,

SKYキャッスル~上流階級の妻たち~
SKY 캐슬
SKYキャッスル (1).jpg
ジャンル ピカレスク、スリラー
放送シーズン 2018.11.23.~2019.02.01.
放送時間 金·土午後11:00~
話数 20話
放送国家 大韓民国
言語 韓国語
配信 JTBCNetflix
制作
演出 チョ·ヒョンタク、キム·ドヒョン
制作 HBエンターテインメント、ドラマハウス
脚本 ユ·ヒョンミ
出演者 ヨム·ジョンアチョン·ジュノイ·テランチェ·ウォニョンユン·セアキム·ビョンチョルオ·ナラチョ·ジェユンキム·ソヒョンほか
その他


1 概要[編集 | ソースを編集]

2018年11月23日から2019年2月1日まで放送されたJTBC金土ドラマ。

2 あらすじ[編集 | ソースを編集]

SKYキャッスル 大韓民国最高の名門私立チュナム大学校。 その大学の初代理事長がソウル近郊の森の中に建てた、大学病院の医師たちと判事·検事出身のロースクール教授たちが集まって住むヨーロッパ風の4階石造邸宅団地で、 貴婦人たちは、 富、名誉、権力をすべて手に入れた大韓民国上位0.1%の夫とともに、 私の子供を天下一の王子とお姫様に育てたい名門家出身の奥様たちは、 子どもたちの大学入試をどのように準備するか。 3代目の医師家、法曹家を作り上げるための彼女たちだけの熾烈な、徹底した、凄まじい戦い。 その必死の欲望がうごめく内密をすみずみまでのぞくリアルコミック風刺劇

そうして

果たして成功した人生とは何だろうか。 親子で向き合ってひそひそと、虚心坦懐に語り合うと、時には激しく戦う、泣く、笑う、 存在だけでも感謝の気持ちで、 お互いを抱きしめることが出来ることを 切実に···。心から願うヒューマン、ヒーリングドラマ。

共に

「生まれてすみません」 難破船で救命胴衣を一つ得ようと必死になっていたが、快速艇に乗って悠々と消えていく飴のような者に向かってヤジを飛ばし、 最後まで演奏を止めなかったオーケストラ団員に向けて起立拍手を送る大人らしい真の大人に成長する青少年、そして大人の成長ドラマ。

3 登場人物[編集 | ソースを編集]

3.1 ハン·ソジン一家[編集 | ソースを編集]

  • ハン·ソジン(ヨム·ジョンア) - 教師出身の専業主婦
  • カン·ジュンサン(チョン·ジュンホ) - ハン·ソジンの夫、チュナム大学病院整形外科教授
  • カン·イェソ(キム·ヘユン) - ハン·ソジンとカン·ジュンサンの長女、シナ高校生
  • カン·イェビン(ジウォン) - ハン·ソジンとカン·ジュンサンの次女、中学生

3.2 イ·スイム一家[編集 | ソースを編集]

  • イ·スイム(イ·テラン) - 童話作家
  • ファン·チヨン(チェ·ウォンヨン) - イ·スイムの夫、チュナム大学病院神経外科教授
  • ファン·ウジュ(チャニ) - イ·スイムとファン·チヨンの息子、シナ高校生

3.3 ノ·スンヘ一家[編集 | ソースを編集]

  • ノ·スンヘ(ユン·セア) - 博士課程を修了した専業主婦、陸軍参謀総長で国会議員の父の次女
  • チャ·ミニョク(キム·ビョンチョル) - チュナム大学ロースクール教授
  • チャ·ソジュン(キム·ドンヒ) - シナ高校生、ノ·スンヘとチャ·ミニョクの双子の長男
  • チャ·キジュン(チョ·ビョンギュ) - シナ高校生、ノ·スンヘとチャ·ミニョクの双子のうち二番目
  • チャ·セリ(パク·ユナ) - ノ·スンヘとチャ·ミニョクの長女

3.4 ジンジニ 一家[編集 | ソースを編集]

  • チン·ジニ(オ·ナラ) - 専業主婦、江南の建物主の一人娘
  • ウ·ヤンウ(チョ·ジェユン) - チン·ジニの夫、チュナム大学校病院整形外科教授
  • ウ·スハン(イ·ユジン) - 中学生、チン·ジニとウ·ヤンウの息子

4 キム·ジュヨンおよびその周辺人物[編集 | ソースを編集]

  • キム·ジュヨン(キム·ソヒョン) - 冷酷な入試コーディネーター
  • チョ·テジュン(イ·ヒョンジン) - キム·ジュヨンの秘書

5 作中背景[編集 | ソースを編集]

SKYキャッスル:韓国最高の名門私立大学に設定されている仮想の大学であるチュナム大学の初代理事長がソウル近郊の森の中に建てたヨーロッパ風のタウンハウスだ。チュナム大学のチョン教授に無償で提供されている私宅で、約200世帯が居住している。ところが4世帯しか出てこない。 作品の中では具体的な位置は明らかにされていないが、小品などから、瑞草区近郊に設定されていると推定される。実際の撮影場所であるタウンハウスは、龍仁市処仁区にある。

