イ・ドンウク
이동욱(李棟旭 Lee Dong Wook)
イドンウク.jpg
本名 イ・ドンウク(이동욱)
出身地 ソウル特別市
国籍 大韓民国
学歴

韓神小学校(卒業) 白雲中学校(卒業) 信一高等学校(卒業) 世宗大学校(映画芸術学中退)

中部大学校(言論放送芸術学中退)
活動期間 1999年~
家族 両親、妹(イ·ソンヒ)
身長 / 体重 184cm cm / 72kg kg
血液型 B型
事務所 スターシップエンターテインメント(キングコング by スターシップ)


1 概要[編集 | ソースを編集]

韓国の俳優

2 詳細[編集 | ソースを編集]

1999年、V-NESS専属モデル選抜大会で大賞を受賞し芸能界入りを果たし、同年、単幕劇『ベスト劇場-道の外にも世界はある』で正式デビューした。2001年までドラマ『学校2』と『学校3』に引き続き出演し、2002年にはシチュエーション·コメディー『真面目に生きろ』とドラマ『Loving You』で顔を広め始めた。2005年、初のTV主演ドラマ『マイガール』が韓国だけでなくアジアでも韓流人気を集め、脚光を浴びるようになり、2006年には初めてスクリーン主演を果たした映画『アラン』もヒットし主演俳優として確実な位置を獲得した。2008年、ドラマ『甘い人生』で演技スタイルを変え成功した彼は、2009年から芸能兵として軍服務を果たし、2011年に除隊した後すぐに出演したドラマ『女の香り』が国内外で人気を集め、復帰を果たした。その後、2015年のドラマ『風船ガム』と2016年のドラマ『トッケビ』に出演し、演技に対する好評を得た。

『トッケビ』の台本にもともと書いてあったものに対し、即席でアイデアを出してアドリブをしたり、役に対してのイメージに言及するなど、自分が演じたキャラクターのディテールな解釈及び表現能力も高い。このように演技に対する真摯な姿勢と限りない情熱、台本に基づいた努力が合わさり、大衆と関係者たちに持続的に評判が高い俳優の一人だ。


2.1 成長過程[編集 | ソースを編集]

イ·ドンウクは1981年11月6日、ソウル特別市道峰区(トボング)で1男1女の第1子として生まれた。共働きの両親のもとで育ったイ·ドンウクは、5歳の時に「オリオン製菓赤ちゃんモデル選抜大会」に出るなど、幼児期から芸能界進出のオファーや推薦があったという。家は貧しくはなかったが、そこまで裕福でもなかったため、幼児期に家の経済的な問題で妹が田舎で一人で過ごしたこともあり、この幼児期の記憶で妹のことを気の毒に思い、小学校に通っていた時代から成人になるまでいつも付き添って妹の面倒を見てきたという。

学費のある私立小学校に通っていたため、スケート、スキー、水泳、ウインドサーフィンなどを学校で独自に学び、多様な教育の機会を得て小学校2年生の時にはCMモデルのオファーを受けるなど、学校に入ってからも芸能界からラブコールがあったが、断ったという。その後、小学校5年生の時に家が火事になり3階建てのアパートから半地下に引っ越してしまった。 それにもかかわらずイ·ドンウクの両親は当時、イ·ドンウクと妹が通っていた私立小学校を最後まで終えるよう学費を支援するなど献身を惜しまず、家庭の事情と関係なくいつも大切に育ててくれた両親に感謝の気持ちをインタビューで何度も表現した。

このように家族に対する愛情が深いイ·ドンウクは、デビュー後に発生した芸能活動の収入を母親に預けて小遣いをもらって貯蓄した末、家族と一緒に住むマンションを購入したり、妹の学費から結婚費用まで支援したり、長男としての責任感を表わした。このようなイ·ドンウクに対し妹は「お兄さんは私や家族のことを気にして、やりたいことがたくさんできていないようだ。私はこれから幸せに暮らすので、これ以上私と家族のことは気にせず、お兄さんもやりたいように自由に幸せに暮らせてほしい」と話し、イ·ドンウクがゲスト出演したトークショーに映像インタビューで登場し、切ない思いを打ち明けたりもした。

