相続者たち
상속者들
相続者たち.jpg
放送シーズン 2013年10月9日~2013年12月12日
放送時間 毎週水、木曜夜10時
話数 20話
放送国家 大韓民国
言語 韓国語
放送局 SBS
制作
演出 カン·シンヒョ、ブ·ソンチョル
制作 ファアンドダムピクチャーズ
脚本 キム·ウンスク
出演者

イ・ミンホパク·シネキム·ウビンチョン·スジョン(クリスタル)キム·ジウォン

ほか
その他
原作 相続者たち(小説)


1 概要[編集 | ソースを編集]

2013年10月9日から同年12月12日まで放映されたSBSの20部作水木ドラマ。 主演はイ·ミンホパク·シネ

パリの恋人、シークレットガーデン、紳士の品格などで有名なキム·ウンスク作家が執筆したドラマで、韓国上位1%に属する財閥で育った10代の高校生たちの話を描いた青春トレンディドラマだ。 作品の性向からすると、ちょうど韓国版ゴシップガールを標榜したドラマだと言える。

2 あらすじ[編集 | ソースを編集]

名門私立貴族高等学校、「帝国高校」 校訓は「平等·博愛·正義」だが、残念ながらそこには「葛藤·迫害·不義」を根幹とする4つの階級が存在する。

企業を受け継ぐ真の財閥2、3世集団である経営相続者集団、経営権からは排除されたが、生まれた時から大株主である株式相続者集団、お金よりは名誉を重視する法曹界、医学界、学者、政治家2、3世集団である名誉相続者集団、社会的注目のために仕方なく選んだ片親子女、経済的疎外階層など、文字通り社会配慮者集団。

「相続者たち」は、経営相続者集団と株式相続者集団のうち、どこかの金炭、骨の髄から経営相続者集団であるヨンド、ラヘル、キムウォン、株式相続者集団であるボナ、名誉相続者集団であるヒョシン、ミョンス、四階級のうち、どこにも属せないチャンヨン、ある日突然彼らに投げ込まれた社会配慮者集団である恩賞の話だ。 そして、その階級を作った親たちの話だ。 すべてを持っている18歳の逸脱は割れたガラスのかけらのようであり、羨ましいことのない18歳の嫉妬は鋭い刃のようであり、多くを享受する18歳の陰謀は荒くて致命的である。 彼らの中で割れて砕ける銀賞に輝いたのは果たして守り抜くことができるだろうか。 それで、羽を持ったからといってすべて天使ではないように幸せも条件の問題ではなく態度の問題であることを悟ることができるだろうか。

誰かはこのドラマをシンデレラ·ストーリーと言い、また誰かは最上流層の10代の隠された話と見るだろうが、断言すると「相続者たち」は私たちが今まで一度も見たことのない、とてもセクシーで邪悪な激情ハイティーン·ロマンスだ。

3 詳細[編集 | ソースを編集]

タイトルの「王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ」は本題の前に付く副題だ。 一般的には相続者たちとよく呼ばれ、SBS公式ホームページでも相続者たちに縮約されている。

まずキャスティングが華やかだ。 イ·ミンホから始まり、パク·シネやキム·ウビンなどに、パク·ヒョンシクやカン·ミンヒョク、クリスタルなどのアイドルらも大勢投入された。 一言で言えば、若くてビジュアルのいい俳優たちは総出動したと言える。 李ミンホが出演する上、財閥家の物語なので、「花より男子」を連想する人たちも多いが、金ウンスク作家は、「花より男子」とは全く違う作品だと明らかにした。 しかし、ドラマの進行を見る視聴者たちは、「説得力のない説得」という反応が多い。

キム·ウンスク作家の作品がそうであるように、これも好き嫌いが極と極に分かれる。 「青春学園物+図々しいシンデレラ·ストーリー+アイドルたち」のため、見る前から拒否感を持つ人も結構いる。 登場人物の数だけ見れば、ほとんど週末の家族ドラマのレベルで、あまりにも散漫だという指摘もあり、男性主人公は、史上最年少の最短期間の金の持ち主なので、幼稚で現実性に欠けているという声も多い。 そして、実際に非常に恥ずかしく、幼稚なセリフや状況が多かった。 相続者たちの縮みを一発で代表することができるせりふはドラマ開始わずか2回で出た告白シーンのせりふである"私お前好きか?"。果てしなく恥ずかしくなるこのせりふがあまりにもインパクトがあって実際相続者たちに対するパロディには欠かせない必須要素になった。

