ジェイ
Jay/제이
Jay.jpg
基本情報
本名 パク·ジョンソン(박종성/Jay Jongsung Park)
誕生日 2002年4月20日
年齢 19歳
出身地 アメリカ合衆国ワシントン州
国籍 大韓民国/アメリカ(二重国籍)
学歴 仁川海原中学校(卒業)
翰林芸能芸術高等学校 (実用舞踊科在学)
ジャンル K-POP
活動期間 2020年11月~
デビューアルバム 1stミニアルバム『BORDER : DAY ONE』
家族 両親
身長 / 体重 cm / kg
血液型 B型
事務所 BELIFT LAB
所属グループ ENHYPEN
関連活動 I-LAND
あだ名 野望家、円分数、七転び八起き、ダックスフント、完判男、花序子、無敗無冠、チョンサン、🦅



1 概要[編集 | ソースを編集]

大韓民国の歌手。ビリー·フラップ所属の7人組ボーイズグループENHYPENのメンバーである。 米国シアトル出身の韓国人であり、米国人でもある複数国籍者だ。

2 I-LAND参加[編集 | ソースを編集]

CJENMとビッグヒットエンターテインメントの共同製作アイドルサバイバル、リアリティ番組<I-LAND>で2位になり11月デビュー予定だ。

3 ポジション[編集 | ソースを編集]

3.1 ビジュアル[編集 | ソースを編集]

目鼻立ちがはっきりしており、顔が立体的な形をしていることから、特に横顔が非常に魅力的である。突き出た眉毛の骨、高い鼻、そっと入った口とそれに調和するように発達した顎の先、貴族顎と呼ばれるくっきりとしたLラインが高級感を与え裕福でありつつも反抗的なイメージを持っている。

目元がすっきりとしていて、額や目の見えるヘアスタイルをした時、容姿がより輝く。

特に口が小さくて可愛いので、ファンはジェイの口を「くちばし」と呼ぶ。

首にハート形のほくろがある。

スリムでバランスがよくてたまに背が高く見える. 直角肩なので着心地がよく、基本的なTシャツを着てもよく似合う。 オーバーフィットが好きで着こなすのがよくなかったが、I&credibleテストの際は、ブラックシャツの上に重ね着をしてハーネスを作り、腰に一握りの部分がそのまま放送された。

3.2 ダンス[編集 | ソースを編集]

ストリート·ダンスに強い自信を見せる アイランド入場テストでNCTUの「7番目の感覚」をパク·ソンフンと共に披露したが、カバーしにくい曲であるにもかかわらずプロデューサーや他の参加者たちから好評を得た。

3.3 リーダーシップ[編集 | ソースを編集]

I-LAND参加中の優れたリーダーシップとして注目された。 リーダーの役割を任された時、優しくて繊細な性格とカリスマで和やかな雰囲気の中で、チーム内の各志願者の力量を発揮できる舞台を作ることに貢献し、好評を受けた。

他の参加者の魅力と性格についてよく理解し、適材適所に配置する能力に優れ、相手を配慮する姿と特有のユーモアで本人の意見を肯定的に受け入れるようにするのが長所だ。

3.4 ラップ[編集 | ソースを編集]

「アイランド」第1話「入場テスト」「7番目の感覚」でラップを担当し、第6話「I&Credible」では、短くてもインパクトのある英語ラップをこなした。

第8話でDNAパートを決める時、ラップパートを引き受けるところだった。 この時、同じチームのメンバー、ケイがラップパートが上手な人はジェイしかいない」と言って、ラップパートを渡そうとした。 これからジェイがラップもかなり上手だということが分かる。

3.5 ボーカル[編集 | ソースを編集]

ダンスとラップを担当し、あまり表には出ないが、低音のかなり柔らかい音色を持っている。

Into the I-LANDの導入部「I got pushed 押されてきた」部分を歌ったことが公開され、多くの人々を驚かせた。 また、「Dive intoyou」のリフレーンでもその魅力が際立つ。

4 詳細[編集 | ソースを編集]

4.1 育ち[編集 | ソースを編集]

両親は韓国人で、米シアトルで生まれ育ち、満10歳(小学4年)の時から韓国で育ったという。 その影響で英語、韓国語が上手になった。 韓国、米国の二重国籍だ。 現在、翰林芸能芸術高校の実用舞踊科に在学中だ。