小学校を卒業した後、続いて中学、高校を卒業した。 高校3年生の1999年にデビューしたため、これまで上位の成績を維持してきたが、修学能力試験と撮影が重なって試験をあきらめ1年間の浪人生活の末、2001年、世宗(セジョン)大学映画芸術学科に特例選考で入学した。 2002年まで学校に通うも俳優活動のため休学し、MBCドラマ『メリーゴーランド』が終わって約2年ぶりの2004年に復学して大学生活を再び続けたが、忙しい俳優活動で休学を再開する状況になった。2005年に新しい大学の中部大学言論放送芸術学部に入学したが、その後も俳優活動を続けたため、出席日数の問題で卒業できなかった。これに対してイ·ドンウクは、社会生活を早く始めたことに対する後悔はないが、学業に対する惜しさが残ると言及し、このような知的欲求を自ら満たすために、20代初めから多くの分野に対して教養知識を積む習慣をつけているとインタビューで明らかにした。

イ·ドンウクは学生時代ずっと国語一科目だけはいつも全校5位内に入って修学能力試験試験言語分野で120点満点に115点を取るなど国語が得意で、このような理由で中学校に通う時から国語先生という明確な夢を持ったこともある。この他にも、小学校時代には他人の命を救うという点に引かれて一時消防士になりたかったし、高校時代にはホテル経営学を学ぼうとスイスへ留学をしようと準備もしてみたという。俳優としてデビューした後も、大学での専攻を職業と関連のある元々の専攻である演技から演出へと変えたり、シナリオ作家や映画監督を夢見るなど、やりたいことの多い青年だった。

俳優を本格的に夢見始めたのは高校2年生の時、恥ずかしがり屋の性格を克服したいという思いで校内放送部でアナウンサーとして活動してからだ。自ら原稿を書いたり、映像編集をしたり、8ミリのカメラを手にし、街頭インタビューを受けたり、社会の不条理について興奮したり、度胸を鍛えてやると放送部の先輩たちが指示した地下鉄で歌を歌うなど、この時期さまざまな積極的な活動をしたという。 こうした活動で「俳優としての可能性が見えた」というのは飛躍ではあるが、少なくとも「自分の中にこんな積極的な面もあるんだな」と考えるきっかけになり、またマイクの前で自分が話をしたときに人々の反応がよかったという。 そうしているうちにふと映画を見るたびに「自分の顔がスクリーンに出たらどうかな」と演技者に対する漠然とした憧れを持つようになり、高校2年生から3年生になる冬休みに他人が予備校に通うとき両親に演技をしたいと話したという。

当時、イ·ドンウクの父親は「演技で一生食べていく自信があるか考えて話しなさい」ときっぱり言った。イ·ドンウクは考える時間が長いと自分の心が弱くなったり、父親に信頼を与えられないと思ったので、1日で自信があると答えた。イ·ドンウクの父親は彼の決定に「何か手伝えることはあるか」と聞き、両親の支援でMTMタレントスクールに通うようになったという。そして、芸能界にデビューする機会は思ったより早く訪れた。スクールの先生がイ·ドンウクに内緒で「V-NESS専属モデル選抜大会」に書類審査願書受付をしたところ本選が合格し、面接を受けに行ったら最終的にその大会で「大賞」をもらい、アパレルブランドのモデルに抜擢された。これは、タレントスクールに通ってからわずか7カ月で成し遂げた成果だ。

3 経歴[編集 | ソースを編集]

イ·ドンウクはキム·ウンスク作家とイ·ウンボクPDの組み合わせで話題を呼んだtvNドラマ『トッケビ』にキャスティングされ、高麗(コリョ)時代に自分が殺した女の転生に現代で出会い愛するようになった記憶を失った死神の役を演じた。このドラマは2016年末から2017年初めに放送され、ドラマが大きな話題となるとキャスティング後のエピソードが話題になった。ドラマ『トッケビ』の制作発表会でイ·ドンウクは「死神の役が欲しくて先にやりたいと言った」と話していたが、tvNの芸能情報放送『リスト公開2017』によると、イ·ドンウクはキャスティングの順位になかった俳優だったが、台本を読んだイ·ドンウクは「サブでも関係ない。 ぜひ出演したい」という意向を示したという。しかし、作家のキム·ウンスクは、死神のイメージがイ·ドンウクと合わないと反対したという。 イ·ドンウクは作家を説得するため、作家の海外出国スケジュールを把握し、飛行機チケットまで手に入れて自分をアピールし、結局『トッケビ』に出演できるようになったという。このキャスティング後のエピソードで、イ·ドンウクが作家に先に訪ねてやりたいと言ったのは事実だが、「キム·ウンスク作家がイ·ドンウクに反対した」という部分は事実ではないという。

