ヒョンジン
スキズヒョンジン.png
ヒョンジンのプロフィール
基本情報
本名 ファン・ヒョンジン(황현진,黃鉉辰, Hwang Hyunjin)
誕生日 2000年3月20日
年齢 21歳
出身地 ソウル特別市
国籍 韓国
学歴

ソウルソンイル小学校(卒業) ソウル城内中学校(卒業) ソウル公演芸術高等学校(実用舞踊科8期卒業)

グローバルサイバー大学(実用英語学科在学)
ジャンル K-POP
ポジション ダンサー、ラッパー
活動期間 2018年
デビューアルバム ミニアルバム1集
家族 両親
身長 / 体重 179 cm / kg
血液型 B型
事務所 JYPエンターテインメント
所属グループ Stray Kids
ファンクラブ STAY
あだ名 ヒョンイ、イエンママ、ファンブリー、ファンジュエル、スキーズジャンバルモリその子、エサなど




1 紹介[編集 | ソースを編集]

2018年3月25日にデビューした8人組グループStray Kidsのメンバーである。 ポジションはダンサー、ラッパーだ。

2 ポジション[編集 | ソースを編集]

2.1 ダンス[編集 | ソースを編集]

舞台でのパワフルなダンスだけでなく、表情がとても良くStray Kidsのメンバーたちも表情演技に感嘆する。 毎回舞台でする動作があるが、それが一つのジェスチャーになった。

ダンスに対する思いが熱く強い。JYPから、芸術高校に進学するよう指示されなかったが、所属会社で学べなかった振り付けを学びたくて、ソウル公演芸術高校に進学した。 主にアーバンダンスを踊り、フリースタイルダンスをする時はヒップホップダンスを友達から習うという。 ソウル公演芸術高校の選択科目の中からヒップホップを選択したという。

練習生になる前までは全くダンスを踊ったことがなかったという。 情熱ただ一つで練習する中で、他の練習生から「君はビジュアルを押していけばいいじゃないか」「イケメンなのに敢えてなぜ練習するのか」というようなことを言われ、自尊心を傷つけられた後、チームで自分が担う役割があればいいと考え、より歯を食いしばって練習したという。 結局、そのお陰でメインポジションがダンスになった。

2.2 ラップ[編集 | ソースを編集]

サバイバル番組の際、ラップは良くない評価を受けたが、現在はチームに欠かせないラッパーとなっている。 メンバーのハンほどではないがハイトーンの音色を持ち、独特な声でラップをする。

2.3 ボーカル[編集 | ソースを編集]

Stray Kidsラッパーラインはボーカルを引き受ける場合が多いため、もちろんヒョンジンもボーカルを引き受ける場合が少なくはない。

2枚目のミニアルバム「I am WHO」では一部の曲でボーカルパートも担当。SBS人気歌謡でイベント企画用に集まった新人グループユニット「インガズ」が歌った「プンプン」でも少しだけボーカルパートに入ったりもした。

以後、コンサートでダンスラチャユニット曲「wow」で多くのボーカルを担当した。

「m.i.a不眠症」でもボーカルを担当した。

ミュージックバンクの「パンパンズ」が、Red Velvetの「Psycho」をカバーした舞台では、なんとメインボーカルとリードボーカルの高音パートを歌ったりもした。

3 ビジュアル[編集 | ソースを編集]

ITZYイェジと同じファン(황)という苗字であることと顔が似すぎることから兄弟疑惑があったが、違うようだ。

Stray Kidsの踊る宝石(リノ)とStray Kidsの姫(フィリックス)と共にチームでビジュアル面を担当しているが、Stray Kidsのビジュアルセンターと言及されている。

目鼻立ちがすっきりして端正で、高い背丈に拳ほどのサイズの顔。Stray Kidsで長身ラインに属する。

笑う時と笑わない時のギャップの差が大きい。 笑わない時はシックに見えるが、笑う時は大きな目が曲がり、子犬のようでものすごく可愛い。

物凄く大好きな先輩に似ているという言葉がたまに出る。 JYPが好きなかっこいい子犬系の顔だという。 しかも、最近は後輩とも似ているという話が出た。

2020年の「神メニュー」活動を皮切りに、ロングヘアスタイルまで消化するビジュアルを誇っている。

4 ファンへの愛[編集 | ソースを編集]

Stray Kids内で大きなファンへの愛(サラン)を誇る。Stray Kidsの公式インスタグラムとJYP-Fansで最も多い持分を占めている。

またファンサイン会や公式イベントにおいて最もサービスの良いメンバーとしても有名である。 ヒョンジンのファンになったら休む暇もない。 継続して上がってくるコンテンツに、ファンたちは幸せだ。

5 炎上[編集 | ソースを編集]

  • 学生時代にいじめをしていたという疑惑があり、活動休止をしていた。ITZYリアとともに一部のファンから脱退を要求されていたが復帰した。

6 余談[編集 | ソースを編集]

