ソラ
솔라/Solar
Solar.jpg
基本情報
本名 キム・ヨンソン(김용선)
誕生日 1991年2月21日
年齢 30歳
国籍 韓国
居住地 ソウル特別市 江西区
学歴 漢陽女子大学
ポジション メインボーカル
家族 両親・姉
身長 / 体重 160.5cm cm / kg
血液型 B型
事務所 RBW(Rainbow Bridge World)
所属グループ MAMAMOO
公式サイト YOUTUBEチャンネル



1 概要[編集 | ソースを編集]

MAMAMOOのリーダーであり、ボーカルを担当しているドレミファソラ、ソラです。

韓国の4人組ガールズグループママムのメンバー。リーダーとメインボーカルを担当している。

2 デビュー前[編集 | ソースを編集]

デビュー前、긱스(GEEKS)の『Wash Away (feat. エイリー)』の音楽番組用の舞台にフィーチャリングで上がったことがある。かなり高い高音を安定的に処理する姿が見られる。

それよりもっと前の映像もある。2012年5月、ママムデビュー1年半前の映像。ボーカルトレーニングセンターが広報目的でアップロードした映像だと思われる。難易度の高い曲を難なく最後までこなす能力に優れている。現在のママムの活動とは、歌い方が少し違うのが特徴。そして韓国の練習生について調査する日本の番組にも出たことがある。 2014年3月17日、フィインと共にUVの『쿨하지 못해 미안해(No Cool I'm Sorry)』をカバーしている。

3 デビュー後[編集 | ソースを編集]

芸名の「ソラ」はドレミファソラにソラから取った名前だ。自分の本名キム・ヨンソン(Sun)とも繋がるため、芸名をソラに決めたという。

「ビジュアル担当は歌が下手」や「不細工は実力派」という偏見を滅多打ちにするボーカルだ。 これは珍しいことで、大衆の目には新鮮に映るがゆえにファンにさせるという。これはママムのファンになったきっかけの映像でも言及されている部分だ。ユーチューブのリアクションビデオなどを見ると、外国人もソラの歌唱力に驚くことが多いようだ。

練習生時代、ちょっと気まずいフィインと一緒に食べるために、お椀の中のご飯を全部すくってジャージャー飯を作ったが、よりによってフィインはジャージャー飯が嫌いで、結局一人でそれを全部食べたというエピソードがある。ファサには10万ウォン分の高級チーズをプレゼントしたが、ファサの口に全然合わなくてファサが食べなかったとか…。

宿舎では一時も休まないという。 ルームメイトだったファサによると、掃除機をかけ始めたと思ったら、急に服を片付けはじめ、時にはムンビョルフィインの部屋も片づけるそう。

好きな音楽はボーカルスタイルとは異なり、サウスヒップホップのようなジャンルだという。

2015年韓国雑誌ARENA3月号ではエイミー・ワインハウス役で撮影した。これまで撮ったすべての公式写真、グラビアの中で最もセクシーなコンセプトと衣装だった。

2015年8月26日、これまでいじられ続けてきた「용몰이의 역습(ソラの逆襲)」をするかと思ったが、ファサを除き失敗してしまった。ムンビョルは鉄壁防御をし、フィインは途中でさめたという。詳細にはムンビョルフィインがソラがひそひそとMCコメントをしている時点で既に起きていたとファンミーティングで明かした。

2015年8月30日、「ミステリー音楽ショー:覆面歌王」20~21回目に出演した「일편단심 해바라기」がソラであることが確認された。 実は、放送前からひまわりの仮面とマイクを握る手の形、歌う時の習慣などで、ほとんどばれてしまった。 1ラウンドで『벌써 일년』を2ラウンドで『내게 남은 사랑을 드릴게요』を歌った。その他には約2年後の2017年からママムの曲が競演曲としてよく出ている。


2015年9月2日、「週刊KPOPアイドル」のランダムプレイで間違っていながらも、他の人の場所で堂々と踊っていたが、そわそわしてしまったムンビョルが代わりに振り付けの穴になってしまった。 ママムの振付のダンスの穴はムンビョル? その誤解と真実!!! ファンたちはしばらく前からママムが「週刊KPOPアイドル」に出ると、ダンスの穴になるのではないかと心配していた。

2015年10月31日、Vアプリでハロウィン記念に修道女に扮装した。しかも修道服を着て『'깊은 밤을 날아서』の「deep in the night」部分で踊った。

