EXO
EXOウィキ.jpg
EXOのプロフィール
国家 韓国
ジャンル K-POP
デビュー 2012年
デビューアルバム ミニファーストアルバム MAMA
事務所 SMエンターテインメント
ファンクラブ EXO-L
リーダー スホ
メンバー
スホシウミンレイベクヒョンチェンチャニョルディオカイセフン
旧メンバー
ルハンクリスタオ


1 概要[編集 | ソースを編集]

We are ONE! こんにちは、EXOです!

EXOはSMエンターテインメント所属の9人組アイドルボーイズグループだ。

EXOという名前は太陽系外惑星を意味する'exoplanet'から由来しており、'未知の世界から来た新しいスター'という意味が込められている。2012年3月31日と4月1日にそれぞれソウルと北京でデビューショーケースを開催し、EXO-K 6人とEXO-M 6人からなる12人組でデビューしたが、EXO-Mの3人の中国人メンバーが相次いで脱退し9人組となった。 EXO-KとEXO-Mは、EXOのユニットグループではなく、別個のグループで、EXO-KとEXO-Mが集まって活動する場合、EXOと呼ぶ。

「Growl」ブームが起こった2013年から現在まで高い人気を博している。 最初は青少年層がファンクラブだったが、2015年の「CALL ME BABY」、「LOVE ME RIGHT」のような大衆的なカラーの音楽と共に、2018年から急激に増えているメンバー個人の活動のおかげで現在の20代はもちろん、30~40代のファン層も目立ってきている。

デビュー当初からターゲットにした中国などのアジアでは『Growl』の時からかなり人気があり、北米と欧州では2015年の『CALL ME BABY』、2016年の『Monster』などで人気を得た。 2017年に「Ko Ko Bop」の振り付けの一部分を使って作った、いわゆる「ココご飯チャレンジ」が世界的に有名になり、2018年の平昌オリンピックで披露された舞台のおかげで、欧米でも人気が高まっている。 中東ではアラブ首長国連邦の噴水ショーのBGMとして「Power」が2018年頃から約1年間使用されるようになり、急激にファン層が厚くなっている。

2 メンバー[編集 | ソースを編集]

12人組でデビューしたが、クリス、ルーハン、タオの中国人メンバーが脱退した現在、韓国人8人、中国人1人の計9人のメンバーが活動する。 3人の脱退以後、EXOはKとMを問わず活動を続けてきたことから、完全体で引き続き活動する予定と見られる。

2.1 メンバー間の関係と性格[編集 | ソースを編集]

かなり絆が強い方だ。 EXOを知らない人たちも認めるほどである。特に事故を起こすメンバーもいないし、まず年上ラインがかなりおとなしい性格だ。その中間によくふざけるビーグルライン92年生まれのメンバーたちがムードメーカーになり、93年生まれのメンバーはお母さんのように世話をする役割をして、末っ子らしくいたずら気は多いが奥深な二人のメンバーたちがいるため、EXOメンバーたちはかなり安定感がある方だ。

練習生期間から言うと、10年以上を兄弟のように過ごしてきたメンバーもいる。 ボーイズグループとしては年次がかなりあるにもかかわらず,依然として宿舎に住むメンバーがいる EXOはグループ活動ほど俳優、モデル、ソロアルバムなど個人活動が多いグループとして知られているが、このように個人活動がある時はメンバーお互いが撮影現場にフードトラックを送ったり、直接撮影場におやつを買って応援に行ったり本人たちのSNSで積極的なメンバー活動広報をしたりもする。忙しいスケジュールのため、メンバー全員が一度に集まって食事するのが難しいにもかかわらず、1年に3回くらいはみんなで食事をするという。海外でのコンサートや授賞式が終わると、誰もがリーダースホのホテルの部屋に集まって話し合うという。 パク・ジニョンのパーティーピープルに出演した時、デビュー以後、一度も大声を出して殴り合い、けんかをしたことがなく、お互いに忠告や苦言を言えば、誰一人気分を悪くする人もいないし、これを気兼ねなく受け入れるのがEXOの長所だ」と話した。

3 特徴[編集 | ソースを編集]

3.1 世界観[編集 | ソースを編集]