ジェイという名前は芸名ではなく、昔から使われていた英語名に見える。 米国で撮った過去の写真を見ると、背中に「JAY.J.PARK」と書かれた野球レプルを着ている姿が見られる。

幼い頃からの夢が格好よくなることだったという。 アーティストたちの音楽を聞いて舞台を見ながら多くの慰めを得ており、格好良さに対する基準ができたとアイランド第7話で明らかにしている。2017年、オーディションを通じてビッグヒットエンターテインメントに入社した。

幼い頃から多様なスポーツと楽器を学んだものと見られる。 ボード、ゴルフ、自転車ハイキング、野球観戦などの写真が公開された。ジェイが一番自信のある運動はバドミントンだという。

エレキギターをつけている写真が公開されたことがある。 アコースティックギターを弾く姿は短い映像で残っている。

4.2 性格[編集 | ソースを編集]

自信があり謙遜で、状況把握は早いが黒歴史を避けることはできず、口調は硬いが、脆くスイートなダルゴナのような甘い性格の持ち主だ。

4.2.1 率直さ[編集 | ソースを編集]

自分の感情に非常に率直な方だ。 他のチームメンバーの前で自分が感じるポジティブな感情だけでなく、ネガティブな感情も自然に外に出す。 自分を慰めるために、前で笑いながら良いことばかり言うことができるが、ジェイは否応なしに表現し、終わりがない。 このような堂々とした態度と堅苦しい話し方が合わさって、時折誤解を招くこともある。

例として、アイランドの第2話でジェイが自分の望むパートが得られなくて悔しがる場面が放送され、これを見て批判するネチズンも一部いたが、回が重なるにつれジェイ特有の性格に魅了されたという意見が増えた。

これは参加者も同じだったのか、参加者の10問10答で反戦イメージ1位に選ばれた。

ジェイの堂々とした態度は練習する時によく見受けられるが、自分の強みが何かをよく知り、リスク負担の大きいテストに志願したり、またチームのリーダーとしての役割を十分果たすことで、自慢でなく根拠のある自信であったことを証明した。

4.2.2 努力派[編集 | ソースを編集]

表には出さないが、大変な努力家だ。 トレーナーたちのジェイに対する言葉からもこれが分かる。 例えば、アイランドの第9話でソヌのダンスについて語り、ソンドゥク先生がジェイに運動補強をお願いする時も、「私が100回しろと言うならジェイは200回するだろう?」と冗談を言うが、これを通じてジェイが普段から誠実に一生懸命努力してきたことが分かる。

指摘を受けた時、言い訳をせずにすぐ過ちを認めて学ぼうとする姿が謙遜だ。 その次のテストでピのフィードバックを一筋の希望だと思って期待したが、何のフィードバックも得られなくて残念がるジェイはとても可愛かった。

最初は意図したものではなかったが、速いスピードで流れに乗っているアイランド内で唯一の流行語がある独歩的な参加者だ。 真剣さの中に染み出るホダンミ(韓国語で「抜けてて可愛い」を意味する)が魅力的に感じられ、黒歴史を作り心配されたこともあったが、それさえも受け入れて楽しむようになった。

4.2.3 ムードメーカー[編集 | ソースを編集]

状況を読み取る能力に優れ、かつ効率的に対処する。 「アイランド」の第7話では、すべての参加者が集まりダンストレーナーの前でダンスバトルを行うことになったが、誰も気軽に乗り出せないと、ジェイが自らダンスの実力で定評のある参加者ニッキーを対決相手に挙げた。 優勝はできなかったが、ややもするとしらける雰囲気を盛り上げただけでも胸がいっぱいだった。 その他にも様々な場面で、ムードメーカーとしてチームのために惜しみなく投げかける姿が見られる。

編集されたものの、出場者のKとNI-KIの神経戦で慌ただしい時にチームの雰囲気を引き締め、練習に集中できるよう努力したという。 そこでケイはジェイの苦労を自分の生存ノートで述べた.

