ヤンヒョンソク
양현석(梁鉉錫)
YG.jpg
基本情報
誕生日 1970年1月9日
年齢 51歳
出身地 ソウル特別市
国籍 大韓民国
学歴

ソウル校洞小学校 チュンドン中学校

光明工業高等学校卒業
ポジション 元歌手、現実業家兼音楽プロデュサー
活動期間

1992年-1996年ソテジワアイドゥルとして活動

解散後、現YGエンターテインメント設立
家族

両親、兄、弟

配偶者、娘、息子
身長 / 体重 180 cm / 70 kg
血液型 A型
事務所 YGエンターテインメント
関連活動 ソテジワアイドゥル



1 概要[編集]

大韓民国の元歌手で元プロデューサーだ。 グループ「ソテジワアイドゥル」の元メンバーであり、大手芸能事務所「YGエンターテインメント」の設立者や筆頭株主でもある。

若い頃は韓国歌謡界の伝説である「ソテジワアイドゥル」のメンバーとして、その後中年になってからは韓国最高の芸能事務所の一つを率いるようになった。 このように長い時間をかけて韓国の大衆歌謡界に及ぼした大きな影響力を行使し、多方面で大韓民国の大衆歌謡界の歴史において絶対に欠かすことのできない人物の一人と評される。 しかし、2010年代後半から続く所属歌手の頻繁な不法行為と2019年に明らかになった一連の事件によりYGエンターテインメントの代表を辞任し、社会的にも多くの批判を受けている。

個人的な性格は大雑把だと言われている。 本人が基本礼儀さえきちんと守れば、敬称についてはあまり気にしないようだ。 当初、YG以前から知っていたジヌションのションやYG初期から同棲同楽してきた「ワンタイム」や「ビックバン」などは、ヤン·ヒョンソクを「社長」と呼ばずに、そのままヒョンソクさんと呼ぶという。

現在、ヤンヒョンソクは検察から出国禁止を受けたが、理由は以下の通りだ。 売春斡旋、麻薬流通、警察癒着、性接待、海外賭博、脱税、性的暴行、バーニングサンゲートの中心人物など8つの容疑だ。

2019年9月20日基準で、ヤン·ヒョンソクは警察から性売買の疑いがないため不起訴·送致の予定だという。 だが、不起訴送致予定だとして無罪が確定したわけではなく調査機関が警察から検察に渡ったのだ。 同事件をソウル中央地検強力部が捜査することになり、捜査がどのような方向に流れているのか見守らなければならない。 現在、売春容疑だけが検察に送致され、遠征賭博、ファンチギ容疑は警察が捜査しており、容易ではない時間を過ごすものと予想される。

だが、証拠が不十分となり、結局嫌疑なしとなった。

2020年8月基準、ソウル中央地検強力部(金浩三部長検事)は、ヤン前代表らに対する事件を水原(スウォン)地検から移送してもらって捜査していると明らかにした。 ヤン·ヒョンソクはビーアイの麻薬投薬疑惑を公益的に提供したB氏に陳述の撤回を強要して脅迫した疑いが持たれている。

大韓民国を衝撃に陥れた「ソテジワアイドゥル」が解散した後、しばらくソロ歌手に変身した。 以後、本人の愛称をもじった「ヤングン企画」という会社を作り、その時から今までずっと歌手製作者の道を歩んできた。 「ヤン君」は、ソ·テジが「ヤン·ヒョンソク」と呼ぶ際に使っていた愛称だという。YGエンターテインメントの会社経営および俳優マネージメントは、弟のヤン·ミンソク代表が主に指揮し、ヤン·ヒョンソクはプロデューサーとしてYGの主な事業である歌手制作および音楽分野を総括する方向で兄弟間の役割分担をする。

2 余談[編集]

