リオ
Rio(niziu).jpg
Rio
基本情報
本名 花橋 梨緒(はなばし りお)
誕生日 2002年2月4日
年齢 19歳
出身地 愛知県
国籍 日本
ジャンル K-POPJ-POP
ポジション メインダンサー、サブボーカル、サブラッパー
活動期間 2020年6月30日~
デビューアルバム デジタルミニアルバム『Make you happy』
家族 両親
身長 / 体重 161 cm / kg
血液型 B型
事務所 JYPエンターテインメント
所属グループ NiZiU
ファンクラブ NeedU
関連活動 Nizi Project



1 概要[編集 | ソースを編集]


NiziUの元気の源、リオです!


JYPエンターテインメント所属の芸能人で、日本をベースに活動するガールズグループNiziUのメンバー。

2 デビュー前活動[編集 | ソースを編集]

2013年、小学校6年生の時、中部ダンスコンテストで優勝した。 2015年、中学2年生の時からEXILE系人材養成学校EXPG名古屋支店の受講生として入り、E-girlsの弟グループともいえる「Bunnies」に所属して活動した。 該当ユニット活動が終了した後は、EXPGでも上位実力の生徒だけが入ることができるEXPG。Labに数年間所属し、当時のパフォーマンスグループはKIZZYだった。 2018年、高校2年生の時、LDH主催のTHE GIRLS AUDITIONのダンス部門と演技部門にKIZZYメンバーと共に参加したが、リオは不合格となった。 その後、演技がしたくてEXPGスタジオをやめた。そして父の勧めでNizi Projectに参加することになった。

2019年7月から韓国のJYPエンターテインメントとソニーミュージックがコラボレーションするガールズグループサバイバルオーディションNiziProjectに参加した。 2020年1月からNiziProjectが初放映された。

2020年6月26日、デビューメンバーを決定付ける最終順位発表式で4位になり、ガールズグループNiziUとしてデビューした。

3 ポジション[編集 | ソースを編集]

3.1 ボーカル[編集 | ソースを編集]

グループで1、2位を争うダンスの実力とは違ってボーカルには弱い方だ。 そのためかNizi Projectで歌を難しくする姿が何度も見られたが、ICYの舞台のために高音パートを猛練習し、舞台ではそのパートを無事に消化することができた。

3.2 ダンス[編集 | ソースを編集]

小学校2年生の時からダンスを習い始め、EXPGでも上位実力の生徒だけが入ることができるEXPG。labに所属して活動しただけに、真子と共にチームでパフォーマンスの中心を担う役割を果たす。 典型的なEXILE系ダンスと言えるヒップホップ、ラッキング、ストリートダンスなど動作が大きくて体に力がたくさん入るパワフルなダンスを主に習ったので、自分の魅力を発散して観客とコミュニケーションを取ってダンスラインと指先までなど、様々なディテールに気を使わなければならないKpopアイドルダンスには弱い方だ。パク·ジニョンに歌手ではなくダンサーのようだと指摘されたりもしたが、Nizi Projectのファイナルステージを通じて最高のパフォーマンスを見せたという評価を受けるほど成長した。純粋なダンスの実力だけを見れば、マコと共にチーム内トップにつけているほどだが、Kポップのアイドルダンスはほとんど初めてであり、なかなか目立たなかった面もある。 自分にとってダンスとは「自分の人生」と表現した。 まだ幼い年だが、人生の半分以上を踊りながら生きてきたし、踊らなければ感情コントロールができないほど自分にとってはダンスが重要な存在だという。

3.3 ラップ[編集 | ソースを編集]

フリーデビュータイトル曲「Make you happy」でラップまで披露し、ダンスのほかにも次第に成長する姿を見せている。

4 キャラクター[編集 | ソースを編集]

4.1 性格[編集 | ソースを編集]

4.2 趣向[編集 | ソースを編集]

卵が好きだ。 卵を利用した料理の中で一番好きなのはオムライス。

4.3 才能[編集 | ソースを編集]

Nizi Project初予選でAimerの星群のビーナスに合わせて感情を表現するダンスを踊ったが、直接創作した振り付けだったという。 Nizi U 9 Nizi Stories リオ編でこの時相当部分アドリブで踊ったものだったと明らかにした。 その後Nizi Projectの東京合宿当時もR&Bヒップホップ曲「Summertime」に合わせて直接創作した振り付けを披露したことから、振り付け創作に才能があるようだ。 パク・ジニョンから、歌手にとって歌唱力に劣らず重要なのは演技力だが、踊る時、その演技力が目立つという評価を受けた。

4.4 ビジュアル[編集 | ソースを編集]

NiziProjectの第3次オーディションでパク・ジニョンに顔が俳優賞だという話を聞いて、笑う時、右目の下にインディアンのえくぼができる。 「ベビーボックス」のイ・ヒジンに似ている。

5 余談[編集 | ソースを編集]

  • 小学校2年生の時からダンスを習った。
  • 苗字の花橋は、日本で珍しい苗字で有名なサナの湊崎とミナの名井より珍しい苗字で、2017年現在、日本にたった60名存在するという。 さらに、60人中50人がリオの故郷である愛知県に集まっている。
  • 虹プロジェクトに参加する以前に名古屋市栄の韓国料理店でアルバイトをしていた。
  • TWICEのサナに続き、EXPG生徒出身からJYP所属アイドルになった2番目のケースだ。 そしてサナ、オンアンドオフのユーに続き、EXPG出身が韓国芸能事務所に正式に入社してデビューした3番目のケースだ。
  • 16歳の時、インタビューで「歌とダンスが全て可能な俳優になりたい」と話したことがある。
  • 学生時代は陸上部だった。
  • 現在韓国語を勉強している。