シナ高等学校:仮想の名門自律型私立高等学校であり、位置については言及されない。作中の高校生はみんなここに通う。 1学年の定員は287人で、1等級は全校で11位までだ。 ところが、第16回でチャ·ミニョクは全校生が100人だから、1等級は4人だという。設定ミスの実際の撮影場所は、京畿道華城市(キョンギド·ファソンシ)東灘新都市にある東灘国際高等学校。 ナムソク高校:作中で少し言及された仮想の名門高校で、チャ·ミニョクとキム·ヒョクチェ議員が同校の出身だ。 この他にも法曹界や政界出身、ソウル大出身者を大挙輩出した学校として作中で言及された。 チャ·ミニョクが在学していた当時、ソウル大学を150人ずつ送り、前任の検察総長や最高裁判事も輩出した。

チュナム大学:韓国最高の名門私立大学として設定されている仮想の大学である。学校の位置は言及されておらず、学内に大学病院と法学専門大学院(ロースクール)が設置されている。 作中の主な男性配役はすべて同校の教授陣だ。 同大学の教授は無償でSKYキャッスル住宅が提供される。 周南大学校本校というよりチュナム大病院が作中で最も多く登場するが、病院シーンの実際の撮影場所は翰林大学校東灘聖心病院。

ムジン大学校:地方にある仮想大学で、作中ファン·チヨン教授がこの大学の医科大学を卒業した。 韓国大学:作中で与党のキム·ヒョクチェ院内代表が出た仮想の学校だと少しだけ言及された。

6 その他[編集 | ソースを編集]

