ハン
ハン・ジソン(한지성,韓知城, Han Jisung)
ハン.jpg
基本情報
誕生日 2000年9月14日
年齢 21歳
出身地 仁川広域市
国籍 大韓民国
学歴 フェアビュー国際学校
ジャンル K-POP
ポジション ラッパー、ボーカル、プロデューサー
活動期間 2018年Stray Kidsミニアルバム1集
家族 両親、兄(1997年生まれ)
身長 / 体重 169 cm / kg
血液型 B型
事務所 JYPエンターテインメント
所属グループ Stray Kids
あだ名 リス、ハニー、リス、クワカ、クワムジ、J.ONEなど



1 概要[編集 | ソースを編集]

多方面に優れたStray Kidsの万能メンバーで、Stray Kidsでラッパー、ボーカル、プロデューサーを担当している。

2 ポジション[編集 | ソースを編集]

3RACHAのメンバーの一人としてプロデュースが可能で、ほぼ全曲の作詞作曲に参加する。他のメンバーのプロデュースをしたりもする。

2.1 ラップ[編集 | ソースを編集]

言わずもがなの実力者だ。Stray Kidsのラッパーの中で、トーンが高く速いラップを主にする。発音は正確な方だ。特有のシグネチャーがあるが、<M.I.A>や<District 9>で自分のパートに入る前に「うわぁっ!」というシグネチャーがある。ある部分では発音を強くしてインパクトを与える方。またラップにスクラッチをよく入れる方だ。

2.2 ボーカル[編集 | ソースを編集]

音域帯が高くてStray Kidsの曲の中で高音を多く担当している。 声量があり爽やかなボーカルだ。 ハンのボーカルはほとんどの曲に含まれているが、<不眠症>、<My Pace>、<風(Levanter)>がボーカルパートが多い。 高音を聴きたければ<Hellevator>、<District 9>や<終わらない物語>、<風(Levanter)>がおすすめ。 そして2020年3月18日に新たに録音したSKZ2020アルバムで、これまで全メンバーが担当し録音してきたいくつかの高音パートをうまく消化していることが分かる。 <Grrr総量の法則>、 、 <Mirror」>など。

2.3 プロデュース[編集 | ソースを編集]

Stray Kidsの歌のほとんどの作詞作曲に参加する。以下はハンが参加した曲リスト。

3 性格[編集 | ソースを編集]

明るく前向きな性格で、プライドと自信に満ちている。このおかげで、普段からチームを盛り上げるムードメーカーになっている。 スキズのテンションはハンから始まると言っても過言ではないほどだ。

活発だけど一方ではかなり内気な面もあって、個人のVlogや個人のVLIVEのように一人でいる時は弱弱しく見えるくらいすごく静かで落ち着いている。 このため、初めは人に先に近付くことができず人見知りが激しいが、一度親しくなれば深く親しくなり活発になるという。

末っ子のアイエンが意気消沈していたら、 いつも優しく慰め応援してくれる兄さんだ。

怖がりで涙もろいメンバーの一人だ。 デビュー後、初の1位を獲得した時に泣いたメンバーの一人だ。 とても感謝する気持ちで、アンコールステージが終わって感想を話す時「正直1位候補になったことだけでも本当にありがたかったのに…」という言葉以降、まともに言葉を続けることができず、ファンの母性愛を刺激すると同時に心を一杯にさせたことがある。

メンバーたちに厚かましいいたずらもし、その分愛嬌も沢山ふる方だ。

ニックネームでもあるように、よくからかわれるが、特有の悔しげな表情をして愉快に受ける方だ。 このため、スキズ内の「からかわれ3大将」のうち2位となっている。

4 余談[編集 | ソースを編集]