修道服を着て舞台に上がった映像。『不朽の名曲』項目で該当曲の舞台映像を見ることができる。問題のダンスは4分25秒から見ればいい。 修道服を着た理由は、BoAのためだという推測もある。本人が認めた話ではないが、ソラがBoAのファンだということはファンカフェに載せた文で知られており、そのBoAが今回ハロウィンにしたコスチュームがまさに修道女だったからだ。

ママムの中で特に個人芸を多様にもつ。現在、明らかになった個人芸だけでもムンビョルがドラマで発した台詞「정상작동」の物真似、トルハルバン(韓国チェジュ島の石像)、俳優ファン・ジョンウムのモノマネ、カオナシなどがある。Melonラジオ「ママムのフォーチュンクッキー」で知人の個人技コーナーに出演した実の姉に芸能人なのに個人芸がないとダメ出しされた。 そんな中、ソラの実の姉キム・ヨンヒさんは、Horanのアイフォン6の広告のモノマネを披露。

2016年2月21日午前1時14分、本人の誕生日の未明。公式ファンカフェに登場し、from.mamoo掲示板と準会員掲示板に手紙と共に歌のファイルをアップロードした。タイトルは『놓지않을게(I love too)』。 1分足らずの短い歌で、ムムへの感謝と愛を伝える内容。「놓지않을게」はママムとファンたちの間で使われる言葉で「何があっても離さないよ」という意味だ。最初のファンミーティングだった第2回目の公演、2014年12月28日COEXで行われたLoveLane公演をここで確認できる。ムムたちが一斉に「놓지않을게」と書かれた紙を上げるイベントをし、ソラが感動して泣いたことがあった。歌詞にもその時のことが書かれている。 ここで聞くことができる。 歌詞は

제목: 놓지 않을게
タイトル『놓지않을게(I love too)』

이보다 좋을 수 있을까 
너를 보면 함께 웃는 나
나보다 나를 더 잘 아는 너
말로 표현할 수 없어
지금 우리 사이
미안해 늘 받기만 해서
고마워 그리고 사랑해
처음 날 울렸던 그 때 그 말 기억해
놓지않을게라는 말
약속할게 나도 언제나
I love you too

고마워

そして2017年4月7日、『To.MMM』というタイトルの返歌が音源として発売された。 ママムの初の単独コンサート「MOOSICAL」のソロステージで『I will always love you』と『Sexyback』を披露。特に『Sexyback』の舞台は「용시백(本名 ヨン+Sexyback)」と呼ばれ、大反響を呼んだ。大人のセクシーさを見せつけたという評価を受けている。公演当時会場で多くのムムたちが嘆声をもらしたという。

「BLUE;S」アルバムカラーの主人公だ。自作曲である『HELLO』が収録されている。

「reality in BLACK」アルバムの収録曲の『I'm Your Fan』はソラの自作曲の一つである。

4 ポジション[編集 | ソースを編集]

4.1 ボーカル[編集 | ソースを編集]

4人とも優れた実力を持つママムで公式的にメインボーカルを担当している優れた実力者だ。 正確なディクションと音程を駆使し、楽で安定的な感じを与えるボーカルなので、フィインと共に主にAパートを担当する。

発声がとても安定的で、きれいな声色と豊かな声量に発声能力が合わさった結果、低音・高音・低い裏声・高い裏声など多様な音域で強みを見せる王道のボーカルスタイルに発展した。最低音、最高音での安定的なトーンと発声力を持ち、聞くにも安定的だ。ソラが確認した地声の最高音域は3オクターブ ラ(A5)だ。その音域を出したのは「不朽の名曲」で歌った『삼포로 가는 길』だったが、番組の特性上と一回性である可能性が濃いことを考慮すると、普段スケジュールを消化しながら各種舞台で安定的に出せる音は3オクターブ ファ#(F♯5)だというのが定説だった。しかし『데칼코마니(décalcomanie)』で一気に3オクターブ ソ(G5)が出て、これを心配する反応する声もある中で見ろと言わんばかりにやり遂げた姿だ。

ソラの最大の長所は、とてつもない声量とサイダーのようにすっきり突き抜ける高音だ。 ママムの中で音域の幅が最も広い。声量が大きいので、ライブの時、伴奏と他のメンバーの声を突き抜ける。 声量とともにストレートで爽やかに高音を出すが、この時に爆発するパワーが魅力的だ。さらにそこに爽やかなアドリブと美声を加える。ママムの曲中で、主に後半あたりにアドリブで弾ける音は、3オクターブ ド(C5)~ファ(F5)だ。