  • 本来のドラマのタイトルは「プリンセスメーカー」だったが、後に「SKYキャッスル」に変わった。その名残としてOST 中の一つのタイトルが「プリンセスメーカー」である。
  • 作家ユ·ヒョンミが初めて執筆した非地上派ドラマだ。
  • もともとは16部作として企画されたものだ。 視聴率が急激に上昇したため、急いで4回延長を決めたのではないかという誤解があるが、実は放映前にシナリオの質が良く、あらかじめ4回延長が決まったという。
  • このドラマで扱う入試コーディネートという素材が社会的話題になると、同時間帯に競争する番組であるSBSの時事番組「それが知りたい」から入試コーディネーター関連の情報提供を受けたこともある。 ◆朝鮮(チョソン)日報の取材によると、財閥や国会議員の子どもたちも、キムジュヨンのような人に専門入試コーディネートを受けるという。
  • 最終回の放送後、評価が芳しくなく、一部のファンらが再撮影を要求する大統領府の国民請願を上げた寸劇が起きた。
  • 現職の医師たちの意見を通じて、作中で描写される内容と現実の違いを扱った記事も出た。作中ではチュナム大病院がビッグ3入りを目指すというが、記事によると現実ではビッグ4病院が競争中だという。 また、実際、医学部の教授たちはドラマよりずっと忙しいという。
  • ドラマが人気を集め、入試コンサルティングやコーディネートを問い合わせる保護者らは、かえって増えているという。大韓民国の私教育の現実を風刺するドラマだが、これを見てむしろさらに泥沼に入ろうとするとは、皮肉な現象だという評価だ。さまざまなソーシャルメディアでは、このドラマが入試コーディネート業界の「バイラルマーケティング」ではないかという自嘲混じりの冗談まで出ている。
  • カニ肉粥や紅参飲料、カプセルコーヒー、掃除機、マッサージチェア、腕輪などがいきなり登場するケースが多く、間接広告がドラマへの打ち込みの邪魔になるほど、度が過ぎているという批判が持ち上がっている。過熱した私教育を批判して風刺するのがドラマの企画意図だが、制作支援リストに私教育会社が入っていたり、受験生のための健康食品などがよく登場してアイロニーだという意見もある。
  • スカイキャッスルは他のドラマに比べて相対的に低予算で制作されたという。
  • 「金の孫」ネチズンによってお母さんたちをクレヨンしんちゃんに描いたイラストが掲載されたりもした。その後、ユン·セアはインスタグラムでこのイメージを紹介した。
  • このドラマで主な背景となっているSKYキャッスルの実際の場所はセット場ではなく、京畿道龍仁市のコリアC.C.にあるラセントラ(戦闘スカニーヒルズ)であり、一般人が入居して暮らしている。 主な背景のほか、子供らが塾から出てくる背景(アートボックスの建物)や一部の通りなどは、実際、大峙洞塾街や安養市(アニャンシ)のピョンチョン学園街で撮影した。
  • 鷹の目を持ったネチズンによってドラマの中でしばらく登場するバス路線図に対する分析が行われたりもした。 第12話で家出した水限があるバス停の壁に別途に製作されたバス路線図が1秒ほど通り過ぎる。 道谷駅を通ってハンティ駅とベンベン交差点を通って良才駅に向かうバスの路線道路、途中「SKYキャッスル正門」バス停が挿入されている。
  • 第5話で、ノ·スンヘがハンマーで勉強室の壁を壊す時、BGMとして出てくる「ツァラトゥストラ」は、このように話したというチャ教授が読書討論で選定した本と同じタイトルの曲だ。 この場面を女性解放コードと解釈する人々がいる。実際、ノ·スンヘは権威的なチャ·ミニョクの前で自分の所信を正確に主張する姿をずっと見せる。 チャ教授の教育観を風刺する装置としてラベルのボレロが使われるが、この曲はメロディーが繰り返されるたびに楽器が加わり、結局「自分の重さに耐え切れずメロディーが崩れる形」となっている曲だ。 またモーツァルトの葬送曲「レクイエム」は読書討論会「オンパロス」が解散される過程で出る。 ラベルの「親ガチョウ組曲」、シューベルトの「魔王」など毎回象徴的なクラシックを少しずつ使う。
  • 高い話題性のおかげか、JTBCで初めてサムスン広告を受注した。 朴槿惠とチェスンシルゲート以降、JTBCだけでなく、関連子会社までも三星広告がなかったという。しかし、乾燥期後に発注者だった三星電子は、該当番組の高いターゲット(若い女性)の視聴率を無視できなかったのか、7回目の18年12月から、テレビ広告を実施した。 その他にも無線掃除機、マッサージチェア、時計などの間接広告が時折目につく。
  • 視聴率が10%を突破すると予想されると、全ての出演陣と制作陣が終映後に海外報奨休暇を取ることになったという。
  • ドラマの人気を追い風に無削除版台本集が出版された。
  • 一部の過去回想シーンでは4:3縦横比で出る可変画面比を使用する。 10年以上になるずいぶん前の過去にのみこの演出が出ており、過去だとしても数ヵ月前、数日前のような最近のことを思い出す時には出てこない。
  • 2019年1月12日付のニュースルームに関連したアイテムが放送された。 2013年に放送されなかった子供のため、ニュースルームにJTBCドラマが登場したのは久しぶり。ドラマが大きな人気を集めると、JTBC全社で全面的な支援を受けているが、一時はJTBC週末の再放送の大半をSKYキャッスルで編成するほどだった。 そして、このような期待に応えて再放送も5%前後の視聴率を見せ、当日の総編視聴率「トップ5」内に入った。
  • JTBCで平成31年旧正月連休の2月4日から6日までの3日間、7回(6日は6回+スペシャル)ずつにわたり20回全編を連続放送した。
  • 2019年1月18日JTBC「知り合いのお兄さん」でソ·ジャンフンがキム·ジュヨンに扮して引き続きドラマの中の名ゼリフを繰り返した。ネイバーテレビの参考までに、キム·ヨンチョルはキム·ソヒョンのもう一つの人生ケイン、シン·エリに扮した。すなわち、キム·ソヒョンの2人の配役が知り合いの兄に出たのだ。
  • スカイキャッスルの公式ポスターの中で主人公たちがそれぞれ違う椅子に座っているポスターがあるが、これに対するファンの解釈がある。
  • 作中でインサート場面で登場した死んだトンボがヘナの死を暗示する伏線だと推定するファンがいる。 これと共に、トンボが自殺をする昆虫だという間違った情報が出回ったこともある。 ドラマ終了後の特番で演出者が明らかにしたところによると、事前に台本にあったわけではなく、撮影中に偶然発見して撮影·挿入したものだという。
  • 中国でも韓国タイトルをそのまま直訳した『天空之城』というタイトルで人気を博しているという。 このような人気の背景として、入試競争や私教育などが韓国に劣らず熾烈な中国の教育環境を挙げる分析も提起された。
  • みんなのキッチン 2話で宮脇咲良がIZ*ONEもスカイキャッスルを好んで見たと言及した。 同日のゲストの一人はチャニだった。
  • ディーシーインサイドスカイキャッスルギャラリーで16回が終わった直後、20回の内容をここで医学部合格を除いた全てのことを予測した文章が出て話題になった。
  • ゲームでもパロディーされた。 LCKキャッスルの動画や「カート·イン·ザ·キャッスル」の動画が公開された。 「マインクラフトモード」でパロディーされたりもした。
  • イェール、スタンフォード、USCをはじめ、米名門大学の入学査定官とスポーツコーチが、入試ブローカーの仲介で、少なくとも数万ドル、多くは数十万ドルにのぼる金品を受け取り、有名人の子どもを不正入学させた事件が、現地時間の2019年3月12日に起こり、「米国版スカイキャッスル」と呼ばれている。
  • ギャグコンサートでは、「スカイキャンセル」というパロディーコーナーを作った。
  • ウェブトゥーン作家のレバが、登場人物を自分の絵で再解釈した絵もある。
  • 2019年9月、米NBCでリメークされるという。仮題は「トライベッカ」で、ニューヨーク·マンハッタン南部に位置するリッチタウンの地名だ。ゴシップガールの制作者2人も参加すると。
  • 2019年9月30日、正しい未来の党のキム·スミン議員がユ·ウネ教育部長官を相手にした対政府質問でスカイキャッスルを「超簡単な医学部入学を困難にしようとした残念な庶民たちの孤軍奮闘を描いたヒューマンドラマ」と評し、祖国法務部長官の子供たちの議論を皮肉った。