iKON
아이콘
Ikon.jpg
国家 大韓民国
ジャンル K-POP
デビュー 2015年9月15日
年齢 6周年
デビューアルバム 正規1集〈WELCOME BACK〉
事務所 YGエンターテインメント
関連活動 WIN: Who is Next?MIX & MATCH
ファンクラブ iKONIC
メンバー
ク·ジュネキム·ドンヒョクチョン·チャヌBOBBYソン·ユニョンキム·ジナン
旧メンバー
B.I

1 概要[編集]

Get Ready? Show Time! こんにちは、iKONです! YGエンターテインメント所属の 6人組ボーイズグループだ。 iKONというグループ名は、英語のiconのcをkに変えたもので、韓国を代表するアイコンになれという意味が込められている。

Bチームという名で初めて大衆に知られた2013年WIN:Who is Next?、iKONのメンバーになるために競争した2014年MIX&MATCH。計2回のサバイバルプログラムを通じて多くの関心を集め、[3]2015年9月15日の先行公開曲『ドストライク』でデビューする。 「ドストライク」はチャートオールキル1位、発売と同時に屋根キック入り後18回屋根キックを記録する。 その後、授賞式で「Mnetアジアンミュージックアワード」男子新人賞、「メロンミュージックアワード」新人賞、「ゴールデンディスクアワード」デジタル音源部門新人賞など各種新人賞を席巻する。

2018年1月25日発売された正規2集Returnのタイトル「恋をした」は、25日午前0時に初めてメロンリアルタイム1位を達成した後、43日間リアルタイム1位、40日間日間日間チャート1位、6週間連続週間チャート1位、2ヵ月連続月間チャート1位という歴代級の成績を記録した。 2月14日16時から3月5日19時までの460時間、Melonでリアルタイム1位になり、累積911時間、リアルタイム1位になった。また、アイチャートPAK(Perfect All Kill)208回で歴代1位を記録した。2018年3月10日、最後の音楽放送で11冠を記録し活動を終了する。 「恋をしてから立てた歴代級の記録をもっと詳しく知りたいならReturnを参照。」活動終了後、「恋をした」は全国の幼稚園児や小学生を中心に急激に広がり、まさに「恋をした」シンドロームを起こす。 「LOVE SCENARIO」は依然としてチャートで高い順位を維持し、愛され続けているメガヒット曲となった。 また、2018年Melonミュージックアワードとゴールデンディスクで大賞を受賞する。 また、メロン、ガオンを含め、各種音源サイトの2018年年間チャート1位を記録した。

しかし2019年6月、リーダーでプロデューサーだったB.Iが麻薬波紋でチームから脱退することになった。

2 活動[編集]

2.1 デビュー前[編集]

2.1.1 2013年: WIN: Who is Next?[編集]

2013年WIN:Who is Next?というプログラムを通じてBチームとして初めて知られるようになる。 この時、チョン·チャヌを除いた6人のメンバーがAチームと共にサバイバルを進めた。 月末評価と審査委員の評価では、「実力的に優れている」という評価が大半だったが、視聴者投票の結果、1-2%差で敗れた。WIN最終話以降、Bチームを支持していたファンはYGエンターテインメントに請願を送るほど彼らのデビューを心から祈った。 Aチームとは違い当初からチームのメンバー構成が計画的に組まれており、ヤン·ヒョンソクが大事にしているメンバーのBOBBY,B.Iが所属していたため解散の懸念はそれほど大きくなかったが、そもそもYGが今後のプランを知らない会社なのでファンの心配は言い表せなかった。

2.1.2 2014年: MIX & MATCH[編集]

2014年BOBBY、B.IはSHOW ME THE MONEY 3に出演し、BOBBYは最終優勝までして生存申告をする。 後にMIX&MATCHで放送されたショーミーザマネー出演の姿

ショー·ミー·ザ·マネーの直後に放送された『MIX&MATCH』という番組を通じて、アイコンメンバーを選ぶサバイバルを行うことになった。 ファンからこのプログラムは発がん誘発プログラムとして知られている。 練習期間が長いB.I、BOBBY、キム·ジンファンを確定メンバーにし、WIN:Who is Next?にBチームで共演したク·ジュネ、ソン·ユニョン、キム·ドンヒョクと新しい練習生チョン·チャヌ、ヤン·ホンソク、チョン·ジンヒョンの6人のうち視聴者投票とYG内部投票、グローバルファンミーティングの点数を合算して4人を追加選抜するフォーマットだった。 ファイナルマッチでク·ジュンフェ、ソン·ユニョン、キム·ドンヒョク、チョン·チャヌがメンバーに確定した。