非常にきれいに歌うスタイルなのでバラードによく似合い、声量や高音が良いためロック音楽のサウンドにも似合う可能性が高い。だが普段よく歌うR&Bスタイルの歌を歌う時は、高音をそのまま維持するだけでなく、多様なスケールで音程を上下させるなど華麗な技を見せたりもする。

ソロ歌手としてのボーカルスタイルは安定したディクションとトーンで歌詞を正確に伝えながら、特有の感性、広い音域と声量ですっきりと伝えるボーカルだと言える。ママムの高音担当の姿とは異なり、低い歌声を適切に活用し、女性的で美しい音色を出すこともある。アルバムで見せてくれた韓国的なバラードの感情線はもちろん、自身が憧れる歌手のエイミー・ワインハウス特有のブルージーなソウル感もよく生かす方だ。

ライブに強いママムのメンバーの中でも特に生ライブが秀でており、mr除去映像を見るとほぼ一人で立って歌っているように見えるほど安定している。そのため「ソラだけ一人で酸素ボンベをつけて舞台をするのか」という笑い話もあるほど、荒い振り付けのある『HIP』と一人で舞台の雰囲気を盛り上げながら、難易度の高い振り付けをこなすソロ曲『뱉어』でも揺るがず、むしろ気楽ささえ感じられるほど。

全般的に各々のカラーが強いチーム内で他のボーカルが際立つようにすっきりした声で支えながら、クライマックスには本人特有の力強い声量と爽やかな高音で、ボーカルを集めて感情線を主導しながら歌全体を導いていく素晴らしいボーカルスタイルを持っていると評価される。

4.2 作詞作曲[編集 | ソースを編集]

あまり知られていないが作詞作曲能力に優れ、これまで参加した曲数も非常に多い。2015年のミニアルバム2集「Pink Funky」以降、すべてのアルバムごとに最低1曲以上参加しており、2018年からは本人が単独で作詞作曲した曲をアルバムに収録するなど優れた能力を見せている。

ママムのグループ曲及びソラのソロ曲/参加曲のうちソラが作曲及び作詞に参加した曲のリストは以下の通り。

5 キャラクター[編集 | ソースを編集]

5.1 ビジュアル[編集 | ソースを編集]

ママムのビジュアルメンバーとしてよく取り上げられる。 歌唱力だけでも完璧だがきれいな顔まで···。

微笑みがとても魅力的だ。 実際にソラの微笑みを見てファンになったという人がかなりいるようだ。微笑みとともにふっくらとしたほっぺたが魅力ポイントだ。腕や脚を見るとかなり痩せ型だが、頬だけはふっくらしていて、後ろから見るとふっくらと見える写真が多い。そこからきたニックネームが「볼래머(ほっぺ+グラマー)」。

『데칼코마니(décalcomanie)』の活動後半にはワイン色に近い赤髪だったが、『나로 말할 것 같으면(Yes I am)』の活動時期に合わせて髪をピンクに染めた!ムンビョルのブルーと合わさると紫色になるイースターエッグを狙ってのようだ。そこにデビュー以来初のミディアムボブに挑戦し、ファンの反応は爆発的だ。

『별이 빛나는 밤 (starry night)』の頃から金髪に変身した。今回のアルバムカラーの主人公がファサであるために『AHH OOP!』の時のファサのヘアスタイルを真似したのではないかと、ファンたちは推測したが、ただ普通に各自春に合わせてヘアースタイルに変えただけだという。

余談でゼニガメに似ている。それゆえニックネームの一つが「솔부기(ソラ+ゼニガメ)」。ゼニガメと合成した画像もよく掲載される。特にハ・ヨンスRed Velvet(レッドベルベット)のイェリと共に「ゼニガメズ」という名前でくくられ、たびたび掲示物がUpされることもある。

よく似ていると言われる人たちは、GFRIEND(ヨジャチング)のソウォン、FIESTARのジェイ、Gugudanのナヨン、そしてソン・スンホンと『人間中毒』で共演した女優イム・ジヨンなどがある。Red Velvetのジョイや女優のソン・ジヒョに似ていると言われたりもする。金髪に染めていた時には、アメリカドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」に出演していたエミリア・クラークや、まったく同じ金髪だったRed Velvetのイェリに似ていると言及されたりもする。

