ヒョンビン
현빈 (炫彬 HYUNBIN)
ヒョンビン.jpg
本名 김태평(金泰坪 / Kim Tae Pyung)
出身地 ソウル特別市
国籍 大韓民国
学歴

ソウル新川小学校(卒業) 蚕信中学校(卒業) 永同高等学校(卒業) 中央大学安城キャンパス(演劇学学士)

中央大学芸術大学院(公演映像学修士在学)
宗教 カトリック教会(洗礼名:ドミニカ)
活動期間 2003年~
家族 両親、姉
身長 / 体重 185 cm / 74 kg
血液型 B型
事務所 VASTエンタテインメント


1 概要[編集 | ソースを編集]

大韓民国の俳優

多くのイケメン俳優がいるが、その中でも重厚な声、憂愁に満ちた目つきで有名な魅力的な俳優である。

2 キャリア[編集 | ソースを編集]

2003年、KBSドラマ『ボディーガード』でイ·セウンのストーカー役でデビューした。 前年度に<シャワー>という低予算映画に出演したのは事実だが、公開されなかった。

3 その他[編集 | ソースを編集]

  • 学生時代にかっこいいことで有名だったそうだ。周辺の女子高校で人気投票をすると、当時大人気だった芸能人より順位が高く、演劇クラスで公演をする時はヒョンビンを見ようとする人が多くチケットが売り切れたという。 学校時代の同級生たちが書いたローリングペーパーなんかを見ると,「かっこいい,きっと俳優になれ」という言及が入っていたし,学生時代の写真を見ると十分に納得できる
  • キャリアのほとんどの相手役が年上の俳優だ。
  • キム·サンギョン、ソン·ジェヒに似ているとよく言われるそうだ。

俳優という職業を持ったことを後悔したことはないが、芸能人という職業が持つ特殊性が原因で悩んだことはあるという。

  • 各種インタビューなどを通じて何度も認証したのはプラオタクだ。
  • 三度のメガヒット作を持つ俳優である また、ヒョンビンが演じたキャラクターはシンドロームを起こし、ドラマの選び方が非常に良い俳優である。(私の名前はキム·サムスンのヒョン·ジンホン役、シークレット·ガーデンのキム·ジュウォン役、愛の不時着のリ·ジョンヒョク役がこれに属する)
  • 普段から「運動マニア」として知られている。 芸能人野球団プレイボーイズに所属し、ポジションは投手だ。休日にはゴルフを楽しみ、作品をきっかけにボクシングを始めてからは異種格闘技も磨きをかけた。 体を使うのが好きな方だ。
  • アン・ジョンファンと一緒に化粧品ブランド「花を持った男」のモデルをした。
  • 「シークレットガーデン」テーマ曲のOST「その男」を歌って2011年の音源チャートを席巻した。 ミュージックバンクの1位候補にも上がったが、このままだとヒョンビンが 1位になりそうだと思ってミュージックバンクでこの時から 「ostチャート」を別途作った。
  • 外車より国産車の方が好きだという。 ヒョンビンが14仁川(インチョン)アジア大会の広報大使として中国を訪問した際、アウディの最高級セダン「アウディA8」を提供したが、国産車に乗りたいという意見を明らかにし、現代(ヒョンデ)自動車の高級セダン「ジェネシス」に乗り、ヒョン·ビンが普段乗っている本人の車も国産最高級セダン「エクス」という。 また、グレンジャーHGの1号車のオーナーでもあった。
  • 該当する車は軍入隊の際、ユニセフに寄贈したという。
  • 2015年6月6日の顕忠日追悼式で文化界の代表に選ばれ追悼献詩を朗読した。
  • 2016年1月、長年の演技の師匠であるカン·ゴンテクと「VASTエンターテイメント」という使命でワンマン企画会社を設立した。
  • 2016年5月24日、9月1日に開幕した第11回光州ビエンナーレ広報大使に委嘱され、才能寄付の一環として参加したと発表した。
  • 幼い頃、母に勧められてピアノを習ったという。 「愛の不時着メーキング」でピアノ音を聞いて合わせ、聴音能力を見せてくれた。
  • 6歳の時から10年間水泳を学び、中学生の時までは警察大学への進学を夢見る平凡な学生だった。 高校の時、先輩の勧めで演劇クラスに加入し、演技に夢中になった。 俳優活動に対する父の反対が激しかった。S大学出身の親戚の兄から判事·検事まで、家柄に優れた人材が多く、父親にとっては受け入れがたい状況だった。 父に内緒で芝居の練習をしに行くと、それがばれてこっぴ怒られた。父親は、中央(チュンアン)大学演劇映画科に入学する条件をつけており、合格した後は何も言わなかったという。
  • 2021年1月1日、韓国のDispatchから愛の不時着の主役で一緒だったソン・イェジンの恋愛を報道された。二人熱愛を認めることで公式カップルとなった。