特有のファンタジーコンセプトが存在し、世界観も存在する。この世界観でファンが2次創作とグッズ販売制作に乗り出した。デビューした時はかなり笑いものだったが、メンバー本人はもうそうだと思っているようだ。「狼と美女(Wolf)」でカムバックしてからはファンタジーコンセプトを露骨に表現せず、ミュージックビデオ、歌詞など一部で目立つようになった。 代表的なのが「狼と美女(Wolf)+吠え(Growl)」のドラマタイズミュージックビデオ、そして「12月の奇跡(Miracle in December)」のミュージックビデオと歌詞。

メンバーの脱退以降、世界観の維持ができなくなると、2015年に2回目の単独コンサートオープニング映像プロローグを通じて新しい世界観を公開した。地球で発見された謎の物質10個と「EXO-PLANET」が結合すると、EXO'luXionという結晶が作られるという内容だが、以前の世界観がEXOメンバーを未知の惑星から来た12人の宇宙人に設定していたとすれば、今回は組まれた新しい世界観では10個の物質に設定されたというのが特徴。

しかし、タオの父親がSNSを通じてタオの脱退を会社に要求し、インタビューで息子が親孝行と負傷の治療のためにこれに同意したと主張した。 10人のメンバーすら守れない危機に直面し、タオの脱退により9人組になった。 リブートした世界観は9人に合わせて再整備された。

3.2 コンセプト[編集 | ソースを編集]

上記にも述べたように、EXOは独自の世界観を持っている。だから世界観にふさわしい歌を出す場合が多いが, たとえばデビュー曲'MAMA'と先行公開曲'HISTORY'は未知の世界から来たEXOに対してある程度説明してくれる歌であり, 'MAMA'はミュージックビデオでも多くのコンセプトが出た。その後、「Ko Ko Bop」「Power」のミュージックビデオに鮮明に登場した。

EXO の歌は全般的にSMPをほとんど使用しない方である。代表的なのは社会批判と大人数パフォーマンスを兼ね備えた伝統SMP曲「MAMA」とSMP式パフォーマンスを前面に出した「オオカミと美女」(Wolf)、「中毒」(Overdose)だけで、その他の曲はない。 実際、デビュー曲「MAMA」によって東方神起のSMP式パフォーマンスを受け継いだのではないかという話が多かったが、2014年以降はこのジャンルの曲はこれ以上使われなくなったことから、ほとんど中断されたものとみられる。 そのおかげでEXOならではのカラーを追求するのに役立った。

むしろEXOは、SMボーイズグループ系のコンセプトよりは、SMガールズグループ系のいわば「S.E.S.」のコンセプトに近いほうだ。 EXOの歌がガールズグループらしいというわけではなく、大型パフォーマンスと社会批判などのSMPに焦点を合わせているSMボーイズグループとは違って、EXOはパフォーマンスの強度の面で調節しながらも多様なジャンルの歌を挑戦する面でSMガールズグループと似ている点がある。 S.E.S.特有の夢幻的な妖精コンセプト「Dreams Come true」のようにEXOも夢幻的な宇宙コンセプトの「LOVE ME RIGHT」があり、「Love」「Be Natural」のようなダークセクシーコンセプトの「Growl」「Monster」「Love Shot」があり、多様なリズムの組み合わせが合わさった「Twilight Zone」のようにダンスの「BOX」のように「BOX」のようにダンスがある。 このように、EXOの歌はSMボーイズグループの中で特異なことに、S.E.SとミルクのようにSMガールズグループ側のコンセプトにより密接な関連があるということは注目に値する。

アルバムは意外にも童話的で明るく快活な面を多く見せるアルバム内の収録曲とは違い、EXOのタイトル曲は「LOVE ME RIGHT」と「Power」を除けばほとんどダークな面を強調したり、落ち着いたが適切なビートを混ぜた「CALL ME BABY」のような曲だ。 また2013年以降、毎年12月に発売される冬のアルバムは2014年の「December, 2014 (The Winter's Tale)」を除くとほとんどが慎重なコンセプトである。 また、歌詞の内容も愛する女性に自分の本音を冬という季節に合わせて表現する部分を強調したのが2015年冬アルバム「Sing For You」である。

3.3 音楽と大衆性[編集 | ソースを編集]

EXOの歌の雰囲気は、全般的に大衆性を帯びている場合が非常に多い。 大衆がEXOの歌といえば思い浮かぶキーワードは大きく3つで、「Growl」、「童話」、「冬のアルバム」などに分けられる。 普通のボーイズグループはあまりよくない方だが、エクソアルバムは収録曲まで全部聞くという一般人もかなりいる。