また、校内暴力の美化論争でも騒がしかったが、チェ·ヨンドが社会配慮者選考で入学した生徒を随時苦しめる場面が問題になったためだ。 チェ·ヨンドの校内暴力は多くの登場人物によって「小学生の仕業」「幼稚な仕業」と見なされているが、校内暴力は幼稚な仕業ではなく邪悪で悪魔のような仕業であり、決して小学生の仕業ではない。 詳しい内容、実はそれ以外にも帝国高校の学生たちを考えていることも行動することも、見る人の立場としてはまるで天龍である学校を見ているようにとても血圧が上がる。 劇中でチョ·ミョンスがチェ·ヨンドの学校暴力に対して悪口を言う生徒を見ながら「法の枠内では行動を憎めと言っても、人を憎むなと言っている」と言う場面があるが、これもやはり少年法の垣根内で保護される加害者生徒の立場をかばう発言だ。 一般的な校内暴力と少し違う点は、いわゆる「高い階層」である財閥が同じ階級ではなく、社会人配慮型の学生を排除するという点で、金持ちが庶民を無視するか、貴族が平民を無視する構図だということだ。 (それでも後で崔永道が過ちに気付き、いじめた友達に謝る場面があることもあった。

「PPLで塗り替えられた」という言葉が出るほど間接広告の登場回数が多かったが、画竜点睛は第10話に登場したキャンピングシーン。 このエピソードは、テントからアウトドアウェアまで、丸ごとブラックヤクの間接広告で埋め尽くされているが、おもしろいのは、主人公の金タンが、ボーンキャンプに参加しなかったことだ。 その理由は、李ミンホがアイダーの専属モデルだからだという笑い話が出たりもした。 この他、朴シネがモデルをする「ペジミル豆乳」やチェ·ジンヒョクがモデルをする「ジレット」、「シェーバー」など、数え切れないほど間接広告が登場した。

細かいパロディーやギャグの要素がたくさん出る方だ。 パクヒナムの下女、帝国高校キャンプサバイバルゲームで英雄本色、シュリパロディーが出ており、14話でキムウォンが人事移動を敢行する時、人事移動対象者のリストにZE:Af(x)少女時代Wonder GirlsBIGBANG のメンバーの名前が含まれていたり、「シークレットガーデン」の金秘書として出たキム·ソンオもいる。 キム·ウンスク作家の前作に登場した人物が再活用される場合もある。 帝国高校のLTに招待されてくる先輩リストには、『シティーホールの祖国』、『シークレットガーデン』のキム·ジュウォン、『紳士の品格』などに登場した金ドジン、チェ·ユン、イム·テサンの恥ずかしい台詞があふれている中でも、小さなギャグ要素が学院の短所を弱めたりもする。 余談として、現時点の20年、開幕場の上流層が出てくるドラマが登場し、「この世界観に入っていれば、ぴったりだっただろう」という言葉が多い。

4 登場人物[編集 | ソースを編集]

4.1 帝国高校[編集 | ソースを編集]

  • キム·タン(イ·ミンホ)

チャ·ウンサンに一目で行ってしまったクムサパ(惚れっぽい男)。 キム·タンの母親が父親のキム·ナムユンのセカンド(チョン·ジスク)でもなく、「サード(ハン·ギエ)」である妾なので、兄のキムウォンに幼い頃から庶子扱いされながら米国に3年間留学したのも島流しに等しい生活だった。 中学生の時は人間のクズの暴れん坊であらゆる事故を起こしたが、米国で生活してからだいぶ丸くなったので事故は起こらずにいる。 米国生活の中でチャ·ウンサンに偶然会ってウンサンに好感を持ってウンサンが韓国に帰ると、ウンサンを追いかけて帰国する。 そしてウンサンが、自分の家のお手伝いさんの娘だということを知って 本格的にウンサンにダッシュ中。

