悪霊狩猟団: カウンターズ(ドラマ)


悪霊狩猟団: カウンターズ
경이로운 소문
경의로운 소문.jpg
ジャンル ファンタジー/アクション/スリラー/犯罪
放送シーズン 2020/11/28-2021/01/24(予定)
放送時間 土日 22:30~
話数 16話
放送国家 韓国
言語 韓国語
放送局 OCN/NETFLIX
制作
出演者 チョ・ビョンギュ/セジョン(gugudan)/ユ・ジュンサン
その他
原作 悪霊狩猟団:カウンターズ(漫画)


1 概要[編集 | ソースを編集]

悪霊ハンターの“カウンター”たちがククス店の従業員になりすまし、地上の悪霊を退治する痛快なヒーローもの。同名のウェブ漫画を原作に2020年最後のOCNオリジナルドラマだ。2020年11月28日に初めて放送された。 原題は直訳すると驚異的な噂になるが日本では悪霊狩猟団: カウンターズというタイトルで公開された。

2 主要人物[編集 | ソースを編集]

ソムン
カモタク
ドハナ
チュメオク


소문(ソムン) 『驚異的な噂』の主人公。俳優はチョ・ビョンギュ 年齢は18歳。高校2年生。2003年9月12日生まれ。

가모탁(カモタク) 『驚異的な噂』の登場人物。俳優はユ・ジュンサン 年齢は39歳。7年目のカウンターであり、チュメオクと共にカウンターチームの初期メンバーだ。1982年4月13日生まれ。

도하나(ドハナ) 『驚異的な噂』の登場人物。俳優はgugudanセジョン 年齢は20歳前半を推定。他人の身体に触るとその人の過去や記憶を読み、悪霊を察知する能力がある。

추매옥(チュメオク) 『驚異的な噂』の登場人物。俳優はヨム・ヘラン

3 視聴率[編集 | ソースを編集]

  • 1話からOCN 2020年の放映作の中で最も高い視聴率を記録した。2話で前作の最高視聴率を超えたのに続き、6話でOCN歴代視聴率1位のボイス(邦題ボイス〜112の奇跡〜)のシーズン2がもつ7.1%という記録を超え、OCNドラマ最高視聴率を記録した。
  • これまでOCNが、チャンネルの特性上捜査系が多く、やや重い雰囲気の作品が多かったのとは違って、本作はストーリーが温かい人情味ある雰囲気という点で違いを見せている。 悪鬼退治という側面からも、演出がすごい恐かったり、原作と違って残忍ではなく、比較的「大衆受けする」という評価だ。

4 その他[編集 | ソースを編集]

  • 本来は12部作とされていたが、途中で計画が変更されたのか、最終16部作に確定した。
  • 原作はシーズン2が連載中なので、一応シーズン1だけドラマ化されたものとみられる。 以後、反応が良ければシーズン2も製作される見通しだ。
  • OCN土曜オリジナル初、高校生が主人公だ。もちろん配役が未成年者であるだけで、演技する俳優は20代半ばの成人だ。
  • ウェブ漫画を見れば分かるがCGとアクションが多い作品なので、6月末に初めてリーディングをしてから準備期間をある程度持った後、7月末から本格的に撮影が始まった。
  • キャスティングには裏話がある。撮影まで1ヵ月が残っている時点で他の役柄は全部決まったが、主人公のソムン役だけはキャスティングが行われず難航。幸いにもチョ・ビョンギュがキャスティングされ、予定通り撮影開始できた。
  • 同スタジオ内で撮影中の新規ドラマ「月に浮かぶ川(달이 뜨는 강)」に出演中のアシスタント·ディレクターがコロナ陽性だったため、予定されていた制作発表会が1度とりやめになる。その後日程変更された制作発表会は、記者団なしでMC、ユ·ソンドンPD、主演俳優4人全員がマスクをつけた状態で制作発表会を行った。
  • オープニングはOCNオリジナルにしてはかなり明るい雰囲気である。
  • OCNとネットフリックスによる放送の他にtvNで再放送され、チャンネルアクセスが良くなった。
  • 放送局の内部事情により12月26日、27日放映分は放映中止で、21年新年の1月2日、3日に9回と10回分が放送された。
  • 1月10日韓国で放送された12話は視聴率10%を突破し、10.581%を記録。放送チャンネルOCNの歴代ドラマ最高記録となった。

5 俳優関連[編集 | ソースを編集]


  • セジョンは初めてKBS2以外に放送局で出演した作品で、キャスティングでは一番先に言及された。また『君の歌を聞かせて』が終わってから、1年2ヵ月ぶりに復帰した作品だ。「学校2017」で主人公ラ·ウノの父親役を演じた俳優ソン・ジルがドラマの初盤に出演する。


  • チョ・ビョンギュにとってこのドラマは初のブラウン管主演作であり、前作が終わってから9カ月ぶりに復帰した作品だ。




  • 俳優の外見のシンクロ率でキャスティングをするのか、実際の年齢とギャップが大きい配役が多い。代表的に劇中で高校生の同い年で出演したチョ・ビョンギュとチョン・ウォンチャン、イ・ジウォン、キム・ウンスの実際の年齢はそれぞれ25歳、32歳、15歳、31歳だ。このほか、1969年生まれのユ・ジュンサンが30代後半のキャラクターを演じたのに対し、ユ・ジュンサンより7歳年下の1976年生まれのヨム・ヘランは50代前半や半ばの中年キャラクターを演じた。つまりユ・ジュンサンは実際の年より幼いキャラクターを演じ、ヨム・ヘランは実年齢より高い配役を引き受けたのだ。


ヨム・ヘランは前作に続き、死後の世界を素材にしたドラマにもう一度出演した。 さらに、このドラマが初主演作でもある。


  • チョ・ビョンギュ(ソー・ムーン)が学生時代暴力をしたのが発覚し(学暴)、シーズン2制作が不透明となった。