童顔であるためムンビョルはソラに初めて会った時、自分より当然年下だと思ったという。だからタメ口で話したが、それゆえに2人の最初の出会いは最悪だった。ソラの立場では初めて見る子が突然自分を年下扱いするから呆れていただろう…

6 あだ名[編集 | ソースを編集]

  • 솔부기:ソラ+ゼニガメ ゼニガメに似ているところからつけられた
  • 용또니:ソラの本名であるキム・ヨンソンをかわいくしてヨントニ ソラ自身がすごく推している
  • 아잉q:一時一世を風靡した韓国の国民SNSサイワールドのニックネームだったという。本人によると小文字qで書かなければならない
  • 예바 (예쁜 바보):綺麗な(예쁜)+バカ(바보)。いつもリーダーいじりされ、間抜けなことが多いことからついたあだ名。ムンビョルとのVアプリ放送で、 ムンビョルが言及したことがある。バラエティ番組「私たち結婚しました」でもソラの履歴書に書かれているが、★までつけて強調したのを見ると本人も気に入っていたようだ
  • 대장님(隊長)용대장(ヨン隊長) 용리다(ヨンリーダー):チームのリーダーだからついたもの
  • 용복치:本名の一部 ヨン+マンボウ 臆病でよくびっくりすることからつけられたニックネーム
  • 동글쓰:顔が丸いことからつけられたニックネーム
  • 용콩이:ムンビョルと一緒の組み合わせが용콩별콩であることからきたあだ名
  • 볼뚠이:『나로 말할 것 같으면(Yes I am)』の歌詞である「볼이 뚠뚠해」から由来
  • 볼래머:ひと際ほっぺただけがふっくらとしているがゆえについたニックネーム
  • 뚠:ムンビョルが主に呼ぶ 上記の볼뚠이から派生したものと推定
  • 프로동글러:プロ+丸いの意 頭の形も目つきも印象も丸いため、あるソラファンによって프로동글러というニックネームが付けられた。
  • 드래곤라인:本名の용(ドラゴンを意味) 선(線=ライン)からドラゴンライン 161019 公式ファンカフェで本人が直接言及しているため、新しく推しているニックネームのようだ。
  • 파우:本人曰くこれは知っている人だけ知っている
  • 용꺽정:2017.11.03 「아이러브팝콘」の舞台で喉が乾燥しすぎてむせ返るような音を出した後についたニックネーム
  • MC뚝:メンバーのフィインと共に「MC뚝딱」というヒップホップグループ(?)で、ソラはMC뚝を担当。『HIP』で、ソラはロックスター、フィインはインディーズアーティストだったが、そのMV撮影中にその場で結成されたグループだ。

7 ソラシド[編集 | ソースを編集]

ソラはYouTubeでソラシドチャンネルを運営している。

8 余談[編集 | ソースを編集]

  • 元々客室乗務員になることが夢だったが、自分の道ではないと考えて諦めたという。その後弘大(ホンデ)で開かれた歌のイベントに参加したらスカウトされたという逸話がある。ちなみに『음오아예(Um Oh Ah Yeh)』のMVで客室乗務員になり夢を叶えた。
  • 歌手としての生活を他の歌手よりかなり遅く始め、両親の反対もあったため、練習生時代は特に大変だった記憶が多いようだ。サムスンカードが主催のトークアンドプレイコンサートでファンの悩み相談中、当時のことを思い出して涙を流したりもした。
  • デビュー当初、スケジュールを本当にこなしたくない日は悪質な書き込みを思い浮かべるとラジオで明らかにした。
  • 以前はギャラクシーS10 5Gクラウンシルバーを使用し、現在はギャラクシーS20 Ultraコスミックグレーを使用している。
  • 最年長でありながらリーダーだが、メンバーたちからかなり可愛がられている模様。
  • 姉が一人いて名前はキム・ヨンヒ。 ソラのYouTubeチャンネル「ソラシド」でライブ放送をする時、初めて登場した。姉妹がそっくりでかなり話題になった. 以後、たびたびライブ放送やチャレンジ映像で顔を出している。 当然、ファンからは大好評。 姉は衣類系の貿易会社で衣装パターンなどを分析し、デザインの完成度を高めるテクニカルデザイナーとして働いている。『온앤오프』で明らかにした。二人はお互いを"ヨン"と呼び合う。色々と馬が合わず「合わない」と口癖のようにいつも言い合うリアルな姉妹感は微笑ましい。
  • 挨拶をしたり拍手をしたりするときに指の関節をつけてパワフルに振る。
  • 相当人見知りだという。ムンビョルがVアプリで言うには、RBWの練習生になって1ヵ月ぐらい経った時も親しくなった人がいなかったという。

