した。
  • 普通の10代、20代の少女らしく、はつらつとしたしゃべり方だ。 カフェ特番Vappで自分たちが好きな雰囲気の喫茶店で好きなお茶を飲んでいる途中、その雰囲気にはまってしまいVapp 放送中だということを忘れて、なんと20分間メンバー同士で楽しくしゃべった。 途中、Vapp放送中だったことに気付き、急いでまとめる愛らしい場面を見てファンになった人たちが相当いる。
  • メンバーたちが猫に似ているという声が多い。 JYPが追求する飾らず、自分らしさを追求するイメージに最も合ったメンバーを連れてきたと。 リュジンは立派な猫、イェジは雰囲気のある猫(映画【ヒックとドラゴン 聖地への冒険】のフューリーにそっくり)、チェリョンはツンとした猫、リアははにかむ猫、ユナはハツラツとした猫と言うが、猫よりはウサギのようだ。リアとユナの場合、笑う時に可愛い子犬のようなときもある。 笑った時と笑わない時のギャップがあるためファンも多く、様々な雰囲気を出せる。 芸能人としては非常に大きな長所。
  • 12時が過ぎるとテンションが高くなるという。
  • GSホームショッピングは2019年1月から12月18日まで、自社のホームショッピングチャンネルで流したBGM約1万曲の放送回数を集計した「2019ホームショッピングミュージックアワード」を2019年12月31日に発表したが、ITZYの「DALLA DALLA」が1位、「ICY」が13位にランクインした。
  • メンバー全員が韓国人であるにもかかわらず、英語のコミュニケーション能力が優れている。 3年間カナダ留学の経験があるリアだけでなく、他のメンバーも上級の語彙を除いた一般的表現は通訳なしで理解して答えられるほどだ。 特にリュジンが自然な英語を話し、リアと共にグループの代表的な英語実力者として海外ファンから認められている。
  • メンバーの平均身長は165~166cmで、メンバー全員が韓国成人女性の平均身長(160cm~161cm)を超える。 一番低いリアでも162cmで、韓国女性の平均身長より高い。
  • スポーツ紙「スポーツ朝鮮」は創刊30周年を記念して、計20の芸能事務所の関係者を対象に「2020歌謡界パワーピープル」を選ぶアンケート調査を行ったが、ITZYがトップ新人歌手部門で56点で1位となり、「怪物新人」らしいITZYの姿をしっかりと見せつけた。
  • 「パリにいるでしょep.3」でマカロンをオーブンに入れ出てくるのを待ちながらメンバーたちが一言ずつコメントしたが、ここにメンバーたちの性格がとてもよく表れている。映像リンク
    • チェリョン「私のは普通に出てきてほしい」
    • ユナ 「私のはきれいに出てきたらいいな」
    • リア「私のはもうだめだ」
    • イェジ「私のは美味しかったらいいや」
  • ダンス練習室でMBTI検査を行い、結果を公開した。 メンバー全員がPではなくJで、4人のメンバーはFだが、リュジンだけTだった。

イェジ: ISFJ リア: ENFJ ユナ: ENFJ チェリョン: ESFJ リュジン: INTJ