I-LAND
아이랜드
アイランド.jpg
ジャンル アイドルリアリティー、サバイバル番組
放送シーズン Part. 1 2020年6月26日~7月31日、Part.2 2020年8月14日~9月18日
放送時間 金曜日午後11時(1~11回)午後8時(12回)
話数 12話
放送国家 大韓民国
言語 韓国語
放送局 Mnet,tvN
制作
企画 CJ ENM
演出 キム·シニョン、チョン·ミンソク
出演者 司会者(ナムグン·ミン)、練習生、プロデューサー(バン·シヒョクを含む専門プロデューサー師団、芸能人プロデューサー)、アーティスト(ビッグヒットエンターテイメント所属またはデビュー後活動中のアーティストたち)
その他


1 概要[編集 | ソースを編集]

2020ブロックバスターアイドルデビュープロジェクト。 この世には存在しなかった未知の空間<I-LAND> ここで繰り広げられる過酷なサバイバルゲーム! 全てのテストをパスして世界を虜にする主人公は誰になるのか! 2020年6月26日からエムネットで放送されるCJ ENMとビックヒットエンターテインメントが主催する合作アイドルサバイバル、リアリティー番組。

最終デビュー組は、ビリーフラップ所属アーティストとして2020年11月にデビューすることになり、ENHYPENが最終デビュー組として確定した。

2 あらすじ[編集 | ソースを編集]

最も進化したアイドルが誕生する場所<I-LAND> ここで全世界が見守る「生存ゲーム」が始まる!

理想的なアイドルを作るために特別に作られた空間<I-LAND>! 計3年にわたる企画と製作期間を経て完成した先端システムであり、 「トレーニングと生活、ステージ」まですべてが可能な巨大建築物!

自分の運命をかけてここに集まった世界各国の志願者たち! 限られた時間、システムが提示するテストを通過しなければならない。

そして。 放出者たちの空間、[GROUND]! 生き残りたければ必ずここを抜け出さなければならない!

[I - LAND]で最後まで生き残って 世界の舞台に立つ生存者は誰になるのか。

3 結果[編集 | ソースを編集]

名前/国籍/満年齢(当時)

  • 1位ヤン・ジョンウォン/韓国/16歳
  • 2位ジェイ/韓国 米国/18歳
  • 3位ジェイク韓国 オーストラリア/17歳
  • 4位ニキ/日本/14歳
  • 5位イ・ヒスン/韓国/18歳
  • 6位パク・ソンフン/韓国/17歳
  • 8位キム・ソヌ/韓国/17歳

いずれも満10代である。 最年少のニキは韓国の年齢で16歳、中学校3年生で、練習生期間も8ヵ月で最も短い。 最高齢のイ・ヒスンは韓国の年齢で20歳で、練習生の期間も3年1ヵ月で最も長い。

4 その他[編集 | ソースを編集]

放映前から世界観を持っているということが知られ、ネチズンの耳目を集めた。

独特なアイデンティティが込められた世界観を実現するため、200億ウォンをかけて3,000坪に達する超大型複合専用空間を別途に作るなど、緻密な準備過程を経てきたという。

撮影は京畿道坡州(パジュ)市にあるCJENMコンテンツワールドで行われた。 NAVER TVのコメントでは 「バトルロイヤルK-POPバージョン」 「アイドルオーディション番組なのに 紹介だけ見るとソサエティーゲームだね」などの反応が出た。

CJENMは、以前から多国籍ボーイズグループを作るグローバルオーディション番組をすると記事で言及し続けてきたが、実際、外国人メンバー1人と韓国国籍を保有する二重国籍者2人が最終デビュー組として選ばれた。

番組名のため、K-POPに投資したイーランドグループと関係があるという誤解を受けた。 イーランドとは全く関係のないプログラム。そもそもそちらは「E·Land」だ。

ロゴがクェイサゾン(韓国のコミュニティサイト)のロゴに似ているという話がある。

海外のファンはロゴ模様に目をつけ、Eggiesで自分たちを指す。

編集とプロデューサーの助言がかなり冷静で鋭い方なので、そのような場面が出る時は「マラランド」と言うこともある。

国内外のファンのピックはかなり違う方だ。 海外のファンは自国国籍の参加者を応援する場合もあり、そうでなくても特定メンバーに対する国内外のファンの好感度が違う。

ほとんど全ての韓国コミュニティのピックは同じである。そして実際、ダニエルを除いた全ての参加者がデビュー組に入った。

最終話の最後に女性練習生募集と関連した メッセージが出た。 「プロデュース101」シリーズのように、ガールズグループバージョンを編成する可能性があると見られる。ただ、韓国のI-LANDファンの反応はそれほどよくない方だ。