ムンビョルと親しくなったきっかけは、会話をしたら二人の食べ物の好みや性格が似ていたこと。一緒に食べ歩きしながら親しくなったという。出かけるのが面倒な時、相手が食べるものを一緒に買ってほしいと言うくらい好みが一緒だ…

  • ファサと同じくに自分の体の中で一番気に入っている部分は眉毛の横のほくろだという。ほくろを取りに行って、「眉毛の横のほくろは取らないでほしい」と言ったんですが医者が勘違いして取っちゃって、1週間ほど憂鬱な気分だったが後でまたほくろができたんですとのこと。
  • ムンビョルファサと共同生活をしていた時代に車をレンタルして遊びに出かけたことがある。そうすると道がだんだん狭くなって、何か変な感じがして見たら歩道だったという。運転が下手で直進で行けば5分の距離をバックで30分以上かかってやっと出たという。
  • 舞台の爆竹にびっくりし、メンバーたちのどっきりに目を丸くして本気で叫ぶなど、小さなことにもびっくりする姿から「용복치:本名の一部 ヨン+マンボウ」というあだ名がつけられた。
  • 2015年5月28日、DOKKUN Project Part.4にエディ・キムと共に『Coffee & Tea』を歌った。短かったがメロンチャートの上位圏に名を連ねるなど、それなりに良い成果を収めた。
  • ヨンソンという名前であることに加え、数個の練習生の映像を除くと、デビュー前について全く知らされていないため、北朝鮮から来たのではないかという冗談もあった。Vアプリで事実ではないと釈明した。その後ラジオスターに出て、自分の高校の時に写真で本人であることを認証した。地上波では最初の釈明だと確認。実際ファンもデビュー前の情報がほとんどなく、冗談で脱北説を口にしただけで大きな問題ではなかったが、本人もすっきりしなかったから釈明したものと見られる。
  • 2015年6月、『Um Oh Ah Yeh』のミュージックビデオで唯一男装せずに女性として登場するメンバーだ。MVのストーリー上女性役が必要だったが、予算不足だった状況を受け男装をしなかったという。
  • 2015年7月10日、「뮤직뱅크(ミュージックバンク)」の放送で右ボタンが外れるという放送事故があった。ボタンが外れたから露出事故かと思うが、正確にはシャツ·ボタンではなくサスペンダーだ。ファンがデザインした衣装を着て舞台に上がったが、パフォーマンス中にミスで右側のサスペンダーのボタンがほどけ、慌てて肩にかけようとしたが失敗。そのまま何とか舞台を終えた。
  • 「찡찡이」という子犬を飼っている. 今は一緒に暮らせないという。犬種はシュナウザーで、『1cm의 자존심』などのMVに出演したこともある。確かなのは犬がちょっとクールな性格だということ。故郷でムンビョルと一緒に踊る時、「찡찡이」反強制で踊りながら他の所を凝視している。そして2019年4月4日16時1分、「찡찡이」は天の国へと旅立った。
  • 「~했누」「기분이가 좋다」「궁이가 금하다」「으랑유다」など特異な言い回しをする。主に公式ファンカフェに書き込みをする時の言葉使いだが、可愛くてムムたちもよく使う。後にmelonラジオの「ママムのフォーチュンクッキー(마마무의 포춘쿠키)」で、元々実の姉の言葉使いだと明らかにした。
  • 2016年の子どもの日(韓国の祝日)に舞台の途中で子どもからイカピーナツをもらいとても喜んでいた。
  • ファンが明るい髪にしてくれと泣き叫ぶ。どんなヘアスタイルでもよく似合うが、『음오아예(Um Oh Ah Yeh)』の時の明るい茶髪が最もきれいだという評価があり、ソラのファン達はアイドルらしいソラに夢中になって「ソラの逆襲」当時のソラを心配する。特にローズ・クォーツにしてほしいというソラファンが多くて「ヨンソン_ローズクォーツ」がツイッタートレンド2位にまで上がったこともあった。参考に本人が一行メモに「これを見た」と認めた。そしてゴールドブラウンvsローズ・クォーツ どちらがいいかと駆け引きをした。もう少しで本当にローズ・クォーツのソラが見れるかも? 結局、『데칼코마니(décalcomanie)』ではゴールドブラウンに染めた。そして!!『나로 말할 것 같으면(Yes I am)』でビンテージピンクブラウンに染めた。
