トッケビ
トッケビ.jpg
ジャンル ロマンスファンタジー
放送期間 2016. 12. 02. ~ 2017. 01. 21.
放送時間 金·土·午後08:00~09:15
放送国家 韓国、全世界
平均視聴率 約13.6%
制作
企画 ファ&ダムピクチャーズ、スタジオドラゴン
演出 イ・ウンボク, ユン・ジョンホ、クォン・ヒョクチャン
制作 ユン・ハリム
脚本 キム・ウンスク
出演者 コン・ユキム・ゴウンイ・ドンウク、ユ・インナ、ユク・ソンジェ他
その他

1 概要[編集 | ソースを編集]

2016年12月2日から2017年1月21日まで放送されたtvN10周年特別企画ドラマ。

2 特徴[編集 | ソースを編集]

「太陽の末裔」で歴代級の最高視聴率を記録したキム·ウンスク作家の次期作で、彼女のキャリアの中で太陽の末裔を超える作品が二度と出てくるのは難しいという専門家の予測を1年も経たずに覆した記念すべき作品だ。

不滅の人生を終えるために人間神父が必要な鬼、彼と奇妙な同居を始めた記憶喪失症の死神。 そんな彼らの前に「トッケビ(鬼)神父」と主張する「死ぬべき運命」の少女が現れながら繰り広げられる神秘的なロマン説話を扱った作品で、主人公のトッケビのキム·シン役、トッケビ神父役、記憶喪失症の死神役はそれぞれコンユキム·ゴウンイ·ドンウクが演じた。

制作陣が公開したところによると、この作品は作家キム·ウンスク氏が3年間構想した作品だという。 キム·ウンスク氏が「トッケビ」という素材でファンタジードラマの脚本を執筆し始めたのは2010年以前だが、当時はCG技術が発達しておらず制作費がかかりすぎたため、体が入れ替わるCGだけが必要だった『シークレットガーデン』を先に執筆したという。

ドラマ全体を通してのメインテーマはキム・シンとチ・ウンタクの対話が表現する悲しい愛だ。劇中で悲しい愛は自分自身、親子、主君と忠臣、恋人、友達など多様な関係と形態で現れる。キム・シンは千年で、万年持続可能な悲しい愛の媒介者であり、主体である。 前世で王の腹違いの兄である先王、王の臣下としての上将軍であるキム・シン、王妃であったが、逆賊の姉として最後を迎えた妹が伝えられなかったそれぞれの悲しい愛を約900年間続け、現世で伝え、悟らせる役割の媒介となり、現世と未来では鬼神父と共に悲しい愛の主体となる。 チ·ウンタクは主に悲しい愛を受ける主体である。この際、自分に愛を伝える媒介のほとんどが神という変わった事実だ。自分より子どもを生かしたい母親の悲しい愛を、鬼を通じて生まれ、その後も三神ハルメと鬼たちを通じて母親から愛される。 また、鬼の神父として鬼の悲しい愛を死神や創造神から助けられることもある。鬼とともに千年も万年も続く悲しい恋を始める主体である。 王余と金善は歪んだ前世と正す現世以後の転生で、千年にわたる長い悲しい愛を締めくくる主体であり、それぞれ主君であると同時に友人、姉として鬼の悲しい愛をともにする。 「三神ハルメ」もやはり、自分が一つ一つ愛で占った子どもたちをいじめる創造神に怒るくだりで、悲しい愛を表現する。 この他にもドラマでは、悲しい恋を死んだ考試院生の幽霊や死神の喫茶店など、様々な方面で取り上げている。

3 世界観[編集 | ソースを編集]

現在の時代を背景としており、過去(高麗)の場合、代替歴史を混合した形で構成されている。

ファンタジー的要素は基本的に神(唯一神)が存在するということと、その神がいろいろな名前で呼ばれるということだ。 高麗(コリョ)の、天地神明、外国の場合神様など結論的にある存在を称する設定をそのまま使ったようだ。 そして創造神が世界の人間の姿として降りてきて直接的に関与することと、三神が生まれる子供たちを直接占ってその運命を司っている。 このような神々が人間に接する姿は、生涯または死後にも必ず機会を与える友好的な姿として描かれている。 最初から存在したり(創造神、三神)、多くの人間の信頼が作り出した存在(鬼、ファラオ)、そして神が管理のために作り出した存在(獅子)などがドラマで描かれている。 このような要素のおかげで、真冬に桃の花が咲いたり、集中豪雨が狂ったように降るなど、異能による天災地変が多く起きている。 幸い、局地的な地域でのみ異変が起き、SNSが発達した昨今の世間でも、鬼が所有している企業の財閥パワーで、これをなだめる内容がたびたび出ている。

