ヒスン
Heeseung/희승
Heeseung.jpg
基本情報
本名 イ·ヒスン(이희승/Lee Heeseung)
誕生日 2001年10月15日
年齢 20歳
出身地 韓国
国籍 大韓民国
学歴 ファボン小学校(卒業)
豊陽中学校(卒業)
進接高等学校(転校)
クァンナム高等学校(卒業)
ジャンル K-POP
ポジション リーダー
活動期間 2020年11月~
デビューアルバム 1stミニアルバム『BORDER : DAY ONE』
家族 両親、兄
身長 / 体重 180 cm / kg
血液型 A型
事務所 BELIFT LAB
所属グループ ENHYPEN
関連活動 I-LAND
あだ名 ヒドゥイ, ヒトゥンイ, バンビ, 万能センター, イヒスン, 蛙



1 概要[編集 | ソースを編集]

大韓民国の歌手、ビリーフラップ所属のボーイズグループENHYPENのメンバーである。

2 I-LAND参加[編集 | ソースを編集]

CJENMとビッグヒットエンターテインメントの合作アイドルサバイバル、リアリティ番組<I-LAND>で5位になりENHYPENで11月デビュー予定だ。

3 性格[編集 | ソースを編集]

リーダーシップがあり、相手に対する思いやりがある。 愛嬌にとても弱い。 キム·ソヌがイ·ヒスンに愛嬌を教えていたが、イ·ヒスンは驚いた。

3.1 リーダーシップ[編集 | ソースを編集]

どうすれば良いリーダーになれるのか、 悩む真のリーダーである。

「このようなことを考えるだけでも、すでにリーダーになれる資質は十分ある」とし、BTSメンバーらを驚かせた。 アイランド(ENHYPENを輩出したオーデション番組)放送では他の人を配慮する性格が目立つが、意見調整が必要な時があれば、本人の意見を述べるよりは他の人の意見を先に聞く方だ。 一緒に練習する時は、練習が難しいメンバーを先に助ける姿を見せてくれた。

アイランド撮影中、他の参加者たちが実力的に優れているヒスンをセンターに推薦したが、他の参加者にも機会を与えたくて断ったりもした。 しかし、以後はチームが目立つべきだと思って、本人がセンターを引き受けて舞台を立派にこなしたりもした。 本人が前に出るべき時とそうでない時を適切に判断してチームメンバーを引き立てようと努力する。

4 ポジション[編集 | ソースを編集]

4.1 ダンス[編集 | ソースを編集]

I-LANDの時から参加者の中で凄まじいダンスの実力を誇る練習生で、強弱の調節とダンスラインに長けている。 また、ダンスの表現力はアイランド内のトップクラスで、本当に毎週違う表現で視聴者とプロデューサーたちを魅了した。 「FIRE」舞台で合同振り付けを完璧にこなし、「アイランドフリースタイルバトル」でレベルの高いポッピンを披露し、フリースタイルの実力も優れていることを示した。

BTSテストではイ·ヒスンの舞台と言うに遜色がなかったが、パク・ソンフンの代わりに「Fake Love」の導入部を受け持つが、導入部から次元の違う現代舞踊とそのダンスラインから出る表現力で圧倒的な舞台にした。

主にセンターに多く立つ方だが、センターを立てば全体的な隊形をうまく整えさせて曲の完成度を高め、振り付けがよくできていることを見せてくれる。

4.2 ボーカル[編集 | ソースを編集]

裏声と真声を自由に切り替え、すっきりとした音色が特徴である。 強い振り付けを消化しながらも安定的に高音と中音を披露するライブが最高だ。また、入場テスト当時、ジコに誉められたようなすがすがしい「今風」の歌の持ち主。

5 余談[編集 | ソースを編集]

  • ロールモデルは父親だ。
  • 映画の中の主人公になったら日本のメロアニメのナムジュだ。
  • 一番好きな運動はバスケットボールだ。
  • ソウルフードはラーメンだ。 小学生の時おばさんの家で初めて食べてみたが、週3回以上必ず食べるという。
  • チンチラに似ている。
  • 涙もろい
  • 帽子が好きだ。 特にホッピー柄のニット帽に強い愛着を持っているようだ。 変わったデザインで、ニット帽が視聴者らの間で大きな反響を呼ぶと、8月3日に行われたI-LANDグローバルの傍聴で、「パート2では、ニット帽をこれ以上使わない」と宣言した。
  • 愛嬌にとても弱い。 「アイランド」第10話で視聴者QnAでソンウの愛嬌を真似て恥ずかしがる姿を見せる。
  • TOMORROW X TOGETHERと共にビッグヒットで練習したという。
  • 31で一番好きなものははレインボーシャーベットだ
  • 178センチのパク・ソンフンより少し高い。