放送後、イ·ドンウク本来の白い肌と赤い唇などの外的条件から死神に完璧に一致するという反応を得た。ドラマの中で使者としての本業をする時を除いては、お粗末で可愛い姿が多く「死神」と呼ばれている。それに対して哀れさと切なさが共存する高麗(コリョ)の王、ワンヨもやはり難なく演じきった。ワンヨの場合、ドラマ序盤に先に撮影をしたが、その退廃美あふれる姿でフィナーレを飾った時には、かつてコミュニティが殺到したトッケビとの夕霧ランウェイの時と同じくらい爆発的な反応を引き出した。 また、第16話の最後、生まれ変わった刑事イ·ヒョクとしての姿に扮してシックな姿でユニークな姿を披露した。 死神、ワンヨ、イヒョク。 キャラクターたちが互いに相反する3つの役を自然にこなし、1人3役の演技でも好評を得た。

イ·ドンウクは2017年3月12日にソウルで開かれたファンミーティングの日付である12日を基準にしてファンミーティングの翌月である4月12日から毎月12日ごとにV LIVEチャンネルで《イ·ドンウクのOn the air》を生放送で進行したが、このコンテンツを開始した理由については「個人的にSNSがあまりしないのですが、『トッケビ』のときとても大きな愛を頂いたので何かお返しできることがないか考えました。ちょうどその時Vアプリというコンテンツが活性化されてたんですよ。一ヶ月に一度くらいは楽しくできると思いました。軍隊にいるときにラジオもやっていたので、ラジオとフォーマットが似ているから負担がなくていいです」と明らかにした。この放送は翌年の2018年1月12日に最後の放送を行い、一ヶ月に一度ではあるが準備しなければならないことが多く、新たに入る作品に力を入れて本業の演技を忠実に行うために終了すると発表した。


3.1 2018年〜現在[編集 | ソースを編集]

2019年プロデュース101シリーズの4番目の作品であるプロデュースX101の代表を務めることになった。他の代表たちと違って歌手経歴が全くなく、若干の懸念があったが、意外にトレーナーほどの観察力と冷静な評価、そして練習生たちへの激励と助言はもちろん、公式日程がない日やドラマ撮影スケジュールがある日も合宿所を訪れて練習過程を見守るなどの姿を見せて良い評価を受けた。


4 余談[編集 | ソースを編集]