大衆もEXOの大衆的な歌は悪くないように好評を得ている。 これはSMエンターテインメントの他の男子グループとは全く違う面だ。 上記にも述べたように、他のグループの場合、普通SMPという歌のスタイルで大衆性よりは距離を置く場合が多いが、EXOもSMPの歌があるものの、他のSMボーイズグループよりは使用頻度が著しく低く、それさえも2014年中毒以降は登場していない。 EXOは普通「実験的な要素」と「大衆性」を適切に含めた歌が多い。 その中で最も代表的な例が「Monster」と「Power」。

いくつかのアンチファンは、「EXOは大衆性がない」と卑下し、悪口を言ったりもするが、全般的にこれまで「Growl」後に発売されたEXOの曲は、これまでほとんどそれなりに悪くない評価を受けてきた。 例えばEXOの最高ヒット曲であり代表曲の「Growl」や音楽的成長が著しい「CALL ME BABY」、タイトル曲として宇宙童話を打ち出した「LOVE ME RIGHT」と力を与える歌詞で大衆から高い評価を受けた「Power」があり、印象的なメロディーとダンスが魅力的な「Love Shot」がある。

特にEXOの歌が高い評価を受ける理由は、大衆にはEXOの歌といえばほぼ同化的な歌のスタイルで知られている。 これはボーイズグループの中でも非常に珍しいケースだ。 特にデビュー当初の「MAMA」からスタートし、これまでのアルバムのほとんどが童話的な収録曲を含んでいる。2015年のリパッケージタイトル曲「LOVE ME RIGHT」の歌詞の一部を持ってくると、「月明かりのきらびやかな夜に広がる星の花火」、「僕の宇宙は全部君だ」、「君は魅惑的な僕のUniverse」、「星明かりの中を走って天の川を渡って」、「数え切れない夜が訪れても僕の空には君だけが輝いている」、「僕たちだけの夜間飛行」など、はっきり見るとまるで童話の本に出てくる話のような印象を与えるような名曲が多い。特に童話的要素が最も目立ったのが2013年XOXO-12月の奇跡アルバムの収録曲だったが、代表的な収録曲だけなら「蝶少女(Don't Go)」、「ピーターパン(Peter Pan)」、「Lucky」、「Baby Don't Cry(人魚の涙)」、「初雪」、「Christmas Day」など本当に言葉通り童話の話でいっぱいになったような歌である。 このおかげでEXOは人々に童話的な歌を歌うグループとして認識されるきっかけになった。

XOXOアルバム収録曲のうち、最もファンに熱い反応が出た曲は「ピーターパン(Peter Pan)」である。「ピーターパン(Peter Pan)」は過去の思い出を思い出すという内容の曲だが、この歌は後日EXOを忘れて生きていくEXO-Lが歌ってくれる曲だというのが定説として受け入れられている。 特に「私は永遠の君のピーターパン」、「あの時間に止まった君の男が苦手だけど愛しすぎた君に行ってこい」といった歌詞を解釈してみると、「時間がたくさん経った後、幸せだった過去に戻ることはできないが、EXOメンバーたちはその時代の記憶を大切にして生きていく」という内容に解釈できる。 実際、EXOは他のアイドルグループとは違って、「永遠」という言葉はあまり使わない。 このような解釈を見て泣いたというファンが多い。

またEXOの場合、重なる音楽スタイルを持つタイトル曲を固守したことがほとんどなく、発売する毎のアルバムごとに常に新しいスタイルと音楽的な変身を試み成功的な成果を出すグループとして知られている。 複数のアルバムの中から専門家が絶賛したアルバムの一つである「Ko Ko Bop」に対する評価を見てみると、「EXOを依然として『Growl』と記憶する人には不親切な感じを与えるアルバム」、その代わり「トレンドを組み合わせて変形するなど徹底した超国籍美学に基づいて自由な音楽的実験と適用を行おうとした」と評価した。 評論家はまた、「今回のアルバムでEXOが試そうとしたのは、K-POPのオートクチュール(haute couture)のようなものではないだろうか」、「最も明らかな変化は、ボーカル編曲であり、当該アルバム収録曲の「鳥肌(Chill)」、「Forever」、「私が狂って(Going Crazy)」からはっきりと表れたように、テクスチャーを意図的に厚く持っていくと同時に、前作よりハーモニーの比重を高め、アルバム全般を支配する劇的な雰囲気を強化している」、「音楽曲」というと評価したこともした。