  • 本来、ヤン·ヒョンソクはYG公式ホームページの アーティスト紹介ページの一番端に隠れていて海外ファンの間では認知度がほとんどなかった。さらにグループ名の「YG」が代表のヤン·ヒョンソクの愛称である「ヤン君」の略であることも知らない外国人も多かったが、SBSのKポップスターの審査委員に出るようになってから彼ならではの存在感を強くアピールし、2013年からは公式ホームページのアーティストページの一番前に自分の紹介が移ってから海外ファンの間でも認知度が高まるようになった。 外国人の愛称は「YG papa」のおかげでYGエンターテインメントにアップした歌手のビハインドストーリー映像には「YG papa eng sub plz」のような英語字幕を付けてほしいというコメントをよく見かける。
  • ハゲではないかという疑惑を受けたりもした。
  • 芸能界活動や所属事務所の社長の仕事など、多少は順調ではあったが、実は人見知りが激しい性格だったという。 本人は芸能界自体に大きな意思があったわけでもなく、実際ソテジワアイドゥルも本人が最初からしようとしたわけでもなく、もともとソ·テジにメンバーだけを紹介するつもりだったが、いざソ·テジはヤン·ヒョンソクが紹介してくれたメンバーたちが気に入らず、結局ソ·テジがヤン·ヒョンソクに「直接やれ」と薦めてチームに入ったという。 参考までに、イ·ジュノを紹介する時、哀悼のヤン·ヒョンソクもイ·ジュノも二人とも、ソ·テジより年上であり、ヤン·ヒョンソクのほうがいいかと尋ねると、ソ·テジは、「クールに大丈夫だ」と答えたという。
  • このような性格なので、ヒーリングキャンプに出演した際、MCたちは人見知りが激しかったが、活動はどうしたのかという質問には、「ただ音楽をするのが楽しかったし、舞台の上では人々の視線を気にせず、ただダンスばかり踊っていた。 踊るのが楽しかったので、無我夢中で踊った」と話した。 実は4枚目のアルバムの時はソ·テジも大変だったが、ヤン·ヒョンソクも本人もトップスターだった時が一番自ら疲れていた時だったという。
  • イ·ジュノの借金1億6,500万ウォンを肩代わりしてあげた。おかげで、イ·ジュノは拘束から釈放されたが、金をすべて渡したわけではなく、形式上借用書を書いたものの、イ·ジュノの収入が振るわない上、子供は3人もいるので、事実上返してもらえない金だ。 セウォル号の時は5億を寄付しても埋められたが、今回は3分の1にもならない金額であり、借用証まで書いたにもかかわらず、むしろ大衆に強い印象を与えたようだ。
  • キムヨンファンにとっては妻の従兄弟という。 キム·ヨンファンが明らかにしたエピソードによると、キム·ヨンファンがかつて歯科医をしていたころ、ヤン·ヒョンソクが歯科を訪れたことがあるが、そのときヤン·ヒョンソクに「お前、もう芸能人はやめて、勉強しなさい」と言ったという。 その後、ヤン·ヒョンソクは「ソ·テジワアイドル」でデビューして大ヒットし、その後キム·ヨンファンはヤン·ヒョンソクに会ったことがないという。
  • パクスホンとは一時、隣人として暮らして親交を深めたという。 ミウセを見ればパクスホンの母親とも面識があるようだ。
  • 台湾の男性アイドルグループスペシャルの日本人メンバー「Win(Win)」がヤン·ヒョンソクとドッペルゲンガー級に似ている。
  • かなりのダンスの実力の持ち主だ。韓国の第1世代のヒップホップダンサーであり、最初からソテジワアイドゥルに入ることができたのも、上記のようなダンスの実力のおかげで可能だった。当時はオールドスクール·スタイルで定評があり、一時、韓国ダンサーたちの集結地として知られた梨泰院のムーンナイトを牛耳っていた人物だった。このためか、YGで活動したダンサーらの話を聞くと、ヤン·ヒョンソクと働いたダンサーらは割合、よい待遇を受けたという。どうやら本人がダンサー出身なので、もっとよく世話をしたりする方だったようだ。
  • ディーシーインサイド、ヤン·ヒョンソクマイナーギャラリーもあるが、YG所属歌手を問わず、ヤン·ヒョンソクの「シャベルゲーム」や所属歌手の処遇に対する批判が多い。
  • YG歌手たちには必ずやるモノマネの被害者(?)の1人だ。YG出身でモノマネをしていない人はおらず、特にビッグバンは同部門で他の追随を許さない。最近デビューしたBLACKPINKも、ヤン·ヒョンソクのモノマネに長けている。
  • インスタグラムの掲示物をアップロードする際、ハッシュタグを乱発する傾向がある。