  • ポッキーの広告モデルだったママムのリーダーソラは2016年11月10日、ファンに「明後日がペペロデーだ」と語った。
  • 日本公演当時、空港で多くのソラファンたちの願いが叶った!遂にローズ・クォーツに染めたのだ。写真で見た色を見ると間違いなくローズ・クォーツで、しかも色が濃い!元々紫色に染めようとしていたがピンクになったという。 日本公演後、韓国に戻ってからカラーをし直して赤に近い。
  • 「SNLコリア」でホストとして出演した際、ドラマ「青い海の伝説(푸른 바다의 전설)」をパロディーしたコーナーや、3分シリーズ、不朽の名曲パロディーコーナーなどに登場し、メンバーの中で最も多くの比重を占めた。特に3分シリーズで出た衝撃と恐怖の乞食コスプレとゼニガメコスプレが話題になった。その乞食姿だけをいくつか合成してデスクトップ画面のように作ったり、サトシがポケモンボールを投げてその中からソラのゼニガメコスプレ姿が出るといったような内容の映像が作られるなど、ムム達がGIFを作るにはちょうどいい要素になった。その後、コンサートのVCRでもゼニガメコスプレをしていた。
  • 2016SBS歌謡大典でTWICEの舞台を楽しく真似してカメラに撮られると、特有のビビる姿を見せた。
  • 日本のコンサート放送の時に見せた驚くべき日本語の実力が話題になっている。もちろん流暢に話すほどではないが、ソラが「日本語を勉強している」と言ってから1ヵ月も経っていないことを考えると、驚くべき実力だ。最大限日本語で話そうと努力する姿に多くのファンが喜んだ。実際はくもん日本語F段階だそう。そしてデビュー当初にくもんで日本語を習ったことがある。
  • 元f(ⅹ)出身のルナ、EXIDのハニと一緒に歌ったコラボ曲『HONEY BEE』でママムの活動では見られなかったセクシーコンセプトを完璧に消化し、ムムから歓声が上がった。余談でPVで着ていたジーンズ×ジーンズの衣装がよく合っていて、多くの人がそのままはく製にしたい!と叫んだほど。後に『HONEY BEE』の振り付けを ムンビョルの前で裸で踊ったことがあると明かした。曲を準備していた期間、海外スケジュールなどで振り付けを練習する時間がなかったため、宿舎でシャワーしてすぐ練習したのだった。一方、ムンビョルはこれを撮影して所蔵しているという。
  • お酒を本当に飲めないそうだ。酒量が一杯程度で酒癖は寝ること。2017年2月19日、カカオテレビでライブが行われた「마리텔 라이브(マイリトルテレビジョン ライブ)」でお酒や様々な飲み物を混ぜて飲むコンテンツがあったが、他のメンバーたちは何の問題もなく美味しいと飲んだが、ソラはストローで本当に少しだけ飲んで指を振った。以後、「음주가마무」や10万ムム記念V liveなど、様々なプログラムでお酒を飲む度に、相変らずあまり飲めない姿を見せる。
  • レクリエーション資格、笑い治療士資格、FUNリーダーシップ資格証があるという。
  • デビュー当時からロングヘアだったが、『나로 말할 것 같으면(Yes I am)』ではミディアムボブになった。髪を切る時の気持ちは「え?」だったという。
  • 実の姉が大学入試の時、 S.E.S.の『달리기』という曲を歌ってくれたそうだ。
  • 酒量がウォッカふたくち・焼酎2杯というリーダーのソラは、「이슬톡톡」というお酒を飲み、ピンク色になった。
  • 2018年1月、マレーシア公演のリハーサル中に腰を負傷し、2018旧正月の「K-POPアイドルスタースポーツ選手権」のボーリング出場を断念した。
  • スキーができない。幼い頃スキー場へ行ったが、初級コースがとてもつまらなかったし、リフトが乗りたかったという理由で上級者コースに上がって、急激な傾斜で倒れたり、木にぶつかって泣きながらスタッフに背負われて降りてきたトラウマのため、乗れないという。
  • ポールダンスがとても上手だ。
  • 食べ物を噛まずに飲み込む。食べ物を早く噛むという。
  • 口が大きい。口の大きさは8cm。ファサの話によると、ソラの長所は「中が空洞のパンが好き」なところだそう。