  • デビューして久しいが、主に韓国ドラマ、ロマンチックコメディーの中の白馬の王子様や室長のキャラクターを演じた。後にロマンスのないドラマを受け、ドラマの序盤は時代劇の演技がぎこちないという評価を受けたが、幸い中盤から安定を取り戻した。この時、デビュー14年目にして演技力論議に巻き込まれ、「プライドが傷つく」とインタビューしたりもした。再び本人の得意なラブコメ中心、そして『ライフ』でジャンル物に初挑戦を試みたが、再び演技力議論に巻き込まれた。
  • 一時アイスホッケーを楽しんだことがある。 試合にも出るほどハイレベルな実力だと。 アイスホッケー同好会で活動したこともあり、装備まで全て持っているそうだ。
  • 2018平昌冬季オリンピック広報大使に委任され、2018平昌冬季パラリンピック競技のチケット1,000枚を個人的に購入したことも話題になった。相対的に注目度の低いパラリンピックに関心を受けてほしいと話した。
  • 2018年3月13日にイ·ドンウクは2018平昌冬季オリンピック及び冬季パラリンピック広報大使として江陵アートセンターで国内外のファン1000人余りが参加した「GO平昌2018withイ·ドンウク」無料ファンミーティングを行い、今回のファンミーティングは韓国観光公社と江原道が共同主催した「3月のスノーフェスティバル」イベントの一つでもある。 この日イ·ドンウクは参加したファンに約4万ウォンの写真集「For My Dear」と数量限定で特別制作した広報大使の名刺などをプレゼントした。ファンミーティング後、イ·ドンウクは事前に自費購入したアイスホッケー競技の1,000席を無料で分け合いファンを競技場に招待した。 ファンと一緒に「パラリンピックチェコvs日本アイスホッケー競技」も観覧した。
  • 妹を大変大事にすることで知られている。 幼い頃からいつも一緒にいたし、家が引っ越した時も撮影のため大変な時に妹の部屋をきれいに飾るというエピソードは、ファンの間では温かいエピソードとして語られているる。妹の結婚式の時は、所属会社の代表に胸が詰まるようだと打ち明けたりもした。実際、後に公開された妹の結婚式の写真を見ると、実になんとも言えない表情で妹を眺めている。妹の小遣い、学費から結婚費用まで出してあげる頼もしい兄でもある。
  • ファンを大切にすることで有名な芸能人の一人だが、度を越したり無礼なファンには断固として対応する。海外ファンミーティングの中で抽選でファンの一人がステージに上がってイ·ドンウクと直接会えるコーナーがあるが、ステージに上がったある海外ファンがイ·ドンウクに「私のこと覚えていますか?」と聞いた。イ·ドンウクが思い出せなくなると激怒し、怒った口調で「また会おうと言わなかった?」と残念そうに語った。これに対しイ·ドンウクは、「ステージにも一度上がったことがあるし、何度も会ったから降りますか?」と強い口調で答えた。ファンは慌てて笑みを浮かべたが、イ·ドンウクは「覚えていなくてごめんなさい」と謝った。これに対し、海外のファンがごめんなさいとたどたどしい韓国語で謝り、「いいえ、覚えていなくて申し訳ないが、ステージではそんなに怒らなくていいと思うよ。なぜなら、ほかのファンが見ているじゃないか」と優しく諭し、客席のファンはイ·ドンウクの発言に歓声をあげたという。
  • イ·ドンウクは自ら作詞した歌がある。2011年、ソウルファンミーティングで 公開されたこの歌のタイトルは 「私のそばに、君へ」 自分を愛してくれたファンに感謝の気持ちを込めた歌をプレゼントしようと作詞に挑戦したという。作曲は友人であり歌手でもあるスホが担当した。この歌は残念ながら正式音源では発売されなかった。この他にも公開されていない未発売音源がかなりあるが、代表的に2015年に放送されたドラマ風船ガムのOST「君に向かう私の時間」イ·ドンウクバージョン。 録音する映像が公開されたりもしたが、正式な音源では出なかった。2017年のソウルファンミーティングでは、ZICOの「君は僕、僕は君」を聞くファンの立場を考慮し、直接替え歌を歌っていたが、替え歌の歌詞を持って録音する姿などがファンミーティングの電光板映像で公開され、今後音源が出るのではないかと期待したが、音源化されなかった。
  • イ·ドンウクは、自分のマネージャーが自宅での生活で苦労すると、「自宅で一緒に過ごそう」と提案し、一緒に暮らしたことがある。 こうしたエピソードが明らかになると、イ·ドンウクは「どうも周囲を几帳面に気遣うマネージャーと一緒に生活するようになると、姑がもう一人増えたような感じだ。ツンデレの私のそばですべてのことを見守ってくれるマネージャーは兄弟同然だ。 両親にも説明し承諾してくれた」と話した。この他にもマネージャーが自動車を購入するのにお金が足りないと、旧正月のプレゼントと言って1,000万ウォンをプレゼントしたり、ドラマ「天命」を撮影した当時はスタッフの足のサイズを一人一人チェックし、自費2,000万ウォンをかけてスニーカーを購入するなど、周りのスタッフたちをよくチェックすることで定評があるという。
  • 2017年ソウルファンミーティングで、 TWICEのTTを踊った。イ·ドンウクが『トッケビ召喚スペシャル』でTTを少し踊った姿が放送されたが、それを見てファンは切実にフルバージョンを望み、実際に実現したのだ。コンサート当時、VTRを見れば、イ·ドンウクも、これをファンが望んでいることを知っていると、ダンスの先生と一所懸命に準備している姿が出ている。ゲストのチョ·セホのおかげで、2度も踊った後、絶対この映像をアップしてはならないといわれたが、会社では親切にこれを多角的に撮って、Vアプリにアップするセンスを披露した。
  • コン·ユと軍隊先任・後任の間柄だという。2009年、コン·ユが兵長だった当時、イ·ドンウクが同じ部隊に二等兵として入所し、2ヵ月ほど軍生活を共にしたという。