ポン・ジュノ
봉준호,奉俊昊,Bong Joon-ho
ポンジュノ.jpg
出身地 大韓民国慶尚北道大邱市
国籍 大韓民国
学歴

大邱南島小学校(転校) 蚕室高等学校(卒業) 延世大学校(社会学 学士)

韓国映画アカデミー
宗教 カトリック
活動期間 1993年の映画『白い人』
家族 配偶者、息子(1996年生)
身長 / 体重 183cm cm / kg
血液型 AB型


1 概要[編集 | ソースを編集]

大韓民国の映画監督。

2 詳細[編集 | ソースを編集]

最高、最多、最初の記録をすべて持つ自他共に認める韓国映画のアイコンであり、芸術性と娯楽性、そして大衆性と独創性がすべて認められた世界的な巨匠である。

00年デビュー作「フランダースの犬」で映画専門家たちに期待の星として注目された。

以後、とうとう03年、『殺人の思い出』で衝撃を与えて大きな反響を呼び、興行にも成功して韓国映画の未来と目された。 さらに、韓国映画史の全盛期といわれる03年の韓国映画「ルネサンス」の信号弾のような役割も果たした。

そして2006年に発売した「怪物」が1千万観客を突破し、興行[16]的に当代全ての記録を破ってセンセーションを巻き起こし、大衆に強力な支持を受けるスター監督へと成長することになる。 それだけでなく、批評的成就まで成し遂げた韓国型ブロックバスターの見本となった。

また、09年、マザーは評論家から強力な支持を得て賛辞を受け、美学的研究対象の映画芸術家として認められる契機となったが、これを証明するかのように、同年、各種批評家協会賞を総なめし、批評と興行のすべての面で名実共に大韓民国の代表監督となった。

その後はハリウッドの製作陣&俳優たちとの交流で、韓国映画産業に大きな影響を及ぼした作品を製作した。

2013年、韓国映画史上最高の制作費(437億ウォン)を投じて造られた雪国列車で、韓国国内だけに限られていた映画産業のグローバル展開に貢献した。

そして2017年の「オクジャ」はネットフリックスストリーミングサービスの映画の中で初めてカンヌ映画祭の競争部門に進出し、時代の流れも伝え、国内にネットフリックスを知らせるのに大きな影響を与えた。

以後、2019年にはそれこそキャリアの頂点に達し、神話を書くことになるが、まさにパラサイト 半地下の家族を通じて韓国映画史上初のカンヌ映画祭パルムドール賞を受賞し、国内封切り後には1千万観客まで突破し、数少ないサンチョンマン監督の仲間入りを果たしたのだ。 そしてアメリカで公開された後、それこそセンセーションを巻き起こし、翌年の2020年アカデミー賞授賞式で脚本賞、国際映画賞、そして最高の栄誉である監督賞と作品賞を受賞し、4冠を達成し、世界映画史の新しい歴史を作り上げた。

余談として、映画界で最高の実力とともに温和で温かい人柄まで兼ね備えた映画監督として有名だ。

待望の2020年2月9日(現地日付)、LAドルビー劇場で開かれた第92回アカデミー賞授賞式(OSCARS)で予想通り脚本賞と国際映画賞を受賞、多少難しいと思われた監督賞まで受賞の栄誉を手にし、最高の一日を過ごした。 特に監督賞部門は、映画「1917」のサム·メンデスを抜いて受賞した結果なので、さらに意味深い瞬間だった。 そして期待を集めた待望の作品賞まで受賞し、6部門ノミネート中4部門の受賞というとてつもない記録を残した。パラサイト 半地下の家族の作品賞は、アカデミー賞92年の歴史上初めて外国語映画が作品賞を受賞したケースだ。 これまで、多くの外国語映画賞の作品が作品賞に挑戦し、またことあるごとに苦杯をなめたが、本作品がその限界を完全に壊して新しい歴史の中心に立った。

余談として、映画界で最高の実力とともに温和で温かい人柄まで兼ね備えた映画監督として有名だ。

待望の2020年2月9日(現地日付)、LAドルビー劇場で開かれた第92回アカデミー賞授賞式(OSCARS)で予想通り脚本賞と国際映画賞を受賞、多少難しいと思われた監督賞まで受賞の栄誉を手にし、最高の一日を過ごした。 特に監督賞部門は、映画「1917」のサム·メンデスを抜いて受賞した結果なので、さらに意味深い瞬間だった。 そして期待を集めた待望の作品賞まで受賞し、6部門ノミネート中4部門の受賞[30]というとてつもない記録を残した。 パラサイト 半地下の家族の作品賞は、アカデミー賞92年の歴史上初めて外国語映画が作品賞を受賞したケースだ。 これまで、多くの外国語映画賞の作品が作品賞に挑戦し、またことあるごとに苦杯をなめたが、本作品がその限界を完全に壊して新しい歴史の中心に立った。