これはジェイがリーダーを務めた時によりよく表れる。 『アイランド』第3話で、ジェイの主導の下でパート分配をしたが、ややもすると時間の浪費になる可能性があったにもかかわらず、効率的にうまく分配したという評価を受けた。 「アイランド」の第9話でエースのイ·ヒスンのユニットに選ばれず、残りのメンバー同士でユニットになったが、パートポイントを分析してメンバーの長所を浮き彫りにし、短所を克服できるように配定して「Doobuディレクター」に誉められた。

4.2.4 怖がり[編集 | ソースを編集]

怖がりだ。 あまり臆病なように見えるが臆病な方に属する. アイランドの第6話で幽霊を見たという話を聞くと、ジェイクと一緒に食べ、一緒に洗って一緒に寝るなど、何でも一緒にする計画を立てた。 台所に幽霊がいるかも知れないので、電子レンジも回せない様子を見せている。 その後、パク・ソンフンに「一緒にシャワーを浴びよう」と誘ったが、パク・ソンフンは呆れかえり、ジェイクにもスルーされる。

4.2.5 愛らしい人[編集 | ソースを編集]

朝、参加者を起こし、むくんだ顔に備えてスプーンを冷凍庫に入れておく。 激しい振り付けによる負傷に備えてマッサージを習い,参加者にやってもらう

他の参加者が良い成績をもらうと、飛び上がって喜び、脱落者が出ると誰よりも悲しむ。 見かけによらず涙もろい. 幼い頃から子犬のように人に会うと喜んだという。親和力に優れ、多数の参加者と多彩なケミストリーを見せてくれる。 アイランドのビハインド映像を見ると、ヤン·ジョンウォンとダニエルがブイログ遊びをしながらジェイだけを探しているが、これを見るとジェイが自分より年下のアイランダーたちともよく遊んでいることが分かる。

寝起きの妖精(アイランドのビハインド2話)当時、子供しかいない部屋は起こすのがかわいそうだと言ったこともある。

「I-LAND CAM」(9月14日推定)でダニエルがジェイにCJトッカルビステーキを持っていって料理してほしいと要請する姿が撮られた。 あまりにも自然にジェイに調理を頼む場面で料理担当がジェイであることが分かり、ぶつくさしているように見えたが、調理した後、他のメンバーと分け合って食べる姿からジェイの優しさをうかがうことができる。

4.3 メンバー別相性[編集 | ソースを編集]

愉快で好感を与える性格で他のメンバーとの相性がいい。

4.4 趣向[編集 | ソースを編集]

好きな色は紫色だ。 好きな季節は秋だ。 好きなファッションスタイルは1.レトロさ、セクシーさ 2.ブーツ、大きい靴3.ブレザー、シャツ4.太っ腹ズボン 5. 華麗なアクセサリーだ。 挑戦したいジャンルはバラードだ。 尊敬するアーティストはRAINだ。 ソウルフードはカレーである。 一番自信のある曲はエド·シーランの<Thinking Out Loudclass>だ。 買い食いが好きなのか、おやつを食べる姿が本放送とともにビハインド映像とアイランドカムでたびたび見られる。 「ストレスを感じる時は蜂蜜を食べる」と言って、インタビューの途中過程をせずに蜂蜜容器のまま直接食べた。 これで前例のないキャラクターを完璧に構築した。蜂蜜はビーズラボからアイランドに寄付したのだという。 ビーズラボの公式インスタにも載せられた。

5 余談[編集 | ソースを編集]

  • いちばん大事な物は父がくれた時計だ.
  • 自らの実力に対する自尊心が強く野望はあるが、おとなしくお粗末な姿を見せ、他の練習生たちを積極的に助ける姿などで「憎めない野望家」と呼ばれる。
  • 恨み、怒り、羞恥心(通称ウォンブンス)という言葉を使い、このニックネームがつけられた。 この発言は、放送後に記事が掲載されたこともある。
  • 寝起きの妖精だ。
  • 韓国語、英語、日本語の3ヶ国語ができる。 日本語は独学だ。
  • 中国のファンが建大入口の地下鉄駅の電光板に広告を出した。
  • 蚊に刺されて右手がひどく腫れたことがある。
  • 猫アレルギーがあるそうだ。
  • ほとんど母胎ソロ(韓国語で生まれてから彼女がいたことがないという意味)という。
  • 一番面白いアニメはポロロだそうだ。