ソヌ
Sunwoo/선우
Sunwoo.jpg
基本情報
本名 キム・ソヌ(김선우/Kim Sunwoo)
誕生日 2003年6月24日
年齢 18歳
国籍 大韓民国
学歴 七宝小学校(卒業)
七宝中学校(卒業)
七宝高等学校(在学)
ジャンル K-POP
活動期間 2020年11月~
デビューアルバム 1stミニアルバム『BORDER : DAY ONE』
身長 / 体重 cm / kg
血液型 O型
事務所 BELIFT LAB
所属グループ ENHYPEN
関連活動 I-LAND
あだ名 幸せなサツマイモ



1 概要[編集 | ソースを編集]

大韓民国のアイドル歌手だ。 2020年6月26日、CJENMとビッグヒットエンターテインメントが共同制作したアイドルサバイバル、リアリティ番組<I-LAND>に出演する。

他の参加者とは比較にならないほどの才能、華麗なビジュアル、10ヶ月という練習期間もものともしない優れた実力とすべてのコンセプトをこなすステージの実力で、アイランド内で多くの人気を集めている。

2 ポジション[編集 | ソースを編集]

2.1 ボーカル[編集 | ソースを編集]

アイランドでグラウンド代表のボーカル·チェッカーとして活躍した 突発した技術があるわけではないが, 綺麗な声で音色が良く, とても声に特色がある。 そしてChamber5のステージで高音と低音を自由に出しながらラップまでこなす姿を見せる。

3 詳細[編集 | ソースを編集]

3.1 ビジュアル[編集 | ソースを編集]

キツネのような顔を持っており、いわゆる「需要像」と呼ばれる。 とてもはっきりした目鼻立ちに 目を引く華やかなビジュアルを持っている。 真っ白な肌、真っ赤な唇、高い鼻、角張ったあごを持っている。 鋭い目つきと印象を持っているが、いつも笑っているのでソフトな印象がある。 普段はいつも笑顔だが、舞台に上がると、普段は普通の「砂漠狐」が舞台を食うようなカリスマとセクシーさを見せてくれる。

とてもやせた体に顔が小さくて首が長い。 そして、他の練習生と比べて小柄で、イ·ヒスンやパク·ソンフンと一緒にいると、特に可愛い。

3.2 性格[編集 | ソースを編集]

自分で考える本人の性格は、「明るくて元気」だ。 笑顔を絶やさない。 「好きな季節は何ですか」という質問に「一年中好きだ」と答えるほど、とても肯定的な性格を持っている。 幼い頃から体が弱かったが、他人には体調が悪い姿よりは明るい姿を見せようと努力しているという。 他人の心をよく理解し、他人をよく慰める思慮深い姿を多く見せてくれる。 『アイランド』第4話でケイがヤン·ジョンウォンに放出免除券を書いてヤン·ジョンウォンが脱落を免除され、タキが代わりに脱落すると、タキを慰めてあげ、第8話で脱落免除権を持つタキが第12位になり、イ・ゴヌが脱落すると心が複雑になるタキを慰めた。 舞台で緊張せずに楽しみながら舞台を披露する。 明るく爽やかな性格によく似合う「Chamber5」で、それこそ「水を得た魚」のように舞台を披露した。 心が弱く涙もろい。

3.2.1 愛嬌[編集 | ソースを編集]

とても明るくきびきびした性格の持ち主だ。 愛嬌たっぷりでFake Loveを共に披露したイ·ヒスンとパク·ソンフンが彼の才能に感嘆した。 愛嬌が本当に多い。 アイランド10話放映分でイ・ヒスンに自分の愛嬌を教えて彼を当惑させた。

3.3 趣向[編集 | ソースを編集]

一生に一つの食べ物しか食べれないとするなら、トッポッキを食べると言った。 好きな色はミント、紫、ピンク、青だ。 好きなファッションスタイルはパーカーとジャージ、スラックスだ。 好きなアイスクリームの味はヨーグルト味だ。 好きなお菓子はロットゥス。 リンク パーカーが大好きで、ほとんど毎日着ている。

4 余談[編集 | ソースを編集]

  • 自分でニックネームを付ければ「チャームドル」と言う。
  • 体がとても弱いという。 幼い頃から病弱で、2019年には大きな手術まで受けて、練習の時に大変そうだった。
  • 宝くじが当たったら土地と家を買いたい。
  • 一番親しい友達にプレゼントをあげるなら、お金をあげるだろう。
  • 私を代表する歌を一曲選ぶとしたらLALALILALAだ。
  • グローバル視聴者投票で計1位になり、part2に進出した。
  • グローバル視聴者投票1位もそうだし、放送で見せてくれる溢れる才能と華やかなビジュアルで、アイランド参加者の中で爆発的な人気を得ている。
  • 名前表記をSUNWOOではなくSUNOOを使う。
  • 9月4日の放送分で170万票を獲得し、再びグローバル投票1位を堂々と獲得した。 これでアイランド内で大人気を博していることは明らかになった。
  • 中学校2年生の時、学校で行けと言われたイベントに行ったところ、キャスティングされたことがある。