  • 「無限挑戦(무한도전)」の長年のファンであるソラは、デビュー後ユ・ジェソクと初めて写真を撮った時、感激に満ちて涙を流した。
  • デビュー前にツイッターアカウントを作ったことがあるが、唯一のフォローは実の姉とTOM N TOMS江西区役所店だけだった
  • ソラと幼い頃親しかったというブロガーのポスティングを引用し、「幼い頃、ソラが土を拾って食べて遊んだ」という噂があったが、その後、ブロガーによって土を食べたのではなく、土を掘って土遊びをしたという表現が誤って伝えられたとこと明らかになった。
  • デビュー前、友達と一緒にソウルランドでソーセージやおでんを売るアルバイトをしたことがあるという。終わったら、「다람쥐통」という乗り物を無料で乗せてくれて、本当にいいバイトだと思ったという。
  • 活動中、いろいろなルートで接したヒップホップシグニチャーなどを振り付けに取り入れたが、メンバーから「なんだかぎこちない振り付けだ」とからかわれた。
  • 『너나 해(Egotistic)』の私服振付映像の中間に右足の靴紐がほどけた。
  • 『너나 해(Egotistic)』のミュージックビデオ中に履いていたアピーチが見えるのが玉に瑕
  • メンバーの中で唯一タトゥーをしなかった。
  • ミニアルバム「RED MOON」のショーケースがあった翌日、髪を洗わなかった。
  • 高麗アザミ山菜ビビンバが好き。
  • 正規アルバム「Melting」ショーケース当時、ハワイ1泊2日の宿泊券に当選したが、まだ貰えていない。
  • 自分を「親孝行歌手」と説明している。 しかし、本人を除いた誰もその理由を知らない。
  • 顔がきれいなアイドルとして有名だ。
  • 「ソラシド」youtubeチャンネルでMBTI性格検査を試みて、結果はINFJ。
  • ファンサイン会の応募方式を1人1枚応募後、無条件の無作為抽選で選抜すると聞いていた。1人当たり1枚ずつ買って、運のいい人が選ばれると思っていた。
  • 츄하트(噛むふりをして丸をハートにするアクション)ために手を本当に噛んだ。
  • いたずらしたい時のトラの子供のモノマネができる。
  • リップバームの蓋をなくして、ビニールに包んで持ち歩くこともある。
  • 性格がせっかちなので食事を食べるスピードが速い。
  • Melonで『행복하지마』のコメント順1位のコメントに行けばソラが直接書いたものを見ることができる。
  • Jessiののショーインタビュー中に英語でインタビューを行う「グローバルインタビュー」コーナーがあり、YouTubeチャンネルソラシドでたくさん練習したが未熟な英語を披露。
  • 初心者時代は運転が苦手だったソラは、20年6月28日、tvN「オンアンドオフ」で大型特殊免許を取る過程を公開した。結果は一度で合格。
  • 2020年8月13日、「2020 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS」でママムが本賞を受賞したが、受賞の感想で「あけましておめでとうございます」とコメントした。
  • 「ミュージカルにいつか挑戦してみたい」と話した。 周りから「ミュージカルがすごくいい」と超すすめられた。ただ自分は一つをする時に夢中になるタイプなので、後で余裕ができたらやってみたいという。
  • 高校生の時、片思いをしていた男の子に「私あんたが好き、付き合おう」と言ったが断られた。しかしソラは屈することなく「あんたのその気持ちは認めるが、それは本心からじゃない」とその男子生徒を励ましたという
  • 20202020年8月27日、ソラシド生放送で「SHOW ME THE MONEY9には志願しなかった」と。 また「가짜사나이」に出演したいが男性ばかりのコンテンツなのでできないと話した。
  • 正直に化粧をばっちりすると自分でも自分が綺麗だと思うそう。
  • ユーチューバーのEsther Moonからビリー・アイリッシュ、アリアナ・グランデ、ブリトニー・スピアーズなどの歌まねを学んだ。Esther Moonが言うにはどこかに行って教える時にギャグのつもりで教えたりしたが、ソラには可能性があるらしい。