結論的にこのドラマ世界観の設定上、人間は4回の生を生き、死ぬと4回の業を清算した後、結局無に帰す。そして作られた神(ライオン、剣を抜いていない鬼)の場合を除いては、自ら消滅さえできないシステムだ。 剣が消えたことは事実だが、人間世界で彼らと生を共にした鬼が全知全能で、どれにも縛られず、人間の運命と生を司る創造神および三神と同級の完全無欠な神なのかは疑問が残る。

剣が選ばれた後、鬼が選択したのは、武に帰らずこの世とあの世の間に残り、この世に戻る機会を得ること。 また、自殺は神から与えられた自分の生を放棄したことによって罪になるのであるから、自分の生を自ら選択した鬼が存在理由を終えて無に帰れば、罪に問われないこともある。

4 登場人物[編集 | ソースを編集]

4.1 金信キム・シン(コン・ユ)[編集 | ソースを編集]

民は彼を神と呼んだ。 真っ赤な血を浴びたまま青く眼光を輝かせながら敵を斬る彼は文字通りの武神だったが、自分が守っていた主君の刃で死んだ。 英雄として生きながら、逆賊として死んでいった金信に、創造神は賞か罰か分からない老いも死にもしない死生を与え、それから900年間、鬼として生きた。

「鬼の花嫁だけが、その剣を抜く」 非常にロマンチックな呪いだった。 それで簡単だと思ったが、彼が出会ったどんな女性も剣を発見できずに不滅を生きたある日。 自分を「鬼の花嫁」と紹介する19歳の少女、チ·ウンタクに出会う。 彼にとってお化け神父は苦痛から脱して消滅することができる道具だった。 言い換えれば、ウンタクは自分を殺せる唯一無二の武器だった。

死にたいほど辛い日はウンタクの歓心を買って、まだ死にたい日は遠ざけて、1日に12回も心が揺れ動いた。ウンタクの笑いに、彼は何度もどこかを見て回りたい気持ちになった。

4.2 池听晫チ·ウンタク(キム·ゴウン、子役:ハン·ソジン)[編集 | ソースを編集]

大韓民国の平凡な高校3年生の受験生になりたいが、彼女の人生は生まれた時から平凡ではなかった。 幼い頃から他人の目には見えない死んだ魂が見え、そのため友達はおらずいつも一人ぼっちだった。 母親のいない空の下で、悪い叔母と叔母にそっくりの叔母の子供たちの厳しいいじめに耐えながら過ごしてからまる十年。 この世のすべての不幸の材料をすべて入れた鍋のような人生にあっけにとられた矢先に、トッケビ(鬼)に出会った。 そしてウンタクは鬼の花嫁になる運命だという。

4.3 死神・王黎(イ·ドンウク)[編集 | ソースを編集]

死ぬということは、彼と先約ができることだ。 誰もが彼を見れば驚く。 最初はハンサムだからで、その次に自分は死んだのかと思うからだ。人生の最後の瞬間に迎えに来てまであんなにセクシーになる必要があるのか。 鬼である金神と一緒に暮らしながら、1日に12回も変わる神の気まぐれに忍耐力が限界を感じるたびに、前世で何か大きな罪を犯したと思うが、前世で何だったのか、人間だったのか、どのように死神になったのか全く分からない。 死から目を覚ますと、すでに死神だった。 死神になってからは日を数えるのを忘れてしまった。 彼が生きていくのは無数の亡者たちの魂だけ。

そんなある日、偶然出くわした一人の女性、サニーにくらっときた。 「初めて会うのは確かだが、長く懐かしんだ気持ちだった。 サニーの予測不可能な行動は想像力を絶するもので,彼の未熟な行動は一様に的外れだった。 これはすべて恋愛をドラマとしてだけ学んだためだ。 彼は判断がつかなかった。これは神の計なのか、間違いなのか。

4.4 金善サニー(ユ・インナ)[編集 | ソースを編集]

たった一人の天涯孤独で物心知らずに生きる女性が世の中で一番楽だということを早くから悟った。男性の外貌は内面を知る入口に過ぎず、キム・ジュンベのダイヤモンドは取るのが当たり前で、真の愛は通帳の残高から感じられるという性格だ。誰かの初恋になるのが世の中で一番簡単だったというサニーの年齢は、もうすぐ30だった。