  • チャ·ウンサン(パク·シネ)

キム·タンの家のお手伝いさんの娘。話すことができない母親の代わりに、幼い頃から雑務をしていたので、早くに大人になった。1日に何個もアルバイトをするほどしっかりしている少女だが、人前で母親と手話で話すのを恥ずかしがってメールで会話し、SNSに楽しい日課をあげる友人を羨む10代の少女でもある。 いつも貧困のひどさに嫌気がさす。米国で成功した姉に取り入るため、母を捨てて米国まで行ったが、実は姉は非倫理的な人生を生きており、金まで取られて挫折してしまう。行き場がなくなったウンサンは、キム·タンの家にしばらく住んでから韓国に戻るが、母親がキム·タンの家住むようになり、自然とキム·タンの家の家政婦の役割も果たすようになる。

  • チェ·ヨンド(キム·ウビン)

キム·タンの一時の親友であり、このドラマに出てくる生徒たちの中で、犬猿の仲だ。 庶子のキム·タンとは違い、ホテルのゼウス·チェ·ドンウクの嫡長子だが、自分の母親(チェ·ジナ)が8歳の時家出した後、祖母に頬まで殴られて強制的に離婚されて追い出され、父親が多くの女性たちを自分の家に連れて行ったため、急激にひねくれた。 父親の女たちからもらった小遣いで猟犬を買い、その女たちに噛めと教育させ、学校では勉強なんかやめ、IQ150のすばらしい頭脳を持ち、自分から見て劣っている生徒たちを苦しめる天下の犬の双生児として悪名が高かった。とぼけた態度で炎上を招き、珠玉のセリフが多い。

  • ユラヘル(キム·ジウォン)

キム·タンの婚約者。母親が国内屈指の衣類業界の相続者なので、登校する時もヒールをこつこつさせながら登校する生徒。 しかし、傲慢で傲慢な性格なので、友達はいない。 母親イーエスダーが事業に失敗した実の父親と冷たく離婚し、チェ·ヨンドの父親と再婚を準備して、突然ヨンドと兄妹の仲になってしまう直前の関係だ。

5 その他[編集 | ソースを編集]

ドラマを見ていると2AMのイ·チャンミンが歌ったOST「Moment」をいつも流したため、視聴者の不満が少しあったようだ。 実際に韓国ドラマを見る外国人は相続者の副題を「Love is the moment」と呼んだりもした。

作中の台詞である「サタンたちの学校にルシファーが登場する」という台詞が「サハクルなど」という流行語として広まった。

作中でロールインベンが出た! 地上波にまで進出する世界政府「ゴッドベン」の威厳。 その中ではこの文章を読んでるから お前たちがいつも負けるよ。 という作中の言葉を引用して、 ここを見ると負けるっていう場所ですか? 」という書き込みをよく目にする。

相続者たちの背景である帝国高校は東灘新都市に位置する東灘国際高校、慶尚南道泗川市に位置するLIGインジェリウム、大田に位置する大田外国人学校だ。

相続者たちの背景であるゼウスホテルのメイン舞台はグランドウォーカーヒルソウルだ。 2013年7月にリリースされたファンタジー小説の相続者のため、ファンタジー系に関心が少ない人はタイトルだけを見て「ドラマ原作小説(あるいは人気を集めた後に出た小説版)か」と反応することが多い。 急に関心を示したので貸したら"ドラマじゃないじゃないか"と言って返してくれたり。

相続者が放映されていた当時、パク·シネキム·ウビンチェ·ジンヒョクが広報のためランニングマンに出たことがあり、以後ここに出た相続者の中でも何人かはランニングマンに出たことがある。 現在を基準にクリスタルカン·ミンヒョクカン·ハヌルパク·ヒョンシクキム·ジウォンらがランニングマンに出演した。 ユラヘル役で出演したキム·ジウォンは後日、このドラマ作家の後続作である『太陽の末裔』の主演であるユン·ミョンジュ役を見事に消化し、演技人生の花を咲かせることになる。