4 ポジション[編集 | ソースを編集]

4.1 ボーカル[編集 | ソースを編集]

ボーカルでかなり高い評価を受けるグループだ。 特にメインボーカルを務めるディオ、ベッキョン、チェンはそれぞれはっきりした個性のあるボーカル実力を持っている。 デビュー当初はベッキョンとディオ2人ともユ·ヨンジン唱法を使い、2人の声がかなり似ているため、誰が誰なのか区別が難しいという評価もあった。 しかし、活動年数が積もり絶え間ない練習とボーカルトレーニングを通じて、これをより本人たちに合う歌い方に発展させて、現在は比較的区分が容易な方だ。 ベッキョンがディオよりもう少し荒くて力あふれる発声をする方だとすれば、ディオはベッキョンよりもっとリズム感と技巧が浮き彫りになるR&Bに相応しい声だと言える。 チェンはチーム内で高音を最も安定的に消化するメンバーで、鋭い音色と爽やかな高音が特徴だ。 彼らメインボーカル3人は韓国ボーイズグループのボーカルの中で最上位圏に属しており、長時間のライブ舞台もきれいに消化できる実力者たちだ。

リードボーカルを担当するスホは、澄んだ音色でメインボーカルのベッキョン、ディオ、チェンとは違った魅力を見せてくれる。 声のトーンが高くて音が高い方のコーラスもよく消化する方で、メインボーカルの次に最も歌唱力が良く、かなり安定したライブ実力を持っている。 レイは、スホに比べて音色が細いが、声量が大きく、音域帯が広いため、低音と高音でも強みを見せる。 シウミンはチーム内で隠された高音強者で、イルカのような超高音を出すことができる。 高音を出すことだけは、音域の広さで有名なチェンを凌駕する。 チャニョルは楽な低音の柔らかいボイスを持った持ち主で、ラップポジションにもかかわらずかなり歌が上手な方だ。 音感に優れ、メインボーカルが歌う時によくハーモニーを合わせる方だ。 同じラップポジションのセフンは、デビュー後、ずっとラップパートだけを担当してきたが、15年の冬アルバム以降、ボーカルの実力が急成長するのが目立って見え始めた。 カイは基本的に良い声を持っているためか、きれいに歌うボーカルが聞きやすいという評価だ。

4.2 ラップ[編集 | ソースを編集]

事実、EXOはラップよりはボーカルがもっと似合うグループという評価がほとんどだ。 ただ、パートが最も多いメインラッパーのチャニョルが練習生時代のボーカルメンバーだったことを勘案すれば、そもそもSMでEXOというグループを作る時、ラップよりはボーカルに比重を置いたという事実が分かる。 それにもかかわらず、EXOコンサートのラップの比重が大きい舞台を鑑賞すると、デビュー当初に比べてかなり飛躍的に成長し続けている。ラップポジションのメンバーにはチャニョル、セフン、シウミンがおり、この3人がほとんどのラップパートを担当する。

4.3 ダンス[編集 | ソースを編集]

メインダンサーのカイとレイが同じボーイズグループの仲間の間でも、韓国ボーイズグループを通じて最高のダンスの実力を持つメインダンサーの一人として認められるほど秀でており、注目されないだけで、EXOのメンバーは皆基本的にダンスが上手な方だ。 リードダンサーのセフンは、度を過ぎない動作ときれいに落ちるラインが魅力的なダンサーで、メインダンサーのカイ、レイとともにエクソの主軸となるダンスラインを形成している。

EXOが特異な要素の一つはボーカルラインが意外にもかなり良いダンスの実力を持っているということだ。 メインボーカルのディオはデビュー曲であるMAMAの「ダンスブレイク」を見ても分かるように、デビュー当初を基準にEXO-Kでカイ、セフンの次にダンスが上手なメンバーであり、ジェスチャーが上手くダンスラインがきれいなメンバーである。 チェンはデビュー当初、メインボーカルというポジションと短い練習生期間で、ダンスの実力が比較的優れてはいないメンバーだった。しかし、ダンスが上手なメンバーが1時間練習すると、本人は4時間練習する程のやる気を見せながら練習にまい進した結果、現在はメンバーたちが本当に上手だと認めるほどダンスの実力が上がり、コンサートでMAMAのダンスブレイクに参加したりもした。 ベッキョンもデビュー序盤、ダンスで目立つメンバーではなかった。 しかし2014年の「Overdose」を起点にダンスの実力が少しずつ上がり、2016年の「EXO'rDIUM」を起点に一人で「Monster」で一人でダンスパートを受け持つほど優れた実力を披露した。