  • チームのビジュアルメンバーとして番組放送前から有名だった。 オーディション番組の序盤はダンスの実力をアピールする機会があまりなく、パク・ジニョンによって脱落危機メンバーに選ばれるなど残念がる姿を多く見せたが、後半になるにつれ自分の能力とビジュアルをたっぷりと発揮した。
  • 中学3年生の時、特技自慢発表でSMエンターテイメントにキャスティングされたという。 JYPにキャスティングされたのは、母親と買い物に出た日にJYPの名刺をもらい、最初は詐欺ではないかと疑ったが、ネット上に名刺に書かれている名前を検索して信じるようになったという。練習生期間はおよそ1年6ヵ月だという。
  • ソウル公演芸術高校(以下:ソゴンイェ)在学当時の同級生たちの話によると、試験時間中にうつぶせになって寝ていたが、童話の中の王子様のようだったと…その後、「ソゴンイェの王子様」というニックネームができた。 本人もこのニックネームについて知っているようだ。
  • 小学生の時の夢はサッカー選手だった。 同窓生の話によると、レベルの高いサッカーの実力と秀麗な外見のおかげで友達たちからの人気が高かったそうだ。 サッカーと関連した子供番組を学校で撮影したが、シュートを外さなくてはいけないシーンで自身のプライドが許さなく、思いっきゴールを決め出演シーンを丸ごとカットされた。
  • メンバーたちの言葉によると、自分の外見をとても謙遜している。「かっこいい」という言葉に恥ずかしがったり、きまり悪がる姿がしばしば見られる。
  • JYPの練習生の経験があり、ソゴンイェを卒業したイ・デフィとすごく親しい。
  • 些細なことにもよく笑い、大きく笑う。 笑うとき目をウィンク(≧∀≦)するような習慣がかわいいという反応を得ている。
  • 自分の声で「ファン・ヒョンジン起きて!」と録音して、アラームを合わせておいたという。 肝心の本人はアラームが聞こえずメンバーたちが起きていたが、最近はだんだんアラームに合わせて起きているという。 同じアラームだけを使えば、その歌が自分の夢のサウンドトラックとして出てきてしまうため、最近は毎日違うアラームが出るアプリを使っている。
  • GOT7のジニョンがロールモデルだという。 歌も上手く、ダンスも上手く演技も上手いからだという。サバイバル番組 Stray Kidsにジニョンが出演した回を見ると、ジニョンがヒョンジンの手をぎゅっと握ってあげると、はにかみながら戸惑う姿を見ることができる。 飛びぬけたファン心で、アイドルルームにGOT7が出演した時、ゲストとしてサプライズ出演したりもした。 所属会社の先輩なので顔を合わせることが多いが、会う度にファンの心で恥ずかしがっているようだ。
  • 幼稚園の頃、アメリカのラスベガスに少しの間住んでいた。その時の名前はサム。
  • 一年の中で一番好きな日はクリスマス。 理由はただその日の雰囲気が良くてクリスマスはすべての人々が幸せだから良いと言っている。
  • 本とドラマが好きだ。ハマりやすい方だ。自分がこの人物だったらどうだっただろうか、と想像するそうだ。
  • デビュー前の一番好きな食べ物は刺身、チキン、ピザ、キムチチゲ、ジャージャー麺を選んだ。 しかし、2019年基準ではジャージャー麺よりチャンポンのほうが好きだという。 夜食としてはコプチャン、タッパル、チキン、豚足、トッポッキなどが好きだ。 ゼリーとタピオカティーも大好物だ。
  • 果物が大好きだ。 春にはイチゴ、夏にはスイカといった季節の果物をたくさん食べる。しかし、果汁の多いものを好むので硬い柿は食べない。 また、若くてまだ青いバナナとアボカドは世界で一番嫌いだと話している。
  • コーヒーが好きだが、体質的に合わない。 顔がむくんで眠れず動悸がするなどの症状のため、コーヒーは最小限に飲んでいる。
  • ナス、ニンジン、玉ねぎ、ネギが嫌いだ。きのこの内、えのきとまつたけだけを食べ他のきのこは食べず、鮭などの脂っこい食べ物も苦手だ。
  • 動物はみな天使だと考えている。 愛犬の「カミ」について、「私にはどんな悩みがあるのか分からないが、いつも喜んでくれる迎えてくれる姿が天使のようだ」と話した。 実家でペットとして「カミ」を飼っている。 動物のうち猫も好きだが、猫毛アレルギーのため直接触ることはできない。
  • 果物や花から香る自然な甘い香りが好きだ。メンバーのフィリックスがプレゼントした甘い香水を一つ持っているが、夏は蚊によく刺されるため使用を控えている。
  • 各都市のI LoveTシャツを収集している。Tシャツを着て撮った記念写真を簡単に見つけることができる。
  • 幼い頃の将来の希望を尋ねる質問に、「歌手にならなかったらインテリアデザイナーになっていただろう」と答えた。
  • Stray Kidsのメンバーの中で寝相がひどい人として自分を挙げた。 寝言も沢山話しうるさいようだ。

いびきはかかないそうだ。(ハンはヒョンジンと寝言で10分ぐらい話をして見たと言う)

  • 私服をよく着こなす。 JYPの練習生になってからファッションスタイルが大きく変わったが、ここには服に関心が高かったチャンビンの影響が大きかったという。 様々なスタイルのファッションを着こなしており、その中でもニット帽などのスタイルをよく見せてくれる。
  • 練習生の時、自分にはヒップホップ感が足りないと思い、チャンビンと話し合いピアスを開けることにした。 両親に許可を得て、ピアスホールを開けに行く時チャンビンとハンと一緒に行ったという。 両耳の頰たぶに穴をあけたが、心配とは裏腹に痛くなかったという。
  • 涙ぼくろがある。以前一度ほくろを取ったことがあるが、またでてきた。 以前の写真から少しほくろがなくなっているのが分かる。ほくろを消したことについて多くのファンは悲しんでいたが、ほくろがまたできたことを見て大喜びした。 ファンと二度とほくろを消さないという約束までしたという。 ところが最近ほくろが薄くなってきて、ファンが悲しむんじゃないかと本人が心配している。
  • 同じグループのメンバーであるハンとは、練習生時代お互いひどく嫌ってたくさん喧嘩したそうだ。 一番有名なエピソードとしては"ラップジャル(ラップが上手だ)ダンスジャル(ダンスが上手だ)"がある。しかし、今はお互いを「近所の友達みたい」と言うほど仲が良い。