キム・ジョンヒョン
김정현 ,金正賢 ,Kim Jung-hyun
キムジョンヒョン.jpg
誕生日 1990年4月5日
年齢 31歳
出身地 釜山広域市
国籍 大韓民国
学歴

ブンポ高等学校(卒業)

韓国芸術総合学校(演劇院演技科芸術史)
宗教 プロテスタント
活動期間 2015年の映画超人
家族 両親、兄 (1988年生まれ) 、妹 (2001年生まれ)
身長 / 体重 183 cm / kg
血液型 A型
事務所 オーアンドエンターテインメント


1 概要[編集 | ソースを編集]

大韓民国の俳優。

2 俳優活動[編集 | ソースを編集]

2.1 デビュー[編集 | ソースを編集]

2015年10月2日、第20回釜山国際映画祭で初の長編映画『超人』でデビューした。 この映画で第25回釜日(プイル)映画賞と第22回春史(チュンサ)映画賞の新人男優賞候補に上がった。 演劇舞台と短編映画で実力を積んできただけに、独立映画界の最もホットな俳優として、忠武路(チュンムロ)の期待の星として有名だ。

2017年7月17日、KBS第2の学校シリーズで7作目となる『恋するレモネード』で初主演を果たし、ヒョン·テウン役で出演した。ハイティーンドラマの中の典型的な荒っぽい反抗児キャラクターだが、デビュー2年目で超高速成長でトップスターたちの登竜門というハイティーンロマンス、それも地上波ドラマの主演を引き受けた。 視聴率と作品性では低い評価を受けたが、ドラマを牽引するしっかりした演技力と強烈な目つきを持った俳優で、「恋するレモネード」の最大受恵者という評価が大方だ。

この作品で2017年KBS演技大賞男子新人賞、2018年第54回百想芸術大賞でテレビ部門新人演技賞、第1回ザ·ソウルアワードドラマ部門男子新人賞、第13回スムピアーワーズベストカップル賞候補にノミネートされた。 KBS演技大賞、「怪物新人たちの戦争」。

2019年12月14日、休息期間を取って1年5ヵ月ぶりにtvNドラマ『愛の不時着』のク·スンジュン役に復帰することになった。 英国国籍の事業家で事業のうち巨額の公金を横領して手配された。 捜査の網をかいくぐって逃げ、北朝鮮まで行くことになって公訴時効が終わるまで、北朝鮮に静かに隠れていようとする。ク·スンジュンは英国国籍の事業家で、英語名はアルベルト(Alberto)だが、ダニの母親が「アルドンム(アル友人)」と呼んだりもする。 今回の作品でヤング·アンド·リッチの定石、ク·スンジュン役を演じることになった俳優キム·ジョンヒョンは「よく言えばヤング·アンド·リッチの詐欺師に近い人物だ(笑い)。 しかし、図太い面もあれば冷徹な面も持っていて感情の落差とスペクトルが豊かだ。 劇の中で見せる多様な姿を期待してくださればと思う」と話した。

巧みなク·スンジュン役で「クスライティング」とも呼ばれる。 ク·スンジュン+ガスライティング。ガスライターでロウソクを灯しながらガスライティングをするク·スンジュンを見ながらカリスマが爆発する目つきと声がセクシーで、限度超過の粘り強い演技に惚れたと評価されている。 すらりとした背丈と白い肌にハンサムな顔と、再び真価を発揮している優れた演技力で憎らしい役柄に抵抗感もつかの間、取り付かれたように引かれてしまう矛盾に陥ってしまう。

3 その他[編集 | ソースを編集]

  • 軍隊は21歳の時に入隊し、3師団の助教として服務したそうだ。
  • 歩くのが好きでドリムチョン(ソウルの地下鉄駅)に沿って考えを整理しながら普通10~20kmを歩き、たくさん歩くと40kmを7~8時間かけて歩くこともあったという。
  • 学長時代には明るくて活発で人気が高く、友達と運動を楽しんで海に遊びに行ったりもしたそうだ。小学校の時全校会長をしていたが、勉強ができるよりは交友関係が良い人がいたので、友達も多くて票数差をつけて会長になったそうだ。「経験として出てみたが、良い結果があって嬉しかった」と話した。
  • 複数の演劇と短編映画に出演しているが、デビュー作は映画<超人>だが、初めて演技を始めた作品は高校生の時、自ら作った演劇部「ナルシス」で脚本を書いて掲載した1時間の公演だという。
  • 複数の演劇と短編映画に出演しているが、デビュー作は映画<超人>だが、初めて演技を始めた作品は高校生の時、自ら作った演劇部「ナルシス」で脚本を書いて掲載した1時間の公演だという。
  • EXOのスホ、パク·ジョンミン、ビョン·ヨハンと大学の同期である。スホがカムバック準備で忙しい時期なのに、初放送のモニタリングで「大丈夫だから心配しないで」と言いながらコーヒーカーも送ってくれたという。 2人とも演技に欲張りで、普段から「同じ作品で会いたい」とよく話しているという。棋士のキムジョンヒョンが参加した15年釜山(プサン)国際映画祭に、映画「グローリーデー」で、スホとキムヒチャンも参加した。 映画『超人』で共演したチェ·ソジンとはハン·イェジョン先輩と後輩の関係である。
  • 映画やドラマでご飯を食べたり字を書いたり、手で挨拶をする時も左手を使って独特の魅力を発散する。 右手も自由に使っているように見える。 サインも左手でするが、最初は簡単に名前だけ書いてサインを作ったようだ。 サインがかわいくて創意的だ。
  • 二者択一の瞬間、「24歳の時、旅行と公演の間で悩み、大変でした。なんと150日間のシルクロード旅行だったが、夜になると涙が出るほど美しい宇宙ショーを見ることができた記憶があります」とインタビューした。

キム·ヒチャンとは『ビング』と『恋するレモネード』の2作品に共演した。『ビング』ではかけがえのない友達だったが、『恋するレモネード』では主人公と悪役で再会して対立した。

  • 『恋するレモネード』の出演者らが母校の後輩に残すビデオレターでブンポ高校に通っていたことが分かった。