ジョンウォン
JUNGWON/정원
JUNGWON.jpg
基本情報
本名 ヤン·ジョンウォン(양정원/Yang Jungwon)
誕生日 2004年2月9日
年齢 17歳
国籍 大韓民国
学歴 新城小学校(卒業)
新林中学校(卒業)
南江高等学校(在学)
ジャンル K-POP
活動期間 2020年11月~
デビューアルバム 1stミニアルバム『BORDER : DAY ONE』
家族 両親、姉(2002年生まれ)
身長 / 体重 178 cm / kg
血液型 AB型
事務所 BELIFT LAB
所属グループ ENHYPEN
関連活動 I-LAND
あだ名 (羊の)ガーデン、ヤン庭園、JungOne、洋チャンバー



1 概要[編集 | ソースを編集]

大韓民国の歌手。ビリーフラボ所属の7人組ボーイズグループENHYPENのメンバーである。

幼い年齢や短い準備期間とは思えない安定したダンスと歌の実力で、ENHYPENの隠れたエースとして評価されている。

2 I-LAND参加[編集 | ソースを編集]

CJENMとビッグヒットエンターテインメントの合作アイドルサバイバル、リアリティ番組<I-LAND>で1位になり2020年11月デビュー予定だ。

3 ポジション[編集 | ソースを編集]

3.1 ビジュアル[編集 | ソースを編集]

明るい肌、目尻が上がった四方に広がった目、正面から見ると先が丸い鼻、シャープな下管、小さな唇を持っている。 全体的に可愛い印象や濃い眉毛と微細な屈曲のある高い鼻筋のため、横顔または額を現したり、眉をしかめたりする時、男性美も漂う。 ENHYPEN 内の代表的な猫像や時々ウサギと比較されることがあり、笑う時の目つきと口元、えくぼが魅力ポイントとして挙げられる。 また、I-LANDの中で一番ハンサムな志願者投票で2位に選ばれた。

とても痩せている。肉がついても顔にだけつく方らしい。 小さい顔及び細長い首とそれに相反する広い直角肩を持っている。

3.2 ダンス[編集 | ソースを編集]

3.3 ボーカル[編集 | ソースを編集]

音色がとても特色がある。 I-LANDの練習生たちが「Into the I-LAND」の音源を聞いている途中、口をそろえて「声がはっきり聞こえる」と言うほど指紋のレベルだ。 『I-LAND』EP.1でパン·シヒョクが、「ヤン·ジョンウォン君は声を重点的に聞ける時が来たら、その時に聞いてください。 とても魅力があります」と話し、ボーカルを称賛した。 またチームでボーカルをたくさん担当する方だ。

4 性格[編集 | ソースを編集]

本人の言う通り、性格は寡黙な面がある。 I-LAND放映当時、高い順位を受けたにもかかわらず、大きく動揺せずに淡々と受け入れる姿や、プロデューサーが良くない評価とともにパート変更を勧めた時、特に気を悪くせずただ真剣に悩んでばかりいた姿などから見られる。 しかし、実際は生活の愛嬌が多く、いたずらが好きないたずらっ子そのもの。 そのおかげで、メンバーたちにかわいがられている。 涙がほとんどない方だ。 「I-LAND」では生徒たちが涙の海である度にいつも淡々とした姿を見せてくれたが、EP.8でイ・ゴヌ練習生が脱落する時初めて泣いた。 以後、EP.11で自分がプロデューサー評価で9位になった時も泣く姿が見られたが、いざEP.12で1位になった時は他のメンバーたちと違って泣かずに笑う姿を見せてくれた。 癖が多い。フード帽を前に引く癖、服の袖を下げる癖、眉毛を上に動かす癖、頬を膨らませる癖、座る時に手のひらを上に向けるように手を折る癖、踊る時に舌を出す癖などがある。

5 メンバー別相性[編集 | ソースを編集]

  • 双子ズ:ヒスン、ジョンウォン

<I-LAND>における実兄or実弟としたい練習生として、ジョンウォンがヒスンを双子としたことから付けられた名前である。

  • ダンニャン(ズ):ジェイク、庭園

ジェイクと庭園がENHYPEN内でそれぞれ代表的な犬像と代表的な猫像とされていることから名づけられた。

  • ポケズ:ソヌ、ジョンウォン
  • フォックス(ソンウ)とキャット(ジョンウォン)を合わせた名前だ。

6 余談[編集 | ソースを編集]

  • 「もともとテコンドーをやっていた。 7歳の時に始めて、その後対決選手として進学し、その後4年間選手生活をした。
  • テコンドーと踊りが似ている要素が多くて面白いと言う。
  • 小柄で幼稚園児の時に少し仲間はずれにされたが、テコンドーを習ってからは友達が多くなったという。
  • キャスティングでアイドル練習生になった ある分野で、特に得意なことがないようで、プレッシャーがあったという。 そんなに簡単なことではないと思って考えてみるというふうに言ったが、家族みんながするよう応援してくれて始めるようになったという。
  • 両親が共働きなので、小さいころから祖母が育ててくれた。 それで祖母が一番好きだという。 祖母に練習映像を全部送ってあげるが、その映像を大事にしているそうだ。
  • ロールモデルはBTSジョングクだ。
  • 一番大事なものは5年生の時から使っていたカバンだ。
  • 自分を動物に例えれば、猿だと答えた。
  • 最も怖がるのは「自分から信頼を失うことだ」と答えた。
  • 一番親しい友達にプレゼントをあげるなら、文化商品券をあげると答えた。
  • 寝ながらポッピンを踊ったことがある。 ポップでしたか、僕? 私ポップでしたか? マジですか?
  • 他のメンバーの頭をよく撫でる。
  • ベッドに上がるときは必ず靴下を脱ぐ。
  • 英語の名前はJohnnyだ。
  • 趣味は雨の日散歩、映画鑑賞だ。
  • 座右の銘がない。 ただ、もともとないのではなく、たびたび変わったが、今はしばらくない状態だという。