2.1.3 2015年:デビュー[編集]

2015年5月末に開催された水原JSカップ広報大使に委嘱された。久しぶりにファンの前に姿を見せたが、残念な音響施設のため、準備してきた歌をほとんど披露できなかった。

V LIVEの生中継でWINNERと共に最初のランナーを務めた。WIN-WINゲームの休暇費用の支払いで5000万Vを獲得する気炎をあげて夏休みに行くことになった。 その後、「ファンとリアルタイムでコミュニケーションしながら殺す曲がある」というネタバレを飛ばし、ファンの心を燃やした。

15年1月、デビュー予定だったが、延期となり、結局、9月15日、先行公開曲のドストライクを公開し、正式にデビューした。 ヤン·ヒョンソクはデビュー日を6回も変更した後にデビューさせた。

公式デビュー日を「151003ショータイムコンサート」から10月1日に変えた。 しかし、結局「151224」Vアプリで、再び9月15日に変えた。 クリスマスがデビュー100日目になる日だという。

3 実力[編集]

3.1 ラップ[編集]

メインラッパーのBOBBYがチームに属している。BOBBYは声がハスキーで、アイドルラッパーの中でも指折りの実力派の一人だ。

WIN: Who is Next? 時からラップに対する賞賛を受けており、2014年にSHOW ME THE MONEY 3に出演し、大衆にも彼らの実力をはっきりと印象付け、'実力派ラッパー'というタイトルを得るようになった。 最終優勝したBOBBYは、SHOW ME THE MONEYシリーズを盛り上げた主役という評価を受けた。 また、シリーズの中で「ショーミー3」が一番面白かったという評価も多い。 BOBBYがセミファイナルで公演した『リンク·ヒップホップ』はNAVERリアルタイム検索ランキング1位、音源チャート1位を記録した。 ショーミーの舞台映像は、下記リンクを参照されたい。

3.2 ボーカル[編集]

メインボーカルのキム·ジンファン、ク·ジュネ、サブボーカルのソン·ユニョン、キム·ドンヒョク、チョン·チャヌで構成されている。 メンバー全員歌が上手で、全ての舞台で基本的なMRだけを使い、ライブで歌を歌う。 メインボーカルの金ジンファンとク·ジュンフェがほとんどの曲でハイライトを担当しているが、収録曲や中国放送の「The Remix」でなど、他のサブボーカルメンバーとハイライトを分けて歌う場合もかなり多い。 例えば違うって、Love Meなど。 タイトル曲の場合、主にメインボーカルのキム·ジンファンとク·ジュンフェがハイライト部分を割り当てられるが、収録曲の場合にはキム·ジンファンとキム·ドンヒョクが同じパートを配分してもらったり、ク·ジュンフェとソン·ユニョンが同じパートを配分される場合も思ったより多い。

3.3 ボーカル[編集]

メインボーカルのキム·ジンファン、ク·ジュネ、サブボーカルのソン·ユニョン、キム·ドンヒョク、チョン·チャヌで構成されている。 メンバー全員歌が上手で、全ての舞台で基本的なMRだけを使い、ライブで歌を歌う。 メインボーカルの金ジンファンとク·ジュンフェがほとんどの曲でハイライトを担当しているが、収録曲や中国放送の「The Remix」でなど、他のサブボーカルメンバーとハイライトを分けて歌う場合もかなり多い。 例えば違うって、Love Meなど。 タイトル曲の場合、主にメインボーカルのキム·ジンファンとク·ジュンフェがハイライト部分を割り当てられるが、収録曲の場合にはキム·ジンファンとキム·ドンヒョクが同じパートを配分してもらったり、ク·ジュンフェとソン·ユニョンが同じパートを配分される場合も思ったより多い。

3.4 ダンス[編集]