8.1 무지개떡(虹餅)に見えるブランケット[編集 | ソースを編集]

各種写真や映像など虹色のブランケットを使うソラの姿が多く見受けられ、ファンの間で大きな話題になった。他の3人のメンバーは皆同じブランケット(別名:クッキーブランケット)を使い、それは検索で見つけやすかった。

一方ソラは1人だけ他の虹色ブランケットを使ったが、とてもきれいだった上に平凡に見えるデザインであるにもかかわらず、同じものを探すのが非常に難しかったため視線が集中したのだ。ファンクラブで狂ったように探してみたが、海外のサイトでほとんど同じ卸し用の生地をいくつか見つけただけで、ブランケット自体は見つからなかった。これが話題になったことを知ったソラがタイのファンからプレゼントされたことを明かし、状況は終結した。

…と思ったが! タイ製品で海外配送が不可能だということを知ったムムたちが事実上放棄状態で「무지개떡(虹餅)はリーダーの特権にしよう」という話をしている最中、タイに留学中というムムが現れた!

タイに留学しているムムの努力により、共同購入をした複数人のムムは무지개떡(虹餅)を所有するようになった。 実はこの共同購入より先にタイ旅行中に偶然発見し、무지개떡(虹餅)を手に入れたムム達もいた。その後サイトでも発見され、あちこちで行動購入を引き受けますよというムムが現れ、무지개떡(虹餅)は以前に比べると珍しくなくなった。

公式カフェに「虹畑(무지개 밭)」という書き込みを掲載した過去があるが、ファンがプレゼントしたのか、寝巻のズボンまで虹餅とそっくりで、「その中でもズボンに視線集中」というコメントもあった。しかし本当に実生活で着ているかは確認不可。2016年6月25日の「私たち結婚しました(우리 결혼했어요)」にて発見! 2017年2月19日のカカオテレビ「マイ・リトル・テレビジョン ライブ」の最後の部分でも枕と一緒に登場!! 2017年6月25日 「ユ・ヒヨルのスケッチブック」でも登場した!!!

9 交友関係[編集 | ソースを編集]

ジニョン(元B1A4)、ホヤ(元INFINITE)、チャンソプ(BTOB)、チョロン(Apink)と共にソラが親友だと言及した。参考までにみんな91年生まれで、新しく好感度の高い親睦関係ラインだと喜ぶファンが多い。実はソラとチョロンは非常に気まずい間柄だった。「週刊KPOPアイドル(주간아이돌)」の第313話で言うには、それほど親しくもなかったチャンソプが連れてきたのが 本当に親しくないチョロンだったと。最近も連絡を取り合いながら親睦を深めており、チャンソプの入隊前にはみんなで集まって食事をした証拠写真もアップした。ソラのユーチューブである「ソラシド」で91ラインのメンバーたちがよく登場する。チョロンは電話などでよく登場し、チャンソプは除隊後、ソラのインタビューの最初のゲストとして出演するなど、引き続き仲が良いことを表す。

アイリーンRed Velvet)とも親しかったが、最近はあまり会っていないようだ。 過去には「마마벨벳(Mama Velvet)」というグループトークもあり、一緒にインタビューもするなど、かなり親しい関係を維持していた。 ソラは後でチョロンとアイリーンと3人で仲良くなってから会いたいとも話した。

アイリーンとは別にウェンディ(Red Velvet)とも親睦を保っているようだ。 2020年のソラの誕生日にウェンディが直接誕生日のお祝いメッセージを送ってくれたそう。余談だがソラとウェンディは誕生日が一緒だ。

キム・シオン(元SATURDAY) 特にソラをロールモデルにしており、一番親しくなりたい先輩としてソラを挙げた。

2020年8月2日「ランニングマン(런닝맨)」に出演し、ソン・ジヒョチョン・ソミンと同じチームで優勝した。しかしその回はチームで優勝しても罰則免除以外にこれといった褒賞がなかったため、ソラは個人優勝商品だった高級サウンドバーを獲得することができなかった。これを申し訳ないと思ったソン・ジヒョが直接会社に高級サウンドバーをプレゼントした。これに感謝の気持ちを抱いたソラがソン・ジヒョに靴と手紙をプレゼントした。

2020年下半期のJTBCバラエティ「갬성캠핑」にレギュラー出演し、他のレギュラー出演者であるパク・ナレアン・ヨンミ、「パラサイト」出演女優のパク・ソダム、ソン・ナウン(Apink)と親しくなっている。特にパク・ソダムとは91年生まれの同い年で、91ラインとして友達付き合い中。また毎週ゲストが変わる番組の特性上、ゲストとして出演した芸能人と交友を深めているところだ。