その男、死神に初めて会ったのは欲しい指輪を見つけた時だった。 彼女にとって譲歩しない男は彼が初めてだった。一目ぼれをしたからと言って、思い込むには、あまりにも悲しい目だった。 時計や身なりをざっと見ても、年収1億ほどにぱっと見恋愛したことのなさそうな見た目だったが、会えば会うほどおかしな男だ。 家に閉じこもりがちで、職業、年齢、過去のことを何も教えてくれない。 最初はただのイケメンのカモだと思っていたが、同情は得意ではないのにも関わらずその悲しげな目がしきりに目に浮かぶ。

4.5 劉德華ユ·ドクファ(ユク·ソンジェ、子役:チョン·ジフン)[編集 | ソースを編集]

金のさじをくわえて生まれた(韓国では富裕層を指す)という言葉でも説明しきれないほどの大金持ち。 大韓民国の経済史でユ氏の家を知らなければ、金の流通ができないという笑い話が出るほど屈指企業の「長孫」。 職業は財閥三世。 13代目の鬼に仕える家臣家の4代目の一人息子だ。 ユ氏家が漢陽(ハニャン)の外れの貴金属店から始まり、大企業に成長したのもすべて鬼のバットのおかげだという。

典型的な財閥3世らしく、ドクファは反抗を選んだ。完璧な人生の一部ぐらいは、そのように消費しなければならないと思ったからだ。 人は病気になれば成長でもするが、鬼はあんなに痛いのに永遠に一人で止まっている。 その事実を初めて悟ったとき、ドクファは鬼が経験したはずの数多くの別れを思い出した。 手ばかりかかる兄さんだと思ったら、 すごく気もかかる。 其の日決心した 寄付は匿名で、善行は黙々と、慰めは無情に、よりによっては… これからが始まりだ。

5 余談[編集 | ソースを編集]

  • トッケビ役のコン・ユは、キム·ウンスク作家が5年間キャスティングを提案するほど念入りだったという。
  • 死神役のイ·ドンウクはドラマ製作発表会当時「死神役がやりたくて先にやりたいと言った」と明らかにした。 tvN芸能情報番組「リスト公開2017」によると、イ·ドンウクはキャスティング順位になかった俳優だったが、台本を読んだイ·ドンウクが「サブでも関係ない。 必ず出演したい」という意向を示したという。 しかし、作家のキム·ウンスク氏は、「死神のイメージはイ·ドンウクと合わない」と反対したという。 イ·ドンウクは、キム·ウンスク作家を説得するためにキム·ウンスク作家の海外出国スケジュールを把握、飛行機チケットまで手に入れて自分をアピールし、結局「トッケビ」に出演することになったという。 『名簿公開』イ·ドンウク『トッケビ』キャスティング秘話『キム·ウンスクを追って飛行機まで』このキャスティング後日談でイ·ドンウクが作家に「先に行ってしたい」と言ったのは事実だが、「キム·ウンスク作家がイ·ドンウクに反対した」という話は事実ではないという。
  • 劇中の背景は仁川広域市と城北洞でありお化け屋敷跡の実際の野外ロケ地は徳成女子大学鐘路キャンパス内にある雲峴宮洋館だ。 図書館およびケベックが東門シーン、ロッカーシーンなどは双門洞キャンパスで撮影された。
  • 2017年1月21日土曜日の最終話ケーブル編成表で終わるのが11時20分と書いてあるが、実際には10時30分程度で終わっている。 tvNホームページの編成表でも15-16話を60分前後で終える代わりに連続放送をすることにし、その分量を13話に注いだものとみられる。

2017年1月24日に発表された韓国ギャラップが選定した韓国人が好きなテレビ番組、2017年1月度ランキングで1位になった。 該当分野で2年以上1位を占めてきた無限挑戦を破ったのはもちろん、非地波番組としては初の1位だ。 そして鬼が記録した好感度12.6%は、ドラマが記録した該当調査の好感度では最高記録だ。

  • 年末に放送されたtvNの金·土·ドラマはすべて大盛況を収めた。 2013年には「応答せよ1994」、2014年には「尾生」、2015年には「応答せよ1988」、そして2016年には「トッケビ」まで、いずれも成功した。 ここまでくると年末tvNの金·土·ドラマは興行のお墨付きと言えそうだ。
  • 2020年6月1日、ネットフリックスでストリーミングを開始した。
  • 芸人の陣内智則と嵐の二宮一成も見たという。 特に二宮はゲーム中に待機する時間を使って視聴したという。
  • 韓国らしさが非常に強いという評価もある。