メインダンサーのキム·ドンヒョク、リードダンサーのキム·ジンファンで構成されている。 キムドンヒョクはダンスのラインがとてもきれいだ。 コンサートの個人舞台密着カメラ「AIRPLANE」の振り付けも作った。 最近のvliveでの言及によると「死にそう」の振り付けとコンサートで歌う「BEST FRIEND」の振り付けをB.Iとキム·ドンヒョクが一緒に作ったという。 金ジンファンは、「ダンスのラインが非常にきれいで、曲による強弱の調節がすばらしい。 「WIN:Who is Next?」のバトルで、ダンスの伝説イ·ヒョンドから絶賛された。 「ダンスラインが一番きれい」という評価も受け、自らダンスに自信があるようにも見える。 WIN: Who is Next?, MIX & MATCH, Heroes of Remix では小さくシャープで危険なアクロバットを多く担当した。 ステージごとに一生懸命取り組む、その中でBLING BLINGはレジェンド密着カメラとして語られる。

また、ダンサーポジションを引き受けたメンバー以外にも、すべてのメンバーがダンスが上手だ。 世界的な振付師のパリス·ゴーブルも、「チーム全体がダンスが上手だ」と話したことがある。

これまでの活動の中で特に群舞が目立った活動はヒップホップ曲「リズムに乗って」「BLING BLING」「蜂の群れ」とダンス曲「死にそう」だ。 群舞だけでなく「チモンミ」、「AIRPLANE」、「GOODBYE ROAD」のような雰囲気のダンスもこなす。

4 話題[編集]

  • 2021年8月20日、メンバーBOBBYが結婚を電撃発表した。「僕は愛する人と結婚を約束した。そして、9月に父親になる」とし「新しい家族ができるということは嬉しいけれど、突然の知らせに戸惑うファンの皆さんに申し訳ない気持ちが大きい」と明かした。
  • 8月27日、元メンバーのB.Iに懲役3年が求刑された。27日午前、ソウル中央地裁で麻薬類管理に関する法律違反などの疑いで裁判に引き渡されたB.Iの初公判が開かれ、検察は懲役3年、追徴金150万ウォン(約15万円)を求刑した。

B.Iは2016年4月から5月の間、知人A氏を通じて大麻や麻薬の一種であるLSDを買い入れて投薬をした疑いを受けている。B.Iはこの事件により2019年「iKON」から脱退、所属事務所だったYGエンターテインメントはB.Iについて「専属契約の解約」を発表した。

  • 所属事務所のYG ENTERTAINMENTは9月27日、Newsenの取材に対し「最近、BOBBYに第1子が誕生した」と明かした。BOBBYの妻は最近、第1子となる男児を出産したという。これにより彼は、グループ内で、そしてYG ENTERTAINMENTで初めて妻子持ちの現役アイドルとなった。
  • 10月3日、B.I(元iKON)はオンラインコンサートを行った。自身のInstagramを通じて「皆さんもご存知のように僕は幸せという言葉をあまり言わないのですが、本当に久しぶりに生きがいを感じる程度ではなく、幸せだという気分になりました」と感想を明かした。

5 余談[編集]

  • 2018年6月7日、ヤン·ヒョンソクのインスタグラムに「デビュー4年でカスタムマイクができた」という書き込みがあった。写真をよく拡大してみるとキム·ジンファンのマイクはGNAN、キム·ドンヒョクのマイクはDONGで、他のメンバーのマイクは英語の活動名になっている。2018年6月9日、KOLORFULファンミーティングで初めてカスタムマイクで公演を行った。
  • メンバー全体の血液型がA型かO型である。
  • 「恋をした」歌のテンポが遅い上、歌詞自体が繰り返しながら単調で難なくないメロディー特性のためか、子どもたちもよく歌う。通学バスや教室など子供たちが集まっているところにこの歌が流れるとみんな一緒に歌っているのが見られる。「恋をした」活動終了後、3月頃からインターネットにこんな書き込みが掲載され始めた。 このため「小統領」という修飾語が生まれたりもした。 これで作文の練習をする人もいるほど。
  • チーム内でキムさんが4人もいる。 キム·ジンファン、B.I(キム·ハンビン)、BOBBY(キム·ジウォン)、キム·ドンヒョク、その他ソン·ユニョン、チョン·チャヌを除けば名前に'ㄱ'の字が入る。
  • メンバー全員が弟がいない。 キムジンファンとクジュンフェには姉がいてソンユンヒョン、B.I、キムドンヒョクには妹がいる。 そしてBOBBYとチョンチャヌには 兄さんがいる。
  • 単独リアリティ番組「好みのiKON:One Summer Night」が8月20日より配信開始される。