  • 3RACHAのメンバーの一人であり、すでにミックステープで検証されたラップの実力の他にも、才能豊かでダンスや歌の実力も高い。<Hellevator>では印象的な高音を披露したり、YGの練習生たちとのバトルではボーカルチームに合流し、歌とラップを交互にする姿を見せたりし、ヤン・ヒョンソクに褒められたりもした。
  • とても実力が全方位にすぐれたメンバーだ。 ラップ担当だが、 チーム内の高音シャトルでもある。
  • Hellevatorで最も高い高音を担当し、I am NOTのタイトル曲であるdistrict 9でも「ここに君の場所はない」というコーラス上、非常に高い高音をすぐさまライブで打ち叩いてしまう新人らしくない実力を見せてくれる。 ラップメンバーであるだけに、当然ラップも ソ・チャンビンと共にとてもインパクトのあるスタイルで上手くこなし、作詞も行うメンバー。 チッケムを見れば分かるが、ダンスも標準級で上手に踊る。
  • 素質と才能が溢れているが、モノマネも上手だ。 俳優イ・ソンギュンの「ボンゴレパスタ一つ!」が上手で、VJ特攻隊の声もよく真似てしばしば個人技として使っている。 メンバーたちをたくさん笑わせてくれて、 口数も多い方なので、 チームの活力源になってくれる。 性格も素直で可愛くメンバーたちによくからかわれる。
  • 同じ所属会社の先輩DAY6のヨンケイに似ている。
  • 叙情的でメロディカルなラップが好きだそうだ。
  • 自分の魅力は瞳孔だと言う。
  • 2キッズルーム(ヒョンジン、ハン)で「自分の目、鼻、口全てがきれいだがバランスが悪い。新聞紙フェイスだ!」と笑いながら言い、ヒョンジンにはパーツは悪いがバランスがいいと言った。
  • 幼い頃からマレーシアで育ち、韓国の学校で生活した経験があまりないという。 そのためスクールライフという曲を作詞する時にはインターネットを検索したりメンバーたちに聞いてみたりした。
  • 兄が一人いる。
  • 自分が食べた家庭のご飯の中で、ヒョンジンのお母さんのご飯が一番おいしかったと言う。練習生の時、何回かヒョンジンの家に泊まり朝起きてご飯を食べたが本当においしかったという。
  • 頬の肉がコンプレックスだったが、現在では自分の魅力にしているという。 頬に食べ物を入れておいて押し込んで食べるが、リスに似ていることから「ハンタラムジィ(ハンリス)」というニックネームが付いた。
  • 物凄い漫画マニアで、漫画オタクになるのが趣味だ。
  • 自分自身を、笑うと世界で一番幸せな動物と呼ばれている「クォカ」に似ていると言っている。
  • 幼い頃マレーシアでジャングル旅行をした時、雨が降りすぎて川に流され石を掴んだが、後ろを見たらワニのしっぽがぴしゃりとぶつかったという。 それが一番怖かった経験だという。 そのため、底が見えないと怖いという。
  • 笑い声がとても愉快だ。
  • ハンは振り付けを早く覚えて、早く忘れるという。
  • 使っているAirPodsの名前は"私のものに触れたら耳をちぎってしまう"だ。
  • 多様なピアスを持っている。
  • ワンキッズルーム打で行ったMBTIの検査結果、ISTP-T類型が出た。
  • 2019年12月15日、断続的な不安障害により休息と治療のため、活動に選択的に参加することを決定した。
  • 兄と本当にそっくりだそうだ。兄の方が背が高いだけだという。そのため、兄が追いかけてきたことがあるが、本人の短い足では兄の長い足に勝てず、30秒で捕まったという。
  • 同じグループのメンバーであるヒョンジンと練習生時代、お互いをひどく嫌ってたくさんけんかしたという。 一番有名なエピソードとしては"ラップジャルダンスジャル"(メインダンサーのヒョンジンがハンに「お前はダンスをちゃんとしろ!」と、メインラッパーのハンがヒョンジンに「お前はラップをちゃんとしろ!」と言った)がある。 しかし、今はお互いを「近所の友達みたい」と言うほど仲が良い。