5 海外人気[編集 | ソースを編集]

日本では海外グループ1枚目のシングルと正規アルバム共にオリコン週間チャート1位を記録し、海外グループ初という記録を打ち立てた。 また、日本の渋谷店に次いで大阪店のポップアップストアが開かれるなど、最大の人気グループの一つでもある。

2019年のビルボードミュージックアワードのトップソーシャルアーティスト部門にBTS、GOT7、アリアナグランデ、ルイ·トムリンソンと共にノミネートされた。

6 ユニットグループ[編集 | ソースを編集]

EXO-CBX:メンバーはシウミン、ベッキョン、チェンで構成される。

ユニット結成前にもこの組み合わせで2015年10月高尺ドームEXO-LOVEコンサートでSGワナビーの「生きていく」カバー舞台と、2016年7月エクソディウムコンサートVCR、その後ドラマ「月の恋人-ボボギョン心配-」のOST「君のために」で呼吸を合わせている。 挨拶は「We are one!」 こんにちは、CBXです!"で、EXOの挨拶言葉をアレンジしたものである。

ユニット結成について他のEXOメンバーは羨ましがったが、応援してくれたという。 ユニット結成のきっかけは,三人が同じフロアに住んで運動など,いろいろあって,会社に先に申し出てやることになったという 最近は3人でビリヤードをしに行く趣味ができたが、これをきっかけにシウミンがビリヤードを習うようになり、先日チェンとのビリヤード対決で勝ったそうだ。 3人の中でビリヤードが一番上手な人はベッキョンだ。

このグループのリーダーは公式にはいないが、非公式にはリーダーを尋ねるたびにその日のリーダーを選ぶ方式で決定する。 しかし、シウミンがよく担当する様子だ。

韓国はCBXのミニアルバムしかないが、かたや日本は正規アルバムを出した。

EXO-SC:メンバーはチャニョル、セフンだ。

正式ユニットデビュー前の2018年9月にSM STATION X 0から「We Young」をリリースしていた。

EXO内の最長身メンバーだ。 ファンはこの2人を「セオプチャン」と呼ぶ。

7 余談[編集 | ソースを編集]

  • シウミンレイを除けば、メンバー全員が末っ子だ。 レイは中国の一人っ子政策で一人っ子であり、シウミンだけがEXOで弟がいる。つまり、他のメンバー全員弟がいない。
  • 本名が大韓民国の政治家と同名のメンバーが4人もいる。
  • 相対的に若く見える「年上ライン」とは違って、「末っ子ライン」は立派な方なので、「年上」と「末っ子」が入れ替わったグループという話もある。
  • EXOの最初のリアリティ番組であるEXO's Show Timeがショータイム最高の全盛期であり、最高の成果として選ばれる。
  • 地方出身メンバーが少ないグループだ。 実質的な地方出身と言えるメンバーは全羅南道順天で14歳まで居住したカイが唯一で、チェンも大田広域市出身だが実質的な故郷は京畿道始興市だ。
  • べクヒョンは、今後EXOが教科書に出るグループになってほしいと話したことがあった。 実際、EXOが音楽教科書などに第3世代アイドル代表グループとして様々な教科書に載り始めた。
  • 所属事務所の歌手、少女時代と似ている面が相当多い。 デビュー当初、大変な時代、ヒット曲を通じた大勢確保、多くのメンバー数などのため、似ているという評価が多い。
  • 2018年4月、韓国のアイドル歌手としては初めて記念メダルが発売される。 韓国造幣公社が発売する。 K-POP歌手としては初めて記念メダルが発売されるということ自体が非常に凄い。
  • メンバーたちの兵役、脱退などで人数が少しずつ減っている。「Don't fight the feeling」の場合、実際活動ができるメンバーがシウミンディオカイセフンしかなくなり、exoのメインタイトル曲では